« eTrex Camoの電極修理 | トップページ | エナジー社って変な名前 »

2008年10月 1日 (水)

買えば良いような気もするけれど

1001 朝食を食べ終えてガレージに行ったその時、近所の坊さんが来た。誰か死んだにしては雰囲気がおかしいと思っていたら「バッテリーのケーブル持ってない?」だと。
 息子の車のバッテリーが上がったので、うちなら有るかとオヤジが借りに来たらしい。朝食後の仕事を始めるまでのこの時間は、ガレージでXSを弄ったり出来る貴重な時間。うちは整備工場じゃ無いんだけど・・・と思いながら、朝早くに葬式を頼む電話をすることも有ろうと思い直した(笑)。
 ケーブルを持ってお寺まで行き、息子とオヤジの車を繋いでエンジンをかけてお終い。スッカラカンに上がっていたので、しばらく充電しないとセルが回らなかった。

 午後から天気が凄く良くなってきた。まさに秋晴れという感じ。こんな日は走るしかない。西中で水を飲んで裏の峠を越え、トヨタグランドに行った。
 珍しく森下さんとコーチ2名が居る。コーチが真面目に走っているので聞いてみたら、社内駅伝の為の練習らしい。現役選手は駄目だけどコーチ・監督はOKとのこと。
 今日は100mを時間が許す限りやってみた。ダッシュしてみたり、各部の筋肉を意識してみたり、動きを意識してみたり、あえて何かを強調した動きを試してみたり。
 最近は生活とトレーニングのリズムが崩れがちで、イマイチしっかりした内容のトレーニングが出来ていない。今日は少しだけ刺激のある事が出来たかも。

 帰ってからは気になっていたXSの充電系の修理。こないだ久住に行った帰り、アクセル開度とライトが連動しているような気がした。充電系を整備後はこんなことは無かったのでチェックしてみたら、アイドリングでは12.5Vくらいしか出ていないことが判明。
 追っかけていくとロータ(フィールド)コイルの抵抗値が半分くらいまで落ちていることが解った。流石に38年前のコイルはヤバイか(笑)。と言うことで手持ちのTX650のロータに交換することにした。
 分解するには専用工具が要る。純正部品に設定があってそんなに高い値段じゃ無いけれど、まあ何となく自分で作ってみることにした。
 旋盤で内側にM24x1.0の細目ねじを切り、押し出すためのボルトはM12の並目なのでタップを立てる。ここまでで作業時間の半分以上が経過。
 38年間密着していたテーパはなかなか外れない。クランクシャフトの先端が潰れかけたかな?と言うくらいトルクをかけて、バキッと外れた。
 TXのロータは抵抗値が5.1Ωくらい。これを付けてステータ側を組み立てたところで気がついた。ステータ側もTXを使ってみよう。
 TXのステータには中性点が出ている。充電とは別のギボシ端子で取り合ってあるので、発電としてではなくて、エンジン回転中の信号として使っているのかもしれない。
 ここまでやって時間も遅くなったしくたびれてきたので帰ってきた。風呂に入って寝よう。

ラン 16km

|

« eTrex Camoの電極修理 | トップページ | エナジー社って変な名前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« eTrex Camoの電極修理 | トップページ | エナジー社って変な名前 »