« 今日は農機具屋さん | トップページ | 草刈機の燃料ホース交換 »

2008年9月18日 (木)

中国製チェンソーのシリンダ補修

0918 プラグホール廻りの欠けた部分に盛っていたデブコンが硬化したので、削って試運転をしてみた。数分間では取れたりしない。しばらく使って様子を見よう。
 昨日の夕方からだと24時間経過しており、平均気温は27度くらいは有ったので十分に硬化しているはず。と考えて盛り上がったデブコンを削ってみた。
 最初は小型の平ヤスリでゴシゴシと。その段階で撮影した画像がこれ。補修部の直ぐ左側が窪んでいるように見えるけど、実際はアルミが少し出ているような感じの所を荒く削ってヤスリの跡が付いた状態。
 この状態で大まかな平面は出たわけで、あとはどうやってきちんとした平面に仕上げていくかが問題。色々考えて採用したのがプラグを利用して摺り合わせをする方法。
 座金を外したプラグをねじ込み、数回締めて緩めてを繰り返して外す。すると当たりの強い所が解るので、そこをヤスリを改造して作った「きさげ」で削っていく方法。
 5回くらいやったら1/3くらいは当たるようになった。プラグ自体もそれほど良い平面とも思えないし、あまり拘っても仕方ない。それに面倒・・・。と言うことでこの状態で完成宣言。
 すぐにプラグを付けてエンジンをかけたので写真を取り忘れた。次に開けたときに取っておこう。

 走りたい気分に成ったので軽く走った。西中経由で羅漢橋に出て、玄海100kmのコースを辿ってトヨタを抜けて帰ってきた。
 歩道の草刈をやろうと思っていたけど、思ったようには動けない。土曜日の空いた時間に少しだけでも刈っておこう。どう走っても身体に草が触ってくるのは気分が悪かろう。

ラン 11km

|

« 今日は農機具屋さん | トップページ | 草刈機の燃料ホース交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は農機具屋さん | トップページ | 草刈機の燃料ホース交換 »