« D200用GPSケーブル | トップページ | 包丁研ぎ »

2008年7月 6日 (日)

気持ち

07061 久し振りにバイキングの練習会に参加。今日はバイク80kmとのことなので、少しは楽かと思って。。。
 スタートのタイミングとか、先頭とすれ違ったら引き返すとか、周回数とか、色々と不慣れで私だけ変な動きをしてしまった所がある。心配おかけしました酒見さん、御免なさい。
 私みたいに遅いヤツは、先頭集団が来る少し前にUターンして走り出す。そこで先頭集団に抜かれるので、必死で追いすがって付けるところまで付いていく・・・。こんな感じの要領が途中で解ったので、少しの間だけは先頭集団の後ろの方を走ることが出来た。
 メチャクチャ速い。確かに40km/hは出ている。ハァ。。。ちゅう感じ。数kmついて行ってみたけれど、登りの始まりで一旦離されたらあとは追いつけなかった。
 その後も単独で走っている人の後ろに付かせて貰ったりしたけれど、やっぱり後ろを付いて走るのが精一杯でそれ以上の事が出来なかった。
 71km強走って平均速度が32.2km/h。今の私では一人では絶対に出ない速度。

07062  少し休憩した後でランが始まる。ランはこのクラブでは人気がないのか?参加人数が半分以下に減っている。気温が上がってきて暑さとの戦いに成りそう。バイクよりはしっかりと走っておきたい。
 武友兄弟とか酒見さんも参加していたけれど、彼らはジョグモードでユルユルと走っていた。私は皆生前の刺激入れに丁度良いと思っていたので、自分なりに納得できるペースで走ってみた。
 先頭はバイキングには珍しいランナー体型の人。この人がずっと先に見え隠れしていた。徳重の信号のあたりでこの人に一旦追いついた。でもその後はその人が少しペースを上げたのでまた差が開いた。
 サポートが給水をしてくれるのだけど、それだけでは倒れそうに成るくらい暑い。「練習会で身体にダメージを与えたら意味がない」等と弱気な言い訳が何回も頭に浮かぶ。その度に「今止めるヤツは皆生でも止めるヤツ!」と自分を脅し続けて走り続けた。
 サニーの先の坂道で先頭の人が立ち止まった。皆同じ様にキツイのだと思う。私が或る程度追いついたら彼は走り始める。これの繰り返してユリックスまで1kmくらいまで来た。
 このあたりで彼に追いついて彼の後ろを走る形になってきた。彼も楽そうには見えないけれど、私も負けないくらい消耗して居る自信がある。このままの形で最後の坂が始まった。
 練習で必死に成るのは格好良くない様な気もしたけれど、渋井のラストに惚れたので最後のスパートをかけてみた。坂道をよく走っていたからか、素直に速度が乗ってきてそのまま引き離してゴールできた。
 ゴールしてしばらくはトイレの水道で水をかぶって身体を冷やした。熱中症で倒れるかと思った。身体が冷えたら駐車場に戻り、片付けをしてお礼を言って家に帰った。

 昼飯を食いながら考えたこと。それはランとバイクに対する気持ちの持ち方の違い。
 ランの場合は自分なりにこういう走りをしようと思い、それに従って強い気持ちで最後まで走り続けた。ジョグで流している人も居る練習会で、一人だけ必死に走るのは浮いているような気もするけれど、ランではそう言うのは気にならない。俺は今日はこういう練習をするんだと言う気持ちが有った。最後に並んだ人がどういう力の選手か解らなかったけれど、前を走っている選手は抜くべきだと自然に思っていた。
 ところがバイクは違う。バイキングの練習に何処まで付いていけるかな?と中途半端な弱気で参加して、スタートは最後の方からユルユル出るから集団にも入れず、途中で合流した集団中でも最後の方をコバンザメみたいに付いていくだけ。
 集団の中なら私でも少しは楽になれるので、心拍数が160以下まで落ちたときが何回か有った。そんなタイミングなら少し前に出るとか、1秒でよいから先頭を引いてこの速度の風圧を身体で感じてみるとか、先頭まで出る事が出来なくても、1名でも2名でも先に行くとか、そんなことがどうして出来なかったのだろうか。
 どうもバイクに関しては、ランに比べて前に出ようとする強い気持ちが少ないような気がする。大会ではペース配分などが有るから一概には言えないけれど、どうして今日のような練習の機会で後ろを付いていくしか出来なかったのだろうか。
 なんか情け無い気持ちが一杯に成ってきた。フィジカル面で付いていけないのは仕方が無いけれど、前に行こうという強いメンタル面が無いのがよろしくない。

バイク 71km
ラン 12km

|

« D200用GPSケーブル | トップページ | 包丁研ぎ »

コメント

昨日はお疲れ様でした。

練習内容、不案内ですみませんでした。記事の通り、折り返しで集団につけるだけついていくのが、必ず今後につながりますよ。

頑張る基準は僕も同感です。

僕のランはあれが限界です。

今度しごいて下さい(なので練習コースを聞きました)

投稿: 酒見 | 2008年7月 7日 (月) 22時15分

 帰るときに酒見さんに挨拶できなくて済みません。ありがとうございました。

 コースは後半周有ると思いこんで居たので、前の人が右折しても強い信念で直進してしまいました。道の駅を過ぎても誰も来ないのでおかしいと思い、その時になって何となく状況が飲み込めました(笑)。
 私の宗像側のランコースは、赤木峠、論地峠、磯辺峠、福岡国際CC、経由で釣川沿いの散歩道、城山あたりです。酒見さんの生息地と結構かぶっているかもしれませんね。今度お願いします。

投稿: みつやす | 2008年7月 7日 (月) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« D200用GPSケーブル | トップページ | 包丁研ぎ »