« こんなケーブル作った | トップページ | 裸足でソーティー »

2008年6月 8日 (日)

砂壁を剥いだ

0608 昨日は7時半頃目が覚めた。ブルベの出発を見に行こうかと思っていたのに間に合わなかった。今日も同じくらいの時刻にしか目が覚めなかった。
 最近は身体が怠いと感じることが多かったので、身体が自動的に調整しているのかもしれない。

 朝食の後に確認したら珍しく息子達が全員居る。人手がある時に流し台などを動かして作業しようと思い立ち、今日は台所の壁作業の日となった。
 写真は夜の写真なので取りあえず作業が終わっている状態。画面左端に1mくらい見えている壁が先日自分で作業した所。砂壁を剥がして下地に木工用ボンドを薄めた液が塗ってある。
 正面の向かって左半分は土壁が失われており、構造用のベニヤ板と枠組みまでは先日作業していたところ。ここの内側にはコンロを置く予定なので、内側にケイカル板張っていった。
 コンロ上部の換気扇は金属にすべきか迷ったけれど、風切り音が五月蠅そうなのと値段が高かったので、取りあえず35cmのプラスチック羽根のヤツにしてみた。
 正面の壁の向かって右半分と、かすかに写っている画面右端の壁、ここが今日砂壁を剥がして薄めたボンドを塗ったところ。
 流し台を動かしたり、掃除したり、排水管の位置を変更したり、またまた掃除したり、仮設の配線を引っ張ってきたり、色々とやることが有って1日掛かってしまった。息子達が手伝ってくれたのでこの時間で終わったけど、一人なら夜まで掛かっていたと思う。

 最終的には物置と同じように、土壁の部分は白の漆喰を塗って仕上げる予定。ケイカル板を張っている部分に関しては面倒なのでこのままで行きたいけど、見栄えが気になるようなら上に漆喰を軽く塗ろうかと思っている。
 あとは左半分のコンロの区画に関しては、天井の板をケイカル板で難燃構造にしておかないと不味かろう。もう一つ、消防法の関係とレンジフードを兼用するような形で、コンロの上の900x1800mm程度の範囲は500mmくらいの垂れ下がりを付けておこうと思っている。
 構想だけは色々と出てくるのだけど、作業は遅々として進まない。次の正月くらいには出来上がっているだろうか?

|

« こんなケーブル作った | トップページ | 裸足でソーティー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんなケーブル作った | トップページ | 裸足でソーティー »