« ジャパンの結果を眺めている | トップページ | 渋井のレース見たかった »

2008年6月26日 (木)

先の曲がってないブルホーン

0626 廿日市の写真を見た鬼コーチからブレーキの角度の事を言われたわけだけど、この部分は私も装着した当初から気に入らない所ではあった。
 でも先の曲がってないブルホーンバーが見つからず、仕方なしにあの角度に成っていた。レバーの空気抵抗が気になるので、100均のゴム草履を削った怪我防止のプロテクタを付けたりしていた。
 プロテクタが空力的な付加物に見える人が居るかもしれないけれど、それは気のせいであくまでも指をぶつけても怪我をしない為の物(笑)。

 曲がってないブルホーンが簡単には手に入らないみたいなので、廿日市よりも高速となる皆生の対策として先端を切ってみた。30mmくらい手前に来る。ポジションが変わって嫌らしいけど、皆生は9割以上はDHポジションなので良かろうと。。。
 私のはTNIのバーだけど、これにはブレーキワイヤーを通す穴が開いていた。この部分が丁度切断部に近くてあまりよい感じでは無い。切ることを前提なら穴のないバーの方が良さそう。

 改造したらバーテープが無いことが解り、急遽トレーニングを兼ねてフリーライドまで買いに行くことになった。BBBのいかにも普通っぽいテープを買ってきて巻いたのがこの状態。
 前面投影面積が少し減った気がする。ワイヤの取り回しも極力物の前か後ろに隠れるようにしたので、ワイヤ自体が単独の障害物に成っている部分は無くなった。ZIPPとかの言い方をすれば、5時間走って20秒くらい差が出たかもしれない(^^)。
 乗ってみて不味いなと思った部分がある。ポジションは直ぐに慣れたけど手の引っかかりが無くなったのがよろしくない。
 私はテクニカルな下りのコーナーなどでは、親指と人差し指の間の又の部分をブルホーンの曲がった部分に引っかけるようにして保持し、ブレーキレバーに軽く指をかけて回っていたらしい。
 改造後の形状では指の又を引っかける部分が無くなってしまった。手のひらの摩擦とか、極力バーを握っておくとか、全部の指では無くて一部の指でブレーキングするとか、何らかの対策を考えてこの状態に慣れないといけない。
 まあ深刻な状態では無いのでしばらく乗れば慣れると思うけど、あまり乗らずに皆生の下りに突っ込むような事をすれば、レースの盛り上がった気持ちも手伝って落車とかの可能性が出てくるかもしれない。
 皆生までに意識して下りの慣熟を行おう。

バイク 40km

|

« ジャパンの結果を眺めている | トップページ | 渋井のレース見たかった »

コメント

なんか交換日記みたいですみませんが,チョ〜〜カッコいいですね!!これはいいですね,なんか一気に今風ですよ.ところで,ぼくの場合だと,人差し指と親指のワッカでハンドルを保持して,中指以降でブレーキ掛けてますね.それだと若干遠くを持てるし.

投稿: 鬼 | 2008年6月26日 (木) 23時29分

 たぶんそんな感じで持たないといかんでしょうね。3週間くらい有るので徐々に慣れていきます。

投稿: みつやす | 2008年6月27日 (金) 09時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャパンの結果を眺めている | トップページ | 渋井のレース見たかった »