« 裸足でソーティー | トップページ | だらだら »

2008年6月10日 (火)

不和

 脚の下の方が怠い感触がある。グッデイまでママチャリで買い物に行っただけで意識的なトレーニングは止めにした。
 時間が出来たので長男が昔使っていたもらい物のMTBを修理した。フロントのギヤ板が摩耗して使えなくなっていたので、ジャンク品を組み合わせて3段が使えるようにした。
 元々が安物なので、クランクとギヤ板を接合するのは鉄のリベットだった。この部分の薄い専用のボルトナットは持っていないので、同じ様なリベットをアルミ材から削りだしてかしめて見た。家の廻りを走り回ってみたけど良い感じ。

 夕食後に不味い雰囲気になってしまった。廿日市に行くのに中村教官のプリウスを借りようかと電話をしていたりしたら、嫁さんが何時行くの?と聞く。14-15日と言ったら途端に表情が変わった。
 「帰ってきたら私は居らんかもしれん」と言ってプイッと向こうを向かれてしまった。オドオドしながら話すけど状況が掴めん。こんなときは変に深入りするとどうにも成らなくなることは、20年の結婚生活で良く解っている。しずしずと後ずさりしながらダイニングを後にした。
 私と嫁さんとは感情のロジックが相当違っていて、お互いに全く理解できない場合が多々ある。嫁さんと次男は良く似ている。第三者的に同じ事例を体験しても、彼らが「メチャクチャ腹立つ!!!」とか言うのを、私と長男はポカーンと見ながらその場を後にする事がたまに有る。
 彼らにも逆に感じる状況が有るのだろうと思う。誤解なら解かないといけないけれど、感情の大元が違っている部分はいくら話しても解り合える事は無い。最近は無駄な努力はしないように成ってきた(笑)。
 取りあえず一緒の空間にいると息が詰まりそうなので、嫁さんが風呂に入って寝るまでガレージに行って自転車を磨いた。おかげで寝る時刻が普段よりも遅くなってしまった。
 良いアスリートに成るには良い日常生活=家庭環境が必要だと思う。今の私は失格である。でも一流のアスリートと言われる人達が離婚することもある。彼らもそれなりに苦労しているのかもしれない。ハハハ。

バイク 11km

|

« 裸足でソーティー | トップページ | だらだら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 裸足でソーティー | トップページ | だらだら »