« 人間の燃費 | トップページ | くも膜下出血 »

2008年5月13日 (火)

寿命

0513 気温が低めなのか、昼飯の後に日向が恋しくて外でコーヒーを飲んでいた。ブルベで使った自転車のタイヤをクルクル回していたら何か変。良く見ると中のコードが見えていた。
 初代メガミウムは丈夫だなと思いながら使い続けていたけれど、こんな状態になっていたとはつゆ知らず(笑)。ミシュラン様御免なさい。
 今年は皆生にプラスして廿日市にも出る。交通費とか宿泊費とか考えると、普段使いの自転車に高いタイヤを買う余裕はない。納屋の上に投げたままになっていた数年前のペーパーライトアクアでも付けようか。。。

 等とタイヤの寿命の事を考えていたら、ほぼ同期のヤツが死んだと電話が掛かってきた。「ほぼ」なのは彼女も私も浪人とか留年を経験していて「ほぼ」同い年だったから。
 同じ福岡出身で学校は違うが同じ関西の大学に進み、航空部に入って同じ時代に木曽川や福井で飛んだ。私は在学中に教証を取ったけど彼女は卒業して教証を取った。社会人になってからの受験はかなり苦労したと思う。
 確かに頭の硬い変なヤツではあったけど、所々に似た境遇があって何かと気になる存在ではあった。しばらく会って無かったけど、こんなに簡単に死ぬとは思っていなかった。
 同じ時代や環境を共有した人間の死は簡単に受け入れにくい。タイヤの寿命どころではなくて、一気に人間の寿命とか生き様を考え始めてしまう。

 ちょっと悩んだけど、今晩の通夜は止めにして明日の葬式に行くことにした。決めたら着替えて走りに出る。短パンにTシャツでは少し肌寒いくらいの気温。いつもの21号線バイパスのコースを走って帰ってきた。
 日曜日の疲労は何も無い。やっぱり少し軽めだったのか、回復力が素晴らしいのか、反応が遅くて明日くらいにどっと来るのか、、、走っている間中、死んだヤツの事ばかり考えていた。

ラン 16km

|

« 人間の燃費 | トップページ | くも膜下出血 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人間の燃費 | トップページ | くも膜下出血 »