« 台所の壁 | トップページ | LEDメータ球 »

2008年5月 6日 (火)

北九州空港から平成筑豊鉄道

0506 オルベアを買った近所のランナー改めトライアスリートが、150kmくらい走りに行きたいと言うので一緒にツーリング。GWの最終日なので家族サービスに徹したいのは山々なんだけど、トライアスロンの普及を願って泣く泣く自転車を引っ張り出した(^^)。
 コースは泉水越しを越えて植木に出て、長崎街道をたどって畑の貯水池経由で福智山を超えて合馬に抜けた。志井公園の辺りからは新しくできた道を通って北九州空港へ。
 連休最終日でごった返していると思っていたら、いつもと変わらずに普通の空港だった。座席は満席かもしれないけれど、便数が少ないので当たり前の現象なのかもしれない。
 空港近くのでっかいポプラで補給して行橋へ。10号線よりも東にあるバイパスみたいな道を通ったら走りやすかった。一旦201号線を経由して市内に入り、後は今川の横の道を延々と走る。この川に沿って平成筑豊鉄道も走っている。運良く途中の田園風景の中で1両編成の列車にであうことが出来た。1両編成なのに列車と書くのはなんか変な感じがする。
 赤村のあたりで線路から離れる。大任町から川崎を経由して国道322号に出て2回目の補給。山田を経由して西郷の陸上競技場に曲がる信号の所に出た。あとは飯塚から幸袋、脇野、福丸のルートで帰ってきた。

 始めて通ったけど平成筑豊鉄道沿いの道は走りやすくて良いコースだった。行橋方面からは仲哀トンネルを抜けて烏尾峠経由で帰っていたけど、ちょっと遠回りになっても今回のコースの方が自転車にとっては面白くて安全だと思った。
 今日は1日中強度低めで通した。福智山を超えるところでも145拍くらいまで。それ以外は130拍前後を維持し、彼が遅れ始めてからは125拍キープのイメージで走った。身体が楽でもしっかりと動いた感触は有る。動いているときには色々と考えることが出来る。この位が効果的なLSD強度なのかもしれない。
 20年以上前のロードは持っているけど、最近のロードは初めての彼。150kmは難しいんじゃ無いかと思ってショートカットのコースも考えていた。でも流石はハーフを1時間30分切りのランナー。行橋あたりから遅れ始めたけど最後までしっかりと完走した。
 しかも彼は今夜のスイミングに行くという。なんか凄い。頑張りすぎて故障しがちなパターンか、グングン上達して廻りを一気に追い越すパターンか、どっちだろう。

 早めに帰って来られたので、昨日の作業の残りをやろうとした。ドライバービットの先が駄目に成っていたので、取りあえず交換用のピットを買いにママチャリでグッデイへ。
 帰ってきてからコーヒーを飲んで、もらい物のCM125の配線をたどったりしていたら晩飯になった。コーヒーを飲んで再びCM125の配線を弄っていたら一日が終わった。

バイク 150km

|

« 台所の壁 | トップページ | LEDメータ球 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台所の壁 | トップページ | LEDメータ球 »