« 多足類読本 | トップページ | 色々やった »

2008年5月31日 (土)

草刈

 家の北側の栗の木とキウイが植えてあるあたりの草が酷くなってきた。秋になったら枯れるのだから必死になってまで刈らなくても良いとは思うけど、入るのが憚られる位まで伸びてしまったので一旦刈っておこうかと。
 何時も使う方の草刈機は、2週間ほど前に爺さんが混合油事件を起こし、それでしばらく使ったみたいなので何となく使いたくない。予備機になっていたマキタの22ccを使ってみることにした。

 思い出したくない混合油事件とは。。。最近はホームセンターで25:1位に「オイルを混合したガソリン」が売られている。ちょっと紛らわしいのだけど、これを買ってきてさらに25:1に薄めて混合油を作ったらしい。
 いつもは私が混合油を作るのだけど、先日使おうとしたら既に誰かが作っていた。でも色合いと感触がなにか変。ただのガソリンじゃ無いのか?と感じたので爺さんに聞いてみたところ、「ちゃんとCCISオイルで作った!」と言い張る。家にはオードルーブの古いのしか無いので詳しく聞いてみたら、ナフコで買ってきた「混合済みガソリン」をさらに25:1に薄めて作ったことが判明した。。。これって1:625に成るの?
 草刈機にはこの「混合油」を継ぎ足してしばらく使ったらしい。スタータを引いたら取りあえず回る。正規の混合油に入れ替えてエンジンをかけたら回った。容器の中の「混合油」にはオイルを混ぜて「混合油」にした。大変だった。
 間違いや勘違いは若者にも有るけれど、自分は正しいと思いこんで主張し続ける所が悲しかった。こういう事をするような人では無かったのに。これが老いと言うものか。私は気をつけようと思うけど、やっぱり同じ道をたどるのだろうと思う。息子がガソリンを隠すように成ったら、そう言う時期が来たと悟らないといけない。

 22ccの草刈機は少し力が無かった。でも普通に草を刈るくらいなら問題は無い。なかなかガソリンが終わらないなと思いながら刈っていくと、栗の木の下が全部終わってキウイの下も1/3位まで刈れた。使っていた時間もいつもの機械より明らかに長い。
 こんなに燃費が違うとは驚いた。細い竹とかが無い環境であれば、今後はこっちの草刈機を使おうと思う。フロートキャブでタンクが上に付いていて、燃料コックが壊れていてOFFに出来ない。毎回燃料を使い切る必要が有るのが面倒なので、マキタに注文してコックだけでも交換しておこう。

 キウイの下に潜ったときに首の後ろがムズムズした。草まけなのか虫なのか解らないけれど、帰ってから夕食中にじんましんみたいな発疹が出た。範囲が狭かったので放って置いたらかゆみはじきに引いてきた。まだ台地状の緩い凹凸が残っている。明日の朝には消えているかな?

|

« 多足類読本 | トップページ | 色々やった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 多足類読本 | トップページ | 色々やった »