« 点火コイルの2次側を探る | トップページ | ピックアップコイル試験 »

2008年5月20日 (火)

久し振りに軽い感じ

 書いたと思っていたのに出来ていなかった。何故だろう??と言うことで今日になって書いている。

 走り出して直ぐに脚が軽い感じがある。ここのところずっと重い感じばかりだったので少し気分が良い。天気も良くて嬉しい。
 ここの所定番と成ってしまった21号線バイパスから鞍手町に抜ける道を走る。このコースは軽いアップダウンが連続しており、トータルで5個の起伏が有る。今日は登りと下りで綺麗に走ることを心掛けて走ってみた。
 綺麗というか最も効率の良い動きをイメージして。当然、登りと下りでは動きが異なってくると思うのだけど、その辺をどのようなイメージで走ったらよいのかは良く解らない。
 今の段階で感じて実戦しているのは、登りは意識して上半身を前に倒し、前に脚がひとりでに出てくる状態を意識的に作ること。下りは肘をキツく曲げて肩廻りの慣性モーメントを最小にして、腕を極力早く振ってその勢いで脚もクルクル回し、接地の瞬間にブレーキに成らないようにしている。
 その辺の意識を中心に。必死ではないペースで色々と考えて試しながら走ってみた。最後の平地になってからはビルドアップ的にペースを上げて終了。

ラン 16km

|

« 点火コイルの2次側を探る | トップページ | ピックアップコイル試験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 点火コイルの2次側を探る | トップページ | ピックアップコイル試験 »