« うちのスピーカは正体不明 | トップページ | 気合いの抜けたスイム »

2008年4月10日 (木)

3本ローラ

0410 久し振りに3本ローラに乗ってみた。少しだけジョギングしようかと思っていたのだけど、外は酷い雨と風なのでガレージへ直行。
 体調は普通に感じるし乗ってみてバランス感覚が悪くなった感じもない。汗をベトベトにかくのは嫌だったので途中で3回ほど休憩して服を脱ぎながら1時間程度乗っていた。
 取りあえずこの1週間は軽い感じでまとめてみようかと思っている。終わった後の体調は始める前よりも良いような気がするけど、気のせいか?

 夜はスピーカの事が気になってしまったので色々調べていると、サウンドカードを使って周波数特性が測れることが解った。で、やってみたのがこのグラフ。
 全般的に予想よりもフラットで優等生的な特性だった。低音は100Hzあたりでストンと落ちているけど、バスレフの穴で測定してみたら100Hzが同調点らしいことが解った。カンジニアリングで作ってしまったけど、本来なら70Hzあたりで同調するように設計した方が良かったのだと思う。
 高音は全く出ていない。イコライザのバーを高音側は一杯に上げた方が音楽がそれらしく聞こえる感が有ったけど、その感触とも直結している。まあ人の声を聞く分には関係のない周波数では有るけれど。
 高音の低下の理由が知りたくて、ローランドのスピーカと子供が使っている5cm角くらいのスピーカを持ってきて試験してみた。
 ローランドのは妹が勤めていたときに持って帰ったヤツだと思う。金属製?の箱に入った10cmくらいの重いPC用のスピーカ。ところがこれでも高音側は7kHzあたりから落ちていく特性にしか成らない。
 それならと、スピーカ部分は3cmくらいしかないツイータとしか思えない子供のヤツで試してみても、やっぱり高音が出ていない。

 色々悩んだ末に、SP出力を抵抗で分圧してその信号をマイク入力に加えてみた。この状態で同じ試験をした結果がこれ。
04102  サウンドカード単体の状態でも、既に10kHzで12dBくらいレベルが低下している事が解る。オンボードのカードなんてこの程度なのかもしれない。
 実際の測定ではマイクの特性も加味される。マイクはこれまたジャンクで買ってきたコンデンサマイクをケーブルに半田付けしてでっち上げただけだし・・・。

 こんなことをやっていたら直ぐに寝る時間になってしまった。それほど興味の有る分野では無かったけど、それなりに面白い。電子部品の測定なんかにも使えそうな気がしてきた。

バイク 22km

|

« うちのスピーカは正体不明 | トップページ | 気合いの抜けたスイム »

コメント

でも本体の能力を超えた周波数に穴を合わせてしまうと中抜けになってしまったりするし,こんなもんじゃないですかね?高音側は反射や吸収などの影響が大きいので,マイクの距離で変わったりするしこれまたこんなもんじゃないでしょうか。どっちみち10kHz以上なんか聴こえてないから問題ないですよ。

投稿: 鬼 | 2008年4月11日 (金) 12時21分

 まあ適当に作った割りには酷くないと考えてこのまま行きましょう。
 昼飯食ってから廃材置き場の柱を切って来てスピーカを23cmほど持ち上げてました。はっきり解るほど感じが変わりますね。
 良い音か悪い音かは解らないけれど(笑)、下からよりも耳の高さにした方が高音側が良く聞こえる感じです。

投稿: みつやす | 2008年4月11日 (金) 12時56分

 今まで何も考えずに繋いでいたけど、私のサウンドカードの出力インピーダンスっていくらなんだろう?
 マザーボードの取説には「ヘッドホンかスピーカを繋ぎます」等と凄く幅のある表現・・・
 気になり始めたけど。。。仕事始しよぅ。

投稿: みつやす | 2008年4月11日 (金) 13時08分

丸太だとガタがないですか?百均あたりで防振ゴムシートのようなものを買ってきて敷くといいですよ。あと高音の落ちに関してはインピーダンスも気になりますね~~

投稿: 鬼 | 2008年4月11日 (金) 15時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うちのスピーカは正体不明 | トップページ | 気合いの抜けたスイム »