« 嫌がらせ? | トップページ | 理系的なアプローチ »

2008年3月22日 (土)

地上絵

0322 明日は朝から雨の予報なので今日のうちに屋外のトレーニングをやっておきたい。
 土曜日なのに意外とやることがあったので、16:00頃から外に出た。自転車では中途半端な時間なので走ることにする。
 週末で夕食が早いかもしれないので2時間走のイメージ。10km行って帰ってくるようなコースをイメージして走った。
 最近は鞍手町方面ばかり走っているような気がしたので、今日は若宮方面へ行ってみる。若宮ICから真っ直ぐ山を越えて黒丸川沿いを登る。山の中腹に清水寺が見えたので目的地に決定。最後は急坂なので一気にキツくなった。ランで良かった。自転車だと止まりそうな坂。
 桜の花はまだつぼみだった。平地でもまだなので標高が200mくらい有るここはさらに少し遅い。以前に来たときは結構綺麗だった覚えがある。
 そのまま新幹線沿いを走って芹田の方に抜けて、勝負尻を超えて坂元の中を通って帰ってきた。
 カシミールで軌跡を見てみたら、ナスカの地上絵みたいな軌跡が出てきて嬉しかった。

 今日も1時間を過ぎた辺りから心拍値におかしなデータが混じり始めた。センサの位置を変えてみたり、皮膚を拭いてみたり舐めてみたりしたけど大きな改善は無い。150拍位を境に、それを超えると一気に200近い値に成ってしまう。
 体感的なキツサはそんな感じではない。165拍くらいかな?と思ってみると205拍とかだったりするわけだ。心臓の動きに関して変だという自覚症状は無い。脈は走りながらだと良く解らない。
 真冬の間は最初の静電気の影響を除けば、こんな症状は出なかった。いまの季節は適度に暖かくなってきて、発汗やそれに伴う塩分の析出なども有ると思う。帰ってから顔を洗うと明らかに塩の味がする。こういった導電性に影響を及ぼすなにかがイタズラしているのか、はたまた私の心臓が誤動作をしているのか。
 ただ、可能性としてはランの振動の様な気がしている。なぜなら自転車ではこのような異常傾向がほとんど無いから。
 知的好奇心も有るので、トレッドミルで走りながら負荷心電図を取ってくれる病院を探して、一度波形を見てみたい気がする。それかホルター検査でそのまま走れば良いのか?。
 何かおかしいと言われても走るだろうなとは思う。大事に使ってもあと30年か40年くらいしか持たない訳だから(笑)。

ラン 22km

|

« 嫌がらせ? | トップページ | 理系的なアプローチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嫌がらせ? | トップページ | 理系的なアプローチ »