« お通夜 | トップページ | サイリスタ短絡式 »

2008年3月 4日 (火)

毎月葬式か?

 朝から寒い。霙や雪が降り続いている。こんな日の葬式は嫌だけど、最近は斎場でやることが多いのでその点では楽。自宅葬だと暑かったり寒かったり濡れたり脚が痺れたり・・・と辛いことが多い。
 この辺は年長者のほうが身体に響くみたいで、普段は「昔とやり方が違う」と文句を言いがちな年寄りほど、斎場のほうが楽でよいと言う人が多いのは面白い。
 今日は仕事も結構あったので、式の前もギリギリまで仕事をして出棺の後も直ぐに帰ってから仕事をやった。なんかバタバタして落ち着かない1日だった気がする。

 3月の九州なのに雪が降っている。朝一番に犬鳴峠を超えようとした嫁さんは1時間以上掛かったらしい。この地方では少しでも雪が降ったらもうだめ。諦めるしかない。
 ずっと昔に松本から帰ってきた頃、スパイクタイヤを履いたCR-Xで福岡まで通勤していたことがある。今よりも雪が積もることが多かった。そんな時でもこの辺りでは大半がノーマルタイヤ。しかもその状態で冬用タイヤ規制の道を行けるところまで行く人が多い(笑)。
 話のなかでも「**の陸橋で滑って横を向いた」とか、「**峠をノーマルで超えてきた!」と言った系統の武勇伝が多い。地域が違うとは言っても、松本とのあまりの温度差に唖然とした記憶がある。
 そんな状況なので雪が降ると諦めるしかない。自分の車にはスタッドレスを履いたりはしているけれど、だからといって雪の日に雪国並みに走れるとは思っていない。
 嫁さんは半分雪国の広島での感触が少しは残っている様で、雪化粧した程度の道で止まってしまう状態に少しだけ怒っていた。
 まあ仕方ない。数回経験したら諦めるから(笑)。

|

« お通夜 | トップページ | サイリスタ短絡式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お通夜 | トップページ | サイリスタ短絡式 »