« クレードルの修理 | トップページ | 速さを支配するもの »

2008年2月26日 (火)

回転のロス

0226 天気予報が微妙にはずれて、夕方になっても雨は止まなかった。仕方がないので室内の3本ローラで回転練習。
 アホな練習を繰り返しているように見える私であっても、取りあえず自分なりの目的は考えながら練習をしている。回転練習に関しては高速回転自体を目標にしているわけではなくて、常用する回転域での無駄を無くしたいのが主な目的。
 常用域で気をつけて漕ぐよりも、もっと上の回転数を目指すことで下のゾーンの機械的な効率というか生体的にはスキルというか、そう言った物を向上させたい。

 今日はアップをかねて80rpmからスタートしたのだけど、90、100、110、とあげて行くにつれて持久力的にキツくなってしまい、前回できた120rpmは「もう止めた!」状態になってしまった。
 プログラム的にちょっと失敗した。持久力養成が目的じゃないのだから、アップの後は速やかに効率アップの為の練習に入るべきだった。
 それが終わってからはDHポジションに移行して、色々な回転数を試してみた。DHポジションのほうがトルクは出る気がするのだけど、回転は明らかに低い。トライアスロンのレースではDHポジションを多用するので、このポジションでの練習もやらないといけない。

 長男から電話が有り、帰りの飛行機が1時間ほど遅れるらしい。その時間だと高速バスが無くなってしまうので迎えに来て欲しいと。仕方がないのでランティスで福岡空港まで迎えに行くことにした。
 福岡空港には車では数回しか来たことがない。しかも夜なので駐車場に入る道が解りにくかった。本当は第2に入りたかったのだけど、入口が解らずに第3に入ってしまった。
 手荷物がなかなか出てこなくて、それを待っている間にスクワットをやっていたら汗びっしょりに成ってしまった。スポーツバッグ一つなら何故機内に持ち込まないのだろう。
 感触的には数学が3割くらいしか出来ていないらしく、かなり気落ちしているような感じ。この調子なら後期を受けても無駄かもしれないとか言っている。
 彼は今まで全ての面で順調だったので、思うように力が発揮できなかったことがショックなのかもしれない。その点では次男と三男は、性格や行動や成果に問題点やら屈折やら挫折やらが散りばめられているので(笑)、こういったショックは少ないかもしれない。
 今回の小旅行?は結構大変だったとか。行きは高速バスが遅れて搭乗手続きを優先させて貰ってやっと乗れて、帰りは帰りで1時間も遅れてしまう。リスニング勉強用に持って行ったMP3プレーヤは壊れてしまい、替わりを秋葉原で買ってホテルのPCを使ってデータを再転送したとかetc...
 色々有ったみたいだけど、取りあえずそれぞれに対応しながら帰って来た事は評価してあげたいと思う。

バイク 36km

|

« クレードルの修理 | トップページ | 速さを支配するもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クレードルの修理 | トップページ | 速さを支配するもの »