« 搬出 | トップページ | 富士重工のカレンダー »

2008年1月 7日 (月)

スダジイ

 今朝起きて直ぐに長男の言葉を聞いて驚いた。「今朝は熾で火を付けた」と言ったから。前夜にそれなりの努力をして、その結果としてならそこまで驚かない。でも昨夜は24時頃に寝るとき、炎としてはほとんど消えかけの材が2本ほど残っているだけだったから。
 やっぱり比重の思い広葉樹は違う。椎の木は強い。こんなに長持ちするとは思わなかった。確かに熾火になった状態で、オレンジ色の硬い木炭でも燃えているかのような見え方をする。杉や檜とは全く違う。
 とは言ってもこういった木ばかりを選んで燃やすのは私的にはかっこよくない。山で朽ち果てる運命の木とか、廃棄される建材とか、そう言った内容に高いプライオリティーを与えて薪を収集したいと思っているから。まあ、今回は裏山の倒木がたまたま椎の木だったと言うわけ。
 この椎の木、例の図鑑で調べてみると「スダジイ」と言うのが正しい名称と解った。椎の木は椎の木とばかり思っていたけど、こういった名前が有るとは知らなかった。なかなか面白い図鑑である。唯一使いにくいと思うのは、今回の例で「シイ」では検索出来ないこと。

 そろそろ日常のパターンに戻そうと思い、夕方からは走ることにした。休みの間の仕事が溜まって居たので少しだけ出るのが遅くなったけど、何となく日が長くなった様な気がして年末と同じ様な明るさだと感じる。
 西中で水を飲んでいつものコース。スタート直後から走りが重い。体重のせいとかトレーニングに間があいたせいとは違う気がする。明らかに昨日の搬出作業で何回も山に登ったため、足腰を中心にかなりの筋肉疲労と成っている模様。
 腰回りを中心に使ったような気になっていたけど、ふくらはぎも結構痛いことが解って意外だった。肩廻りが怠いのは薪割りのせい。
 徐々に徐々に、今までのパターンに戻していこう。そうすればきこり作業で強化された筋肉がそれらを下から支えてくれて、去年の私に比べると見違えるようなパフォーマンスを発揮してくれるはず??

ラン 13km

|

« 搬出 | トップページ | 富士重工のカレンダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 搬出 | トップページ | 富士重工のカレンダー »