« センター試験1日目 | トップページ | ママチャリの車軸修理 »

2008年1月20日 (日)

両頭グラインダ台

0120 だいぶ身体の調子がよい。普通の生活が出来るようになった。無理したら走れるかもしれないけれど、ここで無理して変になってもバカらしいのでおとなしくしておく。
 取りあえず今日の私の仕事は、夕方に教育大までセンター試験が終わった息子を迎えに行くことだけ。なんか1日で出来ることは無いかな?と考えてみたところ、放置していた両頭グラインダの台を作ることにした。

 この両頭グラインダ、数ヶ月前に1,000円!で買ったもの。200mmの砥石が使える両頭グラインダが1,000円とは安すぎるけど、まあそれなりの物でも有った。
 ベアリングから音が出ていたので交換。内部の巻線などはエアーを吹かして掃除。左の砥石カバーが無いのでt2.3mmの鋼板をたたき出して製作。スイッチが壊れているので製作。等々。
 銘板も無いのでメーカ名も定格も解らない。電流値から400Wクラスだろうと当たりはつけてみた。メーカー名は解らないけれど、使ってあるボルトナットが全てインチ規格。アメリカ製だろうか?まあ良いけど。
 ここまでやって放置していたので、実用的に使えるように台を作ることにした。12mmの構造用合板が少し残っていたのと、薪用に貰っている中国のパレットの廃材をフレームに利用する。
 適当に組み合わせて切っていき、接合は全て2x4用のコースレッド。剛性を確保するために沢山ねじ込んだ。
 色を塗る段になって何色にするか迷う。夕方にグッデイに行って塗料売り場を眺めていたら、薄い緑色がいかにも鉄工所とか製鉄所とかの機械の色っぽく見えたので買ってきてみた。
 下地は第1種ケレン、下塗りはエポキシ系さび止め2回、上塗りはフタル酸系エナメル2回、塗装色はマンセル***とか、適当に頭の中で遊びながら帰ってきて、塗ってみたらあらびっくり(笑)。
 全然イメージと違ってパステル調のおめでたい色合いに成ってしまった。アハ。

|

« センター試験1日目 | トップページ | ママチャリの車軸修理 »

コメント

専門家としては・・
まっ、こんなモンでしょ!
色見本で見て決めると、自分のイメージより
強い(濃い、派手すぎる等)感じになります

家のように大きな物に塗る場合は
ゼヒご相談ください。

塗装屋さんの意見も鵜呑みにしてはダメ。
自分の思いが伝わっていない場合があります。
下地の手間の軽さから暗い色を使いたがります。

投稿: 従姉妹 | 2008年1月21日 (月) 21時50分

 はっ早いコメント。流石専門家。あんまりイメージと違っているので、グラインダの本体に塗るのをためらってます。

 黒か灰色でも混ぜて、もう少しくすんだ感じにしたいんだけど、手持ちのフタル酸系で、買ってきたこれは水性のアクリル?とか書いてあるヤツ。流石に混ざらんわねぇ。。。

投稿: みつやす | 2008年1月21日 (月) 22時03分

塗料の色を作る(調色)時には
塗料の元(メーカーからは白がきます)に
顔料(赤・黄・青と黒)を混ぜて作ります。
熟練した調色士がやればどんな色でもピタッ!
と、きまります。

ですから、顔料・・つまり絵の具なんて如何でしょうか?
水性なら水性絵の具でいけるかも知れない!

少しだけ取り出して、試してみて!
ダメかも知れないけど。

あの色を機械のようなグリーンにしたいなら
多分、黒と白と黄色??
なーんてホントは素人なので違うかも。

投稿: 従姉妹 | 2008年1月22日 (火) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« センター試験1日目 | トップページ | ママチャリの車軸修理 »