« 直鞍一周駅伝 | トップページ | 超常現象 »

2007年12月 3日 (月)

眠いっす

 昨日の夕方に病院で叔母さんの顔を見て、この感じならしばらくは大丈夫と素人判断で帰ってきた。先生の判断も同じだったようで、娘家族も岡山に帰った。
 その次の日、すなわち今日の未明のこと。03:00頃に電話が鳴った。間違い電話じゃ無くて直感的に何かが解る。出てみると予想通りの話し。うーん。先生の予想も私の予想も外れてしまった。人の命ははかない。まあ、数時間前に会えただけでも良かったと考えよう。

 どうしようかと思ったけれど、高齢の叔父さん一人なので病院に行くことにした。外は酷い雨。暗いランティスのライトでは怖いくらいの雨。事故らないようにゆっくりと病院まで走った。
 遺体の移動とか通夜と葬儀の段取りとか、色々と細かい話が沢山ある。当事者の叔父さん一人ではキツイと思う。来て良かったと思った。
 朝まで何だかんだとやることがあり、朝になって一旦家に帰る。朝飯を食って仕事を処理し、昼前に今度は爺さんの退院処理に別の病院へ。言うことを聞かない爺さんをランティスに乗せて帰ってきた。どうしても肩から鞄を下げて退院したかったらしい。中は空。引っかかって転けるから外せと言っても外さない。まるで幼稚園児の鞄みたいだと婆さんと笑う。

 昼飯を食ってもう一仕事して、夕方前に成ったので今度は通夜のために斎場に向かう。こっちも何だかんだとやっていたら、直ぐに時間が過ぎて夜になった。
 こんな感じで今日の一日が終わりつつある。今日は嫁さんと入れ違いに成っただけなので、会社の対応を途切れることなく続けることが出来た。でも明日はちょっと困った。嫁さんは別の理事会?とかで居ない。私はかなりの時間を空けてしまう。従業員が居るほどの規模じゃない。御免なさいと言うしかない。本当に御免なさいです。

 段々眠くなってきた。早めに休んで明日に備えよう。

|

« 直鞍一周駅伝 | トップページ | 超常現象 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 直鞍一周駅伝 | トップページ | 超常現象 »