« 棚の修理その2 | トップページ | 煙突の詰まり具合 »

2007年12月20日 (木)

釘釣り

1220 今、主に燃やしているのは家の廻りの廃材と、パレットやその上の木枠を分解した廃材。特に後者には機械で打ち込んだ長い釘が沢山入っている。
 鉄のかたまりの中で燃やすのだから関係ないだろうと、適当に燃やしているけど後が大変。木枠の廃材を燃やす割合にも依るけれど、1-2週間でこの位の量の釘が溜まってしまう。
 今までは灰を掻きだして家の裏にばらまいた段階で、手動や磁石でチマチマと拾い集めていた。少しだけ効率化を考えて、このような釘釣り竿を作ってみた。
 磁石は大きなトランペットスピーカから外した物。私が子供の頃に拾ってきて外した。物持ちが良いので自分でもびっくりする。それをアルミの廃材の先に針金で括りつけただけ。
 やってみると意外に楽しくて、何か子供向けのゲームのような感覚で灰の中から釘を見つけ出しては手前の缶に溜めてみた。
 長男に見せたら電磁石にして欲しかったと鋭い要求を突きつけられた。確かに外すのがジャマくさい。引き金を緩めると一気に釘が落ちるのは快感かもしれない。暇が出来たら作ってみよう。

 今日は走る。昨日は走ってないので調子が良いと期待していたけど、それほど調子が良いとも感じなかった。
 西中経由で裏の峠を越え、トヨタ外周路のアップダウンを通ってタニコーの交差点に出た。後は四郎丸まで北上して山沿いの細い道に入り、倉久まで一気に走る。
 アメリカに留学していた息子の同級生が昨日帰ってきたらしい。取りあえず顔だけ見ておこうと家を訪ね、本当に顔だけ見て引き返した(^^)。
 ここからはトヨタ工場を横断する軽い坂道になる。最後くらい頑張ってみようと思い、いつもは今井のつもりの所を、今日は野口みずきに成って手をブンブン振ってキックキックと呟きながら走り続けた。
 六郎丸までの平坦路も、キロ4分を切って走り続ける事が出来た。相当キツいけどそのキツサに心肺はついて行っている。これは水泳のトレーニングが何時もインターバル的な内容になっているおかげかもしれない。

バイク 10km
ラン 15km

|

« 棚の修理その2 | トップページ | 煙突の詰まり具合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 棚の修理その2 | トップページ | 煙突の詰まり具合 »