« 薪ストーブの家発見 | トップページ | ランティスライト修理・・・だけでは済まなかった »

2007年12月 9日 (日)

棚の修理

1209 朝から晩までかかって、物置に入っていた棚の修理をした。古くて大きな棚が2個有る。両方とも廃材を使って作ってあるようで、ほぞの穴が有ったり、棚板が各段で違っていたりと妙な味わいが有る。
 分解して薪ストーブで燃やそうかと思ったけど、それぞれが1.8mx1.8mくらいのサイズが有るわけで、そのサイズの棚を新たに作るのも大変。買うのは高そう。と言うことで修理する道を選んだ。
 最初の製作が廃材だった方針に倣って?今回の修理も廃材を使って修理していった。棚板の厚みも15mmから25mmくらいとまちまち。向きも縦だったり横だったりと変な感じ。

 当初の予定では昼に終わって、午後からはもう一つの棚に取りかかる予定にしていた。でも悪い部分を切り取りながら修理していくのはなかなか面倒で、予定通りに作業は進まずに、全部出来たのは暗くなってからだった。
 食事の終わった息子達に手伝わせて、物をのけてスペースを作った納屋の中に取り込んだ。ガレージの前に山積みに成っている食器類を順不同で放り込んで今日の仕事はお終い。
 これでも1.5倍くらいはガレージの前に残っている。これを何とかのけないとXSが出せない。今日の作業のおかげで自転車は何とか取り出せるように成った。

 当初はこれだけの食器類を整理したり処分しようかと思っていたけど、その度に爺さん婆さんを説得したり喧嘩したりするエネルギーが勿体なく思えてきた。退化かもしれないけれど、取りあえず納屋の中に全部納める。
 夜中に納屋の中を整理していたら、古タイヤが4本出てきた。爺さんには黙ってタイヤ屋に持っていくしかない。1本300円でも1,200円のマイナスの財産かぁ。。。

|

« 薪ストーブの家発見 | トップページ | ランティスライト修理・・・だけでは済まなかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 薪ストーブの家発見 | トップページ | ランティスライト修理・・・だけでは済まなかった »