« 取らぬ狸の皮算用 | トップページ | 勘違い »

2007年11月29日 (木)

監督者会議

 19:00から直鞍一周駅伝の監督者会議に出席。今年の参加は20チームらしい。チラッと見た限りでは、初参加はうちと武友さんのチーム。他は複数回参加の強豪?。

 ランニングとかトライアスロンとか、色々な大会に出始めたときはこういう瞬間が不安で仕方がなかった。廻りの選手全てが自分よりも数倍は力がありそうで、押しつぶされそうな心細さを感じていた。
 ところが、実際にレースが始まってみるとそう言った事ばかりではない。確かに力の差が有りすぎる選手も大勢いるけれど、そうでも無い選手もそこそこ居たりする。自転車の大会などはこれが顕著。機材と格好だけで凄いと思っていた選手がそうでも無かったりする。
 こういった経験を自分でしてきたので、息子達にも極力大会に参加させようと考えてきた。大会に放り込むと機材に頼らなくなる。高価な機材を欲しがらなくなる。SORAをデュラに買い換えて貰ったところで、今さっき抜かれた選手に勝てないことが身をもって解る。
 これは息子達の心の問題として健全な方向だと思うし、家計的にも非常によろしい傾向と言える(^^)。

 中継地点の駐車場の件など、疑問に思っていたことは全て解決した。明日はこの資料を全員に配布して、当日の配置と回収の段取りを考えないといけない。これが結構面倒かもしれない。

|

« 取らぬ狸の皮算用 | トップページ | 勘違い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 取らぬ狸の皮算用 | トップページ | 勘違い »