« 初めての救急車 | トップページ | 作業の1日 »

2007年11月 3日 (土)

薪ストーブ単独試運転

1103 朝一から物置の漆喰塗り。こればっかりやると疲れてくる。こんな調子では左官屋の見習いにもなれそうにない。
 病院へは嫁さんが駅伝の応援ついでに行ってくれる事になり、私は基本的に家の事が出来る。でも嫁さんの帰ってくる時間に合わせて昼の時間がずれたり、なんか細々した事で生活のリズムが狂ってくる。うーん、自分のリズムという物が弱い人間だ。

 昼過ぎに薪ストーブが到着した。家の廻りに散らばっている廃材とか、山に倒れていたり切ったりした木とか竹とか、身の回りの物を燃やして暖を取ろうと思っている。
 そのまま黙っていれば爺さんと婆さんが家の前で燃やして煙りだらけにしてしまう。絶対に燃やすなと言って、それを聞いてくれたとしても山の中で腐っていって二酸化炭素を出していく。
 それなら部屋で出来るだけ綺麗に燃やして暖を取り、今消費している灯油をなくす方が地球にも財布にも優しい気がした次第。

 本体と設置で100万円とかするような品物ではなく、本体は安物の鋳物製で42,800円。買ったのは取りあえずこれだけ。試験的に燃やしてみて、具合が良ければ補機類を準備して食堂に設置する予定。
 太さが少し合わないけれど、納屋の裏にあったステンレスの煙突を立てて火を付けた。煙突は1重で3.5mくらい有る。ステンレスの1重だと、昔の竈に使っていたアスベスト?製のヤツよりも煙が冷えて効率が悪そう。かといって最初から2重煙突を買うほど金はない。
 写真は点火直後で煙が出ているけれど、順調に燃えだしたら煙はごく少量になった。昔の風呂場よりも少ない。薪の消費量も思ったより少ない。足したら直ぐに火が付く。
 思ったより良い感じ。注文直後は「中国製」に難を示していた嫁さんも、実物の雰囲気と燃え方には満足している。
 気分が良くなったので土で出来たダッジオーブンみたいなやつを持ってきて芋を焼いた。上手に焼けたけど芋の種類がいくつかあって、中が白いのは美味しくなかった。

 色々弄りながら夜まで燃やし続けた。秋月の熱電対温度計で本体各部や地面、周辺物等の温度も計測した。煙突の重要度も体感的に解ってきた。
 高級な2重煙突は買えないから大小の2個の煙突を重ねて自作しよう。φ150mmの外側煙突から内側に向かって20mmくらいのタッピングビスをねじ込めば、中央にφ110mmの空間が出来る。ここにφ106mmの内部煙突を置けば良さそう。
 安くて使えそうな断熱材が有れば入れればよい。無ければ空気層だけで行ってみよう。無いよりは相当改善されるだろう。

 後の行程的には、物置を仕上げて水屋関係をそっちに移し、流しとレンジを壁際に移す。食卓テーブルの配置を決めて、薪ストーブの位置も決める。
 煙突の位置を決めて、天井と屋根に穴を開けて煙突をドーン!と上まで通す。瓦はディスクグラインダでカットする。金がないから瓦を貫通する部分の金物も自作しよう。全ての接合部はスーパーXでシーリングと接着。
 田舎では家の細々したことは自分でやってしまうことが普通だったりする。そう言う意味ではアメリカ的かもしれない。我が家も平屋で自分で登ったり簡単にできるのだから、自作の接合部が数年に1回くらいメンテを要しても良いじゃないか。。。なんか出来そうな気がしてきた。

 今日は少しだけ気分が躁状態に向かってきている(笑)。

|

« 初めての救急車 | トップページ | 作業の1日 »

コメント

薪ストーブ、暖かそうですね。
我が家のあたりは寒いので、最近薪ストーブを使うお宅は結構ありますよ。
でも、天井や屋根から煙突はあんまり出てないかなぁ・・・横の壁(屋根の直ぐ下あたり)から煙突が横向きに出て、クイッと直角に曲がって、上に向いてるような気がします。
二階建ての家の場合、一階の天井に煙突を這わせて、家の中を端まで通過させると、家中がとってもあったかなようです。
薪も、あんまり煙が出る木は部屋が臭くなっちゃうようですね。
木がいっぱいあるから、色々試してみてね!
燃やしてCO2を出すなら、暖かい方がいいですね。
信州はもう暖房なしではとても無理です。

投稿: 従姉妹 | 2007年11月 4日 (日) 00時58分

 あぁ、2年弱しか居なかったけど、和式便器に溜まっていた水が全部凍ってしまった松本の冬を思い出しました。0度を暖かいと感じるあの不思議(笑)。

 横に出して壁に穴を開ける方法は、家の改造度が低いのと、雨漏りの面でメリットが有りそうです。でも煙突が曲がってしまって排気効率の面ではストレートには負けそうです。

 実用車の見事なレイアウトを取るか、レーシングカーの割り切りを取るか、相当悩んだのですが割り切った美しさを採用することにしました。雨が漏ったらそれはそれでネタになるし、ハハハ。

 低気密・低断熱の健康住宅なので、ガンガンに燃やしてもあまり暖かくならないかもしれません。その時は家族全員でスクワットでもしましょう。

投稿: みつやす | 2007年11月 4日 (日) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初めての救急車 | トップページ | 作業の1日 »