« 作業台 | トップページ | スイムは停滞気味 »

2007年11月15日 (木)

2重煙突

1115 設置場所も要検討だけど、煙突とかディテールも未決定の事項が多い我が家の薪ストーブ。
 取りあえず2重煙突の基礎実験を開始した。最初の案ではタッピングビスで中の煙突を浮かせる予定だったけど、別の板で試してみると意外と作業がやりにくかった。
 もう一つは内部の対流のことを考えると、やはり断熱材を入れた方が良いんじゃ無かろうかと・・・そんなことを考えながらホームセンターをうろついていたら、280円位のグラスファイバーの断熱材を見つけた。
 ビニール袋に入ったような形をしており、本来なら床下の根太の間とか壁の隙間に入れるヤツみたい。これのグラスファイバーだけを取り出せば何とかなりそうと考えての実験がこれ。

 内部はφ106で外部はφ150のステンレススチール製の煙突。通販で安いのを頼んだらホンマ製のSUS430が来た。うーん304じゃ無いのが残念では有るけれど、430だから穴が開いたと言うほど使うかどうか怪しいから由とした。
 内筒と外筒の間にグラスウールを詰め込む。そのままではユルユルに感じたので、2重にして押し込んでみた、
 一番下だけはシングル。その上に自作2重煙突の構成で実験開始。下に灰が溜まってきたからか着火直後から調子は悪くない。
 昇温途中、定常状態、熾火、色々な状態で試してみたけど、内等の外側温度が195度から205度くらいの時に外筒の内側温度が59度から68度くらいに収まっている。
 予想したよりも素晴らしい結果だった。燃え方の差は解らないけれど、廻りの熱設計の面ではシングルとは雲泥の差を感じる。多少いい加減な工作であっても、2重煙突は意味が有る。

 今日も爺さんの病院まで走っていって顔を見てきた。心臓の発作?が出たらしくて、ホルター検査をやっていた。自分のメモリーに記録するタイプじゃなくて、ナースステーションの受信機で記録するタイプらしい。
 リハビリは真面目にやっているらしいけど、「家に帰ったら電動車いすを買おうかと思う」などと言うから叱咤激励してやった。普通の田舎の民家は凹凸だらけなので、電動車いすが必要な爺さんが帰れる訳がない。
 松葉杖で畑に出るくらいの勢いで、必死でリハビリして自立してもらわんと困る(笑)。まあ廻りの年寄りの例から冷静に考えてみると、必死でリハビリしても入院前よりは相当動きが悪くなりそうな気がするけど。。。

ラン 16km

|

« 作業台 | トップページ | スイムは停滞気味 »

コメント

こんばんは
物置もストーブもテーブルも出来上がってきましたね!毎日楽しみです。
長野県では明日明後日の二日間、長野県縦断駅伝と言う、由緒正しき駅伝大会が行われます。長野県の北から南まで市町村対抗で縦断するんですよ!
小さい町村では選手を集めるのが大変なようです。中学生区間や高校生区間もありますが、大人区間に高校生を出さざるをえないチームもあります。
福岡もローカルな大会が沢山あるようですね。がんばってください。
今年の都大路の男子長野代表はまた、佐久長聖です。

投稿: 従姉妹 | 2007年11月17日 (土) 00時51分

 今朝は4度まで冷え込みました。多分室内は暖房した松本の家屋より寒かったかと(笑)。

 我がチームも地域住民だけで選手を集めることは出来ません。老人は100名以上居るんですが、小学生は数名の人口比率ですからねぇ。。。なんか日本の未来みたいで、ハハハ。

投稿: みつやす | 2007年11月17日 (土) 10時26分

中国製の薪ストーブの情報を探していたら偶然記事を見つけました。

私も同じように自作で二重断熱煙突を作りましたので、懐かしく拝見しました。

屋根からストレートに抜くところはさすがにできていまえせんが、その部分も参考になりました。いつか挑戦してみたいです。

投稿: かわはら | 2008年5月14日 (水) 16時23分

 はじめまして、かわはらさん。
 私が薪ストーブの機種選定をしているとき、面白いなと思って読みふけったページの一つがかわはらさんのページだと思います。昔と感じが違うような気がしますが、今見に行ったら何となく記憶がよみがえってきます。

 外筒は温度が低いせいだと思いますが、いい加減な素人工作のシーリングでも1シーズンは問題なく持ちました。
 2重煙突の最上部で断熱材の上端を塞ぐ部分ですが、外筒と内筒が何らかの形で接すると思います。ここの内筒の外周部に少しシール材の亀裂が出ていました。
 来シーズンまでに補修するか、新たな構造を考えなければ行けません。

 安いストーブや材料だと、気兼ねなく弄ったり遊んだり出来るのが嬉しいです。

投稿: みつやす | 2008年5月14日 (水) 17時02分

私のページも参考にしてくれていたのですね。それも不思議な縁ですね。今後ともよろしくお願いします。

ところで、DIYだと色々と思考錯誤して、実験しつつ変えていけるのも面白いですよね。出来合いのものだと判らないような微妙な違いを自分の工作の後に体感できるのはうれしいことです。

シール材の亀裂・・・私なら気にしないと思います。シールなしでそのまま106mm煙突に切れ目を入れて折り広げただけで使っていますが、それほど問題ないです。

思わず、薪ストーブ専用ブログまで作ってしまいました。よろしければこちらもチェックしてみて下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/byd02445

投稿: かわはら | 2008年5月14日 (水) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作業台 | トップページ | スイムは停滞気味 »