« Cree XR-E 点灯 | トップページ | Yukihira Reflector Ver2 »

2007年6月15日 (金)

Yukihira Reflector

0615led1 昼休みと夜のトレーニング後にアルミ板を叩いて反射鏡を作った。アルミ地肌のままでは反射率が悪いので、台所用のアルミ蒸着テープを貼ってみた。

 この状態で2直列を500mAでドライブしたところ、周辺光に関しては明らかに7.2V-0.75Aのクリプトン球を入れたHL-500よりは明るい。しかし中央部に関しては集光が旨くできていないのとLED単独の配光特性が災いしてか、クリプトン球ライトの方が明るい。

 自作LEDライトに関しては今日までの実験で使えそうな手応えを感じたので、今後は現実的な線に纏めていきたいと思う。ただ、上記の反射鏡は全方位型なので懐中電灯向き。ロービームやハイロー切り替えのない自転車には、以下の構想の方が良いような気がする。

0615led2  今日の遣り取りの途中で思いついたアイデア。放物面を半分に切った物の上に、こんな感じでLEDを配置する。そうするとほとんどの光を反射鏡でコントロール出来るという仕組み。

 上を塞ぐ板をアルミ板にでもしておけば、それがそのまま放熱器にもなって一石二鳥かもしれない。取りあえずこの方式ででっち上げてしまおう。多少効率が悪くても人と違う機材は楽しい。

 今日は久しぶりに走ってみた。ふくらはぎは何ともないと思っていたけど、西中で水を飲んだあとに裏の峠を登るときに違和感を覚えた。もう少し無理したらピクッと来そうな気配がした。

 室木に抜ける峠は止めて、今日の所はおとなしく平地で家まで帰ることにした。トヨタを抜けて六郎丸の信号に向かうとき、1kmくらいの間だけど今までと違う感じで良い印象で走れた気がする。ふくらはぎをかばうことにより、太ももなど他の部分を使う動きが出来たのかもしれない。

ラン 13km

|

« Cree XR-E 点灯 | トップページ | Yukihira Reflector Ver2 »

コメント

はじめまして。
自作LEDライトをいろいろ工夫なさっているようで、興味深く拝見しました。
さて、
>放物面を半分に切った物の上に、こんな感じでLEDを配置する。そう
>するとほとんどの光を反射鏡でコントロール出来るという仕組み。
なのですが、まさにこれと全く同じ考え方の自転車用LEDライトが最近市販されています。
ドイツのBusch&Mullerというメーカーのもので、IQコンセプトというものらしく、従来のLEDタイプより相当明るいみたいです。

投稿: Bamse | 2007年12月15日 (土) 18時35分

 そう言う製品が有るのなら、それを買うのが手っ取り早いですね。特に光学系の自作は敷居が高いので。

 安かったら嬉しいのですが。。。早速調べてみます。貴重な情報をありがとうございました。

投稿: みつやす | 2007年12月15日 (土) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Cree XR-E 点灯 | トップページ | Yukihira Reflector Ver2 »