« ふたたび城山へ | トップページ | 100円テールライト »

2007年6月10日 (日)

筑豊カップ

0610cup 玄海トライアスロンクラブ主催のレース型式デュアスロン練習会「筑豊カップ」に参加。距離は5km+30km+5km。武友兄弟とか見月兄弟などの強豪が参加していなかったおかげで、見事1位でゴールして素敵な商品を頂いた(^^)。

 ジップロックの入れ物は嫁さんに喜ばれたけど、大きな息子ばかりなのにキティーちゃんのコップはどうしよう。私の歯磨き用にでもするか(笑)。

 昨日のランでふくらはぎが疲れ気味なのが不安材料。それ以外は特別に疲れていたり好調だったりは無くて普通の状態だった。大和青藍高校の学生も参加しており、彼らはリレーで走るらしい。800mを走っているというのが1走だったので、スタートラインで「高校生はゆっくり走れ」と威嚇しておいた。

 ランのコースは半分がアスファルトで半分が芝。その間は木製の細い橋で遠賀川を渡るという面白いコースを4周する。キロ4分くらいで行きたかったけど、最近は遅いペースが多いことと芝の部分の凹凸がじゃましてスピードが出にくい。3周目までは800mの高校生と前後して走っていたけど、4周目で高校生が落ちたので自動的にトップで1stランを終えた。タイムは21分26秒でトランジットが51秒。

 バイクは遠賀川のサイクリングロードを小竹辺りまで行って帰ってくるコースを2往復。行きは強い追い風で帰りは当然ながら強い向かい風。強度一定で漕ぐと行きが41km/hで帰りが28km/hと言った感じの差になる。結構精神的にキツい。
0610bike
 2番手はGAAPという小径車にHEDのカーボンホイールとか凝りまくった自転車を持ち込んだ人。出発前の雰囲気では、単なる小径オタクじゃなくて実力が有りそうに思えた。取りあえず必死で逃げて逃げて逃げまくる。1週目はかなり良い調子で終わったけど、2週目が始まったところの段差を飛んだところでふくらはぎが攣った。

 錦帯マラソン以降はドリンクの塩分を増加したりして気をつけている。200kmブルベでは全く攣るそぶりは見せなかったのに、またまた攣ってしまった。でも今日の主因は昨日の疲れのような気がする。痙攣に関しては錦帯マラソンで少しは勉強したので、重いギヤに変えて踵を落としながらふくらはぎの筋肉を伸ばし伸ばし漕ぎ続けた。

 だましだましの効果があったのか、ペースは少し落ちたけど時々ピリピリ来るだけでそのままの順位でバイクを終えることが出来た。タイムは52分57秒でトランジットが36秒。GPSでは29kmくらいしか無いように出ているので、そちらを基準にすると32.86km/hとなる。30kmを基準にすると33.99km/hとなる。今日の強風を考慮しなくても、バイク力が相当向上しているのは一番嬉しかった所。

 2ndランはちょっと厳しかった。ふくらはぎが攣りかけなので錦帯マラソンの25km地点のような感じ。後続とは1分くらい差が有りそうなので、ここで無理をせずにゆっくり目で走って回復を待つ作戦とした。これが旨く行ったのか1週目を終える頃には何とか走れるように成ってきた。

 そのままのペースを維持して4週を走り終え、最後の直線は結構頑張ってゴールした。タイムは21分10秒で1stランに比べて落ちていないのは自分なりに評価したい。

 と言うことで非常に気分良く練習を終えることが出来た。順位は棚ぼたなので何とも言えないけれど、強風の中でバイクの平均速度が向上していたことと、2ndランが落ち込まずに終了できたこと。攣りかけの脚を上手に誤魔化して最大の能力を絞り出す事が出来たことは以前よりも進歩していると思う。

 会場に着いてびっくりしたのは西中の陸上部に居た女の子が来ていたこと。先生と他の生徒が出場するので、ボランティアにかり出されたらしい。彼女たちの応援でキロ5秒は速くなった気がする(^^)。大和青藍高校陸上部の諸君ありがとう御座いました。そして急な申し込みにもかかわらず受け入れて頂き、弁当まで準備していただいたGTCの皆様もありがとう御座いました。一人では出来ない強度の練習が出来ました。

 帰宅途中に腹が減ったので、1位のお祝いと言い訳してコンビニでアイスクリームを買って食べた。軽く動いておこうと散歩したりホームセンターにママチャリで買い物に行ったりして日曜日が終わった。

バイク 40km
ラン 10km

|

« ふたたび城山へ | トップページ | 100円テールライト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふたたび城山へ | トップページ | 100円テールライト »