« DHバー小改造 | トップページ | 電池のついでにボタンも交換 »

2007年5月10日 (木)

国際救助隊

 物語は昨日の夜、ブログを書き終えたところから始まった。22時過ぎに電話が鳴る。例の寿司屋からだった。八幡で軽トラが止まったらしい。嫁さんにブースターケーブルを持ってくるように頼んだけど、何処と何処と繋ぐのかと・・・

 仕方ないのでケーブルと最低限の工具を持ってランティスで出掛けることにした。サンダーバード1号は地球上どんな場所でも30分以内に到着するらしいけど、我が家から八幡ICの近くまで30分はギリギリ。鞍手町から中間の空いた道を選んで、なんとか30分で到着した。

 取りあえずバッテリー電圧を見ると無負荷で12.6V位はある。カチカチは言うらしいので死にきってはいない。ランティスを横に付けてしばらく充電。トライしてもらうとあっけなくかかった。ここで電圧をチェックすると最初は13V位まで上がっていく。単純な放電かな?と持っていたら今度は下がりだし、12Vを切るくらいまでに成ってしまった。

 安定して発電出来ていない。うーん。Vベルトは減ってはいるけどオルタネータを回せないほどじゃない。オルタネータの端子は取りあえず締まっている。発電系のヒューズは特にないみたい。オルタネータのブラシは見えないけど3万kmなら十分残っているはず。。。この辺りまで見ていたら雨が降ってきた。取りあえず帰れるとこまで帰ろうと言うことにして、ランティスで護衛しながら宮田に向かう。

 軽トラはライトをこまめに消したりしながら苦労して運転を続けている。こっちもドキドキハラハラしながら同行する。何分走ったか覚えて居ないけど、何とか寿司屋の家までたどり着いた。ガレージに入れて電圧を測ったら10.5Vまで落ちていた。もうエンジンはかからない。走行中はイグニッション系とライト系が消費するから、8-9Vくらいだったろうと思われる。良くエンジンが回り続けてくれた。本当にギリギリで帰り着いた感じ。

 茶でも飲んで行けと言うので上がり込んでコーヒーとお菓子を頂き、お礼に商売用のでっかいトロのブロックと鯛のアラとエレキギターのエフェクタを貰ってきた。神様ありがとう。眠たかったけど人助けはするもんだと思った(^^)。

後は今日の話し。

 中2日空けたので今日はラン。衝撃を少しでも弱めたいのでいつもの様にトヨタの芝のコースへ。キロ6分くらいに押さえて行き、グランドに到着してからも同じくらいのペースで走り続けた。気持ちよりも少しだけ抑え気味にすると、肉体的には凄く楽になる。

 今日の森下さんはなんか変だった。いつもと走りの勢いが違う。しかもクロカンコースをかなりの勢いで走り回ったりしている。後ろ姿が一瞬だけ"森下広一"に見えた。なんか有ったのだろうか?私が2周したところで既にベンチに腰掛けており、汗を流しながら「今日は終わり」とのこと。嫁さんになんか言われたとか、次にゲスト参加する大会で君原さんと走ることになったとか(笑)。

 ゆったり走っていたら気分が良くて帰りも大回りして帰ってきた。意識しないようにGPSを持たずに走ったけど、正味2時間も走ってしまった。どう遅めに計算しても18kmは走ったことになる。今までで一番楽に18kmを走った気がする。

ラン18km

|

« DHバー小改造 | トップページ | 電池のついでにボタンも交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DHバー小改造 | トップページ | 電池のついでにボタンも交換 »