« ボロニアソーセージとデュラエースAX | トップページ | 応急修理 »

2007年5月23日 (水)

違反じゃないけど格好悪い

Arbtl 給水のためのボトルを飲みやすいようにハンドル上に持ってきたらどうなるかの試験。あくまでも飲みやすさの為であって、空力的な付加物じゃない(^^)。

 もし空力的な効果があったとしても、楕円形に整形したエアロボトルが許可されているのだから、普通に丸い水の入れ物にクレームは付かないだろうと思う。多分・・・。

 段ボールで形状とか位置のあたりを付けて、効果が有れば最終的にはポリエチレン系の食品容器を設置するつもりの第一歩。私のポジションだとこの位置が丁度お腹の前になる。お腹との間に隙間が有るので何とも言えないけれど、もしかしたらこの「ボトル」で整流された空気が素直に身体の両脇を通り抜けてくれないかと、淡い期待。

 いつものコースを走ってみる。体調や風の影響が大きいので数回じゃ解らないけど、自分なりに効果が有りそうな物を設置した期待感からスピードの乗りがよい。物理法則では説明できないけれど、メンタル面の効果は確かに有る(笑)。

 風の具合が解りやすいように、バタバタはためくTシャツを着てみた。気流は極端に整流されている訳じゃない。それなりの量がお腹にあたる。極端な前乗りにしてみるとお腹の気流がかなり減少することが解った。でも通常よりも200-300mmもお腹を前に出さないといけないから現実的じゃない。

 逆に考えれば、ボトルを後ろに下げれば良いのかもしれない。次回は今のベントバコの位置くらいに設置してみよう。

 いつもの様に嫁さんと夜開いているスーパーに買い物に行った。帰りにランティスのエンジンが少しだけチリチリとノッキング気味に感じた。ガソリンのオクタン価が低かったのかな?とか思いながら家の坂を登ろうとするとトルクが無くて登れない。ギヤを間違えたかと思って確認しても1速。

 エンジン吹かしてなんとか登ったけどカリカリカラカラとエンジン音がおかしい。計器を良く見ると水温計がMAXに。オーバーヒートだった。

 ボンネットを開けるとLLCの臭いが充満している。こりゃいかんとエンジンを止めて検査開始。エンジンオイルの量と色はOK。単純な水漏れと思われるのでエアを吹かしながら各部を見ていった。

 結局、ラジエターのアルミ製コアと、プラスチック製!の右側に有るからアッパータンクじゃなくてライトタンク?のつなぎ目部分から漏れて居ることが解った。カシメが悪いのかと思ってペンチでつまんでも変わらない。エアを吹かすと水の注入口から勢いよく水が吹き出る・・・プラスチックのフランジ部分に大きな亀裂でも入った感じ。

 プラスチックだと昔の真鍮みたいに半田付けは出来ないだろうからAssy交換だろうか?いくらするんだろう。ラジエターが5-7万。脱着は簡単そうだったので工数が1HでLLCと合わせて1-1.5万くらいか?

バイク 42km

|

« ボロニアソーセージとデュラエースAX | トップページ | 応急修理 »

コメント

これはあれですか、秋葉で流行っていると言うおでんの缶詰ですか

投稿: ザイマ | 2007年5月24日 (木) 20時29分

いいえ、ゴール後に鳩が出る帽子です。

投稿: みつやす | 2007年5月24日 (木) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボロニアソーセージとデュラエースAX | トップページ | 応急修理 »