« 疲れる事もある | トップページ | 踝が少し悪化 »

2007年5月28日 (月)

3本が束になれば・・・

Tail 今日はテール部分の検討。取りあえず今のボトルホルダにアクエリアスの景品で貰った1Lボトルを3本装着してみた。身体との距離が遠すぎることや背中のカーブに合っていないこと、すぼまる角度が急すぎることetcと課題は山積みだけど、取りあえずの第一歩。

 味噌の容器は外した。そのことで一番感じたのは胸にあたる気流の強さ。ここ数日は何らかの物体を胸やお腹の前に設置して居たわけだけど、それが無くなった初めて直接の気流は意外と強いことを体感できた。

 胸にあたる気流の強さは変わるけど、これが本当に抵抗の変化に結びつくんだろうか?「風上に小円柱を設置することによる抵抗低減効果の研究」なんて資料があれば見てみたい。

 今日のテール部分の整形に関しても、性能的な体感は全く出来ない。走っていて感じたのは尻の後ろも大事だけど、太ももの後ろも結構な抵抗ゾーンになっていると言うこと。断面が流線型になるようなタイツをはいて乗れば、かなりの効果が有るかもしれない。

 試験として出来るだけ定量的なデータが取りたかったので、室木線跡の道を往復することにした。距離は往復で19kmある。多少の起伏と信号が数カ所有るのでどうしても一定には成らないけれど、近所の道では一番定速走行に近い道だと思う。

 19kmで10回の信号停止を入れたトータル速度が31.2km/h。今日は風が弱かったので行きと帰りの差は小さい。信号で何回か止まった速度のグラフを見ていると、停止さえ無ければ35km/hが維持できる様に思う。アワーレコードで35km程度が今の実力かもしれない。ボトルのおかげかどうかは解らないけど、平地に関しては去年より明らかに速くなっている。

 データを見ていて考えた。もし0.5km/hほどの効果が有ったとしても、上記の方法では気象や肉体的な影響力が支配的すぎて評価が難しかろうと。そうなるとやはり早朝に、赤木峠を漕がずに下って試験をするしか無いのだろうか。

バイク 45km

|

« 疲れる事もある | トップページ | 踝が少し悪化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 疲れる事もある | トップページ | 踝が少し悪化 »