« 少しは改善 | トップページ | 普通の絶不調に戻った »

2007年3月26日 (月)

仕事した。キツかった。

 夜中から嫁さんの調子がパッとしない。カロナールのおかげで熱は下がっているけれど、ほとんど食べずに服用したからか胃が荒れて居る。血が混じった粘液みたいなヤツを目の前で吐かれると、こっちの元気も少し萎える。医療関係者って精神的に強くないとやっていけないと思う。

 私の体温は、朝36.7度、昼36.8度、夜36.8度、とちょい高めで安定してきた。小便の色が黄色いと言うか濃い。症状が重いときには透明だったような気がする。なんで今の方が黄色いのだろうか?腎臓とかそっち系に疲れが出ているのか?

 平日なので仕事をした。正直言って今日はキツかった。昼くらいから嫁さんが食えるようになってきて、リクエストに応えて鍋焼きうどんとか蕎麦とかの買い出しに出たりもした。15時過ぎにちょっと休憩と思って布団に入ったら、気がついたら18時だった。

 嫁さんとは狭い部屋に布団を並べて寝ている。片一方だけが快方に向かうことは難しかろうと思う。同時進行で何とか進むしかない。

 トレーニングに関しては焦りは消えた。でもなんか投げやりに成ってしまったような傾向も感じられる。皆生の申し込みもまだやってない。人間が小さいので長いスパンで考えることが出来ない。数日不調が続くと気持ちが萎えてくる。ちょっと情け無い。似非アスリートにも届かないメンタル面だと思う。

|

« 少しは改善 | トップページ | 普通の絶不調に戻った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 少しは改善 | トップページ | 普通の絶不調に戻った »