« 不退転の決意?? | トップページ | 過信 »

2007年3月17日 (土)

ほぼ復活か

 15kmのコースにしてみた。ウインドブレーカを止めてタイツにしたからか脚が軽い。調子の良い時と同じ様な感覚で走ることが出来た。気分がよいし明るかったので室木に抜ける峠を回ってみたトータル16kmとちょっとになった。

 長井鶴の横を通ったら沢山のオートバイが走っていた。2台ほどスムーズで速いのが居たので走りながらずっと見ていた。特にS字とクランクの辺りが速い。私の2倍くらい速い(笑)。こういう人と練習すると上達するかなとは思うけどXSではちょっとね。

 不調が続いたので錦帯マラソンは止めようかと思っていたけど、この調子ならやっぱり申し込もうかと思い直した。良いか悪いかは別にして走らないことには記録は出ない。錦帯マラソンに出るなら宮島のトライアスロンはどうしようか。。。ツールド国東も面白そうだけど。

 XSのPICコントローラは普通に調整段階に入った。フルトラ時代と同じように始動はキック一発。アイドリングは進角を15度で一定にして、1350rpmから直線で進角させている。2000rpmから3000rpm位の領域では、既にガバナによるコントロールよりも勝っている。非常にスムーズになった。ただ、2000rpm辺りを通過するときに、極々たまに失火のような感じが有る。ノイズによる誤動作のような気がする。

 今のコイルのインダクタンスを測定してみたら4.5mHしか無かった。それならと電気代節約の為にドエルタイムを7msにした。この値は手持ちのコイル中で一番少ない。確かに高回転仕様の様な感じ。XSには合わないような気もするけれど、低回転で同時点火というとハーレーくらいだろうか?BMWも?とは言っても今のコイルは2個で1,000円位で買ってきた訳で、ハーレーやBMWの部品がこんな値段で有るはずが無い。

 となると実績のあるGX250フルトラ用コイルを2個使うか?でも左右の振り分けのためにはカムシャフトにセンサーが要る。今更追加も面倒だしシステムが複雑になるのは好きじゃない。XS650SPのフルトラ用コイルなら安いかもしれない。でも古いから信頼性が・・・そう言えばW650は同時点火だろうか。これなら性格が似ているような気がするが。悩みは有るけど前向きで楽しい悩みに変わってきた。

ラン16km

|

« 不退転の決意?? | トップページ | 過信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不退転の決意?? | トップページ | 過信 »