« 新型DHバー | トップページ | パリダカの整備じゃ無いんだから »

2007年2月26日 (月)

禍福はあざなえる縄のごとし・・・

Xsdr 各部の筋肉痛が酷いのでとにかく休養。多めに食べた蛋白質が筋肉に変わりますようにとお祈りしながら。

 仕事で使う雑貨類が無くなりかけていたのでXS1でナフコに行ってきた。快調快調。スプリングを自作品に交換してから、左右のプラグが同じように焼けるように成ってきた。定速走行中のフィーリングも悪くない。買い物に使って燃費が20km/Lは行くし、車のペースで走っても面白い。良いバイクやねぇ。と思っていたら。

 帰ってからリフトに乗せて下回りをざっと見た。ミッション側のドレーンプラグは買ったときから外れない。アホなバイク屋が銅ワッシャ入れずにバカみたいに締めたらしく、叩いてもパイプを噛ませても緩まなかった。代わりに廻りにひびが入った(笑)。

 いつもの様にひびの廻りをエポキシで埋めて見て見ぬふりを続けて幾星霜。。。そろそろここにも終止符を打とうかと思い立ち、インパクトやハンマーでガンガンやってみた。するとドレーンプラグがめでたく緩んできた!素晴らしいぞ!やっぱり神様は見ていてくれたと大感激。

 しかし甘くはなかった。アルミのボスの周辺にオイルのにじみが急速に広まってきて、ポタリポタリとオイルが落ち始めてしまった。角を矯めて牛を殺すとはまさにこの事と一人で泣き笑い。

 仕方ないので数十年前のエポキシを剥ぎ取り、ワイヤーブラシで白い粉を落としてみたのがこの写真。さてどうしましょう。今回もホームセンターのエポキシで行くべきか、ネットで見つけたGM-8300とやらを試して見るべきか、旧車の王道デブコンFを買ってくるべきか、ぜーんぶ分解してアルゴン溶接するべきか・・・・あぁ。。。悩ましいぞ。今回は。

|

« 新型DHバー | トップページ | パリダカの整備じゃ無いんだから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新型DHバー | トップページ | パリダカの整備じゃ無いんだから »