« プアマンズLMガイド | トップページ | 13日はジョグ15km »

2007年1月12日 (金)

ジョグ13km

 いつもの西中経由のコースで13km。調子は良くもなく悪くもなくという感じ。

 陸上部の練習が終わったところだったので、顧問の先生と少しだけ話して裏の峠を越えて帰ってきた。少しだけ違う刺激を入れようと、峠の登りでは上にジャンプするような走り方をやってみた。

 ゲルカヤノを履いたけど、やっぱり最初から最後まで硬めの印象は変わらない。でも5kmで一旦家に帰ってゲルフェザーと交互に履き替えるなんてテストをすると、違った印象が有るのかもしれない。

|

« プアマンズLMガイド | トップページ | 13日はジョグ15km »

コメント

確か、ゲルカヤノはUS向けのモデルじゃなかったでしたっけ? 
そうだとすると、やっぱり想定しているユーザーの体格が違っていて、光安さんには向いていないのかもしれません。

それから、考えられる違いは、想定しているスピードです。
ゲルカヤノはストレートラストで、ゲルフェザーはカーブラストだったと思います。
これから考えると、ゲルカヤノはキロ6分超のLSDペースを想定していて、ゲルフェザーはキロ5分以内のペースを想定していると思われます。

私が最近感じているのは、速いペースを想定して作られたゲルフェザーやスカイセンサーでウルトラを走ると、(クッションが柔らかいために)底付きがしてしまって脚を痛めてしまうということです。前回まで、萩往還ではスカイセンサーを使っていましたが、次回はNY2100を使おうと思っています。重いシューズですが、ストレートラストで硬いクッションなのでキロ8分くらいのペースには向いているはずです。

投稿: とみかず | 2007年1月13日 (土) 01時01分

カヤノがどこ向けなのか解りませんが、私の体重や走り方に対して適して居ないのかな?と感じることは有ります。

あと思いつくのは自分の感覚です。「柔い・硬い」と書いていますが、実際は「心地良い・不快」なのかもしれません。昨年の皆生後に足裏が痛い期間、カヤノ主体で走っていましたが悪くは成りませんでした。本当は硬くないのかな?と言う気持ちも持っています。

投稿: みつやす | 2007年1月14日 (日) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プアマンズLMガイド | トップページ | 13日はジョグ15km »