2017年7月31日 (月)

P355aのようなもの

07311 今日も朝一からドリドリ君に働いて貰った。入力軸のロックナットだけど、分解時はインパクトで外したからシャフトの回り止めは要らなかった。でも組立時に230Nmだったか、それなりに大きなトルクで締め付ける時が困る。
 と言うことで簡単な図面を書いてGコードを作り、ドリドリ君で特殊工具「P355a」のようなものを削りだした。

07312  昨日のアルミと違って今日はSS400。これで刃物が超硬かサーメットならドライかドライに近い切削で行ける。と言うことで最初だけ適当に切削油を供給したけど、あとは穴に溜まった油に期待してね・・・と他の仕事をしていた。
 しばらくしたら音が止まったので見に行ったらP355aのようなものの完成。やっぱりドリドリ君は素晴らしいわ。とPRモード(笑)。
 純正品ほどの精度は出ていないと思うけど、SS400だから不均等な当たりが有ったら凹むだろう。そして全体が均一な当たりに成るという高等な計算、ハハハ。
 エンドミルの軸方向切削だからアールが付いてしまうけど、応力集中を避けるためだと言い訳しておこう。でも見た目が廃材っぽくてカッコワルイから、時間が出来たら周囲を切り取ってそれっぽくしておこう。

07313  昨日作ったP260aのようなものだけど、ペリカンのフォーラムを見ていると社外品は樹脂製で精度が凄く悪いという報告を見つけた。買わなくて良かったなと思うと同時に、自分の作ったヤツの精度はどうだろうと気になったので比べてみた。
 少なくとも社外品の樹脂製よりは良くできている。ずれていても0.1mmくらいの感じ。これなら十分に仕事をしてくれるだろう。

07314  最後は久しぶりの雨で慌てた話し。ドリドリ君の制御盤を効率的に作ろうと思い、纏めてやっているのは良いが室内の置き場所が無くなった。それで屋外のテーブルに仮置きをしていたら、そんな時に限って空が暗くなって雷が。。。
 いやあ、天気の神様は意地悪だ。普段は暑いし変なタイミングで雨を降らすし。まあ氾濫まで行かなかっただけでも感謝せないかんのかな?。

| | コメント (2)

2017年7月27日 (木)

ドリドリ君も働く

07271 今日もちゃしろの散歩を06:00前に行った。この時間帯でも十分暑いけど日差しが弱いのでまだ我慢できる。ちゃしろも何とか最後まで倒れずに歩く。
 その勢いで朝の涼しいうちに白骨号のデフシールを交換した。汎用品でも有りそうな寸法だけど、ミッションのセットに入っていたのでそれを使った。

07272  良く有る汎用のオイルシールに比べて、リップが凄く柔らかくて径が小さい。国産の汎用品はこれよりリップが固くて自由時の径が大きい。この辺りは設計思想の違いかな?。
 ここはやってみて解ったけど車載のままでも簡単に交換できる。なんぼでもやりなおしが出来るから安心だけど、そう言う場所は漏れたりしない(笑)。

07273  悩んでいるのはでっかいカバー。カバーと言ってもリングギヤの支点も兼ねているはずだから割りと重要な部分。ここのOリングもキットに入っているのだけど、このカバーを外してOリングを交換するのが面倒。今は漏れてないけどどうしようかな。


07274  今日の私はドリドリ君のケーブルを延々と作って居たのだけど、当人のドリドリ君はアルミのカバーをゴリゴリ削っていた。自動運転なので私は見ているだけ。まあそれまでに図面を書いたりデータを作ったりが面倒だけど。
 で、削っているのは見て解るようにPORSCHEのヘッドカバー。いやカムカバーというのかな?、まあどうでも良いけど。

07275  これは変態4気筒エンジンの部品だけど、オイルラインと干渉するから干渉部を削ってくれと言う依頼。なんでも明日の朝に雑誌社が取材に来るからと慌ただしい話し。
 でもドリドリ君なら複雑な逃がし加工もフル自動運転でOK!。と少々PRモードだけど、上にも書いたようにデータ作りと被切削物のセットが面倒だから2個くらいでは楽勝という気分じゃ無いのも事実。買おうと思った人は期待しすぎないように。
07276  工場まで持っていって変態エンジンに載せたらピッタリで一安心。普通の車好きは面白い形のエンジンだなあ・・・としか感じないと思うけど、空冷ポルシェの356と911の2台持ちみたいな人は「オオーッ」と声が出たかもしれん。さあ、直ぐに書類付の356ドンガラを手配するんだ(笑)。
 そのくらい変態なエンジンだけど、取りあえずは来月号だったかそれっぽい雑誌に記事として出るらしいので見てください。ちなみにドリドリ君がやった仕事は、カムカバーの切手サイズの切り欠き2箇所だけです。

| | コメント (0)

2017年5月22日 (月)

全然ワイドじゃない

05221 ドリドリ君の作業が溜まっていて、キャンディーズのベスト盤を聞いてモチベーションを上げながら、必死で半田付とケーブル作製作業をしていた。
 当時は「微笑みがえし」って年末の総集編番組みたいな曲でパッとしないなと思っていたけど、今になって聞くとなかなか良いじゃないかと感じる。あと10年したら「キャンディーズ1676日」の方が良いとか言い出すかもしれん。人の心は移ろいやすい。
 「ちょっぴりセンチなスー」とか呟いて小さな端子を圧着していたら車が上がって来た。見に行くと一癖も二癖もありそうな男が3人。買うかもしれんからドリドリ君を見せろと言う。怖かったので作業部屋に招き入れて大中小のドリドリ君を見せた。
 ミニCNC機を買うとか言っているのに、こないだはリフロー炉を買ったとか話している。訳が解らん。でも規模の大小は別にして何か新しい事をやるのはこんな人達だと思う。最後はレーザー加工機まで見て帰っていった。ホントに買うんだろうか?。買うなら一番高いの買ってくれ(笑)。

 ちゃしろの散歩から帰って残りの作業をしていたらケーブルクランプが足りない事に気がついた。これはナフコでも売っているヤツなので急いで買い出しに。売り場の近くに懐中電灯を売っていて、そう言えば30年近く使っている強力ライトが液漏れで駄目に成っていた事を思い出した。
 車のヘッドライトなら時期尚早と思うけど、懐中電灯程度の電力ならLEDだと思う。いくつか見ていってオーム社の3Wとジェントスの黄色いヤツが候補に残った。オーム社の方が1,000円近く安かったけど、ジェントスの方が「ワイド配光」と書かれて居たので使いやすいかも?と思ってそっちにした。
 晩飯の後で電池を入れて外で試験してびっくり。何かの間違いかと思うほどスポット配光だったから。お前はスーパーオスカーか?と言いたく成ったほど。うーん、ここまで看板に偽りが有るとどういう風に気持ちを切り換えたら良いのか解らなくなる。
 パソコンで見てみると私と同じ様な感想を書いている人が居た。でもオーム社の3Wも中央が明るいタイプみたいだ。ナショナルの4灯くらい入ったヤツでも買わないと本当のワイドには成らんのかもしれん。
 今回強力ライトを持ち出した経緯は、夜中にちゃしろが吠えるので見に行く時のライトとして。前回は小さなライトしか無くて山の中に光る目が2個見えたけど、今回のライトなら毛の色とか全体のシルエットまで解るかもしれん。
 イノシシだろうか?、鹿だろうか?、ちょっと怖いけど楽しみだ。

ラン 5km

| | コメント (3)

2017年3月13日 (月)

我が社の基準に達しません

03131 先日書いていた中国製のA軸ユニット。内部の細かい不具合などを修正しながら組み立てていき、モータの仕様を想像しながらドライバも作って動かして居る。とりあえず動くけど今のままじゃ駄目だわ・・・というのが感想。

 まずはウォーム軸。こちらは軸端のベアリングナットに高強度のネジロックが使ってあったみたいで、前任者がメチャ苦労してナットが相当痛んでいた。その過程で軸を曲げてしまったかねじ山を痛めてしまった可能性もあるけど、うちにきた段階で1回転毎に重い場所があってモータが止まっていた。
03132  仕方ないので押したり削ったりしてスムーズに回転するように修正加工した。ここに関してはオリジナルのままならスムーズだったと信じたい。

 次に困ったのがバックラッシュの調整。2枚目のようにネック側ベアリングのプリロード調整ナットに隠れてウォームホイールの位相調整が出来ない。ナットを外すとネックベアリングにガタが出るし、そもそもこの状態はテールベアリングを外して居るわけで、正常な調整など出来るはずがない。
03133  仕方ないから何回も何回も調整と組立と分解を繰り返し、何とか妥協点を見つけて組み上げた。私が用意したドライバでギュンギュン回る。行けるかな?と思った瞬間。でもそれは長く続かなかった。
 しばらく馴染み運転してから再調整し、そして各部の状態を測定していた時のこと。今度はウォームホイール側に問題が出てきた。
 ホイールの位置でバックラッシュが違うわけ。慎重に調整したら360度の2/3くらいはバックラッシュレスの状態に持って行ける。でも残りの1/3くらいはバックラッシュが出てしまうわけ。3枚目のように測定してみると、最大で0.08mmもガタが出る。
 うーん。。。という感じ。うちの製品はいい加減なヤツばかりだけど、流石にこれは駄目だろう。0.08mmだと国産の普通のウォーム減速機の方が少ないし、そっちはこんなに1回転毎に差が出たりしない。しかもホイール側に砲金系が使って有ったりして材質面も安心できる。
 偉そうな事を言える様な会社じゃ無いけど、今のままだとうちの基準に達してませんわ。としか言い様が無い。ただしばらくしたら品質が改善して居るかもしれないので決めつけは出来んけどね。

| | コメント (2)

2017年3月 3日 (金)

バックラッシュレスのウォームホイール

03031 今手元に中国製のA軸ユニットが有る。研究用として分解して居るけど中々面白い。凄いなと思う事も有れば、これは駄目だろと言う部分も有る。その中の一つでウォームホイールの話でも。
 A軸を実現するには色々な方法が有ると思うけど、載せるのがミニフライスとなるとサイズやコスト面からいくつかの方式に限られてしまう。
 王道と言えるのはハーモニックドライブでうちの「少女A」にも使っているけど、値段が余りにも高すぎて個人用として売ることは出来ない。歯付きベルトは簡素に纏まるけどベルトだけに剛性が低い。ウォームは効率とガタの問題がある。。。等々。
03032  で、この機械にはウォームが採用されているけど、ホイールに細工してバックラッシュをゼロに近づけて有る。画像で解ると思うけどホイールを縦に半分に切り、その位相を少しだけ変えて見かけ上の歯厚を増減する機構。
 ただこの機械の場合は変な所がある。長穴で調整できる様に成っているのにテーパピンを打って固定してある。さらに分割面のバリが酷くて全然調整なんか出来ない。などの問題。
 テーパピンはもしかしたら加工時の固定用で加工が終わったら抜くべきモンじゃ無いかな?と思っている。設計者はそのつもりで図面を書いたけど、組み立て部署にそこまで意図が伝わって居なかったと。
 若しくは工場でバックラッシュをゼロに調整後にピンを打ったのかも知れないけど、それだと後の調整が出来ないから違うような気がする。どっちにしても加工後のバリがそのままで噛み合ってしまい、全然調整が出来ないのは「良くない時代の中国」だ。
 でも上記以外は割りと良いから、「日本のものづくり」を自画自賛する時代はほぼ終わっている事を実感できる。国内だとこのホイールだけで3万から4万もして競争力はゼロだ。

 夕方の散歩の時、私とちゃしろを消防車が勢いよく追い越していった。前方を見ると黒い煙が上がっている。火事かな?と思いながら歩いていると前方の倉庫が燃えていた。そして倉庫の横に到着したタイミングで先ほどの消防車が放水を始めた。
 なかなか消えないもんだな・・・と思いながら見ていると別の消防車が到着して放水を始めた。ホースが3本くらいに成ったら火の勢いが弱くなって鎮火が見えてきた。「アスクルの倉庫じゃ無くて良かったね」とちゃしろと話ながら家に帰った。

| | コメント (0)

2017年1月16日 (月)

恥ずかしいプログラム

01151_2 今年の正月、爺さんの葬式以上に我が家を混乱させた妹家族からお詫びの品が届いた。デロンギのエスプレッソマシンに合う豆が3種類とちゃしろ用のビーフジャーキー。うちで買うジャーキーは安物のチキンなのでどんな反応を見せるか楽しみ。
 これとは別に婆さん用にインスタントのカフェオレと佐藤愛子の本と仏壇用のろうそくと線香も有った。「都会の空気を吸ったら直ぐに治った」とか憎まれ口を書いているので、また疫病に冒されるに違いない。

01152  こっちは昨日からずーっと悩んでいるドリドリ君の主軸ドライバ用I/F基板。どうも中国側のモータドライバに仕様変更が有ったみたいで、今までのI/Fでは動かなく成ってしまった。
 中国のエンジニアに文句を言いたいところだけど、それなら自分たちで全部のドライブ回路を作れば良いじゃ無いか、と反論されそうなので止めた。
 一部は動くけど一部のモードは動かないと言う症状なので、なんか嫌らしい内容だろうと調べて居たらやっと解った。独自規格と思うけど、I2Cみたいな感じで信号の遣り取りをしているのだけど、そのクロック信号の幅が変わっていたわけ。
 なぜこんな変更をしたのか理解できない。自分の所のスイッチボックスとの遣り取りでもギリギリのタイミングに成ってしまっている。そこに私は妙なインチキ回路を割り込ませて居るんだから、タイミング的に問題が出て動作しないモードが出てしまったという訳。
 こりゃ結構重大な問題で、基本的な考え方を変える必要が有るかも知れない。でも出荷が止まっているヤツを何とかする必要が有るのも事実。と言うことでI/F基板に乗せているPICのプログラムを弄って対応させた。
 取りあえず動くように成ったから出荷出来るようにするという目的は達成できたけど、将来的に複数のクロック幅が来たときにどうするかとか、この問題の根は深いと思う。この土日の成果として、恥ずかしい内容の一部を公開しておこう(笑)。
  movf    PORTA,W
  movwf    PORTB
  movf    PORTA,W
  movwf    PORTB
  movf    PORTA,W
  movwf    PORTB
 毎回判断させたりループさせると時間がオーバーしたので、こんな感じでn回ずつポートAの内容をポートBにダーッと出力させるとか、まあ力業のとんでも無い内容の羅列になってしまった。まあ結果オーライだ。ハハハ。
 問題はこんな時に限って半田付までした完成品を多数在庫している事だ。1個1個半田を外して再プログラミングするしかないけど、なんかやる気が出らんわ。

| | コメント (2)

2016年9月 3日 (土)

次もアシックス

09031 午前中はスイミング。今日から飯塚なので1レーンしか使えない。必然的に遅いオバチャンとかと一緒に泳ぐことになり、泳力別のレーン分けとかは無くなる。レッスンでは技術を学びキツイ練習は自主トレという流れに成る。
 しばらくは筋肉増強のつもりなので、いつもよりも筋肉を使って掻く意識にした。さらにチューブ引きの時の感覚で後にきちんと水を押す感覚。さらに脇の下の背中側の筋肉を使う感覚。まあ直ぐには出来んわな。

 踝までの安全靴を買い換えた。少し悩んだけど靴だけは足に合うかどうかが重要なので気に入っているアシックスの同じヤツ。全体的には痛んで無いのだけど、親指の横と小指の横のつま先カップが終わる辺りの亀裂が酷い。ちゃしろの散歩にも履いているけど朝露でも靴下がびっしょり濡れる様に成ってしまった。
 基本的に足に有っていて、さらに馴染んでいるから捨てがたい。接着剤でも塗って修理しようかと思ったけど、冬の日常履きでも有るし毎日のちゃしろの散歩にも使う。1年以上使って7,000円なら良いか・・・と思って買い換えた。馴染んでないからまだ少し硬さを感じる。

09032  ドリドリ君のオプションで4軸目、A軸アタッチメントの「少女A」が完成した。メカ部分は既に完成していたけど制御盤で少し悩んで時間が掛かった。
 当初はドリドリ君とか他社のオプションとしても使えるように、と考えて居たけど、電気の基本的なシステム的に非常に纏めるのが難しい事が解ってきた。何回か実験的な試作をしたけど自分的にOKが出せず、A軸付きの4軸機として売ることに。
 将来的には追加のA軸としても出したいので、なんとか上手に纏めて面白い製品に育てて行きたい。この下のクラスにも展開したいと思っていたのだけど、それだとテーブル上のバランスからこれの半分くらいのサイズに纏める必要が有る。こっちはメカ的に纏めるのが大変そう。

 午前中はスイミングで肩廻りを使った。これだけで終わっても良かったけど飯を沢山食べたので寝る前にエアロバイクも漕いだ。ドンドン増えろ俺の筋肉!。

スイム 2.5km
バイク 10km 200W-5min.

| | コメント (6)

2016年8月29日 (月)

感動ポルノ

08291_2  昨日の投稿は長く成りすぎたので書かなかったけど、NHK教育のバリバラを期待して見た。テレビを見ようと思って見たのなんか何年ぶりだろう(笑)。
 何で引っかかったか忘れたけど「あそどっぐ」と言う障害者芸人の動画を見た。なかなかエグイ内容で衝撃的だけど、これがNHKの教育で全国放送されている事を知ってさらに驚愕した。
 朝ドラヒロインに出来上がった女優を使ったり、停波発言が有ると国谷さんを切ったり、ニュース毎に安倍さんがアフリカで頑張ってますと報道したり・・・、今のNHKには待遇だけを求めたヘタレしか在席して居ないと思っていたから、この番組の存在自体を信じられないくらい驚いた訳。
 で、昨日の放送では民放の番組に対するアンチテーゼ的なおふざけが有るとPRしていたから見たかった訳。するとその中でステラ・ヤングと言う女性が紹介され、それをきっかけにTEDの彼女のスピーチを聴いた。
 なかなか面白くてお勧めだけど、TED自体が或る意味ビジネス本とか自己啓発本の様なモンで、あまり見過ぎるとTED系の意識高い人間に成ってしまう気がするから程々が良いと思う(笑)。
 この番組自体は興味深く見ることが出来るけど、あのナレーションだけは嫌いだ。他でも時々聞く声としゃべり方で、脳性麻痺だったか障害が原因らしいから頭ごなしに否定するのはどうかと思う。でも彼はプロとして活動している訳で、それなら「ヤツは嫌いだ」と感じる声が有ってもそれはそれで自然な事だろう。

08292  少女Aのカバーが塗装から上がってきたので装着した。一気に本物っぽさが増して値段をつけて売っても良さそうな気がしてきたではないか!。鉄板1枚でこんなにイメージが変わるなんて、女の人が一生懸命化粧するのも解るような気がしてきた。
 図面上でも初期の試作段階でも、一番重視していたのはドリドリ君クラスのミニフライスと組み合わせた時のバランス。本職用の縮小版を作っただけではバランスが悪くて実際の切削時に具合が悪い。だからミニ機用の追加A軸として最適なバランスを探したつもり。
08293  自分としては最適解と思っているけど、各自の条件が違っているから本当は最適解もそれぞれに存在する。作り手としてはその散らばった最適解の群れの中で、最も密度の高い所に製品を投入したい。結果はどうでるかな?。取りあえず世に出さないと反応も返ってこないから売ってしまえ(笑)。

 昨日はスイムとランだけなので、今日は寝る前にエアロバイクでも漕ごうかな?と考え中。→結局漕いだ。よしよし。

バイク 10km 200W-4min.

| | コメント (2)

2016年8月27日 (土)

NCが有るのに手で削るの?

08271 午前中はスイミング。今日は予定表を見てから行ったのでちゃんと開催された。始まる前にしばらく一人で泳いで居たのだけど、スピードを出そうとしても速く泳ぐことが出来ず、水を掻く力の弱さを実感した。明らかに骨折前よりも最大速度が低下している。
 チューブ引きの要点とかも色々と教えて貰ったので、この冬の間に私は大きく変わる・・・はず。

 少女Aの制御盤を作っていたけど行き詰まり、気になっていたアルファのヒューズカバーのロック機構を修理することにした。このカバーは3個のカムロックで固定されているのだけど、その中の1個が失われてガタガタに成っていた。その1個のカム受けを再生することに。
 本来ならFusion360でモデリングしてドリドリ君で一瞬で削り出すのが王道だと思うけど、1個でスケッチすら出来ていない物はメチャ面倒。と言うことでサンプルを横に置いて鋸とヤスリで削りだした。
 本物は射出成型?に最適な設計がしてあるので、適宜変更を咥えながらPOMのブロックをゴリゴリ。最後は現物合わせで何とか使えるレベルに。早速装着してみるとこの部分に関しては良い感じでロックできた。
08272  でも別の1個がグラグラしてイマイチ変な感じ。鏡を駆使して良く見てみるとその部分の受けも失われて居て板ナット?がインチキで装着してあることが解った。
 ガックリ来たけどもう1個削り出す気力が無かったのでそのまま。2個作るならモデルを作ってGコードを作って一気に削りだした方が楽だったかも。はあ。。。

 こんな事をしていたら嫁さんがちゃしろとドライブに行こうと言うので、嫁さんを助手席に、ちゃしろを後に乗せてトヨタの外周路をぐるっと1周してきた。
 ちゃしろはボール遊びとか全然興味を持たないのだけど、車に乗るのは好きみたい。特に廻りがよく見えるオープンは楽しいみたいで廻りをキョロキョロ見回したり、風の感触を楽しんだりと楽しそう。日差しが弱まってきたらいろんな所に連れて行ってやりたい。

スイム 2.5km

| | コメント (4)

2016年8月26日 (金)

初代 少女A

08261 今年の春頃に時々登場していたA軸アタッチメント「少女A」、最終形態が出来上がって仮組で状態を確認中。本当ならカバー付きで紹介したかったけど、カバーは塗装屋さんに行っていて今月末にしか入らないから裸の状態で登場。
 基本構造は春先のヤツと変わらずにバカみたいな構造。常々渡良瀬橋のような設計方針で行くと主張して要るんだから、私的にはこれでOK・・・と言うか好ましく感じる。細部は今までの検証で見直されて居るけど見た目はあんまり変わらんなあ。
 今回は三爪スクロールチャックで行くらしいけど、オーバーハングがかなり有るので本来なら面板にワークを直接取り付ける方が性能的には好ましい。でも世界は色々な妥協の産物なのだから、あんまり良くないよなあ・・・と思いながらも脱着の容易さを取る判断が有っても良いと思う。
 悩ましいのは制御盤。今のボックスは3軸用に設計しているけど少しだけ余裕を持たせて追加の1軸が入るようにしていた。でも今回はオリエンタルの5相モータを使ったのでドライバの自作が難しく純正品を使うことに。すると余裕の1軸分には入らない。でも箱が2箱になるとめんどくさい。どうしよう・・・といった所で今は盤を2種類仮組して悩んでいる所。

 一気に涼しくなった。寝る前の室内温度が30度から26度と4度も下がった。メチャ過ごしやすい。トレーニングはエアロバイクを漕いだ。こちらはあまり涼しくなって楽になった感は無かった。

バイク 10km 200W-4min.

| | コメント (0)

より以前の記事一覧