2020年3月31日 (火)

切替は人間AI

03311_20200331204201 洗濯機の横にもソーラーパワーのコンセントを付けた。本当なら埋め込み式にしたかったけど、下を回した配線後に、横のユニットバスを設置するという工法の為に露出と成った。
 オリジナルの配線、修理するときどうするんだ??。

03312_20200331204201  常時回っている浄化槽のブロアとトイレの換気扇に追加して洗濯機が回っている状態。これなら全然問題ないけど、ピークで1.2kW使う炊飯器との同時使用は無理だ。



03313_20200331204201  バッテリは2倍に成ったけど、悪天候が4-5日続いたらやばくなる。その時は緑のコンセントから白のコンセントにつなぎ替えて九電の電気を買うことになる。
 「人間AIが切り換える」と言ったら、嫁さんが「AIはアーティフィシャル・・・・だからおかしい」とか言い出した。英語が解る女とか面倒で嫌だ(笑)とか思わずに、ここも「Art」だと今さらにして気が付いた。何とも言えないこの違和感。最初に芸術と訳したヤツに責任を取って貰いたい。
03314_20200331204201 朝はイマイチ元気が無かったけど、夕方には少しだけ元気が出てきたちゃしろ。傷を見てみると大半の穴は黒いマークに変わっており、すでに治り始めている感じ。
 それは良いのだけど痒みが出始めたみたいで、しきりに後ろ足で「カッカッカッ」と掻く。掻くと当然の事ながら爪が当たって治りかけの皮膚が破れる。
 両側面は直ぐに治りそうだけど、爪の当たる下の方は何時まで経っても治らんかもしれんなあ。

| | コメント (4)

2020年3月25日 (水)

人参の発芽

03251_20200325204301 一昨日くらいから何となく気になっていたのだけど、今日の朝に写真を撮ってネットの発芽画像と比べて確信した。我が家の人参が発芽した。
 人参の葉っぱは知っていたけど、種から生えたばかりのヤツは見たことが無かった。ふーん、こんな感じなのか。稲科の葉っぱみたいだ。
 それにしても一箇所に纏めて播きすぎた。袋からそのままジャーッとやったのが不味かった。後が大変そうだ。

03252_20200325204301  溜まったままの仕事も粛々と?片付けている。
 これはメグロのレギュレータ。程度が良いと思っていたけどボルテージリレーの巻線が切れていた。仕方ないので半導体化。


03253  ピカピカが好きな人じゃ無いから、こんな感じで丁度良いかな?。





03254  同じ車体のメインスイッチユニット。回してもスカスカで何処までもクルクル回る。





03255  バネの入った機構は嫌いだ。不具合の原因は解ったけど、修正が出来るかどうか疑問。





03256  なんとかインチキ作業ででっち上げた。機能は完全に復活したけど、修正作業の課程で少し傷が付いた。御免なさい、でも仕方ないと思うから許して。

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

循環電流とか知らん

03191_20200319201401  使用中の電池電圧が377Vに成ったのは昨日の夜中だった。用心して30Ωのプリチャージ回路から並列にしてみたけど何ともない。直ぐにダイレクトに並列としたけど何ともない。ちょっと安心して寝た。
 今朝になっても爆発とか炎上とかして無くて良かった。電気の神様ありがとう。
03192_20200319201401  夜の間に374V位まで電圧が低下していた。電池1個に比べたら体感的に低い気がする。
 朝から天気がよい。電池が1個なら10時過ぎには400V近くまで充電される感じだけど、今日はまだ386Vに留まっている。電池がスカスカじゃ無い事の証明だ。
03193  15時頃に直射日光が当たらなくなって充電が止まった。この時点でほぼ満充電の394Vと成った。
 体感的に電池容量が2倍位に成っているのを実感する。何時も他人の事は「定量的じゃ無い」とか批判する癖に、自分の事は感とかフィーリングで済ましている(笑)。
03194 気分が良くなったので、中央に有るセーフティープラグのカバーを作った。
 最近よく見る発泡プラスチックの板で、鋏でも切れるしホットメルト系接着剤で良く付くから使いやすい。


03195  こういういい加減なでっち上げ工作は得意だ。瞬間に出来上がる。

 さて、電池の容量もそれなりに有りそうだし、構成的にも大きなトラブル無く立ち上がった。あとは配置とか配線類を綺麗に纏める必要が有る。こう言うのは苦手だし、時間もかかるから完成は夏頃かな?。

| | コメント (0)

2020年3月18日 (水)

理科で習った

03181 2台目リーフバッテリの接続準備。日曜日に移動と配置までやったのに、いろいろやることが有ってこんな簡単な制御盤?なのに今日は水曜日。
 向かって右側がリーフバッテリのコントローラ。難しい事はして無くて単純なスイッチが6個並んで居るだけ。やっている事はBMSへの電源とか指令の切替と、出力リレーのソレノイドコントロール。
 将来的にはソレノイドのプルインだけ12Vを印加して、ホールド時は6V位に低減して消費電力と発熱を低減したいと考えている。
03182  取りあえずバラックで纏まってないけど接続的には出来た。あとは2個のバッテリの電圧が合うまで待つ作戦。そう、2個をダイレクトに並列に接続する事にしたから。

 ダイオードを入れようとか色々と考えて居たけど、シンプルな方が良かろうと思って理科の教科書通りに並列接続とした。
 デジタルマルチメータで両方の電圧が377V(現時点で低い方)に揃ったタイミングで接続する予定。最大で1Vの差が有ったとしても、抵抗が1Ωなら1A。0.1Ωなら10A。0.01Ωなら100Aしか流れない。このバッテリはフル負荷時とか急速充電時に100Aくらいは許容出来るので、まあボンッ!と爆発まではせんと思う。
 今は電圧の高い方のバッテリを使って生活しているので、夜か明日の朝辺りで接続する事に成る。爆発したら良い人生だったと思いながらあの世に行こう。

| | コメント (0)

2020年3月15日 (日)

消防法違反

03151 久しぶりに天気が良くて1日中時間が取れそうだったので、2台目のリーフバッテリを太陽光パネルの下に設置した。
 2台目を持っていくよりも、1台目の位置を変えて台車を引きずり出す方が大変で、こっちに時間と労力の7割を費やした。

03152  1台目の時は屁理屈で消防法を誤魔化そうとしたけど、流石に2台を並べると誤魔化しようが無い。でも少し考えてみると何か違うような気もしてきた。
 リーフに積載された状態で、このバッテリの下半分は露出している。しかも自由自在に移動する。場合によっては左右に並ぶ事も有るし、立体駐車場では50cmくらい上に別のバッテリが来たりする。
03153  もしかして、このバッテリユニットの状態で消防法をクリヤしたという認識に成って居るんじゃ無かろうか?。ミーブの時はその辺の摺り合わせが出来て居らず、軽自動車のサイズなども考慮して17.76kWh以下の容量に納めた。でも日産は上手いこと丸めこんで?24kWhでもOKを勝ち取ったとか。
 そう考えるとこのままでもOKの様な気がしてきた。実際にこのままの姿をずらーっと並べた電源ユニットを、住友商事だったかが発表していた。大手商社が明かな違法商品を発表したりせんだろう。
03154 まあ本当の所は良く解らんけど、裸のセルを並べて自作のコンクリートブロック塀を作るよりも、このままの状態の方が安全な様な気がしてきた。
 取りあえず地震対策で倒れないように補強して、2台並列の回路構成でも考え始めよう。
 五月蠅いことを言うヤツが居ても、ここは日本国憲法が通じない場所。「しぇからしいっちゃ!、くらっすぞ!」とでも言っておけば良い。どうせ検察が最初に逃げて、募ってはいるけど募集して居ない国だ。

| | コメント (2)

2020年3月11日 (水)

割りと順調

03111 午前中に本を返しに図書館に行こうとして、消毒用に買ったエタノールをガソリンに混ぜてみようと思い立った。消毒で余った分は部品の洗浄に使う予定だけど、ガソリンの添加剤として使って遊んでみようと言うわけ。
 20Lくらい余っているガソリンに対して、エタノールと1-プロパノール、2-プロパノールの混合液を1L混ぜる。約5%のアルコール混合燃料の出来上がり。
03112  この位なら政府の実験でも大した差は出てないのは知っているけど、体感的にも良く解らん結果と成った。敢えて感じ取るなら極低速の滑らかさが増えたかも?程度。



03113 こっちは2台目のリーフバッテリ。制御配線を作ったので内部のリレーとかバランサの動作を試験し始めた。





03114  新しく付けたコネクタは悪くない。こっちは安定して入手できるので、1台目もこのコネクタに統一した方が良いかもしれない。




03115  怖々と内部のリレーを生かしたら電圧が出た。377Vなので通常範囲で正常。良かった、生きていた。15万円をドブに捨てずに済んだ。
 ありがとう、電池の神様。

 体調も徐々に良くなってきた。昨日の夕方は悪い感触が20%くらいまで減少していたけど、今日の夕方には更に減少して5%くらいになった。ほぼ平常運転だ。
 ヘッヘッヘ。何のウイルスか知らんけど勝ったぜ!。でもコロナだとしたら落ち着いた後で発熱とかも有るみたいなので、あとしばらくはダラダラ人生を過ごそう(笑)。

| | コメント (3)

2020年3月 5日 (木)

ボンファイアはオカルトじゃ無い

03051 数日前に点火コイルだけチェックした車だけど、新品を付けたけど始動しなくなったらしい。
 確かにあのコイルは不良だったけど、始動しないレベルでは無かった。始動時はドエルタイムが十分あるので、あのコイルでも十分な火花が出ていたはず。体感出来るとしたら高回転でドエルタイムが短く成ったとき。
 そんな事を思いながら実車を見に行ってきた。目の前にあるのは高そうなナローポルシェ。ウン千万するらしいから自分では手を出さず(笑)、作業は全てメカの人にやって貰う。
03052  なんか良く解らんけど、症状から何となくコンデンサが怪しいような気がしてデスビAssyとコイルを借りて帰ってきた。一応車上で容量を量ったら260nFと出たので正常みたいなんだけど。。。
 まずはコイルをテストすると絶好調。最近はBOSCHの新品でも外れが有るみたいだけど、今回はきちんと性能が出ていた。と言うことでコイルは無罪。
 次にデスビとコイルを組み合わせて試験してみると、妙な現象が確認された。電源を入れてデスビ軸を数回から十数回回すまでは普通に火が出るけど、その後で火が出ずにポイント面にバチバチ火花が飛び始める訳。そしてこれは何回繰り返しても再現性が有る。
 なんじゃこりゃ?と思いながらも、手持ちのフィルムコンデンサで650Vの220nFが有ったので付けてみた。そしたら何回回してもバチバチ強力な火花が出る。外付けに1Ωの抵抗を入れても、25000V以上の放電を繰り返す事が出来る。
 やっぱりコンデンサだったか、それにしても妙な壊れ方をしてくれたモンだ。自動車工学かオートメカニックの「私がはまった事例集」にでも投稿したい気分だ。

 2枚目の写真で放電距離を測っているけど、18mm飛ぶので25000V以上で資料のグラフを外挿して読めば30000Vくらい出ている事に成る。ポイント式の実測値としては十分だと思う。たぶん明日はエンジンがブルン!とかかるね。
 この放電試験機だけど、福井工業大学の大塚、織田、両氏による「二極・三極針状火花ギャップの特性と二極火花ギャップの特性の改良」という論文を参考にさせて貰った。
 結果だけを紹介すれば、スパークプラグ用の放電試験をするには、直径6mmのニッケル丸棒を使い、放電面は両方とも球面、表面は十分な事前放電を行って荒らしておくことが重要。と言う内容。ニッケル棒は持たなかったので、手持ちの中でニッケル含有率が一番高そうなSUSのM6寸切りボルトで自作した。
 上記の資料はスパークプラグ用の試験機を作ろうとしている人にとって、かなり有用な資料だと思う。

| | コメント (2)

2020年3月 3日 (火)

O2センサエミュレータ搭載

03031 ちょっと前の話に成るけど、試験用とか貸し出し用に準備している3.2L用DMEを改造した。
 改造内容は02センサのエミュレータを追加した事で、試験する車体にはO2センサが付いて無かったから苦肉の策。
 O2センサなんか外したら良いじゃ無いか?と言う意見も有ると思うけど、3.2LのDMEに関しては良くないと思う。

 回転数とか負荷によって違うけど、アイドリングとか軽負荷ではO2センサ信号によって燃料噴射猟が±10%以上変わる。そして3.2L用DMEではO2センサ端子には内部コンパレータの入力が1kΩ抵抗経由でダイレクトに出ている。
 さらに、エンジンルーム内でO2センサのコネクタは点火コイルの直ぐ下に位置している。O2センサの信号は0Vから0.9V程度の微弱な電圧出力だから、普通に考えてもノイズで噴射量が乱されて居るんじゃ無かろうか?と思うし、IC屋さんに見せると「何時壊れてもおかしくない、いやもう壊れている」くらい言われそうな構成。
 だから安定した試験をするには入力を0Vか0.9Vのどちらかに固定すれば良いけど、それだと安定はするけど「薄すぎる」状態か「濃すぎる」状態に固定と成ってしまう。だから理想的には1秒くらいの周期で0Vと0.9Vを行き来するパルスが欲しい。
 と言うことで、そのパルスを出す基板を追加してみたと言う話し。これでマップ上の噴射量を正確にトレース出来るように成る。当然ながらO2センサによるフィードバックは死ぬけど。

| | コメント (0)

2020年3月 1日 (日)

やっと終わった

03011 婆さんの49日と納骨が終わった。色々悩んだけど法要は家でやり、納骨堂に納骨した後は弁当を配ってお開きとした。
 来週はほぼ同じメンバーで別の婆さんの49日が有る。そっちの喪主も悩んでいると言っていた。どうするつもりだろう。総理大臣ほどじゃ無いけど、それなりに悩ましい。

03012  気持ちが少しだけ明るく成ったので、夕方からリーフバッテリの様子を見てきた。
 上面が少し凹んでいる。中のバッテリセルが痛んでいたら嫌だな・・・と思いながらカバーを剥ぐ。



03013 丁度リレーユニットの部分で問題ない凹みだった。神様ありがとう、大好きだよ。





03014  カバーの凹みは内側から叩いて修正。売りモンじゃ無いから適当でOK。





03015 信号用コネクタが壊れていた。このコネクタは特殊でプラグの入手性も悪いので、こっちは一気に別のコネクタに交換してしまおう。




03016  でっかい出力用プラグが付いていてラッキー。でも外し方が解らなかったみたいで、ケーブルをぶった切ってある。ほぼ確実に電気が来てないとは言え、ここで2本同時にぶった切るのは度胸が居る行為だ。

 今日のところはここまででお終い。なんか疲れたぜい。

| | コメント (2)

2020年2月28日 (金)

利益は全て設備投資

02281 リーフバッテリを使ったセミオフグリッドシステムだけど、だいたい月に1.2万円くらいの電気代削減効果がある。1年で15万円弱儲かった?計算。
 この計算なら5年弱で元が取れるから、このままじっと待つのが手堅い道かもしれない。でも不確実な時代だからライフラインの自給率を高めようと考え、利益分を全て設備投資に注ぎ込む事にした。
02282  我が家で使っているのは中期型というのか、24kWhでコネクタが3個有るタイプ。これはコネクタが2個の初期型に比べると流通量が少ない。でも初期型のピンアサインを調べたり動作確認をゼロからやるのが面倒だったので、中期型の出物を捜してみた。そしたら15万程度のヤツが見つかったので購入に至った次第。
 運用を始めるには少し時間が掛かるとは思うけど、これが追加されると今のシステムにプラスして洗濯機とPCが使えるように成る。これで今年の災害で停電になり、コロナによる人手不足で何時まで経っても復旧しなくても生きていける。

02283 こっちは消極的生き残り術で消毒用エタノール。干し柿の時に買った500mlは高かったけど、こいつは工業用なので一斗缶が7,000円と安い。
 エタノールが88%に1-プロパノールと2-プロパノールが残り。まあ死ぬほどの問題は無いと思う。余ったら洗浄用に使おう。
 プッシュ式の容器が売ってなかったのでシャンプーの空き瓶に入れたけど、シャンプーの香料が臭くて失敗した感じ。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧