2019年11月 3日 (日)

太く短く

11031 またまた3.2LポルシェのDME修理。まあこの形式しかエンジンエミュレータが無いので対応できないから仕方ないのだけど、次の964位まで対応出来たら仕事の幅が広がるのになあ。。。と思いながら作業。

 車両の12V系から5Vを作る部分、理由は解らんけどディスクリートでツェナーとトランジスタを組み合わせた基板と、三端子レギュレータを使った基板が有る。前者が初期型で後者がコスト改善柄だろうか?。
 その三端子レギュレータの出側に付いているのが100uFのタンタルコンデンサ。タンタルはショートモードの故障だから重要部に使っちゃダメという話を聞くこともあるけど、BOSCH様は気にしないのだろう。実際にこの部分を100uFの電解コンデンサとセラミックコンデンサに入れ替えて見ても、少しだけタンタルの方が波形が綺麗だったりする。
 で、ここに使ってあるのは米粒に脚が付いた様な形状のタンタル。でも最近はこの形状で100uFもの大容量のヤツが入手性が悪くなってきた。チップだと簡単に買えるのだけど。
 と言うことでチップを試しに付けてみたわけ。そしたら米粒型のタンタルよりもほんの少し出側のヒゲが減った。これってリード線の分だけインダクタンスが減ったおかげだろうか?。それとも35年も前の部品よりも今の部品の方が基本性能も劣化具合も優勢だからだろうか。
 どっちにしても少しだけど明確に差が確認できるので、今後はチップをパターンに実装する方向で行こうかなと考え中。入手性の問題も有るし、BOSCHの設計者が生きていたら「性能が良いならそっちを使うべきです」と言う気がする。

バイク 12km

| | コメント (0)

2019年10月21日 (月)

スイッチも疲れる

10211 空冷ポルシェのアイドル検出かフルスロットル検出か知らんけど、たぶんスロットルバルブの位置を検出する為のマイクロスイッチ。
 交換依頼が来たので交換するけど、ストロークが短いし防水の耐環境性が必要なスイッチで割高で入手が難しい。でもボッタクリの弊社(笑)へ依頼が来るという事は、純正品のAssyを買ったら凄く高いんだと思う。
10212 単体で見たら良く解らんけど、こうやって新旧を比べるとスイッチの突起部分がへたってしまっている事が解る。一応はカチカチ音がしていたし、数Ωが残りながらもかろうじて動作はしていた。でもこれじゃあ動作が不安定だったり、セッティングが凄く難しいと思う。


10213  こっちは同じく空冷ポルシェのCDI修理。いくつかの種類が有るけどこれは6ピンタイプと呼ばれている型式で、コネクタの端子数が6個有る。
 このタイプはデスビ内にコイルと磁石と鉄片を使った無接点式のセンサが入っていて無接点化されている。違う型式だとポイント式のCDIだったりするけど。
 これはジャンク品を入手したお客さんからのO/Hと言うかリフレッシュ依頼だけど、確かに全然火が飛んで居なかった。特筆すべきは点火用コンデンサの容量が17pFしか無かったこと。ここまで容量が無くなったコンデンサは始めてだ。
 取りあえずこれは今風のフィルムコンデンサに交換し、その他の制御回路もリフレッシュに相応しい作業をしていく事に成る。面倒だけどこの手の作業は面白くてモチベーションが維持できるから好きだ。

バイク 12km

| | コメント (0)

2019年10月 8日 (火)

スバル360の燃料センサ

10081 1ヶ月くらい前に作業したスバル360のタコメータ。装着したけど今度は燃料計が動かないらしい。一応は燃料計単体で動作確認していたのでおかしいな・・・と。
 状況を聞くとウインカーに連動して燃料計が動くとか、何色と何色を繋いだら良いか?とか、作業に不安が有る感じが濃厚。
 で、タンク内のセンサも一緒に返送して貰った。そしたら予想通りにセンサの巻線が焼損していた。これはかなり高い確率で、ここに12Vを直接繋いでしまったんだと思う。あーあ。
10082  無理ですよと電話はしたけど、かなり年配の方でこれからは走行距離を見ながら給油しますとか言われてうーん。
 サイズ的にはバイク用を無理矢理ねじ込む事が出来そうだけど、抵抗値の範囲が今風のヤツと違うので動作は不可。
 分解してみたら抵抗線は焼き切れて居るし、巻き枠も黒こげに成って割れてしまっていた。こりゃ巻き替えじゃ無くて枠から作らないとダメだ。
10083  ガラスエポキシの基板から似た形を削りだし、適当な太さのニクロム線をグルグル巻いてインチキ再生。
 抵抗値もそれっぽい範囲に収まったし、メータと組み合わせたらそれっぽく振れた。取りあえずこれで納めてみよう。

10084  でも、再び12Vを印加してしまうと再生品も焦げてしまう。。。
 やっぱり個人の方を対象にするのは面倒というと失礼だけど、技術レベルが人によって劇的に違うので対応が難しい。その点、バイク屋とか車屋だと、どこもそれなりのレベルは有るから話が通じるし滅茶苦茶な事は起こりにくい。
 さて、どうなるかな。今後の運試しのつもりで返送だ(笑)。

| | コメント (4)

2019年10月 5日 (土)

マルチスパークの効果

10051 火が出る時と出ない時が有るMDIのユニット。ユニット以外にも原因はあり得るけど、車両を確認して本体の問題かな?と思ったので外してもらって持ち帰った。
 失火するとか調子が悪いという「火が飛ばない」症状では無くて、エンジンがかかる時とかからない時が有り、かからない時は火が出てない。一旦かかると何も問題は無い。と言う話。

 電源は2種類有った。常時12Vが接続されたメイン電源?と、イグニッションスイッチに連動した12Vが印加される信号?線。常時12Vの方はリレーかTrでオンオスされるのか、若しくは常時スイッチング用Trのコレクタあたりに印加されっぱなしなのかもしれん。
 順に両方の電源を入れたら早速症状が出た。そしてメイン電源の方に14A位電流が流れて居る。これは明らかに異常だろう。直ぐに止めて各部を見るけど良く解らん。そこでピックアップコイルの信号を入れてから電源を入れると正常に発振を始めて動作しはじめた。
 うーん、DC400Vを作る発振回路が静かな電源ONでは起動しない感じがする。ピックアップコイルの信号が入って出力サイリスタがユサユサ揺さぶると発振する。そんな感じか。
 内部にマイコンがある。昇圧の制御までマイコンなら他人にはどうにも成らん。めんどくさい(笑)のと、メーカが存在しているんだからメーカに修理を依頼してもらおう。
 ただ、このシリーズは製造中止らしいから先が無い。ポルシェの純正品なら10年後、20年後でも世界中の誰かが修理したり互換品を作ったりしているはず。私ならこのタイミングで純正に戻す判断をすると思う。
 と言うよりも、マルチスパークにあまり意味を感じないので私なら最初から付けないだろう。ツインスパークなら火炎伝播距離の問題が有るから意味があるけど、好調なエンジンで燃えかすのガスの中で何回スパークしても仕方ない。1発目で点火出来てない場合も有るじゃ無いか。。。との意見も有るけど、そんな調子の悪いエンジンはマルチスパークで誤魔化す前に基本的な対処をすべきだと思う。

スイム 1.0km
バイク 12km

| | コメント (0)

2019年10月 3日 (木)

専用装置を作ろう

10031 ポルシェ930系インジェクタの洗浄依頼。こう言うのが時々入ってきて仕事の幅が広がるから、低レベルだと思ってもブログで日々の作業を公開しておくのは意味があるなあと思う。
 基本は40℃くらいに昇温した灯油を使い、次に変なオッサンから貰った秘密の液をつかい、最後にパーツクリーナで洗い落として完了。
10032  只の超音波洗浄では大して汚れは浮いてこない。ソレノイドに数Vを印加してオープンにしてみても大した差は無い。でもこんな感じで実際の状態と同じ激しいオンオフ状態を作ってやりながら、超音波洗浄すると全然違う。



10033  インジェクタをカチカチと駆動し始めた瞬間から、今まで透明だった灯油が20秒くらいでこの位まで濁ってくる。これは以前に自分のインジェクタを洗浄した時よりも激しい汚れだと思う。
 今はエンジンエミュレータと本物のDMEでインジェクタを駆動している。でもこんな話が時々来るなら専用の装置を作るべきだろうなあ。
 洗浄用にインジェクタを1本から6本くらいまで同時に駆動する事が出来るドライバと、流量測定用に一定のパルス幅で駆動できる測定用ドライバ。
 流量の測定はソレノイドを常時ONにして置いても測定は出来るけど、それは定常状態の流量でしか無い。実際の使用状態を良く見たら解るけど、定常的な流量はさることながら、バルブの全開時や全閉時の反応や挙動がかなり問題となる。それを測定するには一定の幅でカチカチ駆動しながら、実使用時と同じように測定する事が必要。
 これは海外のフォーラムの遣り取りを見て、成るほどそうだなと思ってから作ろうと構想だけ温めて来た機械。個人的なゴタゴタが落ち着いたら完成させたいなあ。。。

バイク 12km

| | コメント (4)

2019年9月28日 (土)

お金の計算もしてみた

09281 数日前に太陽光発電の電力収支的な計算をしてみたけど、今度はお金の計算をしてみようと思う。まあ趣味性が高ければお金の事を考える必要は無いのだけど、実用的なインフラと絡めて考えたり、将来的に仕事とかに絡めて考えると必要な時も有る。

 まずは我が家のデータから行くと、6kWのパネルと(新品時に)24kWhのリチウム電池と1500Wのインバータを2台の構成。これで総額が65万円くらいかかっている。全ての部材はまともに購入した物だから、他の人や企業が同じ事をやろうと思ったら今すぐにでも出来る。ただし施工は自分一人で空いた時間にコツコツやったので、この分を人に頼んだりしたらその分だけは高くなる。
09282  でも、個人がこんな金額で部材を買えたと言うことは、コンテナで中国から仕入れる規模に成れば、2/3とか下手したら1/2以下で手に入るかも知れない。そうなると施工を含めてこの位で出来る可能性が有る、孫さんなんかそんなレベルだろう。リチウム電池だってリーフの交換電池代が、新品で65万に中古で30万程度だから、原価はそのくらいまで下がっている。住宅用は面倒な客が多いから高いのかもしれん。
 ちょっと話がそれたけど、良く言われる元を取る計算をしてみたい。年間の発電量は実績ベースで3600kWh。これの建設費用が65万円だから、1年で元を取るには電気代が181円/kWh。5年で元を取るには電気代が36円/kWh。10年で元を取るには電気代が18円/kWh。となる。今は26円/kWhくらいなので7年くらいで元を取り、その後は電気代がゼロの計算に成る。
 まあ将来的な故障とか有るからそんなに上手い話は無いけれど、業者に頼んだ売電のみのソーラーシステムと同等か、それよりも良い計算に成ってしまうのは自分でも驚いた。

 次に将来の妄想で、この地方にガソリンスタンドが無くなって来た時の話。実際に妄想では済まなくて、人によっては日常の通勤や買い物の範囲にガソリンスタンドが無い状態が発生している。田舎で新たにスタンドを開業する物好きは居ないから、今後はもっと不便に成る事を覚悟しておく必要が有る。
 そんな場合を見据えたら、やっぱり自分の敷地内でエネルギを作り出せる者が一番強い。ガソリンスタンドは無いし、電気代は原発の処理でどんどん高くなる・・・。そんな状況をニヤニヤして見ていれば良いのだから。
 さて、彼岸花の写真の左手に広がっている休耕田だけど、広さがおおよそ2000m^2有る。ここにソーラーパネルを設置する場合、大ざっぱに1kWに10m^2必要とすれば200kWの発電所が建設出来る。蓄電池は我が家との比例で計算したら800kWhは必要に成りそう。費用も比例で計算したら蓄電池込みで2,170万円位だ。
 この電力を使ってEVの充電所を作るとする。この田んぼは条件が良いので1年間に200000kWhの電力量が得られる。1日に換算すると548kWhとなる。車の充電量を1台あたり30kWhをすれば、1日に処理可能な台数は18台くらい。1日の売り上げは26円/kWhとすれば14,248円で、1月だと427,440円。

 全てが超概算だけど、全然あり得ない話では無いことが見えてくる。株やFXで大儲けする夢よりも、アパートを建てて左うちわで暮らす夢よりも、私に取って具体性が有るし面白そう。
 まあ普通のオッサンは2,170万円有ったら家を建てる。極一部のオッサンはフェラーリ買ってブイブイ言わす。でも2,170万円でソーラー充電所を作る爺さんも悪くない。一人も客が来なくても、タイヤ代とかガソリン代がかからないだけフェラーリよりも安い。
 まあ、現実にはお金が無いから(笑)こんな規模の事は出来んけど、そう言うのが見えてきた時代に成った事を実感している。まずは光安家強靱化計画が先だな。

スイム 1.0km
バイク 12km

| | コメント (0)

2019年9月27日 (金)

RX-932ASは潰しが効く

09271 古い半田鏝ステーションに新しいホルダと鏝先を付けてみたら使えた話。
 ステーションは20年以上前のRX-932ASで、ホルダは現行の150W用のRX-85GASで、鏝先は無難な円錐形のRX-85HRT-Bと言う組合せ。
 RX-932ASの定格は80Wで付けてみた鏝先の定格は150Wだから本来なら定格オーバで宜しくない。でも内部を見た感じでは一部配線の断面積とトランスの容量の話だと思ったので試して見たら行けた。
09272  RX-932ASに現行の80WクラスのホルダRX-81GASはそのまま刺さる。でも150Wクラスのホルダはコネクタを交換しないと刺さらない。使ってあるピンはヒータ2本と熱電対の出力2本とアースだけなので難しい話じゃ無い。
 最初はRX-932ASに現行の80Wホルダと80W鏝先で試してみたのだけど、オートチューニングが上手く終了しなかった。もしかしたらPID値を直接入力したら行けるかもしれんけど、面倒だったのと80Wが2本有っても仕方ないので150Wで試してみたらオートチューニングも行けた。
09273  鏝先の熱容量の話だと思うけど、RX-802ASは良くできているけど大きめの対象物で少し時間が掛かる。特に鏝先を接触させた瞬間に0.5秒くらい溶けない時間がある。これは今まで使っていたRX-932ASと標準鏝先の組合せに対して不満な所だった。これが今回のイレギュラーな改造で改善された。
 とは言っても定格オーバには変わりないから、自己責任で短時間の使用に留めるか、大きめのトランスに交換して完全な150W機にしてしまうか。
 いずれにしてもRX-932ASは自由度が高くて潰しの効く機種だという事が解った。ステーション型が欲しいけど高いなあ・・・と思っている人、ヤフオクでRX-932AS狙いがお勧めと思う。

バイク 12km

| | コメント (2)

2019年9月23日 (月)

電圧低め

 台風の影響はあまりなかった。強いて言えば完熟前の栗が少し落ちてしまったくらい。あとは昨日今日と天気が悪いので、リーフバッテリの電圧が低めで推移している。
 こんな感じが3日から4日続くと今のペースで電気を使い続ける事が出来ない。私はオフグリッドの伝道師では無いので、明日も天気が悪ければナイフスイッチを「太陽光」から「九電」に切り換えて電圧の上昇を待つだけだ。いつもながらポリシーの無い男だな(笑)。

09231 軽く仕事もした。ブースト計が有るからポルシェターボのタコメータだろうか。インジケータの点灯に依って針が踊るらしい。
 ハッキリと同じ症状を出す事が出来なかった。イマイチ良く解らん。こう言うのは困るけど何時まで悩んで居ても始まらない。取りあえず針の踊りが収まる方向に、電気的と機械的な対策を軽くやってお終い。
09232  もう一つはアイドルスタビ。ソレノイドが1個のタイプなので930じゃ無くて964用みたい。
 前回はハンチング対策としてO/Hしてみたけど治らなかった。これのO/Hは結構手間がかかるから今回は分解せずに対策を考えてみる。
 前回は動きが悪いかも?程度だったけど、今回はハッキリと動かない。こういうヤツの方が作業は簡単な事が多い。前回の分解の経験から内部構造が解っているので、ここぞと思う場所に機械的と熱的な衝撃を加えたら少し動いた。後はソレノイドにパルス波を印加する回路を作り、超音波洗浄機に灯油を入れて60分ほどカチカチやったら回復した。。。と思う。

バイク 12km

| | コメント (0)

2019年9月22日 (日)

南風

09221 天気もパッとせんし、ポルシェ用DMEのROM廻りを色々と弄って過ごした。
 何回か書いたように3.2L用DMEだけでもROMの種類が2716と2732と2764の3種類がある。この辺りの整理と基板毎の最適な改造とか基準となるROM作りが主な作業。
 地味でパッとせん作業だけど、実際にやって整理して置かないと上手く行かない。そして実際に今日も少しだけトラぶった。
09222  上手く行かなかったのは27256を代用品として使うやり方。2716とか2732は入手性が悪くなって居るし、2716は書き込み電圧がいやらしいので使いたくない。だから最低限の検証用にUS仕様とEUR仕様の2個だけ残して今後は使わない事にした。
 同じように2732も2764も先細りなので、まだ期待が持てる27256を最低限の改造で使う方法を考えて居たわけ。上に書いたように少し悩んだけど、最終的には27256を問題なく使う事が出来るように成った。私の寿命が尽きる位までは一安心だ。

 台風が来ている。今回のは進路的に我が家は南風が強い感じだと思う。南風ならソーラーパネルに取って押し付ける方向なので楽な向き。しかも先日の補強も有るから安心して良いと思う。他からの飛来物は仕方ないけど。
 さて、今日は太田裕美の「九月の雨」と「南風」でも聴きながらエアロバイクを漕いでから寝よう。

バイク 12km

| | コメント (2)

2019年9月20日 (金)

バカは国境を越えて

09201 続いて入ってきたポルシェ用DMEの最終確認。イイ感じに成ったので行けるとは思うけど、冷間始動直後の軽いハンチングは残るかもしれん。
 インジェクタの駆動波形も教科書に載っているような感じで気分が良い。最後のピークが立ち上がって居るのは、ピシャッと閉める為にこの部分だけ還流ダイオードを無効にしてあるから。そして過電圧はツェナーで押さえ込んである。BOSCH様は芸が細かいと言うか凝り性だ。
09202 3.2L用のDMEには時代に依って違う容量のROMが使い分けてある。2kBの2716と4kBの2732と8kBの2764の3種類。
 そして面白いのは基板の設計段階で3種類のROMが使えるように設計してあり、ジャンパの変更でどうにでも成る様にしてある。今回は4kBバージョンだった。

 以前の話に成るけど、このROMの違いやジャンパの変更方法に関して調べていく過程で面白い遣り取りを発見した。ペリカンパーツのフォーラムでこの辺りを見て欲しい。まともな事を書いているのは質問者と最後の方の猿のアイコンの人だけで、その他は全部日本で言う「ヤフー知恵袋」とか「教えてgoo」の遣り取りその物で笑える。バカは国境を越える訳だ。
 私は言葉を規制したり言い換えたりする事で見なかった事にする行為には否定的だ。「撤退」を「転進」と言い換えたり「過疎」の代わりの言葉を探したりするような行為。でも「知恵遅れ」等の言葉に関しては、その言葉に依って知的障害者の家族などが嫌な気分に成るなら控えるべきであろうと思う。
 ただ、この手の掲示板の遣り取りを見るときに限っては、自称「専門家」達のバカな回答の羅列に対して「ヤフー知恵遅れ」と呼ぶ人達の気持ちが少しだけ解る。流石に「知恵遅れ」は問題が有るので、私は「教えてgoose」を提唱したい。「めくら蓋」には反応するけど「ブラインドプラグ」だとスルーするように、英語だと許される雰囲気があるから。

バイク 12km

| | コメント (0)

より以前の記事一覧