2018年4月18日 (水)

ちょっと高すぎた

04181 1年くらい前からやろうやろうと思っていた、デロンギのエスプレッソメーカの改造に着手した。表面が脂っこい豆の供給不良対策。

 何回か書いたけど、この機械は豆をグラインダまで導くホッパの角度が緩い。街中の一番緩い屋根の角度くらいしか無いから、焙煎が強くて表面が脂っこい豆が途中で引っかかって供給不良になってしまう。
 それだけなら豆を挽く時間が長くなるだけに思えるけど、この機械は豆の量をグラインダを回す時間で管理している。だから供給が安定しないと1杯に使う豆の量が不安定に成り、産地の違いが解らない私でも解るくらい薄いエスプレッソが出来上がる仕組み。
04182
 対策はホッパの角度を急にするか、振動を与えるか、摩擦係数の低い材質に変更するくらいしか思い付かなかったけど、その中で一番簡単そうな角度を急にする案を採用した。
 ついでに貯蔵できる豆の量を増大させ、澤井コーヒーのお徳用1パック(たぶん500gくらいある)を全量保管出来るように内容積を増大させる事にした。
04183  構造やサイズ感は見ての通り。材質はナフコに売っていた発泡ポリエチレン板を使い、接合はホットメルト接着剤を使った。どちらも基本的には食品機械に使っても大きな問題は起こらない材質。でも食品用に管理して作られた材料じゃ無いから、微量成分とか離型材とか細かな所で毒性が有るかもしれん。まあ気にしても仕方のない量だと思う。
 1作目としては悪くない感じに出来上がった。滑りも悪くないけど今はそれほど脂ぎって無いからOKと断定は出来ん。内容積は大きすぎた。3枚目は澤井コーヒーの一袋を全部入れたところだけど、まだテーパ部が少し残っているくらいまでしか来てない。上まで入れたら3袋か4袋くらい入りそう。
 ちょっとでかすぎた。このまま家で喫茶店でも始めるなら悪くないと思うけど、今の使用量では少々でかすぎる。ホッパの角度をもう少し急にする必要が出るかもしれんけど、それでも今の高さを半分くらいにしても十分だろう。

バイク 12km

| | コメント (6)

2018年4月14日 (土)

短編集

04141 午前中はスイミング。今日も平泳ぎがメインでオマケ種目は背泳ぎだった。この2種目ならオバチャン達に追いつかれる事は無いけど、背泳ぎから平泳ぎへのターンが上手く行かない。
 背面でタッチして脚を曲げて腹筋を使って前回りするイメージなのかな?と思うけど、動きが悪いし身体も固いので全然回らない。まあ長い目で見ていこう。

 1枚目は図書館で借りた本。伊豆の踊子関連で調べていたとき、伊豆の踊子以外の短編が良いと書いている人が複数居た。それで興味が湧いて川端康成の短編集を借りてみた。
 左側は以前に借りたことが有る本。ミーブの電源を太陽電池で賄って見たいと妄想しているのだけど、なかなか難しい。なんか一気にワーッと進めないと前に進まん様な気がする。
 右側は何となく借りたけど全然面白くない。いかにもコンサルとか商社とか銀行で農業担当に成った人が書いた感じ。でもそんな人達が今後の農業とか農村をどんな目で見ているか・・・と知ることも大事だろう。

04142  午後は半田付作業ばかりした。夜になってそろそろ晩飯を食おうと思っていたら、変な夫婦が来た。コーヒーとパイプの廃材みたいなヤツを持って。
 私が廃材を持ってきた旦那の相手をしているあいだ、嫁さんは向こうの奥さんと色々と話をして、要らん情報を仕入れているみたいだった。

 婆さんは調子が良いような気がするけど、前回もそんな風に見えて検査の数値が悪かったので油断は出来ん。
 惚けに関しては着実に進んで居る、でもこちらに関しては私とか嫁さんが少しずつ慣れて来た感がある。相変わらず先の見えない人生のモチベーションを奪われる状況には代わりは無いけど、まあこんなモンだろうと思う余裕が少し生まれた。

スイム 1.2km

| | コメント (3)

2018年4月12日 (木)

浄化槽の廻りはクリーンに

04121 浄化槽の横にずらーっと植えてあった木を切った。爺さんが植えまくった木を苛ついて切った訳じゃなくて、今回のはちゃんとした理由が有る。そして本来ならもっと早くやっておきたかった作業。
 先月か先々月の浄化槽の点検の時、中に浮かぶ自分の?ウンコを眺めながら作業員と話をした。知らない時は浄化槽ってFRPで出来た大型の肥だめと思っていたけど、実際は内部が数部屋に別れているし、いくつもの配管が通っているし、タイマー付のポンプで空気を送っていたり、小さな化学プラントみたいな感じに成っている。
 ふと気がつくとその上の方、蓋の下辺りにたくさんの白い糸が引っかかっていた。何かなと思って見ていると「横に植えてある木の根っこですよ」と言われた。はあぁ、そんな事が有るんだ。

04122  浄化槽ってFRPの一体物と思っていたけど、上部は別の部品が組み合わさって居たり、配管の接続とかも有る。だから直ぐ近くに根を張る植物が有ると今回みたいに隙間から根が進入してくるらしい。信じられないくらい小さな小さな隙間でも時間と供に入ってくるとか。
 そして怖いのはそれが徐々に拡大してきて上部構造物を破壊し、修理が必要になると工賃込みで数十万!の作業に成るとか。
 爺さんは浄化槽を隠すつもりで直ぐ横に木を植えたんだと思うけど、私は美観の為に数十万を捨てる程の美意識は持ち合わせて無い。直ぐに木を切ろうと思って居たけど、婆さんのゴタゴタとかも有って今日に成ったと言うわけ。

 取りあえず木は全部切った。後始末はしてないけど少しずつやれば良かろう、何時になるか解らんけど。根っこが浄化槽を破壊する夢を見続けるより良い。
 この場所は直ぐ横は石垣でもある。他の場所でも思うのだけど石垣の直ぐ横に木を植えて有る場所も多い。そしてそんな場所は根っこが石を押して石垣が変形を始めたりしている。田舎で土地は捨てるほど有るのに、どうして端っこに木を植えたがるんだろう。根っこの廻りの草刈りもやりにくいのにねえ。
 と言うことで、田舎暮らしで浄化槽を使用している皆様。浄化槽の近くには木を植えないように注意しましょう。設備の廻りは極力クリーンに、そして見えるようにしておくのがプラント系の設計とか保守の基本でも有るし。

バイク 12km

| | コメント (6)

2018年4月10日 (火)

人間が小さい

04101 最初は昨日ナフコで買ったブロワの話。先日婆さんの部屋を少し整理して爺さんの背広とかを捨てた。その際にポケットから財布とかお金が出てきたけど総額が6万5千円ほど有った。
 使うことも無いので机の上に置いたままに成っていたけど、木や草が生い茂る季節に成ってふと思い立った。爺さんの金なんだから木を切ったりその後始末に使ってしまおうと。
 草刈り機とかチェンソーは取りあえず有るので、あとを整理するエンジンブロワを買おう。今は公園とか道の横の作業はほとんどこれに取って代わられた。箒よりも何倍も楽なんだろうと思って。
04102  背負い式の強いのを買えるくらいの金額は有ったけど、今回の目的は箒代わりに気軽に使えるブロワ。と言うことでナフコで手に持ってみて、一番小型でシンプルなヤツを買ってきた。
 帰ってから嫁さんに言ったら幾らのを買ったか聞かれた。こう言うときは「また高いのを買って!」では無くて「必要な物なのにどうして貴男はケチるの?」の方向だ。だから税込みの金額で2万3千円くらいと答えた。
 予想通りに「貴男は人間が小さいからこんなのしか買えない」と怒られた。何時もそうだ、私は貧乏性だからついついケチってしまう。この点は彼女の言い分が正しい。でも今回ははっきりとした用途が有ったので今までよりも胸を張って応戦する事が出来た。
 ああ、私は100億円持っていても10億円でマクラーレンF1を買うことは出来んと思う。何時までも「出たときは1億円やったのに・・・」とか「そこまでの価値があるかあ?」と自問自答しながら死んでいきそう。

 婆さんは診察の日。1月に1回の脳外科の診察と、1週間前に受診した体調不良の再受診が重なったので2科受けた。2日くらい前から食欲も少し増えたし動きも良さそうな気がしていた。先生も「元気が良さそうに見えるね」と言って回復を期待して採血。でも廻りの期待とは裏腹に数値は悪かった。
 赤血球数が186まで減少していた。単位は解らんけど前回よりも低い。院長は胃の全摘出とか今までの貧血の経緯を知っているので少し緩い判断だったけど、それでも半分よりは強めに入院を勧める立ち位置。脳外科の方は、フラフラして何時何が有ってもおかしくない数値ですよ、と。
 どうしますか?と入院の事を聞かれたけど、自分一人で決めることが出来なかった。爺さんとか廻りの例をみると、入院するとかなり高い確率で惚けが進んで訳が解らん様になり、3ヶ月後に併設された施設に移って死を待つ感じに成りかねない。
 今でも1日のうちで狂っているのは1時間か2時間くらい。少しの時間じゃ無いか。もう少し自宅で過ごさせてやっても良かろう。。。でも不定期に1時間狂う機械を自動運転なんか出来ん。いつもオペレータが神経をすり減らして見守る必要があるし、そんなオペは直ぐに止めてしまいそう。。。
 入院して規則正しい生活を強いられ、栄養管理された食事を3食食べることは良い方向だ。外面の良い人だからしばらくは良い患者として3食とも完食するだろう、嫌いな物でも。そしたら貧血とか栄養状態も良くなる方向かも知れん。
 色々考えたけど良く解らず、取りあえず家に持ち帰って嫁さんと妹に話をしてみる事にした。ブロワを選ぶより少しだけ判断が難しい気がする。

バイク 12km

| | コメント (6)

2018年4月 8日 (日)

酸が効く

04081 朝のちゃしろの散歩は嫁さんが行った。私は直ぐにユンボのオーバーヒート対策に取りかかった。何となく嫌な予感と供に。しばらくしたら嫌な予感が当たり、婆さんがバッグを持って庭に出てきた。ハハハ、2回目なので慣れたぞ、笑うことが出来る。
 今日も丁寧に説明しながら家の中に押し戻した。何故か今日は怒りモードではなくて、間違えた事に対する照れモードの様に感じられた。
 明日も明後日も出てくるのかな?、そして水曜日の当日は何回起こしに行っても不機嫌で起きない(笑)。人の話を聞いていたときには「そんな事は無かろう」「話を盛りすぎ」と思っていたけど、同じ事が自分の身にも起こりつつある事に驚かされる。

04082  ユンボの方はラジエターキャップを開けて見ても冷却水の流れが見えない。まずは一番簡単そうなサーモスタットを外して試験したらOKだった。でもその後の作業を考慮して外したままで組んだ。
 次にアッパーホースとラジエター間を外してエンジン始動。あまり出は良くないけど水は出ている。取りあえずポンプは生きている。と言うことはコアの詰まりか。数年前に掃除したけど完全には出来てないし、LLCも適当な水で薄めたりしているから仕方ないかも。
04083  しばらく悩んだけどデロンギのコーヒーメーカ用に1kg買っていたクエン酸を使ってみる事にした。デロンギに使えるならヤンマーにも使えるだろう。。。たぶん。
 最初の写真を取り忘れたけど見事に詰まっていた。開口部は1割以下ですか?と言う感じ。そして3枚目の画像はクエン酸をコップ2杯入れて30分くらいエンジンを回した後の成果。悪く見ても開口部が5割くらいまでは増えている事が解る。
 更に劇的だったのはこの部分から見た冷却水の流れ。作業前はほとんど流れを感じる事が出来なかったけど、作業後はアイドリングでも流れが見える様になったし、フルスロットルだとゴボゴボ流れるように成った。
 冷却に関してはたぶん改善した、でも問題は洗浄と中和だ。水を4回くらい入れ替えて舐めてもクエン酸の味がしない所までは洗浄した。その後で水酸化ナトリウムが有ったので1粒くらい入れて置こうかと思ったけど、要らんことはせんほうが良いと思って何もせずに蓋を閉めた。

04084  ユンボが調子良く成ったので昨日の作業の続きをやった。ミニユンボでの整地は難しくて平らには成らんけど、自分用の駐車場には十分な平地が出来た。都会のミニ一戸建てなら建ちそうな広さがある。
 バラバラに置いていた建機とか農機を置いてみた。さらにアルファを置いたけどまだ余裕が有る。あとフェラーリ348とマクラーレンF1くらいは置けそう。

バイク 12km

| | コメント (6)

2018年3月29日 (木)

どんなデブでも大丈夫

03291 e-bayに注文していた体重計?が来た。流石にデブの本場だけ有って最大荷重が300kgまでいける。これを2個買ったのでかなりのデブが家に来ても体重を量ってあげる事が出来る。
 凄いデブの母親が死んで、息子達が家ごと火葬して出て行く映画が有ったけど、この体重計を2個買い足して合計4個にしてベッドの脚の下に置いておけば、最大で1200kgまでは母親の体重の推移を記録する事が出来た訳だ。
 我が家にはそこまでのデブは居ないのでそれ以外の目的が有って買ったのだけど、色々有って来て直ぐにワクワクしながら試す気分にも成れんし時間も無い。でもせっかく買ったんだから数日うちには試してみたいなあ。

 この体重計、と言うか薄型・小型のフロアスケールなのだけど日本ではなかなか見つからない。見つかってもバカみたいに高い値段が付いていて試しに使ってみる気分に成れない。
 でもアメリカなら日本までの送料込みで1個が6,000円くらいで売っている訳で、こういう部分だけ見ても科学技術の裾野の広がりが違っても仕方ないよなあ・・・と感じてしまう。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年3月28日 (水)

火縄銃の本は失敗

03281 こっちに帰ってきて納屋とか整理していたとき、火縄銃の銃身が出てきた。その時はあまり興味が無かったけど、お縄に成るのは嫌なので後で調べた。
 結論は錆びた銃身だけなら火縄銃と認識されない。警察への届け出も不要だし、教育委員会に登録してくれと言っても受理されない。単なる鉄のパイプでしか無い。

03282  ただ火蓋の廻りの構造とか、からくりと呼ばれる引き金廻りの構造とか、尾栓を自分ならどうやって作るかな?とか、普通の男の子的な興味は持ち続けて居た。そしたらたまたま何かのきっかけで火縄銃の本が有ることを知り、高そうなイメージがあったけど540円と安かったので買ってみたのが1枚目の画像。
 これで構造とか色々解るぞ!、鉄のパイプに色々な「付属品」を付けてみようかな、ネジを切って尾栓を作るくらいなら問題無かろう。火蓋を真鍮版で切り出しても問題無かろう。裏山の樫の木の枝を切って銃床を作ったら少しやばそう。さらにからくりを作ってそれに装着したらはっきりヤバイ(笑)。
03283  そんな事を妄想しながら到着を待ち、来たのをめくってみて落胆した。全然その手の内容じゃ無かったから。読み物としてそれなりに面白そうな気もするけど、構造とか手元の銃身の年代とかを知る手がかりには成らん。ネット上の写真の方が役に立つくらいだ。
 まあこんな事もある。ネットで専門的な古書が入手できる様に成ったのは大きなメリットだけど、中身を見ずに買うしか無いのはデメリット。でも古書に関してはメリットの方が大きいな。

 調べていて残念に思ったのは銃身だけしか残って無かったこと。完全じゃ無くても「火縄銃」として認定される程度のパーツが残っていればこっちの物だったのに。
 日本では銃を作る事は出来ないけど、認定された「火縄銃」を修理する事は出来る。そしてその修理には(私が調べた限り)国の認定する資格とかは要らないし、修理内容の申請とか完成検査とかも要らない。
 惜しかったなあ、合法的に「銃」の修理とかグレーな小改造が出来るところだったのに。。。しかもその「銃」は自分の家に代々伝わるヤツ。今でも数十万出せば要修理の「火縄銃」が合法的に入手出来るみたいだけど、そこまでの興味は無いのでこの件はこれでお終いだな。

バイク 12km

| | コメント (4)

2018年3月25日 (日)

色々な小物

03251 朝一にランティスのタイヤを付けた。リヤのブレーキがイマイチだけどサイドブレーキのリンクのガタが多くて調整が限界の雰囲気。新しいキャリパに交換するしか無いかな。

 リフトで上げて下回りを作業するとヘッドライトが欲しくなる。長いこと使っていたヤツが壊れたので新しいのに買い換えた。ほぼ同じ構成で単三電池が1本で動作するヤツ。メーカも一緒だと思うけど、もしかしたら違うかもしれん。
 最近はこの手のヤツを買うときに色々と調べる事をしなくなった。Amazonと価格コムで概要を把握し、2ちゃんで悪口を読む・・・的な事が面倒に思える。今回もタイヤ交換したランティスの試運転がてらナフコに行き、単三電池1本で動作するヤツを見つけて買っただけ。物に対する感動とネットに対する信頼感が薄くなって居るような気がする。

03252  こっちははっきりと選んで指名買いしたダイヤモンドヤスリ。この辺ではホームセンターの農機具コーナーで売っているヤツだけど、機械工具の所で売っているどんなヤスリよりも、MonotaROやミスミで売っている本職用?のダイヤモンドヤスリよりも、私にとってこれが素晴らしく使いやすい。
 見つけた頃は900円弱だったけど、人気が有るのかどんどん値段が上がって今は1,300円近くする。たまたまヤフオクで5本セットが出ていたので買った。2,700円で落札出来たのでメチャ嬉しい。

03253  こちらもメチャ嬉しい頂き物。某氏から超硬ビットを4種類も貰ってしまった。これは国産のメーカ品だから買うと高いヤツだ。ありがとうございました。
 彼はこの手のエキスパートなので何時も苦労するアルミの作業に関して聞いてみた。刃の切り方が違うとかいくつか教えて貰ったので、次にやるときには参考にさせて貰おう。

03254  最後は我が家の四男防でちゃしろ君。夕方の散歩も終わり夕食も食べてしまい、後はゆったりと眠るのを待つだけのひととき。
 最近は少し気温が上がってきたので、小屋のゾーンに居てもコンクリの上とか冷たい土の上に居ることが増えた。もうじきちゃしろ君に取って厳しい季節がやってくる。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年3月20日 (火)

古い電工ナイフ

03201 心の修行の一環として(笑)、古い電工ナイフを研いだ。変なオッサンから貰った鉄くずの中に入っていたヤツ。ホームセンターで買った自分用の数百円のヤツよりも良さ気に見えたから、何時か真面目に研いでおこうと思っていた。
 元々がサビサビだったし、形状的にも仕事前のいい加減な研ぎを繰り返していたせいで刃は妙な感じに成っていた。今日はその形状的な部分を大まかに修正する所まで行った。
03202  最近はこの手の作業にダイヤモンドヤスリばかり使っている。上手な人は砥石でもピシッと面が出せるのだと思うけど、私にはそれが出来ずにダイヤモンドヤスリで適当な面を出すのが精一杯。
 この後で小型のオイルストーンを使って面粗度を向上させたり、刃先を微調整的に研いだら私的な研ぎは完了。ちなみに鎌とか鉈はディスクグラインダに付けたダイヤモンドディスクでガーッと削ってお終いにすることが増えた。年を取ると何でもいい加減に成るけど、用途に応じた研ぎも重要だと思う・・・と自分の心に言い訳。

 面白いなと感じたのは刃の作り。大量生産のナイフだから1種類の鋼材から打ち抜いて作ってあると思っていたけど、日本の刃物として中央に硬鋼が有り両側を軟鋼が挟む構成で作ってあった。作った工場は日本式の刃物を量産する工場で、取りあえずこのやり方の方が慣れていたり量産性が高かったのかも知れない。
 私が持っていた安物は1種類の鋼材の打ち抜きで作って有る。こちらは良くある「ナイフ」の構造。マルテンサイト系のステンレス鋼なら錆びにくくて良いのに、安物なのでシンプルに工具鋼なのか直ぐに錆びる。

バイク 12km

| | コメント (4)

2018年3月 7日 (水)

後輪は諦めた

03071 今日は婆さんのデイサービスの日。ちゃしろの散歩から帰ってきてもまだ寝ている。起こしに行ったらびっくりして「何処に行かないかんとね?」と聞かれ、最初から全行程を説明した。毎回同じ事の繰り返しだ。脳みそがリセットされるらしい。
 今日も何とか起こして何とか朝飯を食ってぎりぎりで送迎の車に間に合った。「この車は何処に行くとね?」とおびえたような目で聞く。たぶん遠くの施設に送り込まれる様な妄想をしているんだと思う。大昔は「自分から施設に入る」と言っていたし、最近は「あげな所は行きとうない」と言い出した。いずれにしても老後の「施設」と言う物に強く反応していると言う事だろう。

03072  まさお君の後輪も分解整備しようとしたけど、1日に30分で数日を潰したくらいでは外れそうに無い事が解ってきた。今シーズンももうじき始まるのだから、潔く諦めて色だけ塗って誤魔化す事にした。
 ユンボとかこの手の機械はきちんとやろうと思ったらキリが無い。たぶん人生が終わってしまう(笑)。半分マジだ。
 だから泥がついたままバリバリ君で錆と泥を大まかに落とし、油性のペイントを刷毛で塗り込むように塗ったらお終い。ヤフオクの怪しい業者のフルO/H済みみたいな作業だ。
03073  ホイールは前輪ほど酷くない。前輪の酷いところは全てのペイントが落ちて錆しか見えてなかったし、板厚が3割くらい減少した部分も有った。でものぞみの台車じゃ無いから問題は無かろう。
 あとは白のペイントを塗り込んで車体に装着したらお終いだ。ここまでが私の仕事で、運転して草刈りをするのは嫁さんの仕事。私はまさお君で刈れない周辺部を刈払機で刈っていくだけで良い。

バイク 15km

| | コメント (0)

より以前の記事一覧