2020年9月12日 (土)

機体の軽いは七難隠す

09121_20200912201501 昨日予定していた重りを付けてのフライトをやってみた。天気が悪いのとやることが少し有ったので試験はこれだけ。

 使うバッテリは21分強のホバリングが出来た純正品。そして自作品との重量差を埋めるために、重心位置に差分の43gの重りを付けた。
 さて、どうなるかと飛ばし始めたけど安定が悪い。これは自作バッテリの時にも感じたのだけど、今日の方が少し風の息が有ったからか更に不安定に感じた。
 そして結果は12分とちょっとで終了。想像以上に機体重量の影響が大きいみたいだ。こうなると230g以上有る4000mAh品を使うよりも、HUBSAN等で使われている2700mAhでも117gしかないバッテリの方向性が良いのかもしれない。
 たった43gでこんな傾向が出て来るという事は、この機体にとって43gが相当な積載量で有るか、回転翼機に取って機体重量の増加は固定翼機よりも重大な意味を持つのかも。
 そして、それとは別に、クワッドコプタでホバリングのためにプロペラ推力というかモータパワーの大半を使ってしまうと、制御の為の余裕が無くなってしまうんじゃ無かろうか。その結果が重いと不安定に感じる事に繋がるとか。
 私は模型も実機も固定翼しか経験がないけど、回転翼に乗っている人は感覚として解っているのかもしれん。そういう前提で考えると、荒れた冬山で人を吊り上げるとか神業としか思えん。
 「クワッドコプタの航空力学」とか捜してみたけど意外と無い。古い航空力学の本は沢山有るのに。この手のは制御が主体に成るからかな。
 まあ、取りあえず軽くする方向で行こう。パイパースーパーカブなんて、強風だと100mも行かずに浮いていた記憶が有る。飛ぶ物に取って軽いのが正義だ。

| | コメント (4)

2020年9月 2日 (水)

気付くのが遅すぎる

09021_20200902203901 力丸君のワイヤーが来たので、夕方のちゃしろの散歩から帰ってから交換作業。最近は日が暮れるのが速くなったのを実感。
 まずは横向きに倒してダンプロックのワイヤーを交換。

09022_20200902203901 ここは春から調子が悪くて、ロープで括って使っていた。こんないい加減な生き様では行かんと反省し、原因を調べたらワイヤーの固着。
 作ろうと思ったけど端末金具がホンダらしい懲りすぎた形状だったのと、アウターも腐っていたので新品に交換。
09023 スロットルワイヤーはインナーだけ数年前に自作交換していたけど、そろそろ部品が出なくなるかも?と思ってこちらも注文して交換した。
 実はこれ以外にもクラッチワイヤーとブレーキワイヤーも注文したのだけど、この2本は既に廃盤で入手できなかった。困ったな、クラッチの方は1/3くらい素線切れでささくれて居るのに。
 アメリカに輸出していれば、あっちならまだ売っていると思うから調べてみよう。それでも無ければバイク用のアウターとか流用して作るしか無い。
 現実には「もったいない」精神とか希薄な国である事を認識して居ながら、ちょっと今回の件は気付くのが遅すぎた。

| | コメント (2)

2020年8月29日 (土)

あまりにも暑い

08291_20200829205501 朝起きて、ちゃしろと散歩に行って、朝飯喰って、珈琲飲んで、直ぐに外に出たけど既に気持ち悪い暑さだった。
 テレビでは「エアコンを使って」と繰り返し言うけど、世の中には屋外の仕事が沢山ある。室内でスーツ着込んだ連中にエアコン使えと言われたら何だかなあ・・・と思ってしまう。 まあ、我が家にはエアコン自体が無いけどね(笑)。
08292_20200829205501  小物を溶接してさび止め塗って、適当に乾かして黒の上塗りを塗って、あまり乾いて無いけど無理矢理取り付けて指がベトベトに成った。
 この場所の錆は硫酸が原因とはっきりしているんだから、乾燥剤の石灰か肥料の苦土石灰でも撒いておこうか。

08293_20200829205501 暑くてやる気が出んので、一連の作業で使った工具の感想でも書いておこう。
 マキタの電動インパクトドライバに3/8のユニバーサルアダプタを付けたヤツ。パワーは無いけど、そのパワーの範囲内なら使いやすい。
 ちなみにソケットで使うユニバーサルジョイントは、この手の1点で回るタイプが好き。2個のピンでグリグリ動くヤツはどうも上手に使えない。
08294 随分前に買ったけど、結局は力が弱くて大して活躍の機会が無いヤツ。少し渋いと回すことが出来ず、これで機嫌良く回る位ならラチェットでカリカリやった方が速いくらいわい!と怒りが込みあげる。

08295  大事なソケットを痛めない様に買ってみた叩き込むソケット。
 この手のヤツは呼び寸法で行ける事は少なく、1サイズとか2サイズ小さいソケットを叩き込む事が多い。だからコーケンの1個が1,000円以上するソケットを全部とか買えず、セットで2,000円台の安物にした。
08296 安物買いの・・・に成るかな?と思いながらトライすると、対辺寸法14mmに14mmはダメだったけど、13mmを使ったら2個採れた。
 残りはもっと酷いから頭に鉄筋とかナットを溶接するしか無いわけで、その手間を思うと2個取れれば元は取ったかな?。と言う感じ。

| | コメント (2)

2020年8月28日 (金)

へたったヤツは辞任

08281_20200828202601 凄く狭い範囲で、配線はグチャグチャだけどエアコンシステムのエミュレータを作った。そのおかげでコントローラのトラブル箇所と状況が詳細に解った。
 こいつは2枚の基板が向かい合わせに半田付けしてあり、何かする度に40点くらいの接続を脱着しなければ成らないのがメチャ面倒。
08282_20200828202601  ブロアの代用品として準備した2個の12V-DCファンが回り始めた。今回の故障箇所はこの部分だけなので、まあ限定的だけどエミュレータを使った解析と修理が一つ前進したと考えて良さそう。


08283  夕方作業はエンジンマウントを交換した。へたったヤツは捨てられるのが世の常だけど、交換したヤツが勝れているかどうかは解らない。
 使ったのは純正品じゃ無くて工業用の汎用品。倉敷ゴム辺りかな?と思って探したけど無くて、ブリヂストンに同一形状が有ったので注文してみた。でもゴム定数辺りが違っているかもしれん。
08284  古いヤツはこんな感じ。荷重が無くてもへたって居るのが解るから、まあゴム定数が多少違っていてもそれなりの効果は体感できそう。



08285  上のネジを締める為にバッテリ横のカバーを外したけど、その時に嫌な物を見てしまった。
 塩水とか酸とかは、錆を落として上にペンキを塗るくらいじゃダメみたいだ。基板でやっているように、温水で煮てからさび止めが必要かもしれん。
08286  今日はここまでで止めようと思っていたけど、アンドリュー君の動画に触発されて適当なトレイを作ることに。
 ゴミみたいな部品をボロの中古に交換して「looks like new」と言う辺りが好きだ。メートルねじが出てきても「shit」とか「fuck」とは言わずに「thanks metric」と言うのを聞くと、汚い格好だけど良いところの生まれなのかな?。
08287  適当に切ったチェッカープレートに穴を開け、プレスで適当に曲げる。





08288  ウエルドナットは無いけど生地の六角ナットが有ったのでそれを溶接しよう。あとは意味不明のアースポイントみたいなヤツも必要かな。
 溶接までは出来んかった。

| | コメント (0)

2020年8月27日 (木)

M型じゃ無いかも

08272_20200827205401 来ていたけど放置状態だったユンボのファンベルトを交換した。表面がめくれ始めて、流石にこれは寿命だと思って測定して注文していたヤツ。
 ぬるい産業機械だからJISの標準品だろう。幅と周長を測って「M型の36インチ」と断定。
 でも外したのは断面形状が少し違う。もうちょっと高級な自動車などに使われている様な感じ。そして装着しようとしたら微妙に短くてパンパンに張ってしまった。
08271_20200827205401  張りすぎの原因はヤンマーの設計者にも有る。2枚目画像の下の方、緑の点線位置に支点となるボルトがありそこを中心にスイングする。
 でも赤の部分が接触して長穴の全ストローク動かない訳だ。このエンジンは他にもたくさん使われて居るので、長穴のステーはもっと大きなオルタネータを想定したヤツの様な気がする。直径が大きければ赤部分が干渉しない。ユンボ用に小さなオルタネータにしたけど、ステーをそのまま流用したんじゃ無かろうか。
 簡単に検索したくらいでは純正のベルト仕様が解らなかったけど、もしかしたら36と37の間くらいのミリ規格のベルトかもしれん。37インチでは少し長すぎる気がするし。
 さて、どうしようか。正規の製品を調べて買うべきか、37インチのM型を再手配するべきか、張りすぎのままで馴染むまで使い続けるべきか。最後の案にはウォーターポンプの軸受が死ぬというオマケが付くかもしれん(笑)。

08273_20200827205401  仕事で机の上がメチャクチャな状態に成ってしまった。
 964のエアコンユニットを弄っているのだけど、ある条件を出すためにあまり関係の無さそうなセンサとかフィードバックが必要に成ったりする。
 最終的にはDMEみたいに全機能を包括したエアコンエミュレータを作るべきなんだろうけど、サーボモータやら色々有ってDMEよりも面倒で複雑に成る。
 今回は該当部分だけを何とかでっち上げて作業するにしても、正月くらいまでにはエミュレータを完成させたい所。

| | コメント (2)

2020年8月26日 (水)

20年遅れてる

08261 先日取り付けたユンボの安物シート。悪くはないけど前のと高さが違っていたので木材を入れて高さを調節していた。




08262  同じ高さの防振ゴムを入手したので交換した。百姓の爺さんが修理したユンボから、安っぽいシートが付いた普通のユンボに変身。
 見た目以外の変化は、前後のスライドがスムーズに成った。これは取付穴の誤差をゴムが吸収してくれたからだと思う。

08263  納屋の2階を探してアクロバットを見つけてみた。pdfで書類を提出するのに、何時からかpdfの出力が出来なくなって居たから。
 「オフィスの印刷でpdfを選べば良いですよ」と言われたけど、私のオフィスは2000だ。そしてOSはXpだ。ハハハ。
 アクロバットを再インストールしたらpdfが作れる様に成ったけど、雰囲気的に最新のpdfリーダを入れたら死にそうだ。それにしても箱に書いてある「Xp対応」の文字が泣かせるぜ。

| | コメント (7)

2020年8月25日 (火)

細かいことは気にしない

08251_20200825201001 ユンボのつかみは実用に成った。超概算で強度検討をしてみると補強した方が良いような結果が。
 現物を見ると6x75のFBが丁度良さそう。ミニユンボで良かった。


08252_20200825201001  位置決めして溶接する。下に反り気味に感じたので上の面から作業してみた。





08253_20200825201001  直ぐにさび止めを塗っておく。






08254_20200825201001  下の面も位置決めをして。






08255  溶接していく。






08256  仮止めしていた所が上手に盛れてない。素人はこれだから困る。でも上手にやろうとして何時までも完成しないより良かろうと言い訳。



08257 こちらもさび止めを塗った。
 日が陰ってから始めたので、この段階でちゃしろの散歩の時間に成ってしまった。




08258  散歩から帰ってシャワーを浴び、上塗りを1回だけして置いた。これで明日の朝一に2回目を塗れば組み立てる事が出来る。

 これで曲げに関してはかなり強くなったはず。でもねじりに関しては対して変わって無いから、長物を掴むときは用心して作業する必要が有る。

| | コメント (4)

2020年8月23日 (日)

ちょっと涼しい

08231_20200823202501 朝一は部落の草刈りというか公園清掃。誰も欲しくない?ツツジ公園とやらを先代達が作ってしまったから、次の代が延々と草刈りとか掃除を持ち回りでするはめに。
 今の代の人はほぼ全員が文句を言う。私も文句を言っていた。でも公園の石碑に爺さんの名前を発見してからは文句が言いにくく成った(笑)。爺さん、なんでこんなモン作ったんだ。
08232  比較的涼しく感じたので、くたびれついでと離れた土地の草刈りをしたり、ユンボのつかみの慣熟を兼ねて薪作りをしたりの1日。

 ユンボ自体がミニサイズだし、つかみも一番安い軽作業用。とは言っても人力とは全然違う。片側を持ち上げるのが精一杯の丸太が軽々と上がるし、それを空中で保持して切るとチェンソー作業も楽でソーチェーンも傷まない。
08233 想像以上に良い物だ。使い勝手も素晴らしい。早急にアームの補強をして安心して使えるようにしよう。
 気がかりなのはこの後で薪割りをして運んでいたら、力丸君のトランスミッションが絶不調に成った事。このタイミングでミッションを割るのは面倒だなあ。。。

| | コメント (0)

2020年8月21日 (金)

何処かで漏れている

08211_20200822211001  なんか色々とやっていたら時間が無かった。ユンボの走行減速機の油でも交換しようと思ってプラグを外したら。
 20ccくらいしか出てこなくてびっくり。カサカサじゃ無いし金属粉も出てないので生きているとは思うけど危なかった。

08213_20200822211001  気が付かなかったけど何処かから漏れていたんだろう。10年間で300ccくらいだから解らんかな。




08212_20200822211001  反対側の右はレベル側のプラグギリギリまで入っていた。と言うことは10年前の注入から全く漏れて無いという事。
 白骨号に入れたギヤオイルが1Lほど残っていたのでそれを入れた。


08214  我が家で一番涼しい、裏の縁側の床の下でくつろぐちゃしろ様。




| | コメント (0)

2020年8月20日 (木)

ISOは18mm

08201_20200820203001 昨日の夜、ユンボで検索していたら中村哲さんがアフガニスタンでユンボを修理している画像が出た。記事を読んでいくと俺は何をやって居るんだと情け無くなり、少しだけモチベーションが出てきた。

08202_20200820203001  朝の暑くないうちに黒を塗った。汚いけど見なければOK。検査しなければ陽性者は居ない理論だ。
 夕方には乾燥していたので、カバーを付けて取りあえず完成とした。


08204  買ったつかみにはグリースニップルが無い。仕方ないので自分で加工したけど、長いドリルが無くて全長の3割くらいまでしか穴が届いて無い。
 それに表面硬化してあってハイスのドリルでは歯が立たず、虎の子の超硬ドリルを持ち出すハメに。
 説明を良く読むと1,600円くらいで追加できると書いてあるので、買う人が居たらグリースニップル付きで買った方が良いと思う。
 このままじゃ直ぐにニップルが折れると思うので、10mmくらいザグリで沈めておく必要が有る。今日はとても出来なかった。
08203_20200820203001 こちらのニップルはストレートで給脂できなかったので135度のヤツに交換した。




08205  ピンは単純に通しボルトとダブルナットで固定するタイプ。面白いのはM12で対辺寸法が18mmだった事。
 大坂の会社だけど、9万円とメチャ安いので海外生産かも知れない。海外の会社はISO等への対応が速いので18mmも納得できる気がする。
 KTCの21世紀ツールは数字がでかくて読みやすいから好きだ。整備士は年寄りばかりと言う現実を直視し、老眼対策なんだろう。
08206  これでようやく実戦に投入できる。アームの補強をした方が良さそうだけど、取りあえず軽く使いながら強度計算でもしてみよう。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧