2017年5月25日 (木)

16x18

05251 YBR125が来てから買い足した工具。16x18のメガネ、3/8sqで18のソケット、1/2sqで18のソケット。それ以外は何かの機会に買って手元に有ったヤツ。16x18のスパナは無いけど16mmと18mmに関してはそれなりの作業が出来る環境は整った事に成る。
 「対辺16mmとか18mmを使うなんておかしい」とか、「中国は変なボルトナットが流通して居る」とか書くと後で恥ずかしい事に成る。何故なら随分以前からISOもJISもM10の17mmやM12の19mmを廃止して16mmとか18mmの方を標準と決めているのだから。
 M14の22mmも21mmに変更になっているけど、21mmはさらに旧規格やインチの流れで多用されていたのか、古いけど全てのレンチ類が揃っていたので買い足す必要はなかった。
05252  まあ自動車やオートバイの世界では小型六角とかJASOが優勢だけど、ヤマハの世界戦略車やルノーの手が入って回復してきた日産車などにこの手のサイズが使われ始めた事は興味深い。
 日本が一番。JASOは世界の基準。とか思っていると、いつの間にかPC98と漢字処理を取り巻く人達みたいに成ってしまうかもしれん。私は製造側の人間じゃ無いから生き残った製品を買えば良いけど、取りあえず工具だけでも準備しておこうと思ったわけ。
05253
 写真の工具メーカは色々だけど、KTCの21Cシリーズは文字が読みやすくて好感が持てる。ビルテマのヤツも悪くない。でもAIGOのコンビは読みにくいし、ストレートの駒も見づらい。
 駒が飛び飛びでしか無ければ直ぐに解るけど、15、16、17、18、19と並んでいると流石に解らん。こんな時に刻印が読みやすいのは一つのメリットと思う。
 KTCのミラーツールとかネプロスはオタク向けの要素が強いけど、21Cシリーズはコストとかも重要な玄人の世界。そんな世界の作業者は高齢化と老眼も進んでいるだろうから(笑)、その辺りも考慮されている様な気がする気がする。ありがとうKTCさん。

 夜はちゃしろを連れて公民館の前に蛍を見に行った。そろそろ出始めたかな?と思っていたら既に沢山飛び回っていてびっくり。去年のちゃしろは蛍とか全く見ていなかったけど、今年は何か見ているような瞬間が有った。まあ犬の気持ちは解らんけど。

バイク 12km

| | コメント (4)

2017年4月17日 (月)

小心者は75:1

04171 一気に暑くなったので時間があるときは何時も草刈をする毎日が始まった。ということで混合油も直ぐに無くなってしまうのだけど、今回は新しいオイルで混合油を作ってみた。
 爺さんの道具の中に丸山の試供品と思われる「ケムナイト100:1」が有ったわけ。草刈機は捨ててしまったけど、このオイルは使ってみたくて取って置いた。それを今回は使ったという話し。

 いざ混合しようとして少しビビッた。今までは33:1とか40:1くらいで使っていたのに、一気に100:1はなんだかなあ・・・と言う気持ち。混合は左の容器で行う。1Lか2Lの混合油を作る事が出来て、写っているメモリは50:1のヤツ。上の段が2L用の50:1のオイル量で、下の段が1L用の50:1のオイル量。これを読み替えれば、上の段が2L用の50:1のオイル量で、下の段が2L用の100:1のオイル量という事に成る。
 でも小心者の私は上と下の中間までオイルを注いでしまった。75:1という事になる。これでも今まで使っている混合比の倍くらいに成るから少し怖かったけど。
 昨日はこのオイルを小型のチェンソーに入れて、山に行って倒れた竹を処理しやすい様に短く切り刻んで来た。だいたい200ccくらい使ったと思うけど何事も起こらなかった。アイドル回転数が少し変わった気がしたけど、気温の影響も有るので何とも言えん。
 切りながらふと思った。2Lに対して下の段が100:1のオイル量に成るなら、下の段は100:2のオイル量に成るはず。ならば中間のオイル量は100:1.5じゃ無いのか?と。100:1.5なら75:1じゃ無くて66.7:1だろう。ハハハ数学は奥が深いな、いやこんなのは算数だ(笑)。

バイク 12km

| | コメント (0)

2017年4月 8日 (土)

A型?B型?

04081 午前中はスイミング。スクールは先生の都合で中止になったけど自主トレで行ってきた。週に1回じゃ後退するだけだよなあ・・・と感じながらも、それなりに頑張ろうと思って色々ドリル。
 今日は珍しくアクアスロンに出たりする背の高いお兄ちゃんと一緒のコース。さらに後半になって強い人妻が入ってきた。お兄ちゃんとぬるいドリルをやっていたのに、強い人妻が入ると空気が一気に変わる。だって彼女は50mを46秒くらいで帰って来てはサークルを回して居たから。お兄ちゃんはしばらくしたら出て行った。

04082  帰ってから草刈をした。ここ数日の気温が上がったせいで一気に草が伸びてしまったから。しばらく刈っていてまさお君の動きが可笑しいことに気がついた。降りてチェックしたらエンジンとHSTを繋ぐVベルトが変な感じ。
 ベルトがタルタルに緩んでいて、バネ仕掛けのアイドラプーリがクランクプーリに接触してしまっている。思わず声に出して「えーっ」と言ってしまった。
04083  走行系はそれ以上動かないからたちが悪い。直ぐに分解してベルトを取り出し、念のためにパーツリストとも照合してナフコにGO。
 流石に田舎のナフコだけ有る、農機具用のB型スペシャルバージョンで「SB」とか「LB」のシリーズを在庫していた。買ってきて急いで交換したのが3枚の画像。

 妙なのはベルトのサイズ。古いのはどう見てもA型にしか見えないけどパーツリスト上はLB型。そしてHST側のプーリもLB型でピッタリ合っている。でもクランクプーリはLB型のベルトがはみ出していて、こちらはA型用のプーリ?にしか見えない。
 うーん、これも例に漏れず怪しい中古品なので、修理の過程で各部の整合性が取れなくなってしまったのだろうか?。それとも今回のようにアイドラプーリとクランクプーリの干渉を繰り返すうちに、プーリの山の部分が摩滅してしまったんだろうか?。悩ましい問題だ。

 夕方からは小組合の総会という名の飲み会。面白くも無いたばこ臭い部屋で3時間くらい過ごすのは人生の無駄だ。でも爺ちゃんたちは楽しくて仕方が無いみたい。止めろとか言わんので好きな人だけで勝手にやって欲しいなあ。

スイム 1.5km

| | コメント (0)

2017年4月 3日 (月)

でっかい基礎ボルト

04031 1mくらい有るM36の寸切りボルトを買った。先端が尖らせて有るから回転と打撃で打ち込むケミカルアンカ用だと思われる。ねじ山の表面とか端面から想像するに転造で作られた感じ。なんか凄いな。
 M36くらいのサイズは製鉄機械とかの大きくて激しい機械だと普通に有るサイズだけど、ケミカルアンカを使うことはまず無い。いや、図面のミスで1回か2回くらいは使ったかもしれん(笑)。今の時代だから耐震補強用だろうか?。
 で、画像で解るようにリフトのパッドを支える部分に使う予定。今のままでは白骨号には最適と言えない。でも大きく改造してしまうとランティスとか他の車で困る。さらに軽トラとかは別の形状じゃ無いと上げにくそう。ということでこのボルトを切って新作パッドのステムとして使おうという訳。
 旋盤が有るからネジを切れば良さそうだけど、M36でピッチが4mmとも成ると小型の旋盤ではキツイ、直径よりも4mmのピッチが。最終的に4mmの三角形を削る事に成るわけで、それに耐えるパワーや剛性が不足しているから。しかも素材を買う金も必要に成るから、棚ずれ品みたいな完成品を買った方が安くて早かったりする。

04032  夕方の散歩の時のこと。近所の集落の中の道を通っていたら何時ものギャンギャン啼く犬が居た。でも今日は雰囲気が違っていて家の庭から飛び出してちゃしろに飛びかかってきた。リードを引きずって無かったから金具が外れたみたい。
 野犬とか全く見ないのに、こんな感じで事故的な喧嘩は3回目だ。なんか多くないか?。今までの2回はいずれも大きな犬だった。でも今回はちゃしろより一回り小さくて見た目が神経質で凶暴そうな犬。なんかヤナ感じ。
 でも勝負は一瞬だった。ガウガウガウ、ガウガウガウと3秒ほど噛み合った後、ちゃしろが相手の犬を裏返して上に乗って前足で腹を押さえつけてお終い。流石に毎日2時間も強度の高い散歩をし、私とマジの喧嘩をしている彼は強かった。
 でも相手のサイズによって戦い方を変えているのは興味深い。相手が大きな場合は上に乗られるから下に潜って脚をマジ噛みした。今回は相手が小さかったので噛まずに押し倒して降参させた。いずれも勝つための必要最小限の攻撃を選んで居るのだろうか?。
 取りあえず近所の犬に怪我をさせなくて良かったよ。

バイク 12km

| | コメント (2)

2017年3月29日 (水)

澤井珈琲さん、ありがとう

03291 一昨日だったかアマゾンで注文していたコーヒー豆が届いた。デロンギからもらっていた豆も、長男が旅行のお土産に買ってきた豆もぜーんぶ無くなってしまったから追加で注文したヤツ。
 早速飲もうと思って箱を開けてびっくり、既に挽いた粉が4袋も届いてしまったから。間違えた訳は無いけど、やっぱり間違えたのかな?と思って経歴を見たら「中挽き」と成っていた。歳のせいか。。。
 でもやっぱり納得できずに注文のメールを見ていくと、アマゾンから来た1通目の自動応答には「中挽き」の文字は無いわけ。そして次のメールから「中挽き」の文字が入ってくる。んんん??。
 交換してもらおうと思って「返品・交換」のアドレスを開くと、この商品は出品者と直接交渉しろと書いてある。なんじゃ?アマゾンはこういう商売の仕方をしているのか。仕方なく出品者の澤井珈琲に電話をしたら、返送の片道送料を負担してくれるなら直ぐに交換出来るとの返事。アマゾンと揉めても現時点で私の購入経歴は「中挽き」に成っているわけで水掛け論にしか成らん。ということで直ぐに返送したら今日届いたという訳。
 澤井珈琲としてはアマゾンから来たデータの通りに発送しているはず。それを前提に考えると良い対応をしてもらったと思う。アマゾンから手数料を取られて居ると思うので、次回からは澤井珈琲に直接注文してあげよう。
 味の方だけど普通のコーヒー。エスプレッソマシンで飲むにはデロンギの純正豆の方が合っているような気がする。でも値段を考えたらこっちしかあり得ん。もう少しそれっぽくしたい時は追加で焙煎してみようかな。

03292  昨日持って帰ったセノーのトレッドミル。電源を入れたらメカ部分は全部正常に動く。でも表示が変。そしてリセットボタンとモード変更ボタンが効かない。こりゃ汗で基板が痛んでいる感じだ。
 夕方にちょっとでも作業しようかな?と思ってカバーを開けたら痛んだ基板が出てきた。マイコン部分は痛んでおらず、7セグ用デコードIC?の周辺とリセットボタン対応のパターンが痛んでいる。この修理は面倒そうなので後回し。最悪はインバータの入力にボリュームでも付ければ良いから気楽にやろう。
 取りあえず基板が乗っているベース金物の縁が錆びていたので、ワイヤブラシでケレンして上塗り兼用のさび止めを塗って今日の作業はお終い。

バイク 12km

| | コメント (0)

2017年3月27日 (月)

酷く漏れては居ない

03271 平日はそんなに連続した作業は出来ないので、2柱リフトを少しだけ上げて放置しておき、シリンダとかバルブ関係の漏れを確認中。あまり上まで上げると落下防止のラッチが効くので下の方で。
 スケールで測っていた訳では無いけど、目視レベルでは大きな低下は無さそう。シリンダのパッキン部を見ても、少しだけ油がにじみ出て来ているけどそれ以上では無い。下に客の車を入れて何日も放置する訳じゃ無いから、このままで行けそうな気配。
 ただ古いままのパッキンで放置状態が長いと、使い始めたら直ぐに漏れたりする事が有るので最初だけは注意しておこうと思っている。

03272  このリフトを設置しようと思った第一の目的は白骨号のシンクロ修理。その為にはエンジンとミッションをAssyで下ろす必要が有るわけで、リフト以外にエンジンAssyを載せて引き出す台車が必要となる。
 畳半畳くらいの丈夫な台車が有れば良いけど手持ちには無い。そう言えば貰い物のハンドリフトが有ったと思いだして引っぱり出してきた。いいねえ・・・と思いながら下に突っ込んだけど、ちょっと短いか。
 エンジンだけなら乗るかも知れんけど、この先にデフとミッションが有る。ちょっと不安定な感じ。ということはコンパネを重ねるか何かで厚めの板を用意し、四隅に車輪でも付けてエンジン台車を作るしか無いのかな?。まあ色々な作業の事を思うと作って置いた方が後々楽が出来そうな感じはする。

バイク 12km

| | コメント (2)

2017年3月26日 (日)

巣箱を作ろう

03261 庭に2柱リフトが設置され、ようやく我が家も一般的な家庭の風情を醸し出せるように成ってきた。でも無機質な支柱が何とも味気ない。ということで木で巣箱を作って野鳥を呼び込もうと考えた。
 図面も書かずに型枠に使ったコンパネの残りを適当に切り刻み、木工用ボンドを塗って釘でカンカン打ち付けたら完成。丁度よいサイズの蝶板とかキャッチとか取っ手は手持ちが無かったのでグッデイで買ってきた。
03262  構造用合板なら耐水性が有るけど、コンパネだと屋外に放置しておくと接着剤が劣化して剥がれてしまう。少しでもそれを防止しようと下塗り用のグレーの塗料を塗ってみた。青で上塗りを予定していたけどグレーのままの方が制御盤っぽいからこのまま行くことにした。中にインバータを入れて配線したら出来上がり。
 難燃性とか耐久性とかトータルで考えたら金属製が良いのは解っているけど、金属製だとここまで作るのに1日くらいかかりそう。他のこととのバランスも有るから今回は木で行こう。人生には妥協も必要だ。

03263  制御盤が出来て操作レバーでリフトの上下動が出来るように成った。次に各部のローラを調整してガタを許容範囲に持ってきた。昨日よりは劇的にスムーズさとしっかり感が増した。
 昨日に続いて白骨号のリフトアップポイントを探りながらリフトアップ。基本的には同じ様な位置だけど、少しだけ安定寄りに配置して高い位置まで上げてみた。いつ落ちるかヒヤヒヤだけど、自分の車をこんなアングルで眺めるなんて・・・いやあ嬉しいなあ。
 昨日も書いたけど下から見たらアラがいくつか見つかる。一番気になるのは間違ったジャッキアップのせいで痛めてしまった箇所。4枚目の様な感じで耳が潰れて居たり、緩やかなカーブが汚く凹んでいたり。これからコツコツと出来る範囲で治していこう。
03265
 5枚目は下から眺めていて気が付いた落下防止案。私が調べた範囲で突出して多いリフトの事故はアームから車体の脱落。それを防止する為に最近のアームはロック機構が付いていて、横方向にアームを開く力が加わっても或る程度は対抗できるように成っている。でもうちのリフトは古いのでそんなモンは付いてない。同様の「何か」が必要だけどどうしよう??と考えて居たわけ。
03264_2  そしたら下から眺めていてふと気が付いた。この年代のポルシェ限定かも知れんけど、赤い線の部分を何かで拘束してしまえば良くないだろうか?。
 幸いにもほとんどの作業に対して邪魔に成らない。そして最も簡単にかつ効果的にアームの開きを防止できる。もし車体のサポート部がずれてしまっても、左右を繋ぐ部材の上に乗って下まで落ちんかもしれん。装着作業中の事故は防止出来んけどね。

03266  最後はエンジンとミッションの状態。オイル漏れはほとんど無い。一部に湿っているかな?という場所が有るくらい。塗装の悪さに比べたら嘘のような下回りだ。
 そう言えばこの車を買う前に聞いた覚えが有る、「空冷ポルシェはオイル漏れが酷い」とか、「アイドリングでクラッチ繋がないと直ぐに焼ける」とか、「まともに乗れるように成るまで400万(500万?)かかる」とか、まあ色々聞く言い伝えみたいなヤツは全部嘘だった。なんでも自分で体験してみないと解らんモンだ。

バイク 12km

| | コメント (4)

2017年3月25日 (土)

白骨号、空を飛ぶ

03251 午前中はスイミング。前半は平泳ぎで後半はクロール、今日は中学生が休みだったので私が先頭でサークルと回数の管理をしないと行けなかった。久しぶりなので回数を数えるのが難しかった。歳だなあ(笑)。
 クロールの時に肩廻りの柔軟をやってないだろ?と言われてギクッ。足首は毎日やって居るけど肩は直ぐに止めた。見りゃ解るのか・・・。今日からやります。

03252  午後から雨が降るという予報。晴れているうちに2柱リフトの基礎ボルトを締めていった。データ的に6割の強度は出ているはずなので6割の力で。そして6割の重さなら行けるだろうと勝手に判断して白骨号を乗り入れた。
 始めてセットするけどアームやパッドの位置決めが面倒で難しい。それ以前にピッタリの場所に止めないとアームが当たって車体の下に入れることすら出来ない。
 これは想定外だ。軽とかどうやって居るんだろう?。幅が狭いから行けるのかな?。じゃあ昔乗っていたCR-Xとか三男のMINIとかは?。ホイールベースがポルシェよりも短いけど。。。
 もう一つの疑問というか不安はパッドを当てる場所。これはあらかじめ想定していたけど実際に当てようとすると難しくて悩む。そしてこの辺りかな?と思う場所の周囲には、沢山のジャッキでボコボコにされた跡が。はぁ。。。落ち込むけど中古だから仕方ない。いや、新車でも適当なタイヤ屋とかに頼んだ車はこんな感じに成っていたりする。そんな例は国産車で沢山見てきた。
 取りあえず一番安定した場所に当てたいので、ポルシェ屋さんに行って色々見て勉強してこよう。授業料取られそうだけど(笑)。

スイム 1.5km
バイク 12km

| | コメント (4)

2017年3月24日 (金)

おじいちゃん、大丈夫?

03241 ちゃしろの散歩から帰ってきて外で仕事を始めた時のこと、老人の運転する軽トラが上がってきた。そして降りて来るなり「油谷産業に行きたかったけど道が解らんごとなった」と言う。
 もう免許証を返納したら?と話したけど納得せず、アルミの縞鋼板を落札したから取りに行くとか偉くマニアックな事を言う。口で言っても覚えられないと思ったので、要所要所の地図をプリンタで印刷して渡した。無事にたどり着いて美人の事務員から冷たい仕打ちをされてニヤニヤ出来ただろうか?、心配だ(笑)。
 関係ないけどアルミの縞鋼板って変な言葉だなあ。

03242  カシメの脱着とOリング集めに偉く苦労したけど、ポルシェのメカポン用燃料ポンプがようやく完成した。メカポンの場合、このポンプは燃料タンクからメカポン本体まで燃料を移動する程度の位置付けなので、それ以降の何ちゃらジェトロほど重要じゃ無い。でもメカポン入り側に圧力と流量をきちんと供給する事は必要な訳でいい加減じゃ宜しくない。

03243  ちゅう事で割りと真面目に作業した訳だけど、そんなに特別な事はしてない。というか特別な事は出来ないし。
 モータのブラシは8割ほど残っていた。コンミュテータも少ししか減って無かったので軽く修正。モータの軸受も非常に良好。ポンプはハウジングとロータをセットで厚み方向に少しだけ油砥石で修正。問題はOリングの選定と溝の状態だった。

03244  3枚目の赤矢印の合わせ目がモータとポンプの接合面。モータは鉄でOリング面が機械加工してあるけど、Oリングの当たり面までの3mmくらいの範囲が錆びてしまうわけ。
 これも錆が固着して分解で一苦労した。外した後で錆を落として修正したけど、Oリングの当たり面が無事だったので助かった。今後の腐食を少しでも防止する気持ちを込めて、合わせ目の周囲に塗料を塗る事にした。
03245  塗ったのはビニローゼ。比較的容易に手に入る割りに耐油性が有る。POR15とかタンクシーラーとか色々有るけど、高かったり入手性に難が有ったり、保管性がイマイチだったり・・・ということで普通の塗料じゃ心許ない程度の用途にはビニローゼが好き。
 しばらく運転して漏れを確認した後は性能を測定した。結果は、リリーフ圧の基準2.0barに対して2.1bar。吐出量の基準125L/hに対して138L/hで合格と言って良いと思う。
 ちなみに末尾001がメカポン用でリリーフ圧が2.0bar、末尾009はキャブレター用なので0.3barくらいと低いから互換性は無い。e-bayで変なの買うと泣くことに成る。

03246  リフトは形だけ前進した。2段目のアームを差し込んで支柱のカバーを仮付けしてみたから、見た目的には完成したように見える。
 悪くない感じ。唯一気になるのはモータカバーが丸い所。ここに1950~1960年代を感じてしまう。まともに動き出したら角張った今風のデザインに変更しようかな。

バイク 12km

| | コメント (2)

2017年3月23日 (木)

民営化の影響なのか?

03231 昼過ぎに荷物が来たので受け取った。適当な世間話をしながら外を見て思わず声を上げてしまった。この箱を持って来たのに外に止めてあるのは郵政カブだったから。
 写真ではサイズ感が解らんけど伝票とか荷札から想像して欲しい。誰がどう考えても郵政カブの赤い箱に入らないと思えるサイズ。普通は赤い軽のワンボックスだろう。
 「入るんですか!?」と聞いたら「人が居ないから無理矢理押し込んで持ってきました」とか。大変だなあ・・・と思ったけど、一軒一軒細かい配達をするよりも、天気も良いし片道15kmを走って荷物を1個配達してくる方が楽かもしれん。

03232  2柱リフトは平日は30分ずつ位しか時間が取れないけど、まあポチポチ作業を進めて完成に近づいては居る。
 今日は操作レバー関係に赤い色を塗り、ピンとか支点部のグリースアップをした。このリフトは古いけど大きな欠品が無いのが嬉しい。簡単なレバーでも、欠品していると作るのに半日くらい直ぐにかかってしまうから。
 あとはアームを付けてみた。アームは2段階の伸縮式に成っているけど、その根本側を本体のキャリッジに仮装着。支点の穴とかピンに溜まっていた泥とグリースの混合物を綺麗に掃除して付けたらガタが多くなった様な気がする。ボロバイクやボロ機械では良くある事だから気にしない(笑)。
03233  伸縮式のアームだけど、最近のリフトと構成が逆に成っている。最近のヤツは根本のアームが外側のパイプで先端のアームが中に入る構成。根本の最大モーメント箇所の断面係数を考えると、最近の構成で根本が太い方が理に適っていると思う。
 このアームの伸縮部にも泥とグリースの混合物が沢山こびり付いている。この掃除が大変そうだ。

 ちゃしろの散歩でだいぶ走った。風呂の前にエアロバイクも漕いだ。何とか今年も大会に出られる位まで体力が回復してくれるかな?。

バイク 12km

| | コメント (5)

より以前の記事一覧