2017年2月22日 (水)

レベルは悪くない

02221 昼頃から雨が降り出して、夕方のちゃしろの散歩の頃は結構強く降った。夕方なら今週でも行けるかもしれんと言う生コン屋さんが有ったけど、それを依頼していたらカッパ着て大変な作業に成っていた所だ。
 リフトの下は割りと硬い粘土質。雨が降ったら水が溜まってしまう。綺麗に溜まった瞬間が有ったので写真に撮ったらこんな感じだった。
 サイコロの浸かり具合から判断すると、土の表面レベルは±1cmくらいには仕上がっていると判断できる。ユンボの先生からは平ツメ付けてユンボ単体で±1cmくらい目指せと言われたけど、素人には±5cmくらいが限界だった。その後は人力の掻き板とスコップで地道に作業した。まあ出来上がれば良いんだよ。

 今は次の課題を考えている。生コン車から奥の方にコンクリを導くシュート。今回は長辺が5m有るから市販品なら4mというシュートが欲しい所。でも万が付くし1回か2回しか使わないのに勿体ない。この辺りはレンタル屋さんなんか無い。と言うことは自作とか代用品を探す事に成るわけ。
 それなりの形だけなら何とか出来るけど、コンクリは意外と重いので強度も要る。イメージ的には同体積の石と同じくらいの重さが有ると考えないといけない。梯子と波トタンとか、山奥の道にガードレールが落ちているから拾って来ようかとか、油谷産業の屋根材とか、色々考え中。

| | コメント (3)

2017年2月21日 (火)

類は友を呼ぶ

02211 ドリドリ君の制御盤とか、動かなくなった時計とか、中国製のA軸とか、色々やっていたので2柱リフトは30分くらいの作業。
 やったのは鉄筋の下にサイコロと呼ばれるスペーサを入れただけ。配筋作業中に心配していたように、中央付近は鉄筋Assyを持ち上げるのが少しキツかった。力が要ると言うよりも鉄筋の枡目の中につま先だけ入れて立つことがキツイ。
 感覚的にだけど、10mmで200mmピッチならサイコロは後から入れても楽勝。13mmで200mmピッチだと今回みたいに少し苦労する。でも先に入れたら結束が難しい気がする。150mmピッチだと足を入れて立つこと自体が難しいので、径が10mmでも厳しそう。高下駄でも履いたら良いかな?。

02212  昨日はエアロバイクを漕ぎたくなったけど、今日は出掛けたついでに図書館に寄ってみた。本を読もうという気持ちに成ったのは何週間ぶりだろう。
 借りたのはイーロン・マスクの本。周囲にある電気自動車の本3冊はついでに借りたけど、一般向けのこの手の新技術解説書はパッとしない内容が多い。半分も読まずに返すような気がする。
 イーロン・マスクの本は面白かった。晩飯の後で一気に読んでしまった。テスラを立ち上げたのも凄いけど、もっと凄いのはスペースXの方。凄い人の回りには凄い人が集まるんだなあ・・・と思って読んだ。
 凄い人の一人が、スペースXの立ち上げ時に中心的人物と成ったトム・ミューラー。彼は宇宙関係の仕事をしている優秀な技術者ではあったけど、アマチュアロケット愛好家でもあり、「個人的」に推力6トンものロケットエンジンを作りあげた人物。こんな人達が金持ちで頭の切れるイーロン・マスクの回りに集まって来る訳だ。。。
 日本の旅客機とかロケットに期待している人は読まない方が良い、絶望感しか残らないから(笑)。安倍さんが好き、トヨタが1番と思う人も止めた方が良い。偏ったトンデモ本だ!と怒りたく成ると思うから。

 この本を読んでテスラの中古でも買おうかな?と言う気持ちが少し弱まった。イーロン・マスクの作った車を買うよりも、何か小さな事でも良いから新しい、面白い事にチャレンジした方がカッコイイ気がしてきたから。
 東芝式のチャレンジじゃ無いよ(笑)。

| | コメント (2)

2017年2月 1日 (水)

マキタではバリカンと言う

02011 爺さんの道具を整理して捨てる過程でふと思い立ちヘッジトリマを買い換える事にした。今あるのは日立の350mmクラスでガタは有るけどまだ使える。でも一旦リセットしたくなって買い換える事に。
 普段は使える道具を買い換えたりしないし、どちらかと言うと使えない道具も修理して無理矢理使うタイプ。でも「俺が買うてやっちょうき使え」とか「俺が良かごとしちょうきお前はせんで良か」的な部分が嫌なわけ。
 家に関しても「風呂とトイレをリフォームしてやっちょう」とか「瓦を全部葺き替えた」とか有って、あああぁぁ。。。と言う感じなのだけど、流石にこちらはもったいなさ過ぎてリセットは難しい。でもリセット出来る部分に関しては決別したい気持ちが強い。
 これってDNA的に私も同じ事をしたがるはずだから、私の息子達に同じ事をしないように気を付けようと思っている。たぶん歳を取ってきたらそんな事忘れて何かを押しつけると思うけど。

02012  買ったのは今と同じでマキタ製の350mmクラス。日立のが380Wに対して新しいのは320Wだけど、これは軸出力じゃ無くて消費電力だろうから、技術の進歩で軸出力は同じだろうと勝手に判断。
 メーカは何処でも良かったけど日立は身売りの話があるので安定志向でマキタにした。マキタでは生垣バリカンという名前で面白いなと思う。
 今まで350mmを使っていて400mmとか450mmが欲しいなと思っていたけど、道具を選ぶときはどうしても最大能力を気にしすぎる傾向が有る。「田舎の両親を乗せるから7人乗り以上が要るね」とか「結婚して子供が出来たら2シーターじゃ駄目だ」とか。でもそんな事はほとんど無い。
 と言うことで最初に想定していた450mmの大出力タイプは止めにして、350mmの小型軽量タイプにした。質量が3.7kgから一気に2.0kgに成ってもの凄い軽量化。ちゃしろの散歩前に少しだけ刈ってみたけどメチャ軽快に刈れる。なかなかいいぞ。

| | コメント (3)

2016年11月14日 (月)

ほとんど溶けた

11141 1枚目は昨日のことだけど、白骨号の洗車と車載工具の陰干しをした。洗車なんか何ヶ月ぶりだろう、半年は優に超えている様な気がする。御免なさい。
 工具は一部に黒っぽく変色した部分が出ていた。なんだろう?、メッキの洗浄の問題だろうか、それとも何かとの接触や雰囲気でこうなったのか。取り合えず完走させて脂ぎったボロ切れで拭いて再収納してお終い。

11142  2枚目は実験中のロックタイト。あれからかき混ぜたりしていないのだけど、油中に浮いていた細かいチリのようなヤツはほぼ全部が溶けた。これで515でも5127でもエンジンオイルに溶ける事が確認された。
 前回の記事を書いた後で少し調べたら、「金属イオン」と「空気の遮断」によって硬化が始まるらしい事が解った。と言うことで今回の実験で溶ける事は解ったけど、金属に接触した環境下では先に固まってしまうんじゃ無いの?と言う新たな疑問が出てきたと言うわけ。
 あとは574の互換性情報に関してロータックスの航空エンジンのマニュアルが見つかった。そこには「518を574の代わりに使っても良い」「5910を518と574の代わりに使っても良い」と書かれている。
 確かに現行の製品情報を見ると518が適しているように見えた。そこで私も518を買おうとしたのだけど、300mlだったか良くあるシリコーンシーラントサイズしか無かったので諦め、その代わりに50mlが有った515と5127を買ったという訳。
 今回あらたに出てきた5910は嫌気性じゃなくてシリコーン系。もしかしたら今はシリコーン系の方が色んな面で優れているのかもしれない。まあそれは想像だけど、どっかのポルシェ本にはRTV系のシーラントが良いと書かれて居たし、私自身もスリーボンドの1215で大きな問題は起きてないと言う事実もある。

 今日も風呂の前にエアロバイクでも漕いでおこう。200Wは何分にしようかな・・・無理せずに6分で良いか(笑)。

バイク 10km 200W-6min.

| | コメント (0)

2016年11月 1日 (火)

BM6のイリジウムバージョン

11011 先週には到着していたのだけど、バタバタしていたりこっちに居なかったりしたので今日に成ってようやく開封した部品。チェンソーとか草刈機に使う小型のスパークプラグで型番はBM6と言うヤツ。
 さらにコイツは中心電極がイリジウム製なので、「IX-BM6」とNGK製?見たいな型番が付いている。想像通りに中国製。日本製を買えよ!と言われそうだけど、この型番のイリジウムとか白金電極タイプは国産では見あたらない。もう何年も前から探しているけど見あたらず、仕方ないからノーマルプラグの電極を加工して使っていた。
 この手の点火が弱くて不調に成りやすい小型エンジンほど、細い電極プラグの恩恵にあずかれると私は思うし何回も書いて居るのだけど、NGKもデンソーも全然応えてくれない。まあ仕方ない。
11012  それが先日の事だけど、たまたま検索していたら中国製のこのプラグがヒットしたというわけ。電極は細いから飛火性能は良いだろう。でも材質が本当にイリジウム製とは限らないので(笑)、耐久性は自作の加工プラグと大差ないかも知れない。でもレアメタルと言えば中国が本場。目黒の高級店でサンマを食うよりも、東北の漁村の怪しい店で喰った方が美味いはず。そんな感じで不安を払拭して注文した。

 時間が無かったので作業まではしてないけど、チェンソー2台と草刈機1台のプラグをコイツに交換した。簡単に始動した感じでは小型のチェンソーだけは始動性の向上が感じられた。大型のチェンソーは良くなったかも?と言う程度。草刈機は今までも始動性が凄く良いので違いが解らないと言うのが本当の所。始動できないとか調子が悪くなったと言うのは無い。
 唯一良くないと感じたのはワッシャの潰れ代。普通はグチューッとかなりの厚みが潰れて行くのだけど、コイツはほとんど潰れずに普通のワッシャに近い感触。見た目はそれっぽいのに何故だろう?。見た目だけ似せて中は中実なんだろうか?。
 買ったのは20個セット。10個入りの箱が2箱送られて来た。カード支払いのタイミングがちょうど105円台の時に成りそうなので、総額が7,500円位かもしれない。でも1本が375円で国産のノーマルプラグと一緒だから、少しでも効果が有れば許せる金額。
 でも20本は要らんなあ・・・・ちゅうことで残りはヤフオクにでも流そうか。1本ずつは面倒なので10本組を3,750円スタートで。ああ、でも今はそんな面倒なことをする気分じゃ無いわ。全ての事がなんか邪魔くさい。やっぱり疲れて居るんだろう。

| | コメント (6)

2016年10月22日 (土)

風たち

10221 午前中はスイミング。駐車場に着いたけどいつもの人達の車が無い。と言うことは・・・と思いながら受付に行くとスクールは中止だった。仕方ないから自主トレで泳いだ。
 今日は45分くらいキックを色々とやり、その後にドリルを少しやってからクロールに移行したら良い感じ。やっぱり私はキックが弱いのが各所に影響しているのかも。
 今日は嫁さんがエイミーとデート?している。我が家には女の子が居ないので暇そうにしているエイミーが標的に成ったらしい。昼飯が無いので帰りにルミエールに寄って数点買い込んで昼飯にした。硬い衣の唐揚げを食べていたら奥歯の被せ物が取れた。結構おいしかったのにショックだ、気持ちが萎えた。

 写真のスパナは中央2本が通販で買ったヤツ。本当ならラチェットハンドルと一緒に手にとって買いたかったのだけど、ストレートとアストロを回ったけど無かったので仕方なく通販。
 この手のヤツは主に電装品関係で欲しくなる。名前もイグニッションレンチとか呼ばれる事が有るくらい。スナップオンとかネプロスからも出ているけど信じられないような価格なので安物にした。それでも今まで使っていた両端のオマケみたいなスパナに比べたら大進歩だ。

10222  一瞬だけ雨が止んだので白骨号のスピーカを修理した。なんか音がおかしいなと思って居たのだけど、詳細に聞いてみると左前の音が明らかに小さくおかしい事が解った。
 内張を一部剥がしてスピーカを外し、色々試してみたところ端子の接触不良が原因と解った。接触不良で音が小さくなるのは解るけど、なんか籠もったような変な音に成るのはどうしてだろう?。インピーダンス数Ωの世界に、直流抵抗のみ数Ωの接触不良が挿入されるから周波数特性が狂うのかな?。
 数日前のラジオでボブ・ディランの名前が入った曲として「学生街の喫茶店」を取り上げて居た。私は「片隅で聞いていた・・・」では無くて「ボブ・ディランのフォーエバーヤングを・・・」が頭に浮かんだ事を思い出し、完成後の確認として太田裕美が聞きたくなった。
 あの辺りのCDは自分では持ってない。確か熊崎に貰ったテープが有ったはずだけど1個しか出てこない、その1個もとても聞けない音。うーん無いと無性に聞きたくなるなあ、中古CDでも買うか、「ごきげんいかが」で良いのかな?。

スイム 2.5km

| | コメント (8)

2016年10月21日 (金)

鉄筋コンクリート

10211 最近のちゃしろの餌はこんなのが多い。ドッグフードにだしを取った残りのいりこを入れ、ヨーグルトを大さじ3杯くらい追加してかき混ぜたヤツ。
 彼のドッグフードは何かに決めている訳じゃなく、店に行って次はこれにしてみよう的な「雰囲気」で毎回買っている。でも彼にも好みがあるわけで、今使っているすき焼き風味?とか言うヤツはあまり好みじゃ無かった。
 色々やってみて解ったのはヨーグルトを混ぜると喜んで食べるという事。そりゃ肉を茹でた汁とかなら大喜びだけど毎日有る訳じゃ無い。そこでルミエールで400gが95円のヨーグルトを買ってきてチビチビ混ぜて与えている。

10212  昼前にチラッとポルシェ屋さんへ。遊びじゃなくて仕事で。と書いておかないと「何時も遊んでいる」と言うヤツが出てくるから(笑)。
 雨模様だったので工場内にギュウギュウに押し込んで有ったけど、隙間を歩くのが怖いような車が沢山ある。手前は356だし奥の白いのは改造車じゃ無くて純正の930フラットノーズ。現物を初めて見た。
 73のカレラとかは高価でマニア受けするけど、素人目線では私のカレラとたいして変わらん(笑)。でもフラットノーズの930ターボは素人が見ても何か凄いポルシェに見える。

10213  夜はこんな本を読んでいたらトレーニングを忘れていた。2柱リフトの下のコンクリートを施工するにあたり、強度の検討とか鉄筋の配置とか、細かいところの処理とか、いくらいい加減な施工であっても決めるべき事が沢山ある。その基礎知識を得ようと思って。
 いつもの様に泥縄式だけど、空気しか無い状態よりも泥の縄でも有った方が気持ちが安らぐ(笑)。
 読んでいて思った。文字は良いけど図表の細かい所とか見えづらかったり見えなかったりする。そろそろ老眼鏡が要るな。むかし望遠鏡を作るために100均の老眼鏡を数種類買った事が有るけど、もう捨ててしまったかもしれない。

| | コメント (5)

2016年10月19日 (水)

3/8sqも入れ替え

10191 今年の春にストレートで1/4sqのラチェットハンドルを買ったのだけど、それがなかなか具合が良い。オートバイだけの時はTレンチを多用していたけど、4輪を弄り出すと小さめのラチェットを使う頻度が増えたから結構使う。
 ストレートの1/4は具合が良いけど、今まで使ってきたKTCの3/8とレバーの向きが逆。その辺りが混乱してどうにも使いにくい感じが有ったので3/8も買い換える事にした。
 今まで使っていたのは980円のセットに入っていた首振りの柄を短く切り詰めたヤツと、KTCの何の変哲も無い古いタイプ。もう何十年も使っているから空転は軽いけど各部にガタが出ている。まあ入れ替えの良い機会だろう。
 首振りのタイプはポルシェ屋さんで触って具合が良かったので根っこから回るタイプにした。触ったのはスナップオンだったと思うけど、私のは使用頻度的にストレートで十分だろう。普通のタイプは1/4と同じく柄の中が中空に成っているヤツ。1/4は軽いけど3/8は重めに感じるのが残念。でも握りの太さと質量バランスは悪くない。これで死ぬまで買い換える事は無いだろう。

10192  変な仕事の方はポルシェのマイクロスイッチ修理。車の型式は解らんけど空冷のどれかのスロットル回り用かな?と思う。
 その辺に落ちているマイクロスイッチを付けたら良かろうと思っていたら、オリジナルはドイツ製の防水タイプでケーブルまで一体型の専用品だという事が解った。
 純正のスイッチAssyは手に入っても、その中に使われている専用品のスイッチなんか入手できない。仕方ないから同じメーカからスイッチ部分が同じ仕様のヤツを見繕い、少し改造しながらケーブルを付けて回りを接着剤で固定して出来上がり。
 電気とメカの仕様を比較しながら使えそうな汎用品を探し出すのに偉く時間が掛かったけど、その時間にチャージをかけて素直に請求したら怒られるだろうなあ(笑)。あと5回くらい作業依頼が来ると想定して請求時間を決めよう。

バイク 10km 200W-8min.

| | コメント (0)

2016年10月 6日 (木)

肩がカクカク言う

10061 ちゃしろランも大事だけど、去年から放置状態の2柱リフトも冬までに何とかしたい案件。まずは下の土台部分というかコンクリートの床を作る必要が有り、その為にコンクリートの本を読み始めた。
 JISハンドブックの2冊は古本で買った。定価は高すぎてとても新刊では買えない。10年~20年落ちくらいの廃棄本が1/10以下の価格で買えるので、枯れた技術関係はそんなのを活用。
 上の3冊は宮若市の図書館で借りてきた。「図解 型枠作業」とか「異形棒鋼とハッカー技術の全て」とか探したけど無かった(笑)。関係有りそうなのは「コンクリートの科学」だけで、あとの2冊はオマケで借りた。
 ところが読んでみると橋の本が面白い。巨大構造物だから力学の基本に帰っていくのか学問的に美しい構造物が多い。と言うかそう成らざるを得ない訳か。いまさら橋梁技術者には成らないし成れるはずも無いけど、中学の頃に気がつけばその道に進んで居たかも?と感じた。

 昨日は初めての200W-7min.だったので今日は脚を休めたい。と言うことでチューブ引きをやったのだけど左肩から腕にかけてなんかおかしかった。
 1ストローク動かす度に肩と肘から「カクッ」「コクッ」と音がする。大きな音じゃ無いし痛みが有る訳じゃ無い。でも音に相当する位の違和感は有る。回ることは回るけどボールベアリングに異物が混入した感じが近い。
 なんか嫌だなあ。軽めにしてやめておいた。あしたももう一度やってみよう。

チューブ引き

| | コメント (0)

2016年9月13日 (火)

あまり効果がなかった

09131 ユンボ整備の続きで操作系のガタ殺し。近所のヤツを触っても同じ感じなので古いユンボなら当然と思うけど、操作レバーのガタが酷い。全操作ストローク中の1/3はガタなんじゃ無いか?と言う感じ。
 そこで操作系に使われているリンクボールだったか、「L」型の部品を交換する事にした。各部に使われているけど取りあえず作業のしやすい上のヤツだけ交換した。
 でも気にすれば改善したかも?と解る程度で劇的な改善とは言い難い。主因は何だ?と思って良く見たら中心に有るユニバーサルジョイントらしい事が解ってきた。
 レバーの根本は前後左右に動く必要が有る。その部分にうちのユンボは小型のユニバーサルジョイントが使われていて、そのピンの部分にガタが発生していたという訳。他にも沢山のガタが有るのでここが100%を占めるとは言えないけど、雰囲気的に60~70パーセントは占めている感じ。
 さて、この手の汎用ユニバーサルジョイントと言えば中村自工くらいしか知らないけど、意外と値段が高いのと納期が長かったりする。さらに専用品だとしたら変な追加工をしないと汎用品は付かない。
 どうするかねえ、大きなリンクボールみたいなヤツを利用してゼロから作り直そうか。これなら2,000円も出せばそれなりのボール径のヤツが買える。無視してガタのまま使い続けるのも一つの手だけど(笑)。

 なんか身体がだるい気がしたけど、日課とおもってエアロバイクだけは漕いでおいた。

バイク 10km 200W-5min.

| | コメント (4)

より以前の記事一覧