2021年3月 5日 (金)

青い安全靴

03051_20210305204501 安全靴を買い替えた。ここしばらくはずーっとアシックスの黒いヤツを買い続けていたけど、ちょっと気分を変えてみようと同じ型番の色違いにした。
 太田裕美の赤いハイヒールだと、東北辺りから出て来た?女の子が自分を鼓舞する様に赤いハイヒールを買うわけだけど、今の私にそこまでの盛り上がりが有る訳じゃない(笑)。
 あの曲はメロディーは物悲しいのに、歌詞を追いかけると最後は同郷の男と田舎に帰って幸せに成るようなイメージが有る。反対に「幸せ未満」ではメロディーは明るいのにダメ男に振り回されて薄幸のイメージ。筒美京平は面白い。
03052_20210305204501  昨日のランチアのDCダイナモ。コンミュテータを真円切削してマイカ深さを調整して表面を研磨した。
 うん、良い感じだ。後は変なおっさんに貰ったワニスを適当に含侵したらロータ側の出来上がり。

03053  こっちはポルシェ964のフラップモータ。恥ずかしながら再修理。
 普段は偉そうに?「○○修理しました!」と書いているわけだから、失敗も書かないとフェアじゃ無いね。
 摩擦抵抗とかオリジナルの印刷精度とか、複合的な要因だと思うけどエンドで行き過ぎて反対側に回らない。
 こちらの試験ではOKだったし客先でも最初はOK。でも有るタイミングで行き過ぎて反対側に動かなくなった。
 焼損修理部は生きていたので、今のブラシとスリップリングの位置関係が悪いとしか考えられない。客先によると少し動作確度を減らした方が良いみたいなので、角度を減らす方向にスリップリングをカバーする対策をしてみた。
 これで前回以上に試験をして、問題無ければ返送と成る。お手数をお掛けしてすみませんでした。。。ってまだ解決した訳じゃ無いけど。

| | コメント (0)

2021年2月23日 (火)

オートマチックポンチ

02231_20210224164401 先日のバリカンよりももっと前、多分30年以上前から使って居るオートマチックポンチを買い替えた。
 調子が悪くなるたびに削ったり調整したりして使ってきたけど、とうとう先端が取れて何処かに行ってしまった。これは仕方ない、そしてここまで使い込めば道具の神様も許してくれるだろう。
 使い慣れているから同じものが良かったけど、近所のホームセンターには赤い握りのヤツしか無かったのでそれにした。まあ雰囲気的に同じクラスかな?。

02232_20210224164401  おまけで最近のちゃしろでも。
 私が夜にパソコンを使って居ると、同じ部屋に来て出窓の上でゴロゴロしている。
 この写真だけを見ると優良家庭犬だけど、襖に穴をあけたり、ロープで一緒に遊べと暴れまわったり、別の顔もちゃんと持っている(笑)。
02233_20210224164401  ただ、貰ってきた時にはこんな事は一切無くて、顔の後ろに手を持っていくだけでも嫌がっていた。それを思うと彼もかなり変わったと思う。
 5年かかった。ここまで来るのに。

| | コメント (0)

2021年2月22日 (月)

内径は測れない

02221 久しぶりに旋盤で 径変更用アダプタの製作。自分用じゃなくて一応は仕事だけど、電気屋さん的な仕事を受けて、その過程で軸径が合わないから調整用の部品を作ることに成った。
 内径2㎜に外径6㎜。水の環境なのでSUSを希望されたけど、うちの工具と技術では求められる精度が出ないと予想されたのでジュラルミンに変更してもらった。実験用なのでアルミ系でもたぶん大丈夫と思う。
02222  外径の6㎜は5.98㎜から5.99㎜くらいに出来たので行けると思うけど、内径の2㎜を測る測定器が無い。
 ピンゲージの中古でも買っておけば良かったなあ・・・と思いながら、ドリル加工の後で2㎜のリーマを通して完成とした。
 このリーマも中古で公差範囲が解らないけど、たぶんH8くらいじゃなかろうか?と、いつもの様にいい加減な作業。
 これに固定用のセットビスを追加しないといけないのだけど、M2にするかM2.5にするか、いや手持ちのセットビスはM2.6だったかな?と悩み始めた所でちゃしろの散歩の時間が来たので作業停止。
 散歩しながら考えたけど、軸径から考えてM2だろうな。明日加工しよう。

| | コメント (2)

2021年1月25日 (月)

フェアリングがイマイチ

01254  カメラもプロペラガードも込みで200g未満で行くことにした。当然ながら1500mAhの電池は難しいので1000mAhで行く。
 カメラはケースを外したら半分くらいに成り、この仕様で192g。

01251_20210125210401  風が相当強いので時間とか距離の検証には成らんけど、動画の試験で数分だけ飛ばしてみた。
 縮小したら目立たないけど二昔前の画質。でも4gで高画質のカメラはなかなか見つからないから当面はこれで行く。
01252  固定翼っぽくバンクした画像でも。
 本当は動画をアップしたら良いのだけど、編集が面倒なので切り出した静止画でごめんなさい(笑)。

01253  ファイナルアプローチ。この後自分の手前2mくらいの位置に無事着陸した。
 風が強いとデータ取りには向かないけど、離着陸は楽に成って良い。

01255  200gまで8g有るので、晩飯の後でフェアリングを付けることにした。
 食品トレーを切り貼りしたけど、構造的にも、形状的にも、空力的にも、質量的にもイマイチ感が漂う。これで198g。
 もし次回作があるとしたら、メカ積載部まで考えて一体型で作りたい。そしたら今と同じ仕様でも190g弱で行けると思う。別の所も少しだけ改良すれば、1500mAhの電池も積めるはず。そうなると大島をぐるっと一周できる計算に成る。
 技術的には田んぼの中の周回コースで30㎞くらい飛ばしても同じ成果だけど、動画付きで大島一周は少しだけワクワクするかもしれない。

| | コメント (6)

2021年1月23日 (土)

カメラは含まない?

01231 U200機のカメラについて具体的に考え始めた。電池を1000mAhで行くなら12gの余裕が有り、手元に有るサイコロみたいなカメラは10gなので搭載可能。でも録画時間が実測25分なので着陸まで記録できない。
 分解して機体から電源を取るべきか、別のカメラを探すべきか、このカメラは画質がメチャ悪いので別を買った方が良いかな、でも超小型だと五十歩百歩かもしれん。。。などと悩む。
01232  そんな中でカメラは200gの範囲に入らないという記述を複数見つけた。プロペラガードが入らないという話は聞いたことが有るけど、カメラも入らないなら重量的には楽に成る。
 ただ、200gが危険性から決まった数値だとしたら飛行時の総重量で論じないと物理的に意味がない。法律が許すからとオーバーするのは技術的には美しくない。
 それと少し不安なのは国土交通省が出した文書としては見つけることが出来ない事。文書が無いということは「はい測定します。212gですね航空法違反です」と言われても反論できん。こんな時に「○○さんがユーチューブで言っていた!」と騒ぐのは子供の喧嘩で、大人同士が喧嘩するなら署名入りの文書を準備しておくべき。
 1000mAhに画質の悪いカメラを外部給電が現実的な落しどころかな?。
01233  夜のちゃしろ。ここ数日だけど夜にドローンとか置いて有る部屋でゴチョゴチョやっていると、その部屋に入ってきてクンクン匂う。
 そして一通り匂ってめぼしい物が無ければ、入り口の所か私の椅子の横に寝てじっとしている。
 来た時の態度から想像できない変わりように驚かされるけど、これは夜だけでも室内に入れて一緒に居る時間が長い事の効用かもしれない。
 理想は昼間に外で作業をしている時もこんな感じで居てくれると嬉しいけど、リードを外して適当に遊ばせる事は今の日本社会では難しい。まあ現実的な妥協点かもしれない。

| | コメント (0)

2021年1月21日 (木)

188gで24㎞

01214 大島往復に向けてデータを採って行きたい。今日の夕方は静穏だったので最大飛行距離の試験をしてみた。




01215  現時点では1000mAhのバッテリを積んで188g。1500mAhだと207gでオーバーなのでさらなる軽量化が必要。
 ということで今日は1000mAhでの最大飛行距離の検証。


01211_20210121210401  いつもの様に回数は忘れてしまうのでロールデータから数える。結果は1.5㎞のコースを16周しているので24㎞も飛んで上出来。

01212_20210121210401  放電終止電圧は7.05Vくらいで、トータルエネルギは26200Jと出た。7.4Vなら9835mAhなのでバッテリの性能も悪くない感じ。

01213  飛行速度は8.46m/sで消費電流は1.36A。向い風の事を考えると、距離に余裕が有るのだから消費電流が増えても少し増速した方が安全側かもしれない。
01216  最後は帰って直ぐに充電した所。見にくいかもしれないけど1.00Ah入った。放電も充電もスペックを叩き出すとは素晴らしい。
 これはリトルベランカという店で買ったのだけど、それなりの店はチャンとした商品を選んで売っているみたいだ。容量が合えば次もここで買おう。
 今日の試験で気象条件さえ読めば大島往復が可能な事が証明できた。あとはもう少し軽量化して1500mAhで行くか、このまま1000mAhで行くか、余裕分に超小型カメラでも積むか考えよう。

| | コメント (2)

2021年1月20日 (水)

AutoTune

01201 ここ数日は風が強かったけど、今朝は静穏だったので固定翼機を飛ばして来た。ArduPlaneに備わっているAutoTuneという機能を試してみたかったから。
 マルチコプタの方にもオートチューンは有るけど、あっちは相当時間がかかってそれなりに長時間飛べる機体じゃ無いと完了しない。でもPlaneの方はピッチとロールそれぞれ20回のフルストローク操舵をすれば良いと書いて有ったので、取りあえず静かな環境下で試してみたわけ。
 1枚目がロールで2枚目がピッチ方向。直線的に見える線がスティック操作量と言うか目標値で、それを追いかける様な斜めのギザギザの線が実績値。
 何となくゲインが上がって行って何処かに収束している様に見えるけど、そうでも無い様な気もする。
01202  そしてこのグラフを見ていて気が付いたけど、20回はどんな風に数えて20回何だろう?。
 ロールなら「右一杯」で1回なのか、「右一杯と左一杯」で1回なのか今更にして疑問がわいてきた。もし後者なら条件を満たしておらずチューニング作業は完了して居ない事に成る。
 うーーん、氷が張るほど寒い中出かけて飛ばしたのに、もう一回やり直した方が良い様な気がしてきたぞ。とりあえず今でも安定して飛んでいる様に見えるので、もし静穏な日が来なければしばらくこの数値で飛ばしてみよう。

| | コメント (0)

2021年1月16日 (土)

リリエンタールからライト兄弟へ

01167 昨日の滑空試験に気をよくして、今日はプロペラを付けて動力飛行へ。
 重心位置は昨日のままで、迎角を1度ほど増やして、垂直尾翼を周囲10㎜ずつハサミで切って臨む。


01168  昨日は800mAhを積んでいたけど、試しに1000mAhを載せて測ったら190gだった。









01169  1500mAhだと209gでオーバーだけど、少し工夫してこれが積めれば航続距離が少し伸びる。









01166  いつもの田んぼの中に行ったらかなり風が強かった。でも初号機の経験から静穏で安定して飛ぶなら5m/sくらいの風なら墜落まではしない事が解っている。
 翼端を持ってハンドランチグライダーみたいに放り投げたら素直に水平飛行した。少しアップを取ったら素直に上昇した。新しい送信機は飛行機用にエンコンがカリカリのタイプにしたから楽だ。T10Jはドローン専用にしよう。

01161_20210116205401  これは昨日の滑空試験。後半の速度から5.5m/sくらいで飛んでいる事が解る。初号機よりも翼面荷重が低い事が反映されている。

01162  中スロットルでゆっくり飛んだ時。風が強いので対地速度は凄い変化をしているけど、1.14Aくらいで飛び続けるのは素晴らしい。初号機みたいな翼端失速の兆候は感じられない。
01163  速度を上げてみた。1.68Aで9.23m/sなら、1Ahのバッテリで19.8km飛べる計算に成る。煮詰めれば大島行けそうだ。


01164  RTLも正常に働いた。




01165  勢いでオートモードもやってみたら動いた。速度グラフから解るようにこの機体に対して強風だったけど、オートを試したく成るくらい安定して飛んでくれた。
 素晴らしいじゃないか。飛行の神様ありがとう。

| | コメント (2)

2021年1月15日 (金)

滑空試験

01151 買ったOpenTXの送信機はファームウエアが既に入っていた。フタバレベルの設定で済んだので楽が出来た。
 動力飛行は少し不安が有ったので、まずは滑空試験でもやってみようと家の前の田んぼに向けて放り投げた。
 意外とあっけなく飛んで田んぼに着地。これならプロペラ付けても行けるかもしれん。最悪の結果にはならなくてほっとしている。
 一部始終はユーチューブにアップしたので、暇な人は見て下さい。今日のは短い(笑)。

| | コメント (2)

2021年1月12日 (火)

MRJが完成しなかった理由

01121_20210112194701  模型飛行機の話ばかりでツマランと怒られたので(笑)、別の話も少しだけ。
 たしかXJ400のイグナイタ。この手のヤツは分解時に半田鏝を使ったりすることが多いので、まずはオリジナルの状態で性能チェック。

01122_20210112194701  火は飛んでいるし進角もしているけど、なぜか入力信号に変な髭と変形が有る。この画像では目立たないけど、2個あるピックアップが相互に結合している様なノイズ。
 画像は見やすい様に抵抗負荷だけど、実コイルを繋ぐともっとひどい。面倒なトラブルじゃ無ければ良いけど。。。

 以前にMRJの設計チームには、模型飛行機すら作った事が無い人がいるんじゃないか?と書いた事が有る。私は航空工学の事は解らないけど、MRJに関係の有る某M社で製鉄機械の設計をしていた時の体験から何となく思ってしまった。
 そこで自分の工具を持っているか?という話に成った時、かなりの人が持ってないという事実に驚いた。さらに驚いたのはネジを締めたことが無い人!が一人居た事、産業機械の設計者なのに。
 最近は子供の頃に戻って?航空関係のページとか動画をよく見るけど、そのなかで同じような事を感じる人が居るんだなと思う事が有った。
 ここはオリンポスの社長?が講義をしている場面だけど、彼の言う「モヤモヤ」は私が不足しているんじゃ無いの?と感じた物に近い気がする。バイクに乗っているヤツは居るか?と聞いてゼロだった時の彼の表情が面白い。
 こっちはアメリカのラジコン系ユーチューバーが主体と成っている催し。老若男女問わず楽しんでいる所に驚かされる。今の日本はオッサンがRC飛ばす事すら否定する方向に動いているのと隔世の感が有る。
 この辺りをまともな文章でまとめたのがここに記載のオシコシ関連の話。本田ジェットの藤野さんの本や資料を読むと、MRJ関連で話すどの社長や専務よりも、藤野さんはこっちの世界に近い。
 設計者以外の人の振る舞いも違う気がする。先日のスペースXが打ち上げたビルみたいなロケット。アメリカの番組は「みんな喜んでいる」とか、「ほぼ成功した」と伝えて居たけど、日本の番組は「着陸に失敗して炎上しました」と伝えた。
 こんな事を書くとネガティブな精神状態か?と思われるかもしれないけど、200g機が現実味を帯びてきて気持ちは盛り上がっている。模型くらいは自由に作って自由に飛ばしたいね。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧