2017年5月13日 (土)

十三回忌

05131 今日は中村教官の十三回忌。この手の用語やシステムは解りにくくて大嫌いだけど12年経過したという事か。去年の事とまでは言わないけど、数年前の事のように思っていたので凄く意外感が有る。
 過去の日記を読み返してみると、確かに2005年の5月17日に事故が起こっていた。あのときは動揺したけど時の流れは凄い。正月の集まりのように皆でワイワイ話しが出来る。奥さんも色々有るけど精神的には立ち直っているし、アヤちゃんは結婚したし、壮志には孫まで生まれた。

 最初は一人で車で行こうと思っていたけど、熊崎が来たので一緒に行くことにした。運転が面倒だったのと、白骨号にはECUの信号モニタを沢山繋いだままだったので彼のサンバーに乗せてもらった。
 自宅で読経があって昼食は波津のお店へ。結構豪華版の食事を出して貰って恐縮する。でも遠慮せずに全部食べた。この辺りの名物なのかイカも出てきた。某先輩はげそまで刺身が良いと言っていたけど、私はげそは天ぷらにして貰ったほうが好きだ。
 帰りにお土産まで貰ってさらに恐縮。帰ってから見てみるとアヤちゃんの結婚式で貰った?工房の器の様な感じ。ここの製品はうちの嫁さんのお気に入り。福津市に店も有るみたいなので今度行きたいと言っていた。私はあまり興味がないけどね(笑)。
 昔はここの家に来て、飯を食って泊まっていって、自分の将来話とかグライダーの話しばかりしていた。今日は息子や娘の話とか、孫の話とか、定年まで勤めるべきかとか、まあ年相応に話題が変化して来たのは正常な変化なんだろう。

 写真はDMEリレー試験機。何時か作ると書いていて紹介していなかったので証拠として掲載しておこう。丸ピンタイプと平ピンタイプの両方が試験できる。
 負荷は流石に実負荷じゃ無いけど、同等の消費電流と突入電流が得られるハロゲン電球を用意。最終的には実際に車載して試験が必要だけど、毎回ワニ口クリップを挟む手間から解放された。
 夜はエアロバイクをコギコギしてお終い。

バイク 12km

| | コメント (4)

2017年5月 1日 (月)

電縫管

05011 YBR125の作業はサイドスタンドの延長。古いから傾きが酷いのだろうと思っていたら、どんなユーザーサイトを見ても載っているくらいの定番トラブル?らしいことが解った。この車が想定している市場では、もっと重い荷物を常時載せていたりするから、サイドスタンドはこの位短く無いとダメなのかな?とか想像。
 他車種の長いのに交換するのが定番らしいけど、時間もお金もかかるから自分で改造する事にした。時間と値段だけを考えると買った方が良い判断に成っても、一つの楽しみと捉えたり、自分のスキルが一つ向上すると考えれば自作という選択も悪くないと思う。
05012  取りあえずスタンドを切ったら厚手のパイプだった。丁度良いサイズは手元に無かったので、3.2tの板を巻いて溶接してパイプを作って継ぎ足した。これが後の電縫管である(笑)。
 あとは残り物のシャーシブラックを適当に塗ってお終い。こんな所は誰も見ないからどうでも良かろう。問題は長くなった事でバネとのバランスが変わる事だけど、取りあえず跳ね上げてその位置に保持できて居るからOKとした。
05013  実際に立ててみると、少しスタンド側が下がった土の面でも3枚目の感じなので随分改善された。しばらくはこれで使ってみよう。

 こんな作業をしていたら軽のワンボックスが上がってきて、なにやら赤いでっかい機械を下ろして行った。こんなの落札した記憶は無いけどなあ・・・と思って見てみたら、手動で回転させるタイプのバランサだった。
05014  回転のための動力が無いから、電源は外付けのACアダプタだけ。そのへんのノートパソコン用よりも小さい。なんか面白い構成だ。
 中の基板も2段には成っているけど1ブロック構成でシンプル。電源部と思われる基板を見るとヒューズが抜いてある。どうりで全く反応が無いはずだ。一気にヒューズを入れて生きている所を壊しても困るので、電流計を入れて見ると変な感じ。
05015  取りあえず電源部を取り出して眺めて見ると単純な構成だったので修理してみた。電源基板のLEDは点灯する様に成った。ソレノイド?駆動用の電源とFETが載っているけど、そっちはまだ未確認。動くように成るかな?。スナップオンが売っていたかなり高精度のヤツらしいから、動くように成れば儲けモンかも。私のじゃ無いけどね。

 夜は早めに風呂に入り、エアロバイクをテレビの前にセットして凄ワザを見た。前回と同じ様なネタで新鮮味は無いけど、ハイレベルの戦いで内容自体は面白い物だった。米田としてはテレビ的に中々良い働きをしたんじゃ無いかと思う。意図してでは無いと思うけど。
 面白いなというか、やっぱりなと思ったのは、三人とも自分で飛んで自分で設計して自分で製作する人達だった事。他の人がやってない分野を開拓して行くには、こんな人間じゃ無いと駄目なんじゃ無いかな?と常日頃から思っている事がそのまま目の前で繰り広げられて居たから。
 MRJの技術者って、模型飛行機を作った事すら無い人が多いんじゃ無いかな?と書いたことが有るけど、まさに今回の三人の裏返しじゃ無いのか?という危惧な訳。
 テレビの画面を見ながら50分もエアロバイクを漕いだら気分が悪くなった。キツイ方面じゃ無くて吐きそうというかそう言う方向。

バイク 20km

| | コメント (6)

2016年3月26日 (土)

2.5mmのベニヤ板は切れる

03261 午前中はスイミング。クロールは前回ほどじゃ無いけどまあまあ。でも久しぶりに出てきたバタフライが全然駄目だった。駄目と言うよりも左肩が上がらない。まあ当然だ、こんな動きは全然やってないのだから。
 普段の生活では骨折の事を完全に忘れるくらいに回復しているけど、可動域の限界に近づくにつれて痛みと供に骨折を思い出す。やっぱり意識して体操とかせんと100%まで戻らんわ。

03262  今日の晩飯後もレーザーで遊んだ。ソフトの使い方が少しずつ解ってきたので、円とか星形を書いて切り抜いてみた。ガレージに落ちていた2.5mmくらいのベニヤ板を切ってみたら意外とすんなり切れたので嬉しい。
 これでPCとの連携まで含めてほぼ全ての部分の動作が確認できた事に成る。あとは皆さんがやっているように微調整してこの機械の最大能力を引き出してやる必要が有る。
 その為の第一段階として、設置場所を決めてしっかりした台を用意して、各部が水平に成るようにレベル調整して設置する必要が有ろう。本体の剛性が極めて低いので、きちんと設置せずに微妙な調整をしても意味がない。

03263_2  夕方は中村家に筍を持って行った。注文の多い未亡人が茹でて持ってこいと言うからきちんと茹でた。毎年こうだからもう慣れたもんね(笑)。
 孫を呼んでおくと言われたから期待していたら、壮志夫婦にアヤちゃん夫婦まで勢揃いで驚いた。誕生日が前後賞の孫もちゃんと居てだっこさせて貰った。もう感覚を忘れていて凄く怖かった。
 未亡人からは私のカワイイ孫を出せと言われたけど、壮志からは美人の嫁さんは出すなと言われたので苦心のアングルで撮影してみた。凛ちゃんはカワイイ。早く自分の孫が抱きたいぞ、息子達よ!。

スイム 1.5km

| | コメント (6)

2016年1月 2日 (土)

鬼の霍乱

01021 今日は恒例の中村家新年会の予定だったけど、朝一に電話がかかってきて中止になった。6人部屋でただ一人生き残った佳人薄命の人が風邪気味で体調不良らしい。皆さんに会えないのは寂しいけど、大半は餅つきの時に会ったのでまあ良いかという感じ。

 と言うことで1日中家に居ることになり、今日だけうちに泊まる予定にしていた妹家族と一緒に過ごすことが出来るように成った。神様がそういう風にセッティングしたのかも知れない。体調不良の中村夫人には申し訳ないけど神様ありがとう。
01022  いつもの様に趣味の悪いお土産を沢山貰った。毎回こうだ、気味が悪いデザインや変な味の物ばかり。たぶん1年かけて探し回っているのだろう。
 2枚目は「駅のみちか」のパンフレット。妹のところの長女が東京メトロ勤務で、顔が似ているから?時々中に入って仕事をしているらしい。東京の人が居たら「みちか」ちゃんに優しくしてあげてください(笑)。
 写真が無いけど下の娘の成人式写真集も貰った。上も下も決して不細工じゃ無くて中の上か上の下くらいは行けると思うのだけど、なぜか今風の女の子の臭いがしない。一言で言えば昭和の匂いがする。長男のアルファの幌を開けて記念撮影が有っていたけど、ベレットGTのカタログに載っているオネエサンにしか見えない。「卓越した走行性能」とか説明が書いてあるイメージ。旧車ファンと結婚したら良いかも。

 そして今回も"ちゃしろ"が大人気で嬉しい限り。飛びつかれて咬まれてコートをデロデロにされながら一緒に遊んでくれてありがとう。
 夜に成って大変な問題が起こり、トレーニングとか5軸とか言ってられん状態になった。ホント人生は色々あるなあ。

| | コメント (6)

2015年10月 6日 (火)

奇襲が続く

10061 昼前だったか電話がかかってきた「福岡県警ですが光安恒貴さんは居られますか」と。何か事件の問い合わせかな?と思って「何事ですか?」と聞いて行くと・・・大学時代の友達から。
 同じ大学では無くて彼は確か神大だったはず。容姿がセサミストリートのビッグバードに似ているから?「トリさん」と呼ばれていた。私と違ってまともな就職をして真面目に勤め上げて居ると思っていたけど、60歳を目前にしてこんな電話をかけて来る様では・・・。いやいや、こんな電話が出来る個室を持った偉い人に成ったのかもしれん。
 他にも「大阪航空局乗員課ですが」と言ってかけてくるヤツも居る。面白くないから止めろと言っても毎回同じ事を言う。三つ子の魂百までと言う諺は本当だと実感(笑)。

 そんな妨害にも負けずに仕事をして、そろそろ止めてMTBにでも乗ろうかな?と思っていたら来客が有った。今まで直接の訪問は無かった東洋的なモータ屋さんだった。名刺には「リーダー」と書いてあるけど日本語の「主任」なのか「課長」なのか良く解らん。まあ「統括本部長」と書かれても実体は解らんからどうでも良いのだけど。
 ここの九州支社には2回ほど行ったことがあり、若い女性が多い職場だった印象がある。メールとか電話で対応してくれるのも若そうな女性。私は30歳の頃の森高に似ていると勝手に思いこんでいる。
 彼女が来たなら中空のロータリーアクチュエータを20セット直ぐに注文したのに、と残念な気持ちに成りながら、用途とか価格とか年間の台数とか今後の展望とか、営業とユーザーの間でありがちな話をして別れた。
 何時も思うけどきちんとした社屋とか無くて申し訳ない。HPも最初はガレージだったらしいけど今みたいに乱雑で汚れているのは駄目だろう。新社屋は無理でも日々の整理整頓と掃除くらいは出来る。
 よし、明日から本気出す!

 モータ屋さんが帰ってからは近所の山をMTBでグルグル。脚の筋肉が少し慣れてきたのか最初の頃よりはスムーズに漕げているような気がする。そろそろロードにでも乗ってみようか。

バイク 5km

10062  W君のおかげで懐かしい気分に成り、過去の写真データを漁っていたらこんな写真が出てきた。30年以上昔にオリンパスのXAで撮影したネガを、10年くらい前にフィルムスキャンしていたデータだからボケボケ。
 場所は木曽川の教官部屋で、顔ぶれから1980年頃のクリスマスと思うけど断定できない。解る人が居たら教えて欲しいけど・・・居らんよなあ、死んだヤツまで居るくらいだから。
 取りあえず命と髪の毛は大事にしましょうという事で。

| | コメント (12)

2015年9月26日 (土)

未亡人と夜のドライブ

09261 午前中はスイミング、先週はジム達が来ていて休んだし自主トレにも来ていないからか、最初の方は肩の動きが悪かったような気がする。最後の方はバタフライが有ったけど左手が全然水中から出ないことが判明。まだまだやなあ・・・。
 終わってから帰ってきて昼飯を食い終わると、スイミングのオバチャンが栗拾いに来た。今年は量が少ないけど一人分くらいは有るので満足して帰って貰えた。

 仕事と家の事をゴチャゴチャやって夕方からは通夜で行橋まで。妙齢の?未亡人が私も連れて行けと言うので白骨号でお迎えに行って二人で斎場まで走った。遅れてはいかんと思って高速を使ったけど1時間くらい早く着きすぎた。高速代を損した。
 通夜は神式だった。大昔に1回だけ神式の葬式に出たような記憶が有るけど定かでは無い。そのくらい神式は縁遠いけど教会での葬式は1回も出たことが無いからそれよりは身近という訳か。
 「あっ、ご仏前と書いてきた」と私が言うと未亡人も「私も書いた!」と言う。式場側も神式は馴染みが無いと解っているからか、通夜際が始まる前に玉串奉奠のやり方を説明していた。このときに初めて「しのび手」と言う言葉を知った。
 年老いた親の死去なので残された者達の悲しみの感情は薄い。久し振りに会った世間話で盛り上がったり連絡事項を伝えたり。死んだ婆さんが言っていたけど「年寄りが死ぬのは子供が生まれるのと一緒」と言うのを実感する。

 帰りは仲哀トンネルから田川バイパスを通って直方に出て、あとは遠賀川沿いを延々と芦屋まで走った。それにしても良く喋る人だ、解っていた事だけどね(笑)。色々あった人だけど、「私もお婆ちゃんに成る」と嬉しそうに喋るのを聞いて少しホッとしたりして。
 夕方に車に乗りこんだとき、若い頃の森高のカセットが入っていた。流石にこれは不味かろうと思い、下にあった竹内まりやに交換していた。BGMに関係なくガンガン喋っていた彼女だけど、「元気を出して」がかかったときに「私、この歌好き」と言った。
 このくらい色々と気を使って居るのだから、死んであの世に行ったら旦那も私達の事を誉めてくれるだろうと期待している。ねえ、そうでしょ?。

 家に帰ったら22:00を過ぎていて、それから晩飯を食って運動もせずに寝てしまった。フィジカル面では余り宜しくない午後を過ごしてしまったと反省。

スイム 0.8km

| | コメント (2)

2015年7月27日 (月)

パイパー式PA-46-350P型

07271  調布の事故のニュースを見ていてふと思い出した。数年前に神田医院の院長が亡くなったのも同じ機種じゃ無かったかな?と。この手の話はYI氏が詳しいけど、私が検索してみた限りでは同じ機種の様だ。
 だとしたら単発機としては結構高級な機体だと思う。予圧キャビンにポルシェターボの親玉みたいなエンジンが付いている訳で、その辺の「セスナ機」とかパイパー社でもスーパーカブとは訳が違う。
 そんな機体なのに映像では滑走路のエンドくらいまで来てやっと離陸している様に見える。5人も乗ったら350馬力でもそんなモンなのだろうか。スーパーカブなら100mくらいで離陸するのに。
 神田院長の事故はIとVの判断ミス的な事故報告書が出ていたけど、今回のはエンジントラブルかなあ。迎え角多めで必死で水平飛行しているように見えるけど。

 こんなどうでも良さそうな話題を書いたのは、筋肉痛でイマイチモチベーションが上がらないから。2ヶ月近く走ってないからそんなモンだろう。取りあえず夕方のウォーキングだけはこなした。最初の数kmは脚の動きが悪かったけどね。

ラン (8km)

| | コメント (5)

2015年7月11日 (土)

スピットファイアと言うよりディスカスに見えた

07111 今日は朝一番から晩飯の前まで、溜まっていた仕事をやり続けた。メチャ疲れた。まだ有るので明日もやらないといけない。ハハハ。
 おかげでネタは沢山出来たけど、それらは後々少しずつ放出していく事にして今日はどうでも良いヤツから。まさお君のガソリンタンクから抜いた水混じりのガソリンの処理に関して。
 水抜き剤という物を試してみる良い機会だと気がついたので、グッデイに行って140円の水抜き剤を1本買ってきた。それをビーカーに入れた2000ccのガソリンに投入。水抜き剤は90ccと書いてある。ビーカーの底には100ccの水と思われる液体が沈んでいるので、100ccの水と1900ccのガソリンに90ccの水抜き剤を混ぜた事に成る。
07112  一瞬で溶けると思っていたら全然解けない。棒で混ぜても溶けない。仕方ないので灯油ポンプで30秒くらいグチュグチュやった。でも・・・溶けない。底には少し量を増した?ガソリンと相容れない液体が残ったまま。
 良く解らん。ガソリンタンクと結露で出来た水程度なら上手に溶けるのかもしれない。でも上記の組合せでは溶けることは無かったし、ガソリンと相容れない液体の体積が減ることも無かった。
 なんか期待はずれで悲しい。140円有ればアイスクリームくらい買えたはず。今度はママレモンでも入れて乳化させてみよう。

 晩飯を食ってブラタモリを見て紙飛行機対決を見た。今日は珍しく三男が帰ってきたので「あの人がカレンダーの人だ」と説明しながら。
 空力とかアイデアとか工作とかの問題よりも、紙の不安定さにどう対応するかで結果が大きく変わってしまう感じ。そんな環境下でもポールを5本?クリヤして勝てたのは神のご加護のおかげだろう。彼は日々良い行いをしているのだろう。おめでとう。
 主翼の平面形の話の時、スピットファイアよりもディスカスだろうと感じてしまった。一般的にはスピットファイアの方が圧倒的に知名度が高いのでそう言ったのだと思うけど、日本中のグライダー乗りはディスカスを思い浮かべたと思う。

 夕方は酷い雨だったので仕事をしていた。結構疲れたけど仕事の疲れなので疲れのバランスが悪い。せめてエアロバイクだけでも寝る前に漕いでおこう。

バイク 12km

| | コメント (12)

2015年7月 4日 (土)

学生主体かと思ったら

07041 晩飯を食べてブラタモリを見て、今日は我慢して(笑)紙飛行機対決を見た。メールどおりに歳を取った米田君が出てきて少しだけ感激した。若い頃の写真は京大のKa-6Eだろうか。
 ヒコーキに人生を捧げたみたいな紹介をされたけど、捧げたのは下半身だけだろと嫁さんと突っ込んだ。不謹慎ネタで御免なさい。
 形状記憶合金とか温めたバイメタルとかも考えていたけど、紙と接着剤だけなのでこれは駄目。変化するパラメータは時間と速度くらいしか思いつかんので、それに高度変化を追加して速度変化を極端にして、あとはそれで低剛性の操縦系を変形させるとか、レイノルズ数の変化で途中から効果を発揮する突起?を設けるとか、そんな事しか思いつかん。来週はどんな解決策が出てくるのか楽しみだ。名古屋の設計会社は風車で操舵するつもりだろうか。
 意外だったのは大学のPRとして学生がやると思っていたのに、番組的には米田のアイデアを実現するために学生が手伝う形に纏められて居たこと。TVなので実際はどうなのか解らんけど。

 画像は昨日も書いたエアコンブロワのドライバ。ブラストしたり基板を機械的に補修したり死んだ部品を交換したりして復活させた。この手の仕事は自動車屋さんはしないし、電装屋さんもやる人が少ないし、電子・電気系だけの人は嫌うし、まあ穴場的な仕事で意外と回ってきたりする。かな~り面倒だけどね。
 水が原因の一つだと解ったので、上面は接着剤でシールして下面には穴を空けた。基板と部品は保護塗料で分厚くコーティングしたので、今度は少々水が入っても下から抜けてお終いと成る予定。想定どおりに成るかな?。

 小雨が降っていたけど夕方からウォーキング。途中で雨が強くなったけどそのまま強行したら帰りは止んだ。ざまーみろ。俺の勝ちだ。

バイク 8km
ラン (8km)

| | コメント (6)

2015年6月29日 (月)

ミラクル紙飛行機 大決戦!

06291 昨日の昼頃だったと思うけど、米田からメールが来た。「NHKの地上波に出るから見ろ!!」と。いや、彼はまともな人間だから「ご興味あれば、ご覧ください。」と控えめに書いてあったけど。
 彼とは頻繁に会ったりはしないのだけど、何となくポツポツと接点が有って連絡を取り合ったりする仲。京大の航空工学科で学びながらグライダーに乗り、富士重工業で航空関係の仕事をしながらも趣味のグライダーを続け、それなりに偉い人に成った後で定年退職し、今はどこかの大学で趣味の?教授をしている。ヒコーキに興味を持った少年の生き方として、ある意味理想に近い人生なんじゃ無いか?と思ってしまう。
 まあ隣の芝生は青く見えるから本人は違うことを思っているかもしれないけど、航空工学科に落ちて機械工学科に行き、怪しい機械を作っている私から見たら十分に青く美しい芝だ。
 そんな彼が出る番組は「超絶 凄(すご)ワザ!」と言う番組。これは知っていた。「ブラタモリ」の後の番組だ。ブラタモリは晩飯を食べながら見たり食後のコーヒーを飲みながら最後まで見る事が多いけど、凄ワザに成ると5分くらいで切って席を離れてしまう。民放の劣化コピーみたいな位置づけだし、司会やナレーションの雰囲気が鬱陶しくて見続ける事が出来ない。
 でも彼が出るなら見ないわけには行かないだろう。NHKからパクッて来た画像を見る限りでは、一時期太っていたけど今は痩せて学生時代の顔に近い気がする。ストレスのない仕事で健康的に過ごして居るんだろうか、ゼミにカワイイ女子学生は居るんだろうか、色々と気になる。

06292  朝から天気がよい。昨日の作業中にアルファのテールライトAssyに水が入っている事が判明したので、今日は朝飯の後で分解して天日干しにした。
 あとは延々と半田付の仕事を続け、夕方に成って日が陰ってきたら取り込んでおしまい。水は乾いたけど侵入経路が解らない。雨ざらしの駐車なので結構重大な問題だ。真面目に取り組もう。

 夕方からはいつものウォーキング。骨折部の痛みは日に日に弱まっていく。でも他人の骨折日記を読む限りでは、骨が着いてない人でも痛みは順調に弱まっている模様。だから骨が着いていることの証明には成らない。金曜日に3回目のレントゲンを撮るので真相が明らかに成るだろう。

ラン (8km)

| | コメント (2)