2020年10月19日 (月)

ROMが焼けない

10191_20201019195201 ゆっくりで良いと言われていたので、ゆっくりやってようやく終わった3.2LのDME。 見てわかる不具合点とエミュレータで怪しかった場所は修理完了した。あとはリフレッシュ的にいくつか作業をして完成。
 さて、ROMもソケット式にしたので新しいROMでも差し込んで最終試験・・・と思ったら、PCを新しくしたのでROMライタが使えないことに気が付いた。
10192_20201019195201  ライタを買ったときのCD-ROMをどこにやったか忘れた。型番で検索したら何処かに落ちている気がするけど、なんか勢いが削がれたので続きは明日やろう。



10193_20201019195201  余り物のオクトコプタ、ホームセンターのベニヤ板なのでボルト穴の周辺が弱い。そこでアルミ板を張り付けて補強することにした。
 何回見てもよくわからんのはアームを固定するボルトの配置。上面が4本に対して下面は2本しかない。
 飛行中の曲げモーメントで考えると上面が圧縮で下面は引張。しかも上面はアゴが有るのでずれにくい。なのになぜ引張側の下面がボルト2本何だろう。
10194_20201019195201  その補強の意味を兼ねて、でっかいワッシャじゃなくて引張力を伝えられるような長い板にしてみた。
 板は薄いLアングルが有ったのでそれの1辺を切り取って利用。サッシ系なので6000番台かな?。ホームセンターのアルミ板は1000番台だろうから、こっちの方が強度があると思う。
 あと接着はアクリル系のメタルロックを使う予定。エポキシ系だとアルミが上手に接着できないけど、同じ処理方法でもメタルロックだときちんとくっつく。しかもグラム当たりの単価は安い。割とおすすめ。

10195_20201019195201 以下は業務連絡。アヤちゃんの出産祝いを持って行った。日頃の行いが良いのでアヤちゃんと息子もいて素晴らしいタイミング。
 お祝いは私が立て替えているので、手を挙げた人は2時間以内に私のスイス銀行の口座へ100万円を送金しなさい。
 ちなみに超高齢出産でしたが、母子ともに健康そうで日本の将来が少しだけ明るく成ったのを感じました。

| | コメント (2)

2020年1月 2日 (木)

バスクチーズケーキ

01021 例年通りに中村家で新年会。奥さんは会う毎に臓器の数が減ってサイボーグ化しているみたいだけど(笑)、数年前よりは体調が良さそうに見えて安心した。
 色々な面で世代交代が進んでいるのを実感した。我が家も長男の花嫁候補を連れていく事が出来た。不良地方公務員の娘は旦那とお腹の赤ん坊まで見せびらかしに来たので負けたけど、彼女の兄は永遠の子供部屋オジサン宣言をしていたので総合点で引き分けかな。
 一部の料理は例の小娘が作ってくれた。チキンの煮込みにマッシュルームとポテトを添えて食べるバスク料理と、バスクチーズケーキという洒落た名前のヤツ。表面が黒い不思議なチーズケーキが特に美味かった。私の中ではこの小娘の評価が年を追う毎に上がっている。
 ちなみに写真は海外の紹介サイトの物だけど、見た目はほとんど同じ感じで上は真っ黒。実際に焦がして作るらしいけど、しばらく寝かせる事で下の味が染み出て来るらしい。

01022  夜は妹家族も揃って久しぶりの大家族と成った。その辺りまでは平穏に過ごせていたけど、夜になって妹の旦那がトイレに行く途中でちゃしろに吠えられて飛びつかれた。
 ちゃしろは年を取った男性が苦手。苦手だから激しく吠えたり最悪の時は噛み付いたりする。前の飼い主がお爺さんだったと言う話なので、軽い虐待を受けて居たんじゃ無かろうかと思う。杖を付いた老人とかには特に反応するし。
 がぶっとまでは行かなくて良かった。爪か歯が当たってみみず腫れくらいは出来たかもしれんけど、まあ親戚なのでそのくらいは我慢して貰おう。私も何回も流血しているので。

| | コメント (2)

2019年1月 2日 (水)

フランス料理と太陽焼肉

01021 太陽電池側には充放電コントローラだけを置く事にした。取りあえず実験だけど、送電部分の電圧を高くするのが基本だと思う。




01022  DC400Vの送電線はVVF2.0mmの転がし配線。内線規程的に良いとは言えん気がするけど、現実的な面で絶対に危ないと言う訳でも無いと思う。



01023  パワーコンディショナというかインバータは台所の直ぐ外に設置した。ここからは短めの延長ケーブルで焼肉プレートへ給電する。

 ここまででセッティングして例年どおり中村家の新年会に向かった。

01024  今日はいつもと違う料理が出てきた。某便器屋というか流し台屋の娘が料理人に成っていて、彼女が2種類ほど腕を振るってくれたから。
 アペリティフはアボガドとエビ?をグチャグチャにしてクラッカーに載せて食べる様な感じ。ワインとか飲みながら食べるんだろうけど、私は飲まないので解らない。ごめんなさい。
 そしてメインはスペアリブの黒ビール煮込みに、チーズ風味のポテト添え。フランスの何処かの郷土料理らしい。良く解らんが旨ければ嬉しい。短い帰省日程なのにありがとう、そしてごちそうさま。
 そして当然ながら、いつもの中村夫人もありがとうございました。そして何時も美味しい料理をごちそうさまです。これを書いておかないと後で怒られる。

01025  まだ料理も残っていて名残惜しかったけど、16:00過ぎにさようならして家に帰った。晩飯は妹家族と太陽電池による電力で焼肉をする。
 肉は越前会長が送ってくれたでっかい固まり肉。これは昨年だったか夏だったか、送ってくれたのが凄く好評だったやつ。赤身主体で大半が油の高級品よりも私は好きだ。そして廻りの反応も良い。

01026  消費電力は1.3kW。これで1時間ほど焼肉を続けたけど、24kWhのバッテリーは全然問題ない。何となく今後の運用に自信が出てきた。
 火力とか原子力とか混じりっけの無いソーラーパワーだから、やっぱり焼け具合が素直でストレートだ・・・とか、いつもの様に中身の無い会話をしながら夜が更けた。

| | コメント (3)

2018年7月21日 (土)

DNAの引力

 今日は知り合いの不良地方公務員の娘の披露宴。我が家は全員が招待されているので一家総出で出掛ける事に成った。朝一にちゃしろの散歩に行き、婆さんは1日だけ預かってくれるデイサービス施設に預けてから家を出発。
 ホテルの駐車場が狭くて直ぐに満車に成ると聞いたので速めに出た。そしたら結構空いていて肩すかしをくらった感じ。でもこんな時に丁度の時刻を目指すと満車だったりするわけだ。人生はそんなモン。
 披露宴の前にウェルカムパーティーとやらが設定されていた。式が終わった新郎新婦や友人達と歓談したり写真を撮ったりの場らしい。朝のニュースでは死にかかわるから外に出るなと言っていたけど、案内された場所は屋外のガーデンパーティー会場。皆生のランに匹敵する暑さで、そろそろ意識が遠のく・・・と言う頃に室内に案内されて生き返った。

07211  どんな披露宴でも、若い新婦は問題なく可愛くて新郎はオマケなのでどうでも良い存在。




07212  イイ感じに盛り上がって進行する。





07213  当事者意識の希薄な新婦の父。





07214  一番ちっちゃいのが父で、一番バカなのが長男。大丈夫か?、我が家は。




 帰りにアヤちゃんの友人がやっているケーキ屋さんで、桃をまるごと使ったタルト・・・と言って良いのかどうか解らない、ほとんど桃のお菓子を食べた。かなり美味い。
07215  帰ってから引き出物の包みを開けた瞬間に嫁さんが「アーッ!!」と叫んで食器棚の方に走って行った。どうしたんだろう?と思って見ているとお皿を持ってきて並べた。
 右が割りと最近嫁さんが気に入って買ってきた皿。左が今日の引き出物で頂いた皿。ハハハ、全ての人間はDNAの力から逃れる事は出来ないんだよ(笑)。
 私と結婚した嫁さんが右の皿を選び、私の友人の娘か娘の選んだ男か知らないが、若い二人が左の皿を選ぶ。孫悟空がいくら飛び回っても、所詮お釈迦様の手のひらの上で動いているだけ。昔の人もこういった事を経験して来たんだと思う。
 それにしても凄いなあ・・・。

| | コメント (4)

2018年1月 2日 (火)

逃げるは恥にしか見えない

01021 昼頃から夕方までは中村家で例年の新年会。去年はうちの爺さんの葬式で掻き回してしまったけど、今年は誰も死ななかったので平和に時間が過ぎた。
 いつもの様に、いつものメンバーとどうでも良い話をして盛り上がった。我が儘未亡人も体調が良いようで良かった。奇跡的に結婚できた息子にも二人目の孫が生まれたみたいだし、アヤちゃん夫婦は新居を購入。あの人は何時もなんか問題だらけみたいな言い方をするけど、結果を見ると凄く順調じゃ無いか。
01022  年末からTVの再放送で「逃げ恥」が流れていた。TVを見ている時も思っていたけど、改めて目の前で見るとアヤちゃんと加藤君の夫婦はTVの夫婦にそっくりだ。顔がメチャ似ている訳じゃ無いけど、何というか全体の雰囲気はそのままだと思う。

 ちゃしろの散歩も有ったし、妹家族と全員が揃うのは今日の夜しか無かったので我が家は早めに帰ることにした。そのせいでシェフの卵の一家とは会えなかったのが残念。そう言えば新人先生にもしばらく会ってないわ。
01023  帰りに最高級の肉を買って帰り、妹家族と全員ですき焼きが始まった。帰省は現代の参勤交代なのだから、待ち受ける本家の方も最高級の歓迎をせねば成らぬ(笑)。
 お土産で貰ったパンダの東京バナナを見ながら、「パンダは東京だけじゃネエよ!、何でも東京東京言うなや!」と毒づきながらも1個食べた。
 全員独身の息子と娘を眺めてため息をつきながら、静かに正月の夜が更けて行った。来年は二人くらい若者が増え、再来年は更に2名くらい赤ちゃんが増えている事を期待して、今年の始まり始まり。

| | コメント (2)

2017年11月27日 (月)

雲泥の差

11271 最近は朝夕が寒くなってきたので薪ストーブを使っている。焚きつけを細かく割るのは嫁さんが小さな斧でやっているのだけど、その斧を見たら状態がよくなかったので研ぐことにした。
 刃先がコンクリに当たって痛んでいるのもあるけど、先端だけを研ぎ続けて居たために基本的な形状が割る斧に適して無い断面に育ってしまった事が大きな理由の一つ。
 最近はこの手の作業には躊躇無くディスクグラインダを使っている。刃先の焼きが・・・とか考えて居た時期も有ったけど、荒砥を使ってゴシゴシやっていては日が暮れても終わらない。それがディスクグラインダだと5分くらいで形状が修正できるのだから雲泥の差だ。
 勢いで中型の手斧と、この辺の形状じゃ無いけど使いやすくて愛用している鉈と、鉈鎌も研いだ。鉈と鎌はあまりグラインダのお世話には成らずに手持ちのダイヤモンドヤスリで済んだ。刃物を研いだ後は何故か気分がよい。

11272  夕方のちゃしろの散歩から帰ってきたら転居葉書が来ていた。ポップな絵柄から息子の友達かな?と思ってみたらアヤちゃんじゃないか!。
 どう見ても新築だ、しかも住所は福岡市内、スゲーな。私は田舎の古家でダラダラ暮らしているのに気合いが違うわ。こっちも雲泥の差だ(笑)。
 嫁さんとウン千万とか話ながらグーグルで場所を見た。まさに地質調査のタイミングで撮影が行われたみたいで面白い映像が見える。今この瞬間に他のヤツらも同じ事をしているだろうと思うと、自然とニヤニヤしてしまう。
 「お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください」と書いてあるので皆で押しかけねば成らん。でも歓迎するとは書いてないな。。。ローン返済の助けに成るように、一人100万くらいお祝いを持っていけば歓迎してくれるかな?。

バイク 15km

| | コメント (0)

2017年8月 7日 (月)

グッドバイ ダブルクラッチ

08071 昨日の夜作ったブロック、ちゃしろの散歩のあとで付けようと思ったけど、どうしても本体側の座が狭い事が気になって仕方がない。
 鉄板で何か対策したりすると数時間はかかってしまう。何とか良い案は無いかな?と思って思い付いたのがエポキシで窪みを埋めてしまう案。エポキシでどのくらい効果があるが疑問だけど、相手がPOM剤なのでそれなりに効果が有るかもしれん。

08072  ボール紙で仕切を作り、中にクイックメンダーを流し込んだ。気温が高いし5分硬化タイプなので直ぐに固まる。あとは表面を平らに削ってその上にPOMのブロックを締め付けるだけ。なんとか成りそうな気がしてきた。
 装着したら良い感じ。左右のガタも無くなってレバーの動きが100%減速機まで伝わっている。調整がメチャ楽に成ったのも副次的な効果だった。今までは実際の動きが少ないから調整が難しかったらしい。
 軽く試運転したら昨日以上に変速操作が楽になっていた。試乗した後で店の人に言う程じゃ無いけど、少しミッションが痛んでいる中古車という感じ。ギヤ鳴りは当然ゼロに成った。スタート時に2速を舐めなくても1速に入る。でも入らずに慌てる事も有った、これは不具合なのかタイミングで対処可能なのか今後の課題だ。5→4速が少し固い。2→1速も固いけどこれは回転数差的に仕方ないかも。
 と言う感じでダブルクラッチは不要に成った。ダブルクラッチを踏んだ方が減速時は明確に軽く入るけど、燃費も悪くなるから今後はダブルクラッチを踏むことは無いと思う。

08073  先日から少しずつ弄っている珍しい計器。あまり詳細を書くとウルサイ人がクレームを付けてくるかもしれんので控えるけど、空冷のエンジンを積んだ乗り物用の集合計器で、シリンダ温度計の様子を見てくれという依頼。
 間にアンプが有るだろう、と思っていたら何もなくて熱電対とメータが直結。単体を簡易的に測定した結果からそれでは正常に示さないと思っていたけど、コネクタとかきちんと準備して加熱して見ると意外にも200度、300度、と数値は上がっていった。熱電対って出力インピーダンスが結構低いのか。
 基本的にアンプ無しで動くことが解ってきたので、次は基準となる温度計の熱電対ときちんと熱的に結合して真面目な試験をしないといけない。

| | コメント (0)

2017年5月13日 (土)

十三回忌

05131 今日は中村教官の十三回忌。この手の用語やシステムは解りにくくて大嫌いだけど12年経過したという事か。去年の事とまでは言わないけど、数年前の事のように思っていたので凄く意外感が有る。
 過去の日記を読み返してみると、確かに2005年の5月17日に事故が起こっていた。あのときは動揺したけど時の流れは凄い。正月の集まりのように皆でワイワイ話しが出来る。奥さんも色々有るけど精神的には立ち直っているし、アヤちゃんは結婚したし、壮志には孫まで生まれた。

 最初は一人で車で行こうと思っていたけど、熊崎が来たので一緒に行くことにした。運転が面倒だったのと、白骨号にはECUの信号モニタを沢山繋いだままだったので彼のサンバーに乗せてもらった。
 自宅で読経があって昼食は波津のお店へ。結構豪華版の食事を出して貰って恐縮する。でも遠慮せずに全部食べた。この辺りの名物なのかイカも出てきた。某先輩はげそまで刺身が良いと言っていたけど、私はげそは天ぷらにして貰ったほうが好きだ。
 帰りにお土産まで貰ってさらに恐縮。帰ってから見てみるとアヤちゃんの結婚式で貰った?工房の器の様な感じ。ここの製品はうちの嫁さんのお気に入り。福津市に店も有るみたいなので今度行きたいと言っていた。私はあまり興味がないけどね(笑)。
 昔はここの家に来て、飯を食って泊まっていって、自分の将来話とかグライダーの話しばかりしていた。今日は息子や娘の話とか、孫の話とか、定年まで勤めるべきかとか、まあ年相応に話題が変化して来たのは正常な変化なんだろう。

 写真はDMEリレー試験機。何時か作ると書いていて紹介していなかったので証拠として掲載しておこう。丸ピンタイプと平ピンタイプの両方が試験できる。
 負荷は流石に実負荷じゃ無いけど、同等の消費電流と突入電流が得られるハロゲン電球を用意。最終的には実際に車載して試験が必要だけど、毎回ワニ口クリップを挟む手間から解放された。
 夜はエアロバイクをコギコギしてお終い。

バイク 12km

| | コメント (4)

2017年5月 1日 (月)

電縫管

05011 YBR125の作業はサイドスタンドの延長。古いから傾きが酷いのだろうと思っていたら、どんなユーザーサイトを見ても載っているくらいの定番トラブル?らしいことが解った。この車が想定している市場では、もっと重い荷物を常時載せていたりするから、サイドスタンドはこの位短く無いとダメなのかな?とか想像。
 他車種の長いのに交換するのが定番らしいけど、時間もお金もかかるから自分で改造する事にした。時間と値段だけを考えると買った方が良い判断に成っても、一つの楽しみと捉えたり、自分のスキルが一つ向上すると考えれば自作という選択も悪くないと思う。
05012  取りあえずスタンドを切ったら厚手のパイプだった。丁度良いサイズは手元に無かったので、3.2tの板を巻いて溶接してパイプを作って継ぎ足した。これが後の電縫管である(笑)。
 あとは残り物のシャーシブラックを適当に塗ってお終い。こんな所は誰も見ないからどうでも良かろう。問題は長くなった事でバネとのバランスが変わる事だけど、取りあえず跳ね上げてその位置に保持できて居るからOKとした。
05013  実際に立ててみると、少しスタンド側が下がった土の面でも3枚目の感じなので随分改善された。しばらくはこれで使ってみよう。

 こんな作業をしていたら軽のワンボックスが上がってきて、なにやら赤いでっかい機械を下ろして行った。こんなの落札した記憶は無いけどなあ・・・と思って見てみたら、手動で回転させるタイプのバランサだった。
05014  回転のための動力が無いから、電源は外付けのACアダプタだけ。そのへんのノートパソコン用よりも小さい。なんか面白い構成だ。
 中の基板も2段には成っているけど1ブロック構成でシンプル。電源部と思われる基板を見るとヒューズが抜いてある。どうりで全く反応が無いはずだ。一気にヒューズを入れて生きている所を壊しても困るので、電流計を入れて見ると変な感じ。
05015  取りあえず電源部を取り出して眺めて見ると単純な構成だったので修理してみた。電源基板のLEDは点灯する様に成った。ソレノイド?駆動用の電源とFETが載っているけど、そっちはまだ未確認。動くように成るかな?。スナップオンが売っていたかなり高精度のヤツらしいから、動くように成れば儲けモンかも。私のじゃ無いけどね。

 夜は早めに風呂に入り、エアロバイクをテレビの前にセットして凄ワザを見た。前回と同じ様なネタで新鮮味は無いけど、ハイレベルの戦いで内容自体は面白い物だった。米田としてはテレビ的に中々良い働きをしたんじゃ無いかと思う。意図してでは無いと思うけど。
 面白いなというか、やっぱりなと思ったのは、三人とも自分で飛んで自分で設計して自分で製作する人達だった事。他の人がやってない分野を開拓して行くには、こんな人間じゃ無いと駄目なんじゃ無いかな?と常日頃から思っている事がそのまま目の前で繰り広げられて居たから。
 MRJの技術者って、模型飛行機を作った事すら無い人が多いんじゃ無いかな?と書いたことが有るけど、まさに今回の三人の裏返しじゃ無いのか?という危惧な訳。
 テレビの画面を見ながら50分もエアロバイクを漕いだら気分が悪くなった。キツイ方面じゃ無くて吐きそうというかそう言う方向。

バイク 20km

| | コメント (6)

2016年3月26日 (土)

2.5mmのベニヤ板は切れる

03261 午前中はスイミング。クロールは前回ほどじゃ無いけどまあまあ。でも久しぶりに出てきたバタフライが全然駄目だった。駄目と言うよりも左肩が上がらない。まあ当然だ、こんな動きは全然やってないのだから。
 普段の生活では骨折の事を完全に忘れるくらいに回復しているけど、可動域の限界に近づくにつれて痛みと供に骨折を思い出す。やっぱり意識して体操とかせんと100%まで戻らんわ。

03262  今日の晩飯後もレーザーで遊んだ。ソフトの使い方が少しずつ解ってきたので、円とか星形を書いて切り抜いてみた。ガレージに落ちていた2.5mmくらいのベニヤ板を切ってみたら意外とすんなり切れたので嬉しい。
 これでPCとの連携まで含めてほぼ全ての部分の動作が確認できた事に成る。あとは皆さんがやっているように微調整してこの機械の最大能力を引き出してやる必要が有る。
 その為の第一段階として、設置場所を決めてしっかりした台を用意して、各部が水平に成るようにレベル調整して設置する必要が有ろう。本体の剛性が極めて低いので、きちんと設置せずに微妙な調整をしても意味がない。

03263_2  夕方は中村家に筍を持って行った。注文の多い未亡人が茹でて持ってこいと言うからきちんと茹でた。毎年こうだからもう慣れたもんね(笑)。
 孫を呼んでおくと言われたから期待していたら、壮志夫婦にアヤちゃん夫婦まで勢揃いで驚いた。誕生日が前後賞の孫もちゃんと居てだっこさせて貰った。もう感覚を忘れていて凄く怖かった。
 未亡人からは私のカワイイ孫を出せと言われたけど、壮志からは美人の嫁さんは出すなと言われたので苦心のアングルで撮影してみた。凛ちゃんはカワイイ。早く自分の孫が抱きたいぞ、息子達よ!。

スイム 1.5km

| | コメント (6)

より以前の記事一覧