2019年5月12日 (日)

COOLな整備士とは言えないな

05121 平成の時代から引き摺っているナローのオルタネータ。装着したけど症状が改善しないと連絡が入り、整備工場に行ってアーダコーダとやって居た。形はうちの白骨号に似ているけど、稀少な車なので値段は下手したら数十倍では済まないらしいので少々緊張する。
 空冷ポルシェはオルタネータを外すのが少し面倒。だから出来るだけ外からの試験で悪いところを絞り込んでおこうとトライし、どう考えても左図の61番端子からバッテリの+端子までの間が切れている事を突き止めた。そしてメカさんに外して貰ったオルタネータが再度入ってきたと言う訳。

05122  直ぐにテスタを当ててみると61番とB+の間に有る2個のダイオードが両方ともオープンモードで死んで居る事が判明。でも何故だろう前回の作業時はVfを測定しただけじゃ無くてフィールドコイルをフル励磁して軸を回転してB+に電圧が出る事を確認している。しかもオシロで全部の山が正常で有る事まで。。。?。

05123 何となく塗料に熱が入った感じもするけど・・・うーん、と言う感じ。 取りあえず死んでいるから交換するしかない。念のために残りのダイオードを再チェックするけど何とも無い。今回は念を入れて大電流を流して試験。



05124 せっかくなのでサイズをアップした。よく考えたらオリジナルでは6個並列と2個並列が見た目的に同じサイズのダイオードが使ってある。いいのかな?。
 交換して正常に成った。今回はこちらも大電流を流して試験したからたぶん大丈夫。


05125 可笑しいなと思いながら前回のメモを見ていて気が付いた。下に6個有るダイオードは前回も今回もVfが0.45V前後で一定している。でも上の2個はVfのメモが0.87Vと成っていた。それに対して交換した現代のダイオードではVf=0.38V 。
 うーん、気が付かなかったけど前回の時点でダイオードが死にかけて居たのかもしれない。もしかしたら既に1個は死んで居て、もう1個も死にかけてVf=0.87Vと高めだったのかも。そしてフィールドコイル側を修理したから車載後にフル発電して空に近い2個のバッテリに流れ込み、その電流に耐えきれずに残りのダイオードも死んだと。。。?。
 うちには数kWも出せるような回転試験器が無いけど、ダイオード単体に50Aくらい流して様子を見る事は可能。出来る整備士なら黙ってそこまで試験して、前回の段階で怪しい2個を交換出来たのかもしれない。
 前回の作業を駄目な整備士とまでは言わないけど、COOLな整備士では無かったなと反省。

バイク 12km

| | コメント (0)

2019年5月 6日 (月)

細かいところが気になる

05061  ミーブトラックをAC100Vで充電するとき、メーカが想定した正常な状態はこんな感じかな?。車体内でGND端子とGNDに近い方のAC入力を強制的に短絡しているような気がするけど、これは今回の主題じゃ無い。

05062  アース無しでも充電開始するように、制御ボックス内でインチキ配線した場合。




05063_1    インチキ配線したボックスを使ったけど、AC100Vのプラグを逆に接続した場合。


 

05064  AC100Vの中点がコンデンサ経由で接地してある(と想像)パワーコンディショナを使い、インチキ配線の制御ボックスで充電した場合。


05065  AC100Vプラグを逆に接続した場合。





 やっぱり絶縁トランスを付けるか、シャープの内部絶縁されているパワーコンディショナを入手して、もし出力の中間点が接地されていたらそれを外して、適当に接地側を決めて接地してしまうか。。。悩ましいな。でも下手したら死ぬなあ。

バイク 12km 

| | コメント (4)

2019年5月 4日 (土)

サイドカーに犬

05041 昨日の柴犬のお父さんから貰った鹿の角。昨日は全然興味無さ気だったけど、今日になって興味が出てきてガジガジし始めた。




05042 サラちゃんも噛みたいけど、ウーッと唸って簡単には渡さない。





05043 U子さんのお父さんがサイドカーで遊びに来た。このシチュエーションは「サイドカーに犬」をやらないといけないなあ。




05044 太陽電池の電気とデロンギで淹れたコーヒーを飲んで、お父さんは帰っていった。サイドカーは運転が難しそうだ。





05045 嫁さんのところに遊びに来ていた近所のお母さんに電話が入り、息子を迎えに行く事に。
 急いで無かったけどこの画像は「猛スピードで母は」と言う事にしておこう。どちらの小説も出てくる女の人がカッコイイから好きだ。


スイム 0.8km
バイク 12km

| | コメント (2)

2019年4月30日 (火)

平成最後はMode3

04301 今朝まではミーブトラックの充電設備はこんな感じだった。緑の箱の中にタイマが入っていて深夜時間帯だけ通電する。その下にぶら下がっているのが自作の制御ボックス。
 取り合いがコンセントじゃ無いけど、見た目的にはMode2と呼ばれる充電設備となる。

04302 緑の箱の中に純正の制御ボックスをも入れてしまうことにした。こうすると箱からはケーブルだけが出る形になってスッキリする。これでMode3と呼ばれる形になった。








04303 その過程で純正の制御ボックスの蓋を開けた。改造とかするつもりはなくて、単純にケーブルを一旦外して接続をやり替えるだけの為に。
 右側に200V入力のトランスが有る。もしかしてこれを100V入力に交換したら100Vで使える様に成るのかな?。

04304 段ボールが邪魔だけど、こんな感じでMode3の充電設備が完成した。状態を確認する術が無くなったので、表面に電流計でも付けようか。




04305 次は自作の制御ボックスの改造。今までは200V入力に正規のアース付きで使ってた。でもこれからはアースが良く解らないフローティング状態の100V入力で使う事に成る。その為の改造。



04306 取りあえず延長ケーブルで 試験した。この辺は自作時に調査と試験をしたので問題なく進む。





04307 アースは無いけど正常に充電を開始し、最大で14A程度流れて居る。これなら200V入力の2倍の時間で充電が完了する。使ってみて解ることだけど、毎回ゼロからフル充電をする訳じゃ無いからこの程度で良い。



04308  片方は九電の200Vから充電するプラグで、もう片方は太陽電池の系統から充電するプラグ。
 どちらを使うかは人間AIで決定するけど、基本は太陽電池からの充電をメインにするつもり。
 これで「EVを推進するなら原発が必要に成りますね!?」と言う声をニヤニヤしながら聞き流す事が出来る。
 最終的にはDC400Vからミーブトラックの電池へ直接ぶち込みたいけれど、それにはCAN通信とか、チャデモの事とか、パワー回路とか、色々と関連の要素技術を身につける必要が有るから簡単じゃ無い。
 しばらくはこの非効率で美しくないシステムで運用しよう。これでも間接的なソーラーカーだからちょっと嬉しい。20代の頃にやりたかった事にようやく手が届いた。

バイク 12km

| | コメント (8)

2019年4月14日 (日)

人生で起こる全ての事は運命である

 嫁さんの車は最終的にルーテシアに決まったのだけど、それまでには結構色々な事が有ったみたい。条件として、MT車、大きすぎないサイズ、大半は一人で乗るけど偶に駅まで送迎とか有るから2シーターはダメ、四駆が面白そう(意味不明)、、、等々。
 この中でMT車に関しては私も賛成だ。人生最後の車に成るかもしれない訳で、それならペダル踏み間違え事故の可能性が明らかに低いMT車を選ぶのが責任有る爺婆の姿だと思う。さらに人生に於いて常に楽な方を選択する姿勢は格好良くない。若者にだけ苦労をしろと言う年寄りは嫌われる(笑)。あとは、どこかの大学と保険会社の調査では、正面衝突以外の事故率がATとMTで2倍くらい違うのも美点だと思う。

04141 最初はランティスで世話になっているマツダのディーラーでデミオ。良くあるパターンで、整備からフロントに行って営業にさせられた担当者が対応。ガソリンとディーゼルの見積を貰って帰ってきた。
 車的には悪くない。最終的にあと20万安かったら買っていたらしい。


04142 次はジムニーシエラ。どうしても着いてこいと言うのでこれだけは私も一緒に行った。
 4人乗ると荷物が全く積めない以外は悪くない。5MTの試乗車も用意してくれたので後日近所の奥さんと試乗に行っている。でも納期が1年は流石に無い。

04143 MINIにも5MTの設定車両が有ったみたい。中古でも高年式は意外と高い。25年乗るなら10年落ちの中古はキツイ。それにオリジナルMINIが家にあったので、なんか偽物感が漂うし、車種によってはアホみたいにデカイ(笑)。

04144 アルファのmitoにも5MTが有る。カッコイイ。でも爺さんの葬式の時に私の従兄弟がmitoに乗って来たので同じは嫌。
 同じ理由でスイフトとかフィットは知り合いが乗っているから却下。



04145 自分でカーセンサーを見て小倉に変な車が有るのを見つけてきた。アウディのS1と言う車らしい。TEDを見過ぎたスイフトスポーツみたいな車。
 かなり気に入ったみたいで小倉の店まで一人で出掛けていった。買うんだろうな・・・と思っていたら半泣きで帰ってきた。今日売れたとか。ハハハ、人生だね。

04146 最近は外車の方がMT車の比率が高いんじゃ無かろうか。昔は最高グレードしか輸入しない事が多かったけど、最近は下位グレードの只のMT車も売っていたりする。
 プジョー208、私は悪くないと思ったけど、嫁さんと息子の意見はルノーの方がカッコイイ。
04147  ルノーに行ってみたらトゥインゴにも5MTが有ると、凄いなルノーのやる気は。でも自分の年齢的に少々ポップ過ぎると感じたらしい。うん、自分が良く見えているよ。
 で、ルーテシアに息子と息子の彼女まで入れた5人で試乗して決定したとか。話を聞く限りではデザインだけで決めた印象を受けた。25年前?に私がランティスに決めたときもスタイルが9割だったから同じだ。
 性能は直ぐに陳腐化するけど、気に入ったデザインはその人の中で何時までも輝き続ける。パートナーを見た目の印象で決めるのは正しい判断方法だと思う。ただ車は変わらないけど人間の場合は年月と共に形状が変化するので注意が必要だ(笑)。そう言った意味でも森高は偉いなあ。

バイク 12km

| | コメント (6)

2019年4月13日 (土)

ハーフボイルドな女

04131 昨日の話だけど、夕方のちゃしろの散歩から帰ってきたら小豆色の車が止まっていた。嫁さんの新しい車だ。
 ランティスに色々と不具合が出てきて、何回かディーラーで治して貰ったけど完治しない。今のフロントが指示して作業員が作業する方式では治せない領域の故障だと思う。あとは自分でやるしか無いと思っていたけど、仕事をしながら白骨号と両方の重整備をこなす力量が無かった。
 私も嫁さんも息子達も愛着が有ったのだけど、今のランティスは私の趣味の車じゃ無くて嫁さんや家族の実用車。買い換えざるを得ないと思う・・・と言われて素直に同意した。

04132 新しい車は嫁さんがほぼ100%使う事になる。だから彼女の車だと言えるわけで、選定から手続きまで彼女がやるのが好ましいと思った。だから私はノータッチで、基本的に嫁さんと息子達と大坂なおみチャンで決めたみたい。
 車は見て解ると思うけどルノーのルーテシア。グレードは一番安いゼンのMT車。デミオやスイフトをルノーが作った様なモンか?。
決めるまでの面白い話は明日にでも書いてみようと思う。

04133  書いたことが有るような気がするけど、広島の家の近くに薬剤師一人でやっている調剤薬局が有った。そこのオネエサンがランチアデルタHFインテグラーレに乗っていて時々薬局の前に止めてあった。詳しい性格までは知らんけど、ハードボイルドな女だなあと思って見ていた記憶がある。
 このルーテシアはシャレード並の900cc過給三気筒エンジンに後輪ドラムブレーキ、ナビも無くて素の5速マニュアルトランスミッションの組合せ。メガーヌRSほど固茹ででは無いし方向性が違うけど、アクアの最高級グレードほどぬるくもない。或る意味ハーフボイルドな女だなあと思って眺めた。

スイム 1.0km

| | コメント (7)

2019年4月12日 (金)

朝から森高

04121 ちゃしろの散歩から帰って朝飯を食べ、珈琲を飲んでメールを読んだりしていたら嫁さんが「大濠公園!」「森高!」と叫ぶ。何かな?と思って見に行ったらNHKのあさイチに森高が出ていた。
 仕事もせずに「朝から素晴らしいじゃ無いか」と思いながら見ていたけど一向に終わらない。これじゃ中途半端な森高特集よりも充実しているなと思いながらずーっと見ていた。

04122 近江チャンが振って一人旅がしたいとか言わせていたけど、もしかして鶴瓶の番組に出たりするんだろうか。でも森高が熊本地震の被災地へ・・・ってベタすぎて私なら企画段階でボツにするな。
 もう1時間以上森高と福岡と熊本の話ばかりしている。全国放送は東京の話が中心と思っている東京人が怒るんじゃ無いかと心配してしまう。途中でちゃしろの注射の時間が来たから行ってきたけど、帰ってからもまだやっていた。今日のNHKは凄いな、どうして森高と結婚しなかったんだろう、そんなことを思いながら最後まで見続けた。

04123 番組の途中でちゃしろの狂犬病予防接種に行ってきた。直ぐそこに見えている公民館なので注射も入れて10分くらいで終わる。
 ライバルの秋田犬にも会ったけど、今日は他の犬が多かったからかお互いにガウガウ成らなかった。去年も会ったバグ犬の兄弟?と鼻をツンツンして仲良さ気。


04125  帰ってから忘れないうちに鑑札札と小屋のシールを貼った。シールには2019年表示があってようやく役所も西暦に移行したかと感心したけど、よく考えたら印刷時期に元号が解らなかっただけのような気がする。
 これでシールが4枚に成ってちゃしろの位がまた一つ上がった。何枚まで一緒に暮らすことが出来るんだろう。


04124 夕方の散歩で何回か会ったことがあるアルファのオネエサンに会った。この人は美形のアルファ乗りでカッコイイし、金網越しにちゃしろをヨシヨシしてくれるので、私もちゃしろも大好きだ。
 良く見るとジュリエッタがジュリアに変わっていた。「車、変えたんですか?」と聞くと「えーっ!、解ります?、うれしー!!」と凄く喜んでくれた。我が家にスパイダーが有ることや、ちゃしろを乗せてドライブする事を始めて話した。
 それにしてもこの女性は何物だろう。運送会社の事務員と思っていたけど田舎の事務員がジュリエッタからジュリアに買い換えたりしないだろうし、スパイダーとかカクカクのセダンの話が通じるのが普通じゃない。だいたい新車のジュリアなんて安くて600万コースだろう?。

 今日は朝から夕方まで良い気分で過ごせた。毎日がこんな感じで過ごせたら幸せだ、神様ありがとう。

バイク 12km

| | コメント (0)

2019年4月11日 (木)

予想より綺麗に成りすぎた

04111 311に始めた水没車のダイナモ、 普通はやらないのだけど錆が酷いので一部の部品をメッキに出した。それが上がってきて細かい部品も揃い、フィールドコイルも出来上がったので組立を開始。
 グローラのような物で調べてみると、ロータの巻線が1個だけ怪しい感じ。でも今の私の技術でこのサイズのロータを巻き替える事は出来ないし、1個が怪しいくらいなら取りあえず組み上げて全体の特性を見ても良かろうと思ってコンミュテータの研磨だけ。
04112 子ねじ類も綺麗に成った。メグロのダイナモは時々入ってくるので、電極のネジだけでも単体で作ってメッキして在庫しておこうかな?とか考え中。




04113  まずはモータリング試験で全体の雰囲気を掴み、しばらく運転してブラシの馴染み出しもやっておく。
 画像にあるでっかい抵抗はフィールドコイルに直列に入れて界磁弱め制御をしている。こうやると回転数が高くなるからブラシの馴染みが速く出んだろうか。良く解らん。
 自作したブラシスプリングも中国から買ったブラシも今のところ調子が良い。もうちょっと試験して納品だな。

バイク 12km

| | コメント (2)

2019年4月 8日 (月)

FETの二機がけ

04081 半導体式DMEリレーで、何が原因か解らないけど不具合が有ったので対策品というか原因を見極める為の代品を作ってみた。

 症状としては2ヶ月ほど使った頃、キーをオフにしても燃料ポンプが回り続ける様に成ったとの事。オリジナルの接点式に戻したら治るらしいので半導体式が常時オンに成っている可能性が高い。
 この回路は今までに100個までは行かないけど50個以上は出ている回路。把握できる修理工場経由が多いけど把握できない個人への販売もそれなりに有る。そう言う状態で初めての話なので、もしかして車両側の消費電流が過大なのかもしれん。でも色々な可能性を考える必要が有るから対策品の製作。
 最初は同じ物を送ろうとしたけど、それでは車体側の電流が過大で有った時に同じ事の繰り返しに成る。簡単にできる対策としてポンプ回路のFETを2個並列にしてみた。これでピーク電流は2倍くらいまで上昇した事に成る。熱的には変わらないのでこれでいけるならピーク電流の問題。これでも駄目なら長期間の放熱の問題と切り分けが出来る。
 まあ遠隔地でユーザーに依頼しての作業なので少しだけ不確定な要素は有るけど、メールの遣り取りをした感じでは良く解った方と感じたのでお願いしてみよう。

 このリレーが制御するポンプだけど、BOSCH製のタンク外に付く燃料ポンプ。形は一緒でも色々な仕様が有るし、いまは見た目だけ巧妙に作られた偽物まで有るらしい。さらにブラシ式の直流モータなので、不具合や負荷によって電流はナンボでも上がる。
 原因が解ってもどういう対策にするか、長期的に何処まで対応できる製品にするか、その辺りはトラブルシューティングとは別の難しい問題が有る。

バイク 12km

| | コメント (0)

2019年3月30日 (土)

BOSCH様も本望だろう

03301 手と作業場がガソリン臭く、ついでに白骨号から外した燃料ポンプを分解してみる事にした。これは白骨号を組み立てて車検を取って数ヶ月後、走行中にエンストして冷や汗をかき、たぶん燃料ポンプ臭いなと思って新品に交換したヤツ。
 カシメ構造なので丁寧にカシメを起こして分解してみた。コンミュテータが減っているけど特に悪いところはない。交換しなくても良かったかな?と思い始めた時に凄い物を見つけてしまった。



03302 写真では解りにくいので着色したけど、緑のライン上は銅がすり減って下地の樹脂が出てきていた。ここまで使い込めばBOSCH様も本望だろう。
 でもこれは危なかった、原因に関する判断は正しかった事が証明されたけど、その後で2stオイルを添加しただけで大分までアヤちゃんの結婚式に行ったのは判断ミスだ。いやあ、運だけで生きている男だなあ(笑)。



03303  他の作業も少しだけ。例の水没したメグロのダイナモ。錆で?失われていたブラシスプリングを作った。まあ悪くない感じに出来たのでOKとしよう。





03304 オリジナルのホルダは黄色のクロメートだけど、この状態ではどうにも成らないので耐熱塗料の銀色を塗って誤魔化した。まあ良かろう。





スイム 1.0km
バイク 12km

| | コメント (0)

より以前の記事一覧