2017年9月22日 (金)

JWL-Tは強そう

09221 ちょっと訳あって我が家に軽トラ?用アルミホイールが来た。13インチだから軽トラ用と言うよりも軽貨物用かな?。
 知らんかったけど乗用車と貨物は規格が違っていて、「JWL」マークじゃ無くて「JWL-T」マークと言うのが有るらしい。確かにこのホイールにはそのマークが付いている。
 持っても質量を感じるし各部の肉厚を見ても丈夫そうに見える。このあたりが「-T」マークたる所以だろう。大きな歪みとかは無さそうだけど、リム部にキズが有る。雰囲気的に手組で脱着をやったのか、よほど下手な作業者が最初の引っかけを何回も失敗したのか。
09222  まあエアーが漏れる場所じゃないのでヤスリとか紙ヤスリでなだらかに修正し、耳が当たる場所はワイヤーブラシで綺麗に掃除しておこう。
 そうだ、バルブを引き上げるツールを作ろうと思い、真鍮製のキャップに穴までは開けたけどそのままに成っていた。もう何処に行ったか解らんかもしれん。明日探し出して適当な棒と組み合わせて早急に作っておかねば。

| | コメント (0)

2017年9月21日 (木)

ブラケットが待っている

09211 一部の人が反応しそうな写真。手作りで試作をして最終形状を決め、精密鈑金工場で生地まで作ってもらい、次にメッキ屋に持って行ってここまで出来た。
 このブラケット、あとはコイルを2個付けて樹脂で固めたら完成だけど、その次がなかなか進めんのよ最近は。でも色々な事が少しずつ前に進んでは居るので、まあ何時かは出来上がると思う。
 コイルも巻くのが面倒だから最初のうちは既製品のリレーとかから流用の予定。でも最近はだいぶコイル系の巻き物?にも慣れてきたので、数年後にはゼロから巻いたピックアップとか出来るかも。
 取りあえず寒くなる前に1個だけでも組み上げて、途中で止まっても良いように変なオッサンのガレージまで試走に行こう。10月中にできるかな?。

| | コメント (4)

2017年9月19日 (火)

アルファとスバルの関係

09191 今日は婆さんの診察の日。前回は午後が全て潰れたので覚悟して行ったけど、少し時間をずらしたのが良かったのが前回ほどじゃ無かった。
 薬の副作用かもしれない症状と、それとは逆に新たな麻痺?とも思える様な右手の不具合。先生も少し悩ましげな表情で話を聞いてくれた。次に麻痺が起こったら直ぐに九州医療センターに行きましょうとのこと。小さければ解らないかも知れないけど。。。と。

09192  そんなんで面白そうな事なんか何も無いので、アルファのシフトノブを交換した話でも書いておこうと思う。
 アルファを入手した時にはいかにも社外品のアルファエンブレムが付いた木のノブが付いていた。私はこれが嫌いだったので100円か500円か忘れたけど、同じパターンの安物に交換していた。
 でも所有者である長男が「メチャカッコワルイ」と文句を言うので新たなノブを物色していたわけ。純正とかメチャ高いし、それっぽい雰囲気のヤツも高い。しばらく探して面倒に成って止めていた。
 でも何かの拍子にMonotaROでシフトノブと検索したらスバルのインプレッサのヤツが出てきた。見た目はそれっぽい癖に1,600円くらいと激安。他に買う物が有るタイミングで購入し、盆前からずーっと車内に投げて居たけどようやく交換したという訳。
 1枚目が交換後だけど何の違和感も無い。2枚目の箱がスバルの箱で、下にあるグレーのノブが車種不明の安物。1,600円で有るなら最初からこれにすれば良かったよ。

| | コメント (2)

2017年9月14日 (木)

フロントスピーカも交換

09141 白骨号のスピーカ交換作業。フロントの16cmが来ていたので朝一に交換した。真面目に作業するとパワーウインドウのスイッチ配線が面倒くさい。何故ならコネクタ取り合いじゃ無くて1本ずつ平形端子で接続して有るから。ポルシェの電気屋の頭の中は解らん。
 と言うことで、この部分を分解せずにドアの内張を吊り下げた態で交換した。スピーカ自体は穴位置を少しずらすくらいで済んだので直ぐに終わって良かった。
 音ははっきり変わったけど、良くなったか?と問われたら良く解らん。いや本当にしばらく聞いていたら耳が慣れるのかどっちが良いとか悪いとか関係が無くなる。音楽の道に進まなくて良かったよ。

09142  仕事関係で面白そうなのは356のタコメータ。何処かのコンクールで優勝したりポスターに載ったりする車のヤツ。同型車じゃ無くてまさにその車から外したヤツだから手が震える。
 不調の原因はメータのオイルが内部に回ってしまったからだけど、シャフトは不思議と焼き付き気味で痛んでいる。不思議で堪らなかったけど、しばらく構造を見ていくと何となく解った気がした。
 メータ内にはオイルの進入を防ぐ機構は無い。だからシャフトとか各部の組立時には極力油を少なくして組みたかったんじゃ無かろうか。その結果焼き付き気味に軸が痛み、さらにしばらくしたらフレキシブルケーブルから油とかグリースが上がって来たと。
 シャフトの痛みとか細かい所をどう処理しようか考え中。

09143  最後は我が家のダイニングでスリッパを咥えるちゃしろ君。どう見てもライオンにしか見えん。嫁さんはちゃしろのする事ならなんでもOKなので、破壊されるスリッパを笑って見ていた。



09144  試しに取り上げようとしたらこんな顔に成る。なかなか面白い。最近は少しずつ涼しくなってきて、コイツは元気だ。

| | コメント (0)

2017年9月13日 (水)

ギンギラギンにさりげなく

09131 メッキ屋さんに新たな依頼品を持っていったら、356のダイナモボディーが既に出来ていた。作業のタイミング的にピッタリだったみたい。お金は払ってないけどそのまま持ち帰って組み上げた。
 内部は予想通りに痛んでいて、フィールドコイルの保護テープ類はボロボロ。ボロボロと言うよりもポロポロが近い。でも小さなPC文字では「BO」と「PO」の見分けが付きにくい。
 ロータ側の巻線も少しだけ痛んでいたので、そこはワニスを含浸してなんとか誤魔化した。コイツのロータはまだ巻き替えが出来んし、もし出来たとしても巻き替える程の痛みじゃ無いと思う。たぶん問題なく行けると思う。
09132  外周部のキズは凸部が無くなる程度まで削って磨いた。そのせいか思ったほどキズがギラギラ目立って仕方がない・・・と言う程じゃ無い。でもオリジナルのドブ漬け亜鉛メッキ的な色合いの方が私は好きだ。
 手間をかけて色々調整して貰えばオリジナルに近い色合いに成るかも知れんけど、今の工場は工業製品を大量に処理するのがメイン。その合間にドリドリ君とか電装品の作業を入れてもらっている。1個に特別な処理を頼むのは難しい。しばらく使うとくすむから、ギンギラギンが嫌いな人は我慢して貰おう。

09133  秋月のロードセルが来た。内部はブリッジだと想像して赤黒に電源を繋ぎ、白緑にテスターを繋いだ。手でグイーッと曲げるとテスターの電圧が変わる。素晴らしいじゃないか、540円の癖に。
 あとはこの電圧を増幅して取り出し、回転体の位相を検出したフォトインタラプタのパルスと合わせてゴニョゴニョしたら動的なアンバランスが解るはず。。。たぶん。

| | コメント (2)

2017年9月12日 (火)

ツイーターは要らない

09121 朝一に車体側のコネクタを交換して新しい中古のスピーカに交換した。オリジナルは両方とも250型の端子だったけど、新しいスピーカはプラスが187型でマイナスが110型とめんどくさい。
 上からメッシュのカバーを付けたら内部に2ウェイのギトギトしたヤツが入っているとは解らない。私は厳密なオリジナル主義者では無くて軽いオリジナル主義なので、この程度なら何ら問題ない。

09122  昨日の夜のことだけど、2種類のスピーカを任意波形発振器に繋いで試験してみたら面白かった。二つのスピーカの違いと年寄りの耳の劣化に関して。
 まず古いスピーカは時々音が途切れて居たけどこれはどうも端子の接触不良だったようだ。スピーカ単体では途切れる事は無い。周波数的には1kHz辺りでは両者の音は同じだけど、3kHz辺りでは古い方が大きい。それより上は急速に音が小さくなり、9kHz辺りでは明確に新しい方が大きな音が鳴る。それ以上は私の耳が聞こえなくなって、新しいスピーカでも13kHz辺りが限界でそれ以上は聞こえない。
 まあ出力インピーダンスが50Ωの発振器をダイレクトに4Ωのスピーカに繋いで居るので、そもそも3kHzと13kHzで同じ強さでコーン紙が動いて居るのかすら定かでは無い。でも今回の目的は新しい中古のスピーカから音が出るかどうか、2ウェイのネットワーク?はコンデンサ1個だけだけど、これがチャンと働いてツイータからも音が出るかどうか、そして古いヤツは何が悪かったのか・・・。辺りなのでアンプを繋いだりはしなかった。
 まあ完璧な周波数特性のアンプを持ってきた所で、私の耳は13kHz以上は聞こえなかったと思うし、例え聞こえても小さな音で3kHz辺りとは大きな差が有ったはず。そう考えると年寄り向けのスピーカは適当なフルレンジが1個だけあれば良さそうな気がする。どうせ聞こえんのだから(笑)。

 交換してからテープを再生して見たらはっきり違っていた。単体ではっきり差が有るのだから当たり前か、まあ効果が有って良かった。そして今度は前の右が籠もった変な音なのが気になりはじめた。これは最初からで、破れたコーン紙にコピー用紙を貼り付けて修理したり滅茶苦茶なので仕方ない。
 前に関しては普通の16cmが入るみたいなので選択肢は沢山ある。既に適当に一番安いヤツを注文しているので今週中には来るだろう。

| | コメント (0)

2017年9月11日 (月)

虐待の跡が認められる

09111 溜まっていたダイナモ、ようやく着手して分解したけど程度が良くない。1枚目の写真まで分解するにも、表と裏のカバーがきつくてなかなか取れなかったし、界磁の鉄心を固定している皿ビスとか外すのに3日くらいかかった。
 まあ3日間ずーっと外す作業をしている訳じゃ無いけど、どうやろうかと考えて試してみたり油を染みこませる等の準備をしたり・・・で時間が掛かる。
 外側が錆びていて、しかもその錆が長期間の放置と言うよりも水没か水がかかった様な錆び方だったから嫌な予感がしていた。まあ予想通りの結果という事だ。
09112  1枚目は界磁コイルの接続部が見えている。普通はこんなコイルから出て直ぐの場所では接続しないし、ケースとの間に絶縁紙を入れだだけでよじった部分が丸見えの状態にもしない。ここは最低でもコイルに巻いてあるテープを剥がし、最外周の1ターンを解してまき直す必要が有る。内部も痛んで居れば全部巻き直しだ。
 2枚目は錆を落として居たらどんどん出てくるケースのキズ。普通に作業したくらいでは絶対に付かない様な場所に、付かないような形状のキズがたくさん付いている。訳が解らん。頭にきて廃材の山に50回くらい投げ込んだりしたんだろうか?。
 再メッキでピカピカを希望らしいけど、これだけのキズにメッキしたら目立ってしまうかもしれん。メッキはエッジ部等に多めに付いて強調されるから。

09113  白骨号のエアコンモータとか時間が必要なので諦めて、直ぐに終わりそうなリヤスピーカの交換をしてみた。楕円とか流行らないのか安い新品が少なく、試しに中古の安いのを買ってみた。
 ビス穴が合うかどうか不安だったけど、上に付いているプラスチックのプレートを外したらピッタリ合った。たまには良いことも有るもんだ。
 一気に付けてしまおうと思ったけど、端子のサイズに大と小が使い分けて有り、暗い車内で圧着するのは躊躇われたので錆びたビスの再塗装だけやって風呂に入って寝ることにした。

| | コメント (0)

2017年9月10日 (日)

エアコンは断念

09101 白骨号のヒーターブロアモータ。巻き替えが何とか完成したのでホッとした。この勢いでブロア関係のモータを全部やってしまおうと思い朝からスタート。
 まずはヒーターのアディショナルブロアのチェックから始めた。写真は無いけど室内足元左右に設置してある小型のブロアAssyを外し、消費電流のチェックと軸受への給油を行った。
 消費電流は特に増加して居なかったけど、軸受のフェルトはそれなりの量の油を吸い込んだ。BOSCHに比べて国産品はこのフェルトの体積が5倍から10倍は有る。ここだけを見てもモータは出来るだけ国産車の流用で行きたい所。

09102  次にフレッシュエアブロア。これは調子が悪くなっていて、弱では回らない事が多くなってしまった。このモータも入手時は焼けこげて板のだけど、ブラシホルダとか全部再製作して再生したヤツ。そろそろ限界と思ってモータを入れ替える事にした。
 入れ替えたのは8日の記事で3枚目に掲載していた5個のモータのうち、1個だけ上の段に置いてあるヤツ。たしかスズキの軽だったと思うけど忘れた。
09103  形が似ていて小改造で入れ替えが出来た。これは素晴らしい。オリジナル主義者で有っても外からは見えない所だから、この改造は割りとお勧めできる。
 しばらく13Vの全開運転をしたけど発熱もオリジナルのBOSCHよりも明らかに低い。これで安心して全開ができる。ただブラシを作るのが面倒だったのでブラシを交換していない。近いうちにブラシの交換だけやらないといけない。
09104  取り付けたらこんな感じで何も解らない。2本見えている怪しい配管は、エアコンの冷気をデフロスタに回す配管。これをやってから室内の曇りで悩むことが皆無に成った。製作が少々面倒だけど、雨の日も関係無しに乗る人にはこの改造もお勧めしたい。


09105  最後はエアコンのブロア。左側の太いモータを使おうと思っていたけど、このモータの固定が面倒でしばらく悩んだ。悩んでいたら夕方に成ってしまって晩飯の時間になったので今日の所はお終い。
 ファンAssyと車体側のパイプを繋ぐ蛇腹ホースがボロボロに成っていたので、手持ちに有ったゴム板を巻いてパイプを作ってみた。接着剤が乾いたら挿入してみよう。

09106  エアコンに関してはしばらく出来ないと思うけど、これから冬にかけてヒータは復活したので一安心だ。

| | コメント (0)

2017年9月 9日 (土)

細かいノウハウの積み重ね

09091 午前中はスイミング。先生の都合でレッスンは休みだったけど自主トレで行ってきた。久しぶりに自分の練習として1時間半くらい泳いだ。ちょっとやる気が出てきた。
 数年前に全く泳げない状態で入会してきたオバチャン。先週のレッスンでは25mを60秒サークル8本に付いてきた。そしてその人が今日も自主トレで来ていた。やるなあ。

09092  昨日は時間切れで中途半端に成っていたヒーターブロア用モータの巻き直し。帰ってから集中してやってみた。遊んでばかりと言われそうだけど、これが出来るように成ると仕事の幅が広がる。
 解りにくい例えをしてみると、溝や小川を見る度に飛び越えて遊ぶ子供と、何もしない子供。その二人が走り幅跳びの試験に挑戦するとき、何もしてこなかった子供がどれだけ真剣に取り組んでも勝ち目は無い。
09093  心の中でそんな言い訳をしながら試行錯誤。モータの巻き直しの手順書とか持たないし簡単には手に入らない。しかも製作時のやり方と修理のやり方は材料や工法に違いが出ることも多い。と言うことで色々な方法を試しながら巻いては解しを繰り返した。
 最終的にはオリジナルと同様に、通称「ファイバー」と呼ばれるシート使ったやり方が良いんじゃ無かろうか、と言う結論。取りあえずは自分のモータだからしばらく実際に使って見れば解る。
09094  取りあえず巻き方を間違えずに、シャフトとの絶縁も良好な状態で巻き上がった。仮組して試験したら回転数とか電流値も良い感じ。これでしばらく実使用の試験をしようと思い、コンミュテータのカシメ部を半田付けし、ワニスを含浸して乾燥硬化させた。


09095  組み立てて改めて電流とかのデータを取り、ファンAssyにしてから車体に取り付けた。以前も感じていたけど「ジーッ」と言う音が大きい。
 これはボールベアリング化してからだ。丁度よいブシュが有ったらブシュ方式に戻してみたいけど、ブシュの入手もハウジングの再生も面倒なのでしばらくはこのまま行こう。

09096  取りあえず最低限の巻き替え作業はできた。次の問題はバランス取りだ。実際のロータは動バランスが取ってあり、一部を削り取ったり反対にエポキシパテみたいなヤツが追加して有ったりする。
 まあ一気に動バランスは難しいと思うから、最初はナイフエッジでも用意して静バランスでも取ってみようと思う。いやいや、こんなに軸方向に長いものを静バランスで済ます事は無理がある。
 うーん。左右の軸受の下にロードセルを置き、出力をオシロで見たら何か解るかも?。

09097






スイム 2.0km

| | コメント (9)

2017年9月 8日 (金)

方針変更

09081 白骨号のリヤブロアの調子が悪い。だいたい症状は想像がついている、元々が捨てて良いような状態だったモータを、大手術の繰り返しで無理矢理使い付けて来たヤツ。今度は焼けていたロータがご臨終だろうと思った。
 そして開けたのが1枚目の画像。以前から焼けては居たけど、最も黒い部分の色が本当の黒に成っている。見事に焼けこげて見た目だけでも死んでいることが解る。
09086_2  そこで良い機会だと自作したグローラのような物を引っぱり出してきて、ロータの状態を調べてみた。すると教科書に書かれているような鉄片が吸い付いたりトラブル事例そのままの状態が再現された。
 これは凄い。今まで正常なロータしか試験して無かったから異常時の本当の反応を始めて見た。うん、使える道具だ。きちんとしたケースに入れておこう。

09082  このモータは国産のブロアモータに交換しようと思い、いくつもモータを手に入れては試験や検討を繰り返していた。そしてどんな改造をしたら良いかも、それなりの案までは出来ていた。でも、純正部品の値段を見てから気持ちが変わった。
 純正のAssyだと10万円を超える。社外品でも4万とか5万の世界。モータだけでも社外品が2万コース。出るだけ凄いけど私には買えない値段。そう考えると今のモータを潰す勇気が無くなった。
09083  ロータを巻き替えてみようと思い、メモを取りながら分解を始めた。見事に中まで焼けていて、絶縁用のファイバーも炭化している。



09084  取り出した線はこんな感じで、被覆はポロポロ剥がれて行く。これじゃあ内部ショートするはずだ。




09085  配線と絶縁物を全部取り去り、所々ずれてしまっていた積層された心材を修正した。折れて失われた部分は仕方ないのでそのまま。磁力の事を思うと何でも良いから隙間に鉄を詰めたほうが良かったかも。
 時間があまり無いので今日はここまで。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧