2019年7月21日 (日)

部品が来た

07211 昨日記事を書いたら素晴らしいタイミングでアメリカから部品が来た。トランクカーペット、FRのブレーキリペアキット、FRのブレーキホース、Fストラット固定のピン、チェンジレバーのブシュ2種、ウォッシャーポンプ、エアフィルタ、フューエルフィルタ、で送料を入れて5万弱と言った感じ。


07212 まずはトランクのカーペットを敷き詰めてみた。一番安いのにしたら材質的にホームセンターのフェルトと大差なかった。縁も切りっぱなしなのでもう少し高いヤツの方が良いかも知れない。
 でも高いヤツでも質感を確認して買うことは出来ないので、バクチ的な要素は排除できん。


07213  固定用フックが止まらないと書いている人が居たけど、私のヤツは全部固定する事が出来た。ブレーキのリザーバタンクの辺りが少々カッティングが悪い気もする。
 これが痛んできたらこれを型紙にして新しいのを作ろう。でもそれは20年以上先の話だと思うので、その頃私はあの世か惚け老人だから関係ない。

07214  買った時にダダ漏れだったのでインチキO/Hしたポンプ。少しずつ漏れて来たので交換する事にした。6年も使ったんだからもう良いでしょと言ったところ。




07215 こっちも買ってから一回も交換していないエアーフィルタ。安いんだからもう少し頻繁に交換してやっても良かったと思う。





07216 こっちも買ってから交換してない燃料フィルタ。買ったときに外して逆洗した。インジェクションで結構重要な部品なんだから、もっと速めに交換して置くべきだと思う。




07217  後はブレーキだけど雨も降っているし今日中に終わりそうに無い。リフトにセットだけして後はリフト横の土地を整地した。
 ここは木が植えてあったのだけど、その木を切って抜根した後で大まかに整地していた場所。土がだいたい落ち着いて来たので平らにしてみた。
 全部人力でやったのでメチャ疲れた。平らに成ったら解ったけど、この場所に軽トラぐらいなら置けそうだ。もしかしたらルーテシアも置けるかもしれない。

バイク 12km

| | コメント (0)

2019年7月20日 (土)

好きなアメリカ

 アメリカの車部品の通販屋さんでペリカンパーツに白骨号の部品を注文した。車検整備で破れてしまったブレーキのブーツとか、ついでに交換しようと思ったブレーキホースとか、みすぼらしい自作品だったトランクルームのカーペットとか。
 ポルシェの部品は純正品も出るらしいが、私みたいな貧乏ユーザーを対象に社外品も沢山出ている。今回買ったのも大半はその社外品。多分日本国内で117クーペを維持するよりも、安価に安直に維持できていると思う。
 買い物をするとその店からDMが来るわけだけど、その中に面白そうなリンクがあったので行ってみた。そしたら予想通りに面白くて紹介しておきたく成ったわけ。それはこの「今日なに修理した?」的なスレッド。
 時々場違いな車の事を書いているヤツも居るけど、基本的にどうでも良い車以外の話題が流れて行く。数ページ目には指先を失ったオッサンの写真が出てくるのでグロに弱い人は注意だけど、基本は田舎者であるアメリカ人の姿が見えて面白い。と言うかこういう部分は好きだ。

07201  こっちは嫁さんの実家から送られて来たアメリカ土産。チョコレートウエハースと書いてあるけど味はいかにもアメリカ!で、1割のココアパウダーに9割の砂糖を混合して作った様なクリームが入っている。
 好きだと思ったのは味じゃ無くてパッケージ。古い人間にとって普通にしか見えないけれど、最近の日本のお菓子を思い浮かべれば明らかに違うことが解る。
 そう、最近の日本のお菓子は個装というか古い言葉で言うと上げ底というか、無駄で、食材の量を減らして、プラスチックゴミを増やす方向が激し過ぎる。物によっては数年前の半分くらいしか量が入ってない物さえ有る。
 偉そうにマイクロプラスチックの規制でリーダーシップを・・・とか言っているけど、大量消費の国アメリカ様よりもプラスチックまみれじゃないか。もうシンプルな梱包の品物しか買わん様にしよう。
 まあ全部が全部、アメリカが好きな訳じゃない。でも特に技術的な物が絡む案件で、アメリカとか海外の国の方がスマートだなと感じる事が多い。大昔にオシロを修理したときや、物を買おうとして外資の方が相性が良いと感じたとき等。
 小さい頃からこんな感じだった訳じゃなく、年を重ねるに連れて海外の方がスマートで自然な感じがしてきて、それと同時に日本に息苦しさを感じるように成ってしまった。どうしてだろう、不思議だ。

スイム 1.2km
ラン 4km

| | コメント (2)

2019年7月19日 (金)

車検の細かい所

 今回の車検で今までと少しだけ違った事が有った。忘れないうちに書いておこうと思う。

 車台番号の確認は毎回きっちりあるけどエンジン番号の確認は有ったり無かったりだった。今回はエンジン番号もしっかり確認された。変なエンジンに載せ替えたりしてないからドキドキする事は無いのだけど。
 前後の全ての車に対しても同じだったけど、運転席と助手席の窓の全開と全閉を確認していた。そして車内を覗き込んでエンジンをオンオフ状態で警告灯類の動作を確認。玉抜きなんかで誤魔化す事は難しい。サイドブレーキとかウインカー、ハイビームのインジケータも全部確認。発煙筒は助手席に転がして居たら何も触れられなかった。
 測定器での検査は今まで通りで何も変化無し。下回りも特に何も変化は無かった。本来は外観検査か下回りの時に見るのだろうけど、アルミホイールの純正マークが見えないと指摘された。国産じゃ無いからJWLとかJWL-Tマークは無いけど、今までは見た目?でOKだったのに今回は厳しい。
 新規計測ラインに移動してマーク探し。ホイール内側面に、三角形の中に「P」マークが有るはずだけど見つからない。見つからないと言うよりもディスクとかカバーが邪魔で見えない。。。私まで寝転がったりハンドルを切ったりして、相当時間が掛かったけど何とか見つける事が出来た。
 途中で検査員が部屋に入って「○○の内側・・・」とか言いながら出てきた。どうも純正ホイール毎にデータベースを持っている見たい。でもホイールを外してまでは見なかったので、悪意が有ればテプラで同じ様なマークを打ち出して貼り付けておき、周囲の段差をパテで埋めても解らないと思う。1週間も乗ればブレーキダストで同じ色にコーティングされるだろうし。
 それにデータベースではマークの写真くらいしか確認できんから、マークは凸形状じゃなくて単に刻印でも行けそうな感じ。長めの二等辺三角形に筆記体みたいな「P」を打刻すれば行けそう。
 まあうちの白骨号は幸運にも本物の純正品なのでインチキをする必要は無いけど、リプロしか手に入らないとか前の所有者が削ってメッキしているとか、強度的に不安は無いけど法規的に困った事態なら、少々のインチキで切り抜ける事は出来そう。
 2年後は「この裏にPマーク有り」と言うステッカーを作り、Pマークが有る部分の反対側、すなわちホイールの表面に貼っておこうと思った。

バイク 12km

| | コメント (4)

2019年7月18日 (木)

♪ダイアモンドだね~♪

07181 夕方の配達で中国に注文していたダイアモンド砥石が来た。こんなモンでも投函だけの配達で済ますのが凄い。まあ値段が値段だから国産品の何万円も、下手したら10万を超えるような品物を基準に考えたらいかん。
 これを注文して直ぐに高級品のCBN砥石が手に入る事に成ったけど、ダイアモンドとCBNでは得意な被切削剤に若干の違いがあるので、両頭グラインダの両側に付けて使い分ける様にしようかなと考え中。
07182  本当にダイアモンドが入っているのだろうか(笑)。値段から少しだけ不安だけど、今や日本の名門と言われた企業の方が偽装のオンパレード。それに対して私が購入した中国製品に偽装はなく、激安で最低限の性能は有るという位置付け。
 このまま現実を見ずに「日本凄い!」と脳内オナニーを続けていると、完敗して背中すら見えなくなると思う。

07183  200mmのグラインダに付けてみた。ここには某社の廃棄品の特殊な砥石を付けていて、その為に作ったスペーサがこの砥石にもピッタリ合ったから簡単だった。
 残念ながら半径方向の振れがある。最初は自作したスペーサの性かな?と思って付け直したり測定したりしていたけど、アルミ部分までは正常で砥粒の部分の厚みが不均一だと解ってきた。この辺が一流品とは違うんだろう。
 本来はダイアモンドドレッサ?で修正するのかなと思うけど、そんな物は持たないのでGC砥石用のブロックでドレッシングしてみた。あまり変化無い。本当に硬いみたいだ。
07184  そこで諦めて超硬バイトを研いでみることにした。軽く凸部だけに当てればドレッシングに成るだろう・・・と、極めていい加減な思想の元に。
 ドレッシング効果は解らんけど、研削力はもの凄い。今までの超硬バイトの研削は4枚目のチップソー用ダイアモンドディスクを使っていた。これに比べたら10倍どころか20倍か30倍くらいの研削力が有るように感じる。
 これは素晴らしい。良い物だ。使える。刃物台を剛性の高いチャンとした物に作り替えよう。刃先の角度が決めやすいように、テーブルの角度も変えられるようにしよう。
 CBNが来るのが楽しみだ。

ラン 4km

| | コメント (2)

2019年7月17日 (水)

虹の橋って、なんか馴染まん

 アイスはエイミーの家の犬。マルチーズ的な小型犬で、「アイス」とカタカナで書くのか「あいす」とひらがななのか「愛す」と漢字交じりなのか未だに知らない。基本的にあらゆる犬と相性が良い私だけど、唯一?懐かなかった犬でも有る(笑)。
 そのアイスが今日の夕方死んだ。随分前から危ないという話だったけど何とか今日まで持ったと言うのが状況的には正しいと思う。先週はエイミーが結婚の報告に帰国して居たのだけど、それを聞いて安心して死んだのかもしれん。人間だとそんな話は信じないけど、犬だと何となく信じてしまう。

 晩飯の後で嫁さんに連絡が入ったので、私も一緒にお悔やみに行ってきた。アイスは居間の座布団の上に横たわっていた。ガリガリにやせ細っていて背中とか脚を撫でると骨がゴツゴツ解る。人間も年とって死ぬとこんな感じだ。若くて筋肉に満ちあふれた身体が死ぬよりは、或る意味幸せで自然な死かもしれん。
 アイスを撫でながらちゃしろの事を思った。ちゃしろも何時かは死ぬ。もしかしたら私の方が先かも知れんけど、統計的にはちゃしろの方が先に死ぬ。そんな事を思っていたらちょっとだけ涙が出た。
 最近は犬が死ぬと「虹の橋を渡った」と書かれる事が多い。昔はそう言う言い方は無かった様な気がするし、もし有ったとしても自分自身が馴染んで居ないから違和感を覚える。
 逆に「虹の橋」で育った人達は、「犬が死んだ」なんて書くと、なんてデリカシーの無い書き方なんでしょ?、と思うかもしれん。人の感じ方は育った環境に影響されるなあ。

バイク 12km

| | コメント (4)

2019年7月16日 (火)

いい加減さの代償

07161 午前中の2ラウンドに白骨号の車検に行ってきた。水平じゃ無い状態でのサイドスリップ測定と、イマイチ中心が見つけにくい光軸に少々の不安を感じながら。
 やはり物事は正直な物でサイドスリップが「×」に成ってしまった。。。直ぐ近くに有るテスター屋に言って修正して貰えば合格して帰れるけど、それでは真のユーザー車検じゃ無い様な気がする。それに今回の不具合を起こした真の原因があやふやなままに成ってしまうのも嫌だ。
 と言うことで一旦家まで帰り、再測定後に再調整する事にした。急げば午前中に間に合いそうだったけど、スピード違反で捕まったり作業が不確実に成ったら意味がないので午後の3ラウンド目に受け直した。

 車検整備したときは、自作のテスタで1回測定してターンバックルを弄り、もう1回測定してお終いにしていた。自作のテスタは精度が不安なだけでなく、測定長が300mmくらいしか無い。しかも今は先の板が腐ってしまったので200mmくらいの範囲でしか測定できない。
 そう言った事情も有って不合格後は5回ほど測定した。そしたら200mで1mmくらいアウト側に振れていた。1000mmに換算したら5mmと成り十分に不合格に成っても仕方ないゾーン。
 「10回測定して最大と最小を除き8回分を平均しろ」とまでは言わないけど、200mmと測定長が短いのだから、5回くらいは測定して勘で平均を見つけるくらいはやるべきだった。そしたら今日は1回で合格出来て居たはず。
 まあ反省点は有るけど自作測定器の状態や問題点は把握できた。前だけ上げる測定方法の状況も何となく解った。そして真のユーザー車検を維持出来た。良かったんじゃ無かろうか。
07162  だいたい私は大きな事では悩まずに、小さな事で悩む事が多い。そして悩んだ時はもう一人の自分が上空5mから俯瞰していて、そのもう一人の目で見て「カッコイイかどうか」で決める。
 最近知ったのだけど、一部の音楽の人が言う「ロックかどうか」が近い様な気がしている。

ラン 4km

| | コメント (2)

2019年7月15日 (月)

吐出量1.8倍

07151  水道の水の出が悪いのでポンプをO/Hすることにした。今まではフィルタを掃除したり配管を叩いて内部の付着物を落としたりしていたけど、どうも本質的な作業をしないと駄目な感じ。
 まずは定量的に把握しようと思って水量を測って見ることにした。方法は2Lのビーカを一杯にする時間を測って毎分の吐出量を算出する方法で。

07152    我が家は電気温水器を使っていて、それが高圧が使えないタイプなので減圧弁が入っている。減圧弁無しの部分で2Lが11秒、減圧弁経由の部分で13秒もかかっていた。毎分吐出量に換算すると11L/min.と9.2L/min.しか無い。
 このポンプのスペックは20L/min.だし、性能曲線から理論最大値を読み取ると揚程28mなら40L/min.。まあこれは理想値だし配管の圧損とか入ってない。それにしても20L/min.近くは行って欲しいと作業開始。
07153  ポンプ屋の作業を見て「U字型金具」を準備した。これが無いと配管の切断や接続時にきつそうだったから。結果的にこれは間違いで、「キツイ」では無くて「無いと絶対に無理」な作業だった。作って置いて良かったよ。



07154  外側の汚れは大した事は無い。でも分解したら中の多段ポンプ部が酷かった。
 ほとんどの通路が詰まっているように見える。これで水が出ていた事が不思議な位。



07155 しかも付着物が硬い。本職用じゃないホルツのポリパテが固まった位の感じがある。薄い隙間の掃除にはワイパーブレードを曲げて工具を作った。ポンプだから内部通路が「J」型に曲がっていてストレートでは奥まで届かない。



07156  掃除さえ終われば組立は簡単。でも井戸の中にしずしずと下ろしながら、4mのVP管を7本も繋いで行く作業は厳しい。こんな事を毎日やっていたらポパイみたいな腕に成るわ。




07157 怖々起動したら水が出た。最初は濁った水が出るけど仕方ない。吐出量を測ってみたら減圧弁の後で2Lが7秒だった。毎分に換算すると17.1L/min.出ている。以前の状態と比べたら1.8倍くらいに増加した計算に成る。
 ライフラインなので悠長な作業は出来ない。今日は昼飯の後で始めて婆さんがデイサービスから帰ってくる16:00頃までに終える必要が有った。でも1.8倍に増えたデータを見たらやって良かったと思う。
 この感じなら定期的にO/Hをする必要が有りそうだ。一人でやると心身共に疲弊するので息子達が帰ってきたタイミングでやろう。でも盆とか正月に水を止めるわけには行かんなあ・・・と悩んでいたら、嫁さんが「盆なんか水を止めて何もしなければ良いじゃ無い」と言った。まあそうかもしれんな。水を止めて静かに仏様をお迎えしよう。

バイク 12km

| | コメント (4)

2019年7月14日 (日)

今、一番ホットで危険な行為

 朝のちゃしろの散歩が終わる頃、皆生のスタート時刻だなと気が付いた。「プウォーー」と言う音と共に泳ぎ始める。300mくらい泳いだ所でキツクなり、こんな大会に申し込んだ事を後悔する(笑)。
 こんな事を思い始めたと言うことは、心身共に少しだけ活動レベルが上がってきたのかも知れない。でも長時間の屋外練習が出来るように成らない限り、レベルの高いロングの大会は難しいのも事実。

07141  最近はトレッドミルを使いっぱなしだったので、軽く各部を掃除したりして整備した。ベルトの上面がシリコーンオイルで滑り気味に成っていたので、パーツクリーナを使って可能な限り拭き取ってみた。
 室内でスプレー缶を使う行為は基本的にヤバイ。昔からやばかったのだけど昨今の事故で普通に認識されるように成ったのは良い事かも知れない。今回はMonotaROのパーツクリーナだから一番ホットなガス噴射事例だ。

07142 トイレの便座と床の間にシリコーンシーラントを塗った。作業中に漏れた水がこの部分に溜まってしまうのを見ていたし、写真でも解るように既にフローリング材が痛んでいるから塗ろうと思っていた。
 さらにTOTOの施工書を見ていると木質の床材の場合は塗れと書いてあった。水やオシッコだけじゃ無くて結露の水も有るらしい。初めから塗っておくべきだったと思うけど、この件に関してはタンクと便座の接続部ほどは文句は言わない。
 防カビタイプが良いらしいけど、買いに行くのが面倒なのと一般的なクリヤが1本余っていたのでそれを使った。さらに面倒なのでマスキングとかせずに指で成型してお終い。

 よく考えたら今日はこれだけの事しかしていない様な気がする。本当にこれだけで日曜日の昼間を潰して締まったんだろうか?。なんか情け無い人生だなあ。

ラン 4km

| | コメント (0)

2019年7月13日 (土)

30万円は払えない

 ウォシュレットの調子が悪くなり、近所の住宅機器屋に話を聞きに行った。爺さんは「高機能」とか「付加価値」とか「一体型」とか「全部セット」とか「リモコン」とか大好きだったけど、反発なのか時代なのか私はそう言うのが嫌い。
 だから新しいのは便器とタンクと便座を単独で交換できるタイプを考えていた。そのような客は多いらしくてメーカも解っているのか、単体に別れるけど纏まったデザインの商品が幾つも出ていた。その中で一番シンプルなヤツで見積を貰ったところ、2台で30万の見積が出てきて少し引いた。
 まあ、そんなモンかもしれん。商品価格が12万で工賃と廃棄処理で3万なら1台が15万。我が家はこれが2箇所有るから30万。。。まともな見積だと思う。でも30万はそれなりの金額だ。ミニと同額だし、アルファロメオの約3倍だし、3回分でポルシェが買える。うーん。

07131  ユニットを外して便器を良く見ると、何となく汎用の便器と寸法や形状が似ている気がしてきた。今でも接合部はガバガバなんだから、多少の形状違いは接着剤とかゴム板で何とか成るだろう。そう考えて2,000円の棚ずれタンクを買ってみた。
 上に乗せたらそれなりに見える。

07132 便座側の接続口はこんな感じ。今まではこれにガバガバの筒が差し込まれて?居ただけ。だから周囲に水が漏れていた。




07133  今回買ったタンクの接続口。なんとこっちの口は加工無しで便座の口にピッタリとしっくりと勘合する事が解った。
 じゃあ、やっぱり今までのユニットは、接合部に何らかの部品が付いていなかったと言う事に成る。本気で駄目な工務店だ。親父と息子が首つり自殺したんだけど、こんな仕事をしていたら誰も助けてくれんわな。

07134  棚ずれ品だからか、ロック金具の寸法が違っていて付かなかった。仕方ないのでPOMで部品を削りだし、半円に割ってホースバンドで締め付ける様に改造した。
 強度と耐久性は解らんけど、まあ漏れても水なので死にはしないし、井戸水なので只だ。


07135  中の仕組みは面白い、外側は陶器なのに結露対策で内部は樹脂。自動洗浄ユニットが付いているけど、便座がINAXの対応便座じゃ無いと自動には成らないみたい。今回はTOTOにしたので配線をぶら下げたままで殺しておく。



07136  ウォシュレットの方は載せるだけに近いので簡単に装着できる。INAXが故障したので今回はTOTOにしてみた。でも一番シンプルな2万円のヤツ。
 東芝とかパナソニックで良ければ、ナフコとかグッデイで1.5万円程度で売っている。でも尻は尻屋(笑)と思って専門メーカにした。
 TOTOと言えば児玉君だけど、彼に言ったら50万くらいのヤツを買えと言われるだろうなあ。まあお金が有ってもあの手のヤツは趣味じゃないから。。。御免なさい。

スイム 1.5km

| | コメント (4)

2019年7月10日 (水)

ゲンゴロウは空を飛ぶ

07101 散歩から帰ってちゃしろの水入れを見たら何かが泳いでた。死にかけの昆虫がのたうち回っているのかな?と思ったけど、それにしては動きがスイスイと調子が良さそう。




07102  ゲンゴロウみたいな動きだな・・・と思いながら覗き込むとゲンゴロウがいた。いやそんなことはない。ゲンゴロウは田んぼとか川に住む水生昆虫だろ。
 やっぱりこれは誤って水に落ちた昆虫が苦しんでいる姿だ。毎日水を換えているのだから、ゲンゴロウがこの中で羽化?する訳が無いじゃ無いか。

07103  そう思いながらももしや?と言う気がしたので、カメラを取ってきて写真を数枚撮影しておいた。
 で、念のためにゲンゴロウを調べてみてびっくり。成虫は空を飛ぶと描いて有るではないか!。
 知らんかった、そして今でも信じられん。小さい頃から水の中だけで生きている昆虫だと思いこんでいた。理科は好きだったけど、昆虫採集とか興味が無かったし生物系もあまり面白いとは思わなかった。
 勉強に成りました。ありがとう、ゲンゴロウさん。

ラン 4km

| | コメント (2)

より以前の記事一覧