2017年2月24日 (金)

プレミアムフライデー

02241 プレミアムフライデーだから15:00以降は仕事をしてはいけないと安倍ちゃんが言っていた。そこで教育勅語でも朗唱しようと思ったけど、面白く無かったので生コンのシュートを作った。いや、正確には作ろうとしたのだけど完成しなかった。越前会長が送ってきた材料が不良品だったから。
 住宅用の発泡ウレタン板を切り出し、ホットメルト系接着剤で仮止め。その表裏からFRPを積層するというアイデア。ここまでは素晴らしかったと思う。これを思い付いたのは越前会長が送ってきた紫外線硬化型FRPプリプレグがガレージに残っていたから。あれを貼り付ければ一気に完成だ!。
 で、芯材の製作までは上手く行き、外側の貼り付けもだいたい上手く行った。でも内側の作業に成って使いかけのロールで一部が硬化している事が判明。結果的に残り2mくらいで材料が無くなってしまった。
 さて、どうしよう。ガラスマットとポリエステル樹脂を買ってきて最後まで作るか、適当なトタン板などを内側に貼り付けて誤魔化すか、はたまたこの方式は諦めるか。。。

02242  図書館で借りたイーロン・マスクの本が面白かったので、別の本を買ってみた。全部読んでないけどこっちも割りと面白そう。図書館の方に比べてこの本の方が人物像の記述や人への取材が多い。
 最初にめくった瞬間に目について気に入ったのが3枚目の画像。クリックして拡大したら読めると思うけど、「テスラモーターズ初期のバッテリーパックを自宅で組み立てるJ・B・ストラウベル。」と書いてある。
02243 これを見ていて昔のTV番組を思い出した。先端的な研究をしている大学の研究室を取り上げて居たのだけど、TV側は「手作りの見窄らしい設備なのに最先端の研究が出来るのは凄い!」と言う論調だった。それに対して先生は「誰もやってないから試験設備から全て作るしか無いんですよ・・・」と言う意味の説明をしていたのだけど、アナウンサーもレポーターも最後まで意味が解らないままだった。
 こう言うの見てしまうと、やっぱりテスラを買おうかなと思ってしまう。

 晩飯の後で本を読みながらエアロバイク。こんなながら作業は両方に取って良くないけど、本も読みたいし身体も動きたがって居るから仕方ない。

バイク 12km

| | コメント (2)

2017年2月18日 (土)

枠を置いた

02181 午前中はスイミング。1年ぶり?くらいに受付に田舎の竹内まりやオバチャンが居た。爺さんの葬式の話になり、彼女の親族には12月30日と1月1日に死んだ人が居るらしい。上には上が居るモンだ。
 うちの長男と次女の結婚話を詰めようと思ったけど、光安家にはマイナスの土地が沢山付いてくるから嫌だと断られた。クソッ、居ない歴=年齢の癖に生意気な。

02182  夜は部落の常会を我が家でやることになっている。私は会計なので酒とかつまみの買い出しや準備が有る。あまり時間は取れなかったけど仕事を少しして、残りは2柱リフトの基礎を少し。
 コンクリ用の型枠を組み立てて置いてみた。このままじゃコンクリの圧力に耐えられないので背面に土を入れる必要が有る。でもコンクリが無い状態で背面に土を入れると前面に倒れてくるはず。うーん、どうやって位置を決めようかな。
 この手の細かい事って意外と難しい。でも最近の日本は無視しすぎて居るんじゃ無いかと思う。「2月末までに2柱リフトを実用可能な状態にする」と政治屋さんが決め、「型枠を正確かつ強固に固定し、その後に生コンを流し込む」と大企業の社員が指示し、後は外注に出してコストと納期を管理する。上手く行くと「日本の技術は世界一!」失敗すると「中韓の妨害だ!、トランプのせいだ!」と一般市民が叫ぶ構図。
 某社に外注として入り、社員に成れと言われたけど断って直接契約という珍しい形態でしばらく働いて居たのだけど、会社に魅力を感じなかった理由の一つがこれ。回りの社員に自分のスパナを持ってない、とか今まで機械のネジを締めた事が無い、と言う人が結構な割合で居たから。そんな人達が外注や関連のエンジニアリング会社に指示を出す様を見て、なんか違うんじゃ無いかと感じてしまった。
 MRJの報道を見ながら思うのだけど、開発している技術者?の中に模型飛行機すら作った事が無い人が結構居るんじゃ無かろうか。

 夜は部落の常会。来期の役員決めで最長老の爺さんが少しゴネたけど割りとスムーズに決まった。あとは酒飲んでワーワー喋っておしまい。ヤフオクで落としたい物が有ったんだけど、まあいいや。

スイム 1.5km

| | コメント (3)

2017年2月11日 (土)

工事開始

02111 午前中はスイミング。たぶん無理だろうと思っていたら予想通りに先生が広島から来ることが出来ずにスクールは中止。でもリズムを作ろうと自主トレで出掛けた。
 1月以上のブランクが有るのだから、シンプルなドリルやゆっくりした泳ぎを心掛けて居た。すると競泳水着のスタイルの良い女性が歩いて来るでは無いか。。。そして「一緒にいいですかあ」と言いながら私のコースへ。
 私は大人だから「駄目!」とは言わないけど、この手の人は「駄目!」と言っても「いいでしょ」とか言いながら入ってくる。
 久しぶりの女王様とのスイム。最初からキックで50mを6本とか言うので、マジで止めてとお願いして私だけ25mを6本にして貰った。
 その次もバックで200mとか個メで200mとかキツイ事ばかり言うので、全部私だけ半分の25mずつに減らして貰った。いやあ、美人でスタイル良いんだからもう少し優しい性格にしてくださいよ、水泳の神様(笑)。

02112  午後から半田付を少しやったけど、あまりに寒いので外の作業をすることにした。まずは家の横に生えているでっかい檜の下にある樋そうじ。
 ここは雨が降る度に溢れて下に漏れていたから末期的な状況で有ることは解っていた。想像通りに葉っぱというよりも熟成された腐葉土が詰まっていた。
 作業中にこの部分の屋根剤が錆びている事を発見。ここは12年くらい前に瓦を葺き替えたときにやり変えて有るはず。塗装の質が悪かったのか、この位の年数で塗り替えが必要なのか。いずれにしても早急に再塗装が必要。

 夕方は懸案事項の2柱リフトの作業を開始した。場所とか色々と問題はあるのだけど、悩んでいても時間ばかり過ぎる。取りあえず使えるようにしようと思う。
 現行品の設置説明書に依ると下のコンクリは最低でも15cm必要とある。今回は施工が悪いのだから少しだけ余裕を見て20cmを目標にする。鉄筋の配置とか色々決める事があるけど、まずは四角い穴を掘るのが第一段階だ。
 この位の作業が出来んヤツには、フェラーリを維持したりテスラを改造したりは出来んだろう。技術の問題じゃ無くて、決める度胸とか、着手する勢いとか、継続する粘り強さとか、、、そんな世界の話だと思う。心してやり遂げよう。

スイム 1.5km

| | コメント (3)

2017年2月10日 (金)

自転車も出て行った

02101 仕事をしていたらいつもの廃品回収業者が来た。前回は自転車の鍵が無かったので出直しに成ったけど、めでたく鍵が出てきたので今日は爺さんのパスを持っていって貰った。
 これは10kmも走ってないくらいの未使用に近い状態だけど、数年間動かして無いからタイヤはペッタンコでチューブは死んでいるかもしれない。それに電池も過放電放置でこっちも死んでいるかもしれない。
 適当な説明を付けてヤフオクに出せば万の単位に成りそうだけど、なんか面倒なのでこれも只で持っていって貰うことにした。まあ他のゴミを処分して貰っているから厳密には只じゃないな。安倍さんの言うウィンウィンってこういう事か?。
 ここはドリドリ君の完成品を試験する場所なんだけど、今までは自転車が邪魔で一周出来なかった。これでめでたく一周出来るように成ったから効率が上がるかも。良くみたら自転車以外にも多量のゴミが有るなあ。これも順次処分して行こう。

 日中も夜もメチャ寒かったけど、何となく気分が前向きだったからエアロバイクを漕いでおいた。ほんのちょっとだけどやらないよりは良かろう。それに身体を動かすと体温が上がってさらにモチベーションが上がるから好循環だ。

バイク 6km

| | コメント (0)

2017年2月 7日 (火)

商用バンもFFの時代

02071_2 49日の料理を運んできた仕出し屋さんの車の事。読経中に嫁さんが対応したから知らなかったけど、家の前の坂を上がれずに下に止めて全部人力で運んだらしい。
 明け方まで雨が降っていたとはいえ、どうしてそんな事をしたんだろうと不思議だった。そして次の日に容器を回収にした車を見ながら運転手と話をして理由が解った。大きなワンボックス車はFFだったから。
 運転手に依ると良くある事らしい。只でさえ大きく重い車体の後部に高く弁当箱を積み上げる。後部に移動した重心は前輪の駆動力の割合を減らし、高くなった重心位置は上り坂でピッチ方向のモーメントを生んで前輪荷重を減らしてしまう。理屈通りだ。
 私はこの手の車に興味が無いから知らなかったけど、後で調べてみると今はかなりの割合でFFに成っていた。コンポーネントの共用化とか、操縦性とか、実際は1-2名でしか使われて居ない現実とかを総合的に考慮するとFF化は合理的な判断だと思う。でもそれは一般家庭が買う所謂ミニバンの話で有って、この手の本気で荷物を運ぶ商用モデルも同じ思想で設計すると問題が出るよなあ、と言うのが今日の感想。

 体調はイマイチだけど少しずつ戻して行くしかない。と言うことで今日は風呂のお湯を張っている間にエアロバイクを漕いだ。最初からキツイのにしたら嫌になるので、70Wくらいでユルユル漕いでお終い。

バイク 6km

| | コメント (2)

2017年2月 4日 (土)

全部持っていって貰った

02041 午前中は久しぶりにスイミングに行ってきた。なんだかんだで1ヶ月以上泳いでない。溺れるんじゃないかと不安だったけどそこまで酷くは無かった。でも苦手のキックとか死ぬほどキツかったのは事実。元に戻るまで2-3ヶ月はかかりそうな気がする。

 写真は納屋の前の爺さんの遺物跡。廃品回収の業者が来たので金物とゴミと抱き合わせの合わせ技で、手出し無しで纏めて持っていって貰った。軽トラに山盛り一杯有ったからかなりの量が有った事になる。
 途中で「このノギスも良いんですか?」とか「ドリルセット新品ですけど」とか、向こうの方が気を使って何回も聞いてきた。でも1個1個見たり悩んだりするのは嫌だったしキリがないので「ぜ~んぶ持っていって!」と頼んで全てが終わった。
 今日はその残骸の本当のゴミみたいな物を片付けた。壁が崩壊しているので修理しないといけない。土壁として修理するか合板でも貼って耐震性を上げるべきか少々悩む。
 これでも納屋とか馬屋の2階の荷物は手つかずで残っている訳で、こっちは抱き合わせの品物が無いから全部実費で処分するしかない。少しずつ仕分けした後でパッカー車呼ぶしか無かろう。業者を呼ぶとウン十万の世界だから。

 妹と息子達が帰ってきて、明日の49日の準備も少しずつ整ってきた。婆さんが外には行きたくないと言うので今回は家ですることにしたけど、人数分のテーブルが無い事が解ってテーブル探しで一騒動。まあ何とか成るかな?と言う感じ。
 結局、私の息子達は3人とも帰って来た。自分の事を思い返すと自分の祖母や叔母の葬式には帰ったけど、法事には帰ってきていないと思う。親よりも律儀な息子達なのか?。

スイム 1.2km

| | コメント (2)

2016年12月24日 (土)

ちゃしろの一周年

12241 午前中はスイミング。昨日は半日くらいダラダラ過ごしたので楽になったけど流石に身体が重い。でも相手は爺婆と中学生が1名だけなのでなんとかこなして終えた。今日は自主トレは無しで早めに帰宅。

 今から1年前の2015年12月24日、八代の保健所まで軽トラで行ってちゃしろを引き取ってきた。あれから1年も過ぎたなんて信じられない。犬の時間に換算すると5年とか7年とかに成るわけで、彼にとって楽しい1年だったんだろうか?と少しだけ考えてしまう。
 小屋の中の布団が汚れていたので交換してやった。交換作業中から彼は布団に抱き付いたり噛み付いたりで滅茶苦茶。いつもこうだ、そして引っぱり出してグチャグチャにしてしまう。その方が落ち着くのかも知れない。
 でも今日は少し違った。端っこを引っ引っ張りだそうとするので小屋の中に手を入れて、「ここに入りなさい」と言ったら中に入った。なんか凄いぞ、素直に言うことを聞くなんて。夜だったから単に眠かっただけかもしれんけど、徐々に心が通じ合ってきたと信じたい。

12242  あとはちょっとだけ仕事もしたけど、基本的に自分の好きな事をして過ごした。好きなことと言ってもポルシェのDMEの解析なので、もしかしたら将来的に仕事に繋がるかも知れない。
 今まではROMデータを書き換えて走行性能の違いを楽しんでみたり、安く売っている他車用のDMEを高価な911用に改造したりしていた。今日は少し違ってDMEの動作を卓上で追っかける事が出来る様、エンジンの代わりに成るヤツを作ってみる事に。
12243  エンジンには各種のセンサが付いているけど、その中でエミュレートが一番面倒なのはクランク軸のスピードセンサと上死点センサ。
 中を見た訳じゃ無いから想像だけど、これらは磁石と鉄心とコイルを組み合わせたヤツだと思う。さらにそれぞれの基準線が独立してGNDから浮いたままで専用ICに入っている。差動状態で専用ICが受けているのか?。
 うーん。。。嫌らしい。専用ICの内部動作が解ってしまえば簡単なパルス波で代用できるかもしれんけど、解明できるまではそれっぽい波形を入れるしか無かろう。また将来的にDMEの故障診断とかを行う場合にも、極力実車両と同じセンサ出力を用意できた方が良いに決まっている。
12244  そこで無い知恵を絞って2個の独立した波形を作り、それをトランスで絶縁してDMEに入れることにした。全てがバラックの空中配線で危うい(笑)。
 最初に使ったTrラジオ用トランスでは特性が悪かったのでトロイダルコアに変えたり多少の苦労はあったけど、なんとか点火と燃料の噴射まではたどり着けた。どちらもダミーのホーロー抵抗だけど。
 最後の画像で上段が燃料噴射ノズルの駆動パルスで下段が点火パルス。4サイクル6気筒なので点火パルスが6個でクランク軸が2回転という事になる。と言うことは噴射はクランク軸2回転に2回(=1回転に1回)と言う事だ。
 なんとか成りそうな気配を感じたので、もう少しまともなケースに入れて「DMEテスト用エンジンエミュレータ」をでっち上げよう。これが出来ればDMEがやっている事が今よりは良く解る様に成るはず。

スイム 1.0km

| | コメント (3)

2016年12月17日 (土)

よい子は安全靴で走りません

12171 最近は日常に色々な事があって仕事もトレーニングも思うように進まない。そんな中でちゃしろの散歩を活用して走ろうと思い、彼が走りたがる時は一緒に走るように心掛けている。
 ちゃしろは走る犬じゃ無くてソリを引く犬に近い感じだけど、それでも人間よりはずっと速いので短いインターバルをくり返す感じに成っている。
 そんな中で気がついたのは安全靴のヒビ。まだ新しい安全靴なのに先カップの縁の辺りに既にヒビが入っている。表皮にヒビが入ると雨とか朝露の中で使うと中に水が染みてきて具合が悪い。前回と同じ物を買ったから材質的な不良の確率は低いと思われるので、走る行為によって縁の部分に想定外の負荷がかかっているのかな?と考えたわけ。

12172  で、同じ様なモンだろうとアシックスのスノトレを買ってみた。比較的高価な安全靴を傷めるよりも、安いスノトレを使う方が良くないかな、と言う判断から。
 近所には無くて通販で買ったのだけど、なんかイマイチ感が漂う商品で少々ガッカリ。一番落胆したのは横幅で、ワイドと書いてあるのに明らかに細い。マメまではできないけど小指の横が押されている。
 次は踵というかアキレス腱の辺りが低くなっていて、指でつまんだりガイドする事が出来ずに酷く履きにくい。これは走るときには走りやすいと言うメリットも感じるので一概には否定せんけど。
 防水性は今のところ問題ない。先カップは無いから縁のヒビに関しても長持ちするんじゃ無かろうかと思う。紐は面倒だけど劣化の心配が無いのは良い。安全靴のマジックテープは直ぐに傷んで剥がれやすく成るから。
 まあ、こんな感じで試行錯誤している訳だけど、次は同じモデルは買わんと思う。違うスノトレのモデルか、別のグループでトレッキングシューズ辺りから選ぶ事に成るかも。ホームセンターにある防寒靴も悪くないけど、流石にアレでは走れん。

 そういや忘れとった。スイミングだけは行って2kmほど泳いできたんだった。

スイム 2.0km

| | コメント (2)

2016年12月10日 (土)

微妙にインターロック

12101 午前中はスイミング。ドリルはいつもの様に出来た感じがしないままで終わった。そして終わった後の自主練で前回と同じように全力キックと全力プルをやった。
 全力キックをやったら普通のキックも進むように成った気がしたのと、骨折後に全く力を入れた泳ぎをしていない事が気になりだしたから。レッスンでは力まないように注意するけど、自主練では時々全力をやろうと思う。

12102  白骨号用のテスト機器はほぼ出来たのだけど、装着しようとしたらどうしても車体に取り付ける事が出来ない。散々悩んで解った事はコネクタの先端形状が違っていたと言うこと。
 今回使ったのはアルファだったかBMWだったか忘れたけど、ポルシェ以外のBOSCH製DMEユニットから外したコネクタ。35ピンの並びとか大まかな形状だけを見て同じ物と思っていたけど、先端の形状が微妙に変えてあって互換性が無かったわけ。
 自動車会社毎に買えてあるのか、モトロニックのバージョンで変えてあるのか、電源とかピン配置が致命的に違うヤツ同士が変えて有るのか定かでは無いけど、取りあえず入らない。先端を削って加工しないと駄目だ。

 夜は部落の忘年会。酒を飲むのが好きな訳じゃ無いし、田舎の排他的で独善的な爺さんと話すのも全然楽しくない。でもまあ付き合いだから仕方ないか・・・と言う感じで行ってきた。帰ってきて直ぐに比べたら随分慣れたので気は楽になった気がする。
 昼飯の時と忘年会から帰ってきてから爺さんのちょっとした事件が有ったのだけど、こちらもだいぶ慣れたかもしれん(笑)。慣れたくはないけど。

スイム 2.0km

| | コメント (0)

2016年12月 3日 (土)

なかなか進まん

12031 午前中はスイミング。今日は新しいというかキツイメニューが有った。全力のキック。25mだと持たないと言う判断だと思うけど、12.5mまぜ全力の速いキックで残りはゆっくりで良いと言う指示。
 それでも十分すぎるほどキツかった。でも何となく面白いというか技術的な難しさが無いから楽というか、妙な感じがして終わってからも15分くらい自主トレでこれをやってみた。そのせいで寝る頃に成ると両方の太腿が筋肉痛。

 薪棚の作業がなかなか進まない。この位なら材料の買い出しも含めて1日で作れよ。と言われそうだし自分でもそう思うのだけど、天気が悪いのに加えてなかなか纏まった自分の時間が取れない為に全然進まない。
 取りあえず屋根の前後長を延長し、薪が崩れないように各ゾーン毎に壁を貼る工程までは行った。まだ壁が1枚残っているけど今日はここまでが限界。まあ仕事も家の事も色々有るから仕方ないわ。

スイム 2.0km

| | コメント (2)

より以前の記事一覧