2018年12月18日 (火)

ウォッシャー液が出らん

12181 「ランティスのウォッシャー液が出らん」、1月くらい前に嫁さんから言われて居たのだけど、自分の時間は太陽光関係ばかりしていたので聞こえない振りをしていた。
 以前なら「もう、マツダに持っていく!」と言って怒っていたのだけど、最近は古い車のめんどくさい故障をディーラーに持っていってもラチがあかん事が解ってきたみたいで(笑)、今日もまた「ウォッシャー液が出らん!」と言われた。
 仕方ないから作業開始してみたらY型の分岐部品が崩壊していた。こりゃ出らんと思うわ。「Y」分岐が無くて「T」分岐しか無かったのでホースが少し窮屈だけど、何とか修理できたので完成とした。
12182  エンジンフード裏の断熱材なのか防音材なのか知らんけど、フワフワの板が崩壊寸前。クリップの周囲がボロボロで大穴に成っていたので、適当なプラ版を切ってワッシャにした。
 確かにディーラーだと「もう部品が出ません」に成るか、そのまま取り付けて半分くらいはぶら下がった状態で納車に成ると思う。向こうも商売だからそれ以上をヤレとは言わんけど、そろそろ自分で維持するしか無い年式に入り始めた感がある。

12183  電池が死んで放置状態だったコードレスドライバ。只の電池が手に入ったのでちょっと分解してみた。良くこんなの作ったなあ。




12184  あとはステンレス板と薄くて細いニッケルの帯でスポット溶接の練習。以前は薄いステンレスの帯でやっていたけど、今は普通にニッケル版とかニッケルの帯が売っている。良い時代だ。
 子供の頃の模型屋とか、小さな電子部品屋とか、ゴミ捨て場とか、そう言うのが今は中国通販に移行した感がある。日本の会社や商社は変な物を個人や小規模の法人に売ってくれないから、そう言う意味では売国奴と言われようと中国が好きだ。ありがとう。

ラン 5km

| | コメント (2)

2018年12月17日 (月)

エネループ死す

12171 多量のリチウム電池なんか拾ってきたので、何となく電池モードというか電池関係の機材が出てきている。
 今日は充電待ちの間にリチウム電池の内部抵抗を測定してみた。そしたら赤と緑で内部が違う電池だという事が解ってきた。
 赤は80mΩ位だけど緑は140mΩくらいと高め。でも充電時間から想像すると緑の方が容量は有りそうな気配。これは放電試験をしてないから想像でしかないけど。

 そう言えばデジカメに使っているニッケル水素が早く無くなるように成ったなあ、と思いだしてカメラの電池を測定してみた。そしたら悪い方は282mΩも内部抵抗が有るではないか。これじゃあピーク電流の高いデジカメで低電圧アラームが出るはずだ。
 刻印を見たら05-04と有るので2005年の4月製造だろうか?それとも「4期」かな?。出て直ぐに買ったヤツが有るのでそれがこのセットかも知れない。まあ寿命と判断して次のヤツを買ってこよう。
 あの当時、エネループは世間の受けが良くて「サンヨー凄い」みたいな感じだったけど、その直前までサンヨーが出していたニッケル水素が酷すぎただけじゃ無かろうか?と思う。
 あの頃まではハンディーGPSとか周辺機器の販売をしていて、その関連商品として充電式の電池や充電器も売っていた。単三の容量で行くと1000mAhの半ばから最後は2700mAh?辺りまで上がっていった時期。
 その頃自分でも使いながら売っていて思ったのは、2000mAhを超えた辺りからの自己放電の酷さ。あの頃は東芝も有ったと思うけど、どのメーカも高容量になると自己放電が酷かった。そして業界最大容量を出すことが多かったサンヨーの最後の方の製品なんか、2-3週間も置いておくと3世代前のパナソニックにも負けるくらいの容量しか残って無い有様だった。
 だから私の感覚的には行きすぎた容量競争を見直し、使い勝手とのバランスを考慮した製品が出ただけに感じられた。容量競争のトップ?を走っていたサンヨーは弊害も一番感じて居たのか、一発逆転というか一発後退のエネループで成功したんじゃ無かろうか。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年12月16日 (日)

設計どおりの動作かも

12161 FZR400のイグナイタが一息付いた。一言で言えば正常だった訳だけど、今回は今までやったことが無かったEXUPの検証までやれた事が良かったと思う。依頼者の方、ありがとうございました。

 で、進角カーブはこんな感じ。これは進角の増分だけなので、アイドリング時の基本進角量が15度なら最大進角量は44度くらいに成る計算。
 測定ポイントが飛び飛びなので滑らかなカーブじゃ無いけど、雰囲気は解るし正常であるという判断も出来る。「1/10くらいのピッチでデータ取り直せ」と言われそうだけど、この測定は結構面倒なので勘弁して欲しい(笑)。
 気になるのは5300rpm辺りの窪みだけど、これは測定誤差かと思って再試験したけど同じ様な数値だった。と言うことでこの辺りは少しだけ遅角して有るのかも知れない。
 まあ、もし遅角してあっても2度とかその程度の話なので、タイミングライトで照らして見た位では差が解りにくい領域。

12162  こっちはEXUPの開度グラフ。変な形だなあ・・・と思っていたけど、EXUPの発表時にヤマハが公開していた資料のグラフとピッタリと言って良いほど相似形。
 これでイグナイタの出力レベルではヤマハの技術者が想定していた動きが再現出来ている事が確認できた。あとは車載のサーボモータとかワイヤAssyとかバタフライバルブの動きがどうなって居るかだ。

12163  3枚目は先日のリチウム電池の続き。今日開けた箱には緑色の電池が入っていた。あれっ?違うのかな?と思ったけど、6000mAhとあり得ない数値が印刷してあるあたり、同じ会社の製品だと思う。
 でも今回の箱は品質のばらつきが少ない。14本の中で最高電圧が4.04Vで最低電圧は3.74Vだった。前回の赤い電池は最低で0.25Vとか有ったから偉い違いだ。
 たぶん、機械の調子が良かったか、作業者の気分が良かったんだと思う。そして電池の容量も大きいような気がする。4.20Vの定電圧モードに成ってから、10本で100mAに成る時間が赤い電池に比べて明らかに長い。と言うかこの記事を書いている段階で400mA前後なので充電継続中だ。

ラン 5km

| | コメント (4)

2018年12月15日 (土)

EXUPのような物

12151 午前中はスイミング。今日はクロールと背泳ぎのドリルで、なぜか本数が多い日だった。今のメンバーで1000mは多い、昔は中学生とか居たので2000mくらいの時も有ったけど。
 夜は部落の忘年会なので自主トレも少しだけ量を増やし、トータルで1500mくらい泳いでから帰った。一時期に比べたら少ないな、と思うけど、加齢による劣化も考慮するとこの位が丁度良いのかも知れない。

12152  ボチボチやっているFZR400のイグナイタ試験。点火系は一息付いたので付加的な排気デバイスである「EXUP」の解析と試験に入った。
 EXUPはヤマハが開発した排気デバイスで、エキパイの終わり辺りにバタフライバルブが有り、それの開度を変化させて回転数による最適な充填効率を得る・・・と言うよりもはっきりと解る有害なトルクの谷を消すに近いのかもしれない装置。
 そのバルブを動かすためにサーボモータが使ってあり、排気系の近くは高温すぎるからか遠くに設置してワイヤで駆動する仕組み。サーボモータ自体はギヤードモータとポテンショメータを組み合わせたシンプルな物で、この時代のモータには制御装置は入って無くて制御は全てイグナイタで行うみたい。イグナイタの入力はクランクセンサのみ。だから点火系と同様に回転数しか見てないと思う。
 この辺りまではスムーズに解ったけど、この初期のバージョンに関してはピン配置が解らなかった。そこだけ少し苦労して内部を探ってから、最もプリミティブなEXUPのような物をでっち上げた。

 今回の依頼者はイグナイタだけじゃなくて、突起の有るフライホイールとかピックアップ廻りも全部送ってくれた。だから作業が凄くスムーズに進んだ。しかもイグナイタが正常だった様で想定どおりの反応を返してくれたのも良かった。
 こんな例は中々無い。「イグナイタを修理して欲しいんだから、イグナイタだけを送れば良いだろ?」そりゃそうだけど、バイクのイグナイタは四輪以上にもの凄いバリエーションが有る。だから過去にやった経験が有るヤツなんか皆無に等しい。周辺機器や資料が無いと状況の把握までに何倍どころか何十倍も時間が掛かるんだけど、なかなか理解して貰えない事が多い。
 まあ、周辺機器を外して送るとなると、実際の作業も面倒だし商売だと工数もかかるから仕方ない面も有るとは思うけどね。

スイム 1.5km

| | コメント (0)

2018年12月14日 (金)

テスラに成るつもりか?

12141 昨日拾ってきたリチウム電池。選別して良いヤツを集めてパックを作ろうと思うけど、真面目にやろうとしたら「良いヤツを集める」行為が酷く面倒。と言うことで簡易版というか手抜きの作業を開始した。
 工場で同じ時期に作られて同じ時期に同じ程度に充電されたと仮定した上で、箱から出した状態で開放電圧を測る。すると自己放電率の低いヤツは開放電圧が高く出るはず。そして失敗作で起電力自体が怪しいヤツも低く出て排除出来るはず。
 と言う想定の元で1箱開けて測定していた。すると最低は0.25Vで最高は4.03Vと凄いばらつき。うーん、やっぱり拾ってきたヤツだから仕方ないな(笑)。でも良いヤツだけ選別すればパナソニックの外れくらいのパックが出来るかも。
 そんな事を思いながら開放電圧の高い方から10本を選び出し、4.20Vの定電圧モードに成るまで簡単に充電し、あとは10本を全部並列にして4.20Vで定電圧充電した。そして10本の電流が100mAを切るまで、すなわち1本が10mAまでサチレートした段階でこのグループは終わり。
 これを順次繰り返して行けば、程度の良い10本セットが10組くらい取れるはず。。。かな?。

12142  充電中は机を離れるのが怖いので、今日は充電の間はオシロとかを使う仕事をしていた。
 コイルとかピックアップとかは全部試験が終わり、ピックアップコイルの疑似波形もイイ感じに完成したFZR400のイグナイタ試験。
 綺麗に動作している。進角もチャンとしているし高速に成ってもドエルタイムの制御もOK。あとは付属品のEXUPが問題だ。

12143  EXUPはヤマハの排気デバイスで、この時代のはイグナイタがその開度を制御しているらしい。EXUP用のサーボモータのような物をでっち上げて、進角具合と一緒に観察できれば総合的な診察が出来るように成る。
 ラジコンのサーボを改造するか、タミヤのギヤボックスにVRを組み合わせるか、適当に考えて組み立ててみよう。その際はもう少しまともな試験用ハーネスを作らないと、あまりにゴチャゴチャに成りすぎて試験が出来ないなあ、こっちも一緒に作ってしまおう。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年12月13日 (木)

廃品回収

12131 今日は副業の廃品回収に出掛けた。ちょっと遠くまで行く予定なのでミーブトラックの航続距離が心配。春秋の季節の良いときにエコ運転をすれば100km行くけど、クーラーを使うと75kmになり、ヒーターを使うと60kmまで落ちる。
 こんな状況なので寒空の下、ヒーター無しで凍えながら運転して行った。途中で急速充電すれば良いのだけど、何となく面倒というか寒い時期に無充電で往復出来るかな?とか、まあ色々な気持ちの複合的な結果で我慢大会。
 で、道すがら色々な物を拾ってきた。左手前の黄色いのは錆が出始めた鉄の角材が沢山入っている。左の奥は古い子ねじが沢山。こっちも錆が出始めて居るから相当古いネジみたい。その横は良く解らん電気の線とか放熱器が付いた部品で、その右は円筒形の筒が沢山。そして右の青いのはビニールコーティングしたワイヤーロープみたいなヤツ。

12132  取りあえず帰ってから円筒形の筒が入った箱を開けてみた。どうも電池みたいなヤツが沢山入っている。数十本じゃ無くて数百本のレベルで。
 一番上に使いかけの箱が有ったので中から3本だけ出してみた。6000mAhと書いて有るではないか。パナソニックでも3400mAh位だし、手元にある怪しい中国製ですら4700mAh程度で我慢している。それなのに6000mAhとは大きく出たもんだ(笑)。
 現状の電圧を測定してみると、2本は3.8Vくらいだったけど1本は3.17V位と放電してしまっていた。そこでCVCC電源を4.20Vの600mAにセットして繋いで見たところ。。。
 最初は600mAのままで電圧が徐々に上昇していった。これは正常な反応なので少し安心。そこでしばらく仕事をしていて、1時間弱経過した所で見に行ったら既に4.2Vに張り付いて電流は400mA以下まで減っていた。
 なるほど、600mAで1時間だから約6000mAhだな。。。そんな訳はない!!(笑)。放置されて寝ぼけているかもしれんけど、まあ良く入って1000mAhくらいじゃ無かろうか。
 出来の悪いのに付き合う時間は無いので、状態の良さそうなヤツを抜き出して、ニッケル水素の時代の電動ドリルのバッテリーパックでも作ってみよう。

ラン 5km

| | コメント (1)

2018年12月12日 (水)

ボチボチの日々

12121 去年だったと思うけど、嫁さんがでっかいデーブルを買ってきた。本来なら高そうなヤツだけど天板にヒビが有るから激安だったらしい。それを修理していたのだけど、ストーブを焚き出したら新たな割れ目が発生してしまった。
 前回と同じで割れ目にタイトボンドという木工用接着剤を流し込む手法で修理。色合いが茶色くて国産の木工用ボンドよりはこの手の作業に相性が良い気がする。
 これで収まってくれたら嬉しいけど、来年にもう一回くらい割れるかもしれん。そしたらまた修理するしかない。古材を使ったシャビー感溢れるヤツなのでそれほど違和感無く修理できるのが救い。

12122  こっちは最近のちゃしろ君。寒くなってきて定位置である2階の布団の上に居ることが多くなってきた。そして散歩の時以外はダラダラグダグダと犬らしく過ごす。
 不思議なのは目の前に置いてある骨型のオモチャ?。何時もカミカミする訳では無いけれど、こんな時も何故か咥えて上がって目の前に自分で置いている。時々は土とかゴミを被せて隠して有る事も有る。不思議な位置づけの骨だ。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年12月11日 (火)

法律用語は睡眠導入剤

12111 最近は空いた時間に左記の2冊を読むことが多い。規定集なので読むと言うよりも必要そうな所をめくって調べていく感じ。でも用語とか言い回しが法律的で頭に入ってこない。
 法律関係だけじゃ無くて役場とかでも感じるけど、ルールを決める人達って頭の構造が違うと思う。最も面倒で複雑で文章が長くて事務処理が繁雑になる言い回しを選んで居るとしか思えない(笑)。
 自分たちの仕事とか関係する士業の仕事を確保する為にやって居るんじゃ無いか?、と勘ぐりたくも成る位の複雑さにイライラしながら読んでいる。ふーっ。。。
 これに比べると架台の設計荷重に関する資料は読みやすかった。こちらは間に数式とかも有って、規定集と言うよりも技術的な指針集に近いからだろう。たぶん作っている人種が違うと思う。

 こんなのを読むからと言って、私は順法精神に満ちあふれた人物じゃ無い。ここに書いた2種類の人物の中では、私は明らかに前者の不良整備士の方。ネット上に「資格を持ってますか!?」と書く連中に何時も心の中で「うるせー、ばーか」と呟いている。
 ただ、自分の家に設置するのだからそれなりの性能で、それなりの安全性を有した形で設置したい。その為の参考として現行の規定集は有益な指針となる。
 この手のルールにはお上が決めた管理のためのルールや、利権を守るための物が有ったりするけど、今までの経験とか失敗から導かれた最も無難な妥協点の集大成でも有る。
 だから自分で同じ失敗を繰り返して試行錯誤するよりも、規定集の内容をスタート地点とした方が効率的と私は思う。

ラン 5km

| | コメント (8)

2018年12月10日 (月)

poor wall の電気を使う

12101 朝食の後で太陽電池とリーフバッテリーを接続した。晴れでは無いけど昨日よりも天気がよい。期待できそうだ。
 日が昇ってきたら直ぐに電流が増えてきて、条件がよければ4Aとか5Aが出ていた。ピークは6A位の時も。


12102  時々見に行ったら昨日とは比べものに成らないペースで電圧が上昇している。そして昼前には400Vまで後一歩まで行ってしまった。単セル換算で4.17Vだからほぼ満充電と言える。
 太陽は凄いな。


12103  予定よりも早く満充電に成ったので、明日予定していたパワーコンディショナの自立運転を試してみる事にした。
 既に定電圧電源で色々調べていて、連携モードだとmpptの動作的にヤバイけど、自立モードなら電池(=定電圧、インピーダンスゼロ)に直結しても行けそうな事までは解っていた。だから今日になって準備したのはナイフスイッチのヒューズを削って細くしたくらい。

12104  ちょっと緊張したけど、最悪はヒューズが切れるだけと思ってスイッチを入れたら正常に自立モードが立ち上がって安定した動作を始めた。



12105  仕事をしている間中、100Wの電球を点けたままにしていたけど何も起こらない。もう一歩先に進もうと思って夕方に成ってストレートのヒートガンを持ってきた。
 これはコンセントタイプなのに1500Wのヤツで、実際にも15Aを要求する割りと凶暴なヤツ。これを繋いでみる。

12106  繋いでスイッチを入れたら普通に動いた。ファンのモータよりもヒーターの電熱線の方が支配的と思われるので、1.5Kwの直流モータを動かす程じゃ無い事は解っていた。でも目の前で1.5kWが安定して動作すると少し嬉しいし、一歩前に進んだことを実感できる。


バイク 12km

| | コメント (2)

2018年12月 9日 (日)

8V分の電気を作った

12091 リーフバッテリーを太陽光パネルの下まで持ってきたので、取りあえずダイオードを入れただけの直結。最もプリミティブな構成で充電の試験をしてみた。



12092  こちらはメインリレーとBMS用のコントロール基板。BMSへの電源供給はコントロール出来るけど、本当にマネージメント出来ているかどうかは解らない。
 バッテリーケースの中にBMSの回路が入っている事は確認した。そしてその中にたぶん?パッシブ式のバランス回路が入っている事も解った。でも電源を入れただけで働くのか、CAN経由で何らかのコマンドを送らないと駄目なのか、若しくはパワー回路しか入って無くて常時CAN経由でコントロールを続けないとだけなのか、その辺りが解っていない。
12093  でも、まあ何とか成るでしょ・・・と実験開始。

 スタート時は380.5V。



12094  でも1日中こんな天気なので電流は最大値でも2.0A行くかどうか。大半は1.0Aとか1.2Aくらいしか流れて無かった。




12095  そんな条件で夕方まで放置していたところ、バッテリー電圧は388.5Vと朝に比べて8Vの上昇と成った。
 まあ、把握できた所に関しては予定どおりの動作と成ったから良かった。388.5Vは単セルだと4.05Vに相当するけど、もうしばらくはこのままで実験しても爆発はしないだろう。
 何となく雰囲気が掴めて来たら、今度は放電側でパワーコンディショナを繋いでAC100Vを取り出す実験を始めたい。これのスタート時は少しドキドキするな。ナイフスイッチと10Aくらいのヒューズを準備しておこう。

ラン 5km

| | コメント (2)

より以前の記事一覧