2017年7月22日 (土)

プロは2時間かからんな

07221 最近は06:00前にちゃしろの散歩に行っている。朝食後だと既に日差しが強くて後半になるとちゃしろがへばってしまって歩けなく成るから。それでも遠くへ遠くへと行きたがる迷惑な犬(笑)。

 帰ってから朝食を食べ、スイミングに行くまでの時間は白骨号のエンジン下ろしの準備作業をした。時間が2時間くらいしか無かったけど、やるべき作業はこの車が来たときから脳内でシミュレーションしていたので割りとスムーズ。
07222  下準備の8割くらいまで出来た段階でプールの時間。少しでもトレーニングの時間を作ろうと思い、今日は車じゃ無くて自転車でプールまで行った。強度は低くてもやらんよりもやった方が良いと思う。
 前半はクロールのドリルで後半は平泳ぎのドリル。ほぼ回復したと思っていたけど、爺ちゃん婆ちゃん相手のスクールでも少しだけ身体のだるさを感じた。

07223  帰ってから仕事の荷物を1個作り、あとはドリドリ君の制御基板をプチ量産した。こちらも効率化を進めようと思い、要らんことはせずに必要な事だけに集中する。
 夕方に成ってリフトの辺りが日陰になったので白骨号の作業。屋根が無いので日中はとてもじゃ無いけど作業なんか出来ない。炎天下でマラソンしてきた人間の言う事じゃ無いけどね(笑)。
 2箇所ほど見落としていたハーネスのコネクタを外し、エンジンオイルを抜いてオイル配管を2本外したら準備完了。配管を外すときに車体を高く上げすぎており、オイルが下に置いた缶に入らず床に散りばめられた。。。
 致命的な問題は起こらなかったけど、シフトロッドが車体の穴に入り込んでいて、これを抜くためにミッション側をかなり高く上げないと抜けなかった。これはまったく想定して居なかったので少々時間が掛かった。
07224  とは言っても朝に2時間と夕方に2時間弱のトータル4時間弱でエンジンが降りた事に成る。暑くてゆっくり作業したけど、急いでやっても失敗したりして返って遅いかもしれん。
 思ったよりも楽で速い作業に驚いた。これならプロは2時間くらいでやると思うし、ポルシェ専門のメカなら2時間かからんと思う。ネジが固着しているとか変な問題が無いという前提だけど。

07225  早く散歩に連れて行けとちゃしろが見ているけど、ヤッタネとか思いながらニヤニヤして降りたエンジンを眺めた。そしたら色々と気になる部分が出てきてうーん。
 一つはクランクプーリ?辺りのオイル漏れ。これってクランクシールからの漏れだろうか?。ついでなのでやった方が良いとは思うけど、シールだけ外から交換出来るのかな?。

07226  もう一つはエキゾースト系のボルトの腐食。一部は腐食という言葉が適切では無く、ほとんど失われて居る物すら有る。これは或る程度想定内で、下から手の届く所は既にボルトを交換済み。残りの上からやるところが残って居る。
 でも良く見たら前回交換した下のボルトもだいぶ痛んでいる。ここってもしかしてSUSのボルトにしたらダメだろうか?。まあ鉄のボルトで定期的に交換しても良いのだけど。
 ちゃしろの散歩から帰って少し明るさが有ったので、エアブローした後でセルモータだけ外してみた。メチャ重たくて大きなセルモータ。今風の小型軽量の減速タイプにしたら少しはお尻が軽くなるけど、やっぱりこれをO/Hかな。

スイム 1.0km
バイク 16km

| | コメント (4)

2017年7月13日 (木)

車高調の道具

07131 白骨号の車高調整用工具を少し入れ替えた。フロントは11mmのメガネが1本有ればOKだけど、リヤは少しだけ特殊な工具が複数必要なので面倒。
 リヤの車高調整に最低限必要なのは、24mmのメガネ、24mmの薄手のスパナ、36mmの薄手のスパナ、の3種類。あとは必要に応じてパイプとか。
 今まで24mmのスパナはFBから自作したヤツか、市販の薄いタイプを使っていた。ここは対辺24mmのナットを弛めたり締めたりするときに、相手のボルトが供回りしないように押さえるだけなので適当でも良い。
 力の要るのは36mmの方。ここはトーションバーの初期セット力を決めるために、偏芯したボルトを回す構造に成っているのだけど、その頭の寸法が36mmな訳。そして車体との隙間が狭いから普通のスパナでは入らずに薄手が必要となる。
 今までは自転車用の打ち抜いた工具を使っていたけど、今回みたいにタイヤまで付いた状態で車高だけ弄ろうとしたらテンションがかかっているからキツイ。パイプを突っ込むのも難しい形状なので何時も苦労していた。
 先日ナフコに行ったときに何気なく工具を見ていると、アサヒの普通のスパナで36mmが売っていた。大型なのに産業用だからか1,600円と安い。パイプも突っ込みやすいから直ぐに買って帰り、厚みを調整して専用工具として工具箱に収まった次第。
 非常に具合がよい。自転車用は八角形を想定しているので六角形のボルトだと浅くしかかからないし、厚みが少々薄すぎる。そんな不満が今回のスパナで全て解消された。素晴らしいから全国の930乗りにお勧めしたい。

ラン 5km

| | コメント (3)

2017年7月12日 (水)

NiZのキーボード

07121 数日前に中国から届いて、少し悩んで使えるようになった新しいキーボード。NiZと言う会社の製品で説明には「NiZ 静電容量無接点方式 35g荷重 コンパクト プログラマブル 84ボンド英語配列 PBT キーキャップ 多機能 キーボード ミニ USB 接続 EC84S」と有った。
 人生に於いて全ての希望が通ることは無くて、何らかの妥協が必要に成る。今回のキーボードではエンターキーのサイズが妥協点と成ってしまった。でもそれ以外は割りと希望通りの製品が見つかった様な気がする。
07122  ちょっとどうかな?と感じるのは最初に書いたエンターキーのサイズだけど、その次はキーが軽すぎること。これに関してはメーカが対策を考えて居て、弱いスプリングが40個くらい付属していた。1日くらいオリジナルで打っていたけど、やっぱり弱い気がしたのでアルファベットと数字と矢印キーに追加スプリングを入れた。まあ悪くない感じに成ったと思う。しばらく使って具合が良ければバネ屋さんで同じばねを探して全部のキーに挿入しよう。

07123  ただ、単純にバネを追加しただけだから押した感じはイマイチ。キーを押していって「コックン」と言う力の変化が無いのは寂しいというか違和感。でもしばらく使ったら慣れると思う。
 「F」キーが有るのは私にとって良い方向。CADとか日本語入力時に「F」キーを多用するから。今までのHHKBではいちいち「Fn」キーを併用していた。まあこれも慣れれば何ともないのだけど。
 さあ、あとは中国製静電スイッチの耐久性だ。静電検出部分じゃなくて、周辺のメカ部分が先に壊れる可能性だって高い。楽しみだ、ハハハ。

バイク 12km

| | コメント (3)

2017年7月11日 (火)

地震対策

07111 朝起きたら鹿児島県の地震のニュースをやっていた。リフトで上げて下に潜って居る時じゃ無くて良かったなあ・・・と思った。我が家は古いボロ家だから、もしかしたらリフトの下の方が耐震性は高いかもしれんけど(笑)。
 地震対策という意味ではないけど、リフトのアームから車体が落下する対策として左右のアームをワイヤーロープで結んでいる。写真でも何とか解ると思うけど、ぐるっと回した台付けワイヤをヒッパラーで引っ張っている。
 最近のは支点の近くにギヤがあり、手動とか自動でアームの開閉がロックされる様に成っている。でもコイツは何十年も前の製品なので安全面は甘い。カンジニアリングでは中央の小さな歯車よりも、末端をワイヤーロープで括った方が安全性は高いと思う。どっちかの下で寝ろと言われたらワイヤーの方で寝るくらい。問題は括り忘れだ。

07112  車検から一気に気になりだした各輪の荷重。車体の高さとかサスペンション支点の高さを測定して揃えるだけでは駄目な事は解ってきた。どうしても荷重が知りたい。と言うことでこんな実験をしてみた。
 測定器は家庭用の体重計。その上に木を置いてジャッキで荷重量を調整する。サスペンションアームの変位は車体から伸ばしたダイヤルゲージで測定。
 体重計が100kgくらいまでしか測れないので、ごく初期の荷重しか測定できない。でも初期位置とバネ定数が同一なら、初期荷重の比較と調整だけでそれなりのところまで行けるはず。。。と言う目論み。
 ガタとかモロモロの不確定さを消すために20kgの荷重点をスタートとした。そこからアームを1mmだけ上昇させた時の荷重を読む。そんな方法で分かるかな?と不安も有ったけど、ちゃんと右前の加重が低いことを表示できた。
 もう少し追求してみよう。

ラン 5km

| | コメント (8)

2017年7月 9日 (日)

溶接が出来そうだ

07091 天気が何とか持ちそうだったので自転車に乗ってみた。よく考えたら来週は皆生な訳で、本当にこんな調子じゃ完走すら出来ん様な気がしている。
 そんな気持ちでスタート下のだけど、とにかくゆっくりと走ったのが良かったのか「時間内ギリギリで完走くらいは出来るんじゃないか?」と言った気持ちで帰ってこられた。まあ実際は自転車の距離も今日の3倍は有るし、その跡でフルマラソンが有るんだけど(笑)。

07092  皆生の事を具体的に考えてみたら、白骨号の車検は皆生の後では駄目なことが解った。と言うことは今週中に行く必要が有るわけで、それなら早い方が良かろうと思って月曜日の予約をした。後は整備だけだ。
 サイドスリップはアルファの実績から上手く行きそうな気がしている。ヘッドライトはハイビームなので楽だけど、太陽電池を使った最高光度点の検出では右側のピークが見つかりにくい。これは何回か落ちるかもしれんなと思いながら調整完了。
07093  灯火類のチェックをしたときにハイビームインジケータの見え方が悪いことが気になっていた。ここは購入時から暗くて、配線とか色々とチェックを繰り返して来た場所。2年前までは何とか通ると思えたけど、流石に今回はクレームが来そうな気がした。と言うことでメータを分解して根本的な修理へ。
 ヘッドライト調整時で既に夜な訳で、タコメータを分解しだしたのは随分遅くなってしまったで。でも明日予約してしまったのでやるしか無い。
 開けてみて驚いた。ハイビームインジケータ用の「青い半透明」の樹脂板だけど、どう見ても真っ黒にしか見えない。良く見たら黒点の観察とか溶接に使えそうな透過率。。。
 こりゃダメだと思って家中の青い板を探した。相当探したところでビデオテープクリーナのケースを発見。それを切り抜いて2重にしたら良い感じ。接着剤を付けてうつぶせに置き、明日の朝までに固まっておくれと祈りながら寝た。

バイク 48km

| | コメント (0)

2017年7月 8日 (土)

その角度は気に入らない

07081 白骨号の車検整備で嫌な物を見つけてしまった。右側タイロッドのステアリングギヤボックス側に有るユニバーサルジョイント?の角度が変。
 本当のユニバーサルジョイントならどんな角度でもOKだけど、ここは1軸の自由度しか無いジョイント。だから理屈から考えたらロアアームの回転軸と平行に成って居る必要が有るはず。

07082  ゴムブシュが入っているから直行軸側にも多少の自由度は有るけど、バンプする度にねじられて不要な応力とかトー変化が起こっていたと思うと気分が悪い。そして4年間もこの状態で使っていて御免なさい。
 ギヤボックス側への固定方法が解らなかったけど、ロッドエンドを右ネジでねじ込んで、ブーツホルダを兼ねたロックナットで固定してあるだけだった。
 ここはターボ用に交換するのが定番みたいに書いてあるページが多いけど、カレラにはこの方式を採用した理由が何か有るはずと私は思う。その理由が解って自分の用途ならターボ用の方が適していると納得するまで、私はこのタイプで行こうと思っている。
 基本的に人を信用しない疑り深いヤツ(笑)だし、今のネットの情報はいい加減な話しの繰り返しと焼き直しばかりで鵜呑みにする事は出来ん。

07083  あとはこの作業を行うために外したカバーを見ると、車体側と干渉して両者の塗料が剥げて金属光沢が出てきた。
 何処が変形しているか良く解らなかったので、干渉しているカバーの縁の部分をディスクグラインダでガーッと削って対策とした。あとは適当に塗料を塗ってお終い。アンダーコートの白が目立つけど、しばらくしたら汚れて周囲の色と変わらないように成る。

 午前中はスイミング。前半は平泳ぎの足のドリルで後半はクロール。クロールでは久しぶりにタイミングの事を言われた。左手の手の掻き始めが早い。これは以前にしつこく言われて居た部分で、また悪い癖が出てきているのかもしれない。
 でもそう考えると気が滅入るので、全体が次のステージに上がったから新たに指摘が入ったのだろうと勝手に理解している。雨が止んでいたので久しぶりに自転車で往復してきた。良い気分なので帰りは遠回りして帰った。

スイム 2.0km
バイク 20km

| | コメント (0)

2017年7月 7日 (金)

本当に多孔質なの?

07071 昨日の続きでポルシェのブロアモータの軸受の話。昨日のはヒーターブロアだったと思うけど今日のはクーラー用でフロントについているヤツだと思う。
 故障の症状は昨日と同じで片側だけの軸受ブシュが長穴に摩耗してしまっている。昨日のは珍しくテール側だったけど、今日のは荷重の厳しいネック側。摩耗した位置的にはおかしく無いけど、こちらもブラシとかコンミュテータは全くと言って良いほど減ってない所がおかしい。
07072  1枚目は外したネック側のベアリング。昨日ほどじゃ無いけど長穴に摩耗して居る。
 2枚目はテール側で、全く問題なくスムーズに回る。



07073  今日のモータは軸側の摩耗がほとんど無かったので、ブシュだけを交換する事にした。ほぼ同じ寸法の手持ちが有ったのでそれを使う。




07074  仮組して落ち着きを見たら良い感じ。自動調芯も良い感じに働く。まあこれは決まってしまえば不要な機能だけど。




07075  こっちも組み上げて単体で馴染ませ、次に羽根を付けてしばらく運転したら完成。

 なんかおかしいと思うのは、ブラシやコンミュテータや反対側の軸受は新品みたいに綺麗なのに、どうして片側だけがガタガタに減ってしまうんだろう?と言う部分。
 私のヒーターブロアモータもガタガタに成っていたけど、これはブラシもほとんど無くなって居たしコンミュテータもはっきりと段付き摩耗していた。良い事じゃ無いけど、ここまで使い込めばブシュが摩耗もするよな・・・と言う気分に成れる。
 今回は2個も続いたから気にしているけど、そう言えばネット上で新品のモータなのにおかしいと書いている人が居た事を思い出した。一人は安いリプロ品だったけどもう一人はBOSCHブランドの事を書いていたと思う。
 まあBOSCHの偽物かもしれんし、BOSCHだからといって問題が無い訳じゃ無い。ブシュを仕入れている会社がいい加減で、オイルの含浸が出来ていないヤツが混じっていたりするかもしれん。
 さらに今の時代なら中国の山奥の怪しい工場から素材を仕入れたりしているかも知れん。そしたら間に合わない時にその辺に落ちている「普通の鉄」で形だけ作る様な事があり得るかも???。
 昭和30年代の安川のモータで、ボルトが入らないからハンマーで叩き込んで出したとか聞いたことがあるし、どこの工場でもいい加減な作業は転がっているからなあ。。。サンプル数が少なすぎて原因は解らんけど、これからは少し気を付けておこうと思っている。

ラン 5km

| | コメント (7)

2017年7月 6日 (木)

怖い物を無くしていく

07061 今日は説明が面倒なので写真を多めに並べるだけ。ポルシェのブロアモータを再生したのだけど、そこまでして再生しますか?と言う内容。
 でもこういう事をやっておくと、部品が出なくなったらどうしよう?とか、知らない車種が来たとき困る・・・と言った恐さが無くなって来るわけ。やらせてくれた某社様、ありがとうございました。

07062  1枚目は非常に良好なネック側のブシュ。色から鉄系の含油軸受と思われる。2枚目のコンミュテータもブラシの色がついているくらいで、爪で触っても段差が解らないくらい。



07063  じゃあ何故うちに入ってきたかと言うと、3枚目に示すようにテール側のブシュがガタガタに減っているから。対応する軸も減って居るから新品のブシュを入れてもガタが残る。
 しかもブシュの固定金具とかハウジングまで削ってしまっているからそんなに簡単に交換で済む話しじゃ無い。

07064  相当悩んでいたのだけど、意を決して旋盤でハウジング部分を切除してしまった。そしてそれに変わる部品を削りだした。




07065  外側から見るとこんな感じ。この段階では亜鉛メッキを全部除去したと思っていたけど、内側にうっすらとついたヤツが次の溶接行程で悪さした。読みが甘かった。



07066  内部にベアリングのアウターを受ける加工部がある。少し位相をずらしては居るけど溶接歪みが怖い。最小限の溶接にしたら少しだけ跡が残った。でも歪むより良いでしょ。



07067  ロータとの取り合いはこんな感じ。摩耗していない軸の部分に深溝玉を持ってきた。これは上記の溶接部とハメアイ部の位相をずらす目的も兼ねている。



07068  メッキしたらこんな感じ。溶接部を削らすにそのままメッキした方が大量製作品的で自然な感じだったかもしれない。




07069  中はこんな感じ。内部は特別な電極とか用意しないとメッキがつきにくい。今回は必要ないからこの程度でOK。




070610  界磁の磁石を装着。この磁石はアルミのリベットと板ナット?と言うのか、カエリがついた押し込むだけの板で簡単に固定されている。



070611  組み上げて馴染み運転をしたら出来上がり。

 こんな修理をやってみたと紹介する意図も有るけど、本当に書きたかったのは「ほとんど使ってないモータの片側ブシュだけが何故こんなに摩耗したのか」。
 長くなったのでこの件は明日に続く。明日はもう一個の別のモータの例を示しながら、ブシュの摩耗に関して何かおかしくないか?と思うことを書きたい。

バイク 12km

| | コメント (6)

2017年7月 5日 (水)

出戻り

07051 今日はゴミの日、先日袋詰めにしたビニールゴミを出せる。あまり早く出すと烏と猫がグチャグチャにしてしまうので、収集車が来る前くらいを狙って出した。雨が酷くてびしょ濡れに成ったけど気にしない。
 で、夕方になって見に行くとゴミ袋の大半が残っていた。良く見ると紙が貼ってあって「50cm以上の物が入っているから収集出来ない」と書かれている。
 そうだった、燃料にするゴミは切り刻むカッターのローラに絡まるからだったか、50cm以上の長い紐状や帯状の物はダメだったんだ。。。説明に明記してあるから私のミスだ。ハハハ、こう言うのは仕方ない。それに責任と原因がはっきりしているからあまりモチベーションは下がらない。でも出し直しだな。

07052  やることも有るし雨も酷いので白骨号の作業はなかなか進まない。取りあえずタッチアップでもしておこうと思い、燃料タンク下とかフロアパン下の路面に擦ってアンダーコートが剥げた部分を塗っていった。
 塗るのはタイホーコーザイの厚塗り用というタイプ。これはそのままでも普通のシャーシブラックよりも格段に濃いけど、紙コップに出してしばらく置いておくとケーキのクリームくらいに成る。これを剥げた所に置いていくように塗ると具合が良い。
07053  この車は私の元に来たときベタベタに車高が落として有った。そのせいだと思うけど下面に何カ所が摺ってアンダーコートが剥げた場所が有るわけ。
 アンダーコートは厚みが1mか2mmくらいは有りそうな弾力性の有るゴム質のヤツで、これの補修に前記のタイホーコーザイの厚塗り用を使っている。
 今までの作業で大半の酷いところは塗り終えて居るけど、リフトで上げた事で新たな発見も有るし、今までの補修跡を上塗りして滑らかにする目的も有って塗った。
 筆は100均で5本くらい入った小筆セット。訳の解らん塗料や薬剤を使うときはこれを使って使い捨てにしている。シンナーで洗ってウエスで拭いて・・・と繰り返すより安いし手間が省ける。トータルで環境に良いことかどうかは判らんけど、解りにくい物はコストで判断するしか無かろう。コストで判断すると明らかに1本が20円くらいの筆を使い捨てる方が安い。

ラン 5km

| | コメント (2)

2017年7月 4日 (火)

ほのかに漏れている

07041 暑くなってきてから散歩の後半でちゃしろがへばって動けなくなる。せっかく繋がった命だし、フィラリア陽性で他の犬より健康状態や寿命的に不幸せかもしれない。じゃあせめて大好きな散歩を思う存分させてやろうと、彼の希望を極力取り入れて居るのだけど流石に最近はダメだ。
 彼はあくまでも遠くへ遠くへ行きたがる。それなりに頭が良いみたいで、分岐点では必ず家から遠い道を選ぶ。でも気温が25度を超えたくらいから帰り道で立ち止まったり伏せてしまって動けなくなる。
07042  動けなくなるほどキツイのはフィラリア陽性の心肺にも良くなかろう。そう思ってここ数日は早めにUターンしている。そして今日は06:00前に目が覚めたので、朝食前に散歩に行った。これは悪くない。でも夕方に死ぬほど眠たくなった。試行錯誤して妥協点を探そう。

 夕方の散歩も短めに切り上げた。今の時期の福岡は19:00前頃でもそれなりに明るいので、白骨号のタイヤを4本とも外してエアガンで掃除しながら各部を点検して行った。
07043  98万円にしては奇跡的にオイル漏れとか致命的な不具合箇所が無いのだけど、オイルのサクションライン?にうっすらと漏れた油を確認。
 両側の挿入部は乾いているのでホース自体の穴かな?と思って良く見たら、その上に有るオイルクーラに行くホースからの油のような気がしてきた。
 どっちにしても修理しないといけない。直ぐに破れてエンジンが止まるような雰囲気には思えないけど、車検の後でシンクロを修理する時に纏めてやろうかな?とか考え中。

07044  最後はダレているちゃしろ君。もう少し平らな場所で同じポーズの時は、顎というのか唇というのか、その辺りが横にびろーんと広がって変な顔に成る。嫁さんは「かものはし ちゃしろ」と呼んでいる。
 この写真を撮るために近づいても、一瞬だけ薄目を開けただけで「なんだお前か。邪魔するなよ」と言った雰囲気でまた寝てしまった。何回でも書いてやる。家庭犬としてその態度はどうよ?!。

バイク 12km

| | コメント (7)

より以前の記事一覧