2020年11月11日 (水)

いろいろ変わっていく

11111_20201111211001 燃えるごみの日だったので、不要になったパソコンソフトをまとめて処分した。
 CAD系とかいくらお金を使ったんだ・・・と言う気持ちに成るけど、使えん物を持っていても仕方ない。

11112  でも数値地図だけは捨てきれずに残しておき、新しいWin10マシンにいんすとーるしてみた。
 カシミールで確認してみると「スーパー地形」との差は歴然でこれも廃棄処分が決定。
 これは50mだけどあっちは5mだったか、出た時はすげー!と感動したけど、さらに詳細なヤツが出ると使い道が無い事に気づく。
 でも時代が違うから残しておく意味は少しだけあるかな?。
11113  ポチポチ悩みながらやっていた怪しい?仕事。これと別に怪しいブロックが有るけど、そっちは公表すると問題が有るかもしれんので電池側だけ。
 数日前からふと思うことが有り、数枚作ってみたDC-DC基板を使わずにダイオードだけで電池に繋いでみた。するとその状態が一番成績が良いではないか(笑)。
11114 ちゃしろの散歩の時もなんだかんだと考えて歩いていたけど、電源のインピーダンスが極端に低いとそうなりそうな事が判ってきた。
 その考えを前提に実験をしてみると、確かに直結が最善になる。要はでっかい抵抗が入っているんだから、その先に変な機械つけて最適値を探ってみても仕方ない。直結してもっとも支配的な抵抗だけを残すのが一番。。。という感じか。
 本当に本当だろうか、もうちょっと考えるか。
11115  ラジコンの受信機のアンテナ。400mくらいでテレメトリの信号が切れる時が有り、なんか有るかも?と思って確認してみた。すると1本はケース出口で網線がすべて断線していて、もう1本もモコモコして怪しい。

11116  部品として売っているかどうか解らんのと、何とか言う小さなコネクタ付きの細い同軸ジャンクが有ったので相当品を自作した。
 こんなんでも、「技適の付いた無線機を改造した!」と騒ぐ人が居るんだろうな。電池を充電式に交換したのに噛みついているのを読んだ事が有る。それよりは罪が重い(笑)。

| | コメント (0)

2020年10月17日 (土)

田舎でリモートワーク

10171_20201017201901 家庭内LANの配線を少しだけやっつけた。以前のカテゴリー5に比べたら新しいカテゴリー6eは太くて固くて施工性が悪い。
 コネクタに差し込む時も固くてやりにくいし、もうカテゴリー5でもいいやん・・・と思い始めたけど、こんなページを見てしまったので仕方なく張り替え。
 要は、「現時点で新品を普通に買えるケーブルなら大差ないけど、大昔のカテゴリー5はさすがに測定値に大きな差が出るわ。」という事らしい。
10172 良い機会なのでテレビのネット接続も有線にした。今まではwifiで時々エラーが出ていたけど、これで安定してユーチューブの森高を見ることができる。
 それにしても最近のテレビはすごいなあ。余ったHDDを繋いだら録画できるし、LANケーブルを繋いだらネットに繋がる。チューナーとでっかい画面が付いたPCだ。
10173 広島行きで不思議だったミーブトラックと急速充電器の挙動。
 行きの寒いとき?は充電直後は安定して125Aが出た。



10174  この例では最後の方は12A。リチウムイオン電池の代表的な最大電流を規制して後半は定電圧の特性に成っている。




10175 帰りは気温が高いからかバッテリ温度が上がったからか、初期でも104Aしか出てない。





10176  ところが、この例では94%まで充電が進んでいるのにも関わらず101Aも流れている。
 最後の2枚は光の加減で同一充電器の良い写真が準備できずに違う充電器だけど、いずれも初期が100Aちょっとしか出ないくせに、最後の方も100A近くまで流れるという面白い状況が確認された。

| | コメント (0)

2020年10月14日 (水)

上手くいったり行かなかったり

10141_20201014205701 Z440のインチキ電源、低負荷なら動くことが確認できたので本格的に内蔵しようと思った。
 最初はDELLの電源筐体を少し削ってZ440に収めようと考えた。でもよく見たらHPとDELLの電源はよく似ている。内部構成もよく似ている。
10142_20201014205701  そこでHPの電源筐体の中にDELLの内臓を押し込むことにした。そしてHPのケーブルとの接続部も内蔵してしまえば、ぱっと見は解らない。



10143_20201014205701  全部組み込んでしまえば誰が見てもHPの700W電源にしか見えない。ハハハ。
 明日辺りに頼んだSSDが来るので、嫁さん用にOSのインストールとセッティングか。



10144  これはボチボチやっている930のDME。不調感が有ったらしいけど、コンデンサの液漏れに起因する?軽い焼損と、裏側には一部はんだクラッとかが有った。
 不調感の原因が上記かよくわからんけど、上記の修理に加え、リフレッシュ的な作業とエミュレータに繋いでの確認をする予定。
10145 これは出戻りの993用油量計。試運転するとほぼ一定の場所で針がスッと下がるらしい。
 うちでは全然症状が出ない。何が起こっているのだろう。下がるのは電源の喪失とセンサ線のGNDへの短絡くらいしか思いつかん。
 もしかして戻りのポンプが一時的に不調になり、本当にタンクの油量が減っていたりして(笑)。
10146  充電せずで入ってきた356の6Vダイナモとレギュレータ。急ぐだろうと早速試験してみたら、ダイナモはモータリングで回るしレギュレータは過充電だけど発電はする方向。
 モータと発電機は同じものを裏と表から見ているだけ。だからモータリングで回るのが全然発電しない事はあり得ない。
 うーん、解らんなあ。DMEはよくわかった個人の人だし、メータとダイナモは業者さん。症状が出ない場合、単品作業だとなかなか難しい。

| | コメント (0)

2020年10月12日 (月)

一芸に秀でる

10121_20201012203201 1月ほど前に買った中古のZ440、電源の調子が悪くて交換してもらったのだけど、交換品も数日で同じ症状が出てしまった。
 今後について色々と悩んだけど、本体は非常に調子が良いので電源を交換することにした。でもZ440の電源はなかなか見つからず、海外から中古を買ったら送料込みで2万を超える。
 そこでヤフオクに出ていたHDD無しのドンガラを買うことにした。これはバージョンが違う様で電源の調子が良く、これから電源を抜いて普通に使い始めた。この文章を書いているのがそのPC。
 で、HDDと電源の無いドンガラが余った訳。でもこれにはそれなりのCPUとメモリが32GBも乗っている。なんとか動かしたいなと思ってジーッと眺めていた。
10122_20201012203201 これは家に有ったデルの電源。ごく普通のATX電源でひと昔前の立派なスペックという感じ。




10123  そしてこちらがZ440の電源。700Wという数字に圧倒されるし、ネットではHPのWSは特殊という話があるし、新品も中古も見つからないという現実もある。半ばあきらめていたけどよく見ると全部が12Vじゃないか!。
 なんとZ440の電源は、常時給電の弱い5Vを除けば、すべての電源は+12Vしか供給してない。それ以外の電圧はすべてMB内で作っている。HDD系に供給する5Vですら、電源からもらった12Vを使ってMB内で5Vを作ってHDDへ行く配線に戻している。そりゃ特殊だわ。
10124 で、配線を調べてデルの電源を無理やりつないだ、3.3Vとか5Vは捨てて。通常使用なら50Wくらいしか使ってない事は解っているのでいきなり燃えるような事は無い。
 予想通りにBIOSが見えた。

10125  余りモンのHDDなのでまともに起動はせんけど、HDDを読み込んで何かをしようとする努力は読み取れる。よし、使える。これでZ440が2台手に入ったことになる。ハハハ。
 喜んでいたら嫁さんが欲しいと言い出した。彼女のPCは確かWindows7で、HPの直販から新品を買ったのに遅くて調子が悪いらしい。
 そりゃいくらHPと言っても数万円のやつじゃダメだろう。30万以上出してWSくらい買わないと(笑)。

| | コメント (4)

2020年10月 2日 (金)

錆びているよ

10022_20201002204701  1Gbps対応のハブが来た。ACアダプタタイプは嫌いなので電源内蔵タイプの8ポート。これが2,700円とか凄い世の中だ。
 直ぐに今までの100Mbps品と交換して、昨日と同じサイトで測ってみたら1.7倍くらいになった。絶対値は時間帯にも依るから気にしても仕方がないけど、ボトルネックが無くなったのははっきりわかる。
10023  ついでにその下にあったサイトでも測ってみたらすごい値が出た。これはちょっと可笑しい様な気がする。





10021_20201002204701  同じタイミングでカテゴリー6Aのケーブルも来た。さて15年ぶり?にLANケーブル作りでもしようと思って工具箱を出してくると、LAN用の圧着工具は錆びているし、電話用のヤツはプラスチックが劣化してひびだらけ。多分力を入れたら割れると思う。
 電話用は買うときに迷った記憶がある。簡易版のプラスチックと鉄製のやつで。安物好きなのでプラスチック製を選んだけど、こんな事なら鉄製にしておけばよかったよ。鉄ならワイヤーブラシでこすって油での塗っておけば死ぬまで使える。
 プラグがあるだけケーブルを作ろうと思ったけど、工具箱の中にRJ45のプラグは1個しかなかった。1個じゃケーブルに成らない。しかも6Aのケーブルをよく見たら太くて強そう。カテゴリー5の時代に使っていたプラグは使えない感じ。仕方ないから6A対応のプラグも50個ほど追加で注文した。
 今の状態はケーブルに規格外の信号が流れている状態になる。多分大丈夫とは思うけど、これでエラーとか出ても誰にも文句は言えない状態。早急にケーブルも更新しよう。

| | コメント (7)

2020年10月 1日 (木)

時代遅れ

10013 新調した中古パソコンは依然として電源の調子が悪くて起動しっぱなし(笑)だけど、それ以外は絶好調で使っている。
 ふとネットの速度を測ってみようと思って測ってみると、申し合わせたように100Mbpsくらいの値が続く。
 安定しているのは良いことだけど、この手の測定値がこんな感じで安定するのは大元はもっと早く、途中の何処かが安定したボトルネックになっているはず。
10012_20201001200401 辿ってみたらハブに10/100と書いて有った。そりゃ100Mbpsが上限になるのは当たり前だ。




10011_20201001200401  ついでにLANケーブルも確認するとカテゴリー5だった。どのくらいまで使えるか確認したらすでに時代遅れだった。
 広島で初めて家庭内LANを引くとき、かなり思い切って最新の早いケーブルを100mくらい買った記憶がある。それが残っていたので福岡の家でも貼りまくった。
 いやあ、すごい。スペックの世界じゃなくて実測値に対して機材がボトルネックに成る日が来るなんて。最初にこのケーブルを引いたときはモデムが「ピーガガガ・・・」と言っていて、PC対PCならともかくインターネットの実測値が上回る日が来るなんて思ってもみなかった。
 直ぐにハブはギガまで対応のやつを注文したし、ケーブルも6Aを100m注文した。張り替えの作業が面倒だけど、ついでに作業場までケーブルを伸ばしておこう。良い機会だ。

| | コメント (6)

2020年9月26日 (土)

初編集

 HS700Dで最初に1000m飛行したときの動画だけど、何かの理由で細切れに保存されている。これを何とかくっつけて、BGMを入れて、コメントというのか字幕というのかそんなのを入れて、訳の分からん操作をしてユーチューブにアップした。
 ここにアップされているはずだけど、さてどうだろう?。難しいもんだな。ブログは15分位で書けるようになったけど、動画のアップなんて何時間有っても足りない。

| | コメント (9)

2020年9月23日 (水)

インチキ修理で復活

09231_20200923201101 デロンギのコーヒーメーカーの調子が悪かった。でも騙し騙し使っていたら全くお湯が出なくなって終了。
 家庭用としては相当使い込んだので買い換えても良いのだけど、構造を見てみたいきもあって分解修理。

09232_20200923201101  Oリングを取り外すまで全部バラバラにしたのだけど、作業中は夢中になっていたので写真がない。最初の1枚目と2枚目は完成して試運転の画像。
 今回の作業でデロンギのすべての機構を理解できた。なかなか良くできている。少し凝りすぎじゃ無いのか?という感じもしたけど、イタリア人流石だなという感じ。
09233 長年の使用で各部が詰まっているのが基本的にダメだけど、とどめを刺したのはピストンというのかコーヒーの粉を圧縮して薄い円筒形にする機構の中に入っていたチェックバルブ?と思われる。
 この部分が素通しに成っていた様で、せっかく熱いお湯が来てもすべてがドレーンに逃げていた。
 チェックバルブを忠実に制作するのは難しかったので、適当なシリコーンの板を丸く抜いて、バルブというよりも蓋にしてしまった。ここは最終工程で負圧になる可能性があるけど、シリンダ内壁も摩耗して傷が多いので大きな問題には成らない予定。
09235 試運転も無事に終わったので、自作の750gホッパを取り付けて完了。朝食後のコーヒーが午後三時のコーヒーに成ってしまった。
 ああ疲れた。



09236  こちらは新しいPC。キーボードとマウスも常用している奴に交換した。買ったときは半信半疑だったけど、このキーボードは素晴らしい。もうハッピーなんちゃらを買うことは無いと思う。

| | コメント (5)

2020年9月22日 (火)

初めての投稿

 初めてWindows10のPCから書き込んでいる。上手く投稿できれば良いのだけど。

 ブラウザは使い慣れたFirefoxにした。XpのFirefoxは今風のWEBページに対応できず、不安定で何回も死んでいたけど流石に現行モデルは普通に動くから素晴らしい。
 メーラーはthunderbirdにしようと思っていたけど、データの移行が面倒だったのでとりあえず今までと同じshurikenにした。大昔のver.4は不安だったので2018を2,200円で買ってアップした。同じメーラーだから接続の設定まで移行できて楽だった。でもジャストシステムはもはややる気がないので、早急にthunderbirdに移行しておきたいところ。
 画像は今までVIXを使っていたけど、既に推奨されないソフトになっていた。とりあえず起動したら普通に使えたのでこっちもしばらくはVIXで行こう。
 問題はCADだけど、2006からバージョンアップしてないのでそろそろ新規で買ったほうが面倒が少ないかもしれない。

 本当はデロンギを修理した事を書きたかったけど、このPCで画像を入れた記事を15分位で作るのはまだ無理。

| | コメント (13)

2020年9月21日 (月)

ディスクじゃ無いよね

09211_20200921210701 win10のクリーンインストールも出来たのでSSDにヒートシンクでも付けておこう。
 実は買うときは全然考えて無かったけど、買ってから調べて行くうちにヒートシンクがいるらしい?事が判明。

09212_20200921210701  手持ちの中から使えそうなヤツを見繕ってみた。
 HP初期の純正品にはでっかいヒートシンクが付いているけど、最近のヤツには付いてない写真も有る。最近は要らないのか、ヒートシンク無しの写真が掲載されているだけなのか。
09213_20200921210701 合体させてみたらチップとの間に隙間が見えた。SSD基板が反っているみたいだ。単体ではOKなので変換基板に固定したら反るみたい。
 矯正のために適当な材料を挟む事にした。全面に挟むと冷却が悪く成りそうで細い棒状のヤツを2本。
09214_20200921210701 本来ならシールを剥がしてメモリの上に直接ヒートシンクを乗せたい。でも横にあるチップコンデンサと高さが一緒に見える。仕方ないのでコンデンサにはカプトンテープを貼り、メモリには熱伝導シートを乗せて高さ調整。

09215 本来は要らんのだけど。 シートの固定用に熱伝導グリースを少しだけ。





09216  固定が難しそうだから、サイズは小さい方にした。これでも売っているのよりも随分デカイし底面の厚みも厚い。




09217  固定はインシュロックでいい加減で済みません(笑)。
 ただ、結構激しいアクセスが有ると思われるOSのインストール時でも、指で触って少し暖かい位で済んでいた。これから想像するに、よほど変な事をしない限りヒートシンク無しでも行けたかも知れない。まあ、このPCではFusion360も動かそうと思っているので、その時にもう一度検証してみよう。

09218  動画の編集を練習し始めた。最後の書き出しはCPUがオーバークロック状態で全開だ。




09219  これを見ると動画をやる人達がCPUパワーに拘るのも良く解る。CPUだけがプルパワーでそれ以外は遊んでいる。あとは保管場所としてでっかいHDDか。

 今回の作業で思ったけど、SSDって変な言葉だ。もう何処にも「ディスク」なんて使ってない。ただの不揮発性のメモリだもん。
 この手の物が無かったのならそんな言葉も解るけど、PCの世界にはHDDよりも先にメモリと言う物が有ったのに、誰が言い出したんだろう。まあその頃のメモリは電気を切ったら消えていたけど。

| | コメント (9)

より以前の記事一覧