2017年5月14日 (日)

リレーマラソン

 3月頃の体調のメチャ悪いのは治ってきたけど、去年の秋頃から全然トレーニングが出来ていない状態は続いている。それでもトレッドミルが稼働を始めて少しずつ上向きに成ってくれたら良いなと言う状態。
 それなのに福津の女王様ことshinakoさんからメールが来て、グローバルアリーナのリレーマラソンに出ろとの命令。流石に50代で優勝を狙うチームは絶対に無理と返したら、他の人も調子が悪くて優勝狙いのチームは組まないらしい。と言う事で無理矢理参加することに。

 いつもは入り口の右折で込むからと、遠回りして左折で入ったら右折も1台しか待って無かった。ハハハ、こういう事も有るさ。次回に右折で入ろうとしたら込んでいるはずだ。人生だもの。
 私は希望通りに遅い方のチーム。早い方のチームは1周2kmのアップダウンと急カーブの有る走りにくいコースで7分を切るかどうかの走りを続ける。遅い方の私達は同じコースで8分を切るかどうかの走り。まあ今の私はトレッドミルの12km/h(キロ5分)がキツイのだから話しに成らんけど。
 ところが意外なことに1週目は8分5秒だった。これは感覚的にトラックならキロ4分は十分に切っているタイム。ちょっと信じられなかったけど素直に喜んだ。と言うことはトレッドミルの速度はやっぱりおかしいんだろう。
 2本目3本目と順調に遅くなり、最後の4本目は8分25秒だったと思う。これだとトラックでキロ4分5秒くらいか。流石にキロ4分よりも速いはずとは言えないタイム。
 とは言っても最後までキロ4分15秒は切って走ることが出来た訳で、走った距離にしてはよく走れているなと言うのが素直な感想。これってちゃしろの散歩が随分効いて居るんだと思う。と言うことはこれにトレッドミルによる筋力とか瞬発力が身につけば、もう少し速いタイムが期待できるのかな?。。。と久しぶりに明るい気分。

ラン 8km

| | コメント (0)

2017年3月 8日 (水)

機材の準備は整った

03081 2柱リフトの設置に関して、機材的な準備はほぼ整った感じ。今回の工事に関してはケミカルアンカを使うことにしたのだけど、そのカプセルとか寸切りボルトとかナットとかコンクリ用のキリとか振動ドリルとか掃除用の機材とかetc.。
 上でケミカルアンカと書いたけど、これは確か「セスナ機」みたいな位置付けだったはず。NHKとか国土交通省的には「接着系アンカーボルト」とか書くべきかも。まあ個人のブログなんでどうでも良い。

03082  ケミカルアンカと言えば笹子トンネルの事故が思い浮かび、耐久性は大丈夫か?と考えてしまう。でも逆の見方をすれば不完全な上向き施工でも35年間も耐えた訳。35年後に私は94歳に成っているから、そこまで耐久性が有ると逆に息子達が困る(笑)。
 今回はリフトを吊って基礎ボルトに上からそーっと乗せる事は出来ない。だから最も確実な植え込み式の基礎ボルトは採用できなかった。そこであと施工に成るわけだけど、ホールインアンカみたいな金属拡張式よりは接着系の方がマシだろう。
03083  サイズ的にはバカ穴がΦ20だったのでM16とした。M18の可能性もゼロでは無いけど、M18の流通性とか基礎ボルト穴で有ることを総合的に判断するとM16の4級穴で有ろうと言う判断。ボルトの強度は接着強度とのバランスから4.8で十分と思う。
 振動ドリルは貰い物、広島のYさんありがとうございました。今回の穴径は19mmでドリルの能力は20mm。プロ的にはギリギリかもしれんけど、素人が休み休み作業すれば行けるんじゃ無いかなと思う。
 施工説明書通りにブラシとエアガンも準備した。アンカも打撃と回転が必要なタイプじゃ無くて打ち込みだけでOKのヤツにした。行けるんじゃ無いかと思うけど、こればっかりはやってみないと解らん。

| | コメント (0)

2016年9月18日 (日)

トライアスロンフェスタ

09181 今シーズン最後の大会として福岡トライアスロンフェスタに行ってきた。台風が遅れ気味なので曇りの快適な天気を想像していたのだけど、雨で時折土砂降りと言うとんでも無い天候だった。

 日頃の勝手な振る舞いが祟ってこの連休は嫁さんに逃げられている(笑)。07:00過ぎには家を出たいので06:00頃からちゃしろの散歩。リズムが違うからヤツは小屋の中から飛び出て何事?と言う顔。散歩が終わってから急いで朝食を食べ、婆さんの分を軽く並べて会場へ向けて出発。
 移動中に既に土砂降り。弱くなった瞬間も有るけど雷が鳴る時さえ有る。もしかして中止かも?と思いながら到着したら皆さん来ていた。仕方なく受付まで自転車を押していって準備完了。
 今年は1走。チームは40台後半のお嬢さんと50台後半のお爺さん2名の男女混合チーム。順位を狙うチームじゃ無いから凄く気楽だった。さらに天候のせいでバイク4周回が2周回に短縮されたので肉体的に楽が出来た。
 結果はよく解らん(笑)。表彰される訳が無いし雨が酷いので弁当を食べたら表彰式が始まる前に帰ってしまったから。廻りの人の数から想像するに大半の人は同じ行動を取った模様。

 本当なら長男を堺から呼び戻して濱畑家の娘とお見合いをさせようと考えて居たのだけど、何か感づいた様で(笑)帰らないと言いだした。人生は小さな可能性を一つ一つ拾って行かないと駄目なのに、大馬鹿者のヤツは気がついて居ないらしい。
 あとは体調不良でDNSのスキンヘッドの外人とか、朝一に代走を頼まれて家族を捨てて駆けつけてきたお父さんとか、ランを4周走ってヘロヘロに成ったお母さんとか、色々面白そうな話も聞いたけど、土砂降りの雨のせいでかなり忘れてしまった。

 帰ってから最低限の片付けをしていたら財布の中まで濡れて居た。お札は丈夫だから乾かせばOKだけど、一緒に入れてたVISAのギフトカードがヤバイ状態。印刷が裏や隣に写って偽物っぽい。2万円分有るのにえらい事だ。丁寧に乾かして適当そうな店で速く使ってしまおう。
 朝が早かったので風呂掃除をして無かった、今からやろうと風呂に行ったら既に掃除済み。婆さんに聞いたら「あんたが忘れちょうと思うて自分でした、あのくらいは出来る」と、どうして探し出してまで無理をするかねえ。。。もう怒る気分にも成れない。
 雨の中をちゃしろと散歩して気分転換し、自分と爺婆の晩飯の準備をして適当に食ったら1日のお終い。最後にケチが付いたけど死なずに怪我せずに楽しんで帰って来られたんだから良い1日だったと思う。
 犬の本でも読んで寝よう。

スイム 0.4km
バイク 10km
ラン 6km

| | コメント (5)

2016年8月28日 (日)

バーニーズのリキちゃん

 天気が非常に怪しかったのだけど大島アクアスロンに参加してきた。この大会は連絡船で大島に渡る必要が有るために、濡れるかどうかにプラスして船が揺れるとか帰れないと言う問題も有る。降水確率90%を見た後、揺れる気持ちで神湊に向かった。
 港にはこんな時でも来てしまう変態老若男女が一杯。。。みんなで船に乗って会場の大島に向かった。船は揺れたし帰りは土砂降りでずぶ濡れに成ったけど、競技中は小雨程度で楽しく競技を終えることが出来た。
 内容としては気持ちよく泳げて気持ちよく走ることが出来た。明らかに宮島や皆生の頃に比べて調子が良い。このまま来年に向けてあげていこう。気になる選手に対しては、濱畑父と濱畑長女には勝った。どちらも私がゴールしてから数名後という僅差では有ったけど勝ちは勝ち。今夜は気分よく眠れる。
 順位とかは解らないけど、私が勝った濱畑家の長女が女子2位との事だった。と言うことは女子総合で2位という事だ。男子総合とか年代も感触通りに悪くない結果だろうと勝手に想像しておこう。1週間くらいしたら結果が出るかな?。

08281  私が不在の間に我が家では第2回零細中小企業の会計を考える会が開催されていた。弊社からは経理部長が、某社からは社長と経理部長がそれぞれ参加。
 会議の内容は解らんけど、某社の美人経理部長からお土産を沢山貰ったみたい。ちゃしろ用として高級そうなおやつを貰っていたので早速与えたらこの有様。。。ちゃしろに代わって「ありがとうございました ワン!」とお伝えいたします。
08282  おやつの後で散歩に行ったときのこと、あまり通らない山奥の道を歩いていたら奥の方から「ワン」と吠えて大きな黒い犬が走ってきたではないか。
 今までに2回ほど同じ様なシチュエーションに出会っており、両方とも相手がちゃしろの上に乗っかかり、ちゃしろが下から相手の後ろ足を噛んで怪我をさせたと言う経験が有る。
 デカイから相当やばいなと思ったけど何かを感じた。すると大きな犬はちゃしろの鼻先で止まってお互いに匂いをかぎ始めた。少し不安を感じながらも「仲良ししろよ~」とか言いながら見ていた。攻撃的な犬じゃ無いみたい。でもこんなのを放し飼いにするかあ!?。
 5秒くらいして飼い主が出てきた。軽く知っているオッサンだった。「夜の間だけ放しちょうと」と軽く言う。いや、この犬ちゃしろの2倍は有るでしょ、犬嫌いの人は倒れるわ(笑)。おとなしくて噛むことは無さそうな犬だけどねえ。
 相当でかいけどかなりのビビリ、ちゃしろが前に進むと「ワン」と吠えて後ずさりする。でも今までに会ったどの犬よりも近いレベルで仲良しが出来ている。なんか嬉しかった。写真は別の犬だけど同じ犬種でバーニーズ・マウンテンドッグ。名前はリキちゃんでちゃしろと同じ2歳とか。これからは時々遊びに来よう。

スイム 1.0km
ラン 10km

| | コメント (2)

2016年8月21日 (日)

年代別3位、女子総合6位

 紫川アクアスロンに参加してきた。百道のアクアスロンは何回か出たことがあるけど、紫川は今回が初めて。うちからだと紫川の方が少しだけ近いかな?と言う程度。水が綺麗になったから始まったとか書いてあったけど、そんなに綺麗じゃ無かった。
 バイキングから何名来ているかな?と思っていたけど、私と武友さんだけで他のメンバーは来ていなかった。去年まで出ていたジャックは陸上のマスターズに行ったらしい。

 皆生が終わってから1月ほど。ガンガン練習していたとしてもその程度の期間で人の身体は変わらない。でも距離が短いからそれなりに強度は上げていこうと思ってスタート。
 溺れて死ぬのは嫌なのでウェットを着たけど、あまりに暑すぎて相当後悔した。水は汚いけど割りと泳ぎやすい。でも折返しのブイの辺りのバトルで頭を押さえられて帽子とゴーグルが脱げた。直ぐに手で押さえたので無くなりはしなかったけどかなり慌てた。立ち泳ぎをしながらゴーグルを再装着するのも苦労した。シンクロの選手は凄いわ。
 ランは強度を上げたいのだけど、脚が付いてこずにハアハア言うほど強度が上がらない。こりゃ短くても良いからまずは強度の高いランをやって脚筋力を戻さないと駄目な感じがする。
 年代別にゼッケンが分けて有る。さらに1kmの10周回!と言う退屈なコースが幸いしてだいたいの順位が解る。年代で3位くらいかな?と思いながらゴールしたらその通り。速報データだけど年代3位で女子総合で6位だった。

 今の実力は出せたと思うけど、これじゃ駄目なのも確か。来年は皆生で年代3位から6位あたり、再来年の60代では3位以内に入りたいなあ・・・とか考えて居るわけだけど、皆生はロングの西日本選手権くらいのポジションに有る。その大会で年代3位から6位に入るには、各県内のローカル大会では年代で1位に成る位じゃ無いと駄目だ。
 まあアクアスロン職人とかデュアスロン職人みたいな人も居るから、いくらローカルでも2種目競技で1位は難しいかもしれん。でも僅差の2位くらいに入る実力じゃ無いと皆生の3位から6位は無理だ。
 皆生で3位以内に入るつもりなら、アクアスロン職人すら押さえて1位に成る位の力が欲しい。実際に皆生で年代2位から4位あたりをうろついて居た頃は百道で2回ほど1位に成った。。。今の状態からそこまで戻せるかなあ。
 一緒に過ごした武友さんは総合の1位だった。あのメンバーなら勝たないと駄目と言われるかもしれんけど、実際に1位に成るのは中々難しい。勝つべきレースで勝てる人はやっぱり凄い。

スイム 0.8km
ラン 10km

| | コメント (4)

2016年7月19日 (火)

ちゃんぽんは美東より鹿野

07191 皆生からの帰宅日ネタで第二弾。寂れたピンク街だけじゃ無くて旧車雑誌の表紙に成りそうな景色も有った。やっぱりMINIは絵になるなあ。新型ではこうは行かん。
 駐車場の出口が込むし抽選会は当たった試しが無いので少しだけ早めに会場を出た。予想通りに凄くスムーズに米子市内を脱出して宍道湖を右に見ながら西進。
 宍道湖に松江と来れば竹内まりやだろうと思いカセットテープをキョンキョンから交換。本当なら「いのちの歌」から「縁の糸」あたりを聞きたい所だけど、古い曲しかカセット化して無いから昔の曲を聴いた。
07192  停車中の映像だけど白骨号の油圧計はこんな具合。ゼロに成るより精神的には楽かも知れんけど、常時振り切れて居るのも気分が良いモンじゃ無い。航空機なら途中で引き返す所だった。
 取りあえず白骨状態で帰ることに成らずに済んで良かった。これもひとえに念仏を唱え続けているおかげだろう。親鸞聖人ありがとう。

07193  適当に休憩を取りながら帰ってきた。途中で「アイスもみじ」なる物を見かけて食べてみた。値段も250円くらいして高いし、高級感のあるアイス最中でしか無いから、次は買わん様な気がする。
 宮島大会の帰りに美東SAでチャンポンを食べた。三男のMINIを陸送して帰る時に食べたチャンポンが美味しかった記憶が有ったから。でも名物だと大きく書いてあったにも関わらず何か違った。味が違うし建物の感じも違っていた。そして今日、鹿野SAに入ってここだったと思い出した。もう一回食べて見たかったけどそこまで腹が減って無かったから諦めた。そうか、あのときは六日市から中国道で帰ったんだった。
07194  何事もなく帰宅、16:30頃だった。コーヒー飲んでホッとして、いつもの時間にちゃしろの散歩に行ってきた。普段ならそんな元気や脚の筋力は残ってないのに今年は十分残っているのが悔しい。
 夜も久しぶり?だったからちゃしろと遊んだり、毛を梳いて手入れしたり、脚の横の爪が伸びていたので切ったりしていたら夜が更けて来たので寝た。
 トライウエアは洗ってないしウェットスーツも袋に入れたまま。ランニングシューズも濡れたままで袋に入っている。トライアスロンの神様御免なさい。ちゃしろと遊ぶ方が楽しかったから許してください。

| | コメント (4)

2016年7月18日 (月)

皆生温泉研究

07181 何となく早く目が覚めてしまい、おーゆホテルのように朝食も風呂も無いからすることが無い。仕方なく周囲をぶらぶらと散策してみた。
 私にとって皆生はトライアスロンの場所でしかないけど、一般的には割りと有名な温泉地。1枚目の写真はトライアスロン発祥の地の像が写っているけど、その向こう側には今風のビルの中に和室が並ぶ温泉旅館が建ち並んでいるのが解る。
 ただ左手には古そうな町並みも少しだけ見えており、全ての建物が近代化された訳では無い。今日は始めてその辺りの裏露地というか昔のメインストリート?を歩いてみたのだけど、なかなか面白い場所だったので紹介したい。

07182  何時の大会だったか一緒に成った選手から話を聞いた事がある。彼の父親もトライアスリートで「皆生に行ったらトルコに寄って帰るのが当たり前」と言ったらしい。それを嫁さんが聞いてから皆生だけは絶対に参加させて貰えないとか(笑)。
 温泉組合の人が書いた歴史みたいな物の中にも、お色気路線から抜け出す一つの道としてトライアスロンを始めたみたいな事が有ったと思う。
07183  2枚目以降の画像で解るように、今やその手の路線は壊滅状態に近い感じを受けた。2枚目は直方の路地よりも寂れている感が有るし、3枚目は廃墟なのか営業しているかの区別すら困難なソープ?。
 誰か忘れたけど皆生に行かせて貰えないあなた、この写真を見せて「俺にはここに入る勇気が無い」と言えば奥さんも納得してくれると思う。
07184  4枚目はもっと凄くて大人のオモチャ屋と射的。これは夜になったら営業している雰囲気が有る。平成天皇が退位を考える時代にこんな物を見るとは思わなかった。もはや小沢昭一と言うよりも柳田国男の世界に脚を踏み入れている気さえする。
 早起きして散歩したおかげで面白い物を見ることが出来た。路地の突き当たりには皆生温泉神社が有ったのでお参りしてきた。財布の中の1円玉を全部放り込み、「来年も健康で参加できますように」とお祈りしたから大丈夫だろう。
07185
 散歩が終わったら閉会式会場へ。今年は福岡組とほとんど会えなかった、皆さん先に帰ってしまったのだろうか?。唯一会えた濱畑夫妻と同じテーブルでずっと喋っていた。
 お互いに良い年なので、相手に恋人が居るかどうかとか、今日の帰りは一人か?とか、そんな事の探り合いじゃなくて(笑)、息子とか娘の歳は幾つか?とか、恋人が居るかどうか?とか、そんなことの探り合いをしながら。
 長くなったので帰り道の事は明日にでも。

| | コメント (0)

2016年7月17日 (日)

やったことは裏切らない

 第36回皆生トライアスロン、写真が無いんで誰か持っていたら下さい。お礼は来年有ったときに熱い抱擁でも(笑)。

 始めに結果を書いておくと、11時間51分23秒で382位。内訳としてスイム、バイク、ランの全てが予想というか目標から綺麗に1割ずつダウンした感じ。物事の判断はきちんと出来ているが、自分に対して徐々に評価が甘くなってくると言う老人特有の現象が出てきた様だ。
 今年は積み上げてきた物の小ささから、成績がパッとしない事はあらかじめ解っていた。それは仕方ない、それが今の自分の実力だから。でも老化が始まったのは困るなあ。来年から自己評価は2割くらい厳しく再評価するように心掛けよう。

 パッとしないレース内容を書いても仕方ないけど、反省しない人間は進歩しないし臥薪嘗胆の材料として残しておこうと思う。まずはスイムから順番に。
 全ての準備が落ち着いて出来た。ウォーミングアップも適当にやった。今年からフローティングスタートと成ったので、人が少なそうな右端からスタートすることにした。でも最初の旋回点でグチャグチャに成るからあまり変わらなかった様な気もする。
 人との接触という面では一番泳ぎやすく感じた。これは私自身が接触に慣れてきたり不規則な呼吸に対応できる様に成ったのかもしれない。うねりは岸近くですこし有ったような気がした。
 無理をせずに楽ーに泳いで中間点通過27分くらいかな?と思って時計を見たら35分が見えてガックリ。まあ潮の流れもあろうと思って帰りも同じように落ち着いて帰ってきた。そしたら同じように1時間5分くらいの時計。この時点で目標達成に黄色信号が見えたような気がした。

 バイクへのトランジットも全て歩いた。いつもは良い順位を狙うために「頑張らない」と書いているけど、今年は本当に力が不足しているから頑張ると途中で本気で潰れてしまう。だから最後まで押さえて押さえて漕ぎ続けた。
 そのおかげか用意した薄皮アンパンに塩を練り込んだ補給食は完食。そして最後の30kmくらいは腹が減って溜まらない状態になってしまった。仕方ないので最後のエイドでバナナを2本分くらい口に放り込み、コーラも飲んでスタート。これが効いたのかバイクの最後では空腹感だけは無くなった。
 数年前と一緒のシチュエーションで、バイクの最後の方でアスロンズ1号氏に抜かれた。でも今年は付いていったり抜き返す元気が無かった。

 ランもバイクと同じくらい出来てない。ハーフを2本ゆったりと走っただけ。ちゃしろの散歩で月間300km歩いているのでいざとなったら完歩は出来る自信が有ったけど。
 悪くないリズムで脚は前に出るのだけど、以前に比べたらスピードが全く遅い。以前ならランでガンガン抜いていく展開だったのに今日はランで抜かれる始末。。。まあこれが実力よ。
 皆生名物の歩道橋前で信号に引っかかった。すると背の高い美人が大きな傘を差し掛けてくれた。思わず「レースクイーンみたいだ」と声が出た。榮倉奈々を体育会的にした感じのお嬢さん。「すっごくスタイルいいですねえ」と言うと「背が高いだけです」と。背が高い事が彼女のコンプレックスに成っているのかも?と感じる言い方だった。次に来たオッサンも「レースクイーンみたいや」と言ったので笑った。
 いつもより出発点寄りでトップとすれ違った、知らない人だった。カボス君は随分後の方だった。吉村君と広島の蕎麦屋には気がつかなかった。後で知ったのだけどリタイヤらしい。レベルは違うけど色々ドラマは有ったみたいだ。こんなの全部を含めて実力だし人生だもんね。
 最近バイキング練習会に来てくれる中山君は凄く良い位置。斉藤お姉さんは30分以上前。アスロンズ1号氏と広島のライバル爺さん(笑)とは何とか余裕の距離か?と言った感じで折返し。
 帰り道は日が陰って来たことも有り、何回も何回もトイレに行きたくなって困った。気分的には全てのエイドでトイレに行った様な気がする。日差しが弱まり始めた頃に水を飲みすぎたのかもしれん。
 刺激入れ的に敢えて歩いた事は有ったけど、今年は歩かずに最後まで走った。でも大半を歩いた2年前よりもタイムが悪い。もうランの練習なんかせずにバイクだけ練習しようかな?とか考えてみたり。
 最後の方で濱畑母に会った。ペースに依るけどギリギリ完走できるくらいの位置と時刻。「諦めんかったら行けるよ!」と声をかけたけど「ミツヤスさん、脚が痛い」と泣いている。なんかハグしてやりたい気持ちに成ってしまう。旦那はこれにやられたんだな(笑)。
 最後までポチポチ走って静かにゴールした。ゴールタイムを見て今まで積み重ねて来た物の小ささを再確認すると同時に、自己評価の甘さを恥じた。

 少し他の人のゴールを見ようと思ったけど、小雨が降り始めたので慌てて着替えて帰った。でも只の鉄人ラーメンだけは食べたけど。
 帰ってからはホテル近くに新しく出来たコンビニに行き、弁当とかおやつを買って帰って夕食にした。なんか疲労感も満足感も敗退感も希薄な1日だ。練習が出来ていない事も有るけど、物事の感じ方がぬるく成ってきている様な気もする。歳を取るって肉体的な劣化ばかりじゃなくて、精神面の鈍化も大きいのかも。

スイム 3km
バイク 145km
ラン 42km

| | コメント (14)

2016年7月16日 (土)

観光ビジネスホテル皆生温泉

07161 皆生へ移動の日。松江道が出来たので余裕があり、ちゃしろの散歩をしてから出掛けようかと思っていたけど、嫁さんが行くというので散歩は無しで07:30に白骨号で出発。
 白骨号の油圧計にトラブルが発生したけど、油圧系統じゃ無くて計器系統の問題だと解ったのでそのまま走り続けた。年に数回しか会わない人達と懐かしい話をし、選手登録と開会式が終わって宿に向かった。
07162  ガソリンは往復分くらい行けそうだったけど、ランで迷惑をかけるスタンドで入れることにしている。今年はシェルで入れた。448km走って35.3L入ったので12.7km/Lと成った。なかなか優秀じゃ無いか。

 今年は参加できるかどうか解らなかったのでいつものおーゆホテルは取れなかった。変わりにもう少し近いのに安い「観光ビジネスホテル皆生温泉」という所を予約した。温泉街に近い、大会に近い日程、料金が安い、なのに予約できる事から少々不安が有ったけど、なかなか楽しめる宿だった。
07163  今風の大きなビル旅館やホテルが建ち並ぶ中、ここの建物は異彩を放っている。一棟だけ西成から持ってきたかのようだ。中には小さな部屋が並んでいて、今時風呂もトイレも共同。しかも風呂は1箇所だけなので男女で時分割して使う。
 でも駐車場だけは凄い。全部屋30室も無いと思うけど、全ての宿泊客が自家用観光バスで来ても駐車出来る程の広さがある。このアンバランスさが素敵すぎる。。。
07164  部屋の壁は薄くて、小さな咳払いでも手に取るように聞こえる。一部屋だけ有るツインに夫婦が泊まっていたけど、セックスする気には成らんだろう。二人とも選手だからそんな気分では無いと思うけど。
 最初はとんでも無い所を予約してしまったと後悔したけど、廻りが全て大会参加者という事も有って気兼ねが無い。共同のトイレも風呂も直ぐに慣れた。オーナーだからかフロントの接客も悪くない。大会が斡旋している相部屋の高級旅館よりも大会参加者向きな気がする。二泊目には来年もここで良いかも?と思い始めたくらい。
07165_2  私にとって唯一困ったなと思ったのは電話。今時携帯電話を持たない人なので、部屋の電話から外線がかけられないと成ると全ての通信手段を遮断されたに等しい。まあこれも旅の情緒と割り切って山陰の旅を楽しむ事にした。
 5枚目はイオンで見つけた夜のデザート。プリンにしようか、モンブランも捨てがたいな・・・と悩んでいたらこんなのを発見。大喜びしたけどモンブランの食感がイマイチ好みじゃ無かった。

| | コメント (0)

2016年7月 4日 (月)

空へのチャレンジ

07041 婆さんの病院3回目。何だかんだで昼過ぎまでかかってしまうので暇つぶしに先日買った古本を持っていこうと思っていた。でも行く前にパラパラ読んでみると少々読みにくく、待合室の細切れの時間に読むには適して無いような気がして止めた。
 全日空の立ち上げ時期の話を、最後は取締役あたりまで成った一人の整備士の足跡をたどりながら纏めてあるらしい。夜にでも一気に読もう。

 婆さんの方はギブスのまき直しとレントゲン撮影。まあ順調でズレもなく推移しているらしい。仮骨とか言う言葉は出てこないのでだいぶ先の話かもしれん。
 痛くなければ茶碗くらい持っても良いと言われたけど、既にそれ以上の事をしているから意味がない(笑)。「畑が気になって・・・」とか言うから「畑は駄目」と言われたのだけど、既にネギを取りに行ったり仏様の花を取りに行ったりしている。
 そんなリスクを冒してまで花を供えろと主張するご先祖様とか神様とかクソ食らえと思うのだけど、婆さんはそれが良いことで求められていると信じているから放っておくしかない。止めさせるには縄で柱に括りつけるしか無かろう。

 取りあえず宮島は終わったので次の皆生の事を考えている。今の状態で確実に完走するにはどのくらいのタイムを目標にしたら良いか具体的な数値を求めて。そこで過去のデータを引っ張ってみた。
 1年前は骨折で不参加
 2年前は脚の故障を押して参加し、ランで歩いてしまい11時間27分で350位。内訳はスイム54分、バイク5時間10分、ラン5時間22分。
 3年前は普通の状態で10時間31分の142位。内訳はスイム1時間2分、バイク5時間4分、ラン4時間24分。
 4年前は普通の状態で9時間46分の70位。このときはデュアスロンでラン35分、バイク4時間59分、ラン4時間12分。
 この辺を見ながら今の状態での目標タイムを考えてみる。あくまでも上位を目指すための高めの数値ではなくて、この辺りを目指したら安定してベストの数値が出せるんじゃ無かろうか?と言う安定目標。
 同じ考えて今回の宮島は、スイム1時間、バイク3時間、ラン2時間の6時間を予定していた。多少の増減は有ったけどまあ妥当な数値だったわけ。それと同じ事を皆生でも設定しておきたい。
 スイムは1時間くらいで行けるだろう、これが駄目な時はトラブルでリタイヤか死んでいるか。バイクは通常は142kmを5時間10分としたら27.5km/h辺り、これから2km/hほど落として25.5km/hで計算すれば5時間34分。ランに余裕を残す意味で少し増やして5時間40分としよう。ランは前半5時間ペースで行きハーフで余力が有れば全力に切り換えて10分稼ぎトータル4時間50分。これで合計が11時間30分。
 11時間30分を1年前の記録に当てはめてみると361位となる。これより前に福岡県の50歳代は居ないので、今年は強い人が出ても県内の50歳代の1位から3位くらいに入れて来年も何とか成るかな?と言う皮算用。
 どうなるかな?。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧