« 不思議な絶縁物 | トップページ | 太陽電池の電子辞書 »

2021年3月30日 (火)

発電所出現

03301_20210331113501 何気なくグーグルマップを見たら我が家周辺の画像が更新されていた。
 新しい画像で変わったのは、裏の太陽光発電所が見える様になったのと、嫁さんのルーテシアが確認出来る事くらいか。
 よく見ると前の畑に廃材が有るのも解るし、畑の一部をイノシシ除けの網で囲っているのも状況を知っていれば判別できる。

 こうやって見るとソーラーパネルを置いている場所は、我が家の土地の中では日射的に最悪の場所だ。この写真で右側の畑や田んぼもうちの土地なので、日射的にはそっちの方がずっと良い。
 でもそっちにすると給電の問題が出て来て、田舎道とは言え道を超えて給電しないといけなくなる。電柱にしても地中にしても大変な工事だし、公共の場所を経由するので法的な問題なども調べなければならない。
 小さな問題は有るけど、今の場所でもギリギリ自家消費分は供給できている。この実績を元に、前の畑には独立した車両充電用だけの発電所を作ろうかな?と考え中。
 それなら道を超えて給電する必要は無くて、車を下の畑側に止めれば良い。しかもパネルを上手に設置すればカーポートの屋根としても使えそうなので、今後のEV化に向けて面白い実験じゃ無いかな?とも思って居る。

 今は個人レベルでも、色々な工夫をしたり格安品や中古品を使って構築したシステムなら数年で元を取る時代に成っている。ということはもっと資金力のある所が大規模にやれば、全部新品でちゃんとした部材を使っても十分に収益力の有るシステムが組めるという事。
 事実、時代遅れの某国(笑)以外では再生可能エネルギが最も安価なエネルギとして認識され始めている。あの中国も1年で原発120基分の太陽光発電所を建設した。これは環境を考慮した意識高い系の言動に見えるけどエネルギの自給と独立も意味する。
 我が家は切り詰めれば電気を自給できるようになった。だからいつでも九電にバーカと言って喧嘩出来る。実際は九電には友達も居るし九電の仕事をすることも有るのでそんな事はしないけど(笑)、電気に関しては独立国家だ。
 不思議なのはネトウヨ系の愛国者たち。彼らは不思議と石油や原発が好き。全部自給出来ずに輸入品だからこのままでは彼らが好きな戦争とか出来る訳が無い、エネルギ的に他国に依存した弱国なんだから。
 そう考えると彼らは愛国者では無くて、現政権のすることが好きとか、高度成長の名残を惜しむ現状維持派という見方が正しいのかもしれない。

|

« 不思議な絶縁物 | トップページ | 太陽電池の電子辞書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不思議な絶縁物 | トップページ | 太陽電池の電子辞書 »