« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月30日 (水)

禍福は糾える縄の如し

09301_20200930211101 ポルシェ用6ピンCDIが溜まっているので2台一緒に作業開始。





09302_20200930211101  1台は以前に手が入っているけど、配線を接続部から外さず、ニッパで途中で切って空中で半田でつないで有った。
 こんなのいいんかい?。



09303_20200930211101  いつものように大工仕事で大物部品を取り外し、測定して悪いのは交換に入る。





09304_20200930211101 もらい物の充電器が具合が良いけど、入力が12Vの親バッテリ思想みたいで毎回ワニ口に12Vを準備するのが面倒だった。
 私は部屋でしか使わないので100V入力にしたい。余った電源が有ったので専用でつなぐことにした。

09305  この手の丸形プラグで数Aの電源を供給するのはあまり好きじゃない。良い機会なので基板から直接ケーブルで引き出すことにした。



09306  構成的には悪くない。あとはケースを用意しよう。





09307  こちらも貰い物のF550。毎回GPSの測位が数分かかる。アルマナックが取得出来ていないかな?と思って45分くらい放置してみた。すると次回は15秒くらいで測位完了。  やったね。と思って居たけど2時間後くらいに試したらやっぱり数分に後戻り。
 バックアップ電池かな?と思って開けてみると。小さな電池が1.3Vまで劣化していた。昔GARMINの修理で使っていたVL2020が有ったのでこれを流用。
09308 でもケースに鉄系が使われているみたいで磁石につく。すぐ横の斜めのチップが電子コンパスと思われるので少々よろしくない。どうせなので外付けにすることにした。
 さらにおまけででっかいグランドプレーン板を用意し、アンテナ基板とアルミテープでつないだ。高周波なので静電的に結合するでしょ?と期待して。
 グランドプレーンの効果は絶大で、初期測位が1分くらいに短縮された。電池の効果は明日の朝だな。。。と思って作業を終え、晩飯までの間はソフトとか設定を弄ることにした。これが命取りに成るとは知らずに。
 初めて使うソフトで変なことをしたのか、Win10では変になったからXpを持ち出したり、最初はネットに繋がってないのにイライラしてポチポチ押してみたり、まあ、闇雲にやったのが悪かったのかもしれん。NAZAが無反応になってしまった。
 ハハハ、困ったな。このまま死んだら新しいの買うしかない。もし買うならDJIじゃ無いのにしようかな。目の前に物が有るのに、登録してないとダメとか、番号入れて認証しないとダメとか、なんかそういう思想が好かんしイライラする(笑)。

| | コメント (2)

2020年9月29日 (火)

DIDゼロの町

09291_20200929204101 引用元を書いておかないとダメと思うので書いておくけど、今日の画像は国土地理院の電子国土WEBから人口集中地区(DID地区)を表示させて使っています。

 縮小画像では訳が分からんと思うので、画像をクリックして元画像を出し、さらに100%表示にしてみてほしい。違いがが分かるように広範囲に切り取ったのでサイズがでかいけど。
 何が言いたいかというと、わが街宮若市には人口密集地区は存在しないという事(笑)。となりの小竹町にも鞍手町にも一部存在するのに、宮若市にはDID地区が一つも存在しない。
 なんでこんな物を見ているかというと、一般的にドローンの運用に関してDID地区かそうでないかは大きな意味を持つから。でも宮若市に住んでいる私にとって、巷で言われているDID地区の規制とか200g以下とかの話は全く関係ないわけ。
 まあ管制圏とかの話はすべてにかかってくるけど、200g以上を買おうか?マビックミニにすべきか?玩具ドローンで行くべきか?などと悩む必要が無い。だって田舎だから、ハハハ。
 こうなってくるとでっかいのを飛ばしてみたくなる。もうしばらくしたら田舎の農業法人あたりから、農薬散布用に買った200万円クラスのやつが故障したりもてあましたりして出てくるんじゃなかろうか。これなら農薬の代わりにプロ用のビデオカメラも乗るし、RCグライダーを放流しても面白そう。ちゃしろは無理だろうけど。
 今日ばかりは良い街に暮らして居ることを誇りに思う(笑)。

| | コメント (6)

2020年9月28日 (月)

十分考えたら一気にやれ

09282_20200928202101 何日か前に書いたメグロのレギュレータがやっとできた。
 延々と作業していた訳じゃ無くて、さび落とししたり、さび止め塗ったり、上塗りしたり、ねじ山を補修したり、本来の半導体化と違う作業をポツポツやっていたらこんな事に。
 ちょっと気に入らないのは旧JISの機器なのに新JISのねじが無理やりねじ込んで有ったこと。さらに旧JISのねじを立て直すとガタガタになるので、仕方なしに全部を新JISにした。うるさいお爺ちゃんなら文句言うだろうな(笑)。

09281_20200928202101  大先輩からもらったF550を飛ばした。昨日も4回ほどジャンプ飛行に挑戦したのだけど、毎回失敗してプロペラを2枚ほど損傷して諦めていた。
 色々考えて10cmレベルのジャンプはかえって難しい気がして、一気に2mくらいの高さまで行ってみようと考えを変えたわけ。
 家の前の休耕田にござをひいて場所を作り、一気にスロットルを上げたら簡単に飛び上がった。フライトの状況に関してはユーチューブにアップしたので10回ずつ(笑)見てほしい。

| | コメント (6)

2020年9月27日 (日)

高回転型

09271_20200928144001 中国に注文していたHS700Dのプロペラが来た。HS700Dに使えると書いて有ったけど、付属品の200mmに対して直径が190㎜であったり、bugs3とか前モデルのHS700と共用みたいに書いて有ったから小さいだろうな・・・とは思っていた。でも20個で12ドルだから運試しと思って。
 直径は確かに190㎜弱しかない。比べると小さい。直径以上に小さいのが面積。これはもしかして飛ばんのじゃないか?と思いながら飛ばしてみたら、まあ割と普通に飛んで安心した。
09272_20200928144001  ただテストしたときは風が相当強くて、栗の木の陰でごまかしながら飛ばした。それでも時々風の息で叩きつけられて、そんな時にフル上昇にしても地面に接触するくらいまで落とされたことが数回。
 明らかに上昇力の余裕は減っている感じ。ただこんな環境でなければ普通に飛びそう。最高速度も落ちるかな。
 純正プロペラで21分間もホバリングした純正バッテリーを使ったけど、同様に21分間飛行することができた。飛んでいるという事は同等の揚力を得て居る訳だけど、これだけ翼面積が小さいから高回転になっているのだろう。でもモータの最高効率点はかなり高回転低トルクの辺りにあるので、良い具合に純正プロペラと同等のフライト時間が得られたと。
 そんな想像をしている。揚力の余裕とか材質から来る急な破損とかが怖いのでこいつは自分の敷地内で遊ぶときに使おう。

| | コメント (2)

2020年9月26日 (土)

初編集

 HS700Dで最初に1000m飛行したときの動画だけど、何かの理由で細切れに保存されている。これを何とかくっつけて、BGMを入れて、コメントというのか字幕というのかそんなのを入れて、訳の分からん操作をしてユーチューブにアップした。
 ここにアップされているはずだけど、さてどうだろう?。難しいもんだな。ブログは15分位で書けるようになったけど、動画のアップなんて何時間有っても足りない。

| | コメント (9)

2020年9月25日 (金)

再放射アンテナなのか?

09251_20200926085501 ドローンのFPVに関して、タブレットの向きを変えただけで5割くらい改善する事などから、最も支配的なのはタブレットの受信環境の様な気がしてきた。
 で、庭に出て色々と実験をしている。最初はよくあるパラボラもどきとか、ホーンアンテナ的に四角錐をアルミテープで作ったりしたけど、今のところ効果が認められたのはこんなやつ。
09252_20200926085501 もしかして外部アンテナで受信した電波を再放射して、それをタブレットが受信しているのかな?という気持ち。
 それを明確にするために2枚目画像的な実験もしているけど、アルミテープと同等の効果が認められる。

09253_20200926085601 電界強度計とかないから、近所のwifi局の電波をどのくらい受信できるかが目安のいい加減な試験。
 条件が良ければ近所のローソンのフリーwifiが見える。接続して使うまでは行かんけど。

09254 ここは我が家の庭から663mもある。田舎とはいえかなりの好結果の様な気がする。でも私はスマホとかタブレットの経験が無いので詳しいことはわからん。
 で、これに気をよくして飛ばしに行ってみたら、HS700Dで500mでも数秒に1回の更新ができるようになった。実用的とまでは言えんけど最初の200mくらいに比べたら2倍以上の改善になる。
 本当はタブレットの画面を録画して動画でアップしたらよく分かるのだけど、まだそこまでのスキルが無いから仕方ない。

| | コメント (2)

2020年9月24日 (木)

秋のジンバル祭り

09241_20200924200301 作業中のレギュレータ。いくら中身を半導体化すると言ってもかなりの錆錆具合が素晴らしい(笑)。
 取りあえず今日はカバーの再塗装と内蔵されたリレー類の分解とさび落としまで。

09242_20200924200301  実はこんなのが次に控えている。。。これらは去年の水害の車両かもしれない。だとしたら文句を言わず、「よく生き残ったね」と労いながら作業せねば。



09243  1か月くらい前に中国に注文していた安いジンバルが来た。
 これは2軸でモータもでかいから割と安定して動く。



09244  こっちは3軸でスペック的には上位だけど、モータが小さくてトルクが弱く、あらかじめ重心位置を合わせてそーっと使わないとまともに動かない。
 まあ、どちらも3,000円とか4,000円くらいのやつなので、教材として見るべきなんだろうね。
09245  そんなことをしていたら、ジャンクと書かれた箱でこんなのが来た。
 もともとはスマホをつけるやつらしいけど、私はスマホは持たないのでgoproのようなカメラが付くようにアルミ板で改造した。

09246 これもトルクが弱い。そして時々くるってあっちの方向を向く。まあ実用は難しい。ジャンクと書いて有ったんだから当然か(笑)。



09247  ココログの表紙で紹介してもらったけど、息子から「犬なんか出てこない、詐欺ブログだ」と怒られた。
 まあ、あの写真を提出した段階で私自身もそんな気がしていたのは事実。でもちゃしろとの毎日はただの日常になってしまったから、蛇を殺したりイノシシを獲ったりしない限り書くことがあまりない。
 今日は九月の雨の中を散歩してきたので濡れた。風呂場に連れていかれて体を洗われ、なんとなく意気消沈気味のちゃしろでも見てもらおう。

| | コメント (6)

2020年9月23日 (水)

インチキ修理で復活

09231_20200923201101 デロンギのコーヒーメーカーの調子が悪かった。でも騙し騙し使っていたら全くお湯が出なくなって終了。
 家庭用としては相当使い込んだので買い換えても良いのだけど、構造を見てみたいきもあって分解修理。

09232_20200923201101  Oリングを取り外すまで全部バラバラにしたのだけど、作業中は夢中になっていたので写真がない。最初の1枚目と2枚目は完成して試運転の画像。
 今回の作業でデロンギのすべての機構を理解できた。なかなか良くできている。少し凝りすぎじゃ無いのか?という感じもしたけど、イタリア人流石だなという感じ。
09233 長年の使用で各部が詰まっているのが基本的にダメだけど、とどめを刺したのはピストンというのかコーヒーの粉を圧縮して薄い円筒形にする機構の中に入っていたチェックバルブ?と思われる。
 この部分が素通しに成っていた様で、せっかく熱いお湯が来てもすべてがドレーンに逃げていた。
 チェックバルブを忠実に制作するのは難しかったので、適当なシリコーンの板を丸く抜いて、バルブというよりも蓋にしてしまった。ここは最終工程で負圧になる可能性があるけど、シリンダ内壁も摩耗して傷が多いので大きな問題には成らない予定。
09235 試運転も無事に終わったので、自作の750gホッパを取り付けて完了。朝食後のコーヒーが午後三時のコーヒーに成ってしまった。
 ああ疲れた。



09236  こちらは新しいPC。キーボードとマウスも常用している奴に交換した。買ったときは半信半疑だったけど、このキーボードは素晴らしい。もうハッピーなんちゃらを買うことは無いと思う。

| | コメント (5)

2020年9月22日 (火)

初めての投稿

 初めてWindows10のPCから書き込んでいる。上手く投稿できれば良いのだけど。

 ブラウザは使い慣れたFirefoxにした。XpのFirefoxは今風のWEBページに対応できず、不安定で何回も死んでいたけど流石に現行モデルは普通に動くから素晴らしい。
 メーラーはthunderbirdにしようと思っていたけど、データの移行が面倒だったのでとりあえず今までと同じshurikenにした。大昔のver.4は不安だったので2018を2,200円で買ってアップした。同じメーラーだから接続の設定まで移行できて楽だった。でもジャストシステムはもはややる気がないので、早急にthunderbirdに移行しておきたいところ。
 画像は今までVIXを使っていたけど、既に推奨されないソフトになっていた。とりあえず起動したら普通に使えたのでこっちもしばらくはVIXで行こう。
 問題はCADだけど、2006からバージョンアップしてないのでそろそろ新規で買ったほうが面倒が少ないかもしれない。

 本当はデロンギを修理した事を書きたかったけど、このPCで画像を入れた記事を15分位で作るのはまだ無理。

| | コメント (13)

2020年9月21日 (月)

ディスクじゃ無いよね

09211_20200921210701 win10のクリーンインストールも出来たのでSSDにヒートシンクでも付けておこう。
 実は買うときは全然考えて無かったけど、買ってから調べて行くうちにヒートシンクがいるらしい?事が判明。

09212_20200921210701  手持ちの中から使えそうなヤツを見繕ってみた。
 HP初期の純正品にはでっかいヒートシンクが付いているけど、最近のヤツには付いてない写真も有る。最近は要らないのか、ヒートシンク無しの写真が掲載されているだけなのか。
09213_20200921210701 合体させてみたらチップとの間に隙間が見えた。SSD基板が反っているみたいだ。単体ではOKなので変換基板に固定したら反るみたい。
 矯正のために適当な材料を挟む事にした。全面に挟むと冷却が悪く成りそうで細い棒状のヤツを2本。
09214_20200921210701 本来ならシールを剥がしてメモリの上に直接ヒートシンクを乗せたい。でも横にあるチップコンデンサと高さが一緒に見える。仕方ないのでコンデンサにはカプトンテープを貼り、メモリには熱伝導シートを乗せて高さ調整。

09215 本来は要らんのだけど。 シートの固定用に熱伝導グリースを少しだけ。





09216  固定が難しそうだから、サイズは小さい方にした。これでも売っているのよりも随分デカイし底面の厚みも厚い。




09217  固定はインシュロックでいい加減で済みません(笑)。
 ただ、結構激しいアクセスが有ると思われるOSのインストール時でも、指で触って少し暖かい位で済んでいた。これから想像するに、よほど変な事をしない限りヒートシンク無しでも行けたかも知れない。まあ、このPCではFusion360も動かそうと思っているので、その時にもう一度検証してみよう。

09218  動画の編集を練習し始めた。最後の書き出しはCPUがオーバークロック状態で全開だ。




09219  これを見ると動画をやる人達がCPUパワーに拘るのも良く解る。CPUだけがプルパワーでそれ以外は遊んでいる。あとは保管場所としてでっかいHDDか。

 今回の作業で思ったけど、SSDって変な言葉だ。もう何処にも「ディスク」なんて使ってない。ただの不揮発性のメモリだもん。
 この手の物が無かったのならそんな言葉も解るけど、PCの世界にはHDDよりも先にメモリと言う物が有ったのに、誰が言い出したんだろう。まあその頃のメモリは電気を切ったら消えていたけど。

| | コメント (9)

2020年9月20日 (日)

色んな知識が試される

 ドローン用のタブレットでオロオロする毎日。使い始めてからずーっとフォローミーモードとウェイポイントモードが出来なかった。
 安モンだからかな?と思っていたけど、実は自分のタブレットの設定が、GPSを使わずにwifiとか通信を使って位置を把握する様に成っていただけだった。 これを自分のGPSを使う様に変更したら全てのモードが生きた。
 とは言ってもDJIとは違ってトイグレードのヤツだから、フォローミーもカクカクで自分しか満足できない映像。
09201_20200921175601  こっちは機体カメラの映像を受信するFPV機能に関して。
 カメラ横に丸めて有った機体のアンテナを機体の上に移設した事は書いた。でも劇的に距離が伸びた訳じゃなくて、200mでカクカクの映像が取れるかな?程度だった。
 あとはタブレット側か・・・と思い始めてネットを彷徨っていると、同じ機種の分解画像が有った。それを良く見るとアンテナは写真の「ANT」とマジックで書いた位置みたい。
 と言うことは、今まで送信機と組み合わせていた状態では、アンテナが一番下で送信機のアンテナとも干渉しそうな位置に有った。
09202_20200921175601 これを反対に向けて2枚目画像の様にしてみた。あまり効果は無いだろうけど、反対向けても画像が回ってくれる事を知ったので取りあえず試験。
 試験して驚いた。今までの200m地点の状態が400mくらいまで一気に伸びたから。200mでは1秒から2秒に1回の更新で、400mだと3秒から5秒に1回の更新で受信できる。
 全然大丈夫では無いけど、手動操縦で帰ってくるときにカメラというか機体がどちらを向いているかくらいは解る。凄い進歩だ。

09203  こっちはWindows10のクリーンインストール。交換のパソコンが夕方に成って届いたので、晩飯の後でインストールを始めた。
 ネットの情報は体系的じゃ無いし嘘も多い。そこで図書館から本まで借りてきて今風の知識まで習得(笑)。その成果が有ってほぼノートラブルでインストールが終わってしまった。
 速さの大きな要因はCドライブがM.2とか言われるPCIeバスに直結のSSDにしたこと。これは流石に速い。今までOSをインストールしてきた中で一番速く終わった気がする。
 実際に使ってみてもかなり速い。こりゃあCPUとか弄るよりもバス直結のSSDが一番効果的だな。考えてみたら当たり前の話で、見方を変えればバスにメモリが繋いであって、そのメモリがたまたま不揮発性だっただけ・・・。的な状態に成りつつ有るわけだから。
 もう円盤をグルグル回す時代じゃ無いのかも知れない。まあ良いタイミングで経験できた。

| | コメント (2)

2020年9月19日 (土)

ブツブツが治った

09191_20200919192401  台所の天井工事を再開した。実は盆前に体中に湿疹が出てしまい、もしかして天井から落ちてきた土が原因かな?、何か変な物でも混じっていたかな?と言う気分で自粛していた訳。
 初盆の間とかその後は痒くて辛かったけど、痒みもほぼ収まり、ようやく沈着した色素が抜けるのを待つだけの感じに成ってきた。
 今日は端っこの2枚だけやってみた。

09192  柱とか電線とか有るから面倒な場所しか残ってない。無理せずに1日に1枚とか2枚ずつ仕上げて行こう。




09193  こら、天井材の上でくつろぐな!。






09194  goproの様なカメラを貰ったので、アンドリュー君の様にこの手の作業が動画で残して見ようかと思い始めた。
 捜したら一番安っぽい三脚が出てきた。ちゃんとしたのも有ったはずだけど見つからない。まあカメラが小型軽量なのでこう言うのが合うかもしれん。
 で、goproもこのカメラも1/4インチのネジが無い。だからといって周囲を全部囲むケースに入れるのは私的には面倒だし美しくない。
09195  と言うことで、カメラを挟むだけのホルダを作ってみた。
 最初は工具の中からクリップを持ってきたけど、挟む力が強すぎて却下。次にシーツなどを干す大きめの洗濯ばさみを手に取ったけど、今度は弱すぎるというか先端の剛性感が不足している。
09196  で、最後に残ったのが事務用のクリップ。これが丁度良い力加減だったので、先端を叩いて曲げてカメラがはさめるようにした。
 大体良い感じだったけど、滑る感じがしたので保持面にスーパーXを塗って滑り止め。
 これで動画は撮れるように成ったけど、PCと編集ソフトと、作業の習熟がまだなので公開は相当先に成りそうだ。

| | コメント (2)

2020年9月18日 (金)

国勢調査すら拒否される

09181_20200918203401 国勢調査の紙が来た。書いたり取りに来て貰うのは面倒なので「はいPCでやります」と言ってその場はお終い。
 で、PCで入力しようとしたらこれだよ(笑)。早急に新PCを作り上げないといけない。
 ところが買った中古は電源が不調だった。その他は割りと良い感触なのでe-bayで新品の電源買おうかな?とか思い始め、ダメ元で出品者に連絡したら「代品を送ります。同封の着払い伝票で返送してください」だと。
 ヤフオクで4万円の癖に、えらく律儀な業者だ。ヤフオクのリースアップ品を売る業者とか、町外れにある外車屋とかは海千山千のヤツらで誠意とか無いと思っていた。最近は違っているみたいだ、御免なさい。
09182_20200918203401  で、メチャ不調で電源ボタン40回とか押さないと起動しない状態だけど、PCIeスロットにメモリを挿すアダプタとメモリというかSSDが来たので装着してみた。
 こんな安っぽい旅館の朝飯に出る海苔みたいなヤツが500GB!で、電源を切っても消えないとか信じられない。
09183_20200918203401  エクスプローラでは見えなかったけど、デバイスマネージャでは何か見えている。




09184_20200918203401  プロパティで中が空と言うことはフォーマットしろと言うことかな?。win10だからFDISKとか有るわけ無いし・・・管理とか色々見ていくとフォーマットが有った。



09185  そして目出度く500GBのドライブが出現した。良かった、これで起動ディスクに成らなくても、最悪はメチャ速いDドライブとして使える。用途によっては作業用にこれを割り当てた方が快適かもしれん。

09186  今晩のちゃしろはゴロゴロしながらロープで遊んでいる。この後で嫁さんのマスクを3個ほど破壊して寝た。




09187 そう言えばniftyからメールが来て、トップページで毎日二つずつ紹介するページに選ばれたらしい。
 1000x377の写真を送れと言うので、ちゃしろのこの写真を送ってみた。ユンボとかDMEの写真を期待して居たら面食らっただろうな(笑)。でもこのブログはちゃしろがメインなので仕方ない。

| | コメント (6)

2020年9月17日 (木)

最近はめんどくさいな

09171_20200917202701 新しい中古パソコンは起動とシステムはSSDを入れようと思っている。どれを買おうか見ていくと、最近はMBのスロットに直接挿すヤツが有るらしい。面白そうだからそれにしてみよう。
 今ならソフトとか何も入ってないから、ヘタにクローンとかするよりもクリーンインストールが良さそう。その為にはインストール用のディスクが要るけど、今はMSのサイトから落としてUSBメモリに入れる事が出来る。ほほう。
 でも認証のために番号が居る。この番号は今のシステムの番号を入れたら通るんじゃ無いか?、もしダメでも正規にWin10を買えば良いだけ。
 そんな感じで弄っていたら、ビープ音が4回成って起動しなくなった。調べると電源のエラーらしい。はあ・・・、外れかよ。取りあえず出品者に連絡してみよう。ダメなら電源の修理からスタートだ(笑)。

09172_20200917202701  ドローンはFPVのアンテナを機体の上に持ってきた。機体の写真を取り忘れたけど、同軸で伸ばしてエポキシで機体の背中に立てて接着しただけ。
 昼飯の後で雨が止んだので飛ばしに行ったけど、少しだけ距離が伸びたかな?と言う感じ。200m地点で360度旋回をしたら、3秒とか5秒に1回画像が更新される感じ。
 これを見てスムーズな操縦は無理だけど、遠くまで行って180度旋回したのか270度旋回したのか、の区別くらいは付くように成ったから進歩かな。
 50m地点だと更新が1秒毎くらいに改善する。このくらい頻繁?だとぎりぎり画面を見ながら操縦が出来る。まあこの位置だと機体の向きまではっきり見えるけどね(笑)。

| | コメント (2)

2020年9月16日 (水)

組閣よりもPCの構成

09161_20200916194701  数日前に書いていた新しいPCが来た。今使っているXW4600が調子が良かったので、新しいのも下位グレードHPワークステーションから選んだ。
 性能の事は良く解らんし、最先端は直ぐに時代後れになる世界。だから5万円程度で買える中古で、安定して動いて、消費電力とか発熱が酷すぎない事、あたりを選定の基準とした。
09162  Z200からZ400辺りがターゲットかな、でもZ420は水冷みたいだから故障が怖い。それに空冷の車に乗っている人間が水冷PCは無いだろ(笑)。
 最近はビデオカードに別電源が要ったりするらしい、でもそこまでのヤツはエアコンの無い部屋で厳しそうだからボツ。
 HDDは自分で増設しても良いけど、この手のヤツのメモリは面倒だから最初から多めのヤツがいいな。
 そんな感じでZ440でCPUがE5-1630v3@3.7GHz、メモリが32GB、ビデオがQuadro K2200、HDDが1TB、で4万円のヤツに成った。あと1万円くらい追加してSSDを入れたら予算内のベストに成りそう。
09163 本体だけなので手持ちの周辺機器を繋いでみたら起動した。でもDVDドライブが無い。中を見たら線が抜けていたので差し込んだら出てきた。
 ワークステーションでDVD鑑賞とかしないからか、ノート用みたいな薄いのが付いている。
09164  ディスプレイの文字がにじんでいる。中古とはいえこれは不味い。





09167  調べてみたら私が適当に繋いだケーブルが悪いみたい。というかそうであって欲しい。直ぐに近所の店に性能の良さそうなケーブルを買いに行った。
 1mと3mと5mしか無かったので1mにしたけど、ちょっと短すぎたかも。

09165  新しいケーブルにしたらクッキリに成った。でも2,500円もしたので予定外の出費だ。




09166  電源容量は最大700Wだけど、アイドリング時は50W以下なので電源管理は良くできていると思う。
 昔は自分で組み立てたりしていたけど、こういう総合的な管理はメーカー製の方が勝れている気がする。
 でも良く考えたら若くて忙しい時に、出張の帰りに秋葉原で部品を買いあさってPCを自作。年とって暇が増えたはずなのに面倒に成って完成品を買う。なんか逆だよなあ(笑)。

| | コメント (4)

2020年9月15日 (火)

ジャンクかお宝か

09151_20200915204301  良く解らん荷物がまた来た。今度は小ぶりでシンプルなドローンと、墜落して変形した?ドローンが入っていた。
 うーん、これは手強そうだ、数日で何とか成る感じじゃ無い。長期戦で行こう。


09152_20200915204301  前回来たジャンクの中に3Sのリポが沢山あったのだけど、その中に「どう見てもお前のサイズで4000mAhは無かろう」と言うのがあった。
 良く見ると裸にしたらHS700Dの電池収納部に入りそう。早速分解して2Sに組み直してみたのがこれ。
 163gなら純正と大差ない。このサイズだと新品でも4000mAhは嘘だろうけど3000mAhは有るかな?と思ってホバリング試験。

09153_20200915204301  前回までと同じようにちゃしろランの中でホバリングしてみたら、なんと23分43秒も浮いていた。
 イメージで逆算すると3000mAhくらいかな。これは練習用に良い電池が手に入った。

09154_20200915204301  今日の散歩ではバルに会った。と言うよりもちゃしろがバルの家に行くというので勝手に庭に入っていった。



09155_20200915204301 何故かバルもカメラに興味津々。それってgopro?。偽物じゃ無いの?。




09156  夜のちゃしろは大暴れ。この動画を公開したら絶対に里親は現れない(笑)。

| | コメント (4)

2020年9月14日 (月)

田舎も捨てたモンじゃない

09141_20200914202301 昨日の話になるけど、ドローンを飛ばしていたら軽トラが止まった。近所の人で話をすると「ドローンの講習に行きよる」と。
 へりによる農薬散布は田んぼが広いとウン十万の単位に成る話は聞いたことがある。農薬散布出来るドローンは100万とか200万の単位に成るけど、数年で元が取れるし何よりも自分が好きなタイミングで散布出来る。それにトラクタとかコンバインの値段を思えば安いモンだ。考える人は考えるんだなあ、と思って聞いた。
09142  昨日届いたジャンク?のカメラ。取りあえず動くようなのでちゃしろの散歩に持参してみた。



09143  エマちゃんはカメラに興味津々。





09144  途中でエマちゃんのオネエチャンに会った。変な物を持っているから不信感を抱かれるかも?と思って近づいたら「それゴープロ?」と聞かれてびっくり。
 若い子は何でもスマホのカメラで済ますのかと思っていたら違っていた。
09145  ウンコ姿を撮影してみたり、





09146  ジャックと遊んだり、





09147  ヤギのモーちゃんを見つけたり、





09148  そら君に挨拶したり、

 して帰ってきた。ちょっと面白いな、小さなカメラは。

| | コメント (4)

2020年9月13日 (日)

ジャンクの鬼

 大先輩から荷物が送られてきた。葬式に行ったら貰う約束はしていたけど死んだ話は聞いてない。事前の形見分けか断捨離だろうか。取りあえず貰える物は素直に貰う生き方なので有りがたく貰う。

09131_20200914132301  妊娠初期のリポバッテリーと高機能そうだけど使い方が解らん充電器らしき物。




09132_20200914132301  goproじゃ無いサイコロ型のカメラとアクセサリーが多数。もし使えたら、つや消しの黒に塗って「gopro」と書いておこう(笑)。



09133_20200914132301  一番訳の解らん妙な装置。動けば高そうな電子ジンバルに成りそうだけど、箱にしっかりと「ジャンク」と書いてあるよ。。。



09134_20200914132301  安定のちゃしろ様。

 こんな感じで我が家の夜は更けていく。

| | コメント (4)

2020年9月12日 (土)

機体の軽いは七難隠す

09121_20200912201501 昨日予定していた重りを付けてのフライトをやってみた。天気が悪いのとやることが少し有ったので試験はこれだけ。

 使うバッテリは21分強のホバリングが出来た純正品。そして自作品との重量差を埋めるために、重心位置に差分の43gの重りを付けた。
 さて、どうなるかと飛ばし始めたけど安定が悪い。これは自作バッテリの時にも感じたのだけど、今日の方が少し風の息が有ったからか更に不安定に感じた。
 そして結果は12分とちょっとで終了。想像以上に機体重量の影響が大きいみたいだ。こうなると230g以上有る4000mAh品を使うよりも、HUBSAN等で使われている2700mAhでも117gしかないバッテリの方向性が良いのかもしれない。
 たった43gでこんな傾向が出て来るという事は、この機体にとって43gが相当な積載量で有るか、回転翼機に取って機体重量の増加は固定翼機よりも重大な意味を持つのかも。
 そして、それとは別に、クワッドコプタでホバリングのためにプロペラ推力というかモータパワーの大半を使ってしまうと、制御の為の余裕が無くなってしまうんじゃ無かろうか。その結果が重いと不安定に感じる事に繋がるとか。
 私は模型も実機も固定翼しか経験がないけど、回転翼に乗っている人は感覚として解っているのかもしれん。そういう前提で考えると、荒れた冬山で人を吊り上げるとか神業としか思えん。
 「クワッドコプタの航空力学」とか捜してみたけど意外と無い。古い航空力学の本は沢山有るのに。この手のは制御が主体に成るからかな。
 まあ、取りあえず軽くする方向で行こう。パイパースーパーカブなんて、強風だと100mも行かずに浮いていた記憶が有る。飛ぶ物に取って軽いのが正義だ。

| | コメント (4)

2020年9月11日 (金)

懸案事項

 ちょっと仕事の方でも良く解らん懸案事項が複数溜まっているのだけど、遊び?のドローンの方も懸案事項が溜まってきた。

09111_20200911195001 タブレットが来たので実フライトでのFPV試験。接続とかは出来たけど距離がダメ。高度50mで水平距離100mも離れると切れる。
 近づくと再接続してくれるので最悪の事態では無いけど、もう少し明かな違法では無い範囲で何とかしたい。
 まずは機体側のアンテナ位置調整かな。今はフライト用のアンテナをあまりに近いので、少し離れた位置に移設してみよう。それと偏波面を水平にするとか。

09112_20200911195001  18650のリチウムイオン電池が余っているので、こんな物を作ってみた。
 模型より電流が低いけど実測で3000mAhあるヤツを2並列の2直列。7.4V-6000mAhと言う事になる。


09113_20200911195001  純正の7.4V-2700mAhが156gなので199gは良い出来だと思う。









09114  ところが、実際にフライトさせてみると10分弱しか飛べなかった。これはマキタの電池でも感じたけど、大電流用じゃ無いセルは内部抵抗が大きいみたい。使用後にはっきりと純正品よりも高温に成っている。ドローンもマキタも。

09115  リン青銅板で自作したコネクタも怪しいけど、フライト後にここを触っても熱くは無い。電池のセルはアッチッチ。




09116  比較のために純正バッテリを飛ばしてみると、何と21分強も飛んでくれた。この機体のカタログスペックが22分だから凄い事だ。
 明日は純正バッテリに重りを追加して199gにして試験してみよう。そうしたら内部抵抗と重量とどちらが支配的か解る。すると今後の方針として、怪しい2700mAhを買うか重くなっても4000mAhとか5000mAhを買うかの判断基準となる。

| | コメント (13)

2020年9月10日 (木)

少し今に追いついた

09101_20200910201901 タブレット端末を買った。これでようやく私も現代人の仲間入りだ(笑)。とは言っても常に連絡を取り合う必要の無い人間なので、用途はドローンのFPV端末としてだけ。
 ファーウェイ製の中古だけど、もしかして直接ネットに接続する必要が有るかも?と言う心配が有ったので、セルラー機能も求めたので少し高くて5,500円だった。

 夕方に配達されたので、ちゃしろの散歩の後で弄り始めた。でも基本的な操作方法が全く解らんので面食らう。文字入力とか夜が明けるんじゃ無いかと思いながら入れた。
 取りあえずアンドリュー君の動画を見る事は出来る。そしてホーリーストーンのソフトもダウンロードして機体カメラの映像が出るまでは出来た。明日はこれでフライト中の映像が見えるかどうかだ。
 試験中に機体側の電源が切れた。直ぐに再投入したけどwifiは再接続してくれなかった。こういう仕様なのかな、上空で起こるとちょっと困るけど、電源断と受信不良はちょっと違うかもしれん。

| | コメント (4)

2020年9月 9日 (水)

そろそろ更新かな

09091_20200909205001 ちゃしろの散歩から帰ってきたらど静穏だった。所謂「初ソロ日和」と言うヤツ。直ぐにHS700Dを軽トラに載せて田んぼに行った。今日は思うところ有って双眼鏡も一緒に。


09092_20200909205001  高度60mくらいでスタート。ガスっている。




09093_20200909205001  スタートから1,000m地点まで来た。999mまでは送信機に機体からのGPSデータがフィードバックされるので比較的正確に距離が解る。でもこれ以上は後で画像解析でもしないと解らない。

09094_20200909205001  左に180度ターンして引き返したつもりだったけど、実際には回りすぎて270度くらい回っていたみたい。おかげで帰りは側面の画像が取れた。
 この傾きが全速力で帰っている時の傾きという事に成る。操作的には失敗したけど、面白い画像が取れたから良しとしよう。機体は右横を下に下げてカニ走りで帰ってきた事に成る。羽根が無いからウイングローとは言わんな。
 DJIだと画像が途切れても、機体の向きだけでも解る機能が有るみたい。この機能は私の機体にも欲しいなあ。1,000mになると双眼鏡でも向きが解らない。だから180度ターンが正確に出来ないから。
 もう一つ静穏なので速度を計算してみた。1,000mを約90秒でフライトしている。これを時速になおすと40km/hと成って意外と速い事を知った。このくらい速度が出ているなら各部の空力的な整形も意味が出てくる。

 綺麗に動画が撮れたけど、前後に要らん部分が有るし最低限の字幕も入れたい。でも流石にXpだと使えそうなソフトが無い(笑)。物持ちが良いのも考えモンだ。
 そろそろ潮時かもしれん。今のはHPのワークステーションの下位モデルだけど、中古で買って今まで一度も故障が無いのは素晴らしい。次もHPのワークステーションの中古(笑)にしようかな。

| | コメント (2)

2020年9月 8日 (火)

明かな劣化は無い

09081_20200908200601  実際の作業は台風の前日にやったけど、今日は送信機の改造。
 2本出た角は飾りで、本物は筐体内に横向きに実装されていた。偏波面はオリジナルの機体と合う。


09082_20200908200601  同軸の長さが足りなかったのと、標準化したかったのでSMAコネクタ取り合いにした。
 コネクタは基板用を無理矢理使ったのでロスが有ると思う。


09083_20200908200601  半田付が汚い。もしかして表面実装も全て手半田だろうか?。レジストが有るからショートはせんと思うけど。。。




09084_20200908200601 同軸の外径が1.2mmくらいで、手持ちのSMAには合うのが無かった。





09085_20200908200601  仕方ないのでSMAが付いたジャンクケーブルでスリーブアンテナを作った。





09086_20200908200601 オリジナルのスリーブアンテナは良くできているし、私のは作りも悪いし間にコネクタも入った。現時点で損失が結構あると思う。




09087 ここからは今日の朝。先日と同じコースで500mフライトにチャレンジした。
 500m地点でも送信機の電波は届いており、自作アンテナも致命的な損失では無い事が解った。

09088 こちらはスタートから後方を振り返った映像。田舎なので田んぼだらけ。動画の編集が出来ないので取りあえず切り取った画像でも。


09089  今日のコースはこんな感じ。最後に道路を越えるのが気になるので、今後は少しコースを変えよう。



090810  このコースなら田んぼの上だけで2,000mが取れる。まあそれまでにロストすると思うけど。

| | コメント (6)

2020年9月 7日 (月)

素直な配置に好感が持てる

09071_20200907202401 機体側もアンテナの確認の為に分解。上下に分かれてこれは上半分。
 黒いシールはアルミの粘着テープ。と言うことはこれがグランド面でその中にGPSが入っているんだろう。線が2組有るのは電子コンパスもセットかな?

09072_20200907202401  こちらは下半分。制御基板が中央に有って、モータドライバは各脚の途中に配置してある。こういう素直な配置は好きだ。




09073  さて、アンテナらしい同軸が2本有るので探ってみる。
 右側はモータドライバの下に押し込んで有った。こんな動力線の横にアンテナ置くかあ??


09074  引っぱり出してみたらカメラと同じスリーブアンテナだった。





09075  左も同じ場所に有りそうだけど見えにくい。2個有るのはダイバーシティかな?それとも送受信で分けているのか。




09076  見えにくいはずでエレメントが折れ曲がった状態で押し込んであった。
 流石にこれはダメでしょ。もしかして日本の技適を通すために出力を絞る秘密のテクニックか(笑)。


09077  スリーブ部の外形は3.37mm。






09078  悩んでいたら小人さんが3.5mmの穴を空けてくれた。ランディングギヤの取付部なので強度が心配だけど文句は言えない。
 ランディングギアが米語でアンダーキャリッジが英語だったか?。

09079  穴からアンテナを出してみた。






090710  脚にテープで巻き付けて準備完了。
 空を自由に飛び回る物に、ダイポール系のアンテナを水平に設置するのは不味く無いのかな?。指向性が立てたドーナツみたいに成るはず。
 改造後は指向性が机の上に置いたドーナツに成るから何処にいても強弱の差が無くなる予定。
 機体側に合わせて送信機もアンテナを縦にしないと偏波面が合わないから不味そうな気がしてきた。と言うことで明日は送信機の改造。

| | コメント (9)

2020年9月 6日 (日)

小人閑居して不善を為す

 朝一に嫁さんに手伝って貰い、タブレットでFPVモードを試してみた。操縦電波が500m到達したのは昨日確認出来たけど、FPVの電波は100m以内でもカクカクに成ったりした。
 弱いと書いている人が多いけど、同じWifiを使って居るんだからもう少し何とか成らんのか?と感じてカメラを分解開始。

09061_20200906193601  カバーを外した。






09062_20200906193601  ベースプレートを外した。






09063_20200906193601  基板が出てきた。手前のシールドが送信基板かな。アンテナは良くある小さなコネクタ取り合い。




09064_20200906193601  機体左側面の楕円形カバーの中に、小さく折り曲げてスリーブアンテナが押し込まれて居た。こんな実装でいいんか!?。



09065_20200906193601  機体右側面はギヤボックス。多分モータ自体も遊星?ギヤボックスを有していると思う。
 ここの速度を遅くしたかった。メカ的には難しいし、電圧を下げたらトルクが低下して動作が不安定に成った。今後の宿題だ。

09066_20200906193601  角度を決めるのはストッパを押し付けてお終い。モータに拘束電流が流れるから、何時までも操作ボタンを押し続けるべきじゃ無い。
 オモチャメーカ製だけど、軸受には薄肉のボールベアリングが使われて居たりして意外と真面目。トイグレードじゃ無いな。
09067  スリーブアンテナのエレメントを真っ直ぐに伸ばしてみた。アンテナの設計者はこんな風に使って欲しかったはず。




09068  側面に貼り付けてみた。






09069  機体に装着したらこんな感じ。いいんじゃないか?。性能的には台風で飛ばせないので解らんけど。

 この手の事を書くと、ネット上の電波法自警団みたいな連中がクレームを書いてくる。過去にも書いたけど、道路交通法自警団よりも電波法自警団の方が圧倒的に多いから仕方ない(笑)。
 ただ、基本的に特定小電力の基準は空中線電力○○mW以下の考え方で有ることや、Assyで技適を取って居るとは言え、アンテナの位置を5mmほど横にずらし、U字型に曲がっていたのを真っ直ぐに伸ばす行為がどの程度罪深いのかは疑問。
 これが問題になるなら、スマホの裏にシールを貼ったりケースに入れる行為も問題となろう。だってあのトヨタ様が車にアルミテープを貼ったら挙動が変わると特許まで取っているくらいだから、スマホにシールなんか貼ったら性能が激変して大変な事に成りそう。

 と、このくらい言い訳書いておけば良いか(笑)。台風待ちで時間が有ったので、送信機も機体も全部分解してアンテナの配置を変えてやった。それに関しては明日以降に生きていたら書いていこう。

| | コメント (6)

2020年9月 5日 (土)

値段じゃ無いんだ

09051_20200905204201 ちゃしろの散歩から帰ってきたら風が弱かった。こりゃ飛ばせるなと思って軽トラで田んぼの中の農道へ直行。
 ここだと農道とか知った人の田んぼの上だけで片道500mくらいのコースは直ぐに取れる。カシミールできちんと定規を当てれば1,000mも行けると思う。
09052_20200905204201  絶好調で500m地点まで行って、return to homeモードで帰ってきた。素晴らしい、速く帰って映像が見たい。




09053_20200905204201  少し焦りが有ったのだと思う。カードリーダの変な溝に入れてしまい、正規の受け口と筐体の隙間にカードが入ってしまった。
 くそっと思いながら一部を分解し、シャカシャカ振ったら中からカードが出てきた。良かった、でも出てきたときに筐体と机の間に鋏まれて折れたけど(笑)。
09054  あとでルミエールに行って新しい32GBを買ってきた。カードだけなら427円、アダプタ付で475円だったか。お金持ちなのでアダプタ付きにしたけど、PC98用のメルコのメモリーボードとか知っている人間に取って俄には信じられない容量と値段。

09055  失った物はワンコイン以下じゃ無いか・・・。そう思いたいけどメチャ落ち込んだ。初めての距離飛行だったのに。

 大型の台風が来ているので落ち込んでばかりは居られない。対策も少しずつしている。
09056  薪ストーブの煙突は上半分を外した。

 空の薪棚はユンボのアームと力丸君へロープを渡して固定した。



09057  今回は強いタイミングは南風に成りそう。そうなると南向きの玄関の辺りがヤバイ。
 トラクタを持ってきて、ミーブと両方にロープをかけて引っ張った。大丈夫かなあ。

| | コメント (10)

2020年9月 4日 (金)

隗より始めよ

09042_20200904201601 ドローンを買ってちゃしろの動画を撮ろうという話を書いたけど、色々考えると今の私にはドローンや動画編集やスマホに関する知識や経験が不足している事に気がついた。
 勢いだけで生きているいい加減な人間に見えるかも知れないが(笑)、意外と手堅い思考回路と行動パターンの人間なのだ。
09043_20200904201601 で、手始めにHS700Dを買った。でもスマホは何を買えば良いのか全く解らん。屋外でウェイポイントモードとか使うには、田んぼの中で地図が出る必要が有る。と言うことは家のルータに繋がるだけではダメで、 手元のスマホが直接どこかの通信業者とデータ通信が出来ないとダメなのかな?。。。と考え始めた所。そうなるとsimフリーとか言う言葉が出てくる訳か。

09041_20200904201601  そんな段階で夕方にHS700Dが来た。組立というほどでもなく、数点の部品をパチンパチンとはめ込んだら飛行可能。
 バッテリが2本バーしか無かったけど、明日以降は強風なので初フライトを決行。同時に初撮影も決行してノー編集でアップした。

09044_20200904201601  何か作業をする度に撮影し、膨大な量の編集作業をし、適切に字幕とかアフレコをし。。。ああ、私には無理な気がしてきた。
 それ以前にちゃしろが不審物と認識してワンワン吠える。アンドリュー君の所のLevi見たいな画像は撮れそうに無いなあ。これじゃ嫁さんに怒られるぞ。

| | コメント (4)

2020年9月 3日 (木)

またもや納骨

09031_20200903204401 献体していた叔父さんの遺骨を九大まで取りに行ってきた。献体者の家族は位が高いのか(笑)、事務所の前の4台くらいしか無い偉い人用?の駐車場が空けて有った。
 実の子も孫も居る人だから、本来なら甥の私がこんな事をする立場じゃ無い。でも色々有ってこうなってしまったのも人生か。
 骨壺のサイズが3種類から選べるように成って居たけど、何号とか書かれても素人には解らない。適当に真ん中のサイズにしていたら見慣れたサイズ感で安心した。
 九州医療センターでもクラスターが発生したし、九大の先生もたくさん行き来しているはず。部屋の窓を開けたり消毒したり対応していくれた職員の人も大変そうだった。

09032_20200903204401 面倒くさい事は1回で終わらそうと、納骨まで済ます事にした。確保してある納骨堂は結構有名な寝た大仏様の下に有る。
 私の立場が微妙なので色々と説明が必要に成ったり、最終的にはこれまでの経緯と理由をここで紙に書いてくれと言われて面食らう。まあ向こうとしても仕方ないよなあ・・・と思いながら書いたけど、PCばかり使っているから漢字が出て来なくて冷や汗が出た。
 仕上げに骨壺の蓋の裏に名前と死亡年月日を書いてくれと言われ、字が下手な私はマジで汗が出た。でも私しか書く人が居ないから頑張って書いた。
 納骨堂は骨壺が4個くらい入る高級な下駄箱みたいなヤツがずらーっと並んで居た。ここの永代供養代金が350万円らしいけど、この箱が3箱で1,000万円。と言うことはこの一面だけで数億円、この部屋全部だと・・・!!。
 俗っぽい事ばかり考えると仏様に怒られそうだから、取りあえず手を合わせてから部屋を出た。帰りは八木山の途中から力丸に抜ける道を通ってみた。台風の影響で枝がたくさん落ちていて、1箇所だけチェンソーで撤去作業中だった。ギリギリのタイミングだったみたい。
 無事に仕事が終わって帰り着いたのでほっとした。

| | コメント (6)

2020年9月 2日 (水)

気付くのが遅すぎる

09021_20200902203901 力丸君のワイヤーが来たので、夕方のちゃしろの散歩から帰ってから交換作業。最近は日が暮れるのが速くなったのを実感。
 まずは横向きに倒してダンプロックのワイヤーを交換。

09022_20200902203901 ここは春から調子が悪くて、ロープで括って使っていた。こんないい加減な生き様では行かんと反省し、原因を調べたらワイヤーの固着。
 作ろうと思ったけど端末金具がホンダらしい懲りすぎた形状だったのと、アウターも腐っていたので新品に交換。
09023 スロットルワイヤーはインナーだけ数年前に自作交換していたけど、そろそろ部品が出なくなるかも?と思ってこちらも注文して交換した。
 実はこれ以外にもクラッチワイヤーとブレーキワイヤーも注文したのだけど、この2本は既に廃盤で入手できなかった。困ったな、クラッチの方は1/3くらい素線切れでささくれて居るのに。
 アメリカに輸出していれば、あっちならまだ売っていると思うから調べてみよう。それでも無ければバイク用のアウターとか流用して作るしか無い。
 現実には「もったいない」精神とか希薄な国である事を認識して居ながら、ちょっと今回の件は気付くのが遅すぎた。

| | コメント (2)

2020年9月 1日 (火)

半導体化

09011_20200901211601 数日前からやっているメグロのダイナモとレギュレータ2台セットがやっと出来た。1台のダイナモが酷い状態だったけど、レギュレータの方もかなりのモンだった。
 このレギュレータは最初から状態が悪いのは解っていたので、依頼者との間で全部半導体化する事に成っていた。でも、端子とかは流用する訳でその端子が錆と過去の焼損でグダグダ。結局数個の端子はリベットを外して絶縁部品とかも作り直して付け直した。
 メグロとかW1時代だとオリジナルは全て機械式だけど、相当痛んだ機械式を機械式のままで修理するのはかなり大変。博物館とか機械式に拘りのある人の分は接点を移植してでも機械式で修理するけど、メグロクラスは今でも実用として使う人が居る。そんな人は見た目と機能が一緒なら、値段が安くて信頼性が高い方が良いと言う。
 まあ当然のことで私だって同じ事を言うと思う。機能まで変わってしまうと車体側の配線とかを弄る事に成るけど、今作っている半導体式のレギュレータだと機械式を全くそのままで置き換え出来る。だからそんな考え方も有りだろうなと思うわけ。
 当然、程度の良い機械式ならそれを温存しておいて、ボロボロのケースを捜してきてそっちの中に半導体式を入れる様な流れをお勧めはするけど。

| | コメント (4)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »