« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月30日 (火)

怪しいことを真面目にやる

06301_20200701205601 マキタの電動草刈機が調子良い。予想通りに非力だけど、そのつもりで使うと十分に力を発揮するしお気軽な分だけエンジン式よりこまめに働く。
 予備のバッテリを準備しようと思った。我が家には変なオッサンが持ち込んだジャンクリチウムが沢山あって、いつもはその中から良いのを選別して使っている。でも最大容量で2100mAh位なので今回の用途にはもう少し欲しい。
 で、ヤフオクを見ていると中古電池をばらして容量を測定して売っている人が居た。スポット溶接を外して単体セルにして充放電して測定して売る。怪しいことをやっている癖に真面目な態度が面白い。
 経験上、中古品の当たり品は悪くない。そこで話の種に買ってみた。私は自分のやったことしか信用しない人間なので、東京都や日本の発表する数字は信じない(笑)。当然ながら人が測定した電池の容量も信じない。
 出品者は何Aでテストしたか知らないけれど私は1000mAでテストした。その結果がこの写真だけど素晴らしいじゃ無いか。私も真面目に生きようと心に誓った。

| | コメント (0)

2020年6月29日 (月)

初めての老眼鏡

06291_20200629203001 最近は本を読むのが段々と辛くなってきて裸眼の限界を感じていた。色々とトレーニング的な事もして居たけど疲れたからもう良かろう。
 ナフコに行った帰りにイオンの中に有る安そうな眼鏡屋を覗いてみた。5,000円とか8,000円のフレームが並んでいて安心感がある(笑)。
 吊しの老眼鏡を見ていたけど、自分の息子くらいの店員が「検査してレンズを用意しても値段が一緒」だと言うので検査してみた。ハッキリと老眼らしい、そして左右に差があると。まあそうだろう、自覚症状が有ったから。
 話を良く聞くと5,000円はレンズまで入れた値段とか。作業用の保護眼鏡でも綺麗に見えるのは2,000円くらいする。それなら1個買っておこうと思いフレームを選んだ。
 レンズもフレームも一般的なヤツだったのか店に在庫があり、少し待っただけで私の初めての老眼鏡が完成した。

 フレームを選ぶときに良く似た5,000円のヤツと8,000円のヤツで悩んだ。5,000円のヤツは少しだけツルの収まりが悪い。肌に触れる物の不快感は嫌なので8,000円にした。
 そしたら最終的なフィッティングの時に、各部を少しずつ調整してくれた。調整が出来るなら5,000円のヤツで良かったじゃないか。。。
 今まで時々使っていた980円のハズキルーペの様な物に比べたら劇的に良く見える。これが50,000円に成ると違いが解るかどうか怪しいけど、980円と8,000円の差は明確すぎるほど有った。
 今回は読書用に買ったけど、この感触なら作業用にもう1個買おうかなと考え中。今使っている作業用ゴーグルより良く見えるし軽い。でも遠くは見えんのでグラインダ作業には使えても農作業には使えない。

| | コメント (7)

2020年6月28日 (日)

ランクルは変態仕様

06281_20200629202101 ランクルには24Vと12Vが混在しているのが有るらしい。話には聞いていて知っていたけど、その関連機器を自分が作業する事に成るとは思わなかった。
 これはDC24VからDC12Vを作る変換器。車体の24Vから一般的な自動車用12V機器を動かす為の物らしい。トヨタ様と言ってもランクルの為だけに24V機器を作らす訳には行かんかったんだろう。それにユーザーも困る。
06282_20200629202101  ショートさせて死んでしまい、それ以降はヒューズが飛ぶとか。そんな機械に24Vをいきなり印加する訳には行かず、パワー回路を中心に少しずつ検証していった。



06283_20200629202101 いくつか悪いヤツが解ってきた。ピッタリ同じ部品は無かったけど、使えそうな部品が有ったので修理する事が出来た。
 始めて知ったけど3系統の電源回路が有った。まず12Vを常時給電する回路。そして12VのAcc用回路とイルミネーション用回路。この2個は1個のDC-DCから供給されており、それを2個のトランジスタで水道の蛇口の様にオンオフしている。
 今回はDC-DCを起動する回路と、Accの蛇口用トランジスタが壊れて居た。オリジナルは最大定格が5Aか6Aくらいのヤツしか使ってないから、想定の使用電流は2Aとかせいぜい3A位のモンだろう。追加の機器をぶら下げるには十分な検討が必要だと思う。

| | コメント (0)

2020年6月27日 (土)

マルセイユは泥の香り

06271_20200627203201  貯まっていた多量のレギュレータ。調整の方は終わったので半導体化に進む。
 リレーを外したり電極を使えるように削ったり・・・、どう見ても機械系の改造作業。
 電気や電子単独なら優秀な人が沢山居るけど、怪しい作業も一緒にやる人は少ない。だから私の様なヘボイ人物でも仕事にありつく事が出来る。小さい頃から怪しい事ばかりやって来て良かった?よ。
06272_20200627203201  途中の写真は記録用に部分のアップしか無くて、何がなんだか解らんので一気に完成写真。
 このバージョンはなぜかダイナモに繋ぐ線が出ている。しかもそれが自身の端子にビス止めしてあるという意味不明な構成。
 ネジの交換をしていて気が付いた。ダイナモの上に乗せた場合、この線をダイナモの出力端子に直接繋ぐ訳だ!、たぶんそうだ。

06273  お化け羊羹みたいなヤツはマルセイユ石鹸。私が時々見に行く930乗りの人が買っていたので真似してみた。
 普段はこんな物は買わないのだけど、冬の乾燥肌と手の甲のゴム手袋まけ?で苦労しているのが軽減されないかなと期待して。アトピーの子を持つ親が色々と試すようなモンかもしれん。
 今日の午後に来たので取りあえず1枚切って使ってみた。第一印象は「泥の匂いがする洗濯石鹸」で余り良い印象は無い。ただ感触は悪くないので冬まで使って様子を見ようと思う。
 嫁さんも試したみたいだけど、「私は絶対に無理!」らしい。まあ解らんでも無い、これは意識高い系主婦のテリトリーだ。普段はVERYを読んで時々家庭画報をめくる主婦の姿が目に浮かんだ。

| | コメント (4)

2020年6月26日 (金)

Stay hungry. Stay foolish.

 最近と言ってもここ2-3日の話じゃ無くて、数ヶ月とか1年とか2年かかって徐々に熟成されて来た気持ちに自分の中でケリを付けた。何とも決められずにダラダラやって来たけど、コロナが良い?きっかけに成った。
 「If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?」はジョブズの有名なスピーチだけど、私はこの部分だけを読んで、ありがちな「今を精一杯生きろ」的なモンだと思っていた。しかし次に「And whenever the answer has been "No" for too many days in a row, I know I need to change something.」と続くのを知って意外な気がした。 ジョブズでもそんな日が続く様な事が有るのか?と言う驚きと、「今を生きる」だけじゃ無くて人生や企業の現状判断をするときの指針と言う面も有るのだと。
 スタンフォードの学生が何を感じたか知らんけど。

06261_20200626202401  ナスを収穫してみた。所謂「一番生り」だから問題が有るかも?と思いながら。
 昼に食べたけど特に悪くはない。これで秋まで?ナスは買わなくて済みそうだ。


06262_20200626202401 随分前の画像だけど、ジャガイモも自給できている。ただ予想の1割も取れてないけど最初だから仕方ない。
 取りあえず種芋よりは増えた(笑)事を喜ぶべきだろう。百姓の神様ありがとうございました。

| | コメント (2)

2020年6月25日 (木)

命は繋がるか?

06251_20200626083001  一昨日の話だけど、サンマルツァーノの脇芽が折れた。自然のままでやってみようと思い、全ての脇芽をそのまま放置していたけど重すぎて自重を支えられなく成ったらしい。
 他にも折れそうな有ったので、切り取って挿し芽にしてみた。命は繋がるかな?。

06252_20200626083001 西瓜は見る度に大きくなる。「そろそろネットをかぶせな」と言われたので、コメリかナフコで適当なネットを物色してこよう。




06253_20200626083001  変なナス。一番下の方で葉っぱに隠れて居るから今まで気が付かなかった。一番生りは速めに取れと言われたので、数日内に取ってみよう。
 食べるのちょっと躊躇われる。


06254_20200626083001  ポンテローザも少しずつ大きくなるけど、まだ固いままで色も青い。なかなか赤く成らんモンだ。




06255_20200626083001  余った苗をちゃしろランの柵の横に植えていたヤツ。順調に登っているけど大玉だからこのままじゃ困ったことに成りそうだ。

| | コメント (0)

2020年6月24日 (水)

効率化

06241_20200624211301 同じ様な作業が続く事は良くあるけど、同じ作業が重なることはあまりない。1個の方は順番が前後するけど、収益を上げる為に(笑)同時作業をする事にした。
 この辺りは電子回路の修理と言うよりも小さな機械の整備に近い。

06242  大物部品を交換したり整備してから装着していく。





06243  基板上の部品も交換していく。特に希望が無ければ、リフレッシュだと今までに問題が起こったヤツを中心に交換して全数までは交換していない。



06244  交換前の点火用コンデンサ。容量は十分に有るように見えるけど、ESRに着目すると劣化が見えてくる。




06245  こっちは新しいヤツ。この位だと体感は出来ないかも知れんけど、1次コイル電流は明確に減っている。
 今のタイミングは、急速にダメになったり、不安定に成ったりする入口に有るのは確かだと思う。

06246 試運転と点火タイミングのアナログ的な調整。





06247  電圧も十分だし充電の感じも良い。ちなみに赤い波形はデスビからのピックアップコイル信号。
 現物を回すわけには行かんので、この波形は実車から採種したデータを元に、任意波形発生器で作った疑似波形。
 小さなノイズを色々と変えてみて反応を見る。オリジナルの回路だとこのくらいのノイズが限界。専用ICを使った入力回路に作り替えるとこの画像の5倍くらいノイズが乗っても正常に点火する様に成る。でも電子回路的に「改造」に成るので、こちらから強くお勧めしたりはしていない。興味の有る方はお問い合わせ下さい。

| | コメント (0)

2020年6月23日 (火)

低レベルな整備士

06231_20200623201201 白骨号のミッションオイルを交換した。これはデフも一体に成っているからハイポイド対応のGL-5が指定。
 普通のFFもデフが一体だけど、あれはギヤが直交しないから少しは楽なんだろう。でも縦置きエンジンのFFは一緒か。。。じゃあ今度はスバルのギヤオイルにしてみようと思ったけど、スバルは20L缶しか無かったので止めた。


06232_20200623201201 で、選んだのはコメリの農機用(笑)。チャンとGL-5と書いてあるから大丈夫のはず。
 今回はシンクロの効きに関して実験的な意味合いが有り、出来るだけ「素」のギヤオイルが欲しかった。バイクのエンジンオイル的なイメージで、デフギヤが壊れると困るけど、シンクロはしっかり効いて欲しい。

06233_20200623201201  見る人が見れば解るけど964とか993のエアコンコントロールユニット。
 修理依頼だけど接続されるセンサとかアクチュエータが多すぎて、ワニ口クリップとか簡易の機材では総合的な試験が出来ない。と言うことは悪いところが断定出来ないし、修理後の検証も出来ない。
 やったことは症状と回路から怪しい所を弄ったり交換したりしただけ。典型的な低レベルで駄目な整備士の仕事ぶりで情け無い。
 「廃車から10個くらいモータとセンサ集めて自作すれば良いだべさ」とロートル自慰さんなら言いそうだけど、相手は964とか993なのでちと難しい。でも今のままじゃ情け無いので、次回までには964のエアコンシステムエミュレータを構築しようと小さく心に誓った。

06234_20200623201201 6ピンのCDIが2個溜まったままだ。取りあえず1個に着手したけど、火が出ないという話なのに火が出る。
 受け入れ検査で簡単に見たときはうちでも火が出なかった。でもこの時は作業の時間が無かったのでそれ以上追い詰めなかった。そして今日になってやろうとしたら動作する。
 うーん、何処かの接触不良かな、コンデンサが休眠?でもしたかな。良く解らんけど相談したら不安な所を無くしてくれと言われたので、リフレッシュ的に全部を見直そう。
 もう1個もリフレッシュ的な作業なので、平行して進めた方が効率が良いな。測定機材とか片付ける必要が無いし。

| | コメント (2)

2020年6月22日 (月)

依存しているとケンカ出来ん

06221_20200622200501  アベノジュウマンで充電式の草刈機を買った。散々批判しているのに金は貰うのかよ!と言われそうだけど(笑)、納税者なら将来的に20万くらいは取られる計算に成るから、辞退するのは人が良すぎる。

06222_20200622200501  取りあえず使ってみるとカバーが深すぎて使えないから交換した。マキタの想定は私よりも50mmくらい上を刈る様だ。




06223_20200622200501  附属のチップソーは素晴らしい。今までで一番サクサク草が切れる。 エンジン式にも使ってみよう。




06224_20200622200501  調子が良いのでナイロンコードも試してみた。まあまあ使える。面倒で使えないと判断した手動の差し替え式だけど、モータだと停止と起動が直ぐなので活用できそうだ。


06225_20200622200501  説明書を見て解ったけど、安いモデルは充電器が違っていた。買いたいハンドルのモデルが無かったから高い方を買ったけど、仕様をじっくり比べると安いヤツは存在価値が無いような気がする。

06226  当初はリヤモータの強いヤツと迷ったけど、エンジン式が有るから補完的な用途に限定して弱い方にした。
 「道具は少しだけ能力が不足している位がよく使う」と言うのが今まで生きてきて到達した極意?だけど、今回の選択はどう出るか。

 試しに太陽光パネルの下を刈ってみたら調子が良い。この草刈機も太陽光で充電するけど、自分の動力源を自分で草刈りしてメンテするとか面白い。
 食料の自給は比較的簡単だけど、今の時代に必要なエネルギの自給は難しい。色々考えてみると最も現実的な解が太陽光の様な気がする。新潟に住んでいたら油田を掘るけど(笑)。
 これで産油国とケンカする事に成っても大丈夫だ。。。エネルギ以外でもこの手の事を言うと「意外と好戦的ですね」と返される事が多い。別に戦うつもりは無くて、同等の立場で居たいと言うか、依存している状態だと好きなことが言えないのが嫌なだけ。

 

| | コメント (2)

2020年6月21日 (日)

界磁弱めは危険な香り

06211_20200621203001  昨日苦労した作業。
 930用社外品で強力型クーラーファンの不調。回るときと回らない時があり、ファンがケーシングに接触したりもする。



06212_20200621203001  コンミュテータが一部焼損している。修正するには直径で0.3mmくらい追い込んだので、このサイズにしては結構な深さ。



06213_20200621203001  グローラのような物を持ち出す前に、テスタでロータの巻線を簡易チェック。ブラシが当たるコンミュテータ間でkΩはあり得ない。



06214  巻線は切れて居らず、コンミュテータと巻線をかしめて有る場所が緩く成って居た。そして緩い場所が4箇所も有った。。。この場所で止まったら起動できんよなあ。


06215  悩んだけど全部の金具を起こし、隙間を洗浄して針で汚れを削り取り、ペンチを1個潰してカシメの治具を作り、最終的にはカシメでは効きが悪いのでポンチで追加攻撃した。仕上げにこの上を耐熱性のボンドで覆って完成。

06216 ちょっと気になるのがサイズと電流。このモータは界磁弱めで3段階の変速が出来るのだけど、最弱界磁の時、すなわち最高回転数の時に13V印加で14Aも流れる。
 3速の界磁弱めも改造で実現した様な感じなので、もし強い界磁が前提のモータだとしたら界磁弱めで速めた分は無理した過回転と過電流に成って居るんじゃ無かろうか。
 それ以外にも軸方向にガタがあったり、あまり使って無いのに含油軸受の部分の軸に傷が有ったり、軸受部に全く油っ気が無かったり、あまりお勧めじゃ無い感じがした。
 取りあえず気になる部分は整備してみたけど、最高回転を続けるのは怖い気がする。
06217  今は大宰府で勤務中の三男から、父の日だから?コーヒー豆が送られて来た。
 なんか有名な店らしい。



06218  まずは頭が良くなりそうな道真ブレンドから飲んでみた。
 直前に飲んでいたのが澤井コーヒーの安物ブレンドだったので、なんか上品な落ち着いた味に感じる。


06219 こっちは名前の雰囲気的にもう少し個性的な味かもしれん。
 ヨーロッパなのに「うそ」なのはなぜだろう?。

| | コメント (2)

2020年6月20日 (土)

今日の我が家

06201_20200620203801  サンマルツァーノの支柱を立てた。茎がしっかりしているからしばらくは大丈夫と思っていたら、先日の風で根っこが引き抜かれる様に倒れてしまった。



06202_20200620203601  最初に開花したヤツは7cmくらいまで育った。





06203_20200620203601  ポンテローザも大きいのは5cmくらい有る。





06204  世界一の方がほんの少しだけ劣勢かも。





06205  理由は解らんけど枯れたのも有る。まあ数で勝負だ。





06206  スイカも陣地を広げて来た。






06207  自粛期間中に勝手に交配してしまったらしい。全く油断も隙も無いヤツらだ。。。




06208  マクワウリにも藁を敷きたいけど、敷いたらその日の内に竹の重しが居る。ちょっとそこまでの纏まった作業時間が取れてない。



06209  柵に登らせたいカボチャ。






062010  雌花?みたいなヤツを発見。






062011  ナスもいつの間にか実になり始めて居た。写真を撮るときに、棘が刺さって痛かった。




062012  発芽が遅かったピーマンはまだまだ。






062013  サツマイモは雑草に覆われてしまった。。。





062014  トウモロコシは害虫で数本失われてしまったけど、生き残りは割りと順調。支柱が要りそうだ。




062015  近所のオバチャンが生姜の芽が出たかチェックに来てくれた。雑草の中から見つかったこれが生姜の芽らしい。




062016 最後はちゃしろ様、順調らしい。

| | コメント (2)

2020年6月19日 (金)

セクシー納骨

06191_20200619200301 随分前に納骨堂からあぶれた骨を散骨すると書いていたけど、なんか面倒くさくてそのまま放置していた。放置は流石にご先祖様に失礼だと思い、トマトの尻腐れ病防止の為に畑にまくことにした。
 骨は肥料の袋の上に置いてハンマーで砕いた。吸収の面からは粉みたいにした方が良いと思うけど、時間的な問題も有るので最大で5mmくらいで妥協してもらった。
06192_20200619200301  昭和38年の10月25日に納骨と書いてある。私が5歳の時だから、座敷に新聞紙を広げてその上で骨を選別?していた記憶がその時だろう。
 その時も怖いとか気持ち悪いとか思わなかったけど、骨にまでなってしまうと子供心にも壮大な時間軸を感じてしまうからかもしれん。
 今回の骨は畑にまかれてトマトの養分に成る。それを我々が食べて今を生きる人間の養分に成る。なかなか壮大で気分の良い話だ。でも婆さんが生きていたら絶対に食べないと思う。「火葬場のオバサンが立派な大根をやんなるとばってん、気持ち悪るうて食べきらん」と何回も聞いた様な人だったから。。。まあ人それぞれだ。

06193 一つの骨壺は骨しか入ってなかったけど、もう一個の方は丸めた新聞紙が入っていた。それを広げて見ると古銭と泥の玉が。そう言う風習なのだろうか?。
 それよりも気になるのは包んである新聞だ。「新九州新聞」とか聞いたことが無いけど、記事が素晴らしい(笑)じゃ無いか。
06194  偶然にしては面白すぎるし、わざとだとしたら十分に楽しませて貰った。骨は撒いたけど新聞紙は取ってあるので、時間を作ってじっくりと読んでみよう。
 立派なトマトが出来るかな?

| | コメント (2)

2020年6月18日 (木)

人参が太くなってきた

06181_20200619145001 間引くと言うよりも、雑草の中から適当に摘んで引き抜く感じの人参。全体的に太くなってきて居て、一番太いのはもう二息くらいの状態。
 近所のオバチャンに依れば、「ふと成るまえにとうが立ってしもうた」らしい。森高も気を付けないと薹が立つと言っているから気を付けよう。

06182  ポテトチップス2回目。1回目よりも上手く行った感じ。嫁さんによると揚げ終わりを見極めるのが難しいらしい。




06183  最後はちゃしろ。寝ようと思ったら勝手に人の布団で寝ている。この季節に寝られると、敷き布団が妙に暖かく成って気持ちが悪い(笑)。

| | コメント (0)

2020年6月17日 (水)

効くヤツは身体に悪い?

06171_20200617210401 今日も有りがたく草刈りと畑仕事と電装品の作業を続けている。
 これはちょっと前に入ってきていたレギュレータたくさんの案件。軽く受け入れ検査だけして作業内容の返答待ちだったけど、返事が返ってきたのでポチポチ作業している。

06172  空冷のVWとかポルシェの世界で高値がつきそうなヤツばかり。しかも3個は新品みたい。
 新品で壊れては無いけど、数十年も寝ていたので接点に強固な酸化被膜というのか、金属が熟成された(笑)物か知らないけど、絶対導通させない意図を感じる薄膜が出来る。旧車のポイントとかでも時々出くわすヤツで、紙ヤスリで削るしか無いのだけど、少しだけ粘りけが有るような妙な物質。
 そう言えば変なオッサンから接点洗浄剤?を貰っていたのを思い出した。時々使ってみて悪くない感じなので、今回も小さくちぎった紙ヤスリと謎の薬剤攻撃で乗りきった。

 そう言えば「効くけど身体に悪い」ような話をしていたような気がする。毎日使うと胆管ガンに成るようなヤツだろうか。まあ数ヶ月に1回しか使わないから、これよりも2日に1回くらい使うパーツクリーナの方が身体に悪かろう。
 まあ、来冬のコロナでどうなるか・・・期待値的にはそっちの方が問題かもしれん。

| | コメント (2)

2020年6月16日 (火)

ヘビでは無いと思う

06161_20200616205401 先週作ったMAF→VAF変換基板だけど、微調整の回路が無かった。
 アクセルを大きく開けた時はどうでも良いけど、アイドリングの時は決め打ちのデータでは誤差が大きい。O2センサのフィードバック範囲には入って居るけどオリジナルもアイドルだけは調整ねじが有るから負けたくない。
 アイドルだけに効く調整は難しかったので、全体にずらす思想で逃げた。開度すなわち出力電圧が大きくなれば、同じずれ量でも意味合いは薄くなるから許す事にした。
 ジャンク箱を漁ったら16段階のスイッチと4ビット分の集合抵抗が出てきた。集合抵抗とか何十年ぶりに使うんだろう。PICの全てのポートにプルアップが効けば要らないのに、1個だけプルアップが効かないという変態仕様なので仕方ない。
 夜になったので試験はしてない。動くかな?。

06162_20200616205401  ちゃしろに荷物が届いた。カラスヘビみたいな物が出てきて興味津々。





06163_20200616205401 とりあえず匂ってみて、噛んでみるのは犬のお約束。でもヘビでは無いとおもうぞ。

 ありがとうございました。

| | コメント (2)

2020年6月15日 (月)

御礼はヘッジトリマ

06151_20200615210501 昨日の夕方、近所の人が田植機のレバーを延長して欲しいと持ってきた。この人は自分でやる人なので、既にレバーは切断してあって、間に入れる9mmの丸棒も必要な長さに切ってある。あとは溶接するだけ。
 この位なら私の溶接でも大丈夫だろうと、適当に溶接して渡していた。そしたらその御礼としてエンジン式のヘッジトリマをくれた。
06152  流石に貰いすぎだと辞退したけど、良く聞くと既に10年以上使ったヤツで新しいのを買っている。刃もガタガタだし1本折れている。まあ軽いジャンク状態だから2,000円くらいのモンか・・・と納得して貰った。
 折れた刃はどうにも成らんけど、それ以外は悪くない状態で直ぐに使えそう。
06153  試しに切ってみたら私が持っている電動よりもパワーが有るし切り幅もデカイので作業が早い。でもその分だけ重さで疲れて続かない(笑)。
 刃が1個欠けているのは意外と使いにくい。その部分に固いのが入ると、そこでブレードが止まってしまうから。
 うーん、交換用の刃を買うべきか。でも1万くらいする。悩むなあ。

06154  こっちも貰い物のキタアカリ。近所の人が多量に貰ったのでおすそ分け。
 前に書いたけどこのキタアカリも小さいのばかりだ。持ってきてくれたオバチャンに依ると、最初の頃は直売所のキタアカリもでかかったけど、最近はこんなのばかりらしい。
 この地域が合わないと言うよりも、最近の高温がダメなのだろうか。と言うことは暑くなる前に収穫しなければ成らず、そうなると霜の時期に植え付けか?。なかなか難しそうだ。

| | コメント (0)

2020年6月14日 (日)

ポテトチップと間引き人参

06141_20200614203001 ジャガイモが取れすぎたらどうしようと心配になり、ポテトチップを作って本でも読みながら只でポリポリ食べ続けてやろうと思った。
 作り方は意外と面倒。それ以前に我が家のスライサーは全然切れない。研ごうと思ったけど非分解の構造だった。
06142  うーん、なんか味が薄いなあ。未成熟な小粒なヤツだからだろうか。世の中には手作りが一番美味しいと主張するお母さんが一定数いるけど、これはカルビーの方が美味しいわ。
 しかも、この雨で掘ってないジャガイモは腐ってしまいそうな雰囲気。取らぬ狸の皮算用とはこういう事を言うんだろう。
06143 こっちは間引き人参。我が家の作物はだいたい近所の畑の一ヶ月遅れだ。でもそれなりに前進していると嬉しい。
 丸のままでバターでソテーして、昼飯のインスタントラーメンに載せて食べた。

| | コメント (0)

2020年6月13日 (土)

I hate inconsistency

06131_20200613193901  The 930's air cleaner box has a small square hole in it. The MAF sensor I made has an 80mm outer diameter. I'm an old man and I don't need power but I don't like the inconsistency. I cut out the square hole into a big circle.

06132  Air funnels are needed to smooth out the intake air. I made an air funnel. All you need is a sewer pipe , a burner, leather gloves, and a little burn.



06133  The test drive was fine. When driving very gentlemanly, I felt some discomfort between 1000 rpm and 1500 rpm. Porsche will tell me not to drive below 1500 rpm, but to me that needs improvement,It is.


| | コメント (0)

2020年6月12日 (金)

Video wins

06121_20200612201801 I built a poor man's MAF sensor a week ago. Today I'm going to make that voltage conversion board.




06122_20200612201801TOYOTA's sensor requires 12v power. But BOSCH's DME supplies 5V. I thought about boosting the voltage, but the transistor inside the DME is weak, so I gave up.


06123 I twisted the key and it started up very easily!





06124 The air funnel is for 928. Maybe it's pointless.But I wanted to put something on it.




06125 I've modified the PIC program twice. Idle speed is stable.





06126 The output voltage of the poor man's MAF sensor is equal to a BOSCH VAF.





06127 I installed the air cleaner box.






06128This is the O2 sensor voltage at idle.
The waveform alternating back and forth between 0 V and 1 V means that all errors are within the range of the O2 sensor feedback system.


06129 I held 2000 rpm for about 15 seconds.
My 3.2L engine is still in range of the O2 sensor feedback system. Great, the poor man's MAF sensor is going to be useful.

With the exception of a very few works of art, video appeals to people more than still images. It's very exciting to see the engine running on a sensor made of sewage pipes and plywood. It is But many people won't understand my excitement. Oh, I should have been a YouTube star.

| | コメント (0)

2020年6月11日 (木)

行けるんじゃないか?

06111_20200612141201 作りかけのエアフロ試験機を引っぱり出してベーン式と「吸神」の両方に交互に当ててみた。
 貧乏くさくても感覚に頼るよりは良いと思う。プリミティブな定量化と言い換えてみると、訳が解らんが格好良くなった気がする(笑)。
06112_20200612141201 最初はアナログの多段ゲインとか考えたけど、私の技術力では何年かかっても完成しない気がしたのでPICに逃げた。
 ベーン式の出力をAD変換し、内部に用意した256段階のテーブルを読み、1個のポートにオンオフのPWMで出し、RCのローパスフィルタで平滑するだけ。
 なんか上手く行くような気がしてきた。私のエアフロはベーン式だけど、すり減った抵抗体の代わりにホール素子センサを埋め込んである。これは信頼性も有るし悪くないのだけど、今回の方法が上手く行けば現行車のセンサをベーン式の筐体に埋め込む事が出来る。
 見た目は古くさいけど中身は現行品。こう言うのはギリギリ私の許容範囲。2000GTのボンネットを開けたとき、1Gエンジンが載っていたら興ざめだ。でもシリンダフロックの中に、小さなロータリエンジンとかモータが入っているのは許せる様なモンか。
 書いていて訳が解らん様になってきた(笑)。

| | コメント (0)

2020年6月10日 (水)

合っている様な気がする

06101_20200610212601 木目調のMAFを作ってみた物の、なんか時間が取れなくてそのままに成っている。この手の事はじっくり取り組む時間が無いと進まないから仕方ない。
 取りあえず出来そうな事をやっておこうと思い、エンジンエミュレータを使って現行DMEのエアフロ電圧とかマップのエンジン負荷の関係を調べてみた。
 まともな測定器が有る訳じゃ無いし、私が適当に想像してROMを焼いてその挙動を元にデータを採種するだけ。でもそれをグラフにしてみたら綺麗なカーブが出来上がった。
 感覚的にだけど、バラバラに測定したデータを纏めてこんな感じのグラフになるという事は、測定システムもその手法も、全てがそこそこの成果を出していると考えられる。

 全く逆の事を今回のコロナウイルスの感染者数のグラフで感じた。各国のグラフは全体や一部が指数関数的なカーブに成っているけど、日本のグラフだけは一次関数をトレースしたような形で異彩を放っていた。
 普通の実験でこんな結果が出た場合、このデータを持ってきた生徒に実験方法を聞き直すのが普通だと思う。もしそれで問題が無ければ、何か新たな事実が隠れているかもしれないと精査すべき。
 私は感染症の専門家でも無いし統計学を学んだ人でも無い。でも今回のデータを見て「日本は成功した」と単純に喜ぶのは間違っている様に思う。さらに奇妙なのは指数関数的な変化が前提で有るはずの実効再生産数という言葉が一人歩きしている事。
 個人的に一番好ましい結論は、遺伝的に耐力が有るとか、早期に良く似たウイルスに罹患して生き残った者達で有るという話。最も考えたくない結論は、何処かのコラムニストが書いていた様に、安倍さんがスーッと引いた線に沿うように役人達が苦労している姿。

 明日こそは雨が降ってくれるかなあ?。もう畑の土が石みたいにカチカチに成っている。化成肥料は粒々のままだし、朝撒いた液肥は昼には石のような土に白い粉を吹いている。

| | コメント (0)

2020年6月 9日 (火)

イタリアと相性が良い?

06091_20200609194901 キタアカリが4本ほど枯れていたので掘ってみた。うーん小さい。
 枯れていたのは特に小さい木。時期が遅いのも有ると思うけど、近所の人によると直売所のキタアカリは全部小さいらしいから、この地方には合ってない品種かも。
06092_20200609194901 ついでに葉っぱが黄色い男爵も2本掘った。こっちも上の木が十分に成長せずに枯れ始めた感じ。来年は早く植えよう。



06093_20200609194901 良くみたらポンテローザに実が生っていた。





06094_20200609194901 世界一の方にもパチンコ玉くらいの実が。





06095_20200609194901 もしやと思って確認すると、サンマルツァーノにも実が生っている!。しかもこの段階で細長い。
 幹も一番太いし、今後の成長が楽しみだ。


06096_20200609194901  ナスは花が咲いただけで実はまだ。出荷の人は早朝からホルモン剤?をシュッシュしているけど、出荷する訳じゃ無いから虫さんに任せよう。



06097_20200609194901 スイカのつるを整えた。






06098_20200609194901 マクワウリはゴミ袋をかけたままなのに、もう花が咲いている。早熟なヤツだ。もしかしたら環境とかタイミングが良くないのかもしれない。



06099_20200609194901  生き残ったトウモロコシは割りと元気。苗で買った近所のトウモロコシの7割くらいまで追いついた感じ。




060910  早速、夕食に今日の男爵が登場した。牛すじ肉の肉じゃがみたいなヤツ。普通に美味しかった。
 キタアカリの小さなヤツは毒が有るのだろうか。私は素晴らしい妻のおかげで(笑)、ソラニン中毒の経験がある。死ぬ訳じゃ無いので食べてみようか悩み中。

| | コメント (4)

2020年6月 8日 (月)

議事録は残した方が良い

06081_20200609171201 XJ400のイグナイタが完成した。1個だけコンデンサの容量抜けが有ったけど症状と直結する場所じゃ無かった。ドライヤで炙りながら試験したら火が飛ばなくなり、基板を押したら飛び出したので半田クラックと判断。


06082  結局、作業としてはバラバラにしてコンデンサを交換して再半田しただけ。書いたと思うけどこの基板は再半田で半田がブクブク沸くから嫌い。



 06083 安定して両方共に火が飛ぶように成った。過去のデータが有るのでスムーズに作業出来る。失敗とか不都合な事実であっても、記録は残しておくべきだと思う。



06084  ちゃんと進角もしている。あとは長時間の運転を試験したら完成。

| | コメント (0)

2020年6月 7日 (日)

ジュースは吸えない

06071_20200607201101 農業指導のオバチャン達に「そろそろビニール外して藁を敷かな」と言われたので、エイミーの家に行って稲藁を貰ってきた。
 この近所ではここしか藁が無い。他は全部コンバインで切り刻むけど、この「外人」の家だけが掛け稲をやっているのは妙な感じがする。
06072  藁を敷く予定はスイカとマクワウリ。近所のオバチャンも欲しいというので余分に貰った。
 ちゃしろを乗せてみたら興味津々。匂ってみたり遠くを見晴らしてみたりと楽しんでいる様子。

06073 くつろぐちゃしろ。






06074 「竹を置かな飛ぶばい」 「孟宗が2本有った方がよか」と言われたので山から切ってきた。
 結構疲れる作業だ。この後は草刈りもしたのでヘロヘロ。







06075  どれが親づるかどれか子づるかさっぱり解らん。





06076  もう花が咲いているのが有る。どちらも雄花。女性の居ない時代に生まれてしまって可哀想なヤツらだ(笑)。

| | コメント (5)

2020年6月 6日 (土)

木目調MAF

06061_20200606202801 ここのところパッとせん事が続いて居るわけだけど、良く考えたらパッとした事が有った記憶もあまりない。まあそんな人生だ(笑)。

 気が付けば週末なので面白い事でもしようと思い、水道管とベニヤ板を切り貼りしてこんな物を作ってみた。暗く成ったからピントが有ってない。スマホ以下のデジカメだ。
06062_20200606202801  中にはノドチンコの様な物がぶら下がっている。






06063  父親と並べてみた。






06064  反対側も。

 ここまでは中学生の私でも出来る。問題はこれから先だ。上手く行くかどうか判らんし、上手く行っても私は見た目が変わるのが嫌なので使わないと思う。
 取りあえず名前を付けた。木目調のテレビにはそれぞれに大層な名前がついていた。それに倣って「吸神(すいしん)」と名付けた。50馬力くらいアップしそうな名前だ(笑)。

| | コメント (0)

2020年6月 5日 (金)

クラックかコンデンサか

06051_20200606201501 確かXJ400のイグナイタ。この手のバイクのヤツは、車種によってピックアップコイルの波形が違う。さらにXJ400は前期型と後期型でパルス間隔が違うというオプション(笑)付き。
 普通ならピックアップ廻りの写真とか無いと解析が進まないけど、XJ400は以前にやっているのでそのデータが使えると思う。
06052_20200606201501  半田面に大きな異常は無い。一部の半田にリング状のクラックまでは行かんけど変色が認められる。あとは基板を外して各部品に異常が無いかの確認。
 こいつは真ん中に専用ICがドーンと有るタイプなので、それが壊れるとお手上げ。でも不調の様子を聞く限りでは、半田クラックか、コンデンサか、ツェナーか、なんかその辺の不調かな?と言う感じ。
 せっかく波形データが有るのだから、分解前に症状が出るまで試験してみようと思う。しばらくやっても出なかったら諦めて作業にかかろう。技術的には良い事じゃ無いけど、仕事は時間とかコストも大事だから仕方ない。

| | コメント (0)

2020年6月 4日 (木)

ポイントの最小電流

06041_20200604205501 先日の6ピンCDIの蓋を閉めて無いのに、新たにCDIが2台も入ってきた。今回は3ピンと6ピンが1台ずつ。




06042 6ピンは後で良いらしいので、取りあえず3ピンから取りかかる。型番を見ると001なので一番初期のバージョンと成る。
 ポルシェの3ピンCDIに関してはたくさんのバージョン違いがあり、最初のCDIで色々と悩んだり改善していた事が想像されて興味深い。
06043 変更点の一つがポイントに流す電流。回路的にはポイントに直列に入っている抵抗値の変更。
 初期のバージョンは120Ωが入っているけど、次のバージョンあたりから33Ωに変更となっている。
 設計室とか実験レベルでは120ΩでOKとしたけど、実際に世に出ると汚れとか不安定とか色々な問題が起こったんだと思う。
 ちなみに昔の私はセミトラ回路をアップしているのだけど、そこで私は100Ωを選定している。資料も何も無い中で、BOSCHやポルシェの技術者と近い値を選定した事が少しだけ嬉しい。結果的に電流が少なすぎたんだけど(笑)。
06044  点火コンデンサも容量が減っていたので交換と成った。この辺りの作業は、電気電子的な難しさは無いけど、大工仕事的な難しさが満載。



06045  斜めに付いた抵抗も後期バージョンで追加された部品。純正品もこんな感じで対策的に載せてあるのが微笑ましい。
 試験してみると良いじゃないか。気分が良いのでコネクタの端っこが欠けて居たのを、アクリル系の構造用接着剤で整形しておいた。いつもならクイックメンダーを使う所だけど、色合いがグレーで合わないので黒いアクリル系を採用。
06046  最後は今日のちゃしろ。今日はネズミを捕った。ぼんやりした犬に見えるけど、意外とハンターで驚かされる。

| | コメント (2)

2020年6月 3日 (水)

上手く行かない事の方が多い

06031_20200603202701 いつもは「こんな事やった」的に何らかの結果が出た話ばかり書いているけど、今日はイマイチ結果が出ない話。実際はこっちの方が多いけどカッコワルイからあまり書かない(笑)。

 まずは半導体化DMEリレーの件で、何回か書いたけど993への対応が出来て居ない事。
 昨年に993用の依頼を受けて発送したけど上手く行かず、テスト機とか送って試して貰うけど上手く行かず、考えても良い案というか原因が解らずに時間ばかりが経過してキャンセルと成ってしまった。
06032  自分自身も情け無いし、期待して注文してもらったお客さんにも、多大な迷惑をかけてしまって申し訳ない。
 この手の事は技術的に解決するしか無いのだけど、今の時点では原因が解らずに解決が出来ていない。
 と言うことで、ポルシェ993に関しては半導体化のご注文をお受け出来ません。いつか克服したいと思いますので、生ぬるい目で見守ってください。
 どなたか「993を1年ほど貸してください」と書こうと思ったけど、ポルシェ屋の社長の993に付けて貰っても「普通に動くよ」と成ってしまったので、特定のバージョンを見つけて借りる必要が有る。これも難しい話だ。。。

06033  もう一つはトウモロコシ。春に植えた中では一番順調に感じて居たのだけど、ポツポツと枯れるのが出てきた。
 最初はナスの復活が嬉しくて液肥をかけたのが悪かったかな?と感じたけど、良く考えたら最初に枯れた2本は液肥をかける前だった。
 半分ずつ水の量を変えてみたりしたけど変化が無く、じっくりと見てみると枯れた葉の根っこにはどれも長穴が空いている事に気がついた。この写真には写って無いけど、1匹だけ5mmくらいのウジ虫的な虫も見つけた。もしかしてこいつが犯人だろうか?。
 取りあえずホームセンターに売っているスプレー式の薬剤をかけてみた。でもいかにも家庭菜園用で何にでも効くような書き方だから、効かんだろうなあ。。。
06034 最後は安定のちゃしろ。でも彼にとって夏は地獄の季節なので、徐々に食欲が無くなって動きも悪く成ることだろう。
 速く秋が来ると良いね(笑)。

| | コメント (5)

2020年6月 2日 (火)

二人は仲良し

06021_20200602210701  6ピンCDIの修理をしていてケースやツェナーの取り合いをマジマジと眺め、スタッドタイプじゃ無いツェナーの取付が出来る気がした。スタッドタイプはメチャ高いし入手性が非常に悪いから。
 取りあえず自社用の試験機に取付てみる。取り合い的には悪くない。
06022_20200602210701  銅粉が入った特殊な熱伝導性の接着剤で埋めてしまう。この場所なら最悪の場合はスタッドタイプに交換も出来る。




06023_20200602210701  いいぞ、放熱がスタッドタイプよりも良くなった感じが有り、ケースに広範囲に熱が伝わって居る。




06024_20200602210701  エイミーの実家のチャッピーが遊びに来た。
 短毛だから細く見えるけど31kgも有るらしい。まだ1歳未満だから最終的に40kg近くまで成長するかも。


06025_20200602210701  オス同士なので恐る恐るちゃしろランに放ってみたら・・・、意外と相性が良くて二人で遊ぶ。
 このサイズが走り回るとかなりの迫力で、エイミーのお母さんが吹っ飛ばされた。

06026_20200602210701 二人は仲良し。

| | コメント (0)

2020年6月 1日 (月)

衣替え

06011_20200601203301 数日前に入ってきていた水没でベタベタのDME。錆びた部品の交換がやっと終わった。いい加減な私だけど、流石にあの状態で通電してみる気分には成らなかったから。
 1/4WならE12系列を全部揃えて居るけど、こいつには1/6Wとか2Wとか5Wとか色々なサイズが散りばめて有る。だから要した時間の大半はそれらの手配の時間だったりする。
06012_20200601203301  これを機会に1/6WもE12系列で揃えようと思ったけど、秋月には全部の種類が無かった。仕方ないから割高なRSで買うしか無いかな。
 取りあえずデジタル信号は正常に出た。でも点火のパワー系が動いてない。これの原因は単純な半田クラック。まあ低レベルだけどコストだけがかかったショボイ修理に成ってしまった。。。
06013  進角インジケータも大活躍。これは使えるからエンジンエミュレータに組み込んでしまおう。





06014 インジェクタ波形を確認してアナログ部の各部を調整。





06015  同じく点火波形も。






06016  レジストの補修はエンジン用の耐熱コーティングにした。サンハヤトの簡易版は普通の塗料なので耐熱性がイマイチで価値を感じない。
 ビニローゼの緑と透明を混ぜて試したいけど今回は間に合わなかった。


06017  部品面も随分綺麗に成った。まあカバーを閉めたら見えんけどね。

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »