« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月23日 (水)

中途半端な英語脳

10231 ピンポンが鳴ったので宅急便かな?と思って出たら"リコちゃんママ"だった。あれっ、今日はリコちゃんと遊ぶ話は無かったけど??と思って居たら赤い瓶を手渡された。
 花火を見に八代に行かれていたらしく、その時のお土産だった。八代名産のケチャップで凄く美味しいらしい。食べるのが楽しみだ、ありがとうございました。

 晩飯の時に嫁さんと名前の由来が議論になった。「HATIBEE」と書いてあるけど「ハチビー」とはどういう意味だろう?と私が聞いた。そしたら彼女は「蜂に決まってるでしょ」と言う。そりゃ「BEE」が蜂くらいは私でも解るけど、最初の「HATI」が解らない。
 そう聞き直したら「ミツバチでしょ!?」と言われた。そしていよいよ解らなく成った(笑)。聞き方によっては険悪な雰囲気に成ってしまうので、慎重に言葉を選んで「ミツバチの前にあるHATIの意味は何かねえ?、八代のはちかねえ?」と聞き直した。そしたら通じたみたいで「うん、八代のはちやろね」と成って話は終わり。
 後の見えている衣の剥げたチキンピカタを食べ終わり、「HATIBEE」とグーグル様に聞いてみたら「はちべえ」とお答えに成られた。ハハハ。

 ケチャップは確かに美味しかった。カゴメとデルモンテしか知らんけど、その両者よりもトマトの風味が有る。それで居てトマト臭いとかキツイ感じは無くて、全体としては子供でも喜びそうな感じの甘めで優しい味。
 うん、これは美味しいという人が多いのも解る。そして万人向けで凄く食べやすい。オムライスとかに添えて出されたら、一回で瓶の半分くらい食べてしまいそうだ。今回は衣の剥がれたチキンピカタ(これ以上書いたら嫁さんに殺される)のソースとして使ったので、1/3くらいで我慢した。

10232  オマケで「プレミアムドッグカウチ」で眠るちゃしろ。この手の名称は「ソファー」しか知らなかったけど、何となく「カウチ」の方が都会っぽい気がする。「カウチポテト族」と言う言葉も有ったし。
 でも福岡で「カウチ」なんて使うと、3/4の蔑視を含んだ「しゃれとんしゃあ」と返される気がする。

バイク 12km

| | コメント (0)

2019年10月22日 (火)

田舎の爺さんに近い感性

 今日はなんちゃら言う儀式が有るから休みらしい。仕事をしたら非国民と言われそうだけど、天皇陛下に何か良いことをして貰った記憶も無いので普通通りに仕事したり遊んだりして過ごそう。
 朝からテレビが招待客の数が凄いと騒いでいる。○○国は20カ国、○○国は100カ国、でも日本は180カ国の2000人で凄いらしい。うん、凄いよ、披露宴の人数で威張る田舎の爺さんみたいだ。

10221  そんな気分で居たら越前レーシングの会長から電話がかかってきた。何回も書くけど私は電話が嫌いだ、人の時間に無理矢理割り込んでくるし、電話好きは俺様が話したい内容を俺様が話したい時に聞けのタイプが多い(笑)から。
 今回も予想通りに、急いで車輪を作れとか言うどうでも良い話だった。鉄工所でも無いのにそんな都合の良い材料が転がっている訳ないだろ。。。
10222  4個欲しかったらしいけど2個しか材料が無かった。しかも長さが足りなかったから側面は未加工でバンドソーの切りっぱなし。適当にワッシャでも入れてガタガタのままで使ってくれ。
 めんどくさいから面取りも何もしてないから、手を切って泣いても知らんぞ(笑)。


10223  あとは適当に白骨号のタッチアップをしてみた。今日はフロントのエアダム部分。
 この部品は元々赤だったけど、その上にナフコの安物スプレーで白に塗っていた。でもその下の塗料が樹脂バンパー用の可塑剤てんこ盛りだったのか?、上の塗料が何時までもベタベタして気持ち悪い。
 本当なら全部剥いでやり直すべきだけど、いい加減な性格なのでさらにその上にさび止め兼用ペイントを塗ってやった。ハハハ、ざまーみろ。

バイク 12km

| | コメント (3)

2019年10月21日 (月)

スイッチも疲れる

10211 空冷ポルシェのアイドル検出かフルスロットル検出か知らんけど、たぶんスロットルバルブの位置を検出する為のマイクロスイッチ。
 交換依頼が来たので交換するけど、ストロークが短いし防水の耐環境性が必要なスイッチで割高で入手が難しい。でもボッタクリの弊社(笑)へ依頼が来るという事は、純正品のAssyを買ったら凄く高いんだと思う。
10212 単体で見たら良く解らんけど、こうやって新旧を比べるとスイッチの突起部分がへたってしまっている事が解る。一応はカチカチ音がしていたし、数Ωが残りながらもかろうじて動作はしていた。でもこれじゃあ動作が不安定だったり、セッティングが凄く難しいと思う。


10213  こっちは同じく空冷ポルシェのCDI修理。いくつかの種類が有るけどこれは6ピンタイプと呼ばれている型式で、コネクタの端子数が6個有る。
 このタイプはデスビ内にコイルと磁石と鉄片を使った無接点式のセンサが入っていて無接点化されている。違う型式だとポイント式のCDIだったりするけど。
 これはジャンク品を入手したお客さんからのO/Hと言うかリフレッシュ依頼だけど、確かに全然火が飛んで居なかった。特筆すべきは点火用コンデンサの容量が17pFしか無かったこと。ここまで容量が無くなったコンデンサは始めてだ。
 取りあえずこれは今風のフィルムコンデンサに交換し、その他の制御回路もリフレッシュに相応しい作業をしていく事に成る。面倒だけどこの手の作業は面白くてモチベーションが維持できるから好きだ。

バイク 12km

| | コメント (0)

2019年10月20日 (日)

完璧は目指さない

 買ったときから白骨号の塗装は酷い。何時かは完璧に全塗装してやりたいと思っているけど、なかなか思うように人生は進まないもの(笑)。
 私も随分大人に成ったので、一気に完璧は諦めてタッチアップで新たな劣化を食い止めようと思い始めた。これなら毎日10分とか30分ずつ作業を積み重ねれば何とか成る。
10201 ライトユニットを外したら結構錆びている。






10202  錆を落とした後はホームセンターのさび止め兼用の油性ペイントをペタペタ。最善のやり方とは思わないけど、ラッカー系の車用補修塗料よりは耐久性が有る。



10203  買ったときに中が錆びていたので銀色を塗っていた。でもここまで劣化したら反射率も悪かろう。





10204  蛍光灯の傘に倣って、中途半端な銀色よりも艶のある白にしてみた。意味が解らない穴は白い樹脂板で塞いだ。




10205  訳の解らない穴はシリコーンで塞ぎ、水抜きの穴は専用のプラグが無かったのでグロメットで誤魔化した。





10206  レンズの縁も黒で塗って組み付けた。この程度のサイズで見る分には悪くない。





10207 反対側も悪くない。現物を見ると幻滅するけど。






10208 バンパー下の整流板?も白のペイントを塗った。これでバンパーの汚さが目立つように成ってきた。
 少しずつやろう。




バイク 12km

| | コメント (2)

2019年10月19日 (土)

我が家で一番高価な寝具

 ちゃしろ用のベッドというかソファーを買うことにした。今までは古毛布を1/4に折りたたんだ上に寝かして居たけど、専用の製品の方がハンドリングが楽な気がする。でも近所には全長50cmくらいの小さなサイズしか売って無くて、仕方なく通販で。
10191  LLビーンの「プレミアムドッグカウチ」と言うヤツにした。犬用なのに2万以上する。我が家で一番高い寝具だ(笑)。
 でもグッデイの50cmでも4,000円くらいするので、サイズ比と丈夫さへの期待でトントンかもしれん。
 そう思って居たら大きな箱が2個も来た。アチャー、注文をミスったか?。
10192  ミスって無かった。でっかくて分厚いジーパンみたいな生地の表皮と、中に入るとは思えないボリュームの中綿。




10193  あまりにもデカイ。そして強い。流石アメリカ様の考える事は違う。





10194 平面形状は今まで使っていた古毛布1/4よりも少し大きいくらい。でも高さのボリュームが有るから凄くでかく見える。5ナンバーでもミニバンがでかく見える様なモンか?。



10195  ちゃしろに見せたら早速かみ始めた。この時点でルミエールとかグッデイのヤツだと破れている。でもアメリカ様は破れなかった。
 しばらく見ていたけど、本当に破れたら悲しいので慣れた古毛布を載せたら安心して上に座った。


10196 しばらくしたら寝始めた。悪くないみたいだ。

 説明には「18kg未満の犬にはミディアム、18-32kgの犬にはラージ」と有ったのでラージにしたけど、日本のベッドとの比較や日本の住宅事情まで考慮したらミディアムで良かったかもしれない。
 でもミディアムだと常に小さく丸まるか頭を縁に載せた感じに成る。置き場所が許すならやっぱりラージにして良かったのかな?とも思う。これなら平地だけで眠る事も出来るし、顎を載せて休む事も出来る。

スイム 1.0km
バイク 12km

| | コメント (2)

2019年10月18日 (金)

とげななふし?

10181 夕方のちゃしろの散歩から帰ってきて、濡れた身体を拭いていた時のこと。ふと見上げると目の前の網戸に変な虫がとまっていた。
 ななふしよりは太いし、かまきり虫のような鎌が無い。何という虫だろう、ちょっと気持ち悪い感じもある。

 ネットで調べようと思ったけど、何でもネットは面白くない気がしてきた。そう言えば家に古い昆虫図鑑が有ったことを思いだしてそれをめくってみることに。
 ななふしのページに有る「とげななふし」が一番近い気がする。その他のページもめくってみたけど「とげななふし」よりも近い見かけの絵は無かった。取りあえずこの虫は「とげななふし」と言う事にしておこう。
10182  この図鑑は小さい頃から家に有ったけど、ほとんどめくってみた記憶がない。両親は私の為を思って買ったのかも知れないけど、私は昆虫にたいして興味を示さ無かった。
 代わりに「世界の科学事典?」みたいな数冊セットの事典と、旧仮名遣いの文学全集は暇なときに読んでいた記憶がある。
 親の思うような方向には子供は進まないと見るべきか、多様な選択肢が有れば、その中に何か興味が湧く物が見つかるかも知れんと見るべきか。

バイク 12km

| | コメント (2)

2019年10月17日 (木)

異物混入

10171 数日前から井戸ポンプの様子がおかしかった。パワーコンディショナの出力表示で見ていると、水を使っていない時でも常に200Wくらいは消費している様な感じを受けたから。
 パワーコンディショナの表示は全ての機器を合算した値なので、これを見ただけでポンプと断定できる訳じゃ無い。でも水の出し方と表示を見比べて見ても、以前のようにポンプがゼロまで落ちていない疑惑が濃厚と成った。
 そこでポンプの所に行って眺めると運転ランプが常時点灯していた。このポンプは水中ポンプタイプで、水中24mくらいの場所でモータが唸っているだけ。だから音を聞いただけではイマイチ解らない。でも制御盤の運転ランプが点いているからモータは回って居るんだろう。

 出側のバルブを閉めきっても運転のまま。また本体の故障か?と鬱に成ったけど、取りあえず故障の可能性が高そうな「ファインセンサー」と言う部品を外してチェックしてみることにした。
 このセンサは流量センサと圧力センサが一体に成っていて、この機種に適合するセンサは実売で1万4千円もする。だから清掃くらいで治ってくれたら良いなと祈りながら分解。
 すると何ということでしょう!。流量センサのフロートの一番下のあたりに、写真のビニール紐?の様な異物が引っかかって居た。このせいでフロートが一番下まで下がりきれず、何時まで経っても水がチビチビと流れていると判断していた訳だ。
 異物を取り除いたら一発で故障は治った。それにしてもこれは何で何処から来たんだろうか?。ちょっとだけ興味が有るけど、その手の知識の蓄積が無いから考えても解らん様な気がする。

バイク 12km

| | コメント (0)

2019年10月16日 (水)

冤罪のような気がする

10162 随分前に作業していたBMWのダイナモ。6V品を12Vに改造し、レギュレータも機械式から半導体式にしたヤツ。ツーリング中に何度もヒューズが切れるというトラブルで帰ってきた。
 外観を見ても何ともない。10Aとか20Aのニューズが切れ続けたらしいので、問題が有れば多少の焼損くらいは有るはずだけど??。
10161  インナーのロータが無いので実発電は出来ないけど、出力にバッテリ、入力(=発電)に安定化電源を繋げばそれなりのシミュレーションは出来る。でも、全く問題なくて14.6Vでピタリと安定。うーん。

 送ってもらうときにも考えたのだけど、基本的にDCダイナモの充電系とライトなどの放電系は関係が無い。バッテリの+端子を共有しているだけ。
 稀にレギュレータの「B+」端子から12Vの「+」端子の間に充電専用のヒューズが入っている事が有るけど、今回はそのヒューズは無いみたいだし切れたのはIGスイッチを入れたら通電する方のヒューズだから放電系の故障で間違いない。
 そう言う理由が有っても送ってもらったのは、このユニットを別のに付け替えたら治ったと言う話だったから。でも単体で問題は無いし、間違って先端が短絡しそうな端子も無い。と言うことは、載せ替え作業中にショートしていた箇所が自然と離れて治った可能性がある。
 手元に車体が無いのがもどかしいけど、取りあえずこのまま返送しよう。

バイク 12km

| | コメント (2)

2019年10月15日 (火)

ルーズソックスを思い出す

10151 ポルシェ356の燃料計を6Vから12Vに改造する依頼。作業自体は難しく無くて、適切な抵抗を見つけ出してそれなりの場所に装着するだけ。
 全部のメータがこんな方法で行ける訳じゃ無いけど、このメータに関しては理論上も実績からもこれで行ける。


10152 問題なのはインジケータの光を導く「筒」の劣化。燃料計を外したら妙な物体が転げ落ちた。一時期はやったルーズソックスのフィギアかと思ったくらい硬い物体で、オリジナルは弾力性を有したゴム系の材質で有ったとは想像できない。


10153 こりゃどうしようも無いな。何かでゼロから作り替えるしか無い。





10154  と言うことで「ファイバ」を丸めて接着剤で固定して筒を作った。
 ここで言う「ファイバ」とは「バルカナイズドファイバ」の事で、古い電気系では普通に用いられている紙みたいな材料。
 でも「ソーイングマシン」が「ミシン」に成ったり、「ステンレススチール」が「ステン」に成った様に言語的には正しくない。
 取りあえず機能を満足する物が出来たからいいや。金田一先生、御免なさい。

バイク 12km

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

964とは違うのだよ、964とは

10141 ポルシェ930系のアイドルスタビの洗浄依頼。普通に考えて動作不良の疑いが有るから依頼が来るわけで、洗浄前と洗浄後に測定とチェックをしたけど両者ともに異常は無かった。
 と言うことは、何らかの異常はここ以外が原因である可能性が高い。前回は964系の洗浄依頼だったけど、これはハッキリとした動作不良が有って洗浄後は解消された。でも今回は意外とめんどくさい話かもしれん。意識低い系整備士なので、めんどくさい仕事は出来るだけ逃げたい(笑)。
10142  964のアイドルスタビはソレノイドが1個しかない。このソレノイドを強く励磁すれば通路が大きく開くし、励磁が弱いと通路が少ししか開かない。
 励磁の強さは効率を考えてPWMだけど、これは大きな問題じゃ無い。要は励磁の強弱でアイドル回転数が決定されるという事。

10143 それに対して930はソレノイドが2個有る。通路を開く側に1個と通路を閉める側に1個。それぞれのソレノイドは両方とも常時励磁されている。そしてその強弱の差で結果的な開度が決定される仕組み。
 930の方が押し引きボルト的な思想でしっかりと位置決め出来そうだけど、構造が複雑なので964ではコストダウンされたんじゃ無かろうか。
 そして違いはコストだけじゃ無い。964の場合は励磁が弱かったり途中が断線したら通路が閉まる方向しか無いけど、930の場合は2個有るソレノイドのどちらが断線するかによって結果が異なる。
 DMEの信号が正常で有っても、開く方のソレノイド(もしくは途中の配線)が断線すると通路はほぼ全閉に成る。それに対して閉じる方のソレノイドが断線すると、断線なのに通路はほぼ全開になってしまうわけ。
 そう、964とは違うのだよ、964とは。

バイク 12km

| | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

東大に行けば良かった

10131  2週間前に借りてきた本。今回から帰すときに読後の感想と共に書くパターンに変更してみようと思う。

 「同窓会に・・・」は面白くなかった。なんか期待した内容と違っていて、自己啓発本とかビジネス書的だなと思って読んだ。読んだ後で出版社を見たら日経BPで成る程ね・・・と感じ、著者を見たら日経BPの副編集長でなーんだという感じ。
 自己啓発本を「同窓会」と言う切り口で書いてみただけで、世の中によくある本を何冊か読んだことが有れば今さら読む必要も無いなあと思う。

 対して「東大を出た・・・」の方は面白かった。勝手に想像していた東大女子のイメージが崩れたし、東大のイメージも崩れた。いずれも良い方に。
 魅力的な人ばかりじゃないか、刺激的な生き方ばかりじゃないか、こんな人達と話したり、遊んだり、仕事したり、起業したり、、、出来るなら、私も東大に行けば良かったと(笑)心から思った。
 息子達も中学時代にこの本を読んでいたら、高い確率で「東大に行きたい」と言ったような気がする。行けたかどうかは別の次元の話だけど、私よりも可能性が高かったのは事実。まあ、でも、解らんな。感じ方は人によって違うし、私と同じ思考回路では次の世代に命を繋いだ意味が無い。
 そんなことを思って読んだ。割りとお勧め。

バイク 12km

| | コメント (0)

2019年10月12日 (土)

高い物を買うときも有る

10121 高速カッタの砥石を交換した。前回と同じ「金の卵」と言う銘柄のヤツで、メチャ高いヤツじゃ無いけど安物じゃ無い。
 安物好きの私だけど、自分で試して見て明確に性能が違うと認識出来た物に関して安物は・・・と言うか性能の劣る物を我慢して使うことは好まない。
 この手の砥石は色々と試して見たけど、ホームセンターの安物はパッとせん。「金の卵」はきちんと切れるし寿命も短くないので気に入っている。
10122  こっちは安物買いに成るかもしれないMonotaROブランドの切断砥石。
 初めてなので1枚にしようかと思ったけど、100mmの手持ちのディスクグラインダ用で安かったので10枚組にした。
 失敗かな(笑)。

スイム 1.0km

| | コメント (0)

2019年10月11日 (金)

理学療法士と作業療法士

 昼過ぎに婆さんの病院に行ったら病室に居なかった。ナースステーションで聞いたらリハビリらしいのでリハビリ病棟へ。予想と違っていて少しびっくりした、小さめの体育館ほどの広さがあり、10人を超えるスタッフとその何倍もの爺婆がトレーニング?していたから。
 手術後3日なのに既に車いす上で脚の曲げ伸ばしとか、車いすからベッドへの乗り移りなんかをやっている。今はこういう時代なのか、確かに先生が「手術翌日から動かしますよ!」と言っていたのを思い出す。
 私が行ったときはスタッフが替わるタイミングだった。一人はこの手の施設に良く居る感じのオッサンで「作業療法士」の名札が有る、もう一人は友近の好感度を上げて更に美人にした感じのオネエサン。こちらには「理学療法士」の名札が有る。明日からリハビリを見に来るのが楽しみに成った(笑)。何時もこのオネエサンが担当とは限らんけどね。
 しばらく見ていたけど二人の違いが良く解らん。仕事中に聞くのも邪魔になりそうだったので帰ってから調べた。何となく解ったような解らん様な感じ。オネエサンの方が身体の基本的な機能を担当する感じかな。

 夜になって風が強くなってきた。関東に上陸する台風のくせに偉く範囲が広い台風だ。台風の位置的にこの地方は北風に成るのでソーラーパネルに関しては厳しい方向。まあ補強も入れたし50m/s以上の風は吹かんだろうから今回は大丈夫だろう。
 寝る前に東京のはずれにいる妹に電話した。婆さんの状況を話し、これが最後の電話に成るだろうから今までありがとうと言って置いた。でも水に浸かるような場所じゃ無いから、しばらくウンコが流れないで苦労する位だろう。

| | コメント (2)

2019年10月10日 (木)

壊れるのも速いが対応も速い

10101  今年の2月に買い換えたテレビが壊れた。画面の左端が150mmくらい縦に暗く成っている。たぶんバックライトの故障だろう。
 中国製と韓国製で悩んで韓国製を買うという、およそ愛国者にあるまじき行為に森羅万象を司るお方がお怒りに成られたのだと思う。でも国産に買い換える金も気分も持ち合わせて無いのでLGに電話したら直ぐにサービスマンが来た。
 現物を見ずに電話だけで部品手配出来るなんて、私の状況説明が素晴らしかったか、同じ様な故障が頻発していたかどちらかだろう。たぶん後者のような気がするが・・・。
 1.5時間くらいの作業で元通りに治った。写真で見て右手がチューナー基板で左手が電源基板だろうか。シンプルな構成をこんなスペースに押し込めるなんて素晴らしい設計だと感心して見ていた。
 バックライトは縦の帯状に成っていると思っていたら、下に一列有るだけで後は反射板と言うか導光板と言うか、そう言う機構で上方へ均等に広げて有った。凄い設計だ。これで均等な明るさを実現出来るなんて。
 sonyを定年退職して再雇用みたいな年配の技術者が丁寧に作業していた、ありがとう。壊れても部品を売りませんと言う態度には怒るけど、物が故障する事自体は普通のことだし、その修理に普通の対応をしてくれるなら私は寛容だ。

10102  茹でた栗を器用に食べるちゃしろ。






10103  食べたら寝る。
 婆さんが居ないから室内用にでっかいベッドを買ってやろうと思うけど、近所の店にはこのサイズのベッドは売ってない。
 それと室内で飼うと寒暖のリズムが崩れて、換毛とかホルモンや自律神経系の脱調の可能性を指摘する獣医の意見が気になる。出来るだけ環境を整えた外の小屋の方が自然で良いかな?。

バイク 12km

| | コメント (8)

2019年10月 9日 (水)

台風の気圧はポルシェの型番か?

10091 ニュースのトップが関東直撃の台風に成ってきた。何を買ったら良いかイラストまで示して説明が有る。気持ちは解るが今は全国放送の時間だという事を自覚しよう。東京の事は全国民が知るべきと考えて居るなら、自惚れ屋のバカだから、何時か失脚するよ。
 でも解らんだろうな、関東に雪が降ると歩き方とか靴の選び方まで全国放送放送するし、「各地の様子です、渋谷・お台場・世田谷・仙台」とかやって疑問を感じない人達だから(笑)。
 10092 ニュースを見ていて台風の気圧はポルシェの型番に似ているなと思った。928→911→904と順に偉く?なる感じも似ている。でも964よりも944の方が偉いかどうかは異論が有るだろう。
 で、911と言うか930の外気取り入れ口のタッチアップと整備でも。フレームと網を塗装してお終いにしようと思っていたけど、良く見たら粘着テープの跡が有る。そこでパーツリストを見たら「901 571 325 32」と言うシール部品が有った。
10093  現物は漢字の「目」の字を横にした様に中にも桟が入って居た跡があるけど、パーツリストでは外周だけの絵に成っている。最後が「32」と偉く数が大きいので、何回も改良というかコストダウンが繰り返されたのかもしれない。



10094  定番のペリカンパーツで売っている部品が見るからに違う。間違って買った人も「付かない」とか「この部品は違う」と文句を書き込んでいる。
 私はホームセンターの隙間テープを貼ることにした。たぶん無くても性能に大差は無いと思う。この上に付く網とフレームの振動対策みたいなモンだろう。

10095  うん、イイ感じだ。ワイパーアーム取付部の錆が目立つように成ってしまったけど。





10096  作業前は白くかすれた感じでみすぼらしかったけど、信号待ちで前を通り過ぎた位なら、ごく普通の中古車に見える位までは回復した。

 婆さんの入院と手術でバタバタしたけど、手術も終わって少しだけ落ち着いた。明日あたりから軽い運動が始められたら良いなあ。

| | コメント (0)

2019年10月 8日 (火)

スバル360の燃料センサ

10081 1ヶ月くらい前に作業したスバル360のタコメータ。装着したけど今度は燃料計が動かないらしい。一応は燃料計単体で動作確認していたのでおかしいな・・・と。
 状況を聞くとウインカーに連動して燃料計が動くとか、何色と何色を繋いだら良いか?とか、作業に不安が有る感じが濃厚。
 で、タンク内のセンサも一緒に返送して貰った。そしたら予想通りにセンサの巻線が焼損していた。これはかなり高い確率で、ここに12Vを直接繋いでしまったんだと思う。あーあ。
10082  無理ですよと電話はしたけど、かなり年配の方でこれからは走行距離を見ながら給油しますとか言われてうーん。
 サイズ的にはバイク用を無理矢理ねじ込む事が出来そうだけど、抵抗値の範囲が今風のヤツと違うので動作は不可。
 分解してみたら抵抗線は焼き切れて居るし、巻き枠も黒こげに成って割れてしまっていた。こりゃ巻き替えじゃ無くて枠から作らないとダメだ。
10083  ガラスエポキシの基板から似た形を削りだし、適当な太さのニクロム線をグルグル巻いてインチキ再生。
 抵抗値もそれっぽい範囲に収まったし、メータと組み合わせたらそれっぽく振れた。取りあえずこれで納めてみよう。

10084  でも、再び12Vを印加してしまうと再生品も焦げてしまう。。。
 やっぱり個人の方を対象にするのは面倒というと失礼だけど、技術レベルが人によって劇的に違うので対応が難しい。その点、バイク屋とか車屋だと、どこもそれなりのレベルは有るから話が通じるし滅茶苦茶な事は起こりにくい。
 さて、どうなるかな。今後の運試しのつもりで返送だ(笑)。

| | コメント (4)

2019年10月 7日 (月)

歯科医の気分

 なんか気ぜわしくて時間が分断されてパッとせん。仕方ないから?白骨号の錆部分をタッチアップでもしようと考えた。

 この年代の911は亜鉛メッキ鋼鈑が使用されているおかげで、平坦な部分は35年以上経っても錆は見あたらない。でも事故で補修した部分とか隅で水や埃が溜まる部分は錆から逃れられない訳。
10071  フロントフェンダーの接続部、ゴムパッキンが入っている部分に錆が浮いていたので突いたらゴムに沿って錆の帯が出現した。
 歯医者が尖った武器で突いて怪しい場所を発見し、チーンと削って幹部を露わにし、最後はリーマーでゴシゴシ深い部分まで削り取る感じ。

10072  深いところまで浮き錆を落としたので、次は定番のローバルを押し込んで今日の所はここまで。歯医者で言うと変な薬を詰め、支柱の型を取って5日後に来てくれと支持を出す所までか。
 歯医者の患者のプロ(笑)である私は、そんな事を思いながら黙々と作業をした。基本的にはフェンダーを外して溶接か半田で欠損部を盛り上げ、最後はパテとサフェーサで仕上げて再塗装しないとダメだろう。何時になるか解らんから、取りあえず今回はこの上に白の塗料をタッチアップして乗りきろう。

| | コメント (2)

2019年10月 6日 (日)

スズメバチが多いと思った

10061 今日は部落の草刈の日。我が家の裏に車を止めたオバチャンが「スズメバチの巣がある!!」と言う。見に行ったらでっかい巣が出来ていた。場所はちゃしろランの直ぐ下で、毎日の散歩でも家から出るときに通る道の直ぐ横。
 そう言えば栗拾いの時も、ちゃしろランで遊ぶときも、今年はスズメバチが多いなと思っていた。そりゃ多いわ、こんな直ぐ下に巣があるんだから(笑)。

 巣の駆除方法とか色々と調べて書こうと思っていたら、夕方に成って婆さんが転倒して動けなくなり救急搬送。退院したばっかりなのに・・・と言う気持ちと、毎日2-3回は開催され続けたウンコ祭りから解放される安堵感で複雑な気持ち。
 明日以降、不在が多いし多忙でイライラして対応悪いと思います。神様、御免なさい。

| | コメント (4)

2019年10月 5日 (土)

マルチスパークの効果

10051 火が出る時と出ない時が有るMDIのユニット。ユニット以外にも原因はあり得るけど、車両を確認して本体の問題かな?と思ったので外してもらって持ち帰った。
 失火するとか調子が悪いという「火が飛ばない」症状では無くて、エンジンがかかる時とかからない時が有り、かからない時は火が出てない。一旦かかると何も問題は無い。と言う話。

 電源は2種類有った。常時12Vが接続されたメイン電源?と、イグニッションスイッチに連動した12Vが印加される信号?線。常時12Vの方はリレーかTrでオンオスされるのか、若しくは常時スイッチング用Trのコレクタあたりに印加されっぱなしなのかもしれん。
 順に両方の電源を入れたら早速症状が出た。そしてメイン電源の方に14A位電流が流れて居る。これは明らかに異常だろう。直ぐに止めて各部を見るけど良く解らん。そこでピックアップコイルの信号を入れてから電源を入れると正常に発振を始めて動作しはじめた。
 うーん、DC400Vを作る発振回路が静かな電源ONでは起動しない感じがする。ピックアップコイルの信号が入って出力サイリスタがユサユサ揺さぶると発振する。そんな感じか。
 内部にマイコンがある。昇圧の制御までマイコンなら他人にはどうにも成らん。めんどくさい(笑)のと、メーカが存在しているんだからメーカに修理を依頼してもらおう。
 ただ、このシリーズは製造中止らしいから先が無い。ポルシェの純正品なら10年後、20年後でも世界中の誰かが修理したり互換品を作ったりしているはず。私ならこのタイミングで純正に戻す判断をすると思う。
 と言うよりも、マルチスパークにあまり意味を感じないので私なら最初から付けないだろう。ツインスパークなら火炎伝播距離の問題が有るから意味があるけど、好調なエンジンで燃えかすのガスの中で何回スパークしても仕方ない。1発目で点火出来てない場合も有るじゃ無いか。。。との意見も有るけど、そんな調子の悪いエンジンはマルチスパークで誤魔化す前に基本的な対処をすべきだと思う。

スイム 1.0km
バイク 12km

| | コメント (0)

2019年10月 4日 (金)

グランドキャニオンはポルシェだらけ

10041 カナダに居ると思っていた長男から訳の解らんメールが来た。「グランドキャニオンはポルシェだらけ」らしい。流石にカナダは広大な自然が有るな・・・と思いかけたけど、カナダじゃ無い気がする(笑)。
 3ヶ月の出張が終わるタイミングなので、最後にアメリカ経由で帰ってくる予定なのかもしれん。でも地図で見たら結構南下する必要が有る感じ、良く解らん。
 それにしてもイイ感じの356だ。ピカピカにレストアされた感じじゃ無くて、普通に使い込んで居る感じ。とは言ってもオリジナルを維持している訳は無かろう。20年くらい前にフルレストアしたのを入手し、それ以降は普通に丁寧に使っているんじゃ無かろうかと妄想。356の型番とか相場は知らんけど、日本で買ったら1,000万くらいするのかな。

 ポルシェの話に続いて「メイプルシロップは別送の税関で止められたので今回はありません。」とある。只それだけ。アイツのメールは何時もこんな感じで訳が解らん。
 メープルシロップをお土産に買って送ったけど、税関に没収されたと言う意味だろうか?。でもメープルシロップって税関で問題になるような食品なのか?。うーん、解らんけど私のお金が無くなった訳じゃ無いから気にしない。

バイク 12km

| | コメント (2)

2019年10月 3日 (木)

専用装置を作ろう

10031 ポルシェ930系インジェクタの洗浄依頼。こう言うのが時々入ってきて仕事の幅が広がるから、低レベルだと思ってもブログで日々の作業を公開しておくのは意味があるなあと思う。
 基本は40℃くらいに昇温した灯油を使い、次に変なオッサンから貰った秘密の液をつかい、最後にパーツクリーナで洗い落として完了。
10032  只の超音波洗浄では大して汚れは浮いてこない。ソレノイドに数Vを印加してオープンにしてみても大した差は無い。でもこんな感じで実際の状態と同じ激しいオンオフ状態を作ってやりながら、超音波洗浄すると全然違う。



10033  インジェクタをカチカチと駆動し始めた瞬間から、今まで透明だった灯油が20秒くらいでこの位まで濁ってくる。これは以前に自分のインジェクタを洗浄した時よりも激しい汚れだと思う。
 今はエンジンエミュレータと本物のDMEでインジェクタを駆動している。でもこんな話が時々来るなら専用の装置を作るべきだろうなあ。
 洗浄用にインジェクタを1本から6本くらいまで同時に駆動する事が出来るドライバと、流量測定用に一定のパルス幅で駆動できる測定用ドライバ。
 流量の測定はソレノイドを常時ONにして置いても測定は出来るけど、それは定常状態の流量でしか無い。実際の使用状態を良く見たら解るけど、定常的な流量はさることながら、バルブの全開時や全閉時の反応や挙動がかなり問題となる。それを測定するには一定の幅でカチカチ駆動しながら、実使用時と同じように測定する事が必要。
 これは海外のフォーラムの遣り取りを見て、成るほどそうだなと思ってから作ろうと構想だけ温めて来た機械。個人的なゴタゴタが落ち着いたら完成させたいなあ。。。

バイク 12km

| | コメント (4)

2019年10月 2日 (水)

黄色は少し遅め

10021 去年だったと思うけど、赤白黄色の三色の彼岸花の写真を撮った。今年はどうかな?と思っていたら黄色だけが時期がずれて少し遅い開花と成ったみたい。
 興味があった彼岸花の蜜を舐めてみた。正しい場所かどうか判らんけど、花びらを折り取って雌しべ?の根っこの部分を舐めてみた。苦い。
 やっぱり毒が有るのかな?と思ったけど、もしかして甘い場所があるかもしれんと思い直し、少し横の部分を舐めた。やっぱり苦い。還暦を過ぎて怖い物が無くなって来たけど、流石にもう一回舐める気には成らなかった。
 更なる探求が必要だ。

10022  こっちは平常運転のちゃしろ。1日にフィラリア薬のカルドメックとダニの薬のフロントラインを投与した。でもウンコは通常状態で下痢じゃ無い。
 やっぱり前回のネクスガードが悪かったんだろうか?。もしそうだとしても下痢に対してネクスガードのフィラリア薬が支配的だったのか、抗ダニ成分が支配的だったのか気になる。

バイク 12km

| | コメント (4)

2019年10月 1日 (火)

後ほど大粒?

10011 栗拾いの人が続いていたけど、ようやく一区切り付いた感じ。もう少しだけ木に残っているので今度の台風で全部落ちてしまう感じかもしれん。
 去年も思っていたのだけど、収穫の末期に近いほど大きな粒の割合が高くなる気がする。これは今日の中で一番大きそうなヤツで、私の手が小さいのも有るけど結構デカイ。
 たぶん木の種類が大栗の系統などだと思う。樹齢がなかり行っている木が多く、今年あたり1本植えようと考え中。大栗で検索したら予想以上に色々な種類が有って悩んでしまった。今と同じ時期に収穫できるヤツが良さそうな気がするけど、そこまでは解らんわなあ。。。

10012  まだまだ暑いとは言え、変温動物に取っては気温の低下は死活問題。9月の終わり頃に成って日向ぼっこするヘビを見ることが増えた。
 マムシじゃ無いから怖くは無いけど、にょろにょろする動きはやっぱり気持ち悪い。と言いながらうなぎとか穴子は食べるけどね(笑)。



バイク 12km

| | コメント (4)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »