« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月31日 (月)

Who did it?

12311 昨日までに比べて平穏な1日だった。リーフバッテリーのコントローラにWi-Fiアダプタを装着し、息子のスマホにLeafSpyをインストールさせて通信を試みた。
 詳細は解らないけど認識したので、ジャンクのスマホかタブレットでも買おうかな?と思い始めた。そして一息付くために接続を切ってその場を離れた。
 その後で嫁さんがちゃしろをちゃしろランに放ったみたいで、後で行ってみると見事にアダプタが破壊されていた。。。我が家はChashiro Firstだから仕方ない。

12312  充放電回路の突入電流対策として、一番安直な方法としてパワーサーミスタを入れてみた。抵抗で熱にして捨てるとかバカらしい気がするけど、シンプルな方法は解りやすくて悪くない。
 ただ、100℃を超すような高温になる部品が構成部品の中に存在するのは少し心配。まあ接触さえしなければ良いかな。

12313  全景はこんな感じで前回と変わらない。地面に置いちゃ駄目だけど、追加のテーブルは餅つきで使ってこれしか無いから仕方ない。




12314  パワー回路が生き返ったので、一旦最低容量まで放電しておきたい。その為に電球を500W分点灯し続けて居るけど、中古とは言え24kWhの電池はそれなりに大容量。もし新品なら48時間点灯させる能力が有る。
 仕方ないから年越しで放電することにした。

12315  試験装置を確認した帰りにちゃしろの様子を見てきた。彼は小屋の中で熟睡したままで年越しをするらしい。
 小屋の下には発泡ウレタンが引いてあるし、小屋の中には折りたたんだ布団が有る。そして壁の内面には50mm厚さの発泡スチロールが貼ってある。だから小屋の中に手を入れるとメチャ温かくて、彼は冬でも時々は外で寝ているくらい。

| | コメント (0)

2018年12月30日 (日)

誰も死なずに良かった

12301 我が家は昨日からアメリカに成ったので、朝の火起こしもブロワを持ってきて一気に最大火力まで持っていく。やっぱりUSAだよ。








12302  いつもの様に適当に始まる。





12303  こちらの組みの日米合作は割りと良い感じに仕上がった。もう一組の日米合作はリズム感が滅茶苦茶で、写真を撮る余裕が無いほどの恐怖だった。



12304  落ち武者が田舎の子供をさらってきて餅つきの芸を教えていた。この旅芸人一家の元締めの婆さんも久しぶりに来ていたけど、怖かったので写真を撮ることが出来なかった。



12305  我が家の大坂なおみに遊んで貰っていたちゃしろだけど、





12306  彼女のマフラーを奪い取って寝床にしたので怒られた。





12307  本気で知らない登山者が見物に来て、餡餅を2個食べて去っていった。




12308  最後もいつもの様にカレーを食べて、多量のスイーツを食べて糖尿病まっしぐらの食生活で締めくくり。

 2年前はこの最中に爺さんが死んだけど、今年は誰も死なず無事に終わって良かった、良かった。

| | コメント (5)

2018年12月29日 (土)

公用語は英語

12291 唯一早めに帰ってきていた長男と餅つきの準備をしていたら、午後から次男達と三男が帰ってきて家族全員が揃った。
 次男達のお土産は死に神の絵が描かれた辛いお菓子。父親の威厳を見せようと一気に3個食べたけど、死に神に取り付かれた程辛くないなと拍子抜け。その後で死に神は英語で何というか聞いたのが悪かった。やれ「Death」だ、いや「Grim Reaper」だと議論が始まった。全くついていけん。

12292  今夜はメンバー構成が悪かった。アメリカ人の男、その男の妻でアメリカで暮らしている嫁さんの妹、語学オタクの次男、次男の彼女でアメリカ人の女、海外出張の多い仕事をしている長男、現役大学生の三男、最近はTOEICの点数しか頭に無い嫁さん、英語も日本語も聞こえない婆さん、そして私、の組合せ。
 もう我が家の公用語は英語にしてもらって構いません・・・。と思うような夜だった。話の内容はほぼ解らんのだけど、色々と説明をしてくれたら少しだけ解る。
 今日は「elephant in the room」と「bah-humbug」と「brown nose」を勉強した。どれも普通の英語のお勉強では出てこない。そしてTOEICが100点か200点みたいな私には全く必要の無い言葉達。でも何となく聞いて覚えてしまった。
 エイミーの所のピザも食い過ぎたけど、耳からはいる英語だけでももうお腹いっぱいです。

| | コメント (4)

2018年12月28日 (金)

良好な日韓関係も有る

12281 昨日の話に成るけど、キムチを沢山貰った。「家族で食べたら2-3日で無くなるよ」と韓国人から言われるかもしれんけど、我が家では年明けまで有ると思う。色々とお世話になった人のご家族が作って居るヤツで、道の駅とか焼き肉屋にも卸して居るらしい。ありがとうございました。
 我が家は私が韓国の仕事をやっていた事も有り、平均的な日本の家庭よりもキムチの好みが韓国寄りだと思う。スーパーなどで売っているのは何時もパッとせんなあ、こんなのキムチじゃ無いだろ?と思いながら食べている。その感覚だとこれは素晴らしいバランスだと思う。スーパーのヤツが丁度良い人には韓国的過ぎるかも知れん。

 私が韓国で仕事をしているとき、知り合った韓国人は良い人ばかりだった、これは運が良かっただけかも知れん。そして日本で知り合う在日韓国人も平均的な日本人より「まとも」だと感じる、こっちは異国の地でそれなりに生き残って居る人達だから、その国の平均的な人よりもまともで有ってもおかしくない。
 数日前から日韓関係が難しい感じに成って居るし、そんなの関係無しに韓国や韓国人が嫌いな日本人も多い。レーダーが真実ならもっと強く抗議すべきだと思うし、駄目な韓国人の事は駄目なヤツと思えば良い。でも人を見ずに国籍だけで「韓国人帰れ」、「朝鮮人はバカ」と考えてしまうのは偏狭なナショナリズムに利用されやすい考えだし、自分の生き方の可能性を狭めて居ると思う。

12282  今日の仕事はポールを1本立てただけ。家との間にそれなりにしっかりしたポールを立てたけど、それだけではちゃしろラン内の電線が低く成りすぎる。
 内線規程を守る必要は無いのだけど、自分や家族や友人や犬達の安全を考慮すると守っておこうと思うわけ。と言うことでパネル側にもう1本ポールを追加した。
 こちらはお金も無かったし架台からの支えも期待できたので、専用のポールじゃ無くて4mの単管を使った。1mを地中に埋めたので地上は3m。この位ならOKでしょ。

| | コメント (4)

2018年12月27日 (木)

6080介護

 今日と明日は嫁さんが妹夫婦を連れて別府の温泉巡り。本当はランティスで阿蘇あたりに行きたかったみたいだけど、この時期のやまなみとか阿蘇は「無謀」とか「運試し」のようなモン。私が言っても納得しなかったけど、別府のタクシー会社に同じ事を言われて流石に諦めたみたい。
 と言うことで2日間は婆さんと私の二人暮らし、俗に言う5080介護ならぬ6090介護状態だ。とりあえず今のところはスムーズに進んで悩みは無いけど、これが毎日で何年も続くとキツイと思う。肉体よりも精神が。

 繰り返して書いておく、親が生きているヤツは結婚しておけ。病院や施設に入れるにしても一人で判断するのはキツイ。二人で決めれば悩みは半分、死刑執行を複数で行うみたいなモンだ。もし出来の悪い配偶者だったとしても、相手への不満を考えている間は老親の事を忘れる事が出来て気が紛れる(笑)。

12271  放電終止電圧の実試験をしようと思い、500W分の電球をぶら下げてバッテリーに負荷をかけた。でもリーフを100kmとか200kmの単位で走らせるバッテリーはびくともしない。



12272  そこでリフロー炉に使っている小型のオーブントースターを追加した。今度はじっと見ていると0.1Vの単位が変化するのが解る。




12273  中を覗いてみるとちゃんと赤熱している。クリーム半田の蒸気が溜まっていると思うので、これで焼いたパンは食いたくない。。。そうだ、変なオッサンに食わせてみよう。



12274  表示は1.4kW。計算上は1.5kWだけど、まあこんなもんでしょ。

 こんな事を色々やっていたら、バッテリーの出力をオンオフするFETを壊してしまった。どうもゲートがオンの状態で空のパワーコンディショナに繋いだのが原因の様だ。
 パワーコンディショナの入力部には大きめの電解コンデンサが入っていて、本来なら定電流的な特性の太陽電池しか繋がない端子。それに400Vの電池を繋げば瞬間的に数百Aくらいは流れるだろう。だからパワーコンディショナが悪いんじゃなくて私の配慮が足りなかっただけだ。電気の神様ごめんなさい。

ラン 5km

| | コメント (3)

2018年12月26日 (水)

戦争に負けた理由の一つ

12261 昨日から来ている嫁さんの妹夫婦。前回はよく眠れなかったからと今回はベッドを持ってきた。最初にベッドを持ってくる話を聞いたときは信じられなかったし悪い冗談だと思ったけど、キャンプ用のヤツと聞いて納得した。
 コンプレッサは有るかと聞いて来たので「有るから安心しろ」と答えていた。そしたら私の想像を超えたエアーベッドが来てコンプレッサが有って良かったと心から思った。
12262  空気入れの口は口径が15mmくらいは有る。口では絶対に入れることが出来ないサイズと構造。エアガンの先にゴムのアダプタを付けて空気を入れた。
 うん、アンタ達は凄いよ。前にも書いたけど日本なら「帝国軍人なら岩の上でも安眠出来る!」と怒鳴られるシチュエーションだ。
 海兵隊のチャールズも「一番大事な事は補給だ」と教えてくれた。日本人は精神力や頑張りに期待しすぎかもしれん。対してアメリカ人はそんなのでは力が出ない事が解っているから、どうしたら自分の力を最大限に発揮できるかを考えるのかな。そう考えると自分の能力に関して、日本人の方が過信気味でアメリカ人の方が奥ゆかしいのかもしれん。

12263  卓上で実験用電源で試験していた充放電コントローラを、実際の太陽電池やリーブバッテリに繋いでみた。




12264  一番上がリーフバッテリの制御基板で、中段左が充電と放電のパワー回路。中段の右が充電と放電の制御回路、一番下が端子台。と成る。
 今回の実験で問題点を洗い出し、最終的には1枚の基板に纏めてしまいたい。低レベルで洗練されて居なくても、シンプルで誰にでも理解できて壊れにくいシステムを目指したい。

12265  ちょっと気分が盛り上がったので、一番長いコードリールを持ってきて家までAC100Vを引っ張ってきた。
 見た目で動作が解る物として、オーブントースタを繋いでみた。ほぼ純抵抗の1000Wなので問題なく起動して中が明るくなった。さらに気分が盛り上がって食パンを半分入れてみたら綺麗に焼けた。
 やったね!。出来合いの物を組み合わせただけで、何一つクリエイティブな事はしていないけど、それでも物事が完成して前に進んだら嬉しいモンだ。

| | コメント (2)

2018年12月25日 (火)

外国人技能実習生を使おう

12255  朝一に福岡空港まで外国人実習生を迎えに行った。ブローカーの婆さんによると、少し年だけど良く働くという事なので取りあえず試してみようと思って。
 飛行機が遅れたし同乗の韓国人達が出て来ても中々出てこない。来ないのかな?と思い始めた頃にやり手ババアみたいな婆さんと一緒に到着口から出てきた。

12251_2  ベトナム辺りから来たのかと聞いたらアメリカのアトランタらしい。アメリカもトランプの気まぐれのせいで景気が悪いんだろうか。日本も安倍ちゃんのせいでグチャグチャだけど、来てくれてありがとう。
 取りあえず薪運びをさせてみた。確かに真面目に働くけど年齢的なものが気になる。就労中に怪我でもさせたら大変だ。

12252  機械の扱いには慣れているみたい。ジャガイモ農場かコカコーラの工場で働いて居たのかもしれない。




12253  時間が余ったので生垣の剪定も頼んだ。高さのトレランスは±1インチだと指定したのに、何となく1インチには入っていない気がする。でも今日は初日なので黙っておいた。



12254  晩飯に成って「オミヤゲ デース」とでっかいボトルを出してきた。洗剤かと思ったらドレッシングらしい。レンチというドレッシングでアメリカではケチャップよりも人気が有るらしい。ケチャップを引き合いに出すところがいかにもアメリカ人だ(笑)。
 サラダにもかけるし揚げ物をディップして食べたりもすると言うので、とんかつにもかけてみた。サラダには合うと思うけどとんかつにはとんかつソースかケチャップの方が合う気がする。
 餅つきの日まで居るらしいので、ユーチューブで曲芸みたいな餅つきを見せて、これが餅つきだから練習しておけと指示した。技能実習生は高度な技能を有しているらしいので、このくらい出来るだろう。

 ジェットラグのせいで眠いみたい。晩飯の後で風呂も入らずにトレーニング器具を置いてある横の部屋で寝てしまった。起こしては可哀想なので、今日はトレーニングは中止にしよう。

| | コメント (2)

2018年12月24日 (月)

揮発油

12241 軽く忙しかったのと、ずーっと天気が悪かった事も有って今年はタイヤ交換が未だだった。やっと天気が良くなったので今日の午前中はタイヤ交換祭。
 まずはランティスから。1本だけエア圧が極端に低かったけど、水と桶を用意するのが面倒だったので補充だけして装着した。いつもの様にいい加減整備士だ。

12242  トレッド面の内側にひび割れが多く見られた。何時の製造だろうと思って見たら、これって2008年製造かな?。溝も最低で4mmくらいのヤツが有るから交換時かもしれない。



12243  続いて白骨号。ブレーキとかサスペンション関係を軽く点検しながら作業をしていると、右前のタイヤハウス内に油のシミを発見。
 うーん、オイルクーララインからのオイル漏れか。。。去年だったか後のラインを作り直した。同じ方法でやればいけると思うけど、こっちは短いから難しいと思う。悩ましいなあ。。。
 そんな事を思いながらエアを吹かして居たらシミが減っていく。はあ???。と言う気持ちでシミの縁にエアを当て続けるとみるみるうちにシミが減少していく。
 揮発油か?、臭くないから普通に考えたら単なる水だろう。整備の神様ありがとう。

12244  こうやって作業をしている間中、ちゃしろは玄関の前で日なたぼっこしながら居眠り。
 来た頃はエアガンとかインパクトとか使ったら、小屋の後に逃げていって怖々覗いていたけど、今は直ぐ横でガガガガッとやっても何ともない。
 人間もそうだけど犬も環境に慣れるもんだ。

ラン 5km

| | コメント (0)

2018年12月23日 (日)

トレッキングシューズはどうだろう?

12231 普段履きとちゃしろの散歩用に何足もアシックスの安全靴を買い換えて居る話を書いた。スノトレも試したけど摩耗が早すぎて返って不経済だと解った。
 秋頃から今履いているヤツが駄目に成ってきて、毎回水が染みて靴下が濡れるし、拇指球の下と踵はパターンが無くなってツルツル状態。なんか無いかなあ・・・と探す日々だった。

12232_2  本当の雨降りは長靴を履くから関係ない。でも小雨とか朝露の中を歩くことが多々あるので、ジョギングシューズだとスカスカ過ぎて全然駄目。短靴も踝の辺りがビチョビチョに成る。だからハイカットというのか踝くらいまでカバーする防水が丁度良い。
 今まで同じ考えで結局アシックスを買ったのだけど、今回は思い切ってトレッキングシューズを買ってみる事にした。本当ならゴアテックスで軽いヤツが良いけど、最低でも1万5千円くらいはするから試しにはちょっと高い。
 でも安全靴よりも長持ちするならそれもアリだろう、と思いながら近所のヒマラヤスポーツへ。登山用品専門店は近所には無いし、たぶんマジの靴しか売ってないだろうから少し敷居が高い。そんな時はヒマラヤとかABCマート辺りが丁度良い。

 2,000円台から3万円台まで数種類が有った。靴だけは実際に履いて買わないと話しに成らない。同じモデルなら2回目以降は安い店の通販でも良いけど。
 で、安いヤツから数足を履いてみると、5,000円台の2番目に安いヤツが何とか行けそうな感じ。1万7千円くらい出すともう少し格好良くてゴアテックスだけど、月間300kmで何ヶ月持つか不安が有ったので5,000円台のヤツにした。
 どうもヒマラヤスポーツのプライベートブランドみたいだ。アルペンでジャパーナのスキー用品を買うようなモンか。初心者ならロシニョールとの違いは解らんだろうからどっちでも良かろう。
 そんな事を思いながら家に帰り、早速小雨交じりの夕方の散歩に使ってみた。試着をしたから大はずれは無い。でも右足の甲に一部だけ当たる感触が有る。左は問題ない。そして全般的に高級感は無いけど駄目でもない。そんな感じ。
 しばらくこれで行ってみよう。アシックスの安全靴よりも安いので、こちらの方が同じくらいの履き心地と耐久性なら次もアリかも。

バイク 12km

| | コメント (0)

2018年12月22日 (土)

官公庁オークションに注目だ

12221 午前中はスイミング。今日は月の最後の日だったので個メで4種目だった。右肩の調子が悪くてバタフライで右手を回すことが出来なかった。やれ五十肩だ、六十肩だと言われるし、半年は治らんとか言われて気分が盛下がる。
 半年も痛いのは嫌だけど、もう年だから治るとは限らない。不調とか思い通りに成らない身体と付き合うのも年齢だな。

 昨日からやっている太陽光の充放電制御。今日は少しだけ進歩してOPアンプを載せて実際の動作をさせてみた。最初はバッテリーの放電側で317Vで放電停止して、350Vで放電を再開する設定。精度はいい加減だけどそれっぽく出来た。
12222  それに気をよくして充電側も追加してみた。こっちは403Vで止めて390Vで充電を再開する設定。放電側も充電側もそうだけど、今の電圧が良いとは限らない。特に再開する方のヒステリシス部分は実際に使って決めるしか無いと思う。
 最初は放電側だけのつもりだったから2回路入りを使ったけど、結局4回路を使う事に成ったわけで、これなら最初から4回路入りを使った方が良かったと少しだけ複雑な気分。
 完成板?では4回路入りを使ってスッキリと纏めたいなあ。

 で、ニュースに書いてあったけど天皇陛下が免許を返納するらしい。返納と言うよりも今回の誕生日で更新をしない事を決めたとか。もう嫁さんとテニスに行く事も無かろうし、孫の送迎をする事も無くなった。皇居の廻りにはコンビニも沢山有るだろうから賢明な判断だと思う。世の年寄りも見習って欲しいけど、こんな時は「陛下、陛下」言わんのよね。
 こうなると気になるのはインテグラの行方だ。近所のホンダベルノが引き取って解体するんだろうか、それではあまりにも忍びない。。。と宮内庁の車好きが考えたら1月の終わり頃に官公庁オークションに登場かもしれん。
 まあ普通に考えたら5万円とかそんな価格だと思うけど、今はこの手の車が高騰している。変態旧車イベントでもインテグラの4ドアとか少数派だろう。しかも陛下が運転した車となると人だかり確定だ。
 うーん、100万を超えるのかな?。38万円くらいまでなら入札してみても良いな。でもやっぱりホンダが引き取るのかな?、それともセンチュリーのエンスト修理に来たトヨタが引き取ってトヨタ博物館に飾るのかな?。

スイム 1.2km
ラン 5km

| | コメント (7)

2018年12月21日 (金)

人海戦術

12211 最近は天気が悪いのと基本的な構成を決め切れて無いのが重なり、太陽光関係の作業が止まっている。
 実は止まっている理由がもう一つ有って、直流の400Vからいかにして制御用の数Vから数十Vを作るか、が決めきらないというか良く解らない。

 悩んでばかり居ても前に進まないので、取りあえず自分の力と手持ちの部品で出来る範囲の事でもやってみようと実験を開始した。
 400Vに対して1/4Wの抵抗を20個直列に入れて、さらに手持ちに何故か多量に有った5.1V のツェナーダイオードを6本ほど直列に入れた。これで30V位の直流が取れるはずで、OPアンプを動かして電流が要らないFETかIGBTのゲートくらいならゆっくりと制御出来るだろう、と言う考え。
12212  向かって左側の列が30Vを作る部分で、右側は400Vを分圧して現在電圧としてOPアンプに入力する為の抵抗列。
 真面目に高性能の抵抗を買おうと思うと高性能のOPアンプよりも高く成ったりするので、ここも同じ抵抗を20個直列に入れて、その最後の1個の電圧を取り出す事で1/20に分圧とした。
 安価なカーボン抵抗だけど、同じ袋に入っていた同じロットなら特性は似ているはず。それを同じ基板上に並べて実装している訳で、さらに似た特性を示すはず。そう言う魂胆だけど上手く行くかどうかは解らん。
 取りあえず夕方に作って晩飯前から先ほどまで通電を続けたけど、指で触って温かいかな?程度の温度上昇。消費電力的にはOKと言う結果が出た。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年12月20日 (木)

宗教よりも工具の整備

12201 昨日の倫風は中に書いてある五カ条が守れそうに無い。一番駄目そうなのが「今日一日 人の悪をいわず 己の善を語りません」だ。人の悪口を言うし、自分が上手く行った事は自慢する(笑)。
 かといって近所の坊さんは救急車を使ったら待たずに診療して貰えると法事の時に自慢する様な人で、神主は酒と女で破産して夜逃げした。。。私の心を安らかにしてくれるのは、もう犬と工具くらいしか残ってない。

 と言うことで、仕事が一息付いたので今回の仕事で使って痛んだ「強力タイプのマイナスビット達」を手入れした。工具の手入れは心が落ち着く。ちょっと病気かもしれんけど昔からそうだ。
 なんでマイナスビットばかりこんなに有るのか?、しかも特殊でサイズもデカイぞ。と思われそうだけど、古い車やバイクの部品はマイナス頭が多い。そして作業性とか脱着トルクとか全く考えて居ないのか、でっかいネジにも平気でマイナスのすり割りが使ってある。
 今でも簡単に交換部品が手に入れば良いけれど、旧JISのピッチで頭がマイナスで先端も特殊形状で・・・とか成ると、入手できるわけが無くて極力壊さないようにジワジワ外すしかない。
 下手したら1個のネジを外すのに、作戦を考える時間まで入れたら数日かかる事も有る。そしてそれらの作業に使うビットも大半は自作品となる。これらを押さえる治具とかも必要に成ったりするけど、それらは1回作ったらあまり壊れない。でもビットの先端は頻繁に痛んでしまうので定期的に研磨して再生する必要がある。
 今日は雨の中をカッパを着てヘッドライトを装着して、ちゃしろと朝の散歩に行ってきた。そして夕方はマイナスビットの整備で無心にグラインダとヤスリを使った。少しだけ心が軽くなった。

ラン 5km

| | コメント (2)

2018年12月19日 (水)

倫風と東京ブラックサンダーが来た

12191 昼間に天気が良かったのでちゃしろを玄関の近くに繋いで彼と一緒に日向ぼっこをしながら遊んでいた。
 ちょっと作業場の所に行って戻って来るときの事、なんか人の声がしたので急いで戻ったら、女の人がちゃしろに近づいて来てちゃしろが飛びつく瞬間だった。
 噛むとかそう言う感じじゃ無いし最近は随分収まって来たけど、アイツは最初の挨拶的に飛びつく傾向がある。女の人は或る程度犬に慣れて居るのか後ずさりしながら「大丈夫ですよ」と言っていた。
 いやあ、びっくりした。それにしてもあんな犬が寝そべっている所に近寄るかあ?。やっぱり犬を飼っている人で大人しいゴールデンみたいなイメージで近づいて来たのかな。実際は凶暴な?長毛種秋田犬の雑種みたいなヤツだけど。

 犬に慣れすぎているような人だと、いきなり近づいてきて飛びついたちゃしろを胸に抱きながら顔をモフモフするけど、それはそれで面食らう・・・とか思いながら話を聞いた。
 宗教系の勧誘の人で「倫風」と言う小冊子をくれた。そう言えば一時期はこの団体の人が良く来ていたけど最近はぱったりと来なくなった。くれるというから有りがたく貰って読むことにした。
 前にも書いたけど表紙を黒塗りしたらPHPと見分けが付かない、あまり宗教色の無い団体だと思う。良い事が書いてあるけど私には実践は無理だ。5時に集まって朝礼をするとか、中に書いてあった五カ条の全てが私には実現不可能(笑)な内容ばかりだったから。
 ありがとうございました。少しだけ真面目に生きようと思いました。

12192  次は東京のオバチャンから箱が来た。中に入っていた手紙を嫁さんが読んで、「ブラックモンブランを普通の宅急便で送って来たの?!」と叫んでいた。
 確かに手紙には「ブラックモンブラン」と書いてあったけど、中に入っていたのはブラックサンダーだった。オバチャンも痴呆が始まったようだ。
 良く見ると変なパッケージ。一つは「白いブラックサンダー」と書いてある。白い黒人みたいで変だ。プラダの人形も白ければ問題に成らなかっただろうな、と思いながら白を食べた。
 もう一つは「東京ブラックサンダー」。基本的に「○○なんとか」と言うのは偽物だ。○○銀座、○○富士、○○神宮、を思い浮かべたら解るように本物には○○が付かない。だからこれは「東京人が真似して作った偽物だよ」と暗に主張しているのだろう。
 こっちは後で食べよう。

バイク 12km

| | コメント (7)

2018年12月18日 (火)

ウォッシャー液が出らん

12181 「ランティスのウォッシャー液が出らん」、1月くらい前に嫁さんから言われて居たのだけど、自分の時間は太陽光関係ばかりしていたので聞こえない振りをしていた。
 以前なら「もう、マツダに持っていく!」と言って怒っていたのだけど、最近は古い車のめんどくさい故障をディーラーに持っていってもラチがあかん事が解ってきたみたいで(笑)、今日もまた「ウォッシャー液が出らん!」と言われた。
 仕方ないから作業開始してみたらY型の分岐部品が崩壊していた。こりゃ出らんと思うわ。「Y」分岐が無くて「T」分岐しか無かったのでホースが少し窮屈だけど、何とか修理できたので完成とした。
12182  エンジンフード裏の断熱材なのか防音材なのか知らんけど、フワフワの板が崩壊寸前。クリップの周囲がボロボロで大穴に成っていたので、適当なプラ版を切ってワッシャにした。
 確かにディーラーだと「もう部品が出ません」に成るか、そのまま取り付けて半分くらいはぶら下がった状態で納車に成ると思う。向こうも商売だからそれ以上をヤレとは言わんけど、そろそろ自分で維持するしか無い年式に入り始めた感がある。

12183  電池が死んで放置状態だったコードレスドライバ。只の電池が手に入ったのでちょっと分解してみた。良くこんなの作ったなあ。




12184  あとはステンレス板と薄くて細いニッケルの帯でスポット溶接の練習。以前は薄いステンレスの帯でやっていたけど、今は普通にニッケル版とかニッケルの帯が売っている。良い時代だ。
 子供の頃の模型屋とか、小さな電子部品屋とか、ゴミ捨て場とか、そう言うのが今は中国通販に移行した感がある。日本の会社や商社は変な物を個人や小規模の法人に売ってくれないから、そう言う意味では売国奴と言われようと中国が好きだ。ありがとう。

ラン 5km

| | コメント (2)

2018年12月17日 (月)

エネループ死す

12171 多量のリチウム電池なんか拾ってきたので、何となく電池モードというか電池関係の機材が出てきている。
 今日は充電待ちの間にリチウム電池の内部抵抗を測定してみた。そしたら赤と緑で内部が違う電池だという事が解ってきた。
 赤は80mΩ位だけど緑は140mΩくらいと高め。でも充電時間から想像すると緑の方が容量は有りそうな気配。これは放電試験をしてないから想像でしかないけど。

 そう言えばデジカメに使っているニッケル水素が早く無くなるように成ったなあ、と思いだしてカメラの電池を測定してみた。そしたら悪い方は282mΩも内部抵抗が有るではないか。これじゃあピーク電流の高いデジカメで低電圧アラームが出るはずだ。
 刻印を見たら05-04と有るので2005年の4月製造だろうか?それとも「4期」かな?。出て直ぐに買ったヤツが有るのでそれがこのセットかも知れない。まあ寿命と判断して次のヤツを買ってこよう。
 あの当時、エネループは世間の受けが良くて「サンヨー凄い」みたいな感じだったけど、その直前までサンヨーが出していたニッケル水素が酷すぎただけじゃ無かろうか?と思う。
 あの頃まではハンディーGPSとか周辺機器の販売をしていて、その関連商品として充電式の電池や充電器も売っていた。単三の容量で行くと1000mAhの半ばから最後は2700mAh?辺りまで上がっていった時期。
 その頃自分でも使いながら売っていて思ったのは、2000mAhを超えた辺りからの自己放電の酷さ。あの頃は東芝も有ったと思うけど、どのメーカも高容量になると自己放電が酷かった。そして業界最大容量を出すことが多かったサンヨーの最後の方の製品なんか、2-3週間も置いておくと3世代前のパナソニックにも負けるくらいの容量しか残って無い有様だった。
 だから私の感覚的には行きすぎた容量競争を見直し、使い勝手とのバランスを考慮した製品が出ただけに感じられた。容量競争のトップ?を走っていたサンヨーは弊害も一番感じて居たのか、一発逆転というか一発後退のエネループで成功したんじゃ無かろうか。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年12月16日 (日)

設計どおりの動作かも

12161 FZR400のイグナイタが一息付いた。一言で言えば正常だった訳だけど、今回は今までやったことが無かったEXUPの検証までやれた事が良かったと思う。依頼者の方、ありがとうございました。

 で、進角カーブはこんな感じ。これは進角の増分だけなので、アイドリング時の基本進角量が15度なら最大進角量は44度くらいに成る計算。
 測定ポイントが飛び飛びなので滑らかなカーブじゃ無いけど、雰囲気は解るし正常であるという判断も出来る。「1/10くらいのピッチでデータ取り直せ」と言われそうだけど、この測定は結構面倒なので勘弁して欲しい(笑)。
 気になるのは5300rpm辺りの窪みだけど、これは測定誤差かと思って再試験したけど同じ様な数値だった。と言うことでこの辺りは少しだけ遅角して有るのかも知れない。
 まあ、もし遅角してあっても2度とかその程度の話なので、タイミングライトで照らして見た位では差が解りにくい領域。

12162  こっちはEXUPの開度グラフ。変な形だなあ・・・と思っていたけど、EXUPの発表時にヤマハが公開していた資料のグラフとピッタリと言って良いほど相似形。
 これでイグナイタの出力レベルではヤマハの技術者が想定していた動きが再現出来ている事が確認できた。あとは車載のサーボモータとかワイヤAssyとかバタフライバルブの動きがどうなって居るかだ。

12163  3枚目は先日のリチウム電池の続き。今日開けた箱には緑色の電池が入っていた。あれっ?違うのかな?と思ったけど、6000mAhとあり得ない数値が印刷してあるあたり、同じ会社の製品だと思う。
 でも今回の箱は品質のばらつきが少ない。14本の中で最高電圧が4.04Vで最低電圧は3.74Vだった。前回の赤い電池は最低で0.25Vとか有ったから偉い違いだ。
 たぶん、機械の調子が良かったか、作業者の気分が良かったんだと思う。そして電池の容量も大きいような気がする。4.20Vの定電圧モードに成ってから、10本で100mAに成る時間が赤い電池に比べて明らかに長い。と言うかこの記事を書いている段階で400mA前後なので充電継続中だ。

ラン 5km

| | コメント (4)

2018年12月15日 (土)

EXUPのような物

12151 午前中はスイミング。今日はクロールと背泳ぎのドリルで、なぜか本数が多い日だった。今のメンバーで1000mは多い、昔は中学生とか居たので2000mくらいの時も有ったけど。
 夜は部落の忘年会なので自主トレも少しだけ量を増やし、トータルで1500mくらい泳いでから帰った。一時期に比べたら少ないな、と思うけど、加齢による劣化も考慮するとこの位が丁度良いのかも知れない。

12152  ボチボチやっているFZR400のイグナイタ試験。点火系は一息付いたので付加的な排気デバイスである「EXUP」の解析と試験に入った。
 EXUPはヤマハが開発した排気デバイスで、エキパイの終わり辺りにバタフライバルブが有り、それの開度を変化させて回転数による最適な充填効率を得る・・・と言うよりもはっきりと解る有害なトルクの谷を消すに近いのかもしれない装置。
 そのバルブを動かすためにサーボモータが使ってあり、排気系の近くは高温すぎるからか遠くに設置してワイヤで駆動する仕組み。サーボモータ自体はギヤードモータとポテンショメータを組み合わせたシンプルな物で、この時代のモータには制御装置は入って無くて制御は全てイグナイタで行うみたい。イグナイタの入力はクランクセンサのみ。だから点火系と同様に回転数しか見てないと思う。
 この辺りまではスムーズに解ったけど、この初期のバージョンに関してはピン配置が解らなかった。そこだけ少し苦労して内部を探ってから、最もプリミティブなEXUPのような物をでっち上げた。

 今回の依頼者はイグナイタだけじゃなくて、突起の有るフライホイールとかピックアップ廻りも全部送ってくれた。だから作業が凄くスムーズに進んだ。しかもイグナイタが正常だった様で想定どおりの反応を返してくれたのも良かった。
 こんな例は中々無い。「イグナイタを修理して欲しいんだから、イグナイタだけを送れば良いだろ?」そりゃそうだけど、バイクのイグナイタは四輪以上にもの凄いバリエーションが有る。だから過去にやった経験が有るヤツなんか皆無に等しい。周辺機器や資料が無いと状況の把握までに何倍どころか何十倍も時間が掛かるんだけど、なかなか理解して貰えない事が多い。
 まあ、周辺機器を外して送るとなると、実際の作業も面倒だし商売だと工数もかかるから仕方ない面も有るとは思うけどね。

スイム 1.5km

| | コメント (0)

2018年12月14日 (金)

テスラに成るつもりか?

12141 昨日拾ってきたリチウム電池。選別して良いヤツを集めてパックを作ろうと思うけど、真面目にやろうとしたら「良いヤツを集める」行為が酷く面倒。と言うことで簡易版というか手抜きの作業を開始した。
 工場で同じ時期に作られて同じ時期に同じ程度に充電されたと仮定した上で、箱から出した状態で開放電圧を測る。すると自己放電率の低いヤツは開放電圧が高く出るはず。そして失敗作で起電力自体が怪しいヤツも低く出て排除出来るはず。
 と言う想定の元で1箱開けて測定していた。すると最低は0.25Vで最高は4.03Vと凄いばらつき。うーん、やっぱり拾ってきたヤツだから仕方ないな(笑)。でも良いヤツだけ選別すればパナソニックの外れくらいのパックが出来るかも。
 そんな事を思いながら開放電圧の高い方から10本を選び出し、4.20Vの定電圧モードに成るまで簡単に充電し、あとは10本を全部並列にして4.20Vで定電圧充電した。そして10本の電流が100mAを切るまで、すなわち1本が10mAまでサチレートした段階でこのグループは終わり。
 これを順次繰り返して行けば、程度の良い10本セットが10組くらい取れるはず。。。かな?。

12142  充電中は机を離れるのが怖いので、今日は充電の間はオシロとかを使う仕事をしていた。
 コイルとかピックアップとかは全部試験が終わり、ピックアップコイルの疑似波形もイイ感じに完成したFZR400のイグナイタ試験。
 綺麗に動作している。進角もチャンとしているし高速に成ってもドエルタイムの制御もOK。あとは付属品のEXUPが問題だ。

12143  EXUPはヤマハの排気デバイスで、この時代のはイグナイタがその開度を制御しているらしい。EXUP用のサーボモータのような物をでっち上げて、進角具合と一緒に観察できれば総合的な診察が出来るように成る。
 ラジコンのサーボを改造するか、タミヤのギヤボックスにVRを組み合わせるか、適当に考えて組み立ててみよう。その際はもう少しまともな試験用ハーネスを作らないと、あまりにゴチャゴチャに成りすぎて試験が出来ないなあ、こっちも一緒に作ってしまおう。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年12月13日 (木)

廃品回収

12131 今日は副業の廃品回収に出掛けた。ちょっと遠くまで行く予定なのでミーブトラックの航続距離が心配。春秋の季節の良いときにエコ運転をすれば100km行くけど、クーラーを使うと75kmになり、ヒーターを使うと60kmまで落ちる。
 こんな状況なので寒空の下、ヒーター無しで凍えながら運転して行った。途中で急速充電すれば良いのだけど、何となく面倒というか寒い時期に無充電で往復出来るかな?とか、まあ色々な気持ちの複合的な結果で我慢大会。
 で、道すがら色々な物を拾ってきた。左手前の黄色いのは錆が出始めた鉄の角材が沢山入っている。左の奥は古い子ねじが沢山。こっちも錆が出始めて居るから相当古いネジみたい。その横は良く解らん電気の線とか放熱器が付いた部品で、その右は円筒形の筒が沢山。そして右の青いのはビニールコーティングしたワイヤーロープみたいなヤツ。

12132  取りあえず帰ってから円筒形の筒が入った箱を開けてみた。どうも電池みたいなヤツが沢山入っている。数十本じゃ無くて数百本のレベルで。
 一番上に使いかけの箱が有ったので中から3本だけ出してみた。6000mAhと書いて有るではないか。パナソニックでも3400mAh位だし、手元にある怪しい中国製ですら4700mAh程度で我慢している。それなのに6000mAhとは大きく出たもんだ(笑)。
 現状の電圧を測定してみると、2本は3.8Vくらいだったけど1本は3.17V位と放電してしまっていた。そこでCVCC電源を4.20Vの600mAにセットして繋いで見たところ。。。
 最初は600mAのままで電圧が徐々に上昇していった。これは正常な反応なので少し安心。そこでしばらく仕事をしていて、1時間弱経過した所で見に行ったら既に4.2Vに張り付いて電流は400mA以下まで減っていた。
 なるほど、600mAで1時間だから約6000mAhだな。。。そんな訳はない!!(笑)。放置されて寝ぼけているかもしれんけど、まあ良く入って1000mAhくらいじゃ無かろうか。
 出来の悪いのに付き合う時間は無いので、状態の良さそうなヤツを抜き出して、ニッケル水素の時代の電動ドリルのバッテリーパックでも作ってみよう。

ラン 5km

| | コメント (1)

2018年12月12日 (水)

ボチボチの日々

12121 去年だったと思うけど、嫁さんがでっかいデーブルを買ってきた。本来なら高そうなヤツだけど天板にヒビが有るから激安だったらしい。それを修理していたのだけど、ストーブを焚き出したら新たな割れ目が発生してしまった。
 前回と同じで割れ目にタイトボンドという木工用接着剤を流し込む手法で修理。色合いが茶色くて国産の木工用ボンドよりはこの手の作業に相性が良い気がする。
 これで収まってくれたら嬉しいけど、来年にもう一回くらい割れるかもしれん。そしたらまた修理するしかない。古材を使ったシャビー感溢れるヤツなのでそれほど違和感無く修理できるのが救い。

12122  こっちは最近のちゃしろ君。寒くなってきて定位置である2階の布団の上に居ることが多くなってきた。そして散歩の時以外はダラダラグダグダと犬らしく過ごす。
 不思議なのは目の前に置いてある骨型のオモチャ?。何時もカミカミする訳では無いけれど、こんな時も何故か咥えて上がって目の前に自分で置いている。時々は土とかゴミを被せて隠して有る事も有る。不思議な位置づけの骨だ。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年12月11日 (火)

法律用語は睡眠導入剤

12111 最近は空いた時間に左記の2冊を読むことが多い。規定集なので読むと言うよりも必要そうな所をめくって調べていく感じ。でも用語とか言い回しが法律的で頭に入ってこない。
 法律関係だけじゃ無くて役場とかでも感じるけど、ルールを決める人達って頭の構造が違うと思う。最も面倒で複雑で文章が長くて事務処理が繁雑になる言い回しを選んで居るとしか思えない(笑)。
 自分たちの仕事とか関係する士業の仕事を確保する為にやって居るんじゃ無いか?、と勘ぐりたくも成る位の複雑さにイライラしながら読んでいる。ふーっ。。。
 これに比べると架台の設計荷重に関する資料は読みやすかった。こちらは間に数式とかも有って、規定集と言うよりも技術的な指針集に近いからだろう。たぶん作っている人種が違うと思う。

 こんなのを読むからと言って、私は順法精神に満ちあふれた人物じゃ無い。ここに書いた2種類の人物の中では、私は明らかに前者の不良整備士の方。ネット上に「資格を持ってますか!?」と書く連中に何時も心の中で「うるせー、ばーか」と呟いている。
 ただ、自分の家に設置するのだからそれなりの性能で、それなりの安全性を有した形で設置したい。その為の参考として現行の規定集は有益な指針となる。
 この手のルールにはお上が決めた管理のためのルールや、利権を守るための物が有ったりするけど、今までの経験とか失敗から導かれた最も無難な妥協点の集大成でも有る。
 だから自分で同じ失敗を繰り返して試行錯誤するよりも、規定集の内容をスタート地点とした方が効率的と私は思う。

ラン 5km

| | コメント (8)

2018年12月10日 (月)

poor wall の電気を使う

12101 朝食の後で太陽電池とリーフバッテリーを接続した。晴れでは無いけど昨日よりも天気がよい。期待できそうだ。
 日が昇ってきたら直ぐに電流が増えてきて、条件がよければ4Aとか5Aが出ていた。ピークは6A位の時も。


12102  時々見に行ったら昨日とは比べものに成らないペースで電圧が上昇している。そして昼前には400Vまで後一歩まで行ってしまった。単セル換算で4.17Vだからほぼ満充電と言える。
 太陽は凄いな。


12103  予定よりも早く満充電に成ったので、明日予定していたパワーコンディショナの自立運転を試してみる事にした。
 既に定電圧電源で色々調べていて、連携モードだとmpptの動作的にヤバイけど、自立モードなら電池(=定電圧、インピーダンスゼロ)に直結しても行けそうな事までは解っていた。だから今日になって準備したのはナイフスイッチのヒューズを削って細くしたくらい。

12104  ちょっと緊張したけど、最悪はヒューズが切れるだけと思ってスイッチを入れたら正常に自立モードが立ち上がって安定した動作を始めた。



12105  仕事をしている間中、100Wの電球を点けたままにしていたけど何も起こらない。もう一歩先に進もうと思って夕方に成ってストレートのヒートガンを持ってきた。
 これはコンセントタイプなのに1500Wのヤツで、実際にも15Aを要求する割りと凶暴なヤツ。これを繋いでみる。

12106  繋いでスイッチを入れたら普通に動いた。ファンのモータよりもヒーターの電熱線の方が支配的と思われるので、1.5Kwの直流モータを動かす程じゃ無い事は解っていた。でも目の前で1.5kWが安定して動作すると少し嬉しいし、一歩前に進んだことを実感できる。


バイク 12km

| | コメント (2)

2018年12月 9日 (日)

8V分の電気を作った

12091 リーフバッテリーを太陽光パネルの下まで持ってきたので、取りあえずダイオードを入れただけの直結。最もプリミティブな構成で充電の試験をしてみた。



12092  こちらはメインリレーとBMS用のコントロール基板。BMSへの電源供給はコントロール出来るけど、本当にマネージメント出来ているかどうかは解らない。
 バッテリーケースの中にBMSの回路が入っている事は確認した。そしてその中にたぶん?パッシブ式のバランス回路が入っている事も解った。でも電源を入れただけで働くのか、CAN経由で何らかのコマンドを送らないと駄目なのか、若しくはパワー回路しか入って無くて常時CAN経由でコントロールを続けないとだけなのか、その辺りが解っていない。
12093  でも、まあ何とか成るでしょ・・・と実験開始。

 スタート時は380.5V。



12094  でも1日中こんな天気なので電流は最大値でも2.0A行くかどうか。大半は1.0Aとか1.2Aくらいしか流れて無かった。




12095  そんな条件で夕方まで放置していたところ、バッテリー電圧は388.5Vと朝に比べて8Vの上昇と成った。
 まあ、把握できた所に関しては予定どおりの動作と成ったから良かった。388.5Vは単セルだと4.05Vに相当するけど、もうしばらくはこのままで実験しても爆発はしないだろう。
 何となく雰囲気が掴めて来たら、今度は放電側でパワーコンディショナを繋いでAC100Vを取り出す実験を始めたい。これのスタート時は少しドキドキするな。ナイフスイッチと10Aくらいのヒューズを準備しておこう。

ラン 5km

| | コメント (2)

2018年12月 8日 (土)

ふぁいやあふらっしゅごう、ききいっぱつ

12081 ふぁいやあふらっしゅごうのげんしろがこしょうして、ほじょでんげんがうしなわれた。




12082  ばあじる、こうそくえれべえたあかあとでんちを、2ごうでひいすろうくうこうまでとどけてくれ。

 はい、ぱぱ。


12083  ぱんぱかぱあん、ぱぱぱ、ぱんぱかぱぱぱあ。





12084  やしのきをなぎたおして、2ごうがりりくした。





12085  ひいすろうくうこうはあとすこしだ。





12086  やった、まにあったぞ。





12087  ふぁいやあふらっしゅごうのげんしろはこしょうしない。わるいがかえってくれ。




12088  おとなのせかいには、りふじんなことがいっぱいあります。





スイム 1.0km
バイク 12km

| | コメント (4)

2018年12月 7日 (金)

フレームまで出来た

12071 平日は仕事の合間時間だし、最近は天気が悪かったので全然進まない太陽光関係の作業。もう小雨とか関係無しに時間が取れるときにパッとやってサッと止めるのの繰り返し。

 以前よりは手棒の溶接が上達した。塗料を綺麗に剥離したらもっと良いのは解っているけど、面倒なのと時間が勿体ない気がして塗料を焼きながら溶接。溶接の神様ごめんなさい。

12072  車輪幅的に5mm程度の隙間が開いてしまったけど、短冊状の板を隙間に置いて溶接した。ここも以前の私にしては上出来。




12073  残り物の塗料を2缶混ぜたら良さ気な色合いに成った。小雨が降ろうが、下塗りが乾いて無い所が有ろうが、適当にぺたぺた塗ってしまった。遠くから見たら解らん。
 塗料屋さん、ごめんなさい。


12074  タイヤを付けてひっくり返し、塗れてなかった上面を塗ったらお終い。塗料はもう少し有るけど、上を2回は面倒だ。仕様書には書くけどね(笑)。
 装着した車輪はコメリで売っている税込みでも800円しない一輪車用。リーフバッテリーは300kgくらい有るので、重心位置の偏りとか考慮すると1輪当たり静止荷重でも100kgくらい有るだろう。
 うーん、持つかな?、大丈夫かな?。フレームの左右剛性も心配だ。

ラン 5km

| | コメント (0)

2018年12月 6日 (木)

色もイマイチ、文字もイマイチ

12061 黒の樹脂にディップした後、外にぶら下げていた駒とスパナを回収してきてバリ取りをした。そして仕上げに白のマジックでサイズ表記を入れた。完璧な絶縁工具が出来上がる予定だったけど・・・なんかイマイチで曇った気持ちのまま仕事を始める事に成ってしまった。
 うーん、やっぱり派手な色の方がアラが目立たない気がする。この上から黄色で2層目をディップしようか。文字は・・・どうにも成らん(笑)。

12062  上手くいったのは支柱の方でタイミングが絶妙だった。施工後の24時間は雨が降らなかったからそれなりに硬化が始まり、その後は雨模様だったり夏日に成ったりして、水分と温度が供給されて冬にしては出来過ぎの養生日和と成ってくれた。
 たぶん7割くらいの強度は出たと思うので、明日か明後日にでも雨が止んだら梯子をかけて、トップの金具をどうするか考えてみようと思う。
 それにしてもぐずついた天気が続くなあ。福岡は九州でも有るけど冬は日本海気候的な表情を見せる時も有る。屋外で太陽光の作業は出来んし、出来たとしても好条件での試験は無理だ。まあ、仕方ないね。現実を受け入れるのも立派な大人への第一歩だ(笑)。

バイク 12km

| | コメント (4)

2018年12月 5日 (水)

お金に負けた

12051 昨日作業していた絶縁工具のような物、硬化したので細かいバリとかを取ったら意外と良い感じ。素人が数回使うぐらいなら十分「絶縁工具」として使えそう。
 そうなると色だけが残念で仕方ない。こりゃあオレンジを買い直そうか。。。いやこのままいこうか・・・黒は別に使って黄色を買い足そうか、、、しばらく悩みに悩んだ。

12052  で、最終的に残りの駒も黒でディップ作業をしてしまった。だって200mlも無いような1缶が1,500円くらいするんだから。。。お金の力に負けた私。
 「お前は丸か?」と口の悪いカープファンから言われそうだけど(笑)、生きていくにはコスト意識も大事だと言い訳しておこう。

12053  一旦動き出したら後は歯止めが効かない。安物のスパナもディップして絶縁工具セットの出来上がり。ドライバは本物の絶縁ドライバが有る。これだけのセット、買おうと思ったら安物でも4-5万はする。


12054  イイ感じだ。ここまで出来たらやっぱりオレンジ色が欲しくなってきた(笑)。何かのタイミングでオレンジを買い足して、この上からもう一回ディップするか。
 しばらくはリーフのバッテリーを解体する事は無いと思うので、気長に長期戦で絶縁工具作りでも楽しもう。

ラン 5km

| | コメント (2)

2018年12月 4日 (火)

オフランスはやり過ぎザンス

12041 今のところリーフのバッテリーはそのまま使ってみようと考えて居るけど、将来的に単セルに分解して組み直したり・・・は有ると思う。絶縁手袋の様な物は入手したけど、絶縁工具のような物はまだ無い。これが小さな悩みの種だった。
 何かを検索しているときにこれを見つけた。そうだ、これで安物工具をコーティングすれば、一瞬にして泣く子も黙る絶縁工具の出来上がりじゃないか!。そう思って注文していたのが来たけど予想と違っていてかなり悲しい。
 絶縁工具と言えばオレンジ色、若しくは赤か黄色だろう。いくら何でも黒は無かろう、黒は。地味だし目立たないし「危険」な感じがしないから駄目だ。試しにディップしてみたけど気分が盛り上がらない。オレンジを買い直そうかなあ。

12042  嫁さんが役場に行ってきて、帰り道に近くにあるお菓子屋でケーキ?を買ってきた。サイズ感が解らんと思うけど相当デカイ。




12043  外側は「雪見だいふく」みたいな触感だけど、質量は20倍以上有るんじゃ無かろうか。




12044  中にはオフランスラフランスが丸ごと1個入っていて、芯の部分と周囲には白あんが詰まっている、凄い構成だ。良くこんな物を思い付いたなあ、と感心。
 ガンガン動いていないオッサンがこんな物を食ったらデブの元だ。嫁さんと半分ずつ食べた。それでもかなりのボリューム感が有った。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年12月 3日 (月)

仮付け

12031 午後から雨が止んだので、昨日の溶接構造物に短い脚を付ける作業を再開。
 屋根が有ったら雨降りでも夜中でも作業が出来るけど、大物の製缶屋さんでも建家に入らない位デカイのは外で作業していたりする。まあその人の環境に応じた限界サイズとか最適サイズが有るという事で、無い物を悔やんでも前に進まないから今回は知らんぷり。
 仮付けまでしたら、またもや雨が降り出した。なんか気が滅入るけど仕方ないから作業部屋に戻って仕事のケーブル作りでもやろう。ああ、やっぱり屋根が欲しいなあ。

12032 溶接を止める前にタイヤだけ載せてみた。これが4個付いて台車になる。その上にでっかいバッテリーが載ってフォーミュラーEが出来上がるという計画だ。
 6mの定尺物で取りあえずメイン部材が組み上がるようにサイズを決めたけど、どう考えてもこのままでは強度も剛性も足りない。手元に有るのはサビサビの25mmL型鋼。これで入れられるだけ補強を入れて完成としてしまおうか。

ラン 5km

| | コメント (0)

2018年12月 2日 (日)

一進一退

12021 今日中にやり終えたい作業が有ったのだけど、ナフコにCチャンが売ってなかったので材料を変更したり、切り出して溶接を始めたら雨が降り出したり、小さな想定外が重なって思うように作業が進まなかった。


12022  リーフバッテリーの信号用コネクタ、こっちも購買に失敗したけど何とかリカバリーした。
 海外の変なヤツは3Dプリンタで作ったりしているくらい一般には売ってない変なコネクタが使ってある。私は単ピン毎にD-subのピンを利用していたけど、ヤフオクでこのコネクタを見つけてめざとく落札。
 これで勝ったと思っていたけど、到着したらピン配置というか接続してあるピンが違っていた。これは年式が違うか別の機器に繋がるコネクタだった様だ。
12023  ピンを組み替えたら良いのだけど抜き方が解らない。悩んで悩んで実体顕微鏡まで持ち出して観察しまくり、どうしても解らないので使わない1ピンを破壊しながら取り出してやっと判明。
 助かる人は居ないと思うけど、その人の為にピンの画像を公開しておこう。引っかかるのは側面の凸部と下のアゴ。

 リチウム電池だから・・・と言うよりも、保存されるエネルギ量が多大だからいい加減な作業ではちょっと怖い。ジワジワと進めて居るけどかなり時間が掛かりそうだ。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年12月 1日 (土)

ポール・マッカートニーは山芋を食べるか

12011 プールから帰って昼飯を喰い、珈琲を飲んでから直ぐに穴掘りを始めた。先日注文していた電柱が来ていたので、雨が降る前に建てておこうと思って。
 深さは1m、コンクリの量が多くならない様に直径は小さめが嬉しい。と言うことで数十年ぶりに「山芋掘り」を持ち出して穴を掘った。

12012  久しぶりでちょっと苦労したけど、掘っていたら何となく感覚が蘇って来たような気がした。ポール・マッカートニーは山芋を食べるかな?とかどうでも良い事を思いながら。
 でも最近は猪が全て食べてしまうので、食べたいと言われても昔みたいに簡単に山芋は見つからない。

12013  この位かな?と思って測ったら少し浅かったので、もう少し掘り下げてポールを立てた。




12014  計算したらコンクリが40Lくらい必要と出た。グッデイに砂利と砂とセメントを買いに行き、ちゃしろの部屋からベッドに成ってしまったトロ箱を盗んできてコンクリを練った。
 ポールは仮設用の安いヤツだけど、ドブ漬けメッキ品だから10年以上は余裕で持つと思う。それに家庭用の綺麗に塗装されたヤツよりも本物感が漂うから好きだ。

12015  イイ感じじゃ無いか。ありがとう、ポール・マッカートニー。田舎の冬空に似合っているよ。何時までも元気なお爺ちゃんで居ておくれ。

 これで発電だけじゃ無くて送電網も自家製に成った。水も井戸水だ。安倍ちゃんが電気と水を利権まみれのグチャグチャにしても気にせずに暮らして行ける。



スイム 1.2km
ラン 5km
コンクリ練り

| | コメント (2)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »