« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月31日 (火)

果てしない片付けのゴール

07311 もう10年くらい前に成るのだろうか、この家に帰ってきて爺婆と喧嘩をしながら多量の物を片付けた。正確に言うなら片付けた訳じゃ無くて、多量のゴミとしか思えない物を移動させて自分たちの生活のスペースを作った。が正しい。
 1枚目は昨日と今日で少し片付けた納屋の中だけど、左側の棚には台所の横の部屋に有った食器類を全部移した。棄てるとキチガイみたいに怒ったから。正面の箪笥は嫁さんが結婚の時に持ってきた箪笥だけど、中は全部婆さんの訳の解らん服が詰まっている。これは今私達が生活している部屋に積み上げて有ったヤツの一部。
 爺さんは死んだし、婆さんも流石に激怒する元気は無かろう。と言うことでこれらの荷物もそろそろ処分を始めようと言うわけ。でもその前にその手前のヤツだけでもパッカー車3台分くらい有りそう。
07312  私が棚を作って食器類を移設してから、床には物を置いてなかったのに訳の解らん瓶が増えている。中には小豆が入っていたり梅酒だったり、色々。
 帰ってきてから30年前の梅酒とからっきょう漬けとか小豆とか全部棄てたけど、新しく増えたこれらも今後食べられる事は無い。気分が苦しくなるから嫌だけど棄てよう。

07313  今日までに出たゴミ。婆さんの衣類とか食器類の前にこれだけの量が有り、納屋の1階にはまだ残っているし2階は手つかず。これからしばらくは鬱状態が続く。



07314  我が家では納屋に入れるより屋外の方が錆びないと書いたけど、こんな感じで納屋の中の鉄板は10年で錆びて穴が開く。屋外だと外側に錆が出るけど、鉄板に穴が開くことは無い。
 納屋も母家も何故か周辺より低く成っていて、さらに納屋は妙な感じで後からコンクリが流して有るから、湿気が籠もるし土台が腐ってしまう。なんとかしたいけど、これはゴミ捨てより難しい。

07315  気晴らしにゴミの中で面白そうな物を写真撮影。
 以前にも有った「爆薬」の木箱。祖先がテロリストだった訳じゃ無くて炭鉱の関係だと思う。



07316  長野の伯母さんの所から送られて来たリンゴの木箱。宅急便とか無いから、昔は国鉄の駅までこれを取りに行っていた。




07317  もうじき「文化財」に成りそうな(笑)畳の下に引く紙?。上の木箱は何かを入れるのにとっておこうかと思うけど、これは・・・使い道が無いなあ。

 いつものことだけど、片付けを始めると鬱になるし気分が悪くなるし愛想が悪くなる。明日は納期が8ヶ月と言うから「はぁ????????」と返答したモータ屋の営業が来るけど、なんか可愛そうな事を言ってしまいそうで心配だ。


バイク 12km

| | コメント (2)

2018年7月30日 (月)

ちゃしろは才女が好き

 ココログのコメントが出来るように成って良かった。トラブルは起こるから仕方ないと思うけど、自分の所の質問欄にも「ココログのコメントが・・・」と溢れているのに、そんなのは確認できていないと回答するNiftyのサポートは駄目だと感じる。
 ASAHIネットの方にもほぼ同じ内容のメールを投げたのだけど、そっちはココログ側までチェックして、トラブルが解消されたと書かれたとかまで教えてくれた。レベルが違う感じ。パソコン通信の時代からの老舗なのに、しっかりして欲しいわ→Nifty。

07301_2  今日は朝からケーブルと制御盤の作製をやっていた。昼過ぎに中途半端な軽自動車が上がってきて、運転席からアラブ系?の怪しい男が降りてきた。
 「クルマ・カイトリマース」とか言いそうな感じ。目を付けられたとしたら嫌だなと思って居たら、助手席から若い女も降りてきた。なんか雰囲気が違う。よくよく見たらルーカスが彼女を連れて遊びに来たのだった。
07302  入国審査でも毎回止められて荷物を全部チェックされるらしい。確かに怪しすぎるよ、お前は(笑)。
 それに比べて彼女はまともで賢そうな顔つきと立ち振る舞い。聞くとペンシルベニア大学の院に行っているとか。そしてお兄さんは物理学者。。。うーんとしか言葉が出ない。
 話していると嫁さんがちゃしろを連れてきた。彼はヤマトとかJPの配達員には吠えて飛びかかろうとする。でも若い女の子は大好きで今日も飛びついて腕とか顔を舐めまくった。気持ちは解るけど差が露骨すぎるぞ。
 嫁さんが婆さんをリハビリに連れていったので、その間もずっと3人で話していた。嫁さんが帰ってくるまで1時間近く話して居たと思う。若いって良いなと思う。そしてアメリカ人の生き方には日本人よりも自由とか個人を尊重する感じが有って羨ましい気持ちに成る。ルーカスはハーフだけど。
 彼らが帰ってしばらくはボーッとしていて、取りあえずお金を稼ごうと思って(笑)ケーブルの半田付を再開した。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年7月29日 (日)

ココログに嫌われた

 ココログのコメントが出来ない。
Forbidden
You don't have permission to access /t/comments on this server.
と言うメッセージがでて私の書き込みが拒否されてしまう。自分で開設した自分のブログなのに(笑)。

 所謂403エラーと言うヤツか。404なら「有りません」だけど403なら「これ以上はダメ」系統。繋がってはいるけどそれ以上の閲覧とか行為が拒否されているのかな。うーん。
 PCを再起動してもダメで、ルータというのかモデムというのか知らんけど、光ファイバが繋がっている機器を再起動してもダメ。試しに嫁さんのPCから試みても同じ結果なのでもう少し大元に近い所に原因が有りそう。
 調べても役にたたん様な遣り取りとか回答ばかりなのでやる気が無くなり、試しにココログの犬ブログで人気が有る所に行き、「可愛いですね」的な差し障りの無いことを書こうと思ったら拒否された。
 ちゅうことは、今の接続プロバイダとかIPアドレスがNifty全体から拒否されていると言う感じ。取りあえず自分のブログで気付かずに変な設定にしてしまったという疑いは晴れつつある。
 ココログに連絡は入れたけど、同じような質問が沢山出ているから何か問題が発生して居るんだろう。まあ人間のする事だから問題は起こるわ。そんなこと起こるはずが無いから、これ以上の対策はしなくて良いと安倍ちゃんが言った原発は壊れるし、高波対策をした堤防と道路を呆気なく波が洗う。ネットが調子悪く成るくらいいくらでも起こって仕方ないね。

バイク 12km

回答が来たけど、
ご連絡いただきました本件につきまして、詳細を確認させていただきました。
【回答】
当窓口にてお調べしたところ、ココログにおきまして、現時点では、お問い合わせの現象に該当するトラブルは確認されていない状況でございます。
だってさ。。。解らん様になってきた。Niftyは頼りに成らんから、接続業者のASAHIネットに聞いてみるか。

| | コメント (5)

2018年7月28日 (土)

チン!の初体験

 午前中はスイミング。先週は披露宴で休んだから2週間ぶりという事に成る。想像通りにキック系がきつくて進まなかった。すこし落胆して直ぐにまあ良いかと思い直した。
 もう一つの落胆はスイムのタイム。クロールで25mを4本で2セットのメニューだったけど、タイムが最短でも22秒くらいで最大は25秒くらいかかった。しかも最後の方はほぼ全力で頑張ったにもかかわらず。。。
 これは加齢が原因じゃ無くて、中学生が居なくなって、コーチが変わって、キツイメニューがほぼ無くなって来たのが原因だと思う。普段からユルユルでしか泳いで無ければ、急に速く泳ごうと思っても出来るわけが無い。まあ人生その物だ。

07281  帰って昼飯を喰って、出張作業を依頼されて居たのでそれっぽい工具をかき集めて出掛けた。
 作業はモータ軸からファンを外して新しいモータに移植するだけ。言葉で書くと簡単だけど、ここにもメカニックが居るわけで簡単な作業なら直ぐに終わっていたはず。
 六角レンチを1個潰したと言う話を聞き、普通の工具しか持ってなかった事を悔やんだ。でもポケットトーチを持ってきて居たので、それで局部的に加熱しては油を吹きかけ、しつこく、優しくやっていたら止めネジは外れた。
07282  次はシャフトとファンのボスだけど、こっちも酷く固着していて簡単には外れない。専用工具(塩ビ継ぎ手とも言う)を持参して来たけど全く歯が立たない。
 この専用工具で歯が立たない位なら、作業場に持ち帰って鉄板を切り出して本当の専用工具を作り、加熱しながらプレスでシャフトを押すしかない。別のファン用の工具は有るけど、この止めネジタイプがここまで固着していたのは始めてなので工具が無い。
 そんな事を考えて居たら「ミニダクターが有る」と言われた。エエーッ!!と言う感じで箱を開けると新しいミニダクターが出てきた。それに最小のコイルを装着したら良い感じ。
 天国の・・・とは限らんから(笑)正しくはあの世のロートルさんが見ているかな?と思いながら赤いボタンを押した。初体験はなんでもドキドキする。そして何回か経験すると感動が無くなってどうでも良くなる。
 ボスから油の煙が出てきた。最初なので赤熱まではせずに300度くらい?で辞めた。さらに油を吹きかけてエアコンの効いた作業場に煙を充満させながら、ポンチでシャフトを叩いたら抜けて来た。
 ああ、良かった。この程度の叩き方ならファンも傷まない。うちの作業場を往復し、さらに鉄板から工具を切り出す手間を考えたらスムーズ過ぎる位の時間で終える事が出来た。ミニダクター恐るべし。でも毎日使う訳じゃ無いから高くて買えないなあ。
 ボスの内径を清掃し、新しいモータに組み込んで振れを見て、最後にバッテリーと電流計を繋いで電流を確認して作業完了。
 帰ってから台風の影響で風が強くて涼しかったので納屋の前の整理を始めた。でもこっちは全然順調に進まなかった。ああ。。。

スイム 1.2km

 うーん、どうしてだろう。急にコメントが書き込めなくなってしまった。嫁さんのPCからも駄目なので、プロバイダのIPアドレスとかで弾かれて居るのかな??。訳解らん。

| | コメント (5)

2018年7月27日 (金)

soaring.co.jpアドレスを使っている方へ

 これはブログ記事じゃ無くて、私の家族とかグライダー関係者で「○○@soaring.co.jp」アドレスのメールを使っている人達へのメッセージです。個別にメールは送っていますが、ちょうどサーバーの切替と重なったのか、エラーが帰って来たのも有るのでこちらにも記載しておきます。
 この記事は公開状態に成るのと、メールを送った後で修正点なども有ったので少し内容を見直しています。

****************************************************************
2018年07月27日
soaring.co.jpメールアドレスご利用の皆様へ。

 ここ数日のうちに契約サーバの仕様が変更されます。それに伴って上記メール受信に関して若干の変更が発生しますのでご連絡いたします。

 変更の必要があるのは、soaring.co.jpサーバへ直接メールを取りに行っている人だけです。soaring.co.jpサーバから別の所へ転送し、それを取りに行ったりWEBメールとして読んでいる人は関係有りません。

****************************************************************
サーバの変更内容とメールソフト上で変更が必要と成る箇所。

受信「pop3」サーバの名前
 soaring.co.jpから変更は有りませんが、移行の数日間は取りこぼしが発生する可能性があります。重要な用件に使っている方はその間だけ別のアカウントを作り、soaring.co.jpではなくて数字を直打ちで「211.13.204.5」として下さい。これはサーバの移行が周知徹底された以降でも、数字のままで使っても構いませんし、soaring.co.jpに戻しても構いません。
 移行期間に発生した複数アカウントの纏めに関しては、ご利用のメールソフトに依って異なると思いますので、御手数ですがご自分でお調べの上対処願います。

ユーザー名
 今までは「dadup3117」等のフォーマットだったと思いますが、これがメールアドレスその物に変わります。例えば「tyokkei@soaring.co.jp」の人であれば、従来の「dadup3117」から「tyokkei@soaring.co.jp」へ変わります。

パスワード
 これは従来のパスワードを新サーバでも使えるように設定しました。いや、したつもりです。もしうまく行かない場合はご連絡ください。確認します。

 纏めると、数日間の取りこぼしが起こっても良い人は、ユーザー名だけ変更してください。取りこぼしが困る人は、数日間だけ新しいアカウントを作って二重に受信してください。

 直接取りに行かずに転送で使っている人は何もしなくて良いです。でも何か有るかも知れませんので、数日間は注意して置いてください。
****************************************************************

| | コメント (0)

溶加棒もケースに入れよう

07271 昨日に続いて今日も溶接棒のケース作り。今日はTIG用の溶加棒のケースを作って入れた。
 神鋼の軟鋼用はケースに入って来たので良かったけど、アルミ用は紙の箱で来てそれをそのまま使っていた。そしてそれ以外の貰い物のアルミとかSUS用は貰ったときの紙箱とか紙筒に新聞紙で蓋をした状態。
 昨日の塩ビ缶方式が凄く簡単にできたので、TIG用もそれに倣って同じ方式を採用した。こっちは長さが1mも有るからケースも細長い。

07272  今日は夜に知り合いの通夜に行ってきたので溶接練習とかは無し。葬式は明日だけど2週も続けてスイミングを休むのは嫌だったので今日の通夜にした。
 浄土宗だったので御文章の拝読は無く、代わりに髪の毛を切る真似をする儀式が有った。親族参加型で悪くないかも。「・・・だぶつ」に成るのは8回目だったか、9回目だったか、10回目だったか、とか思いながら読経を聞いたけど、良く息が続くなと思う。

 で、練習をしなかったので溶接用の自動遮光面の話でも。右端はTIGを始めたときに買ったヤツで、ガラスがパタンパタンと動くように成っていて、左手とか顔を上下に振ることで遮光状態にする。
 それを使っていたら広島でお世話になった人が、もう使わないからとSUSの溶加棒と真ん中の自動遮光面を送ってくれた。その頃は中国製の激安品は無かったのでメチャ嬉しかった。これを使い出してから練習とか実作業が捗るように成った、私のTIG史上でエポックメイキング?的な存在。
 その自動遮光面が最近は暗いと感じるように成ってきた。自分の加齢によるものか、遮光面の特性の変化に依る物か、薄板の割合が増えてきて気になりだしたのか、その辺りは良く解らんけど、遮光度を低い領域まで調節できるヤツを買い足してみたわけ。
 変なオッサンが遮光面を持ってきたりしたのもその関係の話で、彼は日本国内で安物を買った。私は同じ物では面白く無いのと、情報の多様性を阻害する事を危惧したのと、彼の買ったのよりも明るいゾーンまで調節出来るのを試して見たかったのもあり、中国から直接買うことにした。
 ちなみに中央の貰ったのは調節は出来ない。10か11くらいで固定かな?と言う感じ。変なオッサンが買ったのは一般的な9から13くらいまで調節可能なヤツ。試させてもらったら中央のヤツよりも明らかに明るかった。
 そして私が買ったのはモードが3種類有り、全通過に近い状態から13まで調節できるヤツ。それでも送料込みで38ドルだから安物には変わりない。

 で、インプレッションでも書こうと思っていたけど、まだたいして試して居ないから書くことが無いというか、評価が一定して居ないのが事実。
 明るく調節したら目が疲れる感じがする。8とか7にしてもスラグの下の溶融池が見える訳じゃ無い。通常時の見え方が劇的に明るいのは技術の進化か。領域が広いのは無条件で使いやすい。夜中に1mmの突き合わせ溶接をしたとき、このときばかりは7くらいに調節しないと溶接すべき切れ目が見えなかった。
 まあ、こんな感じ。38ドルなら買っても悪くなかったけど、これによって溶接が上手くなったりはしないなあ。。。

バイク 12km

| | コメント (0)

2018年7月26日 (木)

少しずつ真っ当な大人に

07261 以前から気にはしていたのだけど、先日から溶接をしたりうまく行かなかったりする過程で自分のいい加減さが明確に自覚でき、溶接棒の管理をちゃんとやろうと心に誓った。
 使用前に乾燥機で乾燥させろとか色々書いてある溶接棒なのに、私は購入時のまま紙の箱に入れた状態で棚やら床に置いていた。「乾燥なんかしなくても溶接できる」と言う鉄工所のオッチャンは沢山居ると思うけど、彼らは私よりも格段に技量が上。多少の不具合は経験と技術でカバー出来る。
07262  それに対して今の私は酷く未熟な訳で、そんなヤツが紙の箱から湿った溶接棒を取り出して「うまく行かない」とか言っても説得力が無い。取りあえず天日干しして密閉できる容器に保管しよう。

 ちゃしろの散歩から帰って庭に溶接棒を並べた。そして塩ビ管を使って密閉容器の様な物を作った。ここまでは順調で直ぐに終わった。朝でも日差しは強く、溶接棒の端から乾き始めたのが解る。こんなに湿った状態でうまく行くわけ無いわ。
07263  溶接棒は1日中干しておいて夕方に取り込んでケースに入れた。その際に掴む部分の錆が気になった。大して影響は無い気もするけど、溶接中の電流とか要求電圧がフラフラ変動する要因に成り得る。
 チャンとした大人に成ろうと決めたばかりなのを思い出し、グラインダにワイヤブラシのホイールを付けて1本1本削ってから収納した。
07264  夕方から始めて嫁さんがちゃしろの散歩に行き、帰ってくるまで延々と磨き続けた。2時間弱くらいかかった。でも少しだけでも真っ当な大人に成れた気がして気分が良い。

 気分が良かったので夜になって溶接の練習を少しだけ。最初は1mmの突き合わせ溶接。溶接棒はZ-44の2.0mmを使ってみた。最初と最後に穴が開いてしまった。途中は汚いけど取りあえずくっついて居る。1mmの板でぶっつけ本番なら、まあ・・・良いか(笑)。
07265  昨日のすみ肉の上に2層目を盛ってみた。昨日よりはうまく出来たような気がする。ウェイビングというのか、ビードの幅を出すために左右に(この画像では上下に)棒を振るわけだけど、その行為によってスラグがかき分けられて溶融池が見えやすかった気がする。

 最後は新しいFBをすみ肉で溶接してみた。3.2mmの棒を使って1層だけを溶接した。こちらも昨日の1層目よりは随分良いと感じる。
07266  良くないのは最初の1/4くらいだけど、この辺りはスラグがモワモワ上に被さってしまって溶融池も溶接部も全く見えなかった。その為にこんな感じで迷走した感じのビードに成ってしまった。
 右の3/4の部分は溶融池が確認出来たけど、最初の1/4との違いが解らない。アークの向きとか何か有るのだろうか?。それとも熱の入り具合だろうか。どっちにしろ最初から後半の状態を作って溶接できれば、私にももう少し上達の余地がある気がする。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年7月25日 (水)

欠陥は見て見ぬ振り

07251 昨日の宣言どおりに、ちゃしろの散歩から帰ってきて隅肉溶接の練習をした。材料は昨日と同じで6x50のFBを切った物。溶接棒は神鋼のZ-44で3.2mmを使用。うまく行かなかったら神鋼がデータを改竄したせいにしよう(笑)。


07252  材料が勿体ないので、隅肉を練習した残りで平板の上にビードを置く練習もした。毎日この位やっていたら上達するかな?。




07253  昨日のブラケットとヒッチボールをまさお君に装着してみた。適当に色を塗って色が乾いて無いけど薪割り機を装着。高さが悪かったので隙間に建築用の座金を追加。



07254  ちょっとだけ動かしてみた。悪くない。少し離れて眺めたらイイ感じじゃないか。日本の田舎とアメリカの田舎が融合したような奇妙な気持ちに成る、不思議な光景。



07255  夕方になって家の廻りをぐるっと回り、そのままバックでアルファの横の方に車庫入れしてみた。トレーラの車庫入れは難しいなあ。
 そう言えば熊崎は大型2種に飽きたらずに、牽引まで取って居た。こんなの試験場で一発で決めるなんて出来んわ。重傷の資格マニアと思っていたけど、少し彼のことを尊敬した。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年7月24日 (火)

手棒を練習しよう

07241 これは昨日の晩飯後に作ったボールのような物。直径が2インチ=50.80mmで作りたかったのだけど、50mmの素材しか無かった。
 さらにNC旋盤の方は配置換えとかで使えず、球形削りアタッチメントも無い。仕方ないから目測と手送りで球のような物を削り出す事に。


07242  ここからは今日の朝。薪割り機の移動が難しく、早急にキャタピラ式に改造する必要があると考えて居た。でもキャタピラの台車は高いし改造も大変。頭の片隅に有ったけどついつい後回しに成って居た作業。
 先日何かでまさお君のオプションにトレーラ式の台車が有ることを知り、同じやり方で薪割り機を引っ張ってやろうと思ったわけ。

07243  ちゃしろの散歩の後で並べて見ると、何となくイイ雰囲気に見えてきたではないか。費用も安そうだし見た目のインパクトも自走式より有るかもしれない。それにトレーラのバックで車庫入れとか、楽しみ?も増えそう。


07244  昼間は工場巡りしたりして忙しかったので、今日も夜の作業に成った。6x50のフラットバーを切り貼りしてブラケットを作った。
 外側はTIGで溶接したからなんとか許容範囲に出来た。隅っこの処理が上手に出来なかったけど、自分で使う部品だから良かろう。


07245  それに引き替え内側の溶接はなんだ!。内側は手棒でやってみたのだけど、元々が手棒は苦手だし隅肉は一番苦手。さらに溶接部が短いとさらに難しい。。。
 今回は板厚とか考えると3.2mmの棒を使うべきだった気がするけど、最初から最後まで2.6mmで繰り返しやりなおしをしたのも悪かった。。。言い訳は良いから練習しよう。

07246  組み合わせたらこんな感じ。ビードを削って色を塗っておきたかったけど、流石に田舎でもこの時間にグラインダは使えない。続きは明日だ。








バイク 12km

| | コメント (4)

2018年7月23日 (月)

高野さんは嵐のような人だ

07231 お母さんがちゃしろランの草刈りをしていた。聞くとリコちゃんが遊びに来てくれるらしい。久しぶりで楽しみだ!。




07232  昼過ぎにリコちゃんが来た。二人で話したり、走り回ったりして遊んでいた。




07233  そしたら白い大きな車が来てオバサン達がぞろぞろ降りてきた。なんか騒々しくて馴れ馴れしいから、お父さんかお母さんの知り合いかな?。



07234  車の中には足が長くてスタイルが良いけど、目つきの悪い犬が乗っていた。僕たちが近づくと「ウーッ」って唸った。




07235  騒々しいオバサン達はちゃしろランの中に勝手に入ってきて、一番騒々しいオバサンが僕を無理矢理抱きしめた。このままあの車に乗せられて、保健所に連れて行かれるかと思ってびっくりした。



07236  しばらくしたら目つきの悪い犬が来た。





07237  「キサン、ここが何処か解っちょうとか!?」





07238  「俺様のちゃしろランぞ!、可愛い女の子しか入れんとぞ。」





07239  「でも、なんかおんなじ臭いがするなあ。」





072310  「まあ、まあ、お兄さん達、ここは私の顔に免じて・・・」騒々しいオバサンがなだめてくれた。




072311  「あんた達がそこまで言うなら、オレもそこまで物の解らん犬じゃ無いし、次は中に入れてやっても良かばい。」




072312  オバサン達は「アゲパン」と僕のおやつを置いて一瞬で帰っていった。気が付いたらリコちゃんも居なくなっていた。

 嵐のような1時間だった。フーッ、疲れたよ。でも夕方の散歩は行くよ。






バイク 12km

| | コメント (4)

2018年7月22日 (日)

ワゴください

07221 電気工事士の実技試験の日。なんか最近の我が家は九産大に縁があるなあ・・・とか思いながら、会場の九産大まで車で行った。
 建物とか設備が凄い、経営的には順調みたいだ。良かった。



07222  試験開始までに色々と確認事項とかが有って眠くなった。ちゃしろの散歩に5時台から行っているから正午頃に眠気が来る。加齢による注意力の低下と睡魔のダブルパンチでミスをしてしまった。
 向かって左側の接続を差し込み式で、右側の接続を圧着端子で、と指定が有って読んで居たのに、複線図には右を差し込み式にしている。
 作業中に差し込み式コネクタの2個目を差し込み始めたとき、あれっと気が付いた。やっと頭が回り始めたみたい(笑)。すかさずペンチで接続部分を切り取り、新たに被覆を剥いてやりなおし。そして試験官に「ワゴ下さい。2個」。コネクタは追加支給してくれる部品で良かったよ。
07223  後は確認中に被覆がめくれかけているかな?と思われる箇所が有ったので、少し切ってやり直した。練習中よりも急いだので、ミスの修正も含めて29分くらいで完成。
 今日使った工具類はこんな感じ。結局ワイヤーストリッパは買わずに、家に有る工具で全部済ませることにした。もし受かっていれば「電工ナイフでも問題ない」と言えるし、落ちていれば「やっぱりストリッパを買った方が良い」と成る。

07224  夜はブルーベリーのジャムを作った。ブルーベリー自体は数日前にちぎっていて、時間が取れなかったので冷蔵保存していたヤツ。もしかしたら冷凍保存して組織を破壊した方が、速くジャムに成ったのかもしれん。


07225  そんな事を思いながら煮詰めていって砂糖を添加。今回は砂糖を45~50%にしてみた。この位だと常温保存で数ヶ月も置くと上の方にカビが生えるかもしれん。
 冷蔵保存するか、それまでに食べきればOK。


07226  瓶も熱湯消毒しながら詰めていく。瓶はルミエールが圧倒的に安い。200ccの1瓶が100円しない。




07227  瓶詰め完了。遅くなったのでラベルは明日出力して貼ろう。





07228  昨日は1日中ひとりぼっちにしたからか、今日は部屋に上がって人の側で寝たがる。いつもは夏の特等席で一番涼しい裏の床の下へ直行するのに。
 胴体だけなら大型犬と言っても良いくらいのボリューム感がある。でも足が短いから立ち上がるとそれほどでも無い。短足の長毛種秋田犬とか馬鹿でかいコーギーの雰囲気。

| | コメント (2)

2018年7月21日 (土)

DNAの引力

 今日は知り合いの不良地方公務員の娘の披露宴。我が家は全員が招待されているので一家総出で出掛ける事に成った。朝一にちゃしろの散歩に行き、婆さんは1日だけ預かってくれるデイサービス施設に預けてから家を出発。
 ホテルの駐車場が狭くて直ぐに満車に成ると聞いたので速めに出た。そしたら結構空いていて肩すかしをくらった感じ。でもこんな時に丁度の時刻を目指すと満車だったりするわけだ。人生はそんなモン。
 披露宴の前にウェルカムパーティーとやらが設定されていた。式が終わった新郎新婦や友人達と歓談したり写真を撮ったりの場らしい。朝のニュースでは死にかかわるから外に出るなと言っていたけど、案内された場所は屋外のガーデンパーティー会場。皆生のランに匹敵する暑さで、そろそろ意識が遠のく・・・と言う頃に室内に案内されて生き返った。

07211  どんな披露宴でも、若い新婦は問題なく可愛くて新郎はオマケなのでどうでも良い存在。




07212  イイ感じに盛り上がって進行する。





07213  当事者意識の希薄な新婦の父。





07214  一番ちっちゃいのが父で、一番バカなのが長男。大丈夫か?、我が家は。




 帰りにアヤちゃんの友人がやっているケーキ屋さんで、桃をまるごと使ったタルト・・・と言って良いのかどうか解らない、ほとんど桃のお菓子を食べた。かなり美味い。
07215  帰ってから引き出物の包みを開けた瞬間に嫁さんが「アーッ!!」と叫んで食器棚の方に走って行った。どうしたんだろう?と思って見ているとお皿を持ってきて並べた。
 右が割りと最近嫁さんが気に入って買ってきた皿。左が今日の引き出物で頂いた皿。ハハハ、全ての人間はDNAの力から逃れる事は出来ないんだよ(笑)。
 私と結婚した嫁さんが右の皿を選び、私の友人の娘か娘の選んだ男か知らないが、若い二人が左の皿を選ぶ。孫悟空がいくら飛び回っても、所詮お釈迦様の手のひらの上で動いているだけ。昔の人もこういった事を経験して来たんだと思う。
 それにしても凄いなあ・・・。

| | コメント (4)

2018年7月20日 (金)

打破

07201 ちゃしろの散歩から帰ってきて仕事を始めるまでの間。電気工事士の例題は一通り解いたので2回目をやる意欲が無くなった。何か涼しいうちに屋外の作業でも・・・で、草刈り機まさお君の整備をする事にした。
 以前から外そうとして外れない後輪のハブ。今日は別のやり方を思い付いたのでそれを試してみることに。

07202  ランティスのブレーキロータを外すとき、これでガガガッと打撃を加えたら押しボルトとか使わなくても直ぐに取れた。それを応用出来ないかな?と思って、プーラで軸方向に力を加えながら、エアーでボス部を横からダダダッと。


07203  凄いぞ!。フランジ面が曲がるまで圧力をかけたり、軽く焼いたり、駆動用のピンを抜いて使ってみたり、色々しても外れなかった錆びたハメアイが外れてきた。
 何か困難な事や障害を克服する事を「打破」と言うけど、まさにその通りの事が目の前で起こっている。整備を学ぶにはまず国語を学べと言う訳だ。

07204  最近はこの手の場所にクラッチスプライン用のグリースを使っている。その前はMonotaROのディスクパッド用とか固着防止用で、その前は普通のリチウムグリース。
 ロートルさんは嫌っていたけど、ディスクブレーキのスライドピンにもこれを使って居る。私が触ってきた車ではピストン廻り以外のゴムは鉱油系のグリースでも問題がなかったから。
 さらにこいつは色が黄色で何か効きそうな雰囲気満載だし、増ちょう材もアルミニウムコンプレックスと名前もちょっとカッコイイ。
07205  フランジの変形をプレスで修正し、錆を落としたシャフトに組み込んだ。トルクを伝えるピンは錆びていたので棄てたので、代わりにM10のボルトナットで代用。
 でもここの構造が良くない。


07206  軸とボスのハメアイ面が外に露出しているので、水が入り放題。このままではいずれ同じ事を繰り返す事になる。内部には高価なHSTユニットが入っているから大事に使いたい。



07207  何となく誰かの影響を感じるけど(笑)、グッデイで188円で売っていたシリコーンシーラントをてんこ盛りにした。これで完璧。




07208  ちなみにホンダの運搬車「力丸」君の駆動軸はこんな感じ。軸端はエンドプレートで位置決めと同時に簡易的な蓋がされているので、まさお君みたいに水が入り放題は防げる。
 チクスイさん、改良してくださいな。四駆のモデルではすでに改良済みかもしれんけど。

07209  この後で暑い中をドリドリ君の配線を整理したりして仕事をしていたら、変なオッサンが来て血圧計を治せと言う。「毎日使っているからこれが使えないと死んでしまう」と泣きそうな顔。



072010  仕方ないからゴミ箱の中から真鍮棒を拾い出して旋盤で削った。削りかけのねじ山が何となく意味が有りそうで悪くない(笑)。




072011  圧力が低いからか、家電はこんなモンと思っているのか、測定用に加圧される回路なのに、全てはチューブに差し込んで有るだけ。
 加圧部にはセンサも何もない。本体内部の圧力センサが心拍と同期した圧力変動を拾うんだろうか。面白そうで興味が有ったけど時間がなかったので知的好奇心は封印。
 自分の血圧を測定したらそれっぽい値が出たので完成とした。渡した後でネジを2本付け忘れて居たことに気が付いた。ハハハ。

バイク 12km

| | コメント (0)

2018年7月19日 (木)

悪い癖がうつった

07191 今日も5時台からちゃしろの散歩に行き、朝飯を食って珈琲を飲んでゆっくりしたら07:30だった。よし、電気工事士の例題を残り3個全部やってしまおうと外に出る。
 タイマだったか自動点滅器だったか、端子台で代用した例題3。


07192  単相200V のアース付きコンセントが有る例題5。





07193  ライトと連動してパイロットランプが点滅する例題10。

 ここまでの3題を続けてやった。準備から片付けまでして部屋に帰ったら09:30だったので、作業時間的には合格範囲内に有ると思う。後は変な思い違いとかミスに気を付けよう。
 大学入試以外の国家試験には落ちてないので(笑)、今回もその勢いで突破出来たらいいな。

07194  ふと白骨号を見ると塗装が割れて錆の汁が出ていた。スクレーパで塗装というかパテの層を剥いだらさび色の鉄板。
 ワイヤブラシで浮き錆を落とし、ロートルさんに倣ってローバルを塗ってしまった。北海道のランクルの手法を福岡のポルシェに適用するのはいかがな物か?と思うけど、これ以外に有効なさび止めを知らないし・・・と言うか持たない。

07195  ローバルの上から塗料棚に有った補修用の白ラッカーを刷毛塗り。真面目な修理はどうしよう。10m離れて見ると解らんからこのままでも良いけどね。



07196  夜になって髪くらい切りなさいと怒られたので、エアロバイクを漕ぐ時間だったけど散髪をした。ロートルさんは奥さんにバリカンで刈って貰って居たみたいだけど、私は鏡を見ながら自分でバリバリ。
 と言うことは私の方が虐げられて居るという事か。お互いに飼い猫より下、飼い犬より下という部分は一緒だけど(笑)。

| | コメント (4)

2018年7月18日 (水)

ジュエリー光安

07181 今朝の例題は自動点滅器の13番。と言ってもこれも端子台で代用するらしいので単なる配線作業の練習。これで残りが3問に成った。試験は日曜日だけど、土曜日は結婚式によばれているので何もできない。となると木・金の2日だけ・・・1日足りないな。
 ちょうどドリドリ君の関係で一区切り付いたので、明日は残りの3問を全部やって心の平静を得ようか。。。

07182  もう随分前に着手だけはしたのだけど、途中で嫌らしい問題が出てきたり、納品の作業で手も足も出なくなったりして放置状態だった大型のドリドリ3号。ようやくメカ部品の図面を全部書いて外注先に依頼してきた。
 外注先の一つに精密板金屋さんが有るのだけど、そこの事務所に犬が居る。黒っぽい柴犬で愛想が良いとも悪いとも言えない微妙は感じの犬。
 それでも撫でてくれる人は覚えているようで、事務の女性と納期の話をして居たら事務所の奥から出てきた。そしてその姿を見て申し訳無いけど笑ってしまった。ウィペットの首から下に柴犬の頭だけを乗せた犬が居たから。
 聞けば社長がバリカンで刈ったらしい。そう言えば前回来たときに社長がスキンヘッドにしていた。その勢いで犬まで丸刈りにしてしまったみたいだ。
 私が笑いながら撫でていると事務員が「おかしいでしょ、社長には言えないけど」と苦笑い。確かに社長には言いにくいかもしれん。でも変なモンは変だ(笑)。
07185
 ドリドリ3号の方は使いながら電気の詳細を纏めないと行けないけど、年の単位で放置していた案件が進んでちょっとホッとした。何かの本で読んだけど、頭がそのことで充満した時間を過ごし、その状態で遅緩した状態が発生した時に新しい発明やアイデアが生まれると有った。
 そんなモンかもしれない。ここ数年はやるべき作業的な事に追われるばかりで新しいアイデアとか考える気分に成れなかった。尻を叩かれながら死ぬのは嫌なので全部辞めようと思った時期も有った。でも春先から少しだけ時間が取れたので、今しか無いと思って作業的な仕事をしばらく無視をしてドリドリ3号の事を考えてみた。そのおかげなのかようやく前に進んだ様な気がしている。
 ドリドリ3号は全体が250kgくらい有る。そのおかげでオモチャ工作機械と小型工作機械の中間くらいの性能が有る。廃材をバイスに取り付けて、超硬の10mmで円弧補間とキー溝を掘ってみた。円弧補間は用心して1mmずつ掘り下げたけど、相当安定していたのでキー溝は3mmと5mmの深さで一気に進めた。3mmなら全く問題ない。5mmだと少し条件を捜さないと行けない感じ。
 まあ悪くない。あとは電気の細かい所だ。そろそろルーチンワークも始めよう。溜まりすぎると鬱になって人生が嫌になるし、アイデアだけでは喰っていけない(笑)。

07184_2  土曜日の結婚式は嫁さんも行く。その時に首に巻くアクセサリーが壊れて居るから治せと言われた。真珠?を葡萄みたいな感じにグチャグチャに集めたヤツだけど、その中の2個が外れてしまっていた。
 オリジナルの状態を知らない。そしてかなり高い確率で中間に付く小さなリングが有ったんじゃ無いかと思う。でもそんな小さな金色のリングを今から作っていたら夜が明ける・・・。仕方ないから残っている小さなリングに2個の玉を無理矢理装着した。
 まあこんなモンで良いでしょ。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年7月17日 (火)

ワゴはセスナ機

07171 最近は暑くなるのが速いので、ちゃしろの散歩は6時前から行っている。それから帰って朝飯を食ったら直ぐに電気工事士の問題を1つやった。
 今日は3相モータを想定した例題4。モータも何も無いから単なる配線練習だけなので面白くも何ともない。下の方の3相用のケーブルは本来2.0mmだけど、2.0mmの3芯が無かったので1.6mmで誤魔化した。
07172  そう言えば差し込み式コネクタも使うらしいのでそっちも単位作業として練習。使ったのはナフコオリジナルのコネクタだけど、私が知っている電気工事屋さんは「ワゴ」と言う。
 「セスナ機」とか「ゼロックス」一緒で「ワゴ」が差し込み式を示す言葉に成ってしまっている。ちょっと違うのは航空関係者は「セスナ機」とは言わずに報道関係が「セスナ機」と言っていたけど、「ワゴ」に関しては電気工事業者がその言葉を使う部分か。
07173  夜になってやったもう一個の単位作業は「ボンド線」の作業。買ってきたボックスにはボンド線用のビスが付いてなかったので無視していたけど、もしかしたら出題されるかもしれんと書いてあったので念のために練習。
 作業自体は難しくないけど、バイクや車の免許を試験場で取るようなモンで、合格とか不合格の判定時に何処を見られるか、を把握してその部分を絶対に間違わないようにしないといけない。
 なんか面倒だなあ。

07174  必死に・・・では無いけど、ずっと捜していた調整用端子が来た。試しに使ってみたけど、基板に端子を半田付するのがメチャ面倒。
 これってどうやって半田付するのが正しいんだろう?。今日の所はジグとして抵抗を使って裏向きにして半田付したけど、なんかうまい方法は無いかな?と考え中。
 手で持つと瞬間に火傷するし、ピンセットではクラクラして上手に保持できない。うーん。。。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年7月16日 (月)

毎日コツコツは似合わない

 電気工事士の実技試験の練習。毎日1問ずつやっていくとか書いておきながら何も遣ってなかった。よく考えたら来週じゃないか!。今までにやったのは例題の1だけ。ちょっと不味いな(笑)。

07161  順番に例題2。左下は問題だと1口だけど2口しか無かったので代用した。




07162  電線管を触った事が無かったので例題11。グロメットが無かったので左右の1箇所から出したけど狭すぎた。




07163  フレキ管の例題12。管の材質が正しいか解らんけど、グッデイにはこれしか売ってなかった。




07164  3路スイッチの例題6。露出型のコンセントがこれも2口で代用。





07165  4路スイッチの例題7。グロメットを買い足してきた。





07166  リレーを端子台で代用するらしい例題の8。2芯の線を3本使う配線の案。




07167  同じく例題の8。こちらは2芯の線を2本だけで電源供給は渡りの線で行う案。




07168  引っかけの丸いヤツが無かったので、差し込み型じゃ無くて輪を作るタイプで丸いヤツを買ってきた。




07169  アース付きコンセントの例題9。緑のアース線が無かったので、廃材の白線で代用した。




 結構疲れた。材料を準備して作業して答え合わせして片付けして・・・次の問題に移って・・・とやっていると、1日で全部をやるのは難しい。まだ一回もやってない例題が残っているけど大丈夫かな?。
 もう1月以上前からエイミーが帰って来ていてコンビニでバイトしている。夕方に嫁さんが買い物に行くというので付いていってアイスを買った。「チッ、レジは外人かよ、日本語解るんかい・・・ニホンゴ、ワカリマスカ?」と言ったら嫌な顔をした。
 ちゃしろを連れていくというので、行きは軽トラの荷台に嫁さんと一緒に乗せて行った。帰りは一番にちゃしろが助手席に飛び乗って動かないので、仕方なく3人で横に並んで帰った。ちゃしろを抱きかかえる様な感じになって嫁さんは大喜びだ。
 ちゃしろは本当に車に乗るのが好きだ。人間が見ても解るくらいワクワクして喜ぶ。なるべく乗せてやりたいけど車の中が毛だらけになるのが難点。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年7月15日 (日)

ロードスターは4穴でランティスは5穴

07151 これが買って割りと直ぐに引き摺りを起こしてパッドが無くなり、ロータも削れてしまったリヤブレーキ。何時か自然に削れて平らに成ると思っていたが、錆が適切に進行する様で20年経っても同じ見た目を維持する事を知った。


07152  ちゃしろの散歩から帰って朝飯を食って、全部分解して時計を見たら8時30分。2柱リフトとエアーツールのおかげだべな。高級ツールも良いが労力や時間を削減してくれるツールも大事。



07153  ロードスターのロータを手入れして装着しようとして、始めてランティスは5穴だと言うことに気が付いた。やっぱりあの時代にV6を乗せるくらいなので高級車だったんだ。。。さて、どうすんべか?。
 仕方ないので古いロータを旋盤で削る事にした。でもうちの旋盤では振りが足りなくて削れない。ここでランティスのロータが幾らか考えずに、大きい旋盤の中古は幾らか考えてしまうのが悪い癖と何時も女房に指摘される。
 新品を取ると15,000円です。社外品なら10,000円です。外注の再研磨なら5,000円です。ベルトグラインダでテンプラ修理なら只です。お勧めはテンプラ修理です。
07155  使用限度は8.0mmなので厚みは十分。





07156  錆びて欲しくない部分にはローバル。





07154  キャリパは互換性が有ったが、サポートの厚みが違っていたのでランティスの現物を使う。こっちは浮き錆が目立ったのでバリバリ。
 地肌までは出てないけどバリバリの後はローバル。



07157  バックプレートも適当にゴミを落としてローバル。





07158  端っこが錆で失われているが、女房の乗る車なので放置。何時も虐げられている仕返しだんべ。




07159  いつものコースをぐるっと試運転。帰ってきて確認したが漏れて無い。配管の銅ワッシャも新品を両面に入れた。実際に使ったのはストレートのアルミワッシャだが。
 この形式のキャリパは、後のサイドブレーキ調節部からもフルード漏れの可能性が有る。ミヤコ自動車のO/Hキットにはその部分のOリングも入っているからきちんと交換するべき。

071510  テンプラ研磨したロータの状態も悪くない。サビサビのままで使い続けるよりはマシだろう。あと20年乗ることを考えるなら、社外品が有る今のうちに4枚とも交換した方が良いかもしれん。



071512  試運転でサイドブレーキを多用していたら、右のキャリパから煙が出た。左が赤で右は緑。緑の塗料は耐熱性が低かったみたいだ。仕方ないから緑の塗料を剥いで、ストーブの残りのオキツモを塗った。勢いで全部のキャリパにも塗ったので、4輪ともつや消しの黒に成った。
 それでもオキツモは残っていたので、エキパイにも塗ってトレールバイクみたいなエキパイにしてみた。

 夕方になって次男が彼女を連れて来た。ほぼ同じタイミングでバカデカイエンジン音を響かせて変なオッサンが来た。そして溶接面を被って庭で踊り出した。好き勝手に変な友人が来る所もロートルさんとそっくりだ。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年7月14日 (土)

ランティスのリヤブレーキはロードスター?

 午前中はスイミング。今日から会場がB&G宮田に成った。飯塚に比べると水が汚くて水深が浅くてコースが2レーン取れる。
 今月はクロール月間ということでクロールのドリルが有り、後半は背泳ぎも入った。ああ、例年なら明日の今頃はスイムが終わってバイクの初め頃か。。。と皆生の事を思ってしまう。思うくらいなら日々の生活の中で、それに近づくような事をしろよ、と自分に言い聞かせてレッスンを受けた。

 帰ってからちょっと別のことをして、夕方から夜は放置状態だったランティスのリヤブレーキ修理に着手。これは買ってから2回目の車検くらいで引き摺りを起こしてパッドが駄目になり、ロータも外側が妙に削れたヤツ。
 何とかしたいと思って20年近くが過ぎ(笑)、今年になって同じ形式というロードスターのキャリパとロータを入手していたけど放置状態だったヤツ。それにようやく着手というわけ。この手の作業はロートル自慰さんに敬意を表してロートル節?で行こうと思う。

07141  1台分で買ったのに左右で色が違っていた。持ち主は変な趣味だべな。
 ロータは我が家のランティスより随分良い状態で研磨の必要も無い。縁をディスクグラインダで磨くくらいで良かろう。


07142  北のロートルさんには申し訳ないが、九州とか本州じゃスライドピとピストンは良い状態。




07143  と油断していたら緑の方はブーツが付いて無くて、入口がサビサビ状態。




07144  全部をブラストするのは面倒だったので、入口の錆の部分だけリュータに付けたワイヤブラシでブンブン。




07145  このくらい綺麗になったら良いだべな。





07146  両方のキャリパとも、ホース取り付け部に銅ワッシャが着いてなかった。これでも制動力は出て車検は通るけど、やっぱり銅ワッシャは付けた方が良いと思うべな。



07147  ピストンの当たり面はガタガタ。ダイヤモンドヤスリでバリを取った状態でもこれだけ荒れている。このピストンは無理に引っ張ったり、テストポンプで油圧をかけても外に出ない。前の整備工場が何処か知らねえが、知らねえ事は調べるなり人に聞くなりして作業すれば良いのにと思う。

07148  そうこうしていたら就業時間になっちまった。塗装はしてねえが、ここは冬になっても塩をまかない地方なのでこれで十分。
 予防整備と過剰整備の境目は曖昧だが、お客さんの懐が一番痛まない判断が正しいんじゃねえか、と思う。


スイム 1.2km
バイク 12km

| | コメント (2)

2018年7月13日 (金)

残念な感じ

07131 ちゃしろの餌を買いに行く用事が有ったので、ついでにマイクロメータの蓋に使うシナベニヤも買ってきた。小さな150円くらいのが有ったら良いなと思った居たけど、10回以上修理できる様なサイズで300円くらいした。
 本体が1,000円位なのにバランスが悪いな・・・と思いながらも作業開始。せっかちなので接着剤はいつものクイックメンダー。夏なのでカタログスペックどおりに5分で硬化する。
07132  木工用ボンドが正しいとは思うけど、あんな1日も待つような接着剤は好かん(笑)。しかも1日たったら何をしようとしていたか忘れてしまうしモチベーションも失せている。

 接着はきちんと出来た。使い慣れたクイックメンダーだから当然だ。はみ出した接着剤もナイフでそこそこ綺麗に切り取った。完全硬化の前ならナイフで切れるのも良いところ。
 そして角を面取りし、全体を磨いてザラザラを取り除き、着色ニスでも塗ろうかと思ったけどニスは無かった。捜したけど自動車補修用のクリヤしか無かったのでそれを塗った。でも2回目を塗る前に空になった。
 出来栄えはかなり残念な感じに成った。接着剤の色が浮いているし、新しく張ったシナベニヤの色も浮いている。ここまでするなら何故明日か明後日に着色ニスを買ってきて塗らないのか、他人の作業ならそう言って批評したい。

バイク 12km

| | コメント (4)

2018年7月12日 (木)

またぎ歯厚

07122 歯車が作れそうな雰囲気に成ったので、その歯形が正しいのかどうか検証したくなった。
 一番簡単なのはまたぎ歯厚じゃなかろうか。ノギスのくちばしの先を削ってしまおうと思ったけど、歯厚マイクロメータのジャンクの方が随分安い事が解ったのでそっちに流れる事に。

07121  写真で解っていたけど錆が有る。測定面は特殊な合金だから大丈夫じゃ無かろうか?と思っていたけど甘かった。
 昔の本的に書くと「目を潰したアルカンサス砥石」で丁寧に削ってみた。感覚的に10umも削ってない感じ。でも腐食による凸部は完全に落とした・・・つもり。

07123  27umくらいマイナス側に成った。最初は明らかに錆の凸部が当たった状態で「0」セットされていたので、たぶん今回の作業で27um削れたと考えるのは間違っていると思う。
 合わせ目に1/100のテープを入れて色々動かしてみたけど、どの部分でも同じような感触を感じたのでOKとした。たぶん1/100mmくらいの精度は出ていると思う。
 まあ、またぎ歯厚自体がブロックゲージを挟んだほどは正しく測れない。自分で切ってみた歯の状態を把握する位なら十分な測定器が手に入ったんじゃ無かろうか。

07124  なんとかしたいのはこっち。箱の上の板が剥がれてしまって中が見えている。説明書も清掃用のウエスまで揃った状態なのに悲しいことだ。
 手持ちのベニヤ板は目の荒いヤツしか無かったので、グッデイかナフコに行ってシナベニヤの小さく切ったのでも買ってきて修理しよう。
 箱が無いなら無いで別の箱に入れるけど、中古半端に壊れた箱が有ると修理しないと気が済まないので困ったモンだ。

バイク 12km

| | コメント (0)

2018年7月11日 (水)

内径測定は難しい

07111 やっと、やっと、リングゲージを買った。中古というかヤフオクの業者だからジャンクに近いヤツだけど。これでようやくジャンク内径マイクロメータの校正のような物ができる。

 内径を測定するには色々なやり方が有るけど、私が工作することが多い小径側だと意外と測定器が限られるし作業が難しい。精度自体はノギスレベルで良いことが多いのだけど、ノギスで円筒穴は理論的に正しく無いし実際に10mmとかだと解る程度の差が出る。
 それと時々は1/100mmのレベルが必要に成るから、内径マイクロメータを時々使う。そしてこれの基準はジャンクのブロックゲージでやっていたのだけど、外径は良いけど内径の校正をブロックゲージでやるのは難しい。
 仮にA軸とB軸と二つの軸を考えると、ブロックゲージが作る正しい平行な2面の距離を測定しようとしても、測定子に長さのあるマイクロメータだと、A軸側を傾けると大きく出て、B軸側を傾けると小さく出る事になる。だから真の2面間の距離を測るのが困難。
 だから基準としてリングゲージが有るわけで、リングゲージだと測定面が円弧だから最大点を探るのが平面よりは簡単。

 うちにある5~30mmと25~50mmの2個を測定してみると、両方とも1/100mmほど大きく測定される事が解った。たぶんこれは今回のリングゲージの方が正しくて、今までのブロックゲージに依るゼロ点合わせが1/100mmだけ間違って居たんじゃ無いかと思う。
 今回のリングゲージは両面の何処を測定しても同じ傾向。いくらジャンクと言っても全体が1/100mmも平均して減るのは難しい。それよりも私の手が平行な2面間の距離を正しく測定出来て居なかった可能性の方が高いと思うから。
 今日から我が家の内径工作精度が1/100mmだけ上がった。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年7月10日 (火)

たいして硬くない

07101 ここのところ作業モードに入ってしまったので、あまり面白いことをする時間がない。今日は小物として、先日から弄っているドリル研削盤のコレットチャックを脱着する工具を作ってみた。

 何も考えずに中国から買ったけど、安いだけ有って?レンチが付属して居なかった。規格品だから国内でも簡単に手にはいるとは思うけど、国内でレンチを買うと本体と同じくらいの値段に成ってしまいそう。と言うことで自分で作ることにした。
 最初はFBからドリドリ君で削りだそうと思ったけど、流石に工具だから少し硬い材質の方が良かろうと思い直した。そこでディスクグラインダのオマケの薄い打ち抜きのスパナを探し出してきて、これをグラインダとかリュータで削って成型した。
 削る過程でなんか違和感。これって全然硬くない感じがする。火花も普通のSSの板を削って居るような感じ。まあ火花は高級な材質で硬いけどバチバチ成らないようなヤツも沢山あるけど、これにそんなのを使っている可能性は低い。可能性は普通のSPHCかSK5程度だろう。それで火花がバチバチ成らないと言うことは、やっぱりSPHCかな。それならドリドリ君でFBからくりぬいたら良かったと思いつつ完成させた。
 悪くはないけど良くもない。手で削って精度が悪いからしっくりはまった感触が希薄な訳。でも棄てるのも勿体ないからこれを使おう。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年7月 9日 (月)

さようなら東芝

07091 ドリドリ君の一番小さなプリント基板が無くなって来たので、丁度よい機会と内部を見直してバージョンアップした内容で発注した。
 大した事はしてないのだけど、どうでも良いトランジスタとして使っていた2SC1815を使わない事にしたのが一番の変更点かもしれない。

 東芝製の2SC1815に関しては以前にも少し愚痴っぽい記事を書いて、その時に他社製のヤツに変えようかと考え始めた。それを実行したと言うわけ。
07092  2SC1815の互換品は沢山あるので、私が仕事をしている間くらいは普通に入手できると思う。でもああ言うインチキをする会社とかそれを許して遠回りに税金で助けるような国は嫌い。そしてそこの製品を使い続ける自分はカッコワルイ気がする。
 日本が一番と言いながら、実はインチキ三昧だったことが最近ばれてきた。何時までも「足の順番はエ・ク・ボ」とか言っていると孫にバカにされる・・・居ないけど(笑)。
 パターンを変えて世界標準の2N3904にしてしまおう、EBC配列の方がブレッドボードで仮組するときでも回路図どおりで解りやすい。これからは「エ・ク・ボ」じゃ無くて「イー・ビー・シー → エー・ビー・シー」だよ。ハッハッハ。
 2SC1815と2N3904では特性に微妙な差がある。でも私が設計するような回路は95パーセントはバカみたいなスイッチングだし、残りの5%も増幅率とか周波数特性を気にするような難しいのは無い。
 それに、良く似たトランジスタなのに交換したらまともに動かない回路は、私的にはイマイチ。その辺にある素子に差し替えても普通に動く方がカッコイイ。この辺りは渡良瀬橋みたいな設計をしたい気持ちが根源に有るわけだけど、まあ違うと感じる設計者も沢山居るとは思う。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年7月 8日 (日)

5倍は言い過ぎだろう

07081 まずは新しい刈払機の改造から。最近の流れでスロットルレバーが安全タイプに成っていたけど、どうも使いづらい。安全な方が好ましいのは解るけど、これは「U」ハンドルで基本的に安全性が高い。だから慣れた固定スロットルに改造した。
 もう一つはナイロンコードを「5倍強い」ヤツに交換してみた。昨日はオマケの混合油2L分の草刈りをしたけど、その間に数え切れないほどナイロンコードが根本から切れてしまった。ここで切れるとホルダを分解して中からコードを引っぱり出して・・・と凄く面倒でイライラする。
07082  そこで夜中に出口のバリを削ったりしてみたけど、たぶんそれだけじゃ解決しない気がして再びコメリへ。そこで「5倍強い」コードを見つけて買ってみた次第。
 今日は自分で混ぜた混合油で3タンク分刈ってみたけど、その間に根本から切れたのは2回だけ。かなり改善された感じ。でも5倍は言い過ぎと思う。平地で柔らかい草を刈っているときは3倍くらいは持つ。最良の条件なら5倍のデータも取れるかもしれん。でも石垣とかを刈り始めると一気に差が縮まり、従来比1.5倍くらいくらいかな?と言う感じ。
 価格比を考えると過酷な状況では意味がない気もするけど、作業が何回も中断する事を思うとメリットの方が大きいかな。と言う感じ。

07083  細々した細工に使うディスクグラインダ。砥石は50mmを使っているのだけど安全カバーが無かった。そこで50mmの砥石にピッタリのカバーを作って装着した。
 このグラインダは中古だけど、購入時点ではカバーは付いていた。でも中途半端にでかくて70mmか75mmの砥石用に思えるサイズ。スカスカで見た目も悪いし直ぐに外して棄ててしまった。

07084  でも、ドリルのシンニングをしたり細かい作業に使う場合、被切削物を保持している左手の親指で、グラインダのカバーを支えてやると具合が良い。オリジナルのヤツはこの面でも大きすぎて具合が悪かった。
 50mmのカバーが付いたので試しにシンニングをやってみた。確かに今までよりも楽に削れる。切れ刃の部分を対称に研ぐのは機械じゃ無いと私は難しいけど、シンニングは手持ちでミニグラインダを使う方が楽に感じるなあ。

07085  電気工事士の練習も少しだけやった。本番のランプレセプタクルはパナソニックじゃ無くて明工社だという情報が有ったので明工社のレセプタクルを刈ってみた。
 確かにパナソニックのネジよりも太い。M3.5 とM4の違いかな?。これはやってみて良かったかも知れない。メーカの違いで不合格に成るほどのミスは無いと思うけど、いつものつもりで輪を作ったらビスが入らない・・・とかあり得る。
 毎日は出来んかもしれんけど、少しずつでも練習して行こう。落ちたらカッコワルイ。

バイク 12km

| | コメント (0)

2018年7月 7日 (土)

首輪と草刈り機

07071 春頃から買い換えてやろうと思っていたちゃしろの首輪。ようやく今日に成って買いに行って交換してやった。
 古い首輪はリコちゃんから貰ったヤツだ。ちゃしろも私も気に入ってずっと使っていたけど、流石にボロボロで寿命を全うした感じ。ありがとうございました。
 新しいのはルミエールで買った大型犬用のヤツ。最近はこの辺りの田舎でも小型犬とか超小型犬の用品が主流で、大きめの首輪はこれしか売ってなかった。試しにナフコも見たけど同じ物だった。
07072  ちゃしろのサイズは中型犬と大型犬の境目くらいで、買いに行く前に首廻りを測って行ったのだけど定量的にも中間のサイズ。少し悩んだけど大型犬用にした。
 中型犬用だと最大に伸ばしたサイズに成るし、20kgまでと書いてあって細い。体重20kgで引っ張りまくるちゃしろ君に取って、少し不安を感じてしまった訳。
 リコちゃんに貰った首輪は最小から2番目の調整だったけど、今回買ったのは最小の調整にしても少し緩いかも?と言う感じ。しばらく使って緩い様ならもう一個穴を追加しよう。

07073  槇の木を売った5万円で新しい刈払機を買った。当初はスチールの40cc機を買おうと思い、在庫を持っている北九チェンソーまで見に行った。でも26ccクラスに比べて2kg以上重くて石垣とかを刈るのがきつそうだった。
 もう一つは刃の取り付けがナット式だった事がマイナス要因と成った。今のコメリオリジナルはボルト式。摩耗したらボルトを交換したらそれで済む。でも一つ前に使っていたマキタのヤツはナット式で、これだとどうしても本体側のボルトが摩耗してしまう。結局この部分の寿命で棄てることに成ってしまった。棄てずにオークションで売ったけど。
07074  で、北九チェンソーでは丁寧に対応してくれたけど買わずに帰った。そして今度は丸山の4万円くらいで売っている30cc機にしようと思った。でもこれは何処にも在庫が無くて注文に成る。手に持って使う機械を触らずに買うのは嫌だ。。。
 と言うことで、今と同じコメリの26cc機を買うことに成ってしまった。2万円しない安物だけど今の感じでは直ぐに壊れる感じは無い。今回はナイロンコード専用で使うから、全開の連続で壊れたら強いのに買い換えよう。
07075  そう考えてコメリに行ったらオリジナル機は無くなっていた。代わりに丸山のヤツが有ったけど基本は同じ物だから気にせずにこれを買って帰った。混合ガソリンが2Lオマケで18,800円のセール価格。他人が作った混合油は信用できん気がしたけど、一緒に買ってくれないとセールには成らないと言われて仕方なく?ガソリンも買った。問題なのは固定がナット式に変わっていたこと。何故だろう、ISOか何かで決まったのかな?。使用者にとっては改悪だと思う。

 ついでに叩いて出すナイロンコードのユニットも買ってみた。右側の赤いヤツ。中心が金属製で強いと書いてあったけどどうだろう?。
 これはなかなか正解が見つからない。どれを買っても直ぐ壊れたり調子がイマイチだったりの繰り返し。今回の赤いのはコードが切れやすい気がする。出口の金属ラッパにバリが有ったので、リュータで磨いてみた。どうなるかな?。
 取りあえず今日の昼前後だけでオマケの2Lを使い切ってしまった。やっぱりナイロンコードで全開を続けると無くなるのが速いなあ。

バイク 12km

| | コメント (3)

2018年7月 6日 (金)

箱舟の代わりに発電器でも

07061 雨が降り続いている。こんな日にもヤマトと佐川とJPは配達に来てくれる。話を聞いたら数km離れた川沿いの道は浸かって通行止めと言っていた。
 我が家は水没するような場所じゃ無いけど、裏山が迫ってきているので土砂崩れの方は怖い。ハザードマップ的には裏山は危険地域には成っていないけど、少し離れた斜面は指定されている位の危険度。
 こりゃ箱舟でも造ろうかと思ったけど既に時間的に間に合いそうに無い。それに可能性というか負の期待値的には、停電に成って電気が使えなくなるトラブルが一番と思われる。
 そんな事を思って発電機を納屋から持ってきて、ガソリンを入れてエンジンを始動し、各部を軽くチェックして夜半の?停電に備えた。

07062  うちみたいな田舎だと水が井戸水。だから停電は明かりだけじゃ無くて水も止まることを意味する。そう言う意味でも発電機を準備しておくことは凄く大切。ちょっと心配なのは今のポンプはインバータを使った高級な制御が行われて居ること。発電機の汚い電気で高級なポンプがまともに動くかな。
 もし駄目だったら山の入口に有る井戸まで水を汲みにいく必要がある、バケツとロープを持って。何十分も歩くアフリカの子供と思えば100mくらいだから直ぐそこだ。

07063  夜中に土砂崩れが起こっても、母家と山の間に納屋が有るのでギリギリ生き残る事は出来そうな気がする。でもちゃしろの部屋は納屋の端っこに有るから危ない。
 と言うことでちゃしろも母家の裏の方に連れてきた。暴風雨の中を散歩してきた彼は濡れている。濡れた犬は溜まらなく臭い(笑)。犬好きでも、自分の飼い犬でも、濡れた犬は臭い。
 そんな臭い彼は何を誤解したのか、家の中で遊んで貰えると思って急にはしゃぎ始めた。オイオイ、そんな状況じゃないんだよ。朝起きたら納屋が潰れているかもしれんのに。。。まあそうやって地形が変わっていくのも、或る意味自然の営みと言えるのかもしれん。
 今日はエアロバイクでも漕いで早めに寝よう。

バイク 12km

| | コメント (6)

2018年7月 5日 (木)

新基板を少しだけ

07051 数週間前に5相駆動とバイポーラ駆動のステッピングモータを弄っていたけど、それらとドリドリ君の基板を合体させたヤツを設計していた。それが夕方に成って来たので今日の夜は5相の試験。

 配線は間違って無かったので普通に回った。ちょっと改善点も見つかったので、何に使うか決めて無いけど取りあえず次のバージョンでは改善したヤツを作ろう。
 その都度適当に動いている部分を組み合わせて居るので、基板全体としては全く纏まりが無い。表面実装が有ったりDIPが有ったり、パワー素子の向きが違っていたり・・・もう滅茶苦茶。まあ動くからいいか(笑)。
 ガーッと組み立てたから、コントロールICはソケットで実装しようと思っていたのを忘れた。あーあ、壊れたら交換が面倒だし、ICの下のパターンカットも出来ん。やっぱり或る程度はゆったりした気分で作業しないと駄目だな。

 今日もロートルさんのブログを読みかえした。彼が生きている間に最低でも一通り以上は読んでいるのだけど、今日始めて私との違いを発見。まあ実績とか能力は置いといて(笑)、その他の大きな違いを発見してしまった。
 それは彼は猫派だったこと。私は生まれてからずーっと犬派で猫はあまり好きじゃ無い。嫌いとまでは行かないけど、自分から寄っていって触る事は皆無。犬なら飼い主の迷惑とか関係無しに触ってしまう位の違いが有る。
 体型も、髪型も、着ている物も、廻りの変なオッサン連中も、そっくりだけど、犬好きと猫好きは何となくしっくり来ない事が多いので、やっぱり友達には成れんかったのかな(笑)。まああの世で聞いてみよう。

バイク 12km

| | コメント (0)

BS08A

07041 嫁さんがパーマ屋さんに行くというので、ちゃしろの散歩から帰って少し時間が空いた。バリバリ君で思い出したロートル自慰さんのブログを見直す。
 若い頃の経歴が似ていると書いたけど、その後の実績は全然違うのが情け無い。彼は多大な実績を残して早死にしたけど、私は何も残さずにダラダラ生きるのだろうか?。

07042  そんな事を思いながらブログを見ていると何か情け無くなり、取りあえず何でも良いから溜まっているのをやっつけようと思った。手当たり次第にその辺に放置して有った古ーい充電器に着手。
 見ての通りメチャ古い。でも整流がシリコーンダイオードだし、基板上のトランジスタもエポキシ封止だから「メチャ」というほどでも無いか。

07043  訳の解らん基板上には2個のトランジスタが乗っていて、部品数も少ないから全部交換しても直ぐだろう・・・と思っていた。でも1個は2SC2001で置き換えが出来るヤツだったけど、もう一個はトランジスタじゃ無くて「BS08A」と刻印が有る。
 最初はサイリスタかな?と思ったけど、調べてみるとサイリスタ用のトリガ素子みたいな特性のヤツだった。それも双方向で。うーん。
07044  しかもこの基板の意味がイマイチ解らん。現状の配線が正しいかどうかも不明だけど、正しいと仮定すればこの基板は充電のオンオフには直接寄与していない。関係するのはモータ式のタイマのオンオフだけ。
 具体的にはタイマのモータを止めることが出来る。だから充電時間が経過しないようにする事は出来るけど、充電を止める事は出来ず、どちらかと言うと何時までも充電を続ける方向。
 素子のブレークダウン電圧とかから想像した用途は、カラッカラのバッテリーに繋いだごく初期の段階、電圧が10Vとか11Vしか上がって居ない状態の時はタイマを止めておき、12V??辺りまで上昇したら始めてタイマを動作させるという感じかな。
 まあ解らん。でも手元の配線を基準に全ての機能は復活させた。電気的にもメカ的にも複数の不具合箇所が有って、直前までも正常には動いて無いよなあ・・・と言う感じ。

 ロートルさんの事を思いながら夜中まで作業した。なんとか終わったけどエアロバイクも何もできなかった。これはこれで肉体的に良い事じゃ無いな。やっぱりオレは適当にダラダラ生きよう。

| | コメント (2)

2018年7月 3日 (火)

学科は合格

07032 晩飯の後で、そう言えば電気工事士の学科試験の発表日だったと思い出しで調べてみた。良かった、合格していたみたい。
 点数は取れていたはずだけど、名前とか記入のずれとか、加齢に起因する(笑)ミスが有るかも知れないので、本当は少しだけ不安だったのも事実。よし、実技の練習を毎日1個ずつやろう。出来るかな?。

07031  色々と作業モードに入ってきたので、ここ2週間の様に頭を使う面白そうな事が出来なく成りつつある。まあ仕方ない、生活して行くのが基本だからね。
 昨日の続きでドリル研削盤で少し遊んだ。一山500円くらいで買った屑ドリルが有るので、その中から10mmのガチャガチャのヤツを取り出して再研削。
 この研削盤は円錐研削は出来ないし、出来たとしてもあれは精度の見極めが難しい。でも平面二段研削方式だと一目で機械の精度が分かるし、円錐研削がやりたくなったら斜めの支柱を立てたら良い。それまでは二段で行こう。
 昨日の写真は解りにくかったけど、今日のは教科書に載っている様な2段の面が解る。そして2番と3番がほぼ中央で交わって居る所も解る。うん、素晴らしい。
 いや、素晴らしいとまでは言えないな。2番の面の両端の辺が平行じゃ無いから。これは何処かの軸が少し傾いて居るんだと思う。一番怪しいのは砥石の角度を決める部分だろう。ここはコンパネに単管ジョイントだもんなあ・・・。

 まあ、この程度の機構でもそれっぽく見える研削が出来る事は解った。これを鋳鉄でがっしり作り直せばピシッとするだろう。でもそれは私の趣味じゃ無い。今の構成は力の経路が遠回りしすぎているから、もっと最短距離で最低限の部品で力が流れないと美しくない。
 そして美しい構成が出来れば、それを形作る部品は分厚い鋳鉄じゃ無くても、3.2mmのSPCC辺りで同等以上の性能が出せるはず。
 ちょっと忙しいから出来そうにないけど、それを言い訳せずにカッコイイ?研削盤に纏めよう。 ああ、電気工事士の実技の練習があるんだった。。。

バイク 12km

| | コメント (5)

2018年7月 2日 (月)

安くてもコレットの勝ち

07021 ドリルチャックでは中心を掴めず、ちょっと保留状態に成っていたドリル研削盤のような物。中国に注文していたER20だったか、コレットチャックのセットが来たので組み込んでみた。
 コレットのホルダと1mmから13mmまでのコレットのセット。これだけ全部が3,000円以下で届くんだから恐ろしい。どうせガタガタの精度で国産のドリルチャックの勝ちでしょ・・・と言う声も聞こえて来そうだけど、今回の用途では明らかに安物コレットチャックの勝ち。
07022
 中ぐりバイトの長さが足りず、無様にホルダを突き出した感じでしか装着出来なかったけど、それでもドリルチャックに比べたら格段に良い精度でドリルを保持できている。
 ドリルチャックでは太めのドリルは斜めにしか保持できずに、左右の刃が非対称にしか研磨できなかった。まあ刃部を保持する物じゃ無いから仕方ない。でもER20コレットだとシャンク部でも刃部でもキチンと保持できる様で、目視では違いが解らない程度に研げている。
07023  刃が対称に研げるように成ったので、次の段階としてシンニングを試してみた。取りあえず手持ちのディスクグラインダで適当に削っては穴開け。
 欲張って先端まですくい角を付けたりすると、推力は少なくて済むけどしばらくしたら先端の刃が欠けてしまった。何事もバランスが大事だ。
 売っているのはその手の妥協の産物というか、ベストバランスの所を探し出して居るんだろう。
 もうちょっと追求して行きたいけど、そろそろ自分の時間は電気工事士の実技試験の練習をしないと不味いし、ドリドリ君の方も受注が溜まって来て作業モードが始まりそう。しばらくは色々な遊びも、仕事でも開発的な考える事は出来ないと思う。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年7月 1日 (日)

誕生日

07011 昨日の槇の木を積んでスタックした4トンのユニック車、朝一に大きめのユンボを持って造園業者が来た。ユンボで引張ながらジワジワと脱出完了。奇跡的にトラックには傷がついてなかったと喜んでいた。
 トラックが出たら石垣まわりの復旧工事。こちらも手慣れた感じで昼過ぎには全部終わってしまった。石垣は結構ノウハウというか慣れが必要な感じ。私がやっていたら数倍時間が掛かって安定性も悪い石垣が出来たと思う。

07012  私は草刈り機まさお君の整備。最近は下の畑や田んぼまで嫁さんがこれに乗って行って刈ってくる。だから私は周辺部を刈払機で刈る事とまさお君の整備が仕事。
 ホントはタイヤをあげたかったけどアタッチメントを作ってない。仕方ないからナイロンスリングで吊り上げて作業した。

07013  こびり付いた草と土をケレン棒で落とし、さらにバリバリ君で薄い錆まで落とした。バリバリ君を使うと何時もロートル自慰さんを思い出す。
 面白そうな人で会いたいなと思っていたけど、思っている間に死んでしまった。思った瞬間に行動を起こさないと駄目だ。

07014  トタン屋根のさび止めの残りを塗った。この塗料は素晴らしい。伸びが良くて塗りやすいし、トタン屋根を見る限りでは耐久性も有るみたいだし、上の塗料も色々対応している。



07015  上塗りも塗った。以前に塗料屋の従姉妹から、さび止めとか下塗りと上塗りは役割も性能も違うんだから、ちゃんとしないと駄目と怒られた記憶が有る。チャンとした人間に成ろうとしているので、今回はチャンと上塗りを塗った。


07016  夜は婆さんの誕生日。近くに居る三男を呼びつけて一緒に晩飯を食うことに成った。
 妹家族から面白いカステラが送られて来た。表面に文字が書いてあるのだけど、その文字をどうやって入れるのかが解らない。
 普通はレーザーだと思ったけど、文字の部分に焦げた感じが全くない。出力を微妙に調節したらこんな感じに仕上がるのだろうか、それとも波長とか専用のレーザー加工機が有るのか。
 それとも全く別の方法で、昔ながらの彫刻機みたいなヤツで物理的に針で描いているとか、ごく微量のエアーをパルス的に高速で噴出させて吹き飛ばすとか・・・。うーん、ネットで検索したら答えが見つかりそうな気がするけど、それまでにもう少し自分なりの案を考えてみよう。
07017  ケーキはフルーティーなヤツ。88本も蝋燭を立てるわけにはいかんので文字蝋燭だった。合理的な解決法だけど面白くない気もする。
 女の人は単独蝋燭から文字蝋燭に変わった辺りで、自分の歳を感じるのかな?とか思いながら食べた。

 色々有ってトレーニングは無し。そう言えば宮島トライアスロンの日じゃ無いか?。まあ出ない年はモヤモヤするからネットでも見に行かないぞ!(笑)。

| | コメント (4)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »