« あなたは人気者 | トップページ | 蛍は写らない »

2018年5月19日 (土)

どうでも良い工具の話

05191 上の数本は金ノコの刃を削って自作したスクレイパ。ほぼ専用なので変な作業をする度に増えていく感じ。
 真ん中はトラックの整備士をしていた頃、エンジンルームで拾ったKTCのスクレイパ。刃は研ぎ減って居るし木の柄は割れてエポキシで補修しているけど、何となく馴染んでいて棄てられない。
 下の2本はコメリで買ってみた幅の狭いスクレイパ。「目地剥がし」とかいてあったけど、刃先が細長いヤツを捜していたので買ってみた。スクレイパとしては刃先の角度が寝過ぎて居るので研ぎ直す必要がある。

05192  ポルシェ屋さんのメカの人が「これ、普通のヤツより長持ちしますよ」と教えてくれたゴム製品。てっきりオカモトが作っているゴクアツシリーズのグローブバージョンだと思っていたら、エステー化学の製品だった。
 はめた感じは確かに強そう。凹凸が有るので夏場の汗をかいた時でも少しだけ不快感が減少しそうな雰囲気。でも値段が高い。
 良くある使い捨てのニトリル手袋に比べて2倍する。1箱の値段は一緒だけど枚数が50枚しか入ってない。普通のは100枚入っているから単価では2倍という計算。
 確かにニトリルの薄手は1時間のうちに3回くらい交換する事が有ったりする。知らないうちに手のひらが裂けていたりする事も有る。そのへんの破れ具合が2倍以上改善されているかどうかが判断の基準に成りそう。

05193  最後はプロトのボックスドライバ。プロトと言えば八角形の木柄を思い浮かべてしまうけど、これはシリーズが違うからか安っぽいプラスチック。
 何故こんな物を買ったかと言うとインチサイズのボックスが必要に成り、捜したけどエンジニアのヤツしか見つからなかった訳。エンジニアのあの手の柄は径が小さくて嫌い。
 e-bayでアメリカのSK-11でも買おうかな・・・と思って居たのだけど、ヤフオクを見たらプロト製の1/4と9/32の2本セットが600円だったのでそっちに流れた。
 じゃあなんでインチサイズのボックスが必要に成ったかと言うと、ホームセンターとかで売られている安物のホースバンドの締め付けネジ。これの六角頭はインチだと言う事に最近気がついたから。全部とは言わんけど私の行動範囲で売っているヤツは大半がインチサイズだった。どおりで7mmではガタガタするわけだ。。。
 ホース系は元々インチ系で、それに倣ってホースバンドもインチ系で、購買担当者が世界中から一番安いホースバンドを捜そうとしたら必然的にインチ規格で大量生産しているヤツに成るからだろうか。

スイム 0.7km
バイク 12km

|

« あなたは人気者 | トップページ | 蛍は写らない »

コメント

なるほど、どうりで7mmでガタガタする訳が分かった。インチキ・ツールが必要なんだぁ(o^-^o)

投稿: ラモ | 2018年5月20日 (日) 18時48分

 インチきと言うと聞こえが悪いのでインペリアルと呼びましょう。なんかカッコイイでしょ?。

 カタログを見ていくと6.3mm表記と7mm表記が有ります。7mm表記の方は本当に7mmの可能性もありますが、かなりの割合は1/4インチを解って7mmと表記しているか、6mmが入らないから知らずに7mmと表記しているんじゃ無いか、と感じてます。

投稿: みつやす | 2018年5月20日 (日) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あなたは人気者 | トップページ | 蛍は写らない »