« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月30日 (月)

高級なウエス

04301 下の家の息子は四日市のIC工場に単身赴任で行っている。元々は宮若の工場に行っていたのだけど、宮若は撤退に成ったので生きるために単身赴任。
 その彼が帰ってきて家の草刈りをしていた。庭で燃やすのは危ないのでうちの畑で燃やしてあげようと言ったら、御礼に高級なウエスをくれた。
 クリーンルーム内で使っている「何チャラ」という専用品らしい。機械を拭いたのは汚いけど、ウエハー関係を撫でただけみたいなヤツは新品にしか見えない。でも規則で1回でも使ったら廃棄処分らしい。それを持ち帰って各自が使っているとか。
04302  合成のセーム革みたいなヤツで、洗剤とか溶剤とか無くてもメチャ汚れが落ちる。ホントは良くないのかもしれんけど、廃棄品を個人的に再利用なら責められる問題でも無かろう。そんな話をしていたからか御礼に一袋くれた。
 彼の奥さんはメガネ拭きに使っているらしい。彼は草刈り機の整備とかに使うと言っていたけど勿体ない用途だ。私も早速XSを拭いてみたら確かに凄い。48年選手のヘッドライトとウインカーが綺麗に成ったのが解るだろうか。
04303
 今日も1日中草刈りとか草もやしとかしていたけど、XSの車検整備もやった。おかげで何とか車検を受けても良さそうな雰囲気に纏まった。ボロだけど(笑)。
 夜に成って天気予報を眺めながら車検の予約をした。そしたら・・・という訳じゃ無いけど婆さんと色々あって気分が落ち込んできた。やっぱり車検もヤーメタ、と言いたくなったけど、それも負け犬みたいで情け無いので深呼吸して車検は行くことにした。
 婆さんは勝手に変な薬を飲もうとしていた。注意したけど目を離したら更に追加で飲もうとしたので、ちょっと怒ってしまった。顔を背けてメチャ反抗する。ちゃしろ以下やなあ。。。言うても聞かんので、夜中に探し出せそうな薬と、薬に間違えそうな補聴器の電池を隠した。

バイク 15km

| | コメント (6)

2018年4月29日 (日)

小さな障害が

04291 実際は平日と大して違いは無いけど、休みの日なので気持ちが少しゆったりしている。
 まずはXSの車検整備でもしようと思い、その前にッボルティーだったかSR250だったか、他社流用のイグナイタを使う為にでっち上げていたピックアップをXS650用に最適化した物に交換しようと思った。
 真面目に作ったフレーム金具にコイルを仮止めし、配線の付け根を接着剤で固定する。この手の数gしか混合しない場合は接着剤の混合比がいい加減に成りやすい。普段はいい加減だけど小さい頃から何回も痛い目に合っているからこんな所はきちんとする。
04292  で、最小分解能が0.01gの秤を出してきて測ろうとしたのだけど、なんか表示がふらついて変な感じ。電池の代わりに安定化電源で供給しても変わらない。壊れたのか?、困ったなあ。
 仕方ないので中を開けて基板を眺めた。専用ICを使った基板で眺めても解るわけが無い。でも半田の色というか雰囲気が変な所が数カ所有り、試しに半田鏝を当ててみるとリードが半田を弾いた。リードの表面が腐食して来たのか、最初から半田の濡れが良くなかったのか。
04293  フラックスを塗ったり針先で酸化物を取り除いたりしながら再半田をして組み立てたら正常に戻った。ああよかった、これって1万円くらいしたはず。

 エポキシを混合して配線の接合部を固定した。まだ全体は固めて無いけどエンジンに装着して試験したら良い感じ。今までは高速の進角が5度くらい標準よりも少なかったけど、これで純正のデータまで戻った。確かに3000rpmを超える辺りから感じがよい。
04294
 本当ならこのまま日田くらいまで試運転に行きたいところだけど、家の生垣の作業とか有ったのでそっちの作業に移った。
 生垣の剪定の残りとか、下の田んぼの草刈りとかやったら夕方に成った。こっちは写真を撮るのが面倒で何も無い。まさお君で刈れる様になったので楽だけど、やっぱり疲れるわ。
 天気の良いうちに外の作業をやろうとしたので、XSの車検整備は結局終わらなかった。明日の1日に行きたかったけど仕方ないな・・・と思いながら晩飯の後でエアロバイクを漕ぎながらふと気が付いた。目の前のカレンダーは月曜日が赤に成っている。明日も休みなのか。そうだったのか・・・はあ?・・・。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年4月28日 (土)

初夏のマダニ祭

04281 午前中はスイミング、今日は4週目なので4種目だった。特に難しいドリルを繰り返す訳じゃ無いので、このクラスの4種目は軽めに終わって楽が出来る。
 嫁さんが居ないから婆さんを放置状態なのだけど、もうどうにでも成れ(笑)状態で終わってからも自主トレを30分くらいしてから帰った。婆さんは徘徊してなかったし生きていた。良かった。

04282  昼飯の後でちゃしろランで遊んだ。いや、遊んでもらったと言う表現の方が正しいかもしれん。ちゃしろ様、ありがとうございました。
 その時にちゃしろが何回か腹が痒そうにしていたのが気になった。毛むくじゃらでモコモコだから仕方ないと思っていたけど、マダニの季節だから確認だけしようと思ってお腹を触ってびっくり。小豆大のマダニが3匹にゴマ粒くらいのヤツが1匹居たから。

04283  季節はまだ初夏だし前回の投薬から26日しか経ってない。それなのにこんなにマダニが付いているとかおかしい気がする。やっぱりドギーマンのヤツは弱いのか、フロントラインでこんな事が有ったのは間隔を45日まで伸ばした時だけだ。
 効き目が弱いのか持続期間が短めなのか解らんけど、ドギーマンは今のちゃしろの散歩の環境には適していないと思われる。彼は朝に1時間と夕に1時間、猪が通るような獣道や畦道を歩き回って居る。ペット用品屋が想定した家庭犬の日常じゃ無くて、猟犬等に近いイメージで捉える必要があるのかもしれん。
 取りあえずマダニを取って潰しながら、ちゃしろにゴメンねと謝っておいた。そして直ぐにフロントラインを首の後に垂らした。そして夕方の散歩の前は、盛夏にやっているように胸と脚と腹に虫除けスプレーを吹いてから出掛けた。

04284_2  そう言えばXSの車検だ。一時は処分しようかなと思っていた位で、今回の車検は止めようと思っていた。でも時計の電池を買いにグッデイとかベスト電器とかXSで回ったらやっぱり楽しかった。
 こうやってずーっと大学の時から乗ってきたんだ。鬱になったら何時も海まで行ってボーッとしていた。やっぱり車検を取ろうかな。と言うのが今日の所。

04285  車検を取るなら整備しないと行けないわけで、タイヤ外したりは面倒なので取りあえず昨日の「アルチメイト ブラック」をゴム製蛇腹に塗ってみた。
 これは凄いわ、全然洗わずに埃の上に塗って拭き取っただけなのに、それっぽい上品な感じに仕上がる。良くある保護材の過剰な艶や濡れた感じが一切無いのが好ましい。

スイム 1.2km

| | コメント (4)

2018年4月27日 (金)

アルチメイトブラックだぜ

04271 ユーチューブで車のエンジンルームを掃除する動画を見た。なんら特別な薬品や機材を使う訳じゃなく、外人のお兄ちゃんが地道に段取りよく磨くだけの動画。
 そうだよなあ、まるで人生その物じゃないか(笑)とか思いながら見ていた訳だけど、その中で使っていた劣化したプラスチック表面を誤魔化す薬剤に興味が湧いた。
 私の知り合いはみんな知っているけど、私は車とかバイクとかその他色々の物を掃除したり磨いたりするのが苦手。でもエンジンルームの中とか下回りとかは割りと綺麗に維持している。外はピカピカなのに、ボンネットを開けると油が漏れていたり汚れが溜まっていたりするのは気になるから。なんか服を脱いだらだらしない身体だったみたいなガッカリ感は嫌だ、逆は許せるけど。
04272
 今までその手の用途には国産の適当なケミカルとかシリコーンスプレーとか使っていた。でもあのお兄ちゃんが使うくらいなので、映像に出てきた「アルチメイト ブラック」と言うヤツは凄いんじゃなかろうか・・・ちょっと使ってみたい。
 と言うことで買おうとしたけど日本では普通には売ってなかった。極一部の並行輸入業者?が売っているくらい。と言うことで海外通販で買うことにした。
 1個で一番安いのはイギリスの車屋だったので1個だけ注文してみた。そしたら1週間くらいでロイヤルメイルで届いた。女王陛下の横顔の消印がある封筒で。曾孫の御誕生、おめでとうございます。

 早速使ってみたけど悪くない。持たないヤツは1-2日しか持たなかったりするけど、アルチメイト君はそんな事は無い。でも1週間くらいしか様子を見てないので2週間目に白化するかもしれん。。。いや、今の雰囲気ならしばらく持つと思う。
 確か2,000円くらいして私が買うお手入れ用品としてはメチャ高価。でもエンジンルームが綺麗に成るのは嬉しい。それに艶の具合がわざとらしくない。いかにもケミカルを塗りたくった様な中古車屋のエンジンルームとは少し違う。
 国産でも捜せば良く似たのが有るし、掃除好きな人は既にそれを使っているのが真実だと思う。でも、わざわざ取り寄せたヤツが外れじゃ無くて良かったよ。

バイク 12km

| | コメント (0)

2018年4月26日 (木)

切磋琢磨しない私の日常

04261 川端康成の気になっていた短編3本を読んだ。「禽獣」と「眠れる美女」と「片腕」。確かに皆さんが読んでおけと書いているだけの事は有ったと思う。でも一部の人が書いているほど変でも無いし病んでいるとも思わなかった。
 私的に主人公が一番病んでいる気がしたのは「禽獣」で、「眠れる美女」に関しては主人公に普通の人を感じた。最後に主人公が死ぬか、少女が自分の三女に入れ替わる(様に感じる)のかな?と思って読んだら違っていた。「片腕」は今の時代のアニメで有りそうな雰囲気。
 横にある「切磋琢磨する・・・」は図書館本じゃ無くて自分で買った本。読み始めた所だけど面白いと思う。面白いと言うよりも自分が具体的に知らなかった興味深い内容が盛りだくさん。面白いのは出版社が共立出版というところかも。
 共立出版なんて大学の理数系教科書みたいなイメージがあり、この手のダイヤモンド社とか日刊工業新聞社とかPHPあたりが出しそうな本を出すのは意外だった。でも読んでみてその意図というか共立出版である意味が解った。これって大学の理数系の一般教養で読んだらいいと思う。

04262  ここのところは時間が自由にならない事が多く、PCと電話の有る部屋に居ることがほとんど無い。いつも何かしら作業的な事をしている。でも2月、3月の様に婆さんの事と仕事だけの生活は止めた。何のために生きているか解らんから自分のやりたい事もやる。思うようにはできんけど、我慢して死んだら仕事する意味が無い。
 部屋に戻ってきたタイミングで電話に出ると、怒られるまでは行かんけど不満気な言葉をもらう事が増えた。「やーっと、捕まった!」とか「何んっ回かけても出ませんね!」とか。
04263  年配の人が多いのだけど、未だに電話しか使わないとか、メールは使えるけど重要な案件はやっぱり電話。と言う人が居る。最近は電話の近くに居ないし、電話番を置くほど儲かって無いし、携帯は持たないし・・・と言うことで以前よりその手のクレーム?が増えている。
 でも今のところどうしようも無いから、しばらくは電話オンリーの仕事は受けないようにしようと思っている。お互いにストレスが溜まるだけでメリットが無いから。でもその手の人って、こんな所見てないから変化は無いね(笑)。

 合間にちゃしろランで遊ぶとストレス発散になる。ちゃしろの方は発散出来ているのか逆にストレスが増えているのか解らんけど、飼い犬ならそのくらい我慢して相手をしておくれ。

バイク 12km

| | コメント (5)

2018年4月25日 (水)

意外な盲点

04251 デロンギのエスプレッソマシン。イマイチモチベーションの上がらない日々を送っているけど、私だけでも毎日5回くらい使う物だからと気持ちを奮い立たせて改善した。

 豆が溜まっていた粉を入れる蓋の部分、その上に新たな斜面を付くって溜まらないようにしただけ。こうやって紹介するのも恥ずかしい位の単純さ。
04252  理系なら計算しろと言われた(笑)内容積だけど、今回も計算せずに目分量とフリーハンドで低くした。何となくいい雰囲気というかいいバランスに成った気がする。
 ほぼゼロに成ってから澤井コーヒーの500g袋を全量入れた状態が3枚目の画像。まだ少しだけ容積が大きすぎる感じだけど、何かの都合で半分くらい残った状態に500gを継ぎ足す可能性もあるわけで、この位が汎用性が高くて丁度よいかもしれない。しばらく様子見だ。

 対策も出来たので意気揚々とコーヒーを煎れては飲んでいたのだけど、何となくミルのグラインダの音がおかしい気がする。そしてコーヒーの味が変わった気もしてきた。なんか薄いわけだ。
04253  ミルが壊れたかな?とか思って豆を全部採りだし、少しだけてで補給しながら挽いてみた。そしたら調子は悪くない。でも時々変な時も有る。うーーん。
 そしてふと気が付いた。粉を入れるところの蓋にはスリットが切ってあり、そこから湯気が出ているのを見たことが有る事に。。。
 今まではあの湯気は豆の中に消えていたわけで、今回の対策をした後は三角形の屋根裏部屋みたいな隙間に溜まっている事に成るのかな?。
04254  そこまで差がでるかな?とか思いながらも、わざわざスリットにしてある意味を重視してカッターで穴を追加してみた。そしたら中は水滴でビショビショだった。
 うーん、これは悪影響が有りそうだ。サイドカバーを開けて粉とか汚れとか掃除をした。以前にしたときよりも締めっぽくて固く固着しているヤツが多い気がする。
 そして組み立てて飲んでみると、何となく治ったような気がする。気のせいかな?。まだ少しだけ薄い気もする。

バイク 12km

| | コメント (0)

2018年4月23日 (月)

改良の余地有り

04231 デロンギのホッパ改造。悪くない感じでずーっと使い続けてきて、豆が無くなって来たので最終的な形状の確認をしながら飲んでいる。

 全体的な角度は悪くない感じ。今はあまり脂ぎってない豆だけど、斜面の滑り方を見るとたぶん脂ぎったヤツでも行けると思う。ただ問題も少しだけ見つかった。

04232  作るときにもどうしようか悩んだのだけど、粉を入れる蓋の部分とグラインダの荒さ調整ノブの部分。この2点が水平に成ったままで残っている。果たしてこの部分にどのくらい豆が残ってしまうのか、はたまた素直に滑り落ちてくれるのか。
 調整ノブの部分は小さい事も有って無視できそうな感じ。それに対して粉を入れる部分の蓋と、その右側に出来た小さな三角形の隙間が良くない。
04233  完璧に滑り落ちる必要は無いと思うけど、今のままではこの状態に次を追加した時、この部分には古い豆が何時までも残ってしまう可能性があると思う。
 どうしようか、この上に斜めの板を付けてしまうか。蓋の部分は簡単そうだけど、右の三角形の斜面の部分は面倒な形になるかもしれん。どっちみち図面を書いて量産する訳じゃないし、単品物を現物あわせで作るんだからどうでも良いか。。。

バイク 12km

| | コメント (0)

2018年4月22日 (日)

白骨モード

04221 昨日の夜連絡が有った、同級生が死んだと。既に通夜は終わっていたので翌日・・・すなわち今日の葬儀に出ることにした。そこで色々聞いていたら何となく辛いというか気が滅入るような死に方だったみたいで言葉を無くした。

 彼は独身だった、そして母親と二人暮らし。母親はうちの婆さんによると「しっかりしすぎた人」らしいけど、葬式でも「あれは死なん」と言われて居たからあながち間違っては居ない感じ。でも足腰は弱っていて喪主の挨拶も座ったままだった。そして息子の方は婆さんが言う「よう言うことを聞く良か息子やったとに、なし嫁さんが来んとやろうか・・・」その物の田舎の男。
04222  真面目なヤツだった、小中と一緒でどちらかというと仲のよいヤツだった。家にも行ったことが有る。死因は膀胱ガンらしいけど近所のヤツも良く解らない、病院に行っていたのかどうかすら。少なくとも頻繁な通院とか入院はせずに脚の悪い母親と二人で暮らして居たらしい。
 今年の春の部落の総会に、血尿が止まらんからとオムツをしてフラフラの状態で出てきたとか。そして一昨日体調が悪くなって救急搬送され、翌日に病院で死んでしまった。
04223  生活の詳細とか彼の気持ちは誰にも解らないけど、脚の悪い母親を放置する事が出来ず、そのことが自分の治療や入院を思いとどまる抑止力に成っていたとしたらやりきれない。

 白骨の御文章の死生観が好きで、自分のポルシェにまで白骨号と名付けたくらい。ボロなので夕べには積載車で帰ってくる姿を想像しての事だけど、人の命も車の命もはかない物だとは思う。
 今日の夕方に死んで居るかもしれない。取りあえずやろうと思って放置状態のYBR125のステムベアリングを交換しようと思った、そして着手してみたら嫁さんがちゃしろの散歩に行っている間に終わった。
 葬式から帰った後で家の前の生垣を剪定した。1日では終わらない量があるけど、取りあえず命がある間に出来るだけでも終われば良かろうと思って。流石に全部は終わらないけど、一部だけは大ざっぱに終わってスッキリした。石垣の間の草も剪定鋏を突っ込んで切ったら綺麗に成った。
 明日は、YBRの試走をして、溜まっている仕事を少しして、剪定の残りをして、婆さんをリハビリに連れて行こう。まあ、そのくらい出来たら十分だ。ああ、ちゃしろの散歩も有った。これを忘れたらアイツに咬まれる(笑)。

バイク 12km

| | コメント (4)

2018年4月21日 (土)

ちゃんとした中古に交換

04211 午前中はスイミング。今日はバタフライと平泳ぎのドリルだった。バタフライは今までで一番力が入った気がする。悪い意味で力んだと言う意味では無くて、しっかり水に力が移行できたような気がする。全体として上手とはとても言えないけど。
 嫁さんが休みで家に居てくれたので、レッスンが終わってからも自主トレでしばらく泳いでから帰った。自主トレのクロールでも何となく力強く掻けている様な気がした。。。けど気のせいかな。
04212
 YBR125のセルモータを交換した。自分でインチキ修理していたヤツから、信頼のヤフオク中古品536円(笑)への交換。
 YBR125はセルオンリーなので、バッテリーとセルモータが重要。そこでセルモータのO/Hくらいしてから乗ろうと思ってモータを分解した。そしたら内部でロータの巻線が切れていてびっくり。

04213  良く見たら巻線が2個分切れていた。それでも回っていたので都合よく同じ直列回路上の巻線だったと思われるけど、それでもトルクが半分くらいまで低下していたはず。その状態で普通にエンジンがかかっていたと言うことは、モータの選定に余裕が有るかエンジンがスカスカか。
 巻線を繋いでエポキシで固定し、滅茶苦茶インチキな修理だけど自分のヤツだしセルなら一瞬しか回らんから良かろうと思って使っていた。実際になんの問題も無く使い続けて居たのだけど、YBRの他の部品を捜しているときに536円の中古品を見つけたので入れ替えようと思って買った。
04214  ヤフオクなので中古品と言うよりもジャンク品なのだけど、中を見たら素晴らしく綺麗で感動。ニコイチで組み直すつもりだったけど、掃除だけしてそのまま使うことにした。
 もう一つ気に入ったのは端子の保護カバーの改善。4枚目画像で右側が改善品。このカバーは上向きというか水が溜まる向きに取り付けされる。そして実際に水が溜まって端子のネジなどがサビサビに成っていた。だから私が組んだときは中にグリースを充満させて組んだのだけど、同じようなトラブルが中国でも起こった様で穴を開ける対策が施されている。
 高尚じゃない些細な対策だけど素晴らしいよ。これで中に水が溜まることは無かろう。中国人の技術者にありがとうと言いながら、念のために中にグリースを充満させて組んだ。細かい気配りまでされたら、日本の勝ち目なんか無い気がする。

スイム 1.2km

| | コメント (2)

2018年4月20日 (金)

当事者になって解ること

04201 午前中に親戚の叔父さんが来た。「お母さんは、どげえかあ?」と言いながら。2-3週間前に比べたら良くなった気がするので、最後に会えなかったとか言われたら困るので上がってもらって話をしてもらった。
 何故か解らんけど惚けてきてから補聴器が無くても耳が聞こえる。補聴器自体が何処に行ったか解らん状態だけど、補聴器を使っていた時期よりも明らかに耳が聞こえている。凄く不思議だ。
04202  しばらく話して帰っていったけど、近所の人が言っている意味が始めて解った。そう、私も少しだけイラッと来たから。
 時々聞く話だけど、親戚が来て1時間くらい話して「お母さん、まだまだ元気やねえ」とか「爺さんはしっかりしちょう!」とか言って帰るのが頭に来るとか、腹が立つと言う話。私にはイメージが湧かなかったし、そこまで妙にひねくれて考えなくても良かろうと思っていた。でも今日の私は同じ気持ちに成った。当事者に成らないと解らない事って有るもんだ。
04203
 YBR125のリヤケースは昨日と今日の作業。ちゃしろのフィラリアが陰転したので気分が明るくなり、懸案事項の一つであったケースを買いに行ったわけ。千早のストレートまで。
 アストロやオークションでも売っているけど、安物のプロテクションケースの様な物を付けようかな?と思って。サイズを見てしばらく悩み、「大は小を兼ねる」よりも「過ぎたるは及ばざるがごとし」を重視して「M」サイズに決めた。
04204  帰ってからゴム紐で括って位置を決めた。二人乗りはしないから前の方で良いやと思っていたけど、前に出すと乗り降りが酷く面倒に成る事が解った。一人で乗っている人も後の方に付けている事が多いけど、ちゃんと理由が有ったんだ。これも当事者に成って具体的に考えないと解らなかった。

 作業は滅茶苦茶手抜き。人の設計とか作業にケチを付ける癖に、自分の作業はインシュロックとビニールテープかい!?。言われても仕方ない。でも構想から完成まで30分くらいで出来るから忙しい人にはお勧め。しかもちょっと見ただけじゃ手抜きとは解らんし。
04205
 最後に3mmくらいの発泡ゴムの板を敷いたら出来上がり。それっぽい感じに仕上がったので最近の作業の中では満足度の高い作業と成った。
 この箱には隠れた美点が有る。それはコンパクトな外形にもかかわらず「A4」サイズの紙がギリギリ折らずに入ること。最近は田舎の住民票とかもA4サイズが多いので、何も考えずに放り込めるのは大きなメリットだと感じる。
04206  あとはホームセンターで小物を買ったり、プールに行くくらいしか使わないと思う。プルブイも入るからプールでもOKだ。銀行の通帳と印鑑も入る。札束も1,500万円分くらいは入りそうだから、金地金を3kgほど買いに行くのにも使える。
 見た目もそんなに変には成らなかった。アイリスオーヤマの箱もそれなりの味が有って好きだけど、やっぱり有れはスーパーカブとかCD125の世界だ。YBR125は少々現代的過ぎる。
04207  せっかくだから今日はこれでナフコまで配線クランプを買いに行った。想像以上に便利だ。ウエストバックもデイパックも要らない。ヘルメットを被ってグローブをしたら出発出来る。素晴らしい。
 バイクで行かずに軽トラで行ったら良いんだけどね。。。


バイク 12km

| | コメント (2)

2018年4月19日 (木)

祝 陰転!

04191 今日は婆さんの診察もリハビリもデイケアも何も無い日。やっとゆっくり出来る・・・訳は無くてちゃしろの病院に行くことにした。フィラリアの薬を飲み始めて2年経過したので、そろそろ効果が出始めて無いかな?と期待して。

 彼は1歳と9ヶ月くらいでうちに来た。最初はかなり暴れん坊だったので3ヶ月ほど様子を見て、なんとか成るかな?と思って満2歳の時に病院に行ってフィラリアの検査をした。
 結果は顕微鏡レベルで解るほどウジャウジャ子虫?が居てかなりショックを受けた。でも過去を悔やんでも仕方ないと気持ちを切り換え、イベルメクチンの通年投与で成虫にも弱いダメージを与え続ける消極的な治療法を選んだ。
04192_3  ほんの少しだけど麻酔で悪影響が出る可能性があるから、去勢はフィラリア治療が一息付いてから考えましょうと言われたくらいなので、あまり状態がよくなかったのかもしれない。何回も書くけど過去のことを考えても仕方ない。
 始めた頃は2年間は長いなと思っていたけど、年寄りの2年は直ぐであっという間に2年が過ぎた。ちゃしろはドッグイヤーだから15年くらいに感じて居るんだろうか。
 恐る恐る、そして少しだけ期待して病院に行って血を採って貰った。先週の予防接種に続いて2回も拘束されてチクッと針を刺されて可愛そうなちゃしろ君。そして問題の検査結果は・・・なんと「陰性」だった!。凄いぞイベルメクチン、さすがノーベル賞だ(笑)。
04193_2
 メチャ嬉しかった。でも今までの4年間で血管が傷つけられて居るのは治らない。心肺機能が低いままで過ごす必要があるだろうし、場合によっては短命かもしれない。でも成虫が居なくなったのを喜ぼう。今の状態で最大限に楽しく生きようじゃ無いか。
 色んな事を考えて居たら涙が出そうに成った。若い女の子のスタッフが見ていたので、ちゃしろと遊ぶ振りをして我慢した。
 来月からはショック防止のステロイド剤が不要に成った。朝ご飯の後でおやつみたいなイベルメクチン製剤を与えるだけなので楽だ。年に1回で済む注射も有ると言われたけど、今のやり方で問題が無いから、少なくとも来年は今のやり方で行こうと決めた。
 帰ってからの態度も夕方の散歩もちゃしろ自身は何も変わらない。でも私の気持ちは少しだけ明るく成った。ご褒美に夕方の散歩の時に少しだけ長めに穴掘りをさせてやった。

バイク 12km

| | コメント (6)

2018年4月18日 (水)

ちょっと高すぎた

04181 1年くらい前からやろうやろうと思っていた、デロンギのエスプレッソメーカの改造に着手した。表面が脂っこい豆の供給不良対策。

 何回か書いたけど、この機械は豆をグラインダまで導くホッパの角度が緩い。街中の一番緩い屋根の角度くらいしか無いから、焙煎が強くて表面が脂っこい豆が途中で引っかかって供給不良になってしまう。
 それだけなら豆を挽く時間が長くなるだけに思えるけど、この機械は豆の量をグラインダを回す時間で管理している。だから供給が安定しないと1杯に使う豆の量が不安定に成り、産地の違いが解らない私でも解るくらい薄いエスプレッソが出来上がる仕組み。
04182
 対策はホッパの角度を急にするか、振動を与えるか、摩擦係数の低い材質に変更するくらいしか思い付かなかったけど、その中で一番簡単そうな角度を急にする案を採用した。
 ついでに貯蔵できる豆の量を増大させ、澤井コーヒーのお徳用1パック(たぶん500gくらいある)を全量保管出来るように内容積を増大させる事にした。
04183  構造やサイズ感は見ての通り。材質はナフコに売っていた発泡ポリエチレン板を使い、接合はホットメルト接着剤を使った。どちらも基本的には食品機械に使っても大きな問題は起こらない材質。でも食品用に管理して作られた材料じゃ無いから、微量成分とか離型材とか細かな所で毒性が有るかもしれん。まあ気にしても仕方のない量だと思う。
 1作目としては悪くない感じに出来上がった。滑りも悪くないけど今はそれほど脂ぎって無いからOKと断定は出来ん。内容積は大きすぎた。3枚目は澤井コーヒーの一袋を全部入れたところだけど、まだテーパ部が少し残っているくらいまでしか来てない。上まで入れたら3袋か4袋くらい入りそう。
 ちょっとでかすぎた。このまま家で喫茶店でも始めるなら悪くないと思うけど、今の使用量では少々でかすぎる。ホッパの角度をもう少し急にする必要が出るかもしれんけど、それでも今の高さを半分くらいにしても十分だろう。

バイク 12km

| | コメント (6)

2018年4月17日 (火)

意外としぶとい

 昨日はリハビリだったけど今日は貧血系の診察日。なんか2日に1回くらいは病院に行っている感じ。疲れるけど慣れた気がするし、慣れたけど疲れている気もする。

 赤血球などの血液検査の値が、先週の180くらいと変わらないか、上昇しても2週間前の220辺りまで到達出来ていない位の低空飛行であれば、惚けを急加速させるリスクは納得の上で入院して改善を期待するしか無かろう。と腹をくくって結果を待った。
 院長の顔が明るい。赤血球数が230くらいまで上昇したらしい。ギリギリだけど自分の中で決めた数値を超えたので、今の生活が良い方向に行っていると判断して家に連れて帰る事にした。
 なかなかしぶとい婆さんだ、入院してくれたら日々の生活は楽になるのに(笑)。でも家族が入院すると解るけど、落ち着くまでは意外とバタバタ忙しい。それと3ヶ月くらいして「治療としてやることは無くなった」とか言われて、完全に惚けた婆さんを返されても困る。
 本人も家が好きみたいだし、私自身も出来ん事は無理してやろうとしない事で心が決まってきた。もうしばらく・・・それが1週間なのか1年なのか10年なのか誰にも解らんけど、ボチボチと付き合ってみようと思った。
 そう言えば脳の7割が死んで、あと1日か2日と言われていた近所の婆さん。10日以上経ったけどまだ生きているみたいだ。こっちもしぶといぞ。

 待合室でテレビを観ながら呼ばれるのを待った。今までは貴乃花とか大谷とかが流れている事が多かったけど、流石に今日はセクハラ問題が流れていた。
 以前に麻生さんは謝るのに向いてないし生い立ち的に出来ないだろうと書いたけど、福田さんは地位や立場の力で負けた事が無く、自力勝負で負ける感じとか負ける直前の「ここらでごめんなさいして置いた方が良い」感覚が解らないんだと思う。
 でもここまで来たら仕方ない。もしオレが福田淳一ならどうするかなあ・・・と妄想した。自民からも批判が出て公明も匙を投げた。海外のメディアもバカにし始めた。そう言う最悪のシナリオの時の言い訳を。
 「過度に性的で華美な衣装で有ったために店員と誤解し、必要以上の言葉遊びをしてしまったのかもしれない。これはあくまでも店員と誤解したが為の行為では有るが、時節や立場を考慮すると決して誉められた言動では無く遺憾に思う。」
 これでネトウヨが女性記者を特定して潰してくれれば少しはオレの気が晴れる・・・と静かに時の過ぎるのを待つつもりだったけど、麻生さんが「女給相手なら何しても問題ねえだろ」と言ってしまって更に炎上する。。。
 この辺りまで考えたら番号を呼ばれれて最初の話に戻る。

バイク 12km

| | コメント (0)

2018年4月16日 (月)

YBRも動いた

04161 昨日の夕方から一晩中充電していたYBR125のバッテリー。最初は充電受け入れ電流が少なすぎて死んでしまったかと思ったけど、無理矢理液を補充して充電を続けたら普通に充電電流が流れるように成った。状態は良くはないと思うけど、取りあえずは使えそうな雰囲気。

 Tシャツと作業服だけで赤木峠をぐるっと1周してみたら寒かった。記憶よりも軽快感が有ってヒラヒラする。アクセルのオンオフでガクガク来るのが気になった。
04162  これは買ったときから気になっていた部分で、中国から数百円のダンパーラバーだけは取り寄せ済み。でも後輪を外す作業が面倒で放置したままだった。
 ところが人の心とは不思議な物で、ほとんどの事に対してやる気が出ない日々を送っていながら、放置状態だったダンパーラバーの交換作業に何故か素直に着手してしまったわけ。自分でも訳が解らんけど、単純に低モチベーションという訳じゃなくて、モチベーションの方向性が変わったのかもしれん。
04163  「案ずるより産むが易し」で作業は15分もかからずに終わってしまった。これは3枚目に示すバイスプライヤーを改造したチェーン引きSSTのおかげでもあるけど、まずは作業に着手したやる気を評価したい。
 明日からなんでもいいからやりたい気持ちに成ったらそれをやってみよう。。。そんな事を思いながらもう一回赤木峠を走ってきた。もう本当に劇的にショックが無くなって乗りやすく成った。過去の自分に「早くやっておけよ!」と大声で文句を言った。

バイク 12km

| | コメント (4)

2018年4月15日 (日)

電圧降下

04151 ミーブトラックの充電場所を変更した。今までは2柱リフトの横の方で2柱リフト用の200Vコンセントを流用していた。でもこの場所はリフトが使えなくなるしスペース的にも邪魔な所。
 と言うことで電線の引き込み点に近くて、長時間駐車しても邪魔に成りにくい場所に変更をした次第。
 今年は皆生に出ないので電気工事士の試験を受ける予定。合格すればこの手の作業もブレーカから直接引き出して綺麗に施工できる。でも今は既存のコンセントを経由したりして、ちょっとグレーなやり方でお茶を濁すしか無い。受かったら良いな。

04152  こちらは今回の充電状態。





04155  こちらは今までの充電状態。配線の電圧降下が7Vくらい改善された事が解る。14.5Aで7Vだと100Wも有るじゃないか!。計算してびっくりした。



04153  何となく鬱というかモチベーションが上がらない状態が続いていたけど、夕方から少しだけ天気が回復したのでXSを引っぱり出した。
 キックしたら簡単にエンジンが始動した。暖気が終わったら割りと調子が良い。少し乗ってみたら気分が晴れた。ほんの少しだけだけど。

04154  ずーっと放置のYBR125もエンジンをかけようと思ったけど、こっちはセルのみなのでセルが回らなかった。仕方ないから充電しながらリフトの廻りの片付け。
 婆さんの件は良い機会と捉えて、生活やら仕事やら物を整理しようと思っている。まあ色々な事をやるモチベーションが保てない事も原因だけど、自分の老後を考えるとシンプルに生きるべきと思うから。
 で、XSも売ってしまおうと思っていたのだけど、ちょっと乗ったらやっぱり乗り続けようかな、と思い直した。この夏はインチキセル始動バージョンでも作るか。

バイク 12km

| | コメント (5)

2018年4月14日 (土)

短編集

04141 午前中はスイミング。今日も平泳ぎがメインでオマケ種目は背泳ぎだった。この2種目ならオバチャン達に追いつかれる事は無いけど、背泳ぎから平泳ぎへのターンが上手く行かない。
 背面でタッチして脚を曲げて腹筋を使って前回りするイメージなのかな?と思うけど、動きが悪いし身体も固いので全然回らない。まあ長い目で見ていこう。

 1枚目は図書館で借りた本。伊豆の踊子関連で調べていたとき、伊豆の踊子以外の短編が良いと書いている人が複数居た。それで興味が湧いて川端康成の短編集を借りてみた。
 左側は以前に借りたことが有る本。ミーブの電源を太陽電池で賄って見たいと妄想しているのだけど、なかなか難しい。なんか一気にワーッと進めないと前に進まん様な気がする。
 右側は何となく借りたけど全然面白くない。いかにもコンサルとか商社とか銀行で農業担当に成った人が書いた感じ。でもそんな人達が今後の農業とか農村をどんな目で見ているか・・・と知ることも大事だろう。

04142  午後は半田付作業ばかりした。夜になってそろそろ晩飯を食おうと思っていたら、変な夫婦が来た。コーヒーとパイプの廃材みたいなヤツを持って。
 私が廃材を持ってきた旦那の相手をしているあいだ、嫁さんは向こうの奥さんと色々と話をして、要らん情報を仕入れているみたいだった。

 婆さんは調子が良いような気がするけど、前回もそんな風に見えて検査の数値が悪かったので油断は出来ん。
 惚けに関しては着実に進んで居る、でもこちらに関しては私とか嫁さんが少しずつ慣れて来た感がある。相変わらず先の見えない人生のモチベーションを奪われる状況には代わりは無いけど、まあこんなモンだろうと思う余裕が少し生まれた。

スイム 1.2km

| | コメント (3)

2018年4月13日 (金)

注射は疲れる

 今日はちゃしろの狂犬病予防注射の日。うちの地域は朝の早い時間帯で会場が歩いていける距離。朝の散歩から帰って一息付いてから問診票とお金を持って出掛けた。

04131  エマちゃんに匂ってもらい、





04132  シロちゃんを匂い、





04133  初めて会うパグの兄弟に興味津々。





04134  シールを3枚獲得して少し位が上がったちゃしろ君。注射の瞬間に「キャン」と啼いたのは秘密。




04135  暑い季節の予防接種は疲れるぜ。





バイク 12km

| | コメント (2)

2018年4月12日 (木)

浄化槽の廻りはクリーンに

04121 浄化槽の横にずらーっと植えてあった木を切った。爺さんが植えまくった木を苛ついて切った訳じゃなくて、今回のはちゃんとした理由が有る。そして本来ならもっと早くやっておきたかった作業。
 先月か先々月の浄化槽の点検の時、中に浮かぶ自分の?ウンコを眺めながら作業員と話をした。知らない時は浄化槽ってFRPで出来た大型の肥だめと思っていたけど、実際は内部が数部屋に別れているし、いくつもの配管が通っているし、タイマー付のポンプで空気を送っていたり、小さな化学プラントみたいな感じに成っている。
 ふと気がつくとその上の方、蓋の下辺りにたくさんの白い糸が引っかかっていた。何かなと思って見ていると「横に植えてある木の根っこですよ」と言われた。はあぁ、そんな事が有るんだ。

04122  浄化槽ってFRPの一体物と思っていたけど、上部は別の部品が組み合わさって居たり、配管の接続とかも有る。だから直ぐ近くに根を張る植物が有ると今回みたいに隙間から根が進入してくるらしい。信じられないくらい小さな小さな隙間でも時間と供に入ってくるとか。
 そして怖いのはそれが徐々に拡大してきて上部構造物を破壊し、修理が必要になると工賃込みで数十万!の作業に成るとか。
 爺さんは浄化槽を隠すつもりで直ぐ横に木を植えたんだと思うけど、私は美観の為に数十万を捨てる程の美意識は持ち合わせて無い。直ぐに木を切ろうと思って居たけど、婆さんのゴタゴタとかも有って今日に成ったと言うわけ。

 取りあえず木は全部切った。後始末はしてないけど少しずつやれば良かろう、何時になるか解らんけど。根っこが浄化槽を破壊する夢を見続けるより良い。
 この場所は直ぐ横は石垣でもある。他の場所でも思うのだけど石垣の直ぐ横に木を植えて有る場所も多い。そしてそんな場所は根っこが石を押して石垣が変形を始めたりしている。田舎で土地は捨てるほど有るのに、どうして端っこに木を植えたがるんだろう。根っこの廻りの草刈りもやりにくいのにねえ。
 と言うことで、田舎暮らしで浄化槽を使用している皆様。浄化槽の近くには木を植えないように注意しましょう。設備の廻りは極力クリーンに、そして見えるようにしておくのがプラント系の設計とか保守の基本でも有るし。

バイク 12km

| | コメント (6)

2018年4月11日 (水)

花より日陰

04111 ちゃしろランは雑草系の花が咲いている。「チョコ」とか「きなこ」と言う名前のミニチュアなんちゃら・・・なら花の中で写真を撮れば画になるけど、中途半端にでかくて太い脚のちゃしろ君では。。。
 基本的にちゃしろランは好きだけど、それは寒い時期だけ。今くらい温かく成るとランに連れていっても走り回るのは最初だけで、しばらくしたら日陰でベトーッと寝そべってお終い。あの毛並みをみると仕方ないとは思うけど、家庭犬としてどうよ?と思う瞬間。
04112  小屋ゾーンでも日陰を選んで寝ている。この4m四方くらいの全部が彼の陣地なのだけど、暑くなると小屋に入ることはほとんど無くて、コンクリの板の上とか、湿った土の上でゴロゴロ。10月か11月頃に成るまでこんな状態が続く。

 今日はデイサービスに行く日、婆さんは期待に反して(笑)朝早く起きてきた。靴下を履いて無いのでそのことを言ったら部屋に戻った。5分くらいで戻ってくるだろうと思ったら出てこない。30分以上かかってもうすぐ迎えの車が来る頃に成ってやっと出てきた。タイツ姿で。
 「ズボンを履かな」と言いながら近寄って触るとなんかおかしい。今までの例を思い出してタイツをめくってみると下にズボンが有った。ハハハ、何故か解らんけどこの組合せが好きみたい。
 急いで着替えさせようとしたけど強硬に抵抗する。「なしね!」「これで良かろうが!!」と言った感じで話に成らん。私もだいぶ慣れて来たのでこのままデイサービスに行かせる事にした。
 しばらくしたら迎えの車が来た。車から降りてきた職員はタイツ姿の婆さんをみても驚かない。事情を話すと「私達が言った方が聞いて貰えるかも知れません」と手慣れた雰囲気。さすがにプロは違うわ。
 15:30頃に成って帰ってきた時はズボンが上に成っていた。今日は風呂に入ったらしい。その際に職員の言うことを聞いて順番を入れ替えさせてくれたとか。もう何が何か解らんけど、この位ならあまり被害は無いな。

バイク 12km

| | コメント (0)

2018年4月10日 (火)

人間が小さい

04101 最初は昨日ナフコで買ったブロワの話。先日婆さんの部屋を少し整理して爺さんの背広とかを捨てた。その際にポケットから財布とかお金が出てきたけど総額が6万5千円ほど有った。
 使うことも無いので机の上に置いたままに成っていたけど、木や草が生い茂る季節に成ってふと思い立った。爺さんの金なんだから木を切ったりその後始末に使ってしまおうと。
 草刈り機とかチェンソーは取りあえず有るので、あとを整理するエンジンブロワを買おう。今は公園とか道の横の作業はほとんどこれに取って代わられた。箒よりも何倍も楽なんだろうと思って。
04102  背負い式の強いのを買えるくらいの金額は有ったけど、今回の目的は箒代わりに気軽に使えるブロワ。と言うことでナフコで手に持ってみて、一番小型でシンプルなヤツを買ってきた。
 帰ってから嫁さんに言ったら幾らのを買ったか聞かれた。こう言うときは「また高いのを買って!」では無くて「必要な物なのにどうして貴男はケチるの?」の方向だ。だから税込みの金額で2万3千円くらいと答えた。
 予想通りに「貴男は人間が小さいからこんなのしか買えない」と怒られた。何時もそうだ、私は貧乏性だからついついケチってしまう。この点は彼女の言い分が正しい。でも今回ははっきりとした用途が有ったので今までよりも胸を張って応戦する事が出来た。
 ああ、私は100億円持っていても10億円でマクラーレンF1を買うことは出来んと思う。何時までも「出たときは1億円やったのに・・・」とか「そこまでの価値があるかあ?」と自問自答しながら死んでいきそう。

 婆さんは診察の日。1月に1回の脳外科の診察と、1週間前に受診した体調不良の再受診が重なったので2科受けた。2日くらい前から食欲も少し増えたし動きも良さそうな気がしていた。先生も「元気が良さそうに見えるね」と言って回復を期待して採血。でも廻りの期待とは裏腹に数値は悪かった。
 赤血球数が186まで減少していた。単位は解らんけど前回よりも低い。院長は胃の全摘出とか今までの貧血の経緯を知っているので少し緩い判断だったけど、それでも半分よりは強めに入院を勧める立ち位置。脳外科の方は、フラフラして何時何が有ってもおかしくない数値ですよ、と。
 どうしますか?と入院の事を聞かれたけど、自分一人で決めることが出来なかった。爺さんとか廻りの例をみると、入院するとかなり高い確率で惚けが進んで訳が解らん様になり、3ヶ月後に併設された施設に移って死を待つ感じに成りかねない。
 今でも1日のうちで狂っているのは1時間か2時間くらい。少しの時間じゃ無いか。もう少し自宅で過ごさせてやっても良かろう。。。でも不定期に1時間狂う機械を自動運転なんか出来ん。いつもオペレータが神経をすり減らして見守る必要があるし、そんなオペは直ぐに止めてしまいそう。。。
 入院して規則正しい生活を強いられ、栄養管理された食事を3食食べることは良い方向だ。外面の良い人だからしばらくは良い患者として3食とも完食するだろう、嫌いな物でも。そしたら貧血とか栄養状態も良くなる方向かも知れん。
 色々考えたけど良く解らず、取りあえず家に持ち帰って嫁さんと妹に話をしてみる事にした。ブロワを選ぶより少しだけ判断が難しい気がする。

バイク 12km

| | コメント (6)

2018年4月 9日 (月)

妹の名が薫ですから

04091 伊豆の踊子を始めて読んだのは中学だったか高校だったか忘れたけど、その頃の私は「カオール」の事を「カルミン」みたいなヤツだと思っていた。そして随分最近に成って「仁丹」みたいなヤツだと知った。
 小さい頃はタバコのみの息が嫌いだった、そしてそんなオッサンに限って仁丹を咬んでいて、その流れで仁丹の匂いも嫌いだった。だからカオールが仁丹みたいなヤツだと知ったときは、不愉快とまでは行かないにしても、何となく面白くない気分だった。
 数日前にラモさんとコメント欄で遣り取りした後で、改めてカオールを調べてみた。そしたら今でも売っている事を知ってかなり驚いた。そして注文していたのが来たので食べてみたら、予想通りに変な味と匂い。私が嫌いだったオッサンの息が私の口から出て来てかなり幻滅。

 婆さんの相手ばかりでは死んでしまうので、旋盤屋さんとか研磨屋さんに行って発注とか納期の相談をした。帰り道でナフコに寄ってエンジンブロワを物色し、店から出たら想像して居なかった展開が私を待っていた。
 「お婆さん、この人がいいや。」と、土方風の男が私に近づいて来た。
「あんたを見込んで頼むのだがね、この婆さんを自宅まで連れて帰ってくんねえか。かわいそうな婆さんなんだ。娘を三人産んで育てたんだがね、三人とも遠くに嫁いでいき、連れ合いにも10年前に先立たれてしまって独り暮らしなんだ。家の廻りで野菜を作って暮らしているが、これほどたくさんの種芋を婆さん一人で持ち帰る事はできねえ。めんどうだろうがな、わしらが手を合わして頼みてえ。まあこのありさまを見てやってくれりゃ、かわいそうだと思いなさるだろう。」
 ぽかんと立っている婆さんの両手には、男爵いもの種芋が袋いっぱいに詰まっているのが見えていた。私は婆さんの世話を快く引き受けた。

 まあ実際は店の外で同級生の女の子のお母さんを見つけ、「なん、買いようと?」と聞いたら、「あんた、家まで帰ると?、乗していっちゃらんね?」と言われただけの話。
 カオールを咬んで居たからか踊り子効果なのか知らんけど、心が素直でいい人モードだったので快く承諾して家まで送っていった。そしたら「ちょっと待っちょきい」と言われて沢庵をもらった、ありがとう。
 同級生の女の子はかなり可愛い子だった。同窓会で還暦の爺さん達が「R子さんは僕の憧れの人でした!」とスピーチするくらいは可愛かった。でも彼女も既に還暦のお婆さん。そしてそのお母さんはそれ以上の老婆。
 こういう出会いは45年くらい前に起こって欲しかった。そしたら家に彼女が居て「ミツヤス君、ありがとう。クッキー焼いた所だから食べていって」と成って充実した青春を送れたのに。。。恋愛の女神様は仕事が遅すぎると思うわ。

 我が家の婆さんは好調だった。朝の06:00台に起きてきて朝飯を食った。次が予想できたので食事が終わったら直ぐに「今日はデイサービスは無いばい」と何回も繰り返した。このときに要らん事を言ってしまって後で後悔した。追加で「今日は午後からリハビリが有ると」と行ってしまったから。
 流石に言われて直ぐはこたつでじっとしていた。でも昼食前に家に戻ってこたつの部屋を見てみると、こたつに入ったままで左手にバッグを握りしめ「これに行かないかんとやろ」と言う婆さんの姿が。
 「まあだ昼ご飯も食べちょらん!」と言いながら昼の準備をした。もうカレンダーとか何曜日が何とか全然駄目で、毎日の早朝に「今日はリハビリ」とか「今日はデイサービス」とか「今日は何も有りません」とか張り出す必要がありそうだ。
 いや、それだと早朝から外に出たりするかもしれんので、「今日はリハビリ、呼ばれるまでこたつで待つこと」とかの方が良いかも。

バイク 12km

| | コメント (6)

2018年4月 8日 (日)

酸が効く

04081 朝のちゃしろの散歩は嫁さんが行った。私は直ぐにユンボのオーバーヒート対策に取りかかった。何となく嫌な予感と供に。しばらくしたら嫌な予感が当たり、婆さんがバッグを持って庭に出てきた。ハハハ、2回目なので慣れたぞ、笑うことが出来る。
 今日も丁寧に説明しながら家の中に押し戻した。何故か今日は怒りモードではなくて、間違えた事に対する照れモードの様に感じられた。
 明日も明後日も出てくるのかな?、そして水曜日の当日は何回起こしに行っても不機嫌で起きない(笑)。人の話を聞いていたときには「そんな事は無かろう」「話を盛りすぎ」と思っていたけど、同じ事が自分の身にも起こりつつある事に驚かされる。

04082  ユンボの方はラジエターキャップを開けて見ても冷却水の流れが見えない。まずは一番簡単そうなサーモスタットを外して試験したらOKだった。でもその後の作業を考慮して外したままで組んだ。
 次にアッパーホースとラジエター間を外してエンジン始動。あまり出は良くないけど水は出ている。取りあえずポンプは生きている。と言うことはコアの詰まりか。数年前に掃除したけど完全には出来てないし、LLCも適当な水で薄めたりしているから仕方ないかも。
04083  しばらく悩んだけどデロンギのコーヒーメーカ用に1kg買っていたクエン酸を使ってみる事にした。デロンギに使えるならヤンマーにも使えるだろう。。。たぶん。
 最初の写真を取り忘れたけど見事に詰まっていた。開口部は1割以下ですか?と言う感じ。そして3枚目の画像はクエン酸をコップ2杯入れて30分くらいエンジンを回した後の成果。悪く見ても開口部が5割くらいまでは増えている事が解る。
 更に劇的だったのはこの部分から見た冷却水の流れ。作業前はほとんど流れを感じる事が出来なかったけど、作業後はアイドリングでも流れが見える様になったし、フルスロットルだとゴボゴボ流れるように成った。
 冷却に関してはたぶん改善した、でも問題は洗浄と中和だ。水を4回くらい入れ替えて舐めてもクエン酸の味がしない所までは洗浄した。その後で水酸化ナトリウムが有ったので1粒くらい入れて置こうかと思ったけど、要らんことはせんほうが良いと思って何もせずに蓋を閉めた。

04084  ユンボが調子良く成ったので昨日の作業の続きをやった。ミニユンボでの整地は難しくて平らには成らんけど、自分用の駐車場には十分な平地が出来た。都会のミニ一戸建てなら建ちそうな広さがある。
 バラバラに置いていた建機とか農機を置いてみた。さらにアルファを置いたけどまだ余裕が有る。あとフェラーリ348とマクラーレンF1くらいは置けそう。

バイク 12km

| | コメント (6)

2018年4月 7日 (土)

ちゃしろは猫また以下

04071 ちゃしろの散歩から帰って来て家のドアを開けようとしたとき、中に婆さんが居てメチャ驚いた。既に着替えてバッグを持っている。「デイケアの車が来ちょうき出らないかん」と言う。
 デイの当日はこんな時間に起きた事は無い。何回も起こしに行ってやっとギリギリに準備ができる。でも違う日にはこんな事が出来る。痴呆老人と付き合っている人が良く言う「わざとやっているとしか思えん」と言う言葉が少し解ってきた(笑)。

 もう今日はスイミングは止めと思ったけど、そう言う考えは不健全な気もしてきた。判断力の無い生き物が死ぬのは自然の節理、もし警察沙汰に成っても介護認定とかで有利に働くだろう・・・とか思ってプールに行った。人として駄目と言う人が居ると思うけど、もういいや。
 今日の種目は平泳ぎ。これは予想していたので金藤と同じjakedのスイムキャップを持ってきた。でもその効果は無く下手なままで終わった。
 どうでもいいやと思って家を出たけど、やっぱり気になるので自主トレは無しで直ぐに家に帰った。途中の道でパトカーに会わなかったし近所の人が捜索活動はしてなかった。婆さんはこたつにじっとしていて生きていた。
 ホッとしたのと振り回されて来たのが嫌になり・・・まあ誰でも嫌だ・・・庭の横の土地をユンボで整地する事にした。ここにはミカンの木が植えて有って、或る程度整地して居たのだけどミカンが邪魔に成って中途半端になっていた場所。
 爺さんと婆さんが植えた木をだいぶ切ったけど、これくらいは残してやろうかと思って残して居た木。でも気を使うのがバカらしく成ってきて切り倒して整地する事にした。
 そしたら途中でユンボがオーバーヒート気味に成って変な感じ。あまりオーバーヒートしちゃ駄目だよと、ユンボの神様が教えているのかもしれない。

04072  夜は部落の総会。大きな集落の総会はサボったけど、今日のヤツは小組合と言って小さなグループの総会。こちらは日々顔を合わせる人達なので行くことにした。まあ田舎は色々な理由を付けて飲み事をやりたがる訳よ。
 酒を飲んで連歌などを楽しみ、夜道を帰っていたときのこと。家の坂を登っていくと庭の奥から「ワン、ワン」と野太い声がした。
 私がランティスの影に隠れてジワジワ近寄ると更にワンワン吠える。嫁さんが気付いて懐中電灯を持って出てきた。嫁さんと一緒に私もランティスの影から飛び出したらやっと解った。すると今度ははしゃいで飛びついて来て首の辺りに噛み付こうとした。
 最低の犬だ。兼好法師の書いた「猫また」ですら主人を暗闇で見分けたと言うのに、我が家のちゃしろは主人を見分ける事が出来ずに吠え続けた。ああ情け無い犬よ。

スイム 0.6km

| | コメント (4)

2018年4月 6日 (金)

ねじとねじ回し

04061 「ねじとねじ回し」は火縄銃の事を見ていたときに見つけた本。面白そうだからこれは自分で買った。そして読んでみたら確かに面白かった。
 最初と最後の方は私にとって退屈な流れが有ったりもしたけど、30%の辺りから90%のあたりまでは面白い。中でも貴族が旋盤作業を「趣味」としてやっていた事など初耳で興味深かった。
 今で言えばどんな感じなのだろう、CNCの自作とか3Dプリンタが該当するかな?と思ったけど、時代を考えるとスケールやコストが違いすぎる。メカ好きの金持ちが工場を建設してエンジンを丸ごと作るような感じだろうか。

 酒井順子は枕草子関係が有るかな?と思って図書館の書架を見たけど無かった。宮若の酒井順子はほぼ読んでしまったけど、この本は読んでない気がして借りてきた。まあいつもの酒井節が続くエッセイ集。
 下の2冊は鉈のケースを作ってみようと思って借りた本。まだ読んでないけど、内容が内容だから読むと言うよりも特定のページのやり方を理解すればそれで今回の目的は完了となる。

 午後から婆さんをリハビリに連れて行ったのだけど、家から出るときと病院に着いてから「頭が痛い」「頭がフラフラする」と言う。朝からずーっとこたつでじっとしているからかな?、リハビリが嫌なんだろうな、と思うけど放置するのもネグレクトかな・・・と思ってリハビリは止めて診察してもらう事にした。
 そしたら先生が好みの?院長先生じゃ無かったから今度は観てもらいたくない方向にぐずり出す。もうどうしたら良いわけよ!?と思いながらも診察室へ押し込んだ。
 CTを取って点滴をすることになった。前回のCTと比べて見ると一部に黒っぽい変化が見られるけど、縁が明瞭?だからここ1-2週間の不調とは関連づけにくいらしい。やっぱり貧血とか低栄養かな。
 そんな感じで午後が終わる。特急の仕事で工場を数軒回って納期の調整をしたかったのだけど、ギリギリ1軒顔を出しただけで終わってしまった。これからどうするか悩ましい。
 こんな事ばかり書きたく無いし読みたくないと思うけど、こんな事しかしてないんだから仕方ない(笑)。そして書かずに黙っているよりも書いた方が冷静で居られるのも事実。
 行政のサービスは迅速じゃ無いし、要介護3くらいに成るか独り暮らしじゃ無いとスムーズに施設へ移行できない。先は長いね。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年4月 5日 (木)

カフェオレごはん

04051 昼飯の後で婆さんが台所から何時まで経っても帰ってこない。自分の皿を洗っているにしてはあまりにも長すぎる。しかもゴチャゴチャ・カチャカチャ何かをしている音がするのも不気味。
 最近は何時もこうだ。家が焼けるような大ごとは起こってないけど、こんな感じの何処かでゴソゴソ何かをやっているんじゃ無いか?的に何時も気になってしまい、チラチラ見に行ったり独りにするのが不安だったりの毎日。

 で、今日もあまりに時間が長すぎるので見に行ったら頭が真っ白になってしまい、おもわず「女性は台所から出て行ってください!」とアナウンスしそうになった(笑)。
 米びつというか15kgほど米が入るプラスチック容器を使っているのだけど、その蓋が床に置かれてその上に米が1升くらい置いてある。ちょうど阿蘇の米塚みたいな感じ。そして調理台に向かって婆さんが一生懸命作業していて、後から見るとインスタントカフェオレの袋を鋏で切って空けていた。
 聞けば米に混ぜるらしい。。。そんな事はしなくて良いと今日は優しく繰り返したのだけど「いっつもしよろうが!」とか「あんたが来たき、ちゃーんとしようとが出来んごとなった!!」とか話に成らん。ちなみに我が家は何時もカフェオレごはんとか食べてないし(笑)。
 少し慣れたので最後まで優しく繰り返して止めさせた。婆さんは不満そうにプリプリ怒って向こうに行った。ああ、不幸せな最期だなあ・・・と悲しくなるけど、このままじゃ困るのでカフェオレの袋を閉めて、2合だけ米を研いで炊飯器にセットした。

 気が付いたらご飯にウンコ載せて食べたりしていた・・・よりもマシだな、とか思ってみた。そしてこんな単体の異常よりも、日常で延々と続く何をするか、何をしているか解らない不安感や圧迫感の方がキツイと思った。
 夕方のちゃしろの散歩で、朝のスクールバスを待っている時に「ちゃしろー!」と呼んでくれる女の子に会った。今日も「ちゃしろー!」と手を振りながら走ってくる。伊豆の踊子で裸で手を振る女の子はこの位の歳の設定だな。
 しばらく話していると気分が明るくなった。やっぱり若さは良い。ロリコンじゃ無いけど若さは生き物としての勢いが感じられるのが素晴らしい。彼女と別れた後、ちゃしろと小走りで走っていて思い付いた。昔の大家族って廻りに色々な人が居た事に。痴呆の爺婆も居たけど生意気な若嫁さんも居たしアホな孫も居た。バラエティー豊かで結構バランスがとれて居たんじゃ無かろうか。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年4月 4日 (水)

NAのリヤブレーキ

04041 B12注射のおかげか(笑)、婆さんは何となく調子が良いような気がする。でも今日もデイサービスの為に起こそうとしたけど訳が解らんまま。でも何とか間に合って車に押し込んだ。
 帰ってきてから係りの人に「職員が付いて入浴をお勧めしたのですが、かたくなに拒否されました」と言われた。オムツにウンコかシッコが着いていたのかもしれん。それと少しずつ慣れてきて我が儘が出始めたかも。
 段々と難しい婆さんの雰囲気が漂ってきて、職員の人も「ムムム・・・」と思い始めているかもしれない。ごめんなさい、そう言う人です(笑)。

 ランティスのリヤブレーキが調子悪いのでO/Hしたい。でも外してやると時間がかかるし固着が酷いとさらに困った事に成る。と言うことでオフラインで予備品をO/Hして置いてササッと交換しようと思った。
 ランティスの中古部品とかなかなか出てこないので、たぶん同じと思われるロードスターのNA型のブレーキを買ってみた。25万kmくらい走っている我が家のランティスよりも程度は良さそう。明日からは気が滅入ったらピストンの錆を落として磨く日々だ(笑)。

バイク 15km

| | コメント (2)

2018年4月 3日 (火)

胃は正常

04031 婆さんの胃カメラの日。九大?から来る先生が都合が悪くなり代役の先生が来ていた。まあ代役で来るくらいの先生だからそれなりの技量の先生だろう。
 一緒に見ますか?と言われたけど、自分の時にゲーゲー言い続けて死ぬほど気持ちが悪かった記憶が有る。人のそんな状態を見続けるとか出来そうに無かったので丁重にお断りして外で待った。
 婆さんは私よりも鈍感なのか、機器の進化で楽になったのか知らんけど、「上手でしたよ~」とか言われながら出てきた。普通の顔をしている。不思議だ。

 しばらく待ってから主治医の説明が有った。胃は綺麗な物らしい。正確に言うと40年?くらい前の手術で全摘出をしているから、食道とか十二指腸の辺りに問題が無いという意味かもしれん。
 で、それ以外の臓器の出血を詳細に見るのは体力的にしんどいので止めましょうとなった。取りあえず一番深刻と思われる貧血対策として、B12欠乏による貧血を疑ってB12の投与をすることになった。今日は赤い注射をしてもらい、毎食のビタミン剤の服用を開始。それで1週間様子を見て、食欲に改善が見られなかったら入院かなあ・・・と。
 最近は昔みたいに直ぐに「入院入院」言わないみたい。まあ悪い事じゃ無いと思う。次の通院が1週間後なら許容範囲か。。。明日も明後日も来いと言われたら入院させてくれと言おうと思っていたけど。
 でも、リハビリとかデイサービスの準備は有るからゆっくりは出来んなあ。

バイク 12km

| | コメント (6)

2018年4月 2日 (月)

ネガティブ過ぎませんか?

04021 午前中は再び婆さんを連れて病院へ。田舎の病院のくせに人が多くて随分待った、大半は爺婆ばかりだけど。。。
 私がチェックした潜血の検査紙を見せたら直ぐに「ああ、出てるねえ」と。明日専門の先生が来るので胃カメラを飲んでもらい、その結果を見てから今後の事を決めましょうとなった。
 何だかんだで午前中ほぼいっぱいかかる。明日は胃カメラなので下手したら半日以上かかるかもしれん。普通のサラリーマンなら対応が難しい領域になってきた。今みたいな形態だから私は何とかなっているけど、それでもさすがに金、月、火、と半日ずつ潰れたらキツイ。これにリハビリの送迎も有るし。
04022  午後から精密板金屋さんに行ったり、急なトラブルの対応をしたり、溜まっていた制御盤を作ったりしていたら残りの半日なんか直ぐに終わる。しかもこんな日に限って電話がいっぱいかかってきてドッと疲れる。
 高野さんの日常とか見ているとこれでも甘甘と思うんだけど、やっぱりどうしても気持ちがネガティブに流れてしまう。でもこうやって愚痴を書くのは精神の安定の為には良いことだ。

 ネガティブと言えば白骨号のリヤタイヤ。今日も板金屋さんには図面を持って白骨号で行ったんだけど、やっぱり以前よりも乗りやすい気がする。なんか調子が良いなと思って家に帰って止めてからタイヤを見て違和感。凄いハの字になってるじゃないか。
 気になって高精度キャンバーゲージで測ったら-2度20分くらい付いている。この車の標準値は-1度だからかなり過大なネガティブキャンバが付いて居る事に成る。操縦性の変化を感じたのはこれが理由かもしれん。
 面倒だし時間も無いからしばらくはこれで乗ろう。でもタイヤが偏摩耗したら嫌だな。

04023  我が家で言うところの「ちゃしろ用カイカイの薬」を買った。いつもはフロントラインプラスというヤツだけど、今回はペット用品屋が出している似た商品も追加で買ってみた。
 面白いのはサイズの分類。ちゃしろのサイズはフロントラインプラスだと「中型犬用」だけど、ドギーマンだと「大型犬用」になる。ちょうど境目のサイズという事か。
 毎月の1日前後にフィラリアの薬とノミ・ダニの薬をやっているのだけど、4月はドギーマンのヤツを使ってみた。同じようなモンだろうと思っていたけど、こちらの表記は「動物用医薬部外品」となっている。対してフロントラインプラスは「動物用医薬品」。うーん、やっぱり「医薬品」の方が効きそうな気がするなあ(笑)。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年4月 1日 (日)

シンメトリーが合理的

04011 今日は部落の総会の日だけど、爺さん達の議会ごっこで時間を潰されるのは嫌なので欠席にした。帰ってきて直ぐは部落の行事に出来るだけ参加するようにしていたけど、最近は「そんなモンに出れるか、バーカ」と思える様になった。面白いものでそう言う気持ちになってくると、廻りの爺さん達は何も言わなくなる。

 で、仕事をしても良かったのだけど気が滅入りそうだったので白骨号の荷重調整をしてみる事にした。昨日の安物フロアスケールを使って4輪の荷重を平均化しようという試み。
 空冷のポルシェはRRで極端なリヤ荷重なので、フロントとリヤの軸重が同じにはならない。でもフロントの左右とかリヤの左右を合わせる事は可能だし、やるべき。
04012  マニュアル通りにリヤのトーションプレートを34度にセットしてみたけど、最終的に1枚目くらいねじれを弛める方向に調整しないと尻が上がりすぎる。
 私は全然車高を落としたりしておらず純正のまま。だから34度でほぼ近い高さにならないといけないのだけど・・・もしかして「強化」トーションバーとか入って居るんだろうか。そう言うの好きじゃ無いなあ。
04013  2回ほどやり直したらフロントの左が236.8kgで右が243.4kgに纏まった。少し左が少ないけど、運転者が乗ると逆転するからこの程度が落としどころかも知れない。
 そんな事を思いながら試運転に行った。何となく挙動が安定して運転しやすい気がする。帰ってきたら嫁さんとちゃしろが乗せろと言うので、もう一回試運転でエイミーの家に行って話をして帰った。

04014  帰ってから再度測定してみた、サスペンションが落ち着いたら少し変わるかと思って。すると左が236.2kgに右が237.0kgとほとんど同じと言って良い値に落ち着いて居た。運転者の事を思うと逆方向に変化して欲しかったけど。
 どうしようか、もう一回調整するか。でも運転手が乗ると乗らないで数十kgの差が発生するのは面白くない。そもそも片側に寄った運転席なんておかしいだろう、美しくない。もう運転席が中央に有る車に買い換えてしまおう。
04015  ロケットは軽快で良さそうだけど実用性が皆無。或る程度の実用性を考慮するとマクラーレンのF1くらいが丁度よいのかもしれん。あまりに幅が広すぎて出たときは買わなかったけど、今にして思えば買っておけば良かった。
 使い道の無い父親の遺産が税引き後で6億くらい有るので、これを全部使ってF1を買おう。変な不動産とか株とか買うよりもこっちの方が値上がりする様な気もする。「フェラーリの株を買うよりフェラーリを買え」と言われる位だし。
 購入後は会社の研究車両として登録し、数年で減価償却が完了したら簿価はゼロ。そのタイミングで息子に譲れば相続税対策もバッチリだ。
 今日はよい考えが浮かぶなあ。

バイク 12km

| | コメント (2)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »