« 成長するちゃしろ | トップページ | 雪国 »

2018年2月 7日 (水)

死んでも行きたくない

 今日はデイケアだったかデイサービスだったか、婆さんのお試しの日。ちゃしろの散歩から帰ってから起こしに行ったり様子を見に行ったりしたけど全然動かない。
 こんな感じで1時間くらい過ぎてとうとう迎えの車が来てしまった。それでも婆さんは布団の中。はぁ。。。。。。。。。
 何とか起こして朝食を食べさせるけどブルブル震えている。うすーい服を着ているだけなので部屋から毛糸の服を捜して来て無理矢理中に着せた。どうも分厚い服とか綿入れ的なヤツはカッコワルイみたいだ。帰宅後も「○○さんは補聴器を付けちょうけど私は付けんかった」とか自慢げに言っていた。補聴器を付けたがらない理由が解ったような気がする。年寄り同士の気分では紙おむつをするに近い感覚が有るのかもしれん。
 そんなことをしながら30分後にもう一度迎えに来て貰って家を出た。この世の中で最低で最悪の顔をされる。「行きとうない」とか「あんたが言うなら行かないかんとやろ」とか言う。オレは虐待しているのか??。どうしてこんな事をしなくちゃいけないんだろう。でも寝たきりに成るとマジで介護離職だ。難しいし面倒な話だなあ。

02071_2  朝のニュースでスペースXの映像を見た。3本のロケットを束ねたいい加減なヤツが上空に舞い上がった。しばらくしたら両側のブースターは垂直に同時に着陸した。CGにしか見えない。先端にはダミーウエイトとして鉄やコンクリの代わりにテスラのロードスターを入れる遊び心も有る。
 その後で内閣府の参与?がコメントを出していた。我が国でも再利用可能なロケットの検討を進める必要性が有るらしい。どうせ三菱にヤレと言い、三菱の偉い人がヤレと言い、各部署から人を集めてポンチ絵を描き、外注と下請けにヤレと言い、マスコミが日本の技術が一番と言い、ネトウヨが失敗したのは中韓のスパイが居るからだと言うんだろう。
 イーロンマスクとその周辺の人に関しては本を読んだ事しか無いけど、野心を持った天才の回りに天才達が集まり、彼らが自分自身で試行錯誤している事が読み取れる。技術的に新しい物・面白い物なんて、能力のある人間が強い興味を持って熱中しない限り出来るわけが無い。誰かが管理してやらせるモンじゃ無い。
 取りあえず私は金融とか先物の本を借りてきた(笑)。そして読んだような気がするけどペットフードの本も追加した。こっちはちゃしろの下痢に関連して。

02072  ちゃしろは今夜も玄関で伸び伸び寝ている。下痢は治まった。丸まっている事も有るけどこんな感じで足を伸ばして居る事も多い。本当に寒さに強いなあ。。。と言うことは夏の暑さは何か対策をしてやらないと可哀想だ。

バイク 15km

|

« 成長するちゃしろ | トップページ | 雪国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 成長するちゃしろ | トップページ | 雪国 »