« 意外と走る | トップページ | 久しぶりに図書館 »

2017年10月 4日 (水)

SCiBの劣化

10041 ミーブトラックの納車前整備データを見ていると電池の容量データが有った。計算方法とか良く解らんけど、A4の用紙2ページに渡って入庫時、初期化後、容量測定時、とデータを取って何らかの計算方式で容量が算出してある。
 今の容量は表紙の右上に記載の通り「104.75%」有るらしい。これって今でもカタログデータを超えていると言うことか??。

10042  数少ないミーブトラックや同等と思われるワンボックスタイプのユーザーの声を探してみると、私と同様に100%を超えたと書いて居る人がポツポツ居る。そして東芝のSCiBというタイプの電池は素晴らしいと絶賛している声が多数。
 ふーん、あまり考えずに買ったけど劣化的には良い選択をしたのかも知れない。でも劣化が速いと書いてあるもう一つのタイプは初期の容量がデカイので、10年くらい乗った中古では実際に走れる距離は同じ辺りに落ち着くのかも知れない。どっちもどっちヤナ。
 ディーラーが無理矢理買わされた(笑)車だったから、走行距離は5000km台とメチャ短いけど使用年数は4年と8ヶ月とそれなり。今後の劣化速度がどうなるか解らんけど、何となく雰囲気的に10年経過時点でも95%くらい維持しているような気がする。

 そう言えばSCiBって何だろう?と思って調べて行くと、これもリチウムイオン電池の分類の一つだと解った。じゃあ「SCiB」と「リチウム」を比較したり対比させて書かれた文章は集合的に変だ。
 「とんこつ」と「しょうゆ」を対比するくらいならどうでも良いけど、最近は自動車関連の分野でもこの手の集合的におかしな文章がポツポツ。これってゆとり教育で集合とか軽視された影響かも知れんな。

|

« 意外と走る | トップページ | 久しぶりに図書館 »

コメント

参考になるやら ならんやら。。。

投稿: MASA | 2017年10月 5日 (木) 18時52分

 もうすぐシニアカーを買うように成るんだから(笑)勉強しておきなさい。

投稿: みつやす | 2017年10月 5日 (木) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 意外と走る | トップページ | 久しぶりに図書館 »