« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

引き上げ

10311 爺さんが死んでから関連の物を少しずつ片付けているのだけど、下の畑に置いたままに成っていた耕耘機にやっと手を付けた。昔有ったヤンマーとかのタイプじゃなくて、管理機と呼ばれる割りと最近のモデル。
 これがミニ温室みたいな小屋の中に置いてあった。回りには除草剤とか噴霧器とか鍬とか色々。そしてそれらを草が覆って何かの遺跡状態だった。
10312  年寄りはエンジン物が調子が悪いと直ぐに「キャブが悪い」と言ってキャブをバラバラにする。でも細かいジェットとか通路は手つかずなので何も変わらない。
 うちの爺さんも同じような感じで、最後の方はキャブ回りの分解ばかりやっていた気がする。それでも手におえずに最後の1-2年は全く動いて無いと思う。

10313  ダメだろうなと思って色々やり始めたら、初っぱなからスタータのロープが空回り。ヤレヤレだ。
 何とかエンジンが始動しても直ぐに煙を噴いて止まる。見ていくとエンジンオイルの注入口(ドレーンじゃ無いよ)から重油みたいな液体がピューッと出てきた。ハハハ。
 キャブのオーバーフローがクランクに入った可能性が高いけど、もしかしたら爺さんが混合油をオイル注入口に入れたかもしれん。死ぬ5年くらい前でも既に混合して有る市販の混合油をさらに25:1に薄めたりしていたし。
 圧巻はタイヤがホイールに針金で括りつけて有った事。そう言えば針金とか釘で処置するのが好きだった。流石だなあ(笑)。
 廃品回収業者に持って行かせようと思っていたけど、元が30万くらいするモデルであまり使ってない。軽く修理したら数万円で売れそうな雰囲気なので修理して処分する事にした。苦労して作業場の横まで引き上げたので、これからは空いた時間に少しずつ作業できる。
 あとは温室と中の機材だ。。。

| | コメント (0)

2017年10月30日 (月)

モデル化しよう

 ミーブトラックを使っていく上で、今までのガソリン車よりも定量的に考えを巡らす事が多くなった。これは他の電動自動車ユーザーのブログなどを見ても感じることで、ほぼシステムとして完成されたガソリン車に対して、発展途上の電気自動車を使う上で必要な事かもしれない。
 前回は車載のメータの目盛りを検証してみたけど、今回は走行抵抗とかそのあたりの力学的検討をする時の基本的なデータを考えてみようと思う。

 まずは質量で車検証では920kgあたりだったと思う。これに運転者とかその他諸々の小物が加わると考えると、全質量はキリの良い所で1000kgと考えたら良かろう。

 次に電池容量はスペックから10.5kWhと解って居る。実測もこれより少し上を維持しているらしいから計算には10.5kWhを使えば問題無かろう。
 しかしよく考えたら「kWh」って変な単位だ。次元的に考えると仕事率に時間をかけているわけ。仕事率は単位時間当たりの仕事だから、仕事÷時間X時間=仕事と成る。はあ??だ。家までの距離を聞かれた子供が「8km」と答えずに「時速4kmで2時間歩く距離」と答える様なモンだ。
 まあ力学的な考察から来た単位じゃ無くて、電気料金あたりから来た単位と思われるから仕方ないと言えば仕方ないけど、SI原理主義者には怒られそうだし、実際に力学的な考察をする際にも無駄に面倒に成るだけ。と言うことでここは「J」に戻しておこう。
 10.5kWhは10.5kWが1時間(=3600s)継続する仕事量だから、10.5x3600=37800kJ=37.8MJと成る。前回の検証から見えているエネルギは9.6kWhだったから、同様に計算すれば9.6x3600=34560kJ=34.56MJが見えているエネルギだ。

 ここで、エコランすれば見えているエネルギで95kmくらいは走った実績が有る。これは多少の起伏が有る道も含まれて居るので、理想状態なら100kmとしても良さそうだ。さらに真っ平らの道なら120kmくらい走るかも知れない。取りあえず普通の道の理想状態として100kmを採用しよう。
 すると上記より34.56MJのエネルギで100kmを移動できた事になる。これよりミーブトラックの走行抵抗は34.56x1000000/100000=356Nと出た。意外と低抵抗だ。
 「N」とか解らんと言う人のために解説すれば、「N」は「ニュートン」と読んで偉大な物理学者ニュートンにちなんで付けられた単位名。有名な故事に有るようにリンゴ1個が手のひらに及ぼす力が1Nと決まっている。だから356Nはリンゴ356個分くらいの力で押せばミーブトラックは普通に交通の流れに乗って走ることが出来ると言う訳。
 ちなみに今のリンゴは1個が200gとか300gくらい有るけど、当時のリンゴは小さくて1個が100gちょっとしか無かったらしい。。。この説明を信じて人に話すとバカにされるので話さないように(笑)。

 最後は走行中の平均動力。上記の100km走るときの平均速度を計算しやすい様に36km/hとしよう。これは10m/sの事で計算しやすいし、平均速度としても悪くない値と思う。
 356Nの力で押しながら10m/sで動けると言うことは、ミーブトラックの駆動輪は356x10=3560Wの仕事率で働き続けている事に成る。これもホットプレート3枚分くらいで動くと考えると凄いことだ。

 ここまででだいぶ定量的に見ることが出来るように成ったけど、全ての部分で効率は無視している。と言うか100%と考えている。実際は違うだろう。インバータとモータの総合で90%くらい行くのかな?。
 もし電池から駆動輪までの効率が90%としたら、上記の356Nはもっと小さくて356x0.9=320Nくらいと成る。駆動輪の仕事も3560x0.9=3200Wで済む。さらに低抵抗となってしまった。凄いな。
 1000kgに対して320Nと言うことは、摩擦係数というか滑空比というか、要は重力方向の力と抵抗方向の力の比を計算してみると1000x9.81/320=30.7と成った。これってKa-6Eクラスは有るって事だな(笑)。

| | コメント (2)

2017年10月29日 (日)

薪割りを始めた

10291 バタバタしていたのと暑いのも有って、夏の間は薪割りをサボっていた。今年は薪の備蓄が少ないのでそろそろ始めないとヤバイ。と言うことで少し時間を作って薪割りをやることにした。
 まあやると言っても今は薪割り機でやるのが大半で、気が向いたときに割りやすそうなヤツを斧で割るだけ。以前に比べたら劇的に楽に成っているはずなのに、一旦楽に成るとそれが基準となってやっぱり出来ない。
 この薪割り機は骨折した年に仕方なく買ったわけだけど、中国製の安物の割りに良く働いてくれるし故障もしない。そのせいで私の身体が鈍ってしまったよ。ぜんぶ薪割り機とそれを作った中国人が悪いんだ(笑)。

 今割っているのは既に玉切りにしてあるのを貰ってきたヤツ。労力が少なくて楽が出来そうだけど、薪ストーブ基準では無い人が玉切り・・・と言うか運びやすいように適当に短く切ったヤツは割るのが面倒。
 薪ストーブ用には少しだけ長いヤツとかが沢山あって、その度にチェンソーで半分に切る。半分に切ってしまうと短すぎる感じに成り、ああ、割る手間が2倍に成ってしまったよと悲しくなる。
 貰い物に文句を言ったら罰が当たるけど、割っている最中はそのことしか考えないのでやっぱり文句モード。後で御免なさい、ありがとうございましたと言っておこう。

| | コメント (2)

2017年10月28日 (土)

充電効率は95%

10281 午前中はスイミング、今日も俺がメニューを言わないと駄目なのか、何にしようかな・・・と思ってプールに行ったら新しい先生が来ていた。良かった、助かったよ。
 初めてと言うことも有って話が長く、実際の練習時間は短かった。でもほとんど練習した事のないクイックターンをやらされた、しかも背泳ぎで。
 出来ない苦しさに、鼻から水を飲む痛さに、回転する事による気分の悪さが加わって最悪の練習だった。終わった後で自主練してみたけど、三半規管が狂ったような気分の悪さで直ぐに止めて帰ってしまった。

 帰り道でミーブトラックの電池が空に成りそうだったので、後半はエアコンを意識的に使って家に帰り着いたタイミングで残りの走行距離がピッタリゼロに成るようにしてみた。始めて亀さんマークとやらも見た。
 これをやったのには目的があり、フル充電でどのくらいのエネルギを供給しているのか、それに対して溜まったエネルギはどのくらいなのか、そして充電の効率はいかほどか、その辺りを知りたかったから。
 まずはミーブトラックの電池容量表示に関して、これは液晶表示で16段階(16セグメント)と成っている。これが全電池容量の10.5kWhを表しているのだけど、少し面倒なのはゼロでも10kmくらいは走るという情報が多々あること。と言うことは全走行距離を100kmとすると1割くらいの隠れた余裕が有ることに成る。
 以上を頭に置いて勝手に各セグメントの電池容量を想像してみると、ゼロ以下を0.9kWhとして残りの16セグメントをそれぞれ0.6kWhに割り振ったら調度良い。0.9+(0.6x16)=10.5kWhと言う計算。本当の所は解らないけど、私の中ではしばらくこれでいこうと思う。
 そしてこれをフル充電したときの電源側の供給電気量だけど、自作の充電コントロールケーブルでは10kWhと成った。残念なことにこの表示器は10kWh以上は最下位が1kWh単位に成ってしまう。だから正確には9.5kWhから10.4kWhの間と言うことに成るのかな?。
 これから計算するとバッテリーに実際に溜まった電気量は0.6x16=9.6kWhで、供給された電気量は10kWhとなる。計算すると充電効率は96%。小数点以下を考慮すると最低で92%で最高が101%。まあキリの良い数値で今後は95%を採用しよう。

10282  あとは悪いちゃしろ。
 部屋に入ってきて、おやつとして牛タンの皮を食べて腹ごしらえ。




10283  畳の部屋ではたきを見つけてカミカミ。





10284  段々エスカレートしてきて誰も止められない。





10285  さらにエスカレート。





10286  最後は「自分で片付けなさい!」と怒られて狼狽える。





スイム 0.8km

| | コメント (2)

2017年10月27日 (金)

長嶋有

10271 トタン屋根のさび止めまで塗ったけど雨が続き、その後で少し晴れたりしたけどやることが有って次の雨が降り、もうメーカの言う上塗りとの間隔とかとうの昔に切れてしまった。
 でも気持ちが切れてこのまま放置が良くない事くらい私にも解る。下塗りとかさび止めにはそれに特化した能力は有るけど、上をカバーする上塗り塗料が有ってこその物。兼用型とかも有るけどあまり性能が良くない。
 と言うことであきらめて嫌に成ったりせず、今日の午後の1時間ほど空いた時間を使って一区画だけ上塗り塗料を塗った。もう明日には雨になると言っているからまたもや作業は止まってしまうけど、だいぶ気持ちが大人になったので(笑)、こんなシチュエーションでも腐らずに少しずつ作業をすることが出来ている。
 心の神様ありがとう。

10272  本当は昨日のうちに借りたかったのだけど、なぜか図書館が臨時休館だったので今日行って借りてきた本。3冊とも「長嶋有」の作品。
 長嶋有は某氏から面白い話と供に紹介されたのだけど、なんか聞いたことがあるな・・・程度の認識だった。後で調べたら「サイドカーに犬」だけは記憶に有った。読んだことは無いけど犬の本を探して居たときに見つけて、宮若の図書館に行ったけど無くて読めなかったから記憶に有る。
 私は文学青年では無かったから芥川賞作家様に対してもその程度の(申し訳ない)認識だった。でも今回の話で少し興味が出てきたので再び図書館へ。某氏によるとなんか読みづらくて進まないらしかったので楽そうな本から3冊見繕って借りてみた。
 右端の「ぼくは落ち着きがない」を書棚から引き抜いたとき、表紙の画を見てもしかして「U子」さん?と思った。でも良く見たら女の子の顔の雰囲気とか身体全体の動き感みたいなモンが違っている気がする。
 取りあえず「安全な妄想」から読んでいるけど、これは短いエッセイ集なので読みづらい事は無い。簡単にスイスイ読める。内容も面白いのだけど芥川賞作家と繋がらない。なんか変な人だ。

| | コメント (2)

2017年10月26日 (木)

只の旅

10261 今日の午前中は某所へ高級電子機器を届けに行った。電気自動車の非常時充電対応を練習しておきたかったのでミーブトラックで。

 途中に50kWの無料充電ステーションが有ることは地図で調べて知っていた。でもたくさんのEVが並んでいて時間が掛かるだろうからと使用しない予定にしていた。
 でも、横を通り過ぎるときにチラッと見たら誰も居なかった。速攻でウインカーを出して駐車場に入り、無料の充電器で急速充電をした。
 ここの充電器は50kWと成っていて期待していたけど、日産の44kWと同じで125Aしか流れなかった。断定は出来ないけどミーブトラック側の制限かも知れない。もしそうであれば充電時間の短縮には車両側の充電器とか電池の受け入れ性能の向上も欠かせないという事だ。
10262
 某所に着いたらすぐに「100V盗電セット」を持ち出してセットした。これはアースが必要なセットだから何処かに良質なアースを確保する必要が有る。あらかじめ準備した長いアース用ワニ口クリップを持ってウロチョロしたところ、サッシの枠がアースに落ちて居ることが解った。これはたぶん鉄筋に一部が接続してあるんじゃ無かろうか。

10263  コーヒーを飲む間は黙って盗電し続けた。本来なら今日は直前の急速充電で9割まで溜まっているので必要ないのだけど、こういうゆったりした?状況の時に練習をしておかないといざという時に役に立たない。
 練習のおかげで出先でも100V充電が出来る事が確認できた。さらに「出来た」だけじゃ無くて電流や電圧の定量的なデータも少し取れた。
10264  届かない事を想定して延長ケーブルを使った事もあるけど、14A流した状態でコントロールボックスの電圧が87Vまで落ちている。制御用電源ユニットの下限が85Vだったと思うし、車両側の充電器の最低電圧もこの辺りだったはず。
 と言うことで延長ケーブルを使った場合は14Aはかなり厳しい事を身をもって体験できた。しっかりしたコンセントなら15Aで使えると思うけど、延長ケーブルまで使う場合は10Aくらいに押さえておいた方が良さそう。

| | コメント (7)

2017年10月25日 (水)

ダーウィンが来た

10251 昨日配達したメグロのダイナモとレギュレータ。追加でもう1セット預かって来たので今日は空いた時間に分解だけした。そしたら予想通りに?変な部分が出て来てウーンという感じ。
 何回も書いているけど一番変なのは制御方式がグチャグチャで混在していること。今回はトータル3台のダイナモと3台のレギュレータを作業するのだけど、2台のダイナモがプラス側制御で1台がマイナス側制御のタイプ。そしてレギュレータは3台とも全てがマイナス側制御のタイプ。
10252  レギュレータを組み替える事は難しいけどダイナモの制御方式とか回転方向を組み替える(組み間違える)事は比較的簡単。さらにこの世界には「逆回転で発電する」とか「最初に逆接続してから取り付ける」等の誤った迷信みたいなのもはびこっている。ダイナモ側の組み間違いという可能性が高いのかな?。
 今日の変なヤツは2枚目のオイルシール。軸径がガタガタで機能して無かったので外してみたら、外周も無理矢理潰して有って変な感じ。オリジナルがこんな形状なんだろうか?、もしかして違ったサイズの外形を叩いて潰して押し込んだんだろうか?。

 まあそんな事なんかどうでも良い事件が夕方に起こった。それはちゃしろの散歩の途中で田んぼの横の道を歩いて居たときの事。私の方が先に茶色の動物的な物体を見つけた。最初は猫だと思ったけど何か違う。
 小声で「ちゃしろ!」と呟いて動物的な戦闘態勢を取った。普段は言うことをきかないヤツだけど、こんな雰囲気で演技すると乗ってくる。そして今回もその気に成って同じ方向を見つめ、小動物を見つけて一気に突進した。
 リードを離したら大変なのでリードを持ったまま必死で走った。小動物は猫じゃ無くて狸かアナグマに見える。ヤツらは比較的動きが鈍い、さらにヤツにとって最悪だったのは逃げる方向に猪除けの網が有ったこと。
 網の隙間から必死で向こう側に逃げようとする小動物をちゃしろが咬んで引きずり出した。そして首根っこを咬んでいつもの様にブンブン振り回した。まだ生きているから以前の様に血とか汁が飛び散る事は無い。でも骨とか関節の折れる音がボキボキ聞こえて来る。
 しばらく振り回したら死んだのか動かなくなった。それでもちゃしろは執拗に胸の方から前足の付け根とかを噛み続ける。その度にボキボキ・バキバキ音がして凄い迫力だ。ああ、何時も噛み付いてくるけど手加減してくれて居るんだね。ありがとう(笑)とか思いながら見た。
 しばらくしたら落ち着いたのか、1mほど引きずっては止まり引きずっては止まりを繰り返す。引きずる彼の顔が誇らしそうに見えるので誉めてやった。でも何時までもこうやって遊んで居るわけにはいかない。可哀想だけど口を離した瞬間にリードを引いて引き離した。

 名残惜しそうなちゃしろと歩きながら考えた。あれは顔の雰囲気から狸じゃ無くてアナグマだ。アナグマって何か感染症とか持って無いのかな?。でも持っていたとしてもちゃしろが野生の本能で飛びかかったんだから仕方ない。
 昔の犬は放し飼いだったり夜だけ放したりしていたから良く有った事だろう。今でも猫は放し飼いが大半なので日常かもしれん。今日のヤツはサイズ的に猫には難しいかもしれんけど。。。まあ楽しそうだし直ぐには死なんだろう。
 「丸光教の教えでは、本能に従って生きた結果を本望と言います」「別の言い方をすれば、本望を得るには自分の心に素直に生きねば成りません」「あなたは今日、アナグマを倒しました。それて何か病気に成ってもそれは丸光様がお与えに成られた本望なのです」などど、ちゃしろに有りがたいお話をしながら家に帰った。
 ちゃしろが無事で有りますように。アナグマが成仏しますように。

| | コメント (4)

2017年10月24日 (火)

タイヤよ!あれが日田の灯だ

10241 今日はちゃしろの散歩から帰って直ぐにミーブトラックで出発。目的地は遠く嘉麻峠の向こうで日田市。仕事の納品と集金が目的という事にしているけど、どちらも宅急便と振りこみで済む案件。要はミーブトラックで嘉麻峠越えをしてみたかっただけ。
 前日にプランを練った。片道の距離が70km~75kmくらい有る。今までの実績から平地なら問題なく一気に行ける距離。でも間には嘉麻峠が有るから峠前の最後の充電スポットで追加充電をしてから峠越えをしようと思っていた。
10242  でも意外と順調に走行を重ねる事が出来て、峠手前の充電スポットでは残りの走行可能距離が72kmと出ていた。すると急に自分がリンドバーグに成ったような気がしてきて、このまま峠を越えてみようと計画変更。
 強い気持ちでそのまま峠に突入した。道の駅まで10kmの看板下で残り走行可能距離は69km。まあ行けそうな雰囲気。でもそれから先が凄かった。数字がグングン減ってくる。必死で暗算するけど気持ちが高揚していてイマイチ計算に自信が持てない。
10243  見かけ上はmgh分のエネルギが失われて居るように見えるはず。グングン減るけどこれは正常だ。物理法則を信じろ。そう自分に言い聞かせて走り続けた。でも回生の効率とか解らないのでmghのどのくらいを取り返せるんだろう、やっぱり不安だ(笑)。

 まあ色々と不安とか葛藤は有ったけど、物理法則は正しくてきちんと計算通り日田市まで到着できた。夜明けの交差点まで来たときには「タイヤよ!あれが日田の灯だ」と叫んだくらい。雪が積もっている時期なら「万座の明かりだ」と言うべきシチュエーション。
10244  目的地は小さくてみすぼらしい工場。ここはその筋では有名な所で、ここの電気関係をお手伝いしてる。真面目な仕事の話をして、梨を貰って帰路につく。

 帰りは日田の三菱でフルに充電して買える予定だったけど、三菱の充電器が故障で50Aまでしか電流が上がらない。何と言うことだ。。。日産で充電し直しだな、と思って眺めていたのだけど、なんとか16目盛り中の15目盛りまで充電出来たので日産には行かずにそのまま帰る事にした。
 行きよりもスタート時点のエネルギは少ないけど、行きの時点で75.3km走って23kmの走行可能距離が残った実績が有る。嘉麻峠越えが入っても98kmは走れるという事だ。エネルギは15/16しか無いけど何とか成るだろうと割りと落ち着いて運転できた。
 帰宅して確認すると残りの走行可能距離は18kmだった。このくらいならドキドキせずに走ることが出来るように成った。家の近所限定だけどね。
 非常に大ざっぱだけど、登りと下りでのエネルギの遣り取りのイメージが少し掴めた。大ざっぱに言えば意外と回収出来ている感じ。まだデータは少ないけど後で計算してみよう。

| | コメント (9)

2017年10月23日 (月)

好判断

10231 夜は風がびゅーびゅー吹き続けた。いつもなら台風が離れていくとスーッと静かに成るのに今回は何時までも強い。大きな被害は無かったけど流石に超巨大な台風だけの事は有る。
 昨日の事だけど風が強くなりはじめたタイミングで車を動かした。アルファとランティスをちゃしろの小屋の横、ちょうど竹山のすぐ近くに停めて居たのだけど、ふと枯れた竹が倒れて来るんじゃ無いかと思ったから。
10232  朝起きて外をみてびっくり・・・と言うかニンマリ。アルファが居たらボンネットの部分に枯れた竹が倒れて来ている。素晴らしい判断だ。まあそんな場所に停めておく事自体が適切じゃ無いのは確かだけど。

 他に被害は無いかな?と家の回りを見て回ったら、トタン屋根の塗装作業の為にかけていた梯子が傾いていた。こっちも「危ないかも?」とか「屋根に登って確認して来よう」とか話して居た箇所。傾いただけでギリギリ持ちこたえたみたい。
 昨日はまだ冗談で「屋根に登って来る」とか話したけど、あと10年か20年もしたら嫁さんが「屋根は大丈夫?」と問いかけ、わたしが「ちょっと登って見てくる」と真剣に言うように成る訳だ(笑)。
 まあ笑い事じゃ無くて本当にそうなると思う。回りの年寄りを見ていると、人間の変化というか、老化というか、劣化の具合が良く解るから。

| | コメント (0)

2017年10月22日 (日)

合同慰霊祭

10221 今日は合同慰霊祭。なんか前にも出ただろう?と思って良く見たら、前のはお寺のヤツで今回のは地域の複数の老人クラブが集まって合同で慰霊祭をするらしい。
 何回も書くけどハァ!!だ。でも婆さんは出たいみたいで昨日からパーマ屋まで行ってそわそわしている。死んだ人間をネタにした行事とかバカらしくて意味が無いと思っているけど、生きている婆さんが行きたいなら仕方ないか。。。
 と言うことで遺影を壁から下ろして風呂敷に包み、婆さんを車に乗せて会場まで行ってきた。どんなことが有るのかな?と思っていたら単純に合同ででっかい葬式が有っただけ。浄土宗の坊さんが来てお経を読んで、焼香が有って、来賓の挨拶とか有って完璧にでっかい葬式。
 別の宗派の人はどんな気持ちで出て居るんだろう?。キリスト教は聞かんけど仏教の中で別の宗派は色々居るし、それ以外にも神式とか創価学会とか新興宗教とかはたまに聞く。全部纏めて浄土宗の坊さんで良いのか?。なんか良く解らんけど老人クラブの運営的にそれで良ければ良いんだろう。

 この数週間、なんか田舎的な面倒な事が続いてうんざりしている。こんなにお寺の事ばかりしていて楽しいのかな?。そう言えば部落の草刈りは必ず春の連休の中日と秋の連休の中日だ。
 自分たちが良いと思うことをやって過ごすのは悪くないと思うけど、人が減るとか、新しい人が入って来んとか、嫁さんが来んとか、息子が帰って来んとか、、、言うたらいかんよ。まったく逆の事をしているんだから。解ってないと思うけどね。ハハハ。

 嫁さんが帰ってきてテーブルの上がお菓子でやばいことに成っている。身体をガンガン動かして居る時なら幸せで倒れそうに成る所だけど、今はそうじゃ無いからデブの恐怖と戦わないといけない。どうしよう。。。

| | コメント (0)

2017年10月21日 (土)

最後の車はクラッチ付だな

10211 意識してミーブトラックに乗っていたけど、一昨日くらいから白骨号にも乗りだした。右足だけの操作はあまりに簡単でバカに成りそうだったから。
 そしたらタイミングよく?新型プリウスの暴走事故が起こった。メーカや国は自動ブレーキの安全性を国民に擦り込み、年寄り向けは自動ブレーキ必須にして売り込む方針だろうな・・・と思っていた矢先の事故。
 ちょっと予定が狂ったんじゃ無かろうかと心配してあげている(笑)。NASBAなんてびっくりマーク付きで「今回評価した11車種の自動ブレーキは歩行者にも対応します!」とかやり始めた矢先だもんなあ。

 まあ私は昔から人のプログラムした変速タイミングとか嫌いなのでマニュアル車しか乗ってない。嫁さんも一緒だから我が家の車は電気自動車で仕方のないミーブ以外は全部マニュアル車だ。いや、ミーブは変速無しだからオートマ無しには変わりないか。
 そんな前振りが頭の中で繰り広げられた後で、今日のスイミングは白骨号で行くことにした。やっぱりこっちが素直で良いなと思う。一番良いなと思うのは変速じゃ無くてブレーキの感触。ミーブというか最近の車は立ち上がりだけがカーッと効く味付けて、何回乗っても好きに成れない。
 アクセルもブレーキもクラッチも重いまま、ステアリングも重くて肩が凝る。そんな車なら年寄りも独りでに乗らなく成るだろう。今のはあまりにも簡単に軽い操作でピュンッと動いてカクッを止まりすぎだ。年寄りが軽い微妙な操作なんかできるわけが無い。それを付加機能で誤魔化そうとか自然の節理に逆らっている。
 自分や他人の人生を考えて見たら良い。楽をしようとする姿勢はカッコワルイものだ。そして往々にしてそんな生き方は最後で上手く行かなくなる。今の車の進化を見ているようじゃ無いか。
 ポルシェのクラッチとブレーキが使えなくなったら車を降りる時だ。そしてシニアカーをチューニングして車道を暴走して若いお巡りさんに怒られる。。。なんか楽しそうだ。今のうちに電池とかモータの勉強をしとこう。

 そんな感じで白骨号でプールまで。今日も先生が来てなかったので私がメニューを考える事に成ったのだけど、何となく面倒だったのと距離を泳ぐのも良かろうと思い、延々と25mを60秒サークルで泳ぎ続けるメニューにした。泳法は何でも良し、平泳ぎでも良いしキックでもプルでも良い。
 前半は24分有ったのだけど、1名のオバチャンを除いて全員が24本を泳ぎ切った。凄いのは数年前に入会したまるで泳げなかったオバチャンも24本泳いだ事。人間ってあの歳からでも肉体的に進化するんだ。

10212  少し急いで欲しいと入ってきたポルシェのウインカーリレー。半田クラックが有ったのでまずはそれの修理をした。
 色々なやり方が有ると思うけど、私は半田の成分が混じるのは良くない気がして、全ての半田を吸い取ってから新しい半田で半田付をやり直して居る。だから意外と面倒で時間が掛かる。
 あとは寿命の有りそうなコンデンサを予防的に交換してお終い。タイミングを決めるコンデンサが電解コンデンサで誤差的にどうかな?と思ったけど、実車でテストしたら良い具合の周期に纏まっていて一安心。

スイム 1.5km

| | コメント (2)

2017年10月20日 (金)

ホスピタル パワー

10201 まだ薄暗いうちに嫁さんを高速バスのバス停まで送っていった。父親の一周忌の為に大阪に帰るから。
 そうか、あれからもう1年も経ったんだ。不甲斐ない娘婿で申し訳ないと強く感じた死だったけど、1年経っても何も変わってないわ。ホントに申し訳ない。明日から1日だけでもしっかりしよう。

 行く途中の通称「上倉線」と言う道で普段は見ることにない女性ランナーをたくさん見た。何事だろう?と思ったけど日曜日に宗像で開催される駅伝のチームだと直ぐに解った。走っていたのはその「プリンセス」達。
10202  みんな細くてスタイルは良いけど、早朝のジョグだからか走る速度は速くなかった。何回か見に行ったけど間近で見るとメチャ速いけど。

 昼前にオークションで買った「ホスピタル パワー」と書かれた機械を取りに行った。近所のリサイクルショップの出品だったから。「無公害発電器」とも書かれていたけど、要は病院用に特化したUPSだろう。。。と思っての落札。
10203  全体の見極めは間違って無かったけど、今回は詳細で微妙に負けの落札だった。何故ならインバータの中枢部で有るパワーユニットがごっそり抜かれて居たから。
 雰囲気的に出品前に業者が抜いた感じじゃ無い。何かの理由でパワーユニットだけを外に引き出すように改造がしてある。そしてその配線は後に束ねて有るのだけど、その先が無いわけ。

10204  こりゃ部品取りにしか成らん。まあ中身は大電流用の大きな部品がたくさん付いているから利用価値は有るけど、将来に向けてAC100Vを作る勉強でもしようと思っていた方向はダメに成った。
 4個も入っているでっかいバッテリーもほぼ死んでいる。これを復活させるくらいなら安物を買った方が速い。うーん。

 今回はミーブと2柱リフトは役に立つという事が解っただけが収穫だなあ。

| | コメント (3)

2017年10月19日 (木)

狼爪が痛いんだよ

10191 数日前の夜のこと、ちゃしろを家に上げて遊んでいたときに嫁さんが彼の足を持って持ち上げようとした。そしたら「キャン」と啼いて酷く痛そうなそぶりをした。
 てっきり嫁さんが足か指を無理矢理捻ったんだろうと思った。昔からそう言う人だから(笑)。でもその翌日に足を触っていたとき、狼爪の当たりに触れた瞬間に「キャン」と啼いて逃げて行った。
 これは狼爪の付け根というか親指?の骨を痛めたかな?と思って良く見たら、爪が強く巻いて先端が肉球に刺さっているように見えた。右は少し血も出ている。
10192  おお、ちゃしろゴメン。しばらく爪切りをサボっていたからこんな事に成ってしまったよ。夜の「キャン」は別の理由かも知れないけど、取りあえず爪切りをしよう。

 と言うことで爪を切ったのだけど、先端が痛いのか大暴れで凄く嫌がる。「キャンキャン」啼くしバタバタ逃げるし、誰がどう見ても動物虐待にしか見えない。本当に、ちゃしろゴメン。
10193  それでも何とか騙し騙し・・・と言うよりも力ずくで押さえつけて左足は昨日切った。そして今日の昼、更に強力に嫌がるちゃしろを押さえつけて右足も切った。
 拒否したい彼は私を咬むのだけど、本気で噛まずに怪我をしない程度にガシガシ咬む。それがまたいじらしくて可哀想。あまりに可哀想なのでその後で櫛で遊ぶ彼をそのままにして置いたらボロボロにされてしまった。
 仕方ないので櫛を買いに行き、可哀想な事をしたお詫びとしておやつを買ってきてあげた。夜になって嫁さんが「子供には厳しかったのにちゃしろには甘甘ね」と言う。当たり前じゃ無いか、子供は自分で生きていく必要が有るけど、ちゃしろは私が拘束して居るのだから出来るだけ快適に過ごせるように世話をしてやりたい。。。まあ親バカならぬ犬バカだな(笑)。

 それにしても狼爪の目的は何だろう。前足の狼爪は物を掴む時とか穴掘りとかで適度に使うからか切る必要が無い。でも後ろ足の狼爪は伸び放題でしかも巻いてくる。だから切ってやるのだけど、自然の中ではどういう事に成って居るんだろう?。自然に折れたり脱落したりするのかな。それとも自分でガリガリ噛んで短くするんだろうか。もしそうだとしたらちゃしろは本能を無くして居るのかもしれない。次は放っておこうか・・・いや、やっぱり痛そうな顔をされたら無理だな。

| | コメント (4)

2017年10月18日 (水)

ギラギラは好かん

10181 昨日の実験中に発電機のコンセントがユルユルな事に気がついた。さらに接地電極の導通を調べる際に内部が錆びている事も。と言うことで今日は朝一にコンセントの交換。
 同じサイズの接地付は買い置きが有ったので分解してチャチャッと交換した・・・と書きたかったけど、銘柄が違って居てフレームの形状が違う。仕方ないので金切りばさみで適当に切って装着完了。

10182  発電機側パネルの錆が酷かったので、適当にワイヤーブラシでケレンしてローバルを塗っておいた。なんか汚くなった様な気がするけど、錆びて崩壊するよりも良かろうと自分を納得させた。
 忘れないようにミーブトラックの接地確認回路を騙す細工もして置いた。単純に交流の「N」端子と接地端子を繋いだだけだけど、色々な条件に依っては事故に繋がるかもしれんので他人にはお勧めできない。

10183  夕方はミーブトラックのラジオの交換。購入した時は社外品のCDが聞けるヤツが付いていた。普段は時計だけ表示させておきたいので色々やったけどダメ。どうも3枚目のように常時赤いギラギラ照明を付けっぱなしにしておく必要が有るらしい。
 私の美意識的には訳が解らん。もしかしたら時計以外の照明を消す設定が有るのかもしれんけど、使用中は間違いなく赤いギラギラを眺め続ける必要が有る。
10184  しばらく使っていたけどどうにも我慢が出来んので、1,300円くらいの純正中古品を買って交換することに。ディーラーのPR車なのにどうして交換なんかしたんだろう??。
 分解するのしばらく悩んだ。昔ならビスとか有るけど最近は力任せに引っぱがす方式が多い。少し不安だったけど力任せに割れ目を引っ張ったらバカンと取れた。
 カバーが取れたら後は速い。ビスを数本外して本体を交換するだけ。車種は違うけど見た目が同じ純正品なので裏面のコネクタもピッタリ合った。
 外したヤツは5,000kmくらいしか使ってない新品同様。ヤフオクで売ろうかと思って見たら、1,000円で複数出ていて売る気が失せた。誰か要るならあげるけど反応が無ければ次の粗大ゴミで捨ててしまおう。

| | コメント (2)

2017年10月17日 (火)

灯油発電機が欲しい

10171 説明が面倒なので写真と短いコメントのみで。

 まずはAC100Vでミーブの接地抵抗検出回路を探った。



10172  だいたい解ったので、ミーブの接地検出回路を騙す為に発電機の内部を改造。




10173  ガソリン発電機→自作ケーブル→ミーブトラックという構成。

 この構成で灯油発電機とか免税経由の発電機を使って税務署に行ったら面白そうだ。電気にクマリン入れる訳にもいかんだろうから、最終的には電気自動車税とか新設されるのかな?。





10174  モニタによれば正常に充電されている。電流は発電機の上限で9Aにセット。




10175  波形も綺麗なもの。こんな時にバッテリー駆動のオシロは接地を気にせずに使えるから使いやすい。




10176  0.75SQの電線を使ったけど、9Aの連続だと手で温度上昇が少し解る感じ。もう少し太いヤツを使った方が良さそう。




10177  ミーブの接地検出回路だけじゃなく、大地に対する接地も色々と試してみた。100Vに関してはだいぶ解った。




10178  試しに過負荷をかけてみたら、10.5Aくらいで過負荷検出ランプが点灯し出力断された。と言うことは9.0A設定で使い、変動して最大値が9.2Aとか成っても許容してくれそうだ。
 ありがとう本田宗一郎さん。あなたの発電機は素晴らしいよ。

| | コメント (4)

2017年10月16日 (月)

CANのお勉強

10161_2 CANの本を読み始めた。ミーブトラックにはOBD2のコネクタが有り、CAN通信で各種のデータを見たり設定したりするみたいだから。
 新しい事柄に触れるのは面白そうで興味が有るけど、使いこなすにはそれなりのお勉強というか基礎的な事を覚えたり調べたりの繰り返しも必要。この歳に成ってそんなのは面倒なのは事実だけど、「俺はCANとか解らん!」と言う爺さんはカッコワルイ。
 今でも「電気のことは解らん!」と言う整備士とか居るけど、そのグループには入りたく無いわけ。「窓まで通信で上下する様な車は買わん、手で回せ!」と言う爺さんは良いけど、「ああ、この車は通信で命令が来るから解らん、ディーラーに持っていけ」と言う爺さんには成りたくない。

 まあ簡単じゃ無いと思う、時間的にも年齢的にも。でも面白そうな事をやったり面倒な修理をしようとしたら結局は自分でゼロからやるしか無い。ディーラーの整備士だって根っこまで解っているのは極一部で、大半は診断機を繋いでエラーを見て部品を交換するだけだろう。
 この手の車が旧車に成って来た頃、診断機では解らない嫌らしいトラブルが出てくると思う。そんな時に機構的な理解は当然だけど、電気とかCAN通信の基本を解って居ないと対処できない。「交換したのにエラーが消えませんねえ、おかしいですねえ」とか「診断機で見る限り記録が有りませんから、あなたの操作ミスでしょう」とか言うしか無い。
 何処まで理解できるか解らん。最終的な目標としてはミーブトラックの電池容量とか電費を表示する機械を作ってみたいと思っている。5年先かな(笑)。

| | コメント (4)

2017年10月15日 (日)

親鸞劇を観る

10151 文句ばかり書いているけど、近所づきあいとか今の浄土真宗の坊さん達が何を伝えたいのか興味が有ったりして、「親鸞劇」というヤツを見に行った。
 親鸞が越後に流されている時の一コマを切り取り、浄土真宗の教えを説きたいと言う感じだろうか。役者はこの地域の住職とか嫁さんとか娘とか地域でミュージカルをやっている人とか地方劇団の人とか。
 近所のお寺の娘さんが親鸞の嫁さん役、この子はカワイイ娘だけど、どっかの坊守と紹介されていた人の方が若い頃美人だったろうな・・・とか不謹慎な見方しかしてない気がする(笑)。
 途中は寝てしまって最初と最後しか記憶にない。最後の方で「罪人も救われる」とする親鸞が反対する勢力を納得させるくだり、鎌倉ディベート選手権の決勝戦的な遣り取りを期待したのだけど、簡単にナレーションで流されてしまってガックリ。
 飲酒運転で死亡事故を起こした運転手、強姦殺人の犯人、欠陥を隠し続けて死亡事故を起こし続けた自動車会社、、、これらの遺族に対して親鸞がどんな説明をするのか、鎌倉時代に生きていたら是非問うてみたい訳。
 その程度には浄土真宗に興味が有る。49日とか一周忌とか、回りの年寄りがやりたがる宗教行事には全く興味が無いけどね。。。でも、そんな言い方をすればキリスト教だってイスラム教だって手かざしの新興宗教だって同じくらいの興味は有るな。

 まあそんな部分が消化不良というか期待はずれな劇だった。お菓子とお茶付きだったので帰ってからお菓子を食べた。ちゃしろが欲しそうにするから少しあげたけど、プイッと横を向いて知らんぷり。飼い犬としてどうよ??。捨てるのが勿体ないので、彼の鼻汁の付いたお菓子は私が食べた。
 残りの時間はドリドリ君の半田付をして、夕方にちゃしろの散歩に行き、夜になって婆さんのお金事件が起こり、まあ多少の波風は有るけど普通の日曜日が終わっていった。

| | コメント (0)

2017年10月14日 (土)

125Aの威力

10141 朝一にちゃしろの散歩に行き、帰ってからはスイミングへ。報恩講の準備の時間帯だけど、今の私にとって今を生きている犬や自分が生きていく事の方が大事。
 報恩講に限らず、死んだ者の供養とか坊さんの有りがたいお話とか興味が無い。今生きている婆さんを病院とかリハビリに連れていくのはやってあげようと思うけど、死んでしまった爺さんの法要とか止めようかな、とも思う。もしやるとしても簡単にサラッと済ませたい。
10142  「お坊さん便」が出てきたり話題になったりするのは、数は少ないかも知れないけどそう言う考え方や需要があるのだろう。宗教界は必死でネガティブキャンペーンとか言い訳をしているけど、間違った考え方ならそんな信者は放っておけば良いじゃ無いか。自分たちと考えの合う熱心な信者とだけ付き合えば良い。

 スイミングの方は今日も先生が病気療養中なので自主練。「アンタ、メニュー考えて!」とか言われて悩みながらコーチの代役。何もできないのにこんなのやらされるのはきついなあ。

10143  ミーブトラックを日産の充電器で充電した。これはリアルタイムの電圧と電流が出るので面白かった。電池容量が34%から92%くらいまで充電した時の記録を残しておこうと思う。
 電流の最大値は125Aと成っているけど、これは充電器の資料に最大電流が125Aと成っていたのでその制限と思われる。モーブトラック側がどこまで受け入れ可能かは解らない。

10144  最初は定電流で充電が続く。定電流と言うよりも最大電流を規制された状態と考えた方が正しい様な気が正確な認識なんじゃ無かろうか。
 徐々にバッテリー電圧が上昇してきて、310Vくらいに成ったら定電圧状態に成る。こちらも最大電圧を規制された状態と捉えた方が解りやすい。

10145  充電器の出力的には125x310=38.75kWが最大出力。日産のこの機械は最大が44kWなので充電器の出力制限にはかかっていない。
 もし他の20kWとか30kWの充電器だと、どこかのタイミングで充電器側の最大出力の制限に引っかかる事に成る。それでも電流を下げながら充電は続くけど、充電時間が長くなるのがデメリット。

スイム 1.2km

| | コメント (2)

2017年10月13日 (金)

報恩講

10131 1週間くらい前だったと思うけど、夜にお寺の住職が来て今年はお宅が年番だから報恩講の準備に出てくれと言う。聞いてみると金曜日の昼からと翌土曜日は朝一からお寺に来て、おときの準備をしてくれと。
 はあぁ。。。だ。普通に仕事をしている人間が平日の午後から出られる訳が無い。翌日の土曜日だってちゃしろの散歩とかスイミングが有る(笑)、午後はマジで仕事だ。嫁さんもこの土曜日は終日仕事だし。
 昔は誰もが家にいて、稲刈りが終わったタイミングで丁度よかったのかも知れない。でも今の時代はほぼどの家も務めに出ているし、定年後も再雇用で働く人が大半。そんな時代にこんな事を言っていたら誰も出ないか、無理をして出ても少しずつ嫌に成って来るだろう。実際に参加者が減ってきているとか爺婆しか来てくれないとか言っているし。
 バカじゃないか?と思う。何回も書くけど私は宗教はサービス業の一種と思っているから、ユーザーに心地良いサービスを提供できない限り廃れるに決まっている。それなのに逆行するような義務感満載の逆のサービスを求めるなんて。。。
 流石に「あんたバカじゃないか!」とは言わなかったけど(笑)、「申し訳ありませんけど・・・」と丁寧にお断りした。それが今日だ。普通に仕事したけどね。

 とりあえず?、今回作ったミーブトラック用の充電ケーブルというかコントロールボックスの回路図をアップしておこうと思う。途中でOPアンプを交換したなごりが有ったり、色々と制限も有ったり、素人設計の未熟さが有ったり、、、と色々と突っ込みどころ満載だけど、何事も叩き台が有ると物事が進みやすい。
 それにアナログ回路の大家みたいな人が公開したら突っ込み難いけど、私が公開すれば色々と突っ込んだり自分なりに改良したりしやすかろう。最初にも書いたけどトータルの性能的にはマイコンを使ったやり方が適切だと思う。

| | コメント (0)

2017年10月12日 (木)

ちょっと豪華

10121 先日はちゃしろのドッグフードを買いにトライアルに行った。普段はグッデイとかナフコとかルミエールしか行かないので初めての店。
 ルミエールに近いけどトライアルの方がスッキリ感がある。私はゴチャゴチャしたルミエールの方が好きだ(笑)。
 ドッグフードは安めの適当なヤツを買ったのだけど、近くの棚に置いてあるウェットフードと言うのかトッピング材というのか、まあ缶詰の犬猫用の餌が気になった。偉く安いわけ。
10122  昔良く見た大きめの缶詰が55円とか、大きめのシーチキンみたいなヤツが3缶で98円とか。彼は暑い時期は食いが悪いので色々と工夫していたのだけど、この値段なら試しに買ってみようと思って数缶買って帰った。
 2枚目は普段の朝食。安物ドッグフードにだしを取った残りのいりこを入れ、場合によっては御飯とか削り節が入り、それに今回はウェットフードの缶詰がトッピング。
10123  1缶の1/4くらいしか入れてないけど、匂いが強いからか持っていったときから反応が良い。そしてガツガツ食べて最後の1粒まで食べてしまった。なかなか良いじゃないか、何時まで興味が続くか解らんけど、しばらくはこのトッピング作戦で行こう。
 無くなった頃には寒くなっていると思う。彼は寒くなると食いが良くなるのでトッピング無しでも行けるような気がする。

10124  ミーブトラックの充電だけど100Vでの充電も成功した。これが理由だ!と断定までは出来ないけど、取りあえずアースをきっちり取ったら動くように成った。この事自体は良かったのだけど、かなり良好なアースが必要と成ると使おうとしているシチュエーションで困った事に成る。
 使いたいのは外出先の知り合いの家とかで、専用回路は無いけど外に近いしっかりしたコンセントとかを借りようという訳。でも普通は接地付のコンセントとか無いし、有っても200Ωとか300Ωクラスの接地抵抗に収まっているとは考えにくい。
 それともう一つは発電機による充電。発電機だとそもそも接地が無いわけで、車体側の接地確認回路がどんな構成に成っているのか、そしてそれを騙すにはどんなことをすれば良いのか、その辺りが今後の課題に成りそう。
 4枚目は延長ケーブルでの100V-10A充電時。電圧が92Vまで下がっていて、元が100Vとしたら80Wの損失が発生している事が解る。全てのケーブルに均等に損失が分布していたら良いけど、数カ所に集中して発生していたらよろしくない数値だと思う。やっぱり接続点を最小限にした太く短い配線を心掛けないとダメだな。

| | コメント (2)

2017年10月11日 (水)

力率が凄いことに成っている

10111 夕方に郵便局がグチャグチャに潰れた中国からの包みを持ってきた。中を開けると充電用のプラグが1個コロンと入っているだけ。まあ壊れて無いからこれで十分と言う事かな。確かに今の日本人は細かいことに拘り過ぎかもしれん。

 早速配線を繋ごうとして少し悩む。壊さないように恐る恐る分解して構造を把握し、接続は半田付で良いのかな?と少し不安に思いながら2.5sqの電線を半田付けした。
10112  純正のケーブルは2.5sqが3本に0.75sqが1本の変則的なヤツ。でもそんなケーブル買えるわけが無いので、2.5sqが4本のヤツを準備した。でも信号用の穴に2.5sqが入らなかったので0.75sqを繋ぎ直して挿入した。
 割りとちゃんとしている気がする。そりゃあ1個が7,000円もするコネクタなんだからちゃんとしていて欲しい。いくら怪しい中国通販と言っても。
10113  差し込みは純正よりも少し固い気がした。気休めでシリコーンスプレーを薄く吹いたけど大差ない。接点の圧力を思うとユルユルで不安に成るよりも良いか。
 このプラグ以外は単体試験済みなので、少しだけ不安は有ったけど最悪でも火花が散るだけと思って通電したら普通に充電開始した。

10114  今日は電池容量が丁度半分くらいから充電をスタートすることに成った。車側の音とか挙動は純正ケーブルと一緒。ボックスに付けた表示を見ていると、電流は一瞬では無くて数秒かけてその時の最大値まで上がっていった。
 VRを15A、20Aと回して見たけど、電流値は13A台で変化しない。この電流値は車体側で決めているという事か。反対に小さい方はVRにリアルタイムで反応して10A、8Aと下がっていく。
10115  ミニキャブトラックの場合、普通充電は15A程度が上限に成っているのだろうか?。それとも電池が空に近い状態なら20Aとか流れるんだろうか?。この辺りは今後の楽しみ。
 天気が悪かったのとちゃしろの散歩が迫って来たこともあり、1450Wh程度まで充電した所で止めにした。車体側の円グラフは2目盛り上昇している。全部が10.5kWhの電池だからイメージ的には合っている。
10116  電卓を持ってきて力率を計算してみた。停止直前の画面で行くと194x14.46=2805VAと成る。それに対して電力は2791Wと表示されている。すると力率は2791/2805=99.5%!!と成る。メチャ凄いぞこれって。やっぱり充電器の入力部に力率改善回路が入って居るんだ。
 ホントかな?と思って調べてみると、「効率91パーセント、力率99%以上を達成」と書かれた資料とかが出てくる。凄いわ、今はそんな時代なんだ。はあ。
10117  ちゃしろの散歩から帰って100Vで試してみたけど、こちらはリレーがカチカチ言って正常に動作しなかった。どこかおかしな所があるみたい。時間がないので今日はここまで。
 この位遊んで1.5kWh程度しか電気は使ってない。1kWhを25円で計算しても38円弱の出費と言うこと。EVは経済的な遊びだなあ(笑)。

| | コメント (2)

2017年10月10日 (火)

電流値がリニアじゃ無い

10101 連休中に頑張りすぎたのか、トタン屋根の端っこの塗り残し部分を筆でタッチアップする予定だったのに気分が乗らない。乗らない気分で脚立から落ちたりしたらバカなので無理はしなかったけど、こんな気分になるという事は連休中に無理したんだと思う。

 何事にも大きな進展とか目を見張るような変化は無かったのだけど、自作の充電ケーブル基板をケースに押し込んで裏蓋を閉めた。そしてデューティー比から充電電流を計算して目盛りを書いた。でも何かおかしい。
 今回のパルス幅は三角波と基準電圧を比較してコンパレータでハイ・ローのパルスにしている。だから基準電圧とデューティー比はリニアな関係に成ると思う。そしてその基準電圧をVRで分圧して作れば、VRの回転角度と電流値もリニアな関係に成るんじゃなかろうか?。
 でも何回測定しても写真の様にVRの両端だけが間延びしたような妙な関係に成ってしまう。しばらく考えたけど解らん。もしかしてVRがBカーブじゃ無かった?とも思ったけど、今さら外して交換するのも面倒なのでこのまま行くことにした。
 この充電ケーブル、見て解るように電流・電圧・電力・トータル電力量が解る。こういう充電ケーブルは売ってなかったので少しだけ嬉しい。まあ自己満足の世界だけど、この数値をしばらく眺めていればミーブの充電器がどのような制御をしているか解ると思う。
 はやく車体側のプラグが来ないかな。追跡してみると国内には入って居るんだけど、配達はまだだ。

| | コメント (5)

2017年10月 9日 (月)

初めての急速充電

10091 気温は高いけど雨が降らない貴重な休日なので屋根のペンキ塗りの続き。残ったのは増築した風呂場の屋根で大物はこれで終わり。後は出窓の小さな屋根とか有るけどどうにでも成る。
 こちらも錆が出た面積は1%くらいで最初の所に比べたら綺麗な状態。でもそれなりのケレンというか表面荒し?は要るので全面をワイヤーブラシでゴシゴシ。そしてエンジンコンプレッサーを持ってきてゴミを飛ばして準備完了。
 今日も暑くて屋根の上はキツかったけど、コンスタントに作業を続けて15:00頃にはさび止めの塗装まで終わった。あとは細かい部分に筆でさび止めを塗り込み、上塗りに移ることになる。面倒だけど何とか空いた時間にやってしまおう。

10092  ペンキ塗りが一息付いたので、休憩がてらちゃしろのドッグフードを買いに行った。昨日の夕方に充電カードが来たので帰り道は少し遠回りをし、三菱のディーラーで初めての急速充電を体験。三菱のは20kWしか出ないので「中速」充電とか書かれて居たりするけど家の200Vよりは速い。
 充電開始時のバッテリー残量が36%で20分間充電して85%まで上がった所で止めた。費用的には1分が5円なので100円という事に成る。退屈でジュースでも飲もうかな?と思ったけど、こんな値段ならジュース代の方が高い事に成りそうだ(笑)。
10093  ちなみに同じ電力量を日産の44kW機で充電すると20/44*20=9.09分で済む。費用は1分間15円と高いけど時間が短いので136円と大差ない。と言うことは充電場所を決める際に「5円だから三菱へ」と拘る必要は無いという事だ。
 走り出したら残り距離が102kmと出た。バッテリー残量は充電器の表示通りに85%辺りを示している。85%残量で102kmは凄い距離だ。
10094  これは充電直前に旧3号線を車の流れに乗ってダラダラ走り続けたのが効いていると思う。大した起伏も無くて最高速度も50km/h程度。信号停止は沢山あったけどガソリン車ほどデメリットには成らないはず。それよりも最高速度が低めで空気抵抗の低さが効いたのだろう。
 田舎道だと信号が少なくてスイスイ走れるけど、最高速度が直ぐに60とか70くらいまで出ていたりする。ミーブトラックは見て解るほど空気抵抗がデカイ。この辺りの差が旧3号線の方が良好な残り距離が出た理由の様な気がする。
 今のところ電気自動車を楽しめている。グライダー乗りには一度乗ってみろと言いたい。距離を伸ばそうとコントロールするアクセルペダルの感覚が、最良滑空比や最小沈下を得ようとするエレベータの感覚に凄く似ているし、何処まで到達できるか常に考え続けるあたりもそっくりだ。

2017年10月10日追記
 私が利用した九州三菱自動車販売(株)宗像店の出力は20kWでは無くて30kWでした。従って上記の数値や日産での費用は少し変わってきます。

| | コメント (4)

2017年10月 8日 (日)

マーフィーの法則

10081 屋根に残ったままに成っていた爺さんのアンテナを撤去した。取り付け部の施工とか滅茶苦茶だったけど、80歳を超えてから屋根に登って取付作業をやっていたのだから、滅茶苦茶というか或る意味最強やなあ・・・とか思ったり。

 屋根に登ったらトタン屋根のペンキ塗りが残っていたのを思い出し、そろそろ気候も良くなって来たから残りを塗ろうと思い立った。
10082  夏前に塗った所に比べたら錆は酷くない。ネットに出てくる塗り替えの例程度の錆とか痛み具合なので、本来ならこの程度で塗り替えをすべきなんだろう。
 面倒だったのは上に覆い被さっている檜の剪定と葉っぱのカスの掃除。それが終わってからようやくワイヤーブラシでケレン作業が始まった。この頃になったら気温がグングン上がってきて、なんか夏に戻ったんじゃ無いの?と言う雰囲気。屋根に登ると日差しがきつくなる法則か(笑)。
10083  ヘロヘロに成りながら錆を落としおえたら部落の草刈り作業が始まった。仕方ないので作業だけ参加し、その後の飲み会は不参加でペンキ塗りの続きをやった。近所の爺さんの話を聞きながら焼酎を飲むくらいなら、自分の家のトタン屋根にさび止めを塗った方が何百倍もマシだ。
 暑さで体力を随分奪われたけど、無事に残った区画の一部は下塗りが終わった。一気に終えることは出来ないけど、こうやって少しずつ進めていけば何時か終わるだろう。
 せっかく屋根に登ったんだから夏前に塗った箇所も見て回った。異常もなく艶もあって綺麗な状態を維持している。高い塗料を選んだからと言うよりも塗り替えてから数ヶ月しか経っていないんだから当然だ。こうやって最低でも1年に1回くらいはチェックと補修をすべきなんだろう。でも全てを塗りおえたら5年とか10年の単位で見に行かない様な気がする。
 明日はもう一つの区画、風呂場の屋根を作業しようかな。適度に良い天気で有りますように。

| | コメント (0)

2017年10月 7日 (土)

規格は守ろう

10071 午前中はスイミング。今日から先生が変わるのだけど、新しい先生が手術で1月ほどお休み。でもレーンを空けてしまうと借りる権利が無くなるかも?と言う話があり、皆で自主トレで使い続ける事に。
 「アンタ、メニュー考えて指示して」とか言われる。回りの爺婆の中では私が一番速いけど、絶対値で行くと全然ダメダメのスイマー。でも他の人が出来そうに無いから色々考えてメニューを提示した。
 これがあと1月続くのか・・・面倒だし結構きついな。でも人の泳ぎを見ると勉強に成るのは確か。これが自分の泳ぎの改善に繋がるように祈りながら1月を乗り越えよう。
10072
 ミーブトラックの充電ケーブル。試験基板で大体の感触は掴めたので、ケースに入るサイズに回路を入れ直した。今回は何も考えずに作業するだけなので速い。
 OPアンプは秋月で買える事を前提に、4回路入りはTL084にした。そして2回路入りも同じくTL082(NJM082B)。この辺りは072でも大差ないと思う。
10073  心配していた周波数の変動だけど、フィルムコンデンサと多回転VRを組み合わせたら予想以上に安定していて驚いた。バラックで卓上試験の段階だと数時間なら±0.5%に入っている。ケースに入れて変動すれば基準をオーバーすると思うけど。
 後はパルスの立ち上がりと立ち下がりが10%から90%までで2usと成っている。今回は24V振幅なので9.6V/usを意味する。TL082はスルーレートが13V/us有るしオシロの波形からも大丈夫みたい。
10074  パルスの波高も12V時、9V時、6V時、とそれぞれ±1Vに入っている。通電要求から通電開始までの3秒は余裕でクリヤ。通電停止要求から電源断までは100msだけど、4枚目に示す様に停止要求からリレーのコイル駆動FETのドレインOFFまで10usかかっている。これにリレーの動作速度の15msを加えても15.01msと成り、実際の電源断は測定してないけど、たぶん100msはクリヤ出来ていると思う。
 「たぶん」ばかりで怪しいけど、まあ自分が使うケーブルなので気にしない。もうじき専用のガン型プラグが来るので実際の試験が楽しみだ。燃えるかな(笑)。

スイム 1.0km

| | コメント (5)

2017年10月 6日 (金)

意外とツライチ

10061 ミーブトラックのホイールとタイヤだけど、来て直ぐに交換してしまった。本当は1-2ヶ月はノーマルで乗ってみてその後で交換の予定でいた。でもあまりにもフラフラキョロキョロするので即交換と成ったわけ。

 オリジナルは145R12-8PRのタイヤがオフセット+38mmのホイールに付いている。でもせっかくの電気自動車で省エネタイヤの効果とかも実感してみたいわけで、その為には13インチに変更した方が選択肢が多い。
 と言うことで三菱純正の13インチでトラック用ホイールを中古で買った。誰かが書いていたように4本で3,500円と非常に安価だったから助かった。これにダンロップのエナセーブで155/70R13を履かせている。こっちは新品。
 ホイールを買ってから気が付いたのだけどオフセットが違っていた。買ったホイールのオフセットは+46mmだからホイールセンターが8mmだけ内側に入ってしまう。でもタイヤの全幅が10mm増えていて片側で5mm出っ張る訳だから、タイヤの外端は3mmしか変化しない計算。
 3mmなら許容範囲かな、中央で8mmならスクラブ半径変わるよな、内側がブレーキとかサスとか干渉したら嫌だな、とか思いながら付けたけど、目視では全く見分けが付かないくらい同じ位置にタイヤが有るように見える。そして車体に対してはほぼツライチ。
 私はツライチとか全然気にした事が無い人間で、白骨号も50mm以上タイヤが奥まって居る。でも軽トラの場合は期せずしてほぼツライチ状態を維持した事になる。ふーん、純正でも車体に対してギリギリの所にタイヤが有った訳ね。と今さらにして気が付いた。

| | コメント (2)

2017年10月 5日 (木)

久しぶりに図書館

10051 久しぶりに図書館に行った。いやあ何ヶ月ぶりだろう、もしかしたら1年くらい行ってないかも?。確かに心身共にバタバタした日々が続いていたから仕方ないけど、最近は気付かないうちにそれが解消しつつ有るという事かな。なら嬉しいけど。
 借りたのは写真の4冊。検索したらもうちょっと面白そうな雰囲気の本も有ったけど、取りあえず町の図書館に有る本から読んでみようという訳。だって税金を払って居るんだから。

 この4冊だけで何がしたいのか何となく解ると思う。太陽光発電自体は昔から興味が有ったしソーラーカーにも興味が有った。ソーラーカーレースに出てみたかったけど資金的に難しく、私でも何とか成りそうな国内のソーラーボートのレースに出たりしていた。30年くらい前の話だ。
 あの頃は480Wのパネルを買うのに50万以上したと思う。レース用の薄くて軽量な特殊なヤツという事情は有ったけど、今とは比べものに成らないくらい高価だった。今ならもっと気軽に太陽光発電の実験が出来る。
 しかもMPPTとかインバータとか付帯機器もたくさん出ていてメチャ安い。昔はMPPTですら市販されて居らず自作するしか無かった。結局私は実用的な性能で自作する事が出来ずにショットキーダーオード経由でバッテリーに直結したけど。
 このときに必死で勉強と実験を繰り返してPWMのモータドライバを作ったのだけど、その時の経験が今の機械屋とも電気屋ともつかない生活の基礎に成っているとも言える。その瞬間瞬間の興味だけで生きていても、人生ってなんとか成るモンかもしれん(笑)。

 田んぼでやるには農地法とか五月蠅い農業委員とか問題がある。宅地でやると木が邪魔になるとか家の影とかそちらも色々。それぞれを楽しみと思って処理していくと何とかなるかもしれない。
 最終的にミーブトラックだけでも自立して動かせたら面白い。純粋なソーラーカーじゃ無いけど間接的なソーラーカーだ。そしてそれにテスラのロードスターが加わり、「最近は天気が悪いから電気が溜まらずに出歩けんのよ」とか話す。
 ・・・とか妄想してみたけど、具体的に時間軸を考慮すると太陽光で充電するのはシニアカーに成りそうな気がするな。「おじいちゃんのシニアカーは原発の電気とか一切つこうちょらんクリーンカーぞ!」とか話す扱いにくい年寄りに成るわけ。ハハハ。

| | コメント (0)

2017年10月 4日 (水)

SCiBの劣化

10041 ミーブトラックの納車前整備データを見ていると電池の容量データが有った。計算方法とか良く解らんけど、A4の用紙2ページに渡って入庫時、初期化後、容量測定時、とデータを取って何らかの計算方式で容量が算出してある。
 今の容量は表紙の右上に記載の通り「104.75%」有るらしい。これって今でもカタログデータを超えていると言うことか??。

10042  数少ないミーブトラックや同等と思われるワンボックスタイプのユーザーの声を探してみると、私と同様に100%を超えたと書いて居る人がポツポツ居る。そして東芝のSCiBというタイプの電池は素晴らしいと絶賛している声が多数。
 ふーん、あまり考えずに買ったけど劣化的には良い選択をしたのかも知れない。でも劣化が速いと書いてあるもう一つのタイプは初期の容量がデカイので、10年くらい乗った中古では実際に走れる距離は同じ辺りに落ち着くのかも知れない。どっちもどっちヤナ。
 ディーラーが無理矢理買わされた(笑)車だったから、走行距離は5000km台とメチャ短いけど使用年数は4年と8ヶ月とそれなり。今後の劣化速度がどうなるか解らんけど、何となく雰囲気的に10年経過時点でも95%くらい維持しているような気がする。

 そう言えばSCiBって何だろう?と思って調べて行くと、これもリチウムイオン電池の分類の一つだと解った。じゃあ「SCiB」と「リチウム」を比較したり対比させて書かれた文章は集合的に変だ。
 「とんこつ」と「しょうゆ」を対比するくらいならどうでも良いけど、最近は自動車関連の分野でもこの手の集合的におかしな文章がポツポツ。これってゆとり教育で集合とか軽視された影響かも知れんな。

| | コメント (2)

2017年10月 3日 (火)

意外と走る

10031 今日は仕事で出掛ける用が有ったので、ミーブで出掛けて燃費(電費?)を実感してみようと少し回り道して帰ってきた。
 スタートがフル充電では無く、昨日は雨の中を病院の送迎とかに使ったので短時間だけどエアコンも使った。だから厳密なフル充電からのmax距離では無いけど、スペシャルじゃ無い最大距離に近いデータかな?と言う感じ。

10032  松原の中で写真を撮ったりして、なんか「みんカラ」の人達みたいだな・・・とか思いながら帰ってきた。最後は少し電気が余っていたので家の近くをグルグル回って電池を消耗させてから帰宅。0kmまで行っても少しは走るらしいけど、怖かったので3kmで終了。
 満充電後の走行距離は91.9kmで走行可能な残りの距離は3kmと成った。合計すれば94.9kmでカタログデータの104kmから想像していたより随分良い値だ。
10033  通った道の起伏に関しても、燃費を考慮して平坦路を選んだりはしていない。赤木峠は2回通ったし、小さな峠というか起伏は何回も有った。この辺りの典型的な田舎道のデータと考えて良いと思う。
 走行モードは「B」と「eco」を使った。Bの方が回生ブレーキが良く効くのだけど、±ゼロ近辺の挙動が気に入らない。この辺りはecoの方が洗練されている。でもecoだと加速が遅くてイライラするのでどっちもどっち。
10034  3枚目と4枚目は途中のデータ。比較的平坦な宗像の道で信号停止したときの物。走行距離と残り距離を足すと67.3km+41km=108.3kmとなる。平坦路ばかりだと100km越えも見えてきそう。

 走っていて一番感じたのは乗り心地の悪さ。20年前のサンバーに対して明らかに劣っている。固いし凹凸が有る度に前後方向の妙な揺さぶられが有る。良くこんなのでOKが出たなと思ったくらい。
10035  タイヤを変える前はこれにフラフラ感というかキョロキョロ感が加わっていた。今でも少し残っているけど13インチの155に変えたのでかなり改善された。
 あと、トルコンじゃ無いのに強いクリープが設定してある事に違和感を覚える。現行車からの乗り換えで違和感を減らしたかったのだろうと思うけど、今のタイミングで電気自動車とか買うのは極一部の人なんだから、電気自動車としての新しい停止・加速・減速の味付けでも良かったんじゃ無いかと思った。

 まあ全体として想像していたよりもよく走るし、100kmくらいの航続距離は工夫次第でなんとでも成りそうな感じ。今の私が通勤用に適当な車を買うなら、間違いなくアイミーブMの50万くらいの中古車を買うと思う。

| | コメント (6)

2017年10月 2日 (月)

賢いケーブル

10021 ミーブトラックの購入を決める前から、電動自動車を具体的に自分が運用するには・・・と考えたり調べたりしていく過程で、普通充電のケーブルが意外と面倒な事を知った。
 単純に家庭の100Vとか200Vのコンセントに車体を繋げば良いと思っていたけど、それが出来るのはアイミーブのごく初期のタイプだけ。それ以外は簡単な通信をする賢いケーブルが必要らしい。

10022  このケーブル、買うとメチャ高い。純正新品も高いけど中古でも数万円もする。そこで規格を調べていくと何とか私にも作れそうな内容。じゃあ自分の納得できるような仕様のケーブルを作ってしまえと言う訳。
 車もないのに作るモチベーションは沸かないけど、9月に入ってミーブトラックを決めてからは状況が変わった。面白そうな物から必要な物に格上げされたから。
10023  回路の基礎的な実験はここ1週間くらいで解ったので、今日はケースの中に大きなパーツを配置して行った。十分余裕の有る大きめのケースを選んだつもりだったけど、M4の端子台とか入れたらギリギリのサイズ。
 空いた隙間に作り直した基板を入れたら出来上がり。後は意外と高いケーブルを買ってきて接続し、中国に注文済みのガンタイプのプラグが来たら出来上がりの予定。
 ここでもいつもの愚痴が出てしまう。車体に差し込むガンタイプのプラグだけど、日本では売っているところを見つける事が出来なかった。中国とかアメリカの通販なら普通に買えるのに。。。なにが技術立国だよ!、なにが自動車大国だよ!。

| | コメント (3)

2017年10月 1日 (日)

軽より始めよ

10011 婆さんの昔の同僚が入院したと言うので、朝食後に病院まで連れて行った。どっちが入院患者でもおかしくない二人なのに、片方が患者で片方はお見舞い・・・何か妙で笑ってしまいそう。
 病院から帰ったら三菱のセールスマンが「ウィーン」と言う音のする軽トラを持って来た。そして苔の生えた我が家のサンバーに乗って帰って行った。そう、今日からミーブちゃんが我が家の仲間入りだ。

10012_2  随分前から電動の車に乗ってみたいと思っていた。本当はテスラ家の長女が気に入ったのだけど、私の態度が煮え切らずにウジウジ質問ばかりしていたら他のヤツに取られた。
 そんな事を2回ほど繰り返した後で気が付いた。外人の女の子と付き合う以前に日本人の女の子とすら付き合った事が無い事に。外食もしたことが無いし、ビジネスホテルに一人で泊まった事すら無い。コンドームを何処で買ったら良いかも知らない。こりゃ時期尚早だと恋愛の神様が私を諭して居るんじゃ無かろうか。
10013  そんな時にこの子の存在に気が付いた。スタイルは悪いし家事の能力も低いらしい。でも柔道をやっていたらしくて重い荷物を持つのは得意とか。両親は不誠実でインチキばかりやっているのが気になるけど本人に罪は無いと割り切るか。
 「最初は私くらいと付き合ってみたら?。そしたら金髪でスタイルの良い女の子も寄ってくるかもよ」とミーブちゃんが言う。ここは中国の故事に倣って軽から始めるべきかも・・・。と言う話。
10014
 ミーブトラックで検索すると福岡に1台中古が有った。電話すると試乗も出来ると言うのでサンバーで行って試乗した。妙な感じだけど乗れない事は無い、これも経験かもしれん。もうしばらくしたらシニアカーに成り、最後は電動車いすに成るんだから。
 事務所に戻って誰にでも渡すような最初の見積を貰った。カーセンサーに載っている通り100万円と書いてある。でも不要なオプションとか有ったので削るように指示し、95万くらいに成りそうなので「90万くらいに成ったら良いね」と言っておいた。
10015  そしたら奥に引っ込んだ営業が88万円の見積を持って出てきたので買うことに決めた。店に入ってから試乗して決めるまで1時間も経っていないと思う。
 私は何回も店に行ったり営業が家に来たりして、繰り返し交渉するのが面倒で嫌いだ。5回目にベストプライスを出してくる様な営業にはイライラする。25年前?にランティスを買ったときも半日でディーラーを3社回ってその場で決めた。
 今回のヤツは車検が1年半くらい残っているので、車両価格的には80万くらいのイメージか。普通の軽トラとして見たら高いけど、日本で1000台くらいしか売れてない貴重な?軽トラと考えたら悪くない(笑)。それにサンバーも20年選手なので良いタイミングというのも有った。
 さあ、これからが楽しみだ。楽しめる余裕が有るかどうか甚だ不安だけど。

10016  昼食を食べて直ぐに試走した。バッテリー切れが怖いので近所を走ったけどイマイチの乗り味。しばらくノーマルで走ろうと思っていたけど、かなり気に入らないので用意していたタイヤに交換した。交換したら少しだけマシになった。
 タイヤの作業をしている間、嫁さんとちゃしろはこんな事をして遊んでいた。なんちゅう事をしているんだ!、お前達は。。。
 キアヌ・リーブスのポルシェと我が家のポルシェくらいだろう。こんな粗末で虐げられた扱いをされているのは。ポルシェ博士御免なさい。でもちゃしろが嬉しそうだから許してください。

| | コメント (8)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »